外資系企業はやめとけ?向いてない人やしんどいと感じる人の特徴を解説

外資系企業への転職をやめた方がいい人って?

外資系企業のデメリットはどんなものがあるの?

外資系は全部やめとけ?のんびり働ける会社はないの?

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、外資系企業への転職が「やめとけ」と言われる人の特徴を解説しています。

最後まで読むことで、自分が外資系企業に転職すべきか判断することができます。

外資系企業でものんびり働ける会社の特徴なども参考にして、理想のキャリアと出会いましょう。

外資ならビズリーチ

ビズリーチ外資系の転職なら「ビズリーチ」がおすすめ!

登録するだけで外資系などの大手企業からスカウトが届く仕組みなので、忙しい方でも登録しておくだけで転職活動ができます。

おすすめポイント

①年収800万円以上を超える求人が6割
②30代のスカウト受信数平均10通
③思いもよらないポジションでスカウトが届く

> 無料登録はこちら

大手外資系転職エージェント
※8月18日更新求人数URL
ビズリーチのロゴ約81,511件
JAC約 25,000件
目次

外資系はしんどいからやめとけ?向いてない人の特徴

外資系企業に転職する旨を知人に伝えたり、ネットで評価を検索したりすると、必ずと言っていいほど「やめとけ」「向いてないよ」という言葉を目の当たりにします。

「外資系企業は向いてないからやめとけ」と言う人が多いのには、それなりの理由があります。

下記の3つの特徴に当てはまる人は、外資系企業にあまり向いていないと言われるので、自分が当てはまるかどうか確認しておきましょう。

英語が苦手or嫌い

英語が苦手または嫌いな人は、外資系企業に向いていません。

なぜなら、海外に資本を置く外資系企業では、日系企業よりも海外の顧客や同僚、上司と関わる機会が多く、日常的に英語を使うためです。

ありとあらゆるシーンで英語が出てくるため、英語ができない人は一つの簡単な仕事を片付けるためだけに、多大な時間とコストをかけてしまいます。

完全実力主義の風潮のある外資系企業では、仕事が遅い人は容赦なく評価を下げられてしまうため、英語と完全実力主義の両サイドからプレッシャーを感じてしまうでしょう。

TOEICの基準

一般的に、外資系企業で求められる英語レベルは、TOEIC換算で800点以上だと言われています。

この基準に満たない人で、なおかつ英語を頑張りたいと思えない人は、外資系企業への転職を断念すべきです。

縦社会に馴染めない

外国人は日本人よりも自分の本音や意見を包み隠さず言う傾向にあるのは事実ですが、それが会社でも通用するわけではありません。

実は、外資系企業というのは日本と同レベル、または日本以上に縦社会だと言われています。

基本的に、上司の命令に対して返していいのは「YES」という返事のみです。

その上司の意見や手法が気に食わないとしても、それに対して反抗的な態度を取ることは推奨されません。

海外の企業はリストラが普通かつ人材が流動的です。

そのため、折角入社した外資系企業でも、上司にとって扱いにくいと思われれば、すぐに首を切られてしまうでしょう。

その上、日本にはまだまだ終身雇用のカルチャーが残っていることもあり、短期間の転職歴が増えることにより、日系企業での転職活動が不利になってしまう可能性すらあるのです。

たとえ上司であっても嫌なことは嫌だとはっきり言ってしまう人には、外資系企業への転職はおすすめできません。

結果以外も評価されたい

仕事の結果だけではなく、その結果に至ったプロセスを評価してほしい人は、外資系企業に向いていません。

なぜなら外資系企業は「完全成果主義」だからです。

日系企業にあるような、結果に至るまでの努力が評価されることはほとんどありません。

このカルチャーは、特に成果を出せず失敗した時に顕著に現れます。

日系企業であれば「途中まではできていたし、残業もたくさんして頑張っていたから」と評価されるかもしれませんが、外資系企業では「結果なし」で終わってしまいます。

この風潮をドライだと感じ、やる気が出ない人は、外資系企業ではなく日系企業で新しい職場を見つけたほうが幸せに仕事をできるでしょう。

外資系転職がよかったとなる人の特徴は?

