Amazonでおすすめのクレジットカード決定版|還元率が高い!ポイントが貯めやすい!

「Amazonユーザーなら、このカードを持っていないともったいない!」

この記事ではそのようなクレジットカードをご紹介します。ご紹介するのは、厳選に厳選を重ねた6枚。さらには、カードごとに「どのようなライフスタイルの方に合ったクレジットカードなのか」を分かりやすく解説します。

Amazonでおすすめのクレジットカードかつ、自分にぴったりのクレジットカードを探している方は、ぜひご一読ください。

特にAmazonでおすすめのクレジットカード|迷ったときにはこの2枚!

はじめに、Amazonでおすすめのクレジットカードの中でも、特におすすめのカードを2枚ご紹介します。

多くのカードを調べているうちに、「どれもよさそうでどれにしたらよいのかが分からない!」と悩んでしまうこともあるでしょう。

そのようなときには、こちらの2枚からピンときたものを選べば、まず間違いはありません。

Amazonでの還元率が2.0%!「JCBカード W/ W plus L」

  • 年会費:永年無料
  • 通常還元率:1.0%
  • Amazon還元率:2.0%

「JCBカード W」は、Amazonでのポイント還元率が、いつでも2.0%のクレジットカードです。この数値はほかクレジットカードと比べて、トップクラスという訳ではありません。

しかし、通常還元率が1.0%であることや、ポイントの使い道が豊富であるなど、使い勝手のよさまでもを合わせると、間違いなくトップクラス。Amazonユーザーなら、誰であってもおすすめできる万能クレジットカードです。

JCBカード Wがおすすめな人

くり返しになりますが、JCBカード Wは使い勝手に優れているため、Amazonユーザーすべてにおすすめのクレジットカードです。

特にポイントの使い道が豊富なのは、大きなメリット。カタログ商品や各共通ポイントとの交換にはもちろん、Amazonのお買い物には「1ポイント=3.5円」で、カード支払い金額の充当には「1ポイント=3円」で使えます。ポイントを余らせて失効してしまうことは、まずないでしょう。

また、JCBカード Wには、女性向けの特典が追加された「JCBカード W plus L」があります。基本スペックや年会費無料は、JCBカード W plus Lでも変わりません。

華やかなデザインに惹かれた方や、JCBカード W plus Lだけの優待特典、保険サポートなどに興味のある方はぜひご検討ください。

JCBカード Wがおすすめできない人

JCBカード Wが唯一おすすめできないのは、海外での利用を想定されている方です。海外(ハワイを除く)では、JCBブランドの加盟店が少ない傾向にあります。

また、JCBカード Wは、18~39歳までを対象としたクレジットカードです。一度、入会すれば40歳以降も利用できますが、すでに制限を超えている方は申込対象外となります。

キャンペーン情報
  • 2022年4月15日まで…Amazonでの還元率が4.0%にアップ
  • 2022年6月30日まで…入会後、翌々月15日までのAmazon利用分の20%(最大30,000円)をキャッシュバック
  • 2022年6月30日まで…18~24歳の方には、「MyJCBアプリ」ログインで1,000円分のApple Gift Cardをプレゼント

ドコモユーザーならAmazonで最大4.0%還元!「dカード」

  • 年会費:永年無料
  • 通常還元率:1.0%
  • Amazon還元率:最大4.0%

Amazonでは、ドコモユーザーのみの特典として、「d払い」が利用できます。d払いは「dカード」と組み合わせることで、ポイントの3重取りが可能。ポイント還元率が常に2.5%になるため、Amazonでのお買い物もいつでも2.5%還元になります。

そのうえ、毎週金曜日と土曜日は、Amazonでの還元率がアップ。4.0%の高還元でお買い物ができます。

dカードがおすすめな人とそうでない人

Amazonユーザーの中でもdカードがおすすめなのは、ドコモユーザーかつd払いを利用できる方です。ドコモユーザーでなくては、Amazonでd払いを利用できないため、Amazonでdカードを利用するメリットが大きく減ってしまいます。

どのクレジットカードにするか迷ったときには、「ドコモユーザーならdカード、そうでないならJCBカード W」といった選択肢がおすすめです。

キャンペーン情報
  • 常設…入会&利用で最大6,000ポイントをプレゼント

そのほかAmazonでおすすめのクレジットカード|人によってはお得!

