インフラエンジニアは楽すぎ?優良企業やホワイト企業が多い理由

インフラエンジニア 楽

インフラエンジニアは本当に楽なの?

インフラエンジニアからどのエンジニアにキャリアアップできるの?

夜勤や休日出勤の多いインフラエンジニアは、本当に楽な仕事が多いのか疑問に感じている人もいるはずです。

インフラエンジニアはホワイト企業も多いため、自分が働きやすい環境で働くことはできますが、必ずしもすべての人にとって楽な仕事と言い切れるわけではありません。

そこでこの記事では、インフラエンジニアが本当に楽な仕事なのか、ホワイト企業が多いのかについて解説します。

インフラエンジニアは今後さらに需要が高まる職業のため、今のうちに現状を確認し、楽な仕事にシフトチェンジしていきましょう。

この記事の監修および編集協力者
エンジニア・クリエイター専門

レバテックキャリア
レバテックキャリア」は、ITエンジニアやデザイナーの転職のサポートを完全無料でおこなってくれるエージェントです。(フリーランスでもOK)

利用することで履歴書や職務経歴書などの書類添削や面接対策をしてくれます。またLINEで連絡が取れるので忙しい方でも働きながら転職活動がおこなえます。

さらにIT/WEB業界未経験でもOKな求人も一部掲載されています。年収診断
年収診断も無料で使えますので、あなたが現時点でどこまでの年収をもらえるのかなどの市場価値を把握することができます。
  • フリーランスや派遣でもOK
  • 初回の求人紹介で内定率90%
  • LINEでのやりとりが可能

30秒で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://career.levtech.jp/

求人数21,974件(10月)
リモートワーク12,363件(10月)

インフラエンジニアは本当に楽な仕事?

インフラエンジニアは本当に楽な仕事?

インフラエンジニアが楽な仕事といわれているのは、以下の理由があります。

  1. シフト制だから自由に働ける
  2. ルーティンワークが多いから
  3. ホワイト企業が多いから
  4. マニュアルがあるから安心できる
  5. 夜勤は暇な時間のほうが多い
  6. そこまで学習しなくてもよい
  7. システム開発がないから納期に追われない
  8. スキルアップさえすれば年収を上げられる

