【2022年8月】保育士の転職に1番最適な時期はいつ?

  • 2022年8月3日
  • 2022年8月18日
  • 保育士
  • 18view

「保育士の転職時期はいつが最適?」

「保育園辞めたいけど、転職活動の時期はいつがいいの?」

「保育士の求人数が多く出る時期はいつなの?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、保育士の最適な転職時期や活動をはじめる時期について解説していきます。

最後まで読むことで、保育士の転職活動の最適な進め方がイメージできるでしょう。

保育士の最適な転職時期を参考にして、スムーズな転職を目指しましょう。

目次

保育士が転職に1番最適な時期はいつ?

  1. 1番最適な時期は4月!

保育士さんが転職に1番最適な時期はいつなのか、最適な時期とその理由について解説していきます。

1番最適な時期は4月!

保育士さんが転職に1番最適な時期は、4月です。

なぜなら保育園は、子どもの成長に合わせた1年間通してカリキュラムを作成しており、基本的に年度途中で担任やクラスを変更をしません。

また年度途中で担任やクラスの変更が行われると子ども達に精神的なダメージを与えますし、保護者には不信感を抱かせてしまいます。

そのため、年度が切り替わるタイミングで転職をすることでスムーズに業務に就けるので4月が1番最適と言えます。

保育士が転職を検討するタイミング

保育士さんが転職を検討するタイミングは人それぞれ。

一般的には仕事量や給料面で転職を検討する保育士さんが多いです。

  1. 一緒に働く保育士と合わない
  2. 園との保育観に相違がある
  3. 他に挑戦したいことを見つけた

ただ他の場面でも検討材料にすることはあるのでタイミングについても抑えておきましょう。

①一緒に働く保育士と合わない

一緒に保育園で働く保育士さんとは仕事上、密な関係を築いておかなければいけません。

なぜなら、保育園は1人の先生で運営ができないからです。

共有次項が1つ漏れるだけで惨事になりかねない業務が多いからこそ、ここは必須次項。

ただ保育士さんも人間なので性格が合う・合わないは必ずあります。

そのため、人間関係で合わなければ、転職するタイミングと言えます。

②園との保育観に相違がある

園には「子どもとこんな保育をする!」というような保育観があるように保育士さん1人ひとりにも考えがあります。

基本的に園との保育観に沿って、勤務をしないといけません。

しかし、会社によっては園長に運営をすべて任せているところもあるので園長が異動してしまうと保育観もガラッと変わることも。

保育観の相違が大きくなると考えも合わず、話し合いで解決できない場合は転職のタイミングと考えてよいでしょう。

③他に挑戦したいことを見つけた

保育士として働くなかで、他に挑戦したいことを見つけることもあります。

  • 新しい趣味の時間を増やすために通勤時間を今より短くしたい!
  • 保育士資格を活かせる職業を見つけたので挑戦してみたい!
  • 新しい分野の勉強をしたいので今より残業が少ない園で働きたい!

新しいことに興味を持ち、挑戦したいことを見つけると気持ちが前向きになるので転職を検討するタイミングとなります。

保育士求人のピーク時期はいつ?

  1. 保育士の求人数が最もピークとなる時期は1月〜3月
  2. 年度途中は9月に求人数が増える

保育士の求人数の増える時期について解説していきます。

保育士の求人数が最もピークとなる時期は1月〜3月

保育士の求人数が最もピークとなる時期は1月〜3月です。

なぜなら、新年度の4月に向けて、保育園の体制を整えるため採用活動が積極的に行われるからです。

働く保育士さんに新年度の継続意向を聞くのが11月〜12月が多いため、年明け1〜3月に求人を出し保育士候補を募ります。

ただこの時期は、新卒の保育士さんの応募も増えるので競争率もピークとなることが特徴的なので注意が必要です。

年度途中は9月に求人数が増える

年度途中は9月に求人数が増えます。

これは、年度途中で保育士の退職者が増える時期だからです。

新年度に採用したとしても、保育園の雰囲気や人間関係で馴染めず、大きな行事が終わった9月末で退職をしてしまうことが実情としてあります。

園としても年度途中で保育士が足りない状況は避けたいので9月に求人数が増えていくことを覚えておくとよいでしょう。

保育士の転職スケジュールは?開始時期はいつがいいの?

