クラウドワークスはやめたほうがいい?稼げない理由9つ

  • 2022年6月22日
  • 2022年7月27日
  • 副業
  • 9181view

「クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるのはなぜ?」

「クラウドワークスには安全な仕事がないの?」

「クラウドワークス以外で在宅ワークする方法は?」

こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、やめたほうがいいといわれるクラウドワークスについて徹底検証しています。

最後まで読むことで、クラウドワークスがあなたに向いているかどうかがわかるでしょう。

クラウドワークス以外の大手クラウドソーシングやフリーランスエージェント情報も参考に、稼げる在宅ワーカーを目指しましょう。

>クラウドワークスを見る

登録しようか悩んでいる人は『クラウドワークスの評判ってどう?実際にやってみた口コミと合わせて特徴など紹介』を参考にしてください。
目次

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれる9つの理由

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれる9つの理由

クラウドワークスは、以下の9つの理由からやめたほうがいいといわれています。

  1. 単価が低い案件が多い
  2. 登録者が多く競争率が高い
  3. 継続案件が少ない
  4. 手数料が高い
  5. 詐欺案件が混ざっている
  6. 悪質なクライアントがいる
  7. 単価の交渉が難しい
  8. コスパが悪く時間の無駄になる
  9. クラウドワークス利用者からの不満が多い

単価が低い案件が多い

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるのは、単価の低い仕事が多いからです。

クラウドワークスで一般募集している、低単価の案件は主に以下のとおりです。

  • 1件10~50円のアンケート回答
  • BUYMAなどの商品登録作業
  • 文字単価0.1~0.5円程度のWebライティング

クラウドワークスは、在宅ワークデビューの場として使われることが多いクラウドソーシングです。

そのため、素人でも受けやすい仕事が多く、単価が低めに設定されています。

本格的に稼ぎたいなら、クラウドワークスはやめたほうがいいでしょう。

登録者が多く競争率が高い

クラウドワークスは、登録者数No.1のクラウドソーシングです。

そのため1つの案件に応募する人数が多く、競争率が高くなります。

とくに好条件の案件はライバルが多いため、スキルや実績がなければ請け負うことができません。

クラウドワークスで効率よく稼ぎたいと考えているなら、認識を改めたほうがいいでしょう。

継続案件が少ない

クラウドワークスは継続して契約できる案件が少ないため、収入が安定しません。

1つの契約が完了するごとに新しい仕事を探さなければならず、仕事がない空白時間が発生します。

次の仕事がすぐに決まるとは限らないため、クラウドワークスだけを利用して稼ぐのは難しいでしょう。

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるのは、このようなデメリットが大きいからです。

手数料が高い

クラウドワークスはシステム利用料が高く、差し引かれる額で損をするためやめたほうがいいといわれています。

クラウドワークスの手数料は、1件の報酬額につき以下のとおり設定されています。

  • タスク作業…20%
  • 10万円以下…20%
  • 10万~20万円…10%
  • 20万円以上…5%

システム利用料は1件の報酬ごとに差し引かれるため、ほとんどの場合、報酬額から20%が差し引かれます。

さらに税金が引かれるため、ワーカーの受け取り額は全体の7割程度になります。

詐欺案件が混ざっている

クラウドワークスには、初心者をターゲットにした詐欺案件が混ざっています。

条件のよい案件で応募者を集め、マルチ商法などに勧誘するパターンが多く見られます。

よくある手口は、以下のとおりです。

  • スムーズに連絡を取り合う口実でLINEのIDを聞き出す
  • 応募者が殺到したため一旦締め切り、違う内容の仕事を紹介するという
  • 仕事内容を説明するオンラインセミナーなどに誘う

いずれも、クラウドワークスで掲載された案件とはかけ離れた仕事です。

募集要項にある内容と違うことをいわれた時点で、すぐに契約を辞退しましょう。

悪質なクライアントがいる

クラウドワークスには悪質なクライアントがひそんでいます。

クラウドワークスはクライアントの登録数も多いため、悪質な企業・個人事業主が入り込みやすいのです。

悪質なクライアントの例は、以下のとおりです。

  • トライアルと称して作品を集め、全員不採用にする
  • クラウドワークス外で仕事の発注をし、報酬を支払わずに逃げる
  • 仮払いをせずに業務を開始させようとする
  • 納品物に対して何度も細かく修正を指示し、ワーカーが辞退するのを待つ
  • 募集案件とは違う仕事を依頼する