外資系企業への転職が成功する人には、完全成果主義や完全実力主義の風潮への理解があり、変化への対応が得意などの共通点があります。

具体的な特徴については、次で詳しく解説します。

成果をしっかりと評価して欲しい

途中の努力ではなく、出した成果をしっかりと評価してほしい人は、外資系企業への転職に向いています。

海外のカルチャーを取り入れている外資系企業は、残業ありきで年功序列的な日系企業とは違い、完全実力主義と完全成果主義の風潮があります。

そのことから、残業しようとしなかろうと、上司に提出した成果だけを見て評価してもらえることが特徴です。

「仕事を早くできる自信がある」「働いた時間の長さではなく、成果物の質で評価してほしい」と考えている人は、外資系企業への転職を目指してみましょう。

変化に対して果敢に挑戦したい

物事の変化に対応し、果敢に挑戦してみたいと考えている人も、外資系企業への転職に向いています。

外資系企業は、日系企業と比較して流動性が高く、社員構成や社風、ルールなどが頻繁に変わります。

その変化にストレスを感じることなく、率直に「楽しい」と思える人は、仕事に大きなやりがいを感じられるでしょう。

外資系企業では、失敗を恐れて保守的になる人よりも、問題や課題に対して勇敢に立ち向かい、柔軟に業務をこなせる人が重宝されています。

英語や海外の文化に理解があるor好き

英語や海外文化が好きで、理解がある人は、外資系企業で働くことを楽しく感じられるでしょう。

外資系企業は海外に資本を置くだけあって、仕事仲間の国際色も豊かになる傾向があります。

様々な国の人とコミュニケーションを取れるので、まるで外国の土地で仕事をしているかのような気分になれるのです。

海外についてもっと知りたい、国際色豊かな交友関係を作りたいと考えている方は、外資系企業への転職にチャレンジしてみてください。

合理的に仕事を進めていきたい

仕事を合理的に進めたい人も、外資系企業に向いています。

外資系企業では、最新テクノロジーやタスクマネジメント方法などを取り入れることにためらいがありません。

また、ポジション別採用を重視していることから、営業職として入社した人は営業職に、事務職は事務職に専念できる仕組みが整っています。

その分自分のポジションに期待される成果を出すことが求められますが、自分で仕事のペース配分をコントロールしやすい点が優れています。

仕事の場において、古いしきたりや無用なルールに縛られず、合理的で効率的に仕事を進めたいと考えている人は、外資系企業でストレスを感じることなく働けます。

外資系の怖いところやデメリット

日系企業とは異なるカルチャーを持つ外資系企業には、次の3つのデメリットがあります。

不採算部門はすぐにクビになることもある

外資系企業は日本よりもリストラが盛んなため、成果を出せない人はすぐに会社からポジションがなくなってしまいます。

そしてその風潮が、個人レベルではなく部署や部門、プロジェクトなどの集団にすら適用される点が、外資系の怖いところです。

プロジェクトやプロダクトが大ゴケしたような、いわゆる不採算部門は部門ごとカットされてしまうため、常に皆が必死に働いています。

追い詰められた状況でも大らかに働ける人や、プレッシャーがかかる状況のほうが燃えるという人にとっては、むしろ働き甲斐のある環境かもしれません。

退職金や福利厚生がない

退職金や手厚い福利厚生がない点は、外資系企業のデメリットです。

外資系企業は、日系企業よりも月給や年収が高い点が特徴です。

それは一見メリットのように見えますが、その分退職金や出産時のお祝い金などの文化がない点に注意する必要があります。

福利厚生も最低限ですが、例えば有給休暇や男性の育休など法律で定められている範囲のものは確実に与えてもらえると言われています。

そのため、退職金を気にせずにやりたい仕事を転々としたい人や、必要最低限の福利厚生が貰えるならそれで構わないと考えている人は、外資系企業の風潮に馴染みやすいでしょう。