  1. 開始時期は半年前からがベスト!
  2. 保育士のための転職スケジュール(4月入社の場合)
  3. 保育士のための転職スケジュール(10月入社の場合)

保育士の転職スケジュールはどのように組めばいいのか解説します。

転職活動は、求人に応募してあっという間に採用といった簡単なものではありません。

  • 保育士の転職スケジュールはどんな感じなのか?
  • 開始時期はいつがいいのか?

この2点について解説していきます。

開始時期は半年前からがベスト!

保育士の転職開始時期は半年前がベストです。

転職活動にかかる期間は大体3ヶ月〜半年と一般的に言われています。

実際に保育士の仕事をしながら転職活動するのは思っている以上に大変です。

  • 気になる保育園の情報収集・検討
  • 転職フェアに足を運んでみる
  • 応募書類の作成

仕事と同時並行しないといけないので余裕を持って転職活動のスケジュールを組むのがおすすめです。

保育士のための転職スケジュール(4月入社の場合)

保育士のための転職スケジュールの4月入社の場合について解説します。

9月〜10月・転職を具体的に検討する

・自分のやりたいことを明確化

・転職エージェントへの登録

・気になる園の情報収集

10月〜11月・転職フェアに足を運ぶ

・転職先候補を絞る

・求人応募

・面接の対策・参加

11月〜1月・内定の獲得

・退職意向を伝える

1月〜3月・引き継ぎ業務

・退職に必要な手続き

・退職

・次の職場への入職準備

4月入社の場合は9月から動き出すのがベスト

10月末には候補先を絞り、対策をしておくと12月には内定獲得できるケースが多いです。

1月から引き継ぎ業務に集中できるのでストレスなく転職活動を進めることができます。

保育士のための転職スケジュール(10月入社の場合)

保育士のための転職スケジュールの10月入社の場合について解説します。

4月末〜5月・転職を具体的に検討する

・自分のやりたいことを明確化

・転職エージェントへの登録

・気になる園の情報収集

5月〜6月・転職フェアに足を運ぶ

・転職先候補を絞る

・求人応募

・面接の対策・参加

6月〜8月・内定の獲得

・退職意向を伝える

9月・引き継ぎ業務

・退職に必要な手続き

・退職

・次の職場への入職準備

10月入社の場合は遅くても5月から動き出すのがベスト

6月上旬には転職候補先を絞り、対策をしておくと7〜8月には内定獲得できるケースが多いです。

9月までに内定獲得できれば、引き継ぎ業務に集中できるのでスムーズに転職活動を進めることができます。

4月入社に比べると、上半期は保育園でも大きい行事が目白押しなので上手くスケジュールを組むことが大切です。

スムーズに転職するのにおすすめの保育士転職サイト

ほいく畑|ブランクありや未経験、子育て中、無資格からのチャレンジでもOK


ほいく畑「ほいく畑」は、転職サイトでは珍しくブランクの人や週3日、派遣で働きたい人にもおすすめの保育士専門転職サイトです。

厚生労働大臣認可の保育士就職支援センターなので、利用料は完全に無料です。

ほいく畑の派遣保育士について派遣保育士に強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・子供の保育園へのお迎えで、16時までしか働けない
・Wワークのため、残業や仕事の持ち帰りができない
・習い事があるので、木曜は必ずお休みしたい
・前職はサービス残業が多く、お給料と見合っていなかった
・働く時間は選びたいけど、パートのお給料では少なすぎる
・小規模の保育園がいいけど、福利厚生が心配
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数3,990件(2022年8月)
最大の特徴派遣保育士に強い

ジョブデポ保育士|国内トップクラスの求人数

ジョブデポ保育士|国内トップクラスの求人数

「ジョブデポ保育士」は、求人件数No.1の保育士専門転職サイトです。

なかでもたくさんの「オープニングの保育士求人」を取り扱っています。

オープニングの保育士求人

対象の保育士は「東京都、千葉県、埼玉県、横浜市、川崎市」で、人気の小規模保育園から好待遇の認可保育園まで希望条件にぴったりの仕事をスピーディーに紹介してくれます。

