フロントエンジニアはオワコン?やめとけって本当?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、フロントエンドエンジニアの現状と将来性を紹介しています。

最後まで読むことで、バックエンドエンジニアとの違いについても知ることができるでしょう。

将来性に対する不安を気にせずフロントエンドエンジニアに就職するためにも、あらかじめ理解を深めておきましょう。

この記事の監修および編集協力者
エンジニア・クリエイター専門

レバテックキャリア
レバテックキャリア」は、ITエンジニアやデザイナーの転職のサポートを完全無料でおこなってくれるエージェントです。(フリーランスでもOK)

利用することで履歴書や職務経歴書などの書類添削や面接対策をしてくれます。またLINEで連絡が取れるので忙しい方でも働きながら転職活動がおこなえます。

さらにIT/WEB業界未経験でもOKな求人も一部掲載されています。年収診断
年収診断も無料で使えますので、あなたが現時点でどこまでの年収をもらえるのかなどの市場価値を把握することができます。
  • フリーランスや派遣でもOK
  • 初回の求人紹介で内定率90%
  • LINEでのやりとりが可能

30秒で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://career.levtech.jp/

求人数21,974件(10月)
リモートワーク12,363件(10月)

フロントエンドエンジニアがオワコンと言われる理由

フロントエンドエンジニアがオワコンと言われる理由

フロントエンドエンジニアがオワコンだと言われる主な理由は、次の4つです。

  1. 自動コーディングが普及している
  2. 高度なスキルを求められる
  3. 毎日激務に追われるから
  4. 企業によっては給与が割に合わない

自動コーディングが普及している

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を活用してコーディングを行います。

従来であればコーディング作業はフロントエンドエンジニアが行う仕事ですが、近年の自動コーディングの普及によって需要に不安が隠せません。

自動コーディングが一般化してしまうと、フロントエンドエンジニアの必要性は必然的に下がります。

そのため、フロントエンドエンジニアがオワコンだと言われているのです。

高度なスキルを求められる

フロントエンドエンジニアは、プログラミングスキルのみならずシステム関連の知識やスキル、AI、最新技術の知識、Webデザインなどあらゆるスキルを高いレベルで求められます。

