フリーランスで年収1,000万円を稼げる仕事と手取りを大公開!税金も解説

フリーランスで年収1,000万円を稼げる職種を大公開!税金や手取りも紹介

「フリーランスで年収1,000万円稼げる職種って?」

「フリーランスの年収1,000万円の手取り額は?税金は高い?」

「フリーランスで年収1,000万円稼ぐ方法は?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、フリーランスで1,000万円稼げる職種や方法について解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスで年収1,000万円稼ぐための具体的なロードマップをイメージできるでしょう。

フリーランスで1,000万円稼いだ際の手取り額や税金も参考にして、年収アップを目指しましょう。

この記事の監修および編集協力者
登録者が70,000人を突破!!

ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ」は、起業や独立にチャレンジしたい個人やこれからフリーランスになりたい人、現役のフリーランスと、フリーランスを募集する企業のマッチングをサポートしているフリーランスエージェントです。

無料で紹介してもらえる案件の職種は、「エンジニア」「マーケター」「ディレクター」「デザイナー」などの幅広い案件があり、登録後最短60分で案件を紹介してもらえます。

さらに審査はありますが、取引先に送った入金前の請求書情報を登録すると、報酬を即日受け取ることができる「フリーランス向け報酬即日払いサービス」が特別料金で利用できます。(手続きはすべてオンラインで完結。面談や書面でのやり取りは一切不要。審査は最短60分で完了し、会員登録をした当日からご利用可能。)

お金面で不安なフリーランスでも安心して業務に取り組めると好評です。
  • フリーランスエージェント支持率No.1
  • すぐに現金が受け取れる
  • 週2日から働ける案件がある

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

チャットワークなどで案件紹介も可能
リモートワーク求人も豊富

フリーランスの平均年収は?

フリーランスの平均年収は?

フリーランスの平均年収は、400万~600万円といわれています。

この数字からわかる、フリーランスの収入について解説します。

  1. フリーランスの平均年収
  2. 会社員の平均年収との差
  3. 最近のフリーランスの年収傾向

フリーランスの平均年収は400万円~600万円

フリーランス協会が調査したフリーランスの平均年収は、400万〜600万円です。

これは、1カ月に140時間以上稼働し、フリーランスとして生計を立てている人の年収で全体の22.7%です。

次いで多いのは年収200万〜400万円で、こちらは全体の22.0%という数字でした。

専業主婦/主夫やパラレルワーカーなど稼働時間が短いフリーランスを合わせると、平均収入は200万〜400万円となります。

会社員との平均年収は変わらない

国税庁の「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」では、日本の平均給与は年間433万円としています。

フリーランスの平均年収とほぼ変わりません。

しかし、収入が同じでもフリーランスのほうが保険料などが高額なため、手取り額は会社員のほうが高くなるケースもあります。

最近のフリーランスの年収傾向は?

フリーランスの年収は、主に性別・稼働時間・キャリアに左右されます。

年収1,000万円を例にしてそれぞれの割合を比べた結果、以下のようになりました。

  • 男性…5.7%
  • 女性…3.3%
  • 月140時間以上…5.6%
  • 月140時間以下…3.2%
  • フリーランス歴10年以上…4.7%
  • フリーランス歴6カ月未満…2.0%

性別をのぞき、フリーランスで高収入を得るには仕事の時間や量、経験が大事だということがわかります。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

フリーランスの年収1,000万円稼いでいる人の割合は?

フリーランスの年収1,000万円稼いでいる人の割合は?

フリーランスで年収1,000万円を稼いでいる人の割合は、全体の一割です。

主な業種を含め、詳しく説明します。

年収1,000万円は1割以上

フリーランス全体で、年収1,000万円以上を得ている人は一割です。

年収1,000万円の業種の内訳は発表されていませんが、年収800万円以上の人に多い業種はITエンジニアやコンサルタントでした。

専門的なスキルと、さまざまな仕事をしてきた実績がなければ、年収1,000万円は難しいといえるでしょう。

【種類別】フリーランスの平均年収

フリーランスの平均年収を種類別に紹介します。

以下の4つのタイプにわけてまとめました。

  1. 副業系フリーランス
  2. パラレルワーカー
  3. 自由業フリーランス
  4. 独立系オーナー
種類別の年収を一覧表で見る
タイプ平均年収平均月収
副業系フリーランサー74万円61,600円
パラレルワーカー154万円12万9,000円
自由業フリーランサー157万円13万1,000円
独立オーナー系フリーランサー356万円29万6,700円

