消費者金融のおすすめランキング【2024年4月最新】口コミ・金利・審査時間を徹底比較

急な出費でお金を借りたいときおすすめの消費者金融はこれだ!満足度の高い口コミを参考にした厳選10社を徹底調査したランキング! カードローン

急な出費やローンの一括返済など、お金に困ったときに頼りになる消費者金融。

しかし、消費者金融は数多くあり、どこを選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで、当サイトではネット検索数を独自調査し、人気がありおすすめできる厳選5社を発表します。

このページで見つかる消費者金融のおすすめポイント6つについて
※審査状況によっては、事前に本人に確認の電話があります。

その中で2023年最新版の消費者金融おすすめランキング審査の手順や金利、サービス内容などを徹底比較。

あなたにぴったりの消費者金融を見つけましょう。

※このページは国家資格者の貸金業務取扱主任者がおすすめのカードローン会社の解説を監修しています。

  1. 大手消費者金融でおすすめ5社ランキング|認知度が高く人気をネット検索数を独自調査
    1. 2023年のグーグル検索数が多いおすすめの消費者金融会社はどこ?
    2. 1、アコム|WEB完結で土日・祝日でも借入しやすい。原則在籍確認の電話はおこなわない
    3. 2、プロミス|スマホローンが人気。最短3分※で事前審査結果※がわかる
    4. 3、アイフル|原則電話連絡なしで審査が早いため最短18分で当日に即日融資の利用可能
    5. 4、SMBCモビット|Tポイントが貯まるクレジットカードを同時に申し込みできる
    6. 5、レイク|初めてなら最大60日間と180日間の無利息期間があり利息を軽減しやすい
    7. 大手人気消費者金融5社以外のカードローンの紹介
  2. 信販系貸金業者のおすすめランキングについて
    1. JCBカードローンFAITH(フェイス)(信販系消費者金融)|金利年4.40%~12.50%で銀行カードローンと比較して低金利
    2. セゾンカードマネーカードゴールド
  3. 中小消費者金融でおすすめの3社を一覧で紹介
    1. セントラル|セブン銀行ATMから借入・返済できる中小消費者金融
    2. フクホー
    3. フタバ
    4. 中小貸金業者の融資は審査が甘い?通りやすいのか?
  4. 大手消費者金融でおすすめの会社の新規成約率を比較
    1. 信販系貸金業者の融資審査の状況
  5. 消費者金融の選び方のコツ!後悔しないためのポイント
    1. 大手消費者金融メリットについて
  6. 学生におすすめの消費者ローンは?
  7. カードローンにデメリットはないのか?
    1. 「消費者ローンで借りたら終わり」という噂はほんと?
  8. 大手消費者金融やその他の金融機関のローン金利比較
    1. 消費者金融と銀行のカードローンの違いと金利比較
    2. クレジットカードのキャッシングと比較した場合について
  9. お金を借りるための知恵袋|いろいろな角度からみたローンの選び方
    1. 大手消費者金融は、即日融資も断トツに早い
    2. 初めて借りる人は、無利息サービスのメリットがある
    3. 消費者金融の融資審査に関するまとめ
    4. 金利が低い貸金業者に借り換えもできる
    5. 上手にお金を借りる方法「カードローン以外」
  10. よくある質問と回答
  11. 参考資料:消費者金融で借りれるカードローン会社の申し込み者数上位7社ランキング統計(~2024年4月1日 6:10 現在)

大手消費者金融でおすすめ5社ランキング|認知度が高く人気をネット検索数を独自調査

消費者金融は、審査が早く、手軽に借り入れできる便利なサービスです。しかし、消費者金融を利用する際には、金利や返済条件など、しっかりと比較検討することが大切です。

そこで、今回は、おすすめの消費者金融会社2023年版最新情報を紹介します。

2023年のグーグル検索数が多いおすすめの消費者金融会社はどこ?

大手消費者金融は、中小消費者金融と比較してテレビCMやネット広告で見ることが多いため、認知度が高く、人気になっているサービスやメリットもたくさんあります。

グーグル検索の検索回数が多く、認知度の高い大手消費者金融一覧は次のとおり。

大手消費者金融会社 月間検索数
アコム

 
246,000回

プロミス

 
246,000回

アイフル

 
201,000回

レイク

 
135,000回

SMBCモビット

 
76,600回

※グーグル広告調べ 2024年2月現在

この指標をもとに、検索数の多く認知度が高い順におすすめの消費者金融の人気ポイントを解説します。

ちなみに、消費者金融会社を選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

1、金利

金利は、消費者金融を選ぶ際に最も重要なポイントです。金利が高いと利息の負担が大きくなるため、金利が低い消費者金融会社がおすすめです。

2、借入限度額

借入限度額は、消費者金融から借りることができる上限額です。必要な金額を借り入れられるかどうかを判断する際に重要です。ただし、必要以上にカードの限度額を上げると、借入計画以上に借入残高が増え返済に支障をきたすことがあるためおすすめできません。

3、審査

審査は、消費者金融から融資を受けるために必要な手続きです。審査に通るためには、安定した収入と信用情報の良好さが求められます。すぐ融資を実行してほしいときは、審査時間が短く即日融資可能な会社がおすすめです。

4、サービス内容

無利息期間や返済方法などのサービス内容も、消費者金融を選ぶ際に考慮すべきポイントです。大手消費者金融5社のうち、SMBCモビット以外は、初めての契約で無利息サービスがあります。

1、アコム|WEB完結で土日・祝日でも借入しやすい。原則在籍確認の電話はおこなわない

消費者金融のアコムは、2023年カードローンランキング3部門調査でナンバー1を獲得。

アコムは2023年カードローンランキング3部門調査でナンバー1を獲得
※<調査概要>調査方法:インターネット調査 調査期間:2022年12月1日~5日 調査概要:「カードローン」10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:男女、20~69歳、全国、1,532s 調査実施:株式会社ドゥ・ハウス 比較対象企業:「カードローン」でのGoogle検索 検索上位10社(2022/11/7 17:00 時点) ※記事、広告、まとめサイト、銀行のカードローンは除く

アコムは国の貸金業登録業者で安心できる消費者金融のカードローン会社です。

※アコムの登録番号:関東財務局長(14)第00022号

アコムの金利や借入条件一覧

金利(年率) 3.0%~18.0% 融資限度額 1万円~800万円
審査時間 最短20分以内※ 融資時間 最短20分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 初めての契約の方
最大30日間
申込対象年齢 20歳~72歳
カードレス 電話連絡 原則なし
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 定率リボルビング方式
融資までの早さ 郵送物 原則なし
バレない アプリ

※申し込み時間や審査により希望に添えない場合があります。
※当サイト上で(PR)と記載されている商品は、各事業者の委託を受けた上で広告(アフィリエイトプログラムを利用)によりサイト編集部おすすめ商品としてご紹介しております。

原則在籍確認の電話なしで当日融資が可能

原則在籍確認の電話がかかってこないので、審査結果が早くわかり最短20分で借入できます。

●参考 アコムのよくある質問と回答

質問者

質問者:

勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?

