フリーランスの月収20万円は手取りいくら?生活費や税金・稼ぎ方も紹介

「フリーランスの月収20万円は生活できないってホント?」

「手取り20万円稼ぐにはいくらの月収が必要?税金はいくら引かれる?」

「具体的な稼ぎ方が知りたい」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事ではフリーランスの月収20万円の手取り金額や生活費などを詳しく解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスのリアルな年収事情を知ることが可能です。

具体的な稼ぎ方も参考にして、フリーランスとして安定した生活を目指しましょう。

目次

フリーランスの月収20万円の手取りは15万

フリーランスの月収20万円は、手取り15万円になります。

なぜなら、収入から保険料や年金が引かれるからです。

フリーランスの収入と手取り、そして生活費モデルを詳しく紹介します。

保険料や年金で5万円引かれる

フリーランスの月収が20万円の場合、税金・保険料・年金で差し引かれるのはおよそ5万円です。

おおまかな内訳は、以下の通りです。

  • 所得税…約6,000円
  • 住民税…約12,000円
  • 健康保険料…約15,000円
  • 国民年金…約16,500円

月収20万円から約5万円が引かれると、手元に残るのは15万円です。

1カ月の生活費が15万円と考えると、居住地によってはかなり生活が厳しくなるでしょう。

月収20万円フリーランスの生活費モデル

月収20万円・手取り15万円のフリーランスの、生活費モデルをまとめました。

内訳の例は、以下の通りです。

  • 家賃…70,000円
  • 水道光熱費…10,000円
  • 食費…20,000円
  • 通信費…5,000円
  • 日用消耗品費…10,000円
  • 交際費…20,000円
  • 交通費…5,000円
  • 趣味・娯楽…10,000円

住む場所にもよりますが、1カ月の手取りが15万円だと大体上記のようになります。

しかし、これでは貯蓄ができません。

フリーランスは収入の保証がないため、食費や交通費、趣味などにかかる出費を節約して貯蓄に回すことも大切です。

記事は手取り20万円で生活していますが、手取り15万円のモデルを作成してください。 家賃を削る、奨学金を削除して欲しいです。

フリーランスが手取り20万円得るためには月収27万円必要

フリーランスが手取りで20万円を得るのに必要な月収は、およそ27万円です。

差し引かれる金額について、詳しく説明します。

7万円は税金で引かれる

フリーランスの月収が27万円になると、税金その他で約7万円引かれて手取りが20万円になります。

大体の内訳は、以下の通りです。

  • 所得税…10,500円
  • 住民税…約20,000円
  • 健康保険料…約21,500円
  • 国民年金…約16,500円

フリーランスが月収20万円を得るためには、国や自治体に納める額を70,000円分稼がなくてはなりません。

会社員と違い、保険料が高い国民健康保険に加入せざるを得ないフリーランスならではのデメリットといえます。

フリーランスが月収20万円稼ぐには?

フリーランスが月収20万円を稼ぐのは、難しいことではありません。

業種による、月収20万円の例は以下の通りです。

日給1万円で20万円は可能

フリーランスが月収20万円を稼ぐなら、日給10,000円を基準にするとわかりやすいです。

1日10,000円稼ぐことができれば、月~金×4週間でトータル20万円になります。

Webライターを例にシミュレーションしてみましょう。

  • 1本5,000円の記事を受注
  • 1日で2本×20日で40本納品
  • 5,000円×40本で月収20万円

例えば1文字1円の単価で5,000文字の記事を書いた場合、1本で5,000円の報酬になります。

それを1カ月40本納品すれば、単純計算で20万円です。

エンジニアの場合は案件を見つけられれば40万円以上も可能

エンジニアのような専門職の場合は、月収40万円も可能です。

ただし、単価の高い案件を見つけられればということになります。

報酬が高い案件は競争率が激しく、スキルと経験がなければ受注できません。

好条件の案件に絞って月収40万円を目指すのは、技術力に自信がある人向けの方法です。

フリーランスが月収20万円稼ぐためのステップ

フリーランスが月収20万円を稼ぐには、働き方を見直すことが大事です。

以下の4つのステップを踏んでいきましょう。

無駄なことを辞める

フリーランスが月収20万円を稼ぐためには、まず仕事の邪魔をしているものを辞めることです。

SNSやネットサーフィンなど、仕事とは無関係なことに時間を使うのを辞め、有意義なことをする時間に切り替えましょう。

もっとも、仕事の情報を得るためにSNSやネットを利用している人も多くいます。

取捨選択をし、利用時間を決めるなどして、無駄な時間を消費しないよう意識するのが大事です。

時間を作ってスキルを磨く

空いた時間を使ってスキルをみがくと、自身の成長につながります。

これは、収入アップのための大事な一歩です。

同じ月収20万円でも、単価の低い仕事をたくさんやるよりも単価の高い仕事に絞ってやる方が効率は良くなります。

その上で仕事の数をこなせば、月収20万以上に手が届くでしょう。

スキルをみがくことで、それが可能になります。

収入の目標を上げる

月収20万円の仕事をしても、税金や保険料を払って手元に残るのは約15万円です。

収入の目標を月収20万円から30万円に上げることで、手取りが20万円になります。

月収20万円の目標のままでは、20万円以上は稼げません。

目標を上げ、毎月コンスタントに20万円以上を稼げるように計算して仕事をしましょう。

フリーランス向けサイトの利用もおすすめ

月収20万円を得るためには、フリーランス向けのクラウドソーシングサイトがおすすめです。

未経験者から上級者までの案件を幅広く掲載しているため、それぞれの利用者に合った仕事が見つかるでしょう。

掲載案件が豊富なサイト、利用手数料が安いサイトなどいろいろな特徴があるので、自分に合うサイトを利用するのがおすすめです。

月収20万円をフリーランスで稼ぐためにおすすめのサイト

フリーランスで月収20万円を稼ぐにはクラウドワークスやココナラを利用していたら、かなり時間もかかるうえに、「稼げなかった」という結果になってしまう可能性があります。