ここでご紹介するクレジットカード4枚は、少し変わった特典があるカードや、年会費が無料ではないカードです。つまり、先にご紹介した2枚に比べると、人を選びます。その代わり、人によっては先の2枚よりもお得になることがあるでしょう。

あなたの利用シーンに合致するクレジットカードがないか、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで最大4.5%還元!「三井住友カード(NL)」

  • 年会費:永年無料
  • 通常還元率:0.5%
  • Amazon還元率:最大4.5%

「三井住友カード(NL)」は、Amazonデバイスカテゴリの商品購入では1.0%、Amazon Fashionカテゴリの商品購入では4.5%までポイント還元率がアップします。これらのカテゴリに該当する商品をよく購入する方なら、おすすめのクレジットカードといえるでしょう。

また、三井住友カード(NL)は、コンビニ3社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)と、マクドナルドでタッチ決済を利用すると、それだけで5.0%還元になるのが最大の特徴です。

また、選んだ3つの店舗(※)では、ポイント還元率が+0.5%になる特典もあります。通常還元率こそ高くありませんが、Amazonの特定商品やほか特定店舗専用のサブカードにするのなら、おすすめです。

(※)対象コンビニ、スーパー、ドラッグストア、カフェ・ファーストフード店から選択

キャンペーン情報
  • 2022年4月30日まで…入会&利用で最大7,000円相当をプレゼント
  • 2022年4月30日まで…学生の方は上記特典のほか、入会だけで「選べるカフェギフト(500円分)」をプレゼント、「USJ 1デイ・スタジオ・パス(ペア)」の抽選権獲得

毎月8.4万円以上のカード利用があるならお得!「三井住友カード ゴールド(NL)」

  • 年会費:5,500円(税込)
  • 通常還元率:0.5%
  • Amazon還元率:最大4.5%

「三井住友カード ゴールド(NL)」では、三井住友カード(NL)と同様に、Amazonデバイスカテゴリの商品購入では1.0%、Amazon Fashionカテゴリの商品購入では4.5%までポイント還元率がアップする特典があります。そのほかコンビニ3社とマクドナルドの特典や、選んだ3つの店舗での特典も同内容です。

異なるのは、年間100万円以上の利用が1度でもあれば、翌年以降の年会費が永年無料になる特典の追加がまずひとつ。さらに継続特典として、年間100万円以上の利用があれば、毎年10,000ポイントをもらえる特典が追加されています。

これらの特典を獲得できるようであれば、三井住友カード ゴールド(NL)はとてもお得なクレジットカードになるでしょう。年間100万円、月平均で約8.4万円のカード利用を想定している方におすすめです。

キャンペーン情報
  • 2022年4月30日まで…期間内の申し込みで、初年度の年会費無料
  • 2022年4月30日まで…入会&利用で最大11,000円相当をプレゼント

Amazonでもどこでも1.2%の高還元!「リクルートカード」

  • 年会費:永年無料
  • 通常還元率:1.2%
  • Amazon還元率:1.2%

「リクルートカード」には、Amazonでの利用特典はありませんが、通常還元率が1.2%という珍しいクレジットカードです。Amazon以外でも、どこのお店でもポイントを貯めやすいクレジットカードを探しているという方におすすめします。

ただし、リクルートカードで貯められるリクルートポイントは、使い道が限定的です。そのままでは、ホットペッパーやポンパレモール、じゃらんといったリクルートのサービスでしか利用できません。