消費者金融の相談窓口担当者

アコム窓口担当者:

原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施することはありませんので、ご安心ください。 

参照元:アコム公式サイト

ローン新規貸付率は初めて申し込みしたい人が会社を選ぶ目安の一つ

アコムは東証スタンダードに株式上場している消費者金融なので、IRマンスリーレポートでローン新規貸付率を発表しています。

消費者金融のアコム|ローン新規貸付率2023年3月マンスリーレポート

参照元:アコム公式サイト

アコムの2023年3月マンスリーレポートの数字によると、申込をした人2.5人に1人がアコムと初めてローン新規契約をしています。

「カードなし」でもATMや振込を利用して借入可能

アコムはカードを作らず、WEB完結申込が可能。

アコムはカードを作らずWEB完結で申し込みできる

アコムはカードローンが基本ですが、申込時に「カードなし」を希望すればカードレス契約も可能。カードレス契約をするとカードや利用明細といった郵送物が届きません。

2万円の借入なら、返済金額は月1,000円

アコムで1万円~2万円を借入した場合、毎月の最低返済額は1,000円。毎月の返済負担が小さいといえるでしょう。

また、大手消費者金融で人気のアコムは、任意返済も可能。残高をいつでも一括返済することができ、借入金が0円になれば、その後利息はかかりません。

(PR)

アコムのWEB申込は3ステップだけ!借入までの手順を画像解説

1、アコムはWEBから3ステップの手順で素早く借入できます

消費者金融で初めてお金を借りる方に最適なアコムカードローンのネット申し込み編解説


目次に戻る↑

2、まずアプリまたはホームページにネット接続してお申込ページに移動

目次に戻る↑

3、ネット申込は24時間・365日いつでも操作が可能

目次に戻る↑

4、ステップ1 申込ボタンをクリックし、氏名・住所・勤務先等の必要事項を入力

目次に戻る↑

5、申込記入時に質問があれば、すぐに電話で問い合わせできます

目次に戻る↑

6、ステップ2 次に本人確認用の書類を撮影しアップロードします

目次に戻る↑

7、本人確認書類の提出は「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」のいずれか1点

目次に戻る↑

8、ステップ3 アコムの審査結果はメールで連絡がくるまで待つ(最短20分※)

目次に戻る↑

9、契約手続きもメールからWEBで簡単に完了できます

目次に戻る↑

10、契約完了すればそのまま銀行振込(最短10秒※)でアコムから借入ができます

(PR)

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

2、プロミス|スマホローンが人気。最短3分※で事前審査結果※がわかる

消費者金融のプロミスは、申し込み完了後、最短3分で審査結果から融資までが完了。急いでいる方におすすめ。

消費者金融プロミスは最短3分で事前審査回答がわかり即日融資対応している

引用元:プロミス公式サイト

最短3分で審査結果から融資までが完了し、本審査時間と契約、融資までの時間が早いのが特徴です。

プロミスは国の貸金業登録業者で安心できる消費者金融のカードローン会社です。

※プロミスの登録番号:関東財務局長(14)第00615号

プロミスの金利や借入条件一覧

金利(年率) 4.5%~17.8% 融資限度額 1万円~500万円
審査時間 最短3分以内※ 融資時間 最短3分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 初めての契約の方
最大30日間
申込対象年齢 満18歳~74歳以下※2
カードレス 電話連絡 原則なし
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 残高スライド元利
定額返済方式
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※申し込み時間や審査により希望に添えない場合があります。
※2高校生は借入不可。申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須。収入が年金のみの方は申込不可。

土日・祝日でも最短3分で審査から即日融資までが可能

プロミスは24時間・土日・祝日でもWEB完結で申し込みができ、本審査時間と契約、融資までの時間は最短3分。

原則在籍確認の電話連絡がないため審査が早く、即日融資もしやすい消費者金融会社。

大手消費者金融の中でもトップクラスのスピードで借入できます。

参考 ・プロミスのWEB申込は3ステップだけ!借入までの手順を画像解説

契約やカードだけ作っておいても無利息サービスが消えない

プロミスでは、初めての契約の方に30日間無利息サービスを実施。

プロミスの無利息サービスは契約して30日後でも消滅しない仕組み解説

引用元:プロミス公式サイト

プロミスは借入後に30日間無利息サービスが始まるため、すぐ借入しない人でも必ず30日間無利息サービスを受けることができます。

同じ大手消費者金融のアコムアイフルでも、初めての契約の方に契約後30日間無利息サービスを実施していますが、契約後30日間が過ぎると、サービス期間は自動的に終了します。

スマホローン®はプロミスの商標登録

プロミスは、スマホローン®サービスを提供。スマホを利用して、カードレスで借入・返済が可能。

参照元:申し込みの流れを簡単解説|プロミスYouTube公式チャンネル

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

3、アイフル|原則電話連絡なしで審査が早いため最短18分で当日に即日融資の利用可能

消費者金融のアイフルは2024年カードローンランキング調査でナンバー1を獲得。

消費者金融のアイフルは2024年オリコン顧客満足度調査の初めてのカードローン満足度ランキングでナンバー1を獲得
※同ランキングは、実際にサービスを利用した3,351名の消費者の方々のアンケートを基に、調査企業14社を対象に徹底比較しています。事前調査2023/06/29~2023/08/09・更新日2024/01/04・サンプル数3,351人(調査時サンプル数3,966人)・規定人数100人以上・調査企業数14社。研究機関に提供される信頼のデータ:ソースデータは国立情報学研究所を通じて学術研究機関に全て公開されており、データ監修は慶應義塾大学理工学部教授・鈴木秀男氏が行っています。