定員30名の小規模保育園から認可保育園まで紹介してくれるのも特徴です。
案件数28,070件(2022年7月)
最大の特徴求人件数No.1

保育士専門コンシェル|”厚生労働省認可”の保育求人のみ

保育士専門コンシェル|”厚生労働省認可”の保育求人のみ

「保育士コンシェル」は、厚生労働省認可の保育求人のみ紹介している保育士専門転職サイトです。

LINEで気軽に転職の相談ができるので、忙しい人でも利用できるのがおすすめです。

LINEで気軽に転職の相談

LINEのトークルームで最新かつ、他の転職サイトでは紹介されてないような非公開求人を紹介してくれるので、レアな求人が豊富です。

LINEで気軽に転職の相談

対象の保育士は「東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県」で、「来年度開園する非公開情報」「新規開園の園長募集」など保育園運営者からの非公開求人を紹介してくれます。

時間をかけず希望の保育園に転職したい方におすすめの転職サイトです。
案件数不明
最大の特徴LINEで気軽に転職ができる

保育士は働きながら転職できるメリットは?

  1. 保育士は働きながら転職活動してもOK
  2. メリット①収入を安定させながら活動できる
  3. メリット②離職を防げる
  4. メリット③孤独を感じずに活動できる

保育士が働きながら転職できるメリットと実際に保育士は働きながら転職活動してもよいのかも含めて解説していきます。

保育士は働きながら転職活動してもOK

そもそも保育士は働きながら転職活動してもOKです。

転職を検討している保育士さんは、休憩時間や休日を使って情報を集めたり、面接を受けています。

在職中に転職活動をするのは気が引けてしまいますが、働きながら活動するメリットがあります。

メリット①収入を安定させながら活動できる

仕事を続けながら活動をすることで収入を安定させながら転職に集中することができます。

一方、仕事を辞めて転職活動することは、たくさん時間をかけられる優位点があります。

しかし、活動後すぐに納得できる就職先が見つかる保証はありません

長引くほど収入がない期間が増えるので気持ちに余裕がなくなり、転職が上手くいかないこともあります。

収入が安定していれば精神的にも余裕を持ちながら、転職に臨めるので成功する可能性を高めることができます。

メリット②離職を防げる

保育士を続けながら転職活動をすると、離職を防げます。

会社を退職した後に転職活動することは、たくさん時間をかけられる点では優位です。

しかし、会社を辞めた期間が長引くと離職期間も長くなるということ。

長くなれば仕事をしてない期間として証拠が残り、志望会社によってはそれだけで印象を落としてしまう可能性があります。

転職活動は印象で決まる部分もあるので会社を辞めずに動くのがおすすめです。

メリット③孤独を感じずに活動できる

保育士を続けながら転職活動することで孤独を感じずに動くことできます。

人との繋がりは想像以上に大切です。

会社を辞めてから転職活動すると、基本的に1人で動かないといけないため、孤独を感じてしまいます。

今まで何気なく会っていた職場の人と他愛もない話もできず、子どもとの接点も減ってしまうため精神的にも参ってしまいます。

働きながら転職活動することで人との繋がりは継続できるので心に余裕をもって動いていきましょう。

保育士が働きながら転職するデメリットは?

  1. デメリット①スケジュール管理が難しくなる
  2. デメリット②転職について考える時間が限られてしまう

保育士が働きながら転職するデメリットはどんなことがあげられるのか解説します。

デメリット①スケジュール管理が難しくなる

働きながら転職活動すると、どうしてもスケジュール管理が難しくなります。

仕事が休日のときに面接に出向いたり、日程を会社側に合わせることが基本なので有給を利用して調整しないといけません。

ときにはプライベートな時間も削って、スケジュールを合わせる覚悟も必要です。

しかし、期間だけを考えれば転職活動は半年間程で終わります。

その期間だけスケジュール調整を上手くやりくりしていけば問題ないでしょう。

デメリット②転職について考える時間が限られてしまう

仕事を続けている以上、転職について考える時間は限られてしまいます。

保育士として働いている場合は、勤務中は普段の業務や行事など考えることがとても多いはずです。

これにプラスして、自身の転職についても考えないといけないので時間が限られてしまいます。

しかし、転職を検討しているということは今の職場では解決できない問題があるということ

問題を解決するために、毎日少しでも転職について考える時間を作ってみましょう。

保育士が退職意向を伝えるベストな時期は?