楽な仕事だと聞いて入社したのに楽ではないと感じてしまう人もいるため、本当に楽なのか確認することは非常に大切です。

インフラエンジニアは「辛い」「やめとけ」という情報も聞きますが、メリットに感じる部分も多いため、自分に必要な情報だけを確認しましょう。

シフト制だから自由に働ける

インフラエンジニアは、24時間365日インフラを監視しなければならない仕事のため、シフト制の企業が多いです。

そのため、自分の働きたい時間で働くことができ、自由な面がインフラエンジニアのよいところといえます。

シフト制であれば休みの調節もしやすく、夜勤のほうが働きやすい場合は夜勤をいれることもできるでしょう。

シフト制のため残業時間も発生せず、自由に働けるところがインフラエンジニアが楽に感じる部分です。

ルーティンワークが多いから

インフラエンジニアはルーティンワークが多く、仕事に慣れてしまえば早く終わらせられます

毎日同じことの繰り返しのため飽きる人もいますが、毎日違う業務をすると精神的に疲れることもあるでしょう。

一方、ルーティンワークであれば精神がすり減ることもなく、淡々と同じことを繰り返すだけでよいです。

早く独り立ちもできるため、自分の好きな働き方が叶います。

ホワイト企業が多いから

インフラエンジニアはホワイト企業が多く、福利厚生の待遇も手厚いです。

インフラエンジニアは夜勤や休日出勤があるため、手当を多く出している企業も多く、一般的にホワイト企業と呼ばれる部類の企業が多いという特徴があります。

企業によっては、女性に夜勤を担当させない待遇をしているところもあるため、女性でも働きやすい環境が整っていることが多いです。

IT業界はブラック企業が多いイメージを持っている人は多いですが、インフラエンジニアは逆にホワイト企業が多いため、安心できます。

マニュアルがあるから安心できる

インフラエンジニアはIT基盤のインフラを管理する職業のため、ほぼすべての工程にマニュアルが存在します。

すべて自分ひとりで作業するわけではなく、マニュアルどおりに業務をおこなえばよいため安心です。

マニュアルがあるおかげで、未経験の人でも安心して業務を進めることができます。

一度やり方を覚えれば早く仕事を終わらせることができるため、残業も発生しにくいです。

夜勤は暇な時間のほうが多い

インフラエンジニアは夜勤が多く、忙しいイメージが強いですが、実は夜勤はそこまで忙しくありません

トラブルや障害が発生することはほぼなく、暇な時間のほうが多いです。

夜勤の時間を使って資格試験に向けた勉強もでき、人によっては夜勤が好きな人もいるでしょう。

インフラエンジニアであれば夜勤を担当することもありますが、ほぼほぼ暇な時間が多いため楽といえます。

そこまで学習しなくてもよい

インフラエンジニアの仕事は、下流工程と上流工程にわけることができ、最初のうちは下流工程からはじめます。

下流工程から上流工程にキャリアアップしたい場合は、スキル取得や資格の勉強など、みずから積極的に勉強することが大切です。

一方、下流工程のままでもよい場合は、とくに勉強や学習をする必要はないため楽といえます。

しかし、今後はクラウドなどのスキルを持っているインフラエンジニアが求められる時代になるため、ある程度の学習は必要になるでしょう。

システム開発がないから納期に追われない

インフラエンジニアはシステムエンジニアのように、納期が設定されているわけではありません

そのため、毎日忙しさに追われることはなく、淡々と仕事を進めることができます。

納期が設定されていると体力だけでなく精神的にも疲れてしまいますが、インフラエンジニアはそんなプレッシャーを感じることは少ないため、楽に感じる部分も多いでしょう。

しかし、IT基盤というとても重要なインフラを管理するため、責任は重大です。

スキルアップさえすれば年収を上げられる

インフラエンジニアは、資格取得などのスキルアップをすれば、年収を上げることができます。

下流工程に携わるだけでなく、上流工程に携われば年収があがるため資格取得を目指すとよいでしょう。

インフラエンジニアは年収が上がりにくいともいわれていますが、自分自身がスキルアップさえしていれば年収は簡単に上がります。

自分が成長すれば年収があがるところが、楽に感じる部分といえるでしょう。

インフラエンジニアの仕事はホワイト企業が多い理由

インフラエンジニアの仕事はホワイト企業が多い理由

インフラエンジニアは、ホワイト企業が多いという口コミもあります。

理由は、以下の2つです。

  1. 仕事内容に差がないから
  2. マニュアルどおりにおこなえばよいから

インフラエンジニアをはじめとするIT業界は、ブラック企業が多いというイメージを持っている人は多いですが、インフラエンジニアはどの会社も基本的にホワイト企業が多い傾向にあります。

ホワイト企業で働きたいという理由からインフラエンジニアを目指すのも、おすすめです。

仕事内容に差がないから

インフラエンジニアは、どの企業でもほとんどの場合仕事内容が同じです。

そのため、特定の企業だけが忙しいということがなく、ほとんどの企業では業務内容も時間も変わることがありません。

仕事内容に差があると、残業時間が長かったり休日出勤があったりと、ブラック企業と呼ばれる企業も出てきますが、仕事内容に差がないためすべて平均的と考えてもよいです。

どの企業でも仕事内容が同じなため、比較的ホワイト企業と言われています。

マニュアルどおりにおこなえばよいから

インフラエンジニアの仕事は、マニュアルどおりに仕事を進めればほとんどの場合問題ありません

そのため、分からないことに直面することも少なく、基本的に問題なく仕事を終えることが可能です。

マニュアルが完備されていれば、安心して仕事を進めることもできるため、人によっては安心することもできます。

仕事に緊張感を抱かないわけではなく、安心して仕事ができるところが、ホワイト企業と考えてもよいでしょう。

「楽」と言われるインフラエンジニアに転職するならエージェントがおすすめ!