アイフルは国の貸金業登録業者で安心できる消費者金融のカードローン会社です。

※アイフルの登録番号:近畿財務局長(14)第00218号

アイフルの金利や借入利用条件一覧

金利(年率) 3.0%~18.0% 融資限度額 1万円~800万円※
審査時間 最短18分以内※ 融資時間 最短18分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 初めての契約の方
最大30日間
申込対象年齢 満20歳~69歳以下
カードレス 電話連絡 原則なし
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※1申し込み状況によっては、ご希望にそえない場合があります。
※2利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票等収入を証明する書類が必要。

AIスコアリングシステムによる審査で最短18分融資が可能

消費者金融のアイフルはAIスコアリングシステムによる審査で最短18分融資が可能

消費者金融のアイフルでは、審査の大部分をAI(人工知能)スコアリング(自動与信審査システム)で行うため、審査が早く最短18分融資が可能。

原則在籍確認の電話なしで土日・祝日でも即日融資が可能

アイフルも同じ大手消費者金融のプロミスやレイク同様、原則審査中に電話連絡はおこないません。

消費者金融のアイフルで審査中に在籍確認等の電話連絡が資金需要者は、わずか0.3%となっています。

アイフルの在籍確認の電話連絡調査結果

消費者金融のアイフル|審査中に在籍確認等の電話連絡がおこなわれた実施調査
※調査期間: 2023年4月1日~5月31日。調査対象: WEBもしくは無人店舗でお申込み後、ご契約いただいたお客様

引用元:(https://www.aiful.co.jp/faq/borrow/detail11/)

●参考 アイフルのよくある質問と回答

質問者

質問者:

申込みの時に、自宅や勤務先(在籍確認)へ確認の電話がかかってくるのですか?

消費者金融の相談窓口担当者

アイフル窓口担当者:

お申込みの際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。在籍確認が必要な場合でも、お客様の同意をいただかない限り実施いたしません。実際、99.7%のお客様には、電話での在籍確認を実施しておりません。

参照元:アイフル公式サイト

24時間申込でき、土日・祝日でも審査がおこなわれるのでいつでも利用しやすいローンです。当日に最短即日融資も可能で今すぐ借りたい方におすすめです。

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

4、SMBCモビット|Tポイントが貯まるクレジットカードを同時に申し込みできる

消費者金融サービスブランドのSMBCモビットはHDI格付けベンチマーク「対応記録/クオリティ格付け(センター評価:電話)」において、最高評価の三つ星を獲得。

SMBCモビット|HDI格付けベンチマーク「対応記録/クオリティ格付け(センター評価:電話)」において、最高評価の三つ星を獲得

参照元:SMBCモビット公式サイト

※「HDI」は、世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体。

消費者金融業界において、SMBCモビットが唯一2年連続で三つ星に認証されました。

SMBCモビットは、国の貸金業登録業者の三井住友カード株式会社がサービスを提供しています。安心できる消費者金融のカードローン会社です。

※三井住友カード株式会社の登録番号:近畿財務局長(14)第00209号

SMBCモビットの金利や借入の利用条件一覧

金利(年率) 3.0%~18.0% 融資限度額 1万円~800万円※
審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短30分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 サービスなし 申込対象年齢 20歳以上74歳以下※2
カードレス 電話連絡 原則なし※
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 借入後残高スライド元利定額
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※審査の際に確認が必要な場合は、電話をおこなうことがあります。
※2収入が年金のみの方は申込不可

三井住友銀行ATMが手数料無料で利用可能

ATMからSMBCモビットの借入・返済を利用するときは、三井住友銀行のATMがお得。

三井住友銀行ATMなら、手数料は0円で利用が可能。

三井住友銀行をよく利用する方で、カードローンを検討されている方は、大手消費者金融カードローンのSMBCモビットが便利。

SMBCグループのSMBCモビットならではのおすすめポイントです。

クレジットカード附帯でTポイントカードが使えて貯まる

大手消費者金融カードローンのSMBCモビットは、「クレジット」「カードローン」「Tカードポイント」の3つの機能が1つになった「Tカードプラス」がおすすめ。

SMBCモビットでカードローンの借入・返済を利用するたびに、Tポイントが貯まります。

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

5、レイク|初めてなら最大60日間と180日間の無利息期間があり利息を軽減しやすい

大手消費者金融のレイクは無利息期間が長くておトク部門でナンバー1を獲得。

消費者金融レイクの顧客満足度調査結果

参照元:レイク公式サイト

※調査方法:インターネット調査/調査期間:2021年6月11日~14日 /調査概要:「カードローン」7サービスを対象にしたサイト比較イメージ調査 /調査対象: 1,134名、男女、20~69歳 全国/・うち、カードローン利用検討者913名中「無利息期間が長くておトク」と思うカードローンでNo.1/・うち、カードローン利用経験者(1年以内/借入総額10万円以内/web申込) 214名中「初めての人にも利用しやすい」と思うカードローンでNo.1/・うち、 20代のカードローン利用検討者278名中「すぐ必要な方におすすめ」と思うカードローンでNo.1/・うち、カードローン利用検討者の女性272名中「働く女性向け」と思うカードローンでNo.1/調査実施:株式会社ショッパーズアイ /比較対象企業:「カードローン」Google検索上位7社(2021年4月6日時点)/※記事、広告、まとめサイト、銀行、信用金庫を除く

レイクは、国の貸金業登録業者で安心できる消費者金融のカードローン会社です。

※レイクの登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

レイクの金利や借入の利用条件一覧

金利(年率) 4.5%~18.0% 融資限度額 1万円~500万円※
審査時間 最短25分以内 融資時間 最短25分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 最大60日間・180日間※2 申込対象年齢 満20歳以上70歳
カードレス 電話連絡 あり
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※申し込み時間や審査により希望に添えない場合があります。
※2無利息期間の利用条件は以下のとおり