副業系フリーランサーの平均年収

副業系フリーランスの平均年収は、約74万円です。

月額に換算すると、約61,600円になります。

本業や家事・育児のスキマ時間で副業をするのが、副業系フリーランサーです。

収入の足りない部分の補填や、お小遣い稼ぎが目的で働いている人が多数いるため、年収自体は高くありません。

パラレルワーカーの平均年収

パラレルワーカーとして働いているフリーランスの平均年収は、約154万円です。

月額でいうと約12万9,000円で、副業系フリーランサーよりやや高い数字になっています。

パラレルワークは、複数の本業を持ちそれぞれ別の企業と契約して働くスタイルです。

この結果を見ると、ひとつの契約あたりの報酬が低めであることがわかります。

自由業フリーランサーの平均年収

自由業系フリーランサーの平均年収は、約157万円です。

月額の平均は約13万1,000円と低く、本業の収入としては非常に低い数字といえるでしょう。

自由業系フリーランサーは、業務委託という形で仕事を請け負います。

好条件を提示してくれるクライアントを見つけることが、収入をアップさせる方法です。

独立オーナー系フリーランサーの平均年収

個人事業主や法人経営者など独立オーナー系フリーランサーの平均年収は、約356万円です。

タイプ別フリーランスのなかでは一番年収が高く、また該当する人がもっとも多いところが特徴です。

月収に換算すると約29万6,700円で、20代会社員の平均年収と近い数字になっています。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

【職種別】フリーランスの平均年収

フリーランスの平均年収を職種別で比較しました。

以下の5つの職種にわけてまとめています。

  1. フリーランスエンジニア
  2. フリーランスデザイナー
  3. フリーランスWebマーケター
  4. フリーランスライター・ディレクター
  5. フリーランスコンサルタント
職種別の年収を一覧表で見る
職種平均年収特記事項
フリーランスエンジニア300万〜500万円年収1,000万円前後も存在。上流工程に関わることで高年収を狙える。
フリーランスデザイナー400万円未満〜800万円400万円未満と400万〜800万円の層が各24%。年収800万円以上も存在。
フリーランスWebマーケター600万〜800万円年収1,000万円以上も可能。副業として手がけるフリーランスも多い。
フリーランスライター400万円未満副業でやる人多数。年収1,000万円に届く収入を得る人も存在。
フリーランスコンサルタント800万円以上年収400万円未満の層は少ない。月額100万〜200万円の案件も存在。年収1,000万円以上を叶える可能性がある。

フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスエンジニアを含むIT系フリーランサーの年収は高く、平均が300万〜500万円がもっとも多くなっています。

年収1,000万円前後のフリーランスエンジニアも多く、高い年収を狙える職種といっていいでしょう。

しかし、高い年収を得ているエンジニアがいる一方で、下請けのプログラマーやテスターといった層も存在します。

高年収を叶えるには、スキルを身につけて上流工程に関わっていくことが必須となります。

フリーランスデザイナーの平均年収

フリーランスデザイナーをはじめとしたクリエイティブ・フォト系フリーランサーの平均年収は、幅が広いところが特徴です。

フリーランス協会の調査では、400万円未満の層と400万〜800万円の層がそれぞれ全体の約24%でした。

それほど多く稼いでいないフリーランスがいる一方で、年収800万円以上のフリーランスもいます。

知識やスキルのほか、クライアントの要望を聞き出すヒアリング力も重要になってくるでしょう。

フリーランスWebマーケターの平均年収

フリーランスWebマーケターの平均年収は比較的高く、600万〜800万円が相場です。

マーケターの存在は、Webサービスにおいてなくてはならないものといわれています。

実績や経験次第では、年収1,000万円以上も可能でしょう。

一方では、空いた時間を有効に使って働ける職種でもあるため、副業として手がけているフリーランスも多くいます。

フリーランスライター・ディレクターの平均年収

フリーランスライターは、平均年収が400万円未満と低い傾向にあります。

年収が低い理由には、副業でやる人が多いことや、高度なスキルを必要とされないことなどがあげられます。

一方で年収1,000万円に届く収入を得ている人もおり、収入の幅が非常に広い職種といえるでしょう。

フリーランスコンサルタントの平均年収

フリーランスコンサルタントの平均年収は、約800万円以上です。

年収400万円未満の層は少なく、報酬相場が比較的高い職種といえます。

月額で100万〜200万円単価の案件もあり、スキルと経験次第では年収1,000万円以上を叶えることができるでしょう。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