インフラエンジニアに未経験から転職するならレバテックキャリアをはじめとするエージェントの活用がおすすめです。

エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

エージェントのメリット詳細
マッチング転職サービスは、あなたのスキルセット、経験、希望するキャリアパスなどの情報に基づいて、適切な求人を提案してくれます。これにより、自分にマッチする仕事を探しやすくなります。
ネットワーク転職サービスは多くの企業とつながっており、一般に公開されていない求人情報も提供できる場合があります。これにより、より広範な選択肢から仕事を選べます。
キャリアコンサルティング専門的な転職サービスでは、キャリアコンサルタントがキャリアのアドバイスや面接のコーチングを提供してくれる場合があります。これにより、キャリアの目標を明確にし、成功する可能性を高めることができます。
転職の手間を省く転職サービスは求人情報の検索、応募書類の準備、面接のスケジューリングなど、転職プロセスの多くの面倒な部分を手助けしてくれます。

以下はおすすめのエージェント4社です。正社員転職は「レバテックキャリア」、フリーランスの案件探しは「れバテックフリーランス」をはじめとするエージェントを利用しましょう。

どのエージェントも複数登録可能なので、たくさん登録してあなたが理想とする求人を見つけましょう。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
レバテックキャリア
レバテックキャリア
\未経験求人あり/
なし
IT・Web業界の転職におすすめ!!
・内定率が圧倒的
・エンジニアが利用したいエージェントNo.1
不明公式サイトはこちら
https://career.levtech.jp/
案件数:約22,000
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
迷ったらコレ!全てのフリーランスにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\副業フリーランス向け/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
Midworks
midworks
\安心したいフリーランス/
20日
・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000

レバテックキャリア|すぐに内定もらいたい人必見!!


レバテックキャリア
リンク先:https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア」は、ITエンジニアやデザイナーの転職のサポートを完全無料でおこなってくれるエージェントです。(レバテックキャリアは正社員求人がメインでレバテックフリーランスはフリーランス案件がメイン)

利用することで履歴書や職務経歴書などの書類添削や面接対策をしてくれます。またLINEで連絡が取れるので忙しい方でも働きながら転職活動がおこなえます。

年収診断
年収診断も無料で使えますので、あなたが現時点でどこまでの年収をもらえるのかなどの市場価値を把握することができます。
案件数21,874件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)12,363件(2023年12月)
最大の特徴ITエンジニア/デザイナー向け
  • フリーランスや派遣でもOK
  • 初回の求人紹介で内定率90%
  • LINEでのやりとりが可能

30秒で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://career.levtech.jp/

入社前に企業の内情がわかる
情報収集目的での登録もOK

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

インフラエンジニアは辛い?

インフラエンジニアは辛い?