レイク無利息期間の利用条件

大手消費者金融のレイクは、最短25分で即日融資も利用可能。土日・祝日でも審査がおこなわれます。

無利息期間については、最大60日間と180日間から選べ、消費者金融業界で最も長い期間となっています。

レイクと初めての契約の方は、無利息期間が長いので、利息を減らしたい方にかなりおすすめの消費者金融会社です。※ただし、180日間無利息サービスは、借入金額5万円以下の利用までとなっているので注意が必要。

参考 ・レイクの無利息期間は60日間と180日間!プロミス・アイフルの無利息と徹底比較

レイク公式サイトWEB完結申込はこちら

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

大手人気消費者金融5社以外のカードローンの紹介

認知度が高い大手消費者金融5社以外で、おすすめの会社をご紹介します。

ORIX MONEY(オリックスマネー) |

消費者金融のORIX MONEY(オリックスマネー) |アプリの利用に加えてカードも新登場

消費者金融のオリックスも大手の会社といえるでしょう。

オリックスは国の貸金業登録業者で安心できる消費者金融のカードローン会社です。

※オリックス・クレジット株式会社の登録番号:関東財務局長(14)第00170号

ORIX MONEY(オリックスマネー) の金利や借入利用条件一覧
金利(年率) 1.5%~17.8% 融資限度額 10万円~800万円
審査時間 最短60分※ 融資時間 最短60分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 なし 申込対象年齢 満20歳以上69歳まで
カードレス 電話連絡 あり
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 新残高スライドリボルビング返済
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※お申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降となる場合があります。

大手消費者金融のORIX MONEY(オリックスマネー)は、アプリかカードかお好きなタイプを利用できます。

アプリ型を利用すればカード発行なし・郵送物なしなので、周りにバレたくない人におすすめ。一方、スマホやアプリ操作が苦手な方は、銀行口座やコンビニのATMで借りやすいカード型がおすすめ。

さらに、ORIX MONEY(オリックスマネー)は土日、祝日でも最短即日融資可能で、同じ消費者金融のプロミスやSMBCモビットと同じようにすぐ借りやすいローンカードといえるでしょう。

●ORIX MONEY(オリックスマネー)公式サイトWEB完結申込はこちら

ダイレクトワン

土日。祝日融資

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

カードローン会社20社のおすすめランキングをチェック

ここまで7社の貸金業系のおすすめ消費者金融会社をご紹介しました。

当編集部の独自調査では、消費者金融より大きな枠組みでカードローンを調べると、他にも「ネームバリューのあるカードローン」や「銀行カードローン」があります。

こちらのページで解説していますので、ぜひ参考にしてください。↓

参考 ・カードローンおすすめランキングがずばりわかる【2024年4月最新】金利・審査・借入限度額を徹底比較

信販系貸金業者のおすすめランキングについて

貸金業者には消費者金融系と信販系と区別されることもあります。どちらも貸金業登録されている正規の貸金業者です。

ここまでは消費者金融系カードローンのおすすめポイントを解説しましたが、ここでは、信販系カードローンのおすすめ業者2社をピックアップして、人気ポイントを解説します。

JCBカードローンFAITH(フェイス)(信販系消費者金融)|金利年4.40%~12.50%で銀行カードローンと比較して低金利

JCBカードローンFAITH(フェイス)(信販系)の特徴を解説

JCBカードローンFAITH(フェイス)の金利や借入条件一覧

金利(年率) 4.40%~12.50% 融資限度額 最大500万円※
審査時間 最短申込当日 融資時間 審査後最短即日融資
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 初めての契約の方最大2.5か月分
金利キャッシュバック※2
申込対象年齢 20歳以上〜69歳以下
カードレス 電話連絡 原則なし
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 元利一括払い残高スライド元金定額払い・
毎月元金定額払い・ボーナス併用払い

即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※「融資限度額」部分
※2対象入会期間:2024年4月1日~2024年9月30日

セゾンカードマネーカードゴールド

信販系消費者金融のセゾンカードマネーカードゴールドは、JCBカードローンフェイスや銀行カードローンよりもさらに金利が低いため、利息軽減が期待できます。

セゾンカードマネーカードゴールドの金利や借入条件一覧

利用条件 ※年収が400万円以上の方限定

金利(年率) 8.47%・6.47% 融資限度額 200万円・300万円の2コース
審査時間 最短30分以内※ 融資時間 最短30分※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 初めての契約の方
最大2ヵ月分金利キャッシュバック
申込対象年齢 20歳~75歳
カードレス 電話連絡 あり
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資可能 返済方法 定額リボルビング方式
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※申し込み時間や審査により希望に添えない場合があります。

信販系消費者金融のセゾンカードマネーカードゴールドは、金利が低いことが一番のおすすめポイント。

セゾンカードマネーカードゴールドの利用条件は、年収が400万円以上の方で、収入証明書が必要となりハードルは高い消費者金融ですが、契約できれば少ない利息でカードローンが利用できるます。

今後の人気に注目したい信販系消費者金融です。

▲大手消費者金融でおすすめ5社ランキング一覧に戻る↑

中小消費者金融でおすすめの3社を一覧で紹介

アコムプロミスといった株式上場しているような大手消費者金融以外で、貸金業者登録を受けた安全な中小企業の消費者金融について解説します。

中小消費者金融も、大手消費者金融と同様国の貸金業登録業者なので安心な貸金業差です。違法な貸付や取り立てはおこなっていません。

セントラル|セブン銀行ATMから借入・返済できる中小消費者金融

セントラルは、愛媛県が本社の中小消費者金融業者。最近では関東圏でも店舗数を増やしています。

株式会社セントラルの登録番号:四国財務局長(9)第00083号

セントラルの金利や借入利用条件

金利(年率) 4.8%・18.0% 融資限度額 1万円~300万円
審査時間 最短当日※ 融資時間 最短即日※
担保、保証人 不要 申込受付時間 24時間対応
無利息期間 初めての契約の方
30日間無利息
申込対象年齢 20歳以上
カードレス 電話連絡 あり
必要書類アップロード WEB完結
土日・祝日 融資不可 返済方法 借入残高スライドリボルビング方式
即日融資 郵送物なし
バレない アプリ

※午後2時までに申し込み受付があった方は最短当日に振込で融資可能。それ以降は翌日融資。

最短即日振込で融資が可能。初めての方は契約後30日間無利息サービスを利用できます。

普段の生活で急な出費で現金が必要なときは、カードを利用してセブン銀行ATMから借入できます。

フクホー

フクホーは最短即日振込で融資が可能。

フタバ

フタバは平日16時までの審査完了で、即日振込で融資が可能。

中小貸金業者の融資は審査が甘い?通りやすいのか?