成果が出ないことに対するプレッシャーが大きい

外資系企業は完全成果主義であるため、成果が出せない時のプレッシャーが重たい点もデメリットです。

プロセスや努力ではなく成果そのものを最重要視される外資系企業で成果を出せないということは、それすなわちいつリストラされるかわからないということです。

その追い詰められた状況のなかで、正常な思考を保ち、挽回するためのチャンスを狙うことには高い精神力が求められるでしょう。

どんな状況でもチャレンジすることを諦めない人や、ある種楽観的な人のほうが、外資系企業で楽しく働けるのかもしれません。

むしろ外資系の方が楽?結婚しても働ける?メリット

外資系企業は、成果に対するプレッシャーが高く、不採算部門は容赦なくカットされるなどの怖い一面があります。

しかしそれとは正反対に、年齢や性別を問わず誰にでも出世のチャンスがあることや、法律で定めれられた休暇を取得しやすいなどのメリットもあります。

「もしかしたら日系企業よりも働きやすいのでは?」と言われる外資系企業のメリットを4つご紹介します。

実力次第でどんどん出世できる

外資系企業で働く最大のメリットには、実力次第でどんどん出世できることが挙げられます。

年功序列の仕組みが残る日系企業の場合、そもそも出世するためにはある程度年を取らなければなりません。

また、特に女性の場合、まだ女性の社会進出が進んでいないことが理由で、スキルがあっても役職に就けないケースが多くあります。

しかし、外資系企業では、出世に年齢も性別も関係ありません。

完全成果主義だからこそ、たとえ20代前半であっても、たとえ女性であっても、誰にでも平等に出世するチャンスがあるのです。

若い内から役職に就いてしっかりとキャリアを築きたい人や、実力があるのに役職につけない女性は、ぜひ外資系企業の求人情報をチェックしてください。

仕事の裁量が大きい

外資系企業では、ポジション別採用が主流なこともあり、1人あたりの仕事の裁量が大きいところもメリットです。

そのため、たとえ平社員であっても、ただ上司の言いなりになって働くのではなく、色々なチャレンジをしながら成果を目指せる点が優れています。

仕事について自分自身で決定したい人や、思いついたアイデアをどんどん試行して挑戦したい人は、外資系企業に向いています。

育休など結婚後の対応は柔軟

外資系企業は、日系企業よりも育休や産休が取りやすいと言われています。

海外では女性も男性も育休・産休を取ることに理解があり、プレッシャーや罪悪感を抱くことなくゆっくりと休むことができるのです。

また、外資系企業は日本よりも人材の入れ替わりが激しく、業界内の流動性が高いため、育休・産休後のブランクがあろうとなかろうと、転職や復職しやすいところもメリットのひとつ。

子どもが生まれた後も自分のキャリアを大切にしたいと考えている女性や、子どもが生まれたら自分も育児に参加したいと考えている男性は、外資系企業への転職を検討してみてください。

スキルが付けばキャリアにも活かせる

外資系企業で身に付けたスキルは、自分のキャリアに生かすことができます。

外資系企業は激務であり、すべて成果が出せたかどうかで判断されます。

そんな環境に身を置き、結果を出してきた人には、自分の専門に対する高品質なスキルが身についています。

それだけでなく、日常的に英語を使う企業であれば、知らない内に英語力も身についていることでしょう。

今後、ますますグローバル化が進む日本において、英語を話せる人材は貴重です。

若い人材であればあるほど早期から外資系企業にチャレンジし、若い内にスキルを身に付けておくことをおすすめします。

外資系なんてやめとけばよかったとならないために確認しておくこと

外資系企業に転職するのであれば、企業の選び方やリサーチすべきポイントを押さえておくことが大切です。

外資系企業に転職したことを後悔しないために、次の3つのポイントを確認してください。

高収入だけに囚われない

外資系企業に転職する際は高収入だけに囚われず、労働条件について総合的に判断してください。

高収入の職種や企業は、その分仕事量が多く、きつい場合が多いものです。

入社してから「もっとゆっくり働きたかった」と思っても、それはもう後の祭りで、どうしようもありません。

自分のイメージと企業実情の不一致は仕事のモチベーションにも大きく関わるため、企業研究にはしっかりと時間をかけましょう。

英語が必要な部署かしっかりと確認する

英語が苦手な人が外資系企業にチャレンジする場合は、英語が必要な部署かどうかかならず確認すべきです。

英語が得意な人にとっては、すでに実践経験や基礎知識があるため苦になりませんが、英語が苦手な人にとっては死活問題です。

英語ができないばっかりにメールや業務連絡の確認ができず、評価が下がってしまうとプレッシャーにも繋がるため、事前に企業の公式サイトや口コミ、転職情報などを総合的にチェックしましょう。

もし英語を使うかどうか判断できない場合は一人で悩まず、『リクルートエージェント』や『ロバートウォルターズ』などの外資系企業に強い転職エージェントに相談してください。

外資系企業のような日系企業も視野に入れる

特定の外資系企業に惹かれるわけではなく、有給の取りやすさや完全成果主義といった文化自体に興味を持つのであれば、外資系企業に似た雰囲気の日系企業への転職も視野に入れてみましょう。

例えば、海外では一口に営業職と言っても、段階ごとに「マーケティング」「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」などのように分業形態が整っている企業が多くあります。