インフラエンジニアについて調べると、どうしても「辛い」という言葉を聞くこともあります。

インフラエンジニアが「辛い」といわれているのは、以下の理由からです。

  1. ブラック企業もある
  2. 同じ作業の繰り返しだから
  3. 年収を上げるのが難しいから

必ずしも、インフラエンジニアの仕事すべてが辛いわけではありませんが、辛いといわれている理由について把握し、インフラエンジニアの実情を確認しておきましょう。

ブラック企業もある

インフラエンジニアはホワイト企業が多いですが、なかにはブラック企業もあります。

インフラエンジニアは夜勤や休日出勤も多いため、福利厚生の待遇がよいのが一般的ですが、夜勤後も休日が設定されていない企業もあります

また、夜勤手当が少ない企業もあるため、ブラック企業が目立つこともあるでしょう。

しかし、求人内容をしっかりと確認すれば、ブラック企業を避けることは可能なため、ブラック企業に入社しないように自己防衛することが大切です。

同じ作業の繰り返しだから

インフラエンジニアはルーティンワークが通常業務のため、毎日同じことの繰り返しでつまらなく感じることもあります

システムエンジニアやプログラマーのように、チームごとに仕事が変わるわけでもありません。

毎日同じ仕事内容を繰り返すだけではありますが、マニュアルもあるため覚えれば仕事もやりやすくなります。

毎日違う仕事があるのは楽しさもありますが、精神的に疲れがたまりやすいため、ルーティンワークのほうが疲れにくく向いている可能性もあるでしょう。

年収を上げるのが難しいから

インフラエンジニアは、資格を取得して上流工程にキャリアアップしないかぎり年収を上げることが難しいです。

上流工程に携わるためには、資格取得や知識の習得が必須ですが、インフラエンジニアは休日出勤や夜勤が多いため、学習時間を確保することができません。

年収を上げるためには積極的に学習しなければならず、大変なところがインフラエンジニアは「辛い」と言われています。

しかし、夜勤は基本的に楽な時間が多いため、資格取得に向けた学習時間に回すこともでき、働き方次第では年収を上げることも可能です。

インフラエンジニアの末路

インフラエンジニアは、今後仕事がなくなるのではないかといわれていますが、実際は仕事がなくなることはなく、今後も需要が高まる職業です。

しかし、クラウドサービスの普及により、オンプレミスとクラウドの運用を併用しておこなうことが増えるため、学ばなければならない知識は増えます。

今後、将来性がある職業とはいえ、学習を怠ってしまえばインフラエンジニアとして活躍できなくなるでしょう。

インフラエンジニアとして明るい末路を迎えたい場合は、今のうちに知識や資格を取得することが必須です。

インフラエンジニアはやめとけと言われる理由

インフラエンジニアはやめとけと言われる理由

以下の理由から、インフラエンジニアは「やめとけ」と言われています。

  1. スキルアップがしにくい
  2. 単純なルーティンワークが多い
  3. 花形よりは裏方作業が多い
  4. 緊急時のトラブル対応もある

ネガティブな言葉で表現されることがありますが、インフラエンジニアとして活躍するためには、自分自身の働き方を見直すことも大切です。

なぜ、インフラエンジニアは「やめとけ」と言われるのか理由を把握し、改善に向けた対策を練るようにしましょう。

スキルアップがしにくい

インフラエンジニアにはルーティンワークが多いため、スキルアップすることが難しいです。

スキルアップすることで年収を上げたり、別のキャリアを目指すことができるため、キャリアを考えている人の場合インフラエンジニアでキャリアアップするのは難しいでしょう。