このようなケースは、クラウドワークスに登録したばかりの初心者には見抜けません。

また、不安があっても収入のために受注するワーカーもいるでしょう。

結果的に無賃労働になったり損をしたりといったケースがあり、クラウドワークスはやめたほうがいいという悪評があります。

単価の交渉が難しい

クラウドワークスは、単価交渉が難しいクラウドソーシングです。

なぜなら、クラウドワークスでは、単価に限らずクライアントが提示する条件は絶対だからです。

その条件を受け入れられるワーカーが優先されるため、単価や条件の交渉はほぼ不可能と考えられます。

仮にワーカーが提示金額より高い単価で応募をしても、採用してもらえる可能性は低いでしょう。

コスパが悪く時間の無駄になる

クラウドワークスを使って仕事をすると、時間の無駄になってしまうという声も多く聞かれます。

なぜなら、膨大な登録者と膨大な募集があるため、1つの仕事を決めるまでに時間がかかりすぎるからです。

サイトを使用している時間が長い割に実際に仕事をする時間は短く、結果的に収入につながらないという悪循環が常態化します。

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるのは、利用時間と収入のバランスが悪いというデメリットが大きいからともいえます。

クラウドワークスを使ってみた人の不満が多い

クラウドワークスは、実際に使ってみた人からの評価が低い傾向にあります。

クラウドワークスで不快な経験をしたワーカーは、同サイト内の掲示板やSNSで情報を流します。

クラウドワークスはやめたほうがいいという声が多いのは、それだけ嫌な思いをしたワーカーが多いからともいえるでしょう。

満足できるのは仕事を受注できるスキルや実績がある人だけで、それ以外の人は多くの不満をためているのが現状かもしれません。

クラウドワークスをやめたほうがいい人の特徴

クラウドワークスをやめたほうがいい人の特徴

クラウドワークスの利用をやめたほうがいい人の特徴は、以下の5つです。

当てはまる人は、クラウドワークス以外の受注方法を検討してみましょう。

  1. 専門スキルを持っている人
  2. しっかり稼ぎたい人
  3. 安定した収入を目指す人
  4. ラクして稼ぎたい人
  5. 社会経験がない人

専門スキルを持っている人

クラウドワークスをやめたほうがいいのは、特定の分野に対して専門的なスキルを持っている人です。

なぜなら、専門スキルを持っている人は、クラウドワークス以外の受注経路のほうが条件のよい案件を受けられる可能性が高いからです。

やめたほうがいいというより、クラウドワークスを使うのはもったいないといえるでしょう。

しっかり稼ぎたい人

在宅ワークでしっかり稼ぎたい人は、クラウドワークスはやめたほうがいいでしょう。

なぜなら、クラウドワークスだけを使ってメイン収入を稼ぐのは難しいからです。

クラウドワークスは、登録者・募集案件数が非常に多いため、1つの仕事が決まるまでに時間がかかります。

トータルで見ると、収入に直結する作業時間よりも案件を受注するまでの時間が長くなるため、しっかり稼ぐのには向いていないのです。

安定した収入を目指す人

クラウドワークスは、安定した収入を得たい人にはおすすめできません。

なぜなら、継続して受注できる案件が少ないからです。

継続案件があってもそれは絶対ではなく、クライアントのさじ加減に左右されます。

収入を安定させたいなら、中~長期の契約を取らなければなりません。

ひとつの案件ごとに契約を交わすクラウドワークスは、やめたほうがいいでしょう。

ラクして稼ぎたい人

ラクして稼ぎたいと思っているなら、クラウドワークスはやめたほうがいいといえます。

なぜなら、クラウドワークスを使って仕事をすることは決して簡単ではないからです。

好きな場所で好きな時間に働けるクラウドワークスは「ラクに稼げる」という印象がありますが、内情は違います。

在宅ワーク以外の多くの仕事と同様、クラウドワークスを使っても稼ぐのはラクではありません。

社会経験がない人

社会経験がまったくない人は、クラウドワークスで仕事を探すのはおすすめできません。

なぜなら、クラウドワークスには労働力を搾取しようとする悪質なクライアントが混ざっているため、社会経験ゼロの人はだまされる危険が高いからです。