年収1,000万円のフリーランスの手取り金額は?

年収1,000万円のフリーランスの手取り金額は?

フリーランスが年収1,000万円を稼いだときの手取り額は、約750万円です。

1,000万円から差し引かれる税金や保険料について、詳しく説明します。

※東京都在住・30歳・独身(扶養家族なし)・青色申告・経費10万円(1カ月)

年収1,000万円の手取りは750万円ほど

年収が1,000万円の場合、税金や保険料として差し引かれるのは約250万円です。

内訳は以下のとおりです。

  • 所得税…約94万5,000円
  • 住民税…約69万6,000円
  • 国民健康保険…約81万1,000円
  • 国民年金…約16,600円

この他、個人事業税に該当する職種の人は年間約27万円の納付義務が発生します。

また、年収1,000万円を超えた年の翌々年には消費税も加算されることになります。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

フリーランスが支払う税金の種類

フリーランスが支払う税金は事業や所得によって最大4種、保険は2種です。

  1. 所得税・住民税
  2. 個人事業税
  3. 消費税
  4. 国民健康保険・国民年金

それぞれの概要を見ていきましょう。

所得税・住民税

所得税は所得が1,000円以上の場合に課せられる税金です。

所得税の税率は、以下の通りです。

  • 1,000円以上…5%
  • 195万円以上…10%
  • 330万円以上…20%
  • 695万円以上…23%
  • 900万円以上…33%
  • 1,800万円以上…40%
  • 4,000万円以上…45%

日本は累進課税制度を採用しているため、所得が上がれば上がるほど課税される額も上がります。

住民税は、住んでいる自治体に納める税金です。

住民税の標準税率は、以下の通りです。

  • 区市町村民税…6%
  • 道府県民/都民税…4%

住民税は、前年の所得をもとに役所で計算されます。

通知が届くのは、毎年6月です。

個人事業税

個人事業税は、国が定めた特定の業種に該当する事業を営んでおり、事業所得が年間290万円以上の個人事業主が支払う税金です。

フリーランスが該当しやすい法定業種には、以下のものがあります。

  • 請負業
  • 製造業
  • 写真業
  • デザイン業
  • コンサルタント業

上記の業種の個人事業税率は、いずれも5%です。

消費税

消費税は、年収1,000万円以上になった年の翌々年に支払う税金です。

原則として企業や事業所単位で納付する税金なので、会社員であれば納付義務はありません。

個人事業主であるフリーランスならではの税金といえるでしょう。

消費税には原則課税方式簡易課税方式があり、課税売上高5,000万円をラインとして計算方法が変わります。

国民健康保険・国民年金

国民健康保険は、前年の所得に応じて保険料が決まります。

さらに自治体によって保険料率の適用が異なるため、住んでいる自治体のホームページなどを確認する必要があります。

フリーランスが加入する国民健康保険は、各種手当などがつかず全額自己負担です。

これは、自治体に関わらず全国の共通事項となっています。

国民年金は、年によって多少の金額差はありますが所得に関わらず一律の金額です。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