しかし、夜勤の時間や空いている時間を使い勉強し、資格を取得することでスキルアップはできます。

どのような職種でも、自分の努力次第でスキルアップすることができるため、努力ができる人であれば問題ないはずです。

単純なルーティンワークが多い

インフラエンジニアはルーティンワークが多く、飽きることもあります。

毎日同じことの繰り返しとなるため、仕事をしている気分にもなれず、成長しているかどうかも分からないところが、「やめとけ」といわれている原因です。

しかし、毎日コツコツと同じ作業を続けることができる人であれば、インフラエンジニアの仕事は向いています。

ルーティンワークばかりとは言え、突発的なトラブルも多く、臨機応変に柔軟に対応できるスキルは必要なため、すべてが単純作業なわけではありません

花形よりは裏方作業が多い

インフラエンジニアは、ほかのエンジニア職のように花形の職業と考えられていますが、実際は運用や保守がメインの裏方作業が多いです。

システムエンジニアやゲームエンジニアのように、クライアントと打合せをしたり納品に追われるような仕事はありません。

しかし、インフラエンジニアの仕事が地味な仕事なわけではなく、私たちの生活に必要なインフラの基盤を守る仕事がメインなため、大切な仕事ではあります。

派手ではありませんが、裏方作業というよりは重要な仕事ともいえるため、仕事の大切さを基準に考えるのであれば目立つ仕事です。

緊急時のトラブル対応もある

緊急のトラブルが発生した場合は、深夜だとしても呼び出されることがあります。

その場で対応していた人がトラブルを解決できれば問題ありませんが、上の立場になればなるほど、トラブル時には呼び出される回数も増えるでしょう。

緊急時のトラブル対応のために、プライベートは遠くまで遊びにいけないことも考えられます。

確かに、緊急時のトラブル対応が多い点からインフラエンジニアは「やめとけ」と言われますが、従業員の多い企業に就職すれば人手不足とならず、プライベートの時間もしっかりと確保できるはずです。

インフラエンジニアに向いている人の特徴

インフラエンジニアに向いている人の特徴

インフラエンジニアは、以下の特徴がある人に向いています。

  1. IT関連の知識が豊富な人
  2. 機械をいじるのが好きな人
  3. ルーティンワークが得意な人

自分は向いている特徴を持っているのか確認することも大切ですが、持っていない場合でもインフラエンジニアに向いている場合もあります。

IT関連の知識が豊富な人

インフラエンジニアは、さまざまな機器や技術を使うため、IT事情に詳しい、もしくは興味がある人に向いています

近年はクラウドサービスの普及も広まっていることから、新しい技術の学習がインフラエンジニアには必要とされており、ITに興味がある人であれば積極的に最新技術を学ぶことができるはずです。