貸金業者の消費者金融は大手と中小・中堅等あわせて約1,538業者が登録しています。※2023年7月現在。

引用元:貸金業者数について|金融庁

ここで当編集部よくある質問の「中小消費者金融は審査が甘く通りやすいですが」についての回答をご紹介します。

中小消費者金融の審査が甘いという話を、ネット上で見かけることがあります。しかし、実際には中小消費者金融の審査が甘いということはありません。

大手消費者金融も中小消費者金融も国の貸金業登録業者であり、さらに当サイトで紹介している消費者金融会社は日本貸金業協会に加盟しており、法律を遵守した安心できる業者です。

当編集部が独自調査した結果として、中小消費者金融の申込者が審査に通過した「新規成約率」は約10%となっています。
※当編集部が運営する個人向け無担保ローン紹介サイトから2023年に申込された方を対象に調査

ちなみに、大手消費者金融のIRレポートでは、新規成約率は約40%前後となっています。

この調査結果を見ると、中小消費者金融の審査通過率は大手消費者金融と比較して低いことがわかります。

また、中小消費者金融は貸し倒れリスクが高い傾向があります。

大手消費者金融は、AIを使ったスコアリング審査を導入しており、審査通過者の可否をより正確に、短時間で判断できます。

一方、AIスコアリング審査を導入していない中小消費者金融は審査を厳しめに判断するため、審査通過率が低くなる傾向があります。

ただし、消費者金融のローン審査は、貸金業法民法等に基づき厳正におこなわれているため、どの消費者金融会社であっても、審査が甘いという期待は持てません。

大手消費者金融でおすすめの会社の新規成約率を比較

大手消費者金融は、株式上場しているため安定した利益収入の確保が重要です。これは株式会社である銀行も同じで、資金需要者や顧客に貸付サービスを提供することで、利益を上げています。

そのため、大手消費者金融は、自社を広く知ってもらうため広告やキャンペーン等を増やして、新規成約率を増やす取り組みもおこなっています。

その影響で新規成約率は各社とも年度によって上下しますが、どの大手消費者金融でも約40%前後で推移しています。

審査については、貸金業法で定められた方法を遵守しているため、審査が甘いということではない点に注意してください。

主な審査項目は次のとおりです。

利用条件
総量規制の遵守
返済能力の確認
個人信用情報機関の照会

これらの基準により審査をしています。

消費者金融会社は、資金需要者にリスクのある借入負担にならないよう、細心の注意を払っています。

信販系貸金業者の融資審査の状況

大手消費者金融と同じ貸金業者である信販系消費者金融は、クレジットカードサービスが主体ですが、カードローン専門の商品も提供しています。

個人向け無担保ローンの場合、金利が低いほど新規成約率も低くなります。

信販系の貸金業カードローンでおすすめの2社の融資成約率は以下のとおり。

JCBカードローンフェイス
セゾン

当編集部の独自調査では、この2社の融資審査通過率は約20%です。

※当サイトを含めた2サイトからのカードローン申込数から審査通過した資金需要者の数値データを参照。
※審査通過率の根拠。2023年1月~2023年8月までの当編集部から申込者を対象。新規成約数を申込者数で割った数字。

成約率が低い理由は「金利が低いメリット」があるため

信販系カードローン2社の審査通過率が低い理由は、金利です。大手消費者金融3社と上限金利年率を比較すると、いずれも低くなっています。

金利が低ければ、カードローン会社の収益は少なり、貸し倒れによる損失を抑えるため審査基準が高くなり通過率が下がる傾向となっています。

審査に自信のある資金需要者の方は、低金利というメリットがあるので、この2社も検討することが望ましいといえます。
ここから大手消費者金融のメリットをご紹介します。

消費者金融の選び方のコツ!後悔しないためのポイント

消費者金融の選び方は、利用者の状況によって選び方が変わってきます。

審査難易度や金利、サービス内容など、さまざまな要素を比較して、あなたにぴったりの消費者金融を選びましょう。

大手消費者金融メリットについて

大手消費者金融の最大のメリットは「即日借入ができる」「無利息サービスがある」の2点でしょう。この2つのメリットは、他のWEBサイドでもおすすめポイントとして挙げられています。

最短18分・20分で即日融資が可能

例えば、大手消費者金融のプロミスはWEB申込完結を利用して最短3分融資が可能。審査スピードがずば抜けて早く、すぐ借りるならおすすめです。

また、同じ大手消費者金融のアイフルなら最短18分融資が可能、レイクについては最短25分で即日借入でき、SMBCモビットは、最短30分で即日融資が可能となっています。

プロミスのWEB申込は3ステップだけ!借入までの手順を画像解説

1、プロミスはWEBから3ステップの手順で素早く借入できます

目次に戻る↑

2、まずアプリまたはホームページにネット接続してお申込ページに移動

まずアプリまたはホームページにネット接続してお申し込みページに移動


目次に戻る↑

3、ネット申込は24時間・365日いつでも操作が可能

ネット申し込みは24時間・365日いつでも操作が可能


目次に戻る↑

4、ステップ1 申込ボタンをクリックし、氏名・住所・勤務先等の必要事項を入力

ステップ1 プロミス公式サイトにある申し込みボタンをクリックし、氏名・住所・勤務先等の必要事項を入力


目次に戻る↑

5、申込記入時に質問があれば、すぐに電話で問い合わせできます

申し込み記入時に質問があれば、途中でも電話で問い合わせ可能


目次に戻る↑

6、ステップ2 次に本人確認用の書類を撮影しアップロードします

プロミスのスマートフォンアプリを使って本人確認書類を撮影。アプリだから操作は簡単


目次に戻る↑

7、本人確認書類の提出は「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」のいずれか1点

本人確認書類として利用できるのは「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」のいずれか1点


目次に戻る↑

8、ステップ3 プロミスの審査結果はメールで連絡がくるまで待つ(最短3分※)