そこで、ライターやエンジニアにおすすめの単価が高い案件が多いサイトを紹介します。

クラウドテック|Webライター・エンジニアにもおすすめ

クラウドテック|クラウドワークス運営の高単価サイト(副業案件もあり)
4.82

クラウドテック

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

副業で稼ぎたい方にもおすすめなうえ、フリーランスで安定した収入を稼ぎたい方は登録しておくべき、フリーランスの王道サイトです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。

案件数

14万社の求人があり

月収20万円からUPさせたい人向けのフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

フリーランスが手取り20万円以上になるためのポイント

フリーランスとして仕事を受注し、手取り20万円以上を得るためのポイントは以下の3つです。

それぞれのコツを、詳しく解説します。

仕事の数をこなす

仕事量を増やせば、その分収入がアップします。

なぜなら、フリーランスは時給制のアルバイトとは違い、仕事をすればするほど手に入る報酬が増えるからです。

フリーランスの仕事は、依頼されたものを作り納品するのが基本です。

納品物の量と収入額は直結します。

スキルが低くても仕事の数をこなしさえすれば、手取り20万円以上を目指せます。

仲介業者を通さない

クラウドソーシングサイトなど仲介業者の多くは、利用するフリーランスの側から手数料を徴収します。

手数料は報酬の15~20%が相場となっており、その分収入が減ってしまうのは避けられません。

仲介業者を通さず企業と直に契約を交わすことで、手数料を差し引かれずに済みます。

スキルと実績に自信がある人は、気になる企業に営業をかけてみましょう。

自分なりの事業を展開する

仕事を受注して稼ぐだけではなく、自分で事業を展開するのもおすすめです。

始めやすい事業は、以下の通りです。

  • ブログ
  • 物販
  • デザインやイラスト
  • HP作成
  • 動画作成

このように、多額の資金を準備しなくてもできる事業はたくさんあります。

自分の得意なことを事業化して、その売り上げで収入を増やしましょう。

フリーランスは月20万円ではきついと言われる理由は?

フリーランスの収入が月20万円では、生活設計がかなり難しくなります。

その理由は以下の4つです。

この4点を踏まえ、月収20万円よりもさらに高みを目指さなければなりません。

月収20万円では娯楽に使えるお金も少ない

月収20万円の仕事しかしていない場合、税金などを引いて1カ月で使えるお金は約15万円です。

それでは、家賃や水道光熱費をはじめとした生活費に使うと残りはほぼなくなってしまいます。

趣味や娯楽に使えるお金が少なく、ストレス発散もできません。

また、スキルUPのために勉強をしたくても教材費用が捻出できず、いつまでも安い仕事を受けざるをえなくなります。

収入の安定性が低くトラブルに対処できない

月収20万円のフリーランスとはいえ、毎月コンスタントに20万円稼げるわけではありません。

クライアントの都合次第で仕事をもらえなくなるリスクがあり、収入が安定しないのです。

月収20万円では貯蓄ができず、仕事がなくなったときに生活できなくなってしまいます。

また、病気や事故などのアクシデントに対応することも難しいでしょう。

社会的信用が低く賃貸すら難しいことも

フリーランスは社会的信用が低いという特徴があります。

会社という後ろ盾がなく、仕事をしていなければ無職も同然だからです。

そのため、フリーランスでは賃貸住宅の契約やクレジットカード申し込みの際の審査が厳しくなる傾向にあります。

終身雇用がない

フリーランスには、終身雇用がありません。

フリーランスである限り、自分の力で仕事を獲得する必要があります

。仕事が保証されているわけではないため、いつ無職になってもおかしくありません。

しかし、定年退職という区切りもないので、自分が選んだ仕事を何歳になっても続けられるというメリットもあります。

本当に辛い時は税額減額制度の利用もできる

月収20万円で生活が厳しくなったときは、税金や年金を減額してもらえる制度があります。

各自治体によって詳細が異なるため、居住地の市役所や区役所に相談してみましょう。

市民税・国民健康保険税の猶予制度もあり

税額減額制度だけではなく、市民税や国民健康保険の猶予制度をもうけている自治体もあります。

猶予を受けられる条件の例は、以下の通りです。

  • 病気や怪我で働けない
  • 災害の被害に遭った
  • 事業で著しい赤字を出した
  • 事業を廃止/休止した
  • 納税の意志がある

このような条件で納税を猶予してもらえると、延滞金が免除される他、資産の差し押さえなどを逃れることができます。

まとめ|フリーランスの月収20万円は大卒初任給以下!

フリーランスで月収20万円の稼ぎは、4年生大学卒初任給以下といわれています。

なぜなら、月収20万円の仕事ができても納付する税額が高く、手元に残る額が少ないからです。

さらに、仕事の保証もありません。

月収20万円で満足していると、いざというときに使えるお金がなく、仕事がない時に生活できなくなってしまいます。

月収20万円はあくまでも1つめの目標とし、手取りで20万円を稼げるように努力をしましょう。