インフラエンジニアは、常に学習が必要な職業のため、新しい技術でも恐れずに学べる人が求められます

そのため、ITに興味がある人は、インフラエンジニアになっても活躍することができるでしょう。

機械をいじるのが好きな人

インフラエンジニアは、プログラマーやシステムエンジニアのような開発職とは異なり、プログラミングをおこなうわけではありません。

代わりに、機器やサーバーに触れる異色のエンジニアといえるため、機械に触れることが好きな人は、インフラエンジニアに向いているといえます。

時代によっては、最新機器に触れることも多く、扱い方については自分から調べなければなりません。

そのため、機械が好きな人であれば、インフラエンジニアに向いているといえるでしょう。

ルーティンワークが得意な人

インフラエンジニアはルーティンワークが多く、毎日コツコツ作業を続ける職業です。

毎日異なる仕事をするわけではなく、ほぼ同じ作業が続くため、飽き性な人には向いていない傾向があります。

コツコツ作業が好きであったり、得意である人は、インフラエンジニアの仕事が向いているでしょう。

なかにはルーティンワークのほうが好きだと考える人もいるため、自分はどっちの仕事内容が好みなのか、考え直すこともおすすめです。

インフラエンジニアに向いてない人の特徴

インフラエンジニアに向いてない人の特徴

インフラエンジニアに向いていない人は、以下の特徴があります。

  1. 地道なコツコツ作業は得意ではない人
  2. 夜間業務が苦手な人
  3. 休日出勤したくない人

インフラエンジニアは休日出勤や夜勤が多い職業のため、どうしても仕事が向いていない人はいるでしょう。

しかし、上記の特徴が必ずしも向いていない理由になるわけではないため、参考程度に確認してください。

地道なコツコツ作業は得意ではない人

インフラエンジニアは、毎日同じ作業を繰り返す仕事がメインのため、地道でコツコツとおこなう作業が苦手な人には向いていません

システムエンジニアのように花形の仕事とは言えず、サーバー室にこもることも多いです。

しかし、地道な作業ではありますが、生活のIT基盤を支える非常に重要な役割を担っているのがインフラエンジニアの仕事のため、責任はとても大きくやりがいもあります

ルーティンワークは、やることも決まっているため比較的仕事に慣れるのも早く、慣れてしまえば楽しく感じることもあるでしょう。

夜間業務が苦手な人

インフラエンジニアは、24時間365日監視や保守をしなければならないため、夜勤が発生します。

夜に働くのが苦手な人は、インフラエンジニアの仕事が向いていない可能性もあるでしょう。

しかし、企業によっては夜勤担当の社員を雇っていたり、女性や希望者には夜勤を担当させない企業も増えています。

必ずしも夜勤が当たるわけではないため、入社前に企業に問い合わせてから入社するかを決めるのもよいです。

休日出勤したくない人

インフラエンジニアは、土日祝日が必ず休日になるわけではありません

そのため、世間一般的には休日である日も、出勤しなければならないこともあります。

土日祝日はしっかりと休みたいと考えている場合は、シフト制の企業ではなく休日が固定されている企業に入社しましょう

企業によっては福利厚生面を工夫している企業もあるため、入社する前の確認が最も大切です。

【キャリア一覧】インフラエンジニア以外のエンジニアは?

インフラエンジニアがキャリアアップする場合、以下のエンジニアにキャリアアップすることができます。

  1. クラウドエンジニア
  2. セキュリティエンジニア
  3. サービスエンジニア
  4. システムエンジニア
  5. テストエンジニア

インフラエンジニアは、インフラエンジニアとしてキャリアアップすることもできますが、インフラエンジニアの経験があればほかのエンジニアに挑戦することも可能です。

どんなエンジニア職に就けるのか確認し、必要な知識やスキルを習得しましょう。

クラウドエンジニア

クラウドサービスを活用して、システムの設計や運用をおこなうエンジニアが、クラウドエンジニアです。

インフラエンジニアやネットワークエンジニアと似ている職業ですが、おもに「クラウド」を使うのか使わないのかに違いがあります。

今後、インフラエンジニアもクラウドが扱えることが大前提となっており、クラウドエンジニアへキャリアアップすることも可能です。

クラウドはさらに需要が高まるため、クラウドが扱えるだけで重宝されるでしょう。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、ITインフラに対するセキュリティの設計や構築をおこなうエンジニア職であり、技術領域とコンサルティング領域の2つにわけることが可能です。

セキュリティエンジニアの技術領域とは、ハードウェアやソフトウェア、インフラの設計や構築などが含まれており、インフラエンジニアとしての技術がすべて当てはまります。

そのため、インフラエンジニアとしての技術がそのままセキュリティエンジニアとしても役立つため、キャリアアップとしてセキュリティエンジニアを目指すのもよいです。

セキュリティエンジニアはセキュリティ関連のスキルを身に着ける必要があるため、インフラエンジニアの仕事をしながらセキュリティ関連について勉強しましょう。

サービスエンジニア

サービスエンジニアとは、機械製品の保守や管理、メンテナンスをおこなうエンジニアのことで、客先に行って作業をおこないます。

インフラエンジニアと作業は似ていますが、サービスエンジニアのほうが顧客と関わる機会が多いのが特徴です。

インフラエンジニアとして、突発的なトラブルを解消する臨機応変さや柔軟さ、ITインフラの基盤を支える高いスキルを備えていれば、サービスエンジニアとして働くことができます

サービスエンジニアはコミュニケーション能力を必要とするため、コミュニケーションを取りたいと考えている人であれば、サービスエンジニアへのキャリアアップもよいです。

システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントから受け取った要望をかなえられるシステムを開発するために、仕様書の設計や要件定義書の作成をおこなう職業です。

基本的にプログラマーとチームを組み、ひとつのシステムを開発するために業務を進めます。

案件によっては難易度の高いものも多く、納期が短いものもあるため、いかにスケジュールを管理し納期に間に合わせるかが大切です。

インフラエンジニアはチームを組まず納期のない仕事であり、仕事内容は異なりますが、高い技術を所有しているエンジニアともいえるため、システムエンジニアにキャリアアップすることもできます。

テストエンジニア

テストエンジニアとは、テスト計画の立案から実行、改善提案の一連の流れを担当するエンジニアです。

従来、プログラマーがテスト工程を担うことも多かったですが、近年はより高品質なものを求めるために、知識もスキルも高いテストエンジニアが担当することも増えています。

テストエンジニアに求められるのは、仕様書を細かく読み取り、単純なコツコツ作業も進められるスキルです。

インフラエンジニアは、仕様書や説明書を読みながら毎日コツコツ作業を進めることが多いため、テストエンジニアになっても実力を発揮することができるでしょう。

インフラエンジニアは未経験からでもなれる?