申し込みが完了すればあとは審査結果(最短30分)を待つだけ。審査結果と「契約手続きのお願い」がメールで届く


目次に戻る↑

9、契約手続きもメールからWEBで簡単に完了できます

プロミスからメール送信されて契約内容に同意して契約が完了


目次に戻る↑

10、契約完了すればそのまま銀行振込(最短10秒※)でプロミスから借入ができます

契約完了すればそのまま銀行振込(最短10秒)でプロミスから借入が簡単にできます


目次に戻る↑

初めて借りる人は、無利息サービスのメリットがある

無利息サービスとは、主に大手消費者金融が提供する初めての方に適用される利息0円で借入可能な期間限定サービス。

無利息サービスは、利息が軽減しやすい点が大きなメリット。

レイクは無利息期間が長く、最大30日の期間のほか、最大60日間と180日間の2つの無利息期間から利用者が選べるシステムを導入。

初めての借入で利息を抑えて、長い期間で返済可能なカードローンです。

他の大手消費者金融のアコム・プロミス・アイフルの3社は、初めての契約の翌日から最大30日間の無利息期間が利用できます。

無利息や無利子でお金を借りる方法については、こちらのページの解説も参考になります↓

参考 ・無利子でお金を借りる方法について

学生におすすめの消費者ローンは?

学生の方にとって、ローンを利用するときの金融機関選びは難しい問題です。

消費者金融は手軽に借入ができますが、どの金融機関を選べば良いのか迷うことでしょう。

そこで、学生の方でも借入可能な消費者金融の【2024年4月最新】おすすめランキングを参考にしてみてください。

学生におすすめの消費者金融を見つけられます。

審査スピード、金利、安心感などを基準に選ばれた消費者金融の中から、学生に最適な金融機関をピックアップしました。

さらに、実際に利用した学生の体験談も掲載しています。これを参考に、自分に合った消費者金融を見つけてみてください。

大手消費者金融は、学生でも安心して利用できる金融機関です。

信頼性、審査スピード、サービス内容など、学生が消費者金融を選ぶ際のポイントを押さえて、最適な選択をしましょう。

カードローンにデメリットはないのか?

カードローンでお金を借りるときの注意点があります。では、消費者金融を利用する際の注意点をまとめて解説します。

「消費者ローンで借りたら終わり」という噂はほんと?

当編集部の独自調査では、「消費者金融で借りたら終わり」という噂をネット上で見かけることがあります。

消費者金融のようなカードローンでお金を借りるとやばい?と考えている方もおられます。

しかし、このページで紹介している消費者金融や日本貸金業協会に登録している貸金業者は、出資法や貸金業法等を遵守し、違法な取り立てもなく安心して利用できる貸金業者です。

借りること自体が、終わりとかやばいとかいうことはありません。

しかし、必要以上に借りすぎると返済が困難になるため、借りる前に返済計画を立て、借入金額は必要最小限にしてください。

大手消費者金融やその他の金融機関のローン金利比較

当編集部が消費者金融の金利を独自調査した結果は次のとおり。

消費者金会社 金利年率
アコム    3.0%~18.0%
アイフル    3.0%~18.0%
プロミス    4.5%~17.8%
SMBCモビット    3.0%~18.0%
レイク    4.5%~18.0%

融資審査時間が早い大手5社の消費者金融の上限金利年率は、「17.8%~18.0%」となり大きな差はないといえるでしょう。

消費者金融と銀行のカードローンの違いと金利比較

消費者金融と銀行のカードローン、その違いを理解することは、自分のニーズに最適な金融サービスを選ぶために重要です。

消費者金融は、審査スピードの速さが魅力。一方、銀行のカードローンは低金利が特徴です。しかし、それぞれにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

銀行と消費者金融のカードローンの違いについては以下のとおりです。

比較項目 銀行 大手消費者金融
遵守する法律  銀行法他   貸金業法他
即日融資    ✕    〇
全国対応    △    〇
金利年率 上限14%台 上限7%台~18%台

「大手消費者金融5社や中小消費者金融」と「銀行カードローン」の上限金利を比較すると、銀行カードローンの方が低金利になっています。

一方、同じ消費者金融でも信販系の会社は、上限金利が14%以下のサービスがあり、銀行カードローンよりさらに低金利で借入できます。

また、銀行の場合、メガバンクのカードローンは、全国の資金需要者を対象としています。一方都市銀行や地方銀行では、利用できる範囲が地域性によって限定されている場合があります。

消費者金融の審査は速いものの、金利が高め。一方、銀行のカードローンは金利が低い反面、審査に時間がかかることがあります。そして、どちらを選ぶべきかは、あなたの個々の状況とニーズによります。

急な出費が必要で、すぐにお金が必要な場合、消費者金融のスピーディな審査が有利に働くかもしれません。一方、長期的な借入を考えている場合、銀行のカードローンの低金利が有利に働くでしょう。

あなたのライフスタイルとニーズに合った選択をすることが大切です。

クレジットカードのキャッシングと比較した場合について

クレジットカードのキャッシング機能も、お金を借りるときに利用されており需要が大きいサービスです。

キャッシングとカードローン共通のメリット

キャッシングとカードローンの2つに共通するメリットを考えると、最初に申し上げた通り「突発的に現金が必要になった時でも簡単に現金を用立てられる」という点です。

全国にあるコンビニのATMや銀行の自動支払い預け機ゆうちょ銀行などでさっと現金を引き出せます。

このメリットはキャッシングとカードローンを使う意味では、一番重要な点といえます。

キャッシングでの「一括払い」の意味とメリットキャッシングの「一括払い」というのは

「●月●日に一括で必ず払う約束をする」というものではありません。

この意味は「契約者の都合でいつでも一括で返すことが簡単できます」と言った意味です。

たとえばVISAカードでの「分割払い」で支払っているものを、途中で「残金全て一括で払いたい」場合、

ヘルプデスクに電話をすれば、金利計算を計算しなおして(もちろん金利は減る方向です)そのように対応してくれます。
※ただ、「電話すれば」のように、ある程度手間はかかりますが。。

一括で支払う方法に変更した場合は、カードローン会社のATMや振込方法など限られた方法になる可能性が高いです。

一括であろうがなんであろうが、借りているお金は早くすべて返済できたほうが金利に対しての利息支払いがが少なくて済むわけですので、

この方法があるというのはとてもありがたいことです。

この辺りは分割払いと同じ考え方です。

毎月1回は最低限の金額(つまり分割払い並みの返済金額)を支払うことで、毎月1回はキャッシング会社に元金とともに金利の利息分を払ってあげるわけです。

じゃあカードローンで「一括払い」は出来ないの?また、カードローンの場合も、分割払いにしたからと言って

一括で返済したいときに出来ないのか?というと必ずしもそうではありません。

キャッシングとカードローンの共通のデメリット

キャッシングもカードローンも手軽にお金が借りられるので、ついつい借りる使用頻度が高くなる可能性があります。

使い過ぎると金利分の利息を多く払わなければいけない、ということですから、

計画的な生活設計を立てて適切に利用することを心がけましょう。

キャッシングとカードローンどちらがお得?