フリーランスで年収1,000万円以上稼げる仕事

フリーランスで年収1,000万円以上稼げる仕事

年収1,000万円を稼げるフリーランス向けの仕事を紹介します。

おすすめの業種は、以下の3種です。

  1. 専門業・士業
  2. コンサルタント
  3. ITエンジニア

専門業・士業

フリーランスで専門業・士業を営んでいる人の約3割が、平均年収800万円以上です。

専門資格を必要とする業種であるため、その分年収も高いと考えられます。

医師や弁護士などは長期間にわたる学習が必要ですが、通信教育で学習可能な士業もあります。

今から年収1,000万円を目指すなら、自分にできそうなものからチャレンジしてみるのもいいでしょう。

コンサルタント

フリーランスコンサルタントで年収800万円以上を稼いでいる人は、全体の約2割です。

年収1,000万円を叶えるためには、単価が高い仕事を受注したり複数の取引先と契約をしたりと、働き方に工夫が必要です。

コンサルタント業は、スキルはもちろんのこと実績が重要視される業種です。

いろいろなクライアントと付き合い、実務経験を増やしていきましょう。

ITエンジニア

平均年収300万〜500万円といわれるITエンジニアですが、スキルによっては年収1,000万円を得ることが可能です。

AIやIoTに関するスキルを習得したり、ハードウェアの知識を身につけたりと、需要の高い分野に挑戦してみましょう。

ITエンジニアは人手不足が続いているため、スキルと経験を積めば好条件の仕事が見つかる可能性が高いです。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

フリーランスで年収1,000万円以上稼いでいる人の特徴

年収1,000万円を稼いでいるフリーランスに多い特徴は、以下の9つです。

  1. 趣味が仕事である
  2. 謙虚である
  3. 企業の売上を意識している
  4. 技術力がある
  5. 成果を出せる
  6. 生産性が高い
  7. スケジュールに余裕がある
  8. コミュニケーション能力が高い
  9. 複数のスキルを持っている

趣味=仕事

年収1,000万円を稼ぐフリーランスに多いのは、仕事が趣味というタイプです。

仕事が楽しくてやっているため、時間を忘れて没頭したり休日でもつい仕事をしてしまったりという人も少なくありません。

自然と仕事量が多くなり、その分収入が増えます。

仕事をとおして学ぶことも増えるので、好循環的に年収が高くなります。

謙虚な姿勢を忘れない

年収1,000万円を稼ぐフリーランスは、つねに謙虚な姿勢でいる人が多いです。

周りの意見を聞き入れ、知識や技術を学ぼうという姿勢は仕事相手からの信頼につながります。

また、謙虚な人のほうが好感度が高く、仕事関係の人脈を広げやすくなるでしょう。

結果的に受注件数や好条件の案件を獲得できる可能性が上がり、年収が増えます。

企業の売上を気にしている

年収1,000万円を稼ぐフリーランスには、企業の売上を意識して働いている人が多いです。

自分の仕事の先にある企業の利益を気にかけ、依頼以上の貢献をすることによって年収が上がります。

与えられた仕事をただこなすだけでは、報酬アップや条件の改善には期待ができません。

確かな技術力がある

年収1,000万円を稼ぐフリーランスには、確かな技術力があります。

目新しい技術や情報に左右されず、基礎知識と技術をしっかり身につけている職人が、このタイプです。

仕事の本質を理解し確かな技術を身につけているフリーランスなら、最新技術にもすばやく対応ができるでしょう。

成果を出せる

年収1,000万円を稼ぐフリーランスには、その場に応じて最大限の成果を出せる人が多いです。

与えられた作業の目的を理解し、より大きな成果を出すためにはどうすればいいかを、考えながら働いているのです。

確実に成果を出すフリーランスが、ライアントから重宝されるのは間違いありません。

自然と依頼が増え、年収が上がっていくでしょう。

生産性が高い

年収1,000万円を稼ぐフリーランスには、生産性が高いという特徴があります。

仕事をする時間を決めており、その範囲でやるべき作業をしっかりこなすタイプです。

短い時間で集中して作業をするほうがコストパフォーマンスがよくなるため、収入増にもつながります。

余裕を持ったスケジュールを組んでいる

年収1,000万円を稼ぐフリーランスは、スケジュールに余裕を持って働いている人が多いです。

余裕のあるスケジュールを組むと急ぎの依頼にも対応でき、クライアントからの信頼が高まるでしょう。

また、スケジュールに余裕があると気持ちも安定し、クオリティの高い仕事ができるようになります。

交渉力・コミュニケーション力が高い

年収1,000万円を稼ぐフリーランスは、コミュニケーション能力が優れています。

条件の交渉やクライアントとの意思疎通ができるトークスキルは、仕事をする上で欠かせません。

コミュニケーション能力があると、仕事がやりやすくなります。

よりよい条件の仕事や、さまざまな種類の仕事を受注することにつながるでしょう。

複数のスキルを持っている

年収1,000万円を稼ぐフリーランスの特徴は、複数のスキルを持っていることです。

「これしかできない」よりも「あれもこれもできる」タイプのほうが、受注できる仕事の幅が広がります。

仕事が増えればそれだけ収入も増え、それぞれのスキルを極めることで年収1,000万円に手が届くでしょう。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