そして現在は日本でも、この海外の分業制度を取り入れた会社が増えてきています。

このように、海外企業や外資系企業の良い部分を取り入れた日系企業は増えてきているので、気になる場合はチェックしてみてください。

外資系企業は全部やめとけ?のんびりと楽に働ける会社もある

ひとたび「外資系企業に転職する」と言うと、必ずと言っていいほど「やめとけ」と言われる外資系企業。

激務だと言われる外資系企業の中にも、気楽に働ける企業や部署は存在しています。

本社が欧州にある企業はまったり志向の企業も多い

実は「激務の完全実力主義」と言われる外資系企業は、アメリカ系に多くある風潮です。

ドイツやフランスなど欧州系の外資系企業となると、まったり志向の企業も多く、家族や友人との時間を大切にできるケースも多いようです。

日系企業は、どちらかというとグダグダと残業をし、年功序列で足並みをそろえた働き方が得意です。

そのため、日系企業で働いた経験のある人にとっては、欧州系の企業へ転職するのが合っていると考えられます。

ワークライフバランスを考えて働きたいと考えている人は特に、欧州系の外資系企業を中心にリサーチすることをおすすめします。

外資系でも経理職はホワイトな傾向が多い

ハードワークかどうかは、企業の資本元だけでなく、職種にも左右されます。

一般的に経理職はホワイトな職場が多く、プライベートな時間を大切にしやすいと言われています。

営業職などでガッツリ働くことよりも、比較的自由に少ないプレッシャーの中で働きたいと考えている人は、経理職などを目指すとよいでしょう。

外資系エンジニアはつらいからやめとけ?

外資系企業の職種のなかでも、特に厳しいと言われるのがエンジニア職です。

外資系企業でエンジニアに転職するメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

最先端のIT技術に触れられる機会がある

外資系企業でエンジニア職に就くと、最先端のIT技術に触れられるチャンスが増えます。

というのも、最新テクノロジーの多くが、日本ではなく海外発だからです。

日本に最新技術やITに関する情報が輸入されるのは、それらの認知度が高まり、日本語に訳されてからの場合がほとんどです。

そのため、日系企業や日本の情報誌は、海外に一歩遅れを取りがちです。

しかし、海外に資本を置く外資系企業であれば、最新技術がまだ普及する前に、それらについて学べるというメリットがあるのです。

最先端IT技術への興味が高い人は、外資系企業のエンジニア職への転職がおすすめです。

外資系企業の方が年収が高い

外資系企業のエンジニアは、日系企業よりも高い報酬を貰えます。

また、成果を出せば出すほど評価が上がるため、モチベーションを保ちやすいのもポイントです。

もし自分の技術や仕事量に対し、日系企業から支払われる給与が少ないと感じるのならば、外資系企業を目指してみる価値があります。

基本的に外資系企業のエンジニア職では、英語力よりも技術力を高く評価されるため、多少英語に不慣れでも、採用してもらえるチャンスは大いにあると言えるでしょう。

未経験での転職は難しい

スキルを評価される外資系企業のエンジニア職は、未経験で転職できる可能性はほとんどありません。

そのため、外資系企業を目指すのならば、日系企業でエンジニアとしてスキルを身に付けるか、IT系のスクールに通うことをおすすめします。

あるいは、外資系企業のようなカルチャーのある日系企業に就職するの一つの手。

自分がなぜ外資系企業のエンジニアになりたいと思ったのか、その理由を細分化し、希望のいくつかを叶えられる場所で、まずは経験を積むことも大切です。

外資系でも残業が少なくホワイトな企業はある

ブラックな印象のある外資系企業には、実は意外と残業が少なく、いわゆる「ホワイト企業」と呼ばれる会社も数多く存在しています。

その具体例を2つ、ご紹介します。

モルガン・スタンレーは収入に対して残業時間少なめ

有名な金融機関であるモルガン・スタンレーは、平均年収(800万円~2,000万円)に対し、ひと月当たりの残業時間が少ないと言われています。

その残業時間は、50時間程度です。

また、有給消化率も73%と高いことから、働く時は働き、休むときは休むというメリハリがついている社員が多いことが伺えました。

日系の場合、残業が多い上に有給消化率が悪い企業が多くあります。

しかし、外資系企業であれば、モルガン・スタンレーのように収入に対して残業時間が少なく、なおかつ有給も取りやすい企業に出会える確率が高いと言えるでしょう。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは有給取得がしやすい