この時点では、「キャッシングとカードローンと、どちらが得か?」とかの区別はあまり深く考えることはないかと思います。

但し、キャッシング→クレカカードローン→銀行・貸金業者(消費者金融)と考えると、現時点ではカードローンの方がお金を借りる上でのお得なサービスが充実している!ということがいえるでしょう。

特に、初回限定一定期間無利息0円でお金を借りることができるサービスはかなりお得なメリットになっています。

それらについてはこちらのページに詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

・アコムの申込や金利について
・プロミスの申込や金利について
・アイフルの申込や金利について
・レイクの申込や金利について
・SMBCモビットの申込や金利について

キャッシングについての」詳しい解説は、こちらのページも参考にしてみてください。↓

参考 ・即日キャッシングができるおすすめの会社ランキング調査

お金を借りるための知恵袋|いろいろな角度からみたローンの選び方

最後に、このページで紹介した大手消費者金融や中小消費者金融を選ぶポイントの秘訣をすべてまとめてみました。

また、消費者金融以外でお金を借りる方法もあるので、参考にしてみてください。

大手消費者金融は、即日融資も断トツに早い

大手消費者金融のプロミスでは、融資スピードが最短3分融資となっており借入需要が急に生じた際に非常に有用です。

※アイフルなら最短18分融資が可能。

そのスピード感は他の金融機関が比べ物にならないほどで、申し込みから数時間以内には貸付金が口座に入ることも珍しくありません。

これは、大手消費者金融が専用の審査システムを持ち、スムーズな審染プロセスを提供しているからです。

また、ネット申し込みから審査、融資までの一連の流れを完全にオンライン化しているため、いつでもどこでも手続きが可能です。

さらに、大手消費者金融は信頼性が高く、安心して利用することができます。

しかし、最短で融資を受けるためには、信用情報が良好であることや、定職に就いていることなど、一定の条件が必要です。

当サイトには、即日融資可能なカードローンの審査スピードの比較やメリット・デメリットについて詳しく解説しているページがあるのでので、参考にしてみてください。↓

参考 ・カードローンで即日融資ができるおすすめ5社ランキング【2024年4月徹底比較】最短3分で借入できる

初めて借りる人は、無利息サービスのメリットがある

初めての消費者金融利用者にとって、無利息サービスは大きなメリットとなります。このサービスは、初回借入時に限り、一定期間金利が発生しない特典です。

たとえば、30日間無利息だと、その期間内に返済すれば利息は発生しません。これは初めての利用者にとって、金利負担を抑える絶好のチャンスです。

ただし、無利息期間が過ぎると通常の金利が適用されるため、返済計画はしっかりと立てることが重要です。

また、無利息サービスを提供している消費者金融は全てではなく、対象となる金融機関を事前にチェックしておくことも必要です。

このページのランキングでは、無利息サービスを提供している消費者金融を比較しています。

審査スピード、口コミ評価と合わせて、あなたに最適な消費者金融を見つける一助となれば幸いです。

参考 ・大手消費者金融のおすすめポイントは利用条件をチェック

消費者金融の融資審査に関するまとめ

消費者金融を利用するために、新規貸付率を見ることは消費者金融選びにおいて重要なポイントの一つです。

新規成約率は融資審査通過のための重要な指標となります。

消費者金融のIR情報で発表されている「新規成約率」や「新規貸付率」が高ければ、審査通過者が多いため融資がスムーズに受けられます。

全体の新規貸付率が高く、審査ののスピードも早ければ、申し込みから融資までの時間も短いので、急いで借りたい方にとってはおすすめの消費者金融といえるでしょう。

ただし、個人向け無担保ローンの審査は一般的に数時間から1日程度で結果がわかりますが、申し込み者の経済状況や信用情報により異なります。

さらに、新規成約率と合わせて、初めての借入れに対する対応が丁寧で、安心して利用できる評価が高い消費者金融が選ぶポイントです。

また、消費者金融選びの際は、借り入れ金利や返済プランも重要な要素です。これらの要素も考慮に入れて、自分に合った消費者金融を選びましょう。

2024年4月最新のランキングでは、審査スピードと体験談が消費者金融選びの決め手となっています。その他、消費者金融を選ぶ際には、口コミや体験談を参考にすると良いでしょう。

これらの情報は実際のサービス体験を反映しており、安心して利用できる消費者金融を見つける手助けとなります。審査スピードと体験談を比較することで、自分に最適な消費者金融を選びましょう。