フリーランスが年収1,000万円を目指す方法

フリーランスが年収1,000万円を目指すには、以下の6つの方法があります。

  1. 専門スキルを身につける
  2. さまざまな案件に挑戦する
  3. ニーズの高い職種を選ぶ
  4. 売上に貢献する
  5. 趣味を増やす
  6. フリーランスエージェントを利用する

専門性の高いスキルを身に着ける

フリーランスが年収1,000万円を目指すには、専門性の高いスキルを身につける必要があります。

なぜなら、専門スキルを持っている人のほうが人材価値が高いからです。

ライバルの少ない分野の技術を身につけることで、受注件数が増えたり好条件を提示してもらえたりといったメリットがあります。

様々な案件に挑戦する

フリーランスが年収1,000万円を目指す方法として、さまざまな案件に挑戦して仕事の分野を広げるのもおすすめです。

未体験のジャンルに挑戦することは、スキルとキャリアの向上につながります。

また、幅広い分野をそつなくこなせるフリーランスとしてクライアントから頼りにしてもらえるでしょう。

ニーズの高い職種を選ぶ

フリーランスが年収1,000万円を目指すなら、ニーズの高い職種や報酬相場の高い職種を選ぶのがおすすめです。

どれだけ高度な専門知識・スキルを持っていても、発揮できなければ意味がありません。

今後の需要が伸びる分野や長期的なニーズのある分野であれば、仕事が途切れずスキルをみがき続けることができます。

売上に貢献しクライアントの信頼を得る

フリーランスとして年収1,000万円を得るためには、クライアントからの信頼が欠かせません。

そのためには、依頼された案件によっていかに売上に貢献できるかを意識する必要があります。

売上に対する意識が高く、求められる以上の結果を出すフリーランスになれれば、おのずと報酬もアップするでしょう。

趣味を広げる

年収1,000万円を稼ぐフリーランスになるためには、趣味を増やして思い切り遊ぶという方法があります。

興味のあることを趣味として取り入れ、その道を極めてみましょう。

趣味があると周囲とのコミュニケーションにも役立ち、人間的な魅力をやしなえます。

仕事とプライベートのメリハリをつけることで、より仕事に集中し効率よく働けるというメリットも生まれます。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用することで、年収1,000万円を目指すことができます。

担当者から仕事を紹介してもらえるシステムなので、自ら営業をする必要がなく、効率のよい仕事探しが可能です。

年収1,000万円以上の条件を事前に伝えておけば、該当する案件を優先的にお知らせしてくれるでしょう。

そのほか、年収1,000万円の案件だけをフィルタリングして検索することもできます。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

年収1,000万円を目指すフリーランスにおすすめのフリーランスエージェント

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、主に以下の3つです。

  1. すべて自分の利益になる
  2. 仕事を増やせば収入が増える
  3. 人脈を作れる

全て自分の利益にできる

フリーランスは、クライアントから支払われる報酬のすべてを自分の利益にすることができます。

会社員は、インセンティブ制度がない限り、どれだけ売上に貢献しても給与は変わりません。

仕事の保証を受ける代わりに、給与が低く設定されているのが一般的です。

フリーランスは報酬すべてが自分の収入になり、税金や保険料を差し引いた手取り額が個人の利益となります。

仕事を増やせば売上を上げられる

フリーランスは、仕事を増やせば増やすほど収入が上がります。

メインの取引先のほか、空いた時間で複数の仕事をしているフリーランスほど年収は高い傾向にあります。

会社員の場合は、時間外労働手当をのぞき、自分の作業をどれだけ増やしても給与には反映しません。

現在では、本業の会社に内緒で副業フリーランサーをしている会社員も多く存在します。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