これらのサービスを利用しない場合には、貯めたポイントをPontaポイントやdポイントに交換してから使う必要があります。(※)リクルートのサービスをよく利用される方、もしくはポイント交換の手間を惜しまないのなら、選択肢のひとつになるでしょう。

(※)リクルートのサービスに限り、貯めるポイントそのものをdポイントやPontaポイントに変更可能

キャンペーン情報
  • 常設…入会・利用で最大6,000円分のポイントプレゼント

ドコモ料金が毎月10,000円以上ならお得!「dカードGOLD」

  • 年会費:11,000円(税込)
  • 通常還元率:1.0%
  • Amazon還元率:最大4.0%

「dカードGOLD」もまた「dカード」同様、ドコモユーザーであれば、「d払い×dカード」でAmazonでの還元率が最大4.0%にまでアップするため、お得です。

また、ゴールドカード限定の特典として、毎月のドコモケータイ料金の10%分ポイント還元のほか、手厚いケータイ補償や旅行保険などが付帯します。

ただし、年会費が高いため、これをペイできるほど特典を使いこなせるかが「dカードにするか、dカードGOLDにするか」の分かれ目です。具体的には、毎月のドコモケータイ料金が10,000円以上あれば、年間で12,000ポイントが還元され、年会費を上回ります。

「ドコモケータイ利用料金が10,000円以上ならdカードゴールド、以下ならdカード」がおすすめです。

キャンペーン情報
  • 常設…入会&利用で、最大11,000ポイントプレゼント
  • 5月31日まで…30歳以下なら、入会&ドコモケータイ料金の支払い設定で10,000ポイントプレゼント

【Q&A】Amazonユーザーにおすすめなクレジットカードの選び方

ここでは、Amazonで得をしたい方に向けて、クレジットカードの選び方をQ&A形式で解説します。気になる「Amazon発行のクレジットカードについて」や、「カードの複数枚持ちが本当にお得なのか」といった疑問をここで解消していきましょう。

Q.Amazon MastercardやAmazon Prime Mastercardはお得なの?

A.アマゾンプライム会員であれば、ポイント還元率もそこそこ高く、お得ではあります。ただし、貯めたポイントの使い道が限られるのは、デメリットになり得るでしょう。

アマゾンプライム会員であれば、アマゾンでは2.0%の還元率となるAmazonカード。しかし、貯めたポイントは基本的にAmazon内でのお買い物にしか利用できません。

2.0%の還元率であれば、JCBカード Wも同様であるため、Amazonカードでなくてはいけない理由はないでしょう。

Q.ポイント還元率のほかには何をチェックすべき?

A.ポイントの使い道や有効期限もチェックし、ポイントを使いこなせるかも検討しましょう。

そのほかでは、カードコスパや特典、付帯サービス、追加カードが自分に合っているかも大切です。この点を吟味するためにも、まずは「自分はどのようなクレジットカードがほしいのか」を具体的に考えてみるとよいでしょう。

Q.クレジットカードは何枚かを使い分けたほうがいい?

A.Amazonでの利用に関しては、Amazon用のサブカードがなくても事足りるでしょう。

ポイントを効率よく貯めたいのであれば、一般的にはメインカードとサブカードを使い分けるのがおすすめです。

しかし、Amazonでの利用にだけ飛びぬけてお得になるクレジットカードは今のところありません。「Amazonでも使いやすいメインカード」という観点でのカード選びをおすすめします。

自分に合ったクレジットカードを選び、Amazonでもほかのシーンでも得をしよう!

Amazonでおすすめのクレジットカードは、一般的には「JCBカード W」、ドコモユーザーなら「dカード」です。

この2枚は、メインカードにもぴったりの使いやすさ&年会費無料で保有コストがかからないというメリットを持っています。だからこそ、使いこなせずに放置してしまうことはまずありません。

ぜひ気軽に申し込みをして、Amazonではもちろん、そのほか多くのお店でもポイントを効率よく貯めましょう。