金利が低い貸金業者に借り換えもできる

金利が低い貸金業者に借り換えることは、あなたの返済負担を軽減する有効な手段となります。

消費者金融や銀行では、借り換えのために「おまとめローン」と呼ばれるサービスも提供しています。

また、消費者金融の中には、他社からの借り換えを奨励しているところもあります。

借り換えのメリットは、次のとおり。

金利が低くなる場合がある
月々の返済額が下がる場合がある
利息の総額が軽減する場合がある、

借り換えローンやおまとめローンは、最終的には再審査に通らないと利用できません。返済の負担が大きくなってしまい、困っている方は、専門の窓口で相談してください。

参考 ・よくある質問【返済でお困りの場合】|日本貸金業協会

このページでは、2024年4月最新の消費者金融のおすすめランキングを基に、金利が低く、審査スピードが早い貸金業者を紹介しています。

それぞれの業者には、実際に借り換えを経験した人々の体験談も掲載しています。

これらの情報を参考に、あなたに最適な借り換え先を見つける手助けにしてください。

金利や審査スピードだけでなく、サービスの品質や信頼性も重要です。あなたの経済状況をより良くするために、最適な借り換え先を選びましょう。

上手にお金を借りる方法「カードローン以外」

借金を上手にするには、カードローン以外の選択肢も考慮することが重要です。

まず、信用金庫や労働者金庫などの地方金融機関を利用することで、低金利での借入が可能になる場合があります。

カードローンでお金を借りるメリットの1つに「借入資金を自由に使える」サービスがあります。

借りたお金はショッピング・冠婚葬祭・飲食や旅行等どんな用途にも使うことができます。

これらは借りるお金の利用目的が決まっています。

他の用途には利用できませんが、代わりに「金利が低い」というメリットがあります。

「使途目的が決められているローン」もあります。例えば福岡銀行では次のような目的別ローンを扱っています。

  • マイカーローン 金利年率2.8%~3.3%
  • 学資ローン 金利年率2.7%~3.3%
  • リフォームローン 金利年率2.5%
  • ブライダルローン 金利年率6.0%
  • カメラローン 金利年率6.0%
  • メディカルローン 金利年率6.0%
  • 引用元:福岡銀行公式サイト

    このように、地方銀行・信用金庫等では地域との密着性を考えたローンもあります。その他、一般的な目的別ローンには次のようなサービスがあります。

    このように借りるお金の利用目的が決まっているなら、銀行や信金等の金利の低い目的別ローンに当てはまるサービスを選んで申込をするのが上手にお金を借りる方法です。

    参考 ・お金を借りる方法40選|ローンの種類を学ぼう

    ただし、これらの方法は審査に時間がかかることが欠点です。時間をかけずにお金を借りたい場合は、消費者金融がおすすめです。

    審査スピードが早く、申し込み後は最短20分融資が可能な場合が多いです。私たちがおすすめする消費者金融のランキングをチェックして、自分に最適な金融機関を見つけてください。また、実際の体験談も参考にして、借入の判断をすると良いでしょう。

    ※金融機関からの融資は計画的に・・・貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

    よくある質問と回答

    質問1 消費者金融を選ぶとき確認したいおすすめポイントは?

    回答 

    消費者金融を選ぶ際には、5つのポイントを確認しましょう。1つめは、急ぎでお金が必要な人にとっては、土日・祝日に限らずできるだけ早く審査結果がわかり、短時間で借入できるかどうかが重要。

    2つめは、申込のしやすさです。必要な書類数や消費者金融によって違いがあります。WEB完結がある消費差金融は、24時間ネットからスマホだけ使って申込が完了します。ネットが苦手な方は、近くにローン契約機がある消費者金融がおすすめ。

    3つめは、消費者金融によって、一定期間利息が0円になる無利息サービスがある会社がおすすめ。4つめは、消費者金融は上限金利が定められています。上限金利が高いほど利息が大きくなるため、上限金利が低い消費者金融を選ぶとよいでしょう。

    5つめは、消費者金融の借入・返済のコストが安い会社を選ぶことです。条件によってATM利用手数料が無料になる会社があります。各消費者金融のおすすめポイント一覧でさらに詳しく解説しています。→※消費者金融おすすめランキングはこちら

    質問2 消費者金融の最低返済金額と返済に含まれる利息の計算のしかたは?

    回答 

    大手消費者金融の最低返済金額は、借入利用残高によって変わってきます。借入残高が2万円までなら最低月1,000円と、小さな負担で借入できる会社がいくつかあります。毎月の返済金額には元本と利息が含まれます。金利年18%で2万円を30日間借入した利息の計算は、2万円×18%×30日÷365日=約295円 となり、返済金額1,000円のうち、元本が705円・利息は295円となります。

    次の返済時には返済した元本の705円を引いた、19,295円が借入残高となり、利息計算されます。

    質問3 消費者金融を利用するとき注意することは?

    回答 

    消費者金融を利用する際には、次の点に注意しましょう。1、借入金額や返済額を無理のない範囲に抑える 2、返済遅延がないように注意する 3、利用目的を明確にする。消費者金融は、便利なサービスですが、利用のしかたを間違えると大きな負債を抱えてしまい、自己破産のリスクがあります。慎重に利用するようにしましょう。

    ▲消費者金融5社一覧に戻る↑

    参考資料:消費者金融で借りれるカードローン会社の申し込み者数上位7社ランキング統計(~2024年4月1日 6:10 現在)

    1 アイフル 157人 6 SMBCモビット 14人
    2 プロミス 72人 7 オリックスVIPカードローン 1人
    3 セゾンカード 66人    
    4 アコム 37人    
    5 JCBフェイス 28人    

    参照元:(https://www.ncxx.co.jp/money/borrow-money-temporarily/)

    ▲消費者金融5社一覧に戻る↑

    お金を借りる際は、契約内容を確認し収入と支出のバランスを考え返済計画を立て無理のないように。

    ●ローンに関する相談窓口

    日本貸金業協会 TEL0570-051-051 AM9:00~PM5:00 土・日・祝・年末年始休

    全国銀行協会 TEL0570-017-003 AM9:00~PM5:00 月~金曜日

    ●執筆・監修者 y・h|元銀行員
    記事執筆者・監修者のy・h様|元銀行員
    安全な消費者金融で人気が高いおすすめの会社をわかりやすく執筆。元銀行員で9年勤務しお金を借りる様々な知識を習得。自身もお金を借りた経験を有する。窓口対応した相談件数は約200件以上。親身に相談を聞いて解決してきました。銀行での経験や幅広い知識を記事執筆・監修に役立てることができ嬉しく思っています。貸金業務取扱主任者

    ●監修者 加藤明久
    2016年から融資を必要とする資金需要者に必要な情報提供を実現するため、金融機関へローンに関する調査・取材をおこない、実際の審査・借入・返済の仕組みの把握に努める。貸金業法等の法律を遵守する貸金業務取扱主任者およびファイナンシャル・プラン二ング技能士(FP)の資格を取得。日本貸金業協会から国に登録し、貸金業市場調査の情報収集活動に参加。これらの知識を生かし、「お金の窓口」のWEBコンテンツの監修をおこなうとともに、お金の窓口相談窓口として多くの相談者の方にアドバイスを提供。

    ※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。
    ※金融機関により異なります。



    タイトルとURLをコピーしました