世界的なコンサルティング会社であるマッキンゼー・アンド・カンパニーは、月々の平均残業時間が90時間と、かなりのハードワークです。

しかし、その一方で、有給消化率は79%で、多くの社員がしっかりと休日を設けていることがわかりました。

マッキンゼー・アンド・カンパニーのように、普段平日は馬車馬のように働き、有給休暇はしっかりと取得できる企業が、外資系には多くあります。

「しっかり休日を取れるのならば平日の激務もどんとこい」と考えられる方は、外資系企業の求人情報をチェックしてみましょう。

外資系やめとけとならないために自分に合う企業を見つける方法

外資系企業に転職する際に大切なのは、自分に合う企業を見つけることです。

自分に合う企業を見つけるために大切なのは、次の2つのポイントを意識することです。

口コミサイトを調べる

口コミサイトには、従業員の生の声やぶっちゃけ話が掲載されています。

特に大きい企業となれば、多くの口コミが投稿されるため、確認しない手はありません。

口コミサイトを調べる時は、一つの情報だけに惑わされないことと、ある特定の評価だけを信じすぎないことが大切です。

おすすめなのは、複数の口コミサイトに掲載されている情報を自分なりにノートにまとめ、客観的にチェックすることです。

また、投稿者の性別や年齢、職種、部署などの情報が明示されている場合は、それらの情報にも気を配りましょう。

転職エージェントを利用する

企業の公式サイトや口コミサイトを確認するだけでは得られない情報も多いのが、外資系企業への転職活動です。

情報が不足していると感じる場合は、転職エージェントを利用するとよいでしょう。

おすすめなのは『リクルートエージェント』などのように、外資系企業のノウハウを持っているエージェントです。

転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントに登録し、同時に使用することをおすすめします。

そうすることで、多角的に情報を集められるだけでなく、非公開求人に出会える確率が高くなります。

外資系企業への転職におすすめの転職エージェント

転職サイト及び転職エージェントの登録は、2~3社の登録が一般的です。紹介しているのは、すべて無料で登録できるので、複数に登録することをおすすめしています。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは、転職支援実績43万人を誇る転職エージェントです。

ハイクラス求人とミドルクラス求人の掲載が多く、平均年収は800〜1,500万円と高収入です。

ロンドン発の転職エージェントであるため、外資系企業の掲載求人数が多く、コンサルタントの専門性が高い点も特徴的です。

リクルートエージェントなどと比較すると掲載求人数が劣るため、ほかの総合型エージェントと組み合わせて利用することをおすすめします。

ビズリーチ


ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力人材に特化した求人を多数取り扱っている転職サイトです。

日本全国と海外10か国に対応しており、年収800万円以上の外資系企業も多数掲載されています。

ビズリーチにはヘッドハンターが在籍していますが、エージェントとしてのサポートは少なめです。

そのため、登録するだけで大手企業などからスカウトが届くので、登録しておくことで転職活動が進みます。

現職で忙しい人にもおすすめの転職サイトです。

リクルートエージェント


リクルートエージェント


リクルートエージェントは業界最大手のNo.1転職エージェントで、29万件以上の求人を保有しています。

とにかく求人数が多いため、転職の選択肢を増やしたり、求人を比較して自身の転職条件を明確にできます。

独占企業の非公開求人も多く、20代の若手社員からハイクラス求人まで網羅している点が強みです。

面接対策や履歴書などの添削もしてくれる親切なエージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。

まとめ|外資系やめとけとならないためには自己分析が大切

外資系企業の転職で「やめとけ」と言われる主な理由は、外資系企業が日系企業と比較してハードワークであるためと、完全実力主義・完全成果主義な上で英語力が求められるためです。

しかしその一方で、法律で定められている休暇や福利厚生を確実に貰えることをはじめ、誰でも出世のチャンスがあること、短期間で専門性の高い知識やスキルを身に付けられることは、外資系企業ならではのメリットだと言えるでしょう。

外資系企業への転職で失敗しないために大切なのは、自己分析を行うことです。

自分はどうして外資系企業に転職したいのか、外資系企業の何に惹かれているのか、それは日系企業では絶対に得られないことなのか、時間をかけてじっくりと考えることで、転職活動が成功する確率が高まります。

もし自分が本当に外資系企業に合っているかどうかわからない場合や、外資系企業についてもっと詳しく知りたい場合は『ロバートウォルターズ』や『リクルートエージェント』などに相談してみてください。

外資系に強い転職エージェントを利用して、自分の納得できる選択をするために役立ててください。