インフラエンジニアは未経験からでもなれる?

インフラエンジニアは未経験からでもなれますが、以下2つのことが大切です。

  1. 学習しなければならないスキルが多い
  2. 実務経験を積むためには積極性が必要

IT人材不足といわれている現代において、インフラエンジニアは多くの企業で求められています。

未経験からIT業界に飛び込むこともできますが、まずは勉強が大切であることを念頭におきましょう。

学習しなければならないスキルが多い

未経験の場合、学習しなければならないスキルが多いです。

インフラエンジニアは通常のエンジニア職とは異なり、機器やネットワークの知識など、さまざまなスキルを必要とします。

未経験の場合、知らないことが多すぎて仕事についていけないこともあるでしょう。

まずは、インフラエンジニアに必要な知識を学び、資格などを取得することでスキルを学ぶことが必要です。

実務経験を積むためには積極性が必要

実務経験を積むためには、先輩から教えてもらったり、自分から資格取得の勉強をするなど、積極的な態度が必要になります。

インフラエンジニアは、実際に機器に触れて学ぶことも多く、自分からどれだけ知識やスキルを盗めるかが重要です。

実務経験を積むことで構築や設計などの上流工程にたずさわることができるため、まずは積極的に仕事に向き合ってみましょう。

未経験だとしても、自分から学びにいくのと学びにいかないのでは大きな違いがあり、積極的な人ほど成長するのも早いです。

エンジニア・クリエイター専門

レバテックキャリア
レバテックキャリア」は、ITエンジニアやデザイナーの転職のサポートを完全無料でおこなってくれるエージェントです。(フリーランスでもOK)

利用することで履歴書や職務経歴書などの書類添削や面接対策をしてくれます。またLINEで連絡が取れるので忙しい方でも働きながら転職活動がおこなえます。

さらにIT/WEB業界未経験でもOKな求人も一部掲載されています。年収診断
年収診断も無料で使えますので、あなたが現時点でどこまでの年収をもらえるのかなどの市場価値を把握することができます。
  • フリーランスや派遣でもOK
  • 初回の求人紹介で内定率90%
  • LINEでのやりとりが可能

30秒で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://career.levtech.jp/

求人数21,974件(10月)
リモートワーク12,363件(10月)

インフラエンジニアへの転職を後悔しないために

インフラエンジニアに転職したあとに、後悔する人も増えています。

就職した後に後悔するのはとても惜しいため、以下5つの方法やコツを確認し、後悔しない転職をおこなってください。

  1. プログラミングスクールなどに通う
  2. 業界研究をおこなう
  3. 転職エージェントに相談
  4. 福利厚生について確認
  5. 残業や夜勤について確認