そのため、フロントエンドエンジニアを目指す多くの人が挫折してしまいます。

スキルを習得できればあらゆるIT業界における職業でも活用できますが、ゴールまでの道のりが険しいのです。

毎日激務に追われるから

フロントエンドエンジニアは、毎日膨大な仕事量をこなさなければいけません。

納品期日が近づくと、休日出勤や残業が当たり前になってしまい、休む間もなく仕事漬けの毎日を送らなければいけないのです。

職業によっては激務に追われることのない業界や職種もあるため、フロントエンドエンジニアは働き方に対する課題が目立ちます。

現代の働き方から比較すると、フロントエンドエンジニアはオワコンだと言われる労働環境を強いられるのでしょう。

企業によっては給与が割に合わない

休日出勤や残業が当たり前の環境で仕事をしなければいけないフロントエンドエンジニアは、勤め先企業によって給与が割に合わない会社もあります。

フロントエンドエンジニアはIT業界の中でも比較的平均年収が高い職種ではありますが、実際のところ給与への労働対価が低いことが多いです。

そのため、働いていても達成感を感じられにくくなるフロントエンドエンジニアも多く、やめてしまう原因にもなります。

今後フロントエンドエンジニアへの労働対価が順当なレベルに達することは考えられますが、まだまだ現段階では労働環境と給与とのバランスが合っていない状態です。

フロントエンドエンジニアが将来的にオワコンになる可能性は低い

フロントエンドエンジニアが将来的にオワコンになる可能性は低い

現状、フロントエンドエンジニアが将来的にオワコン状態になる可能性は低いと考えられています。

フロントエンドエンジニア業界が将来的にオワコン状態になる可能性が低い理由は、次の通りです。

フロントエンドエンジニアなどのIT業界市場は飽和状態

現状、フロントエンドエンジニアを含めさまざまなIT業界における職種市場は飽和状態です。

多くの企業からの需要がますます拡大しているなかで、フロントエンドエンジニアなどの職種は深刻な人手不足を抱えています。

そのため、人手不足が原因で需要に対する供給の割合が合っていません。

深刻な人手不足の裏側には、休日出勤や残業などの働き方、給与が大きく影響しています。

しかし今後は働き方などが改善され、フロントエンドエンジニアをはじめとするIT業界における職種の人手が増えていくことが考えられます。

フロントエンジニアに転職するなら「レバテックキャリア」

レバテックキャリアを利用するメリットは以下の通りです。

レバテックキャリアのメリット詳細
マッチング転職サービスは、あなたのスキルセット、経験、希望するキャリアパスなどの情報に基づいて、適切な求人を提案してくれます。これにより、自分にマッチする仕事を探しやすくなります。
ネットワーク転職サービスは多くの企業とつながっており、一般に公開されていない求人情報も提供できる場合があります。これにより、より広範な選択肢から仕事を選べます。
キャリアコンサルティング専門的な転職サービスでは、キャリアコンサルタントがキャリアのアドバイスや面接のコーチングを提供してくれる場合があります。これにより、キャリアの目標を明確にし、成功する可能性を高めることができます。
転職の手間を省く転職サービスは求人情報の検索、応募書類の準備、面接のスケジューリングなど、転職プロセスの多くの面倒な部分を手助けしてくれます。

レバテックキャリア|すぐに内定もらいたい人必見!!


レバテックキャリア
リンク先:https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア」は、ITエンジニアやデザイナーの転職のサポートを完全無料でおこなってくれるエージェントです。(レバテックキャリアは正社員求人がメインでレバテックフリーランスはフリーランス案件がメイン)

利用することで履歴書や職務経歴書などの書類添削や面接対策をしてくれます。またLINEで連絡が取れるので忙しい方でも働きながら転職活動がおこなえます。

年収診断
年収診断も無料で使えますので、あなたが現時点でどこまでの年収をもらえるのかなどの市場価値を把握することができます。
案件数21,874件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)12,363件(2023年12月)
最大の特徴ITエンジニア/デザイナー向け
  • フリーランスや派遣でもOK
  • 初回の求人紹介で内定率90%
  • LINEでのやりとりが可能

30秒で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://career.levtech.jp/

入社前に企業の内情がわかる
情報収集目的での登録もOK

フロントエンジニアのフリーランスになるならエージェントがおすすめ!

フロントエンジニアのフリーランスになるなら以下の3つのエージェントがおすすめです。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

フロントエンドエンジニアがつらい理由

フロントエンドエンジニアがつらいあるいはやめとけと言われる主な理由は、次の5つです。

  1. あらゆる高度なスキルが必要だから
  2. 最先端技術への変化が激しい
  3. コーディング作業が地味で面倒
  4. Webデザインの作業を任されることがある
  5. 激務に追われる

あらゆる高度なスキルが必要だから

フロントエンドエンジニアの仕事では、フロントエンドのWebページやアプリケーションのシステム設計および構築や開発のために、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を活用します。