社会に出て働いた経験があれば、破格の条件で応募者を集める詐欺や、言葉たくみに無賃労働をさせようとするクライアントを見極めることができるでしょう。

クラウドワークスが向いている人の特徴

クラウドワークスが向いている人の特徴

やめたほうがいいといわれるクラウドワークスですが、向いている人もいます。

クラウドワークスがおすすめな人の特徴は、以下の5つです。

  1. お小遣い稼ぎ程度の収入でかまわない人
  2. 外で働くことができない人
  3. スキマ時間で仕事をしたい人
  4. 今からスキルを身につけたい人
  5. 在宅ワークデビューしたい人

お小遣い稼ぎ程度の収入でかまわない人

お小遣いを増やしたい人や、毎月の収入の足しにしたい人にとっては、クラウドワークスは向いています。

なぜなら、条件にこだわらなけばすぐに仕事が見つかるのがクラウドワークスのメリットだからです。

アルバイトの面接を繰り返して時間を消費するよりも、即日で仕事が決まり、すぐに作業を始められるのは大きな魅力といえるでしょう。

1カ月に2回の締め日と振込日が設定されているため、できるだけ早く報酬を手にしたい人にもおすすめです。

外で働くことができない人

働きたいけれど外に出ることができない人にとって、クラウドワークスは非常に優秀なツールです。

なぜなら、クラウドワークスに掲載される案件の9割が完全在宅ワークだからです。

面接もありません。

育児や介護などの事情で外に働きに出ることが難しい人は、クラウドワークスをはじめとしたクラウドソーシングが便利です。

スキマ時間で仕事をしたい人

1日のうち、まとまった自由時間を持てない人にはクラウドワークスが便利です。

なぜなら、クラウドワークスで見つけられる仕事のほとんどは「請負型」だからです。

成果物を納品することで完結する請負型業務は、作業時間や場所を指定されることはありません。

空いた時間で細切れに仕事をすることができるため、本業や家事・育児で忙しい人にもおすすめです。

今からスキルを身につけたい人

在宅ワークに必要なスキルを持っていない人でも、クラウドワークスなら仕事が見つかるでしょう。

なぜなら、クラウドワークスには「初心者OK」という案件が豊富にあるからです。

初心者向け案件はスキル不要のものが多く、業務に必要なことはクライアントからレクチャーしてもらえます。

もちろん、報酬は0ではありません。

働きながらスキルを身に付けたい人にとって、クラウドワークスはぴったりといえます。

在宅ワークデビューしたい人

これから在宅ワークを始めたい人には、クラウドワークスがおすすめです。

なぜならクラウドワークスは、シンプルで使いやすいシステムだからです。

掲載案件はすでに単価が決まっているため、ワーカー側から提案をしたり自分を売り込んだりする必要はありません。

初心者でも受注しやすい案件もそろっているので、在宅ワークのノウハウが身に付くでしょう。

契約をやめたほうがいい具体的な仕事の例

契約をやめたほうがいい具体的な仕事の例

クラウドワークスには、受注しないほうがよい案件が混ざっています。

やめたほうがいい具体的な仕事の例を5つ紹介します。

  1. 報酬が極端に高いor低い案件
  2. 報酬支払いに条件がある案件
  3. 情報を公開していないクライアントが出す仕事
  4. 募集とは違う内容の仕事
  5. 仮払いをせずに業務開始を指示された場合

報酬が極端に高いor低い案件

報酬が極端に高い、または低い仕事はやめたほうがいいでしょう。

理由は以下のとおりです。

  • 報酬が極端に高い仕事…競争率が高く受注できる可能性が低い/詐欺の危険がある
  • 報酬が極端に低い仕事…作業時間と収入のバランスが取れない

報酬額が極端な案件は、仕事が決まるまでの時間や作業に必要な労力と報酬とのバランスが取れないことが多いです。

また、低単価案件を中心に受注していると報酬が貯まらず、出金の上限をクリアできないこともあります。

報酬支払いに条件がある案件

報酬の支払いに条件を付けている案件は、どれだけ高単価でもやめたほうがいいでしょう。

よく見られる条件には、主に以下のものがあります。

  • 指定の金額(10,000円など)を超えてからの支払い
  • 納品物の成果によって報酬が発生する
  • クライアントの修正依頼に最後まで応えなければ報酬はもらえない