転職活動中は、ブラック企業に入社しないことだけを目的にするのではなく、自分が長く働ける会社かどうかを見極めることも大切です。

そのためには、転職エージェントなどに登録し自分に合う求人を紹介してもらうことも必要になります。

プログラミングスクールなどに通う

プログラミングスクールなどに通い、プログラミングを学習することもインフラエンジニアには大切です。

インフラエンジニアは、プログラミングをしないエンジニアですが、エンジニアの一種ではあるためプログラミングの知識があって当たり前とも考えられています。

また、プログラミングスクールの講師は、現役のエンジニアであることが多く、現実のインフラエンジニアの仕事について聞くことも可能です。

現場で働いている人の生の声は、何よりも参考になるため、通ってみるのもよいでしょう。

以下はおすすめのプログラミングスクール3社です。

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中

業界研究をおこなう

インフラエンジニアに転職する前に、業界研究をおこなうことも転職活動には大切です。

業界研究は、今後インフラエンジニアとして活躍したいと考えている場合は必須であり、インフラエンジニアの需要や必要性を調べることもできます。

インフラエンジニアの需要を知った上で転職活動をおこなえば、自分に向いている企業なのかどうか判断もできるでしょう。

転職活動を成功させるのであれば、まずは業界研究をおこなうことが成功の秘訣です。

転職エージェントに相談

転職エージェントに相談して、自分にあっている求人を見つけてもらうのもよいでしょう。

転職エージェントは無料で登録できるサービスであり、担当となるコンサルタントと二人三脚で転職活動をおこないます。

転職エージェントでは、自分がどんな性格なのか、どんな仕事がしたいのかを深く聞かれ、それにあわせた求人内容を紹介してくれるため、自分の好みの求人を見つけることが可能です。

自分一人で転職活動を進めるのは大変なため、転職エージェントに登録し、助けてもらうのもよい方法です。

以下はおすすめの転職エージェント4社になるので、少しでも気になるのがあれば隙間時間を使って登録を済ましておきましょう。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
レバテックキャリア
レバテックキャリア
\未経験求人あり/
なし
IT・Web業界の転職におすすめ!!
・内定率が圧倒的
・エンジニアが利用したいエージェントNo.1
不明公式サイトはこちら
https://career.levtech.jp/
案件数:約22,000
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\副業フリーランス向け/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
Midworks
midworks
\安心したいフリーランス/
20日
・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

福利厚生について確認

転職活動に失敗しないためには、福利厚生についてしっかりと確認しましょう。

インフラエンジニアは夜勤や休日出勤の多い職業のため、夜勤手当、休日出勤手当があるのか確認してください。

また、夜勤のあとは休日があるのか、どのようなシフト制なのかも確かめることが大切です。

福利厚生は入社する前に確認できる部分のため、自ら質問して聞くようにしましょう。

残業や夜勤について確認

インフラエンジニアは残業が滅多にない職業ですが、実際はどのくらい残業があるのか聞くことも大切です。

また、夜勤が人によっては辛いこともあるため、どれくらいの頻度で夜勤があるのかも確認しましょう。

企業によっては、女性や家庭のある人を優遇し、夜勤を避けてくれることもあります。

夜勤をどうしてもしたくない場合は、入社する前に夜勤はできないと伝えることも、転職を成功させる秘訣です。

まとめ|インフラエンジニアは楽な仕事も多い!

インフラエンジニアは、平均年収も高かったりなど、魅力的な部分が多く意外に楽な仕事もたくさんあります。

しかし、休日出勤や夜勤など、人によってはどうしても避けたい業務もあるため、すべての人にとって楽な仕事とは言い切れません

また、インフラエンジニアは未経験からでも目指すことができますが、学習は必須ですし、資格取得をしたほうが有利に働くでしょう。

一方、インフラエンジニアはホワイト企業も多く、福利厚生が優遇されている職場もあります。

人によっては夜勤を少なめに設定してくれたり、休日を固定してくれる企業もあるため、働きやすい企業を選ぶことも可能です。

インフラエンジニアは楽で魅力的な部分もたくさんあるため、自分が働きやすいと感じる求人を見つけて、挑戦してみましょう。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
レバテックキャリア
レバテックキャリア
\未経験求人あり/
なし
IT・Web業界の転職におすすめ!!
・内定率が圧倒的
・エンジニアが利用したいエージェントNo.1
不明公式サイトはこちら
https://career.levtech.jp/
案件数:約22,000
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\副業フリーランス向け/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
Midworks
midworks
\安心したいフリーランス/
20日
・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。