また、コーディングスキルやCMS構築、UI/UX設計などのスキルも必要であり、それぞれのスキルが高いレベルで要求されます。

そのため、あらゆるスキルを習得しなければいけないことから、フロントエンドエンジニアがつらいと感じてしまうのです。

最先端技術への変化が激しい

もしあなたがあらゆる最先端技術に対する興味や関心がないなら、フロントエンドエンジニアに就職してもつらいと感じるでしょう。

理由は、フロントエンドエンジニアはさまざまな最先端技術を取り入れる必要があるからです。

最先端技術は常に変化し続けるため、日頃からあらゆる物事に対してアンテナを張っていなければいけません。

そのため、フロントエンジニアは常に変化し続ける最先端技術に対するアンテナを常に張っていなければいけないことから、つらいと感じてしまうのです。

コーディング作業が地味で面倒

終わりが見えない地味な作業は、誰もが面倒でつらいと感じます。

フロントエンドエンジニアの仕事のなかには、プログラミングを駆使したコーディング作業があります。

コーディング作業は、まるで出口のないトンネルをずっと走り続けているような気分になってしまうとても地味な作業なのです。

コーディング作業が地味で面倒であることが原因で、フロントエンドエンジニアがつらいと感じている人は多いのが現状です。

Webデザインの作業を任されることがある

フロントエンドエンジニアは、コーディング作業やシステム開発以外に、Webデザインの仕事を任されることもあります。

Webデザインの仕事は本来Webデザイナーがやらなければいけない仕事ですが、Webデザイナーの人手不足や人件費削減、また企業による事情でフロントエンドエンジニアがWebデザインを担当しなければいけないこともあるのです。

Webデザインの仕事を任されるとフロントエンドエンジニアがやらなければいけない仕事が増えてしまうため、つらいと感じてしまいます。

激務に追われる

クライアント企業に対するヒアリングからシステムの開発、コーディング作業、Webデザインなど膨大な仕事を遂行しなければいけないフロントエンドエンジニアは、激務に追われてしまう毎日を過ごすことになります。

発注されたクライアント企業の案件によっては納品期日が近いものもあるため、必然的に休日出勤や残業を余儀なくされることもあるのです。

休みたいときに休めないのが、フロントエンドエンジニアがつらいと感じる一番の原因でもあります。

フロントエンドエンジニアが挫折しやすい理由

フロントエンドエンジニアが挫折しやすい理由

フロントエンドエンジニアが挫折しやすい理由は、次の3つです。

  1. プログラミングスキルを習得するのが難しい
  2. 納品期日まで追われる
  3. 人によって合わない

プログラミングスキルを習得するのが難しい

フロントエンドエンジニアの仕事では、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を活用するため、スキルや資格の習得は必須です。

しかしHTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語は、簡単に習得できるものではありません。

プログラミング未経験の人が習得するには、とても多くの時間を必要とします。

そのため、フロントエンドエンジニアは挫折しやすいと言われるのです。

納品期日まで追われる

フロントエンドエンジニアの仕事で作成したWebページなどの成果物は、最終的にクライアント企業へと納品します。

フロントエンドエンジニアの仕事をする際に精神的な追い込みをかけてくるのは、納品期日です。

納品期日に追われてしまうと、休日出勤や残業を余儀なくされることも稀ではありません。

フロントエンドエンジニアが常に案件に対する納品期日に追われる仕事であることが原因で、挫折する人は多いです。

フロントエンドエンジニアを目指すのであれば、あらかじめマルチタスクのスキルを身につけておくと良いでしょう。

人によって合わない

根本的に、フロントエンドエンジニアの仕事が合わないことが原因で挫折する人もいます。

フロントエンドエンジニアは高いIT知識やスキルが要求されるため、プログラミングを使う仕事が得意でもIT業界に関する知識やスキルを活かすのが苦手な人にはつらいです。

また、フロントエンドエンジニアは常に最新技術の情報を吸収しなければいけないため、流行りに対して関心が少ないと仕事にも影響します。

誰にでも得意不得意があるように、フロントエンドエンジニアにも合う合わないがあります。

あなたがフロントエンドエンジニアになってから「合わない」ことが理由で挫折しないためにも、あらかじめ適正診断をしてみるのがおすすめです。

フロントエンドエンジニアをやりたくないと感じた時の対処法

フロントエンドエンジニアをやりたくないと感じた時の対処法

フロントエンドエンジニアの仕事をやりたくないと感じたら、次の3つの対処方法を実践しましょう。

  1. 最新技術や情報に触れよう
  2. 将来