報酬に条件がついている場合、もともと報酬を支払う気がないというケースも考えられます。

条件に同意をして仕事を受注してしまうと、報酬を受け取れなくても抗議することはできません。

情報を公開していないクライアントが出す仕事

契約をやめたほうがいい仕事のひとつとして、自社情報を公開していないクライアントの仕事があげられます。

なぜなら、そのようなクライアントの信用度は著しく低いからです。

クラウドワークスは実態のない企業や実績のない個人事業主でもクライアント登録ができます。

トラブルを未然に防ぐ、またトラブルが起きた際のスムーズな解決のためにも、所在地や事業形態を公表している企業と契約をするのが無難です。

募集とは違う内容の仕事

掲載している募集要項と違う内容の仕事を案内されたときは、すみやかに契約を辞退しましょう。

健全なクライアントであれば、募集していた仕事と違う内容の案件は別な形で掲載するはずです。

提示された金額と案内された仕事の内容が釣り合わない場合もあるので、やめたほうがいいでしょう。

また、条件のよい内容で応募者を集め、まったく違う内容の仕事をさせようとするのは、詐欺の可能性もあります。

仮払いをせずに業務開始を指示された場合

仮払いの前に業務開始をさせようとするクライアントは、報酬を払わずに逃げる可能性があります。

クラウドワークスでは、ルール上「ワーカーは仮払いを確認してから業務を開始すること」となっています。

仮払いの前に業務を開始するのは、ワーカー側のルール違反となり、報酬が支払われなかった場合の救済措置はありません。

クライアントに仮払いの催促をするのが難しい場合は、契約自体をやめたほうがいいでしょう。

やめたほうがいい案件を契約してしまったときの選択肢

やめたほうがいい案件を契約してしまったときの選択肢

契約後に不良案件と気付いた場合、ワーカーが取れる行動は以下の2パターンです。

契約途中終了を申請する

まだ業務を終わらせていない場合、または作業の進捗状況が半分に満たない場合は「契約途中終了のリクエスト」がおすすめです。

方法は、以下のとおりです。

  • 契約ページを開く
  • 契約内容表示の下の「契約途中終了リクエスト」をクリック
  • 辞退する旨を伝える
  • リクエストを送信する

クライアントが同意するか、同意がないまま1週間が経過すると、契約終了になります。

クライアントが途中終了に同意しない場合は、仕事を続けられない理由を再度説明するか、クラウドワークス事務局に相談をしましょう。

とりあえず納品して契約完了する

依頼された仕事を終わらせてしまった場合や、作業にかけた時間が長かった場合は、納品をして契約完了を目指しましょう。

少しでも報酬をもらわなければ、仕事に費やした時間がすべて無駄になってしまいます。

仮払い前であれば、「作業が完了したので仮払いを確認してから納品する」とクライアントに伝えましょう。

次回からはクライアントや案件の詳細をしっかり調べ、類似する案件には手を出さないよう気をつけてください。

やめたほうがいいといわれるクラウドワークスにも安全な仕事はある

やめたほうがいいといわれるクラウドワークスにも安全な仕事はある

やめたほうがいいとの声が多いクラウドワークスですが、優良案件ももちろんあります。

安全な仕事の例を3つお伝えします。

報酬相場が平均的な仕事

報酬相場が平均的な仕事は、安全である可能性が高いです。

報酬と仕事のバランスが取れている案件の例は、以下のとおりです。

  • 作業にかかる時間と報酬が合っている
  • 求められるスキルと報酬が合っている

どれだけ高単価の仕事でも、1件の作業に膨大な時間がかかる内容では、費用対効果が悪くなります。

また、高いクオリティを求められる案件は検収のハードルも高くなるので気をつけましょう。

時給換算するなどし、自分ができる仕事と報酬が合っているかどうかを事前に確認するのが大事です。

詳細を公開しているクライアントの仕事

自社情報を公開しているクライアントは安全です。

チェックしておくべき内容は、以下のとおりです。

  • 本人確認
  • 発注ルールチェック回答
  • 所在地
  • 登録日
  • 会社概要
  • 自社HPなど

公開している情報が多ければ多いほど、信用性が高まります。

とくに自社HPはクライアント企業の実態がわかるので、必ず目を通しましょう。

認定クライアントの仕事

クラウドワークス事務局がとくに優良であると判断した「認定クライアント」の仕事は、信頼性が高く安心して働くことができるでしょう。

クラウドワークスの設定基準は、以下のとおりです。

  • 報酬確定金額30万円以上(直近1年間)
  • プロジェクト完了率80%以上
  • 支払い遅延なし
  • 総合評価4.8以上
  • 本人確認済み
  • 発注ルールチェック済み
  • 会社情報登録済み
  • プロフィール画像設定済み

審査に合格した登録企業には、認定クライアントのマークがつきます。

案件が安全かどうかの基準にもなるため、初心者ワーカーは認定クライアントの仕事を優先して探しましょう。

クラウドワークスで損をしないための5つの対策

クラウドワークスで損をしないための5つの対策

クラウドワークスで損をしないための対策は、以下の5つです。

  1. プロクラウドワーカーになる
  2. 適正価格を見極める
  3. クライアントの質を見抜く
  4. 継続できそうな案件を優先的に受ける
  5. 更新時に単価交渉をする

実績を積んでプロクラウドワーカーになる

プロクラウドワーカーになると、優良案件を受注できる確率が上がります。

コスパのよい仕事が増え、収入もアップするでしょう。

プロクラウドワーカーの審査基準は、以下のとおりです。

  • 納品完了率90%以上(過去1年間)
  • 総合評価4.8以上
  • 獲得報酬額月間200位以内(過去1年間で1回以上)
  • スカウト数5回以上(過去1年間)
  • コミュニケーション評価4.8以上
  • プロフィール&自己PR入力済み