ブログやSNSなどで人脈を作れる

フリーランスは、自分の仕事をブログやSNSで発信し、売上につなげることができます。

人脈を広げて得た仕事の情報をさらに発信することで、「売れっ子」として市場価値を高めることができます。

会社員の場合は、在籍している組織によって就業規則があるため、安易な発信はできません。

世の中に自分をアピールして人脈を広げられるのは、フリーランスならではのメリットといえます。

フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリットには、以下の5つがあります。

  1. 収入が不安定
  2. 保険が脆弱
  3. 社会的信用の低さ
  4. 確定申告などの雑務
  5. スキルが伸びにくい

デメリットの具体的な例と、その回避方法をお伝えします。

収入が安定しない

フリーランスは、仕事の保証がなく収入が不安定です。

取引先の都合次第で、突然仕事がなくなったり報酬を減らされたりといったリスクがあります。

デメリットを回避する方法は、以下の3つです。

  • 複数のクライアントと契約する
  • 空いた時間に副業をする
  • 貯金をする

とくに、貯蓄は大事です。

急に仕事がなくなっても数カ月は暮らしていけるよう、計画を立ててお金を貯めましょう。

保険が心許ない

フリーランスが加入する国民健康保険には、出産手当や傷病手当などの各種保険がありません。

国民年金も、支給される額が会社員よりも少ないというデメリットがあります。

デメリットを避けるため、以下の3つを検討しましょう。

  1. 国民年金基金を利用する
  2. 個人型確定拠出年金を利用する
  3. 民間の生命保険に加入する

これらは所得控除が受けられるため、節税対策としてもおすすめです。

仕事を辞めた後の生活設計のために、早いうちからはじめておきましょう。

社会的信用が低い

フリーランスは、所属する組織の後ろ盾がないため社会的信用が低いというデメリットがあります。

銀行のローンやクレジットカードの申込み、または賃貸物件の契約などで審査がとおらないケースもあります。

デメリットの対策は、以下の3つです。

  • 独立前に必要な審査を済ませておく
  • 年収を増やす
  • 貯金をする

フリーランスになる前に、必要な契約はすべて済ませておくことが大事です。

また、個人事業主として業績を上げ、年収を増やせば社会的信用は自然とついてくるでしょう。

確定申告が必要

フリーランスは、年に1回の確定申告をはじめとした経理事務を自分でおこなう必要があります。

フリーランスの場合は生活費や飲食費と経費が重なることがあるため、どの支出を経費として計上するかが大事になります。

毎月の収支管理を後回しにしていると、確定申告の時期に丸一日事務作業でつぶれる可能性もあります。

会計ソフトなどを使って、こまめに収支管理をしましょう。

スキルが伸びにくい

フリーランスは、スキルが伸びにくいというデメリットがあります。

なぜなら、フリーランスは基本的に即戦力としてのスキルを求められるからです。

若手会社員のように、先輩の教育を職場で受けられることがありません。

フリーランスがスキルを伸ばすためには、オンラインスクールなどで勉強をするなど個人の努力が何よりも必要です。

\ 高単価のフリーランス案件を見る /今すぐおすすめエージェントを見る

フリーランスに将来性はある?

フリーランスとは将来性の高い働き方です。

その背景には、ライフスタイルの多様化があります。

ライフスタイルの多様化で将来性は高い

近年、ライフスタイルや働き方が多様化し、フリーランスは増加傾向にあります。

テレワーク・リモートワークを推進する動きもあり、多くの社会人が自分に合った働き方を選べる時代です。

さらに、少子高齢化社会で労働人口が減っているため、即戦力として動けるフリーランスは市場価値が高いといえるでしょう。

今後、スキルの高いフリーランスは企業にとって重要な存在となり、将来性は高まっていくと考えられます。

まとめ|フリーランスで年収1,000万円は目指せる!

資格や専門スキルを持つフリーランスは人材価値が高く、年収も比較的高い傾向にあります。

フリーランスで年収1,000万円を稼ぐのは、決して不可能ではありません。

資格取得やスキル習得のための勉強を、仕事と同時進行で進めることで年収は徐々に上がります。

フリーランスのメリットを最大限に活かし、年収1,000万円を目指していきましょう。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。