転職が決まったら、今働いている職場に退職の意向を伝えましょう

  1. 退職意向は3ヶ月前までには伝えよう
  2. 退職意向を伝える時は上司に直接、伝えよう
  3. 一緒に働いてきた保育士や園に配慮した行動をとろう

退職意向を伝えるベストな時期はいつなのか解説していきます。

退職意向は3ヶ月前までには伝えよう

職場に退職の意向を3ヶ月前までに伝えるようにしましょう。

退職することは保育園にとって大切な仲間が1人欠けることを意味します。

最低でも3ヶ月前までに伝えれば、保育園も新たな人材確保に向けて、スムーズに動きやすくなります。

例えば、4月に転職する場合は、3月末に退職となるので12月末までには意向を伝えるとベストです。

退職意向を伝える時は上司に直接、伝えよう

今は電話やメールで退職を伝えるのが主流となっています。

しかし、直接伝えないと上手く伝わらず、誤解を生んでしまう可能性も考えられます。

誤解ないまま円満に退職するためには、まずは自分の気持ちをしっかり伝えることが大切です。

またどうしても職場に行けない理由や上司が忙しい場合は、電話やメールで伝えるのでも問題ないです。

その際は、誠意をもって退職意向の理由をハッキリ伝えられるように細心の注意を払うようにしましょう。

一緒に働いてきた保育士や園に配慮した行動をとろう

退職が決まると転職先のことで頭がいっぱいになり、今抱えている業務や人間関係を疎かにしてしまいがちです。

それだと周りの保育士さん達はよく思わないですし、円満な関係での退職は難しくなってしまいます。

なので、今いる保育園・保育士さんのために「自分が退職するまで何ができるのか?」を配慮した行動が必要です。

次年度への子どもの引き継ぎなど、業務を退職するまで自分の役割を全うして、円満に転職できるよう心掛けましょう。

保育士転職の注意点は?

  1. 経験年数や年齢を踏まえて転職時期を考える
  2. 保育士の転職活動中はバレないように動く

年齢は保育士経験年数など踏まえて注意点を解説します。

経験年数や年齢を踏まえて転職時期を考える

保育士転職において、保育士としての経験年数や年齢は非常に重要な要素になります。

20代はまだ経験も浅く能力も低い一方、採用する側も「育てていきたい!」といった見込み感のもと選ぶので、自由に転職を検討することが可能です。

30代以上になると、保育士経験が見込まれることから、次期園長候補・即戦力として期待されます。

その一方、家庭との両立ができるのか、育児などのライフバランスを考慮しなくてはいけないことから十分に検討しなくてはなりません。

またまったく違う職業からの転職や育児・出産でブランクがある場合は経験年数や年齢に関係なく、契約社員やアルバイトからスタートして、正社員になることも可能です。

保育士の転職活動中はバレないように動く

保育士の転職活動中はバレないように動くのが鉄則です。

なぜなら、上司や同僚・後輩に転職活動していることをバラしてしまうと今の職場で働きにくくなる可能性が考えられるからです。

バレてしまうと退職してほしくない人から辞めないよう迫られたり、嫌がらせをしてくるケースもあります。

とはいえ、心境を仲間に相談したくなる気持ちもわかります。

そんなときは、心から信頼できる人に転職の話をするなど、十分気をつけて相談するようにしましょう。

保育士の最適な転職時期を知って、スムーズに準備を進めよう!

今回は、保育士の最適な転職時期やスケジュール、注意点について解説していきました。

結論、保育士の最適な転職時期は4月。

なぜなら、年度が切り替わる4月のタイミングで転職をすることが1番スムーズに業務に就けるからです。

とはいえ、年度途中の9月も求人数が増えますし、「転職を検討したい!」と感じた瞬間から求人情報や興味がある保育園の情報収集をしておくと良いでしょう。

これを機にしっかりとした転職プランを考えて、成功への道筋を見つけていきましょう。