審査に合格した登録ワーカーには、プロクラウドワーカーのマークがつきます。

クラウドワークスをメインに使うならプロクラウドワーカーを目指しましょう。

適正価格を見極める

適正価格を見極める目を養うと、やめたほうがいい案件を未然に避けられるようになります。

適正価格を見極めるには、主に以下の方法があります。

  • 時給換算する
  • 類似の案件と比較する
  • 他のクラウドソーシングと比較する

単価が低くても、作業が簡単であればコスパはよくなります。

逆に、条件のよい案件でもレベルが高ければコスパは下がります。

自分にとっての適正価格を見極めることが、クラウドワークスで損をしないコツです。

クライアントの質を見抜く

クライアントの質を見抜き、安全に仕事ができる相手とだけ取引をしましょう。

安心して契約できるクライアントの例は、以下のとおりです。

  • 会社概要を公開している
  • 発注実績が多い
  • ワーカーからの評価が高い
  • クラウドワークスのルールを遵守している

取引相手に不信感を持ったままでは、作業のクオリティが下がります。

信頼できるクライアントからの仕事なら、役立ちたい・認められたいという気持ちを持つことができ、双方にとってよい取引ができるでしょう。

継続できそうな案件を優先的に受ける

クラウドワークスで仕事を探すときは、「継続依頼あり」の案件を優先するのがおすすめです。

依頼が継続することで仕事探しの手間が省け、収入が安定するからです。

ただし、継続依頼ありといっても絶対ではありません。

クライアントの評価ページに同じワーカーからの評価が複数あると、継続の可能性が高いと考えられます。

更新時に単価交渉をする

同じクライアントとの仕事が長く続いたときは、思い切って単価交渉をしてみましょう。

継続案件の単価が少し増えるだけでも、月間の報酬額がかなり変わります。

単価を上げてもらうためのコツは、以下のとおりです。

  • 納期を守る
  • 確実に成果を出す
  • クライアントの要望以上の働きをする
  • 適切なコミュニケーションを取る

指示されたことをこなすだけでは、単価アップは望めません。

クライアントに認めてもらえる仕事を地道に続け、単価交渉の際には「今以上にできること」を具体的に伝えましょう。

やめたほうがいいのはランサーズも同じ?大手クラウドソーシングのお仕事事情

やめたほうがいいのはランサーズも同じ?大手クラウドソーシングのお仕事事情

クラウドワークスをやめたほうがいいかどうかは、ほかのクラウドソーシングと比較してから決めましょう。

大手クラウドソーシングとクラウドワークスの違いを、以下の3つの視点で検証します。

案件数がもっとも多いのはクラウドワークス

掲載案件がもっとも多いのは、クラウドワークスです。

大手のクラウドソーシングであるランサーズと比較すると、案件数は以下の差があります。

  • クラウドワークス…約10,000件
  • ランサーズ…7,000~8,000件

できるだけ多くの案件から自分に合うものを選びたい人は、クラウドワークスがおすすめです。

しかし、募集を比較するのに時間がかかり肝心の作業時間が減ってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

手数料は0~20%までさまざま

クラウドソーシングのシステム利用料は、0~20%とさまざまです。

主なクラウドソーシングの手数料は、以下のとおりです。

  • クラウドワークス…20%
  • ランサーズ…20%
  • ココナラ…22%
  • クラウディア…15%
  • シュフティ…1,000円

上記のほか、比較的新しいクラウドソーシングやフリーランスエージェントは、ワーカーが支払う手数料0円というサービスもあります。

手数料で損をしたくなければ、登録前に必ず調べておきましょう。

クライアントの質は大差なし

クラウドソーシングによって、クライアントの質が著しく異なるということはありません。

悪質なクライアントは、どのサービスにもひそんでいる可能性があります。

詐欺や無賃労働の被害に遭わないためには、ワーカーが自分自身を守る技術を身につけることが大事です。

また、ココナラのように自らスキルを販売するシステムを利用すれば、悪質なクライアントに会う可能性は少ないと考えられます。

クラウドワークスを使わずに在宅ワークで稼ぐ方法

クラウドワークスを使わずに在宅ワークで稼ぐ方法は、以下の3つです。

クラウドソーシングサービスを併用する

クラウドワークス以外のクラウドソーシングを併用することで、リスクヘッジができます。

大切なのは、サービスを乗り換えることではなく並行することです。

メインで利用するサービスのほか、1~2社のサイトをサブで使うなど工夫し、安定して仕事を受注できる環境を整えましょう。

自社サービスを始める

クライアントから案件を受注するのではなく、自社サービスを始めるのもひとつの手段です。

自社サービスの例は、以下のとおりです。

  • アプリの開発・販売
  • イラストやデザインの販売
  • ブログやサイトの運営
  • 動画配信

これらは完全な自営業となるため、仕事を探して受注する必要がなくなります。

しかし、事業が波に乗るまでは収入が安定せず、失敗するリスクもあります。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントは、スキルのあるフリーランスにおすすめのサービスです。

クラウドソーシングに比べて継続案件が多く、単価が高く設定されています。

アドバイザーからスキルに合った案件を紹介してもらえることもあるため、仕事探しの時間を短縮できます。

安定して働ける仕事を探している人にとって、最適なサービスといえるでしょう。

クラウドワークスをあわせて使いたいクラウドソーシングサービス

クラウドテック|クラウドワークス運営の高単価サイト(副業案件もあり)
4.82

クラウドテック

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

副業で稼ぎたい方にもおすすめなうえ、フリーランスで安定した収入を稼ぎたい方は登録しておくべき、フリーランスの王道サイトです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。

案件数

14万社の求人があり

スキルを生かして働きたい人におすすめのフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

まとめ|在宅ワークで稼ぎたいならクラウドワークス一択はやめたほうがいい

在宅ワークで稼ぐなら、クラウドワークスだけを利用するのはやめたほうがいいでしょう。

なぜなら、クラウドワークスのみを利用して仕事を受注するのはデメリットが多く、リスクが高いからです。

クラウドワークス以外のサービスの利用や、自社サービスの準備を並行するなど、安定した収入を得る工夫をしましょう。

おすすめは、クラウドソーシングよりフリーランスエージェントです。

スキルと実績に見合った案件を受注できるフリーランスエージェントを探し、まずは無料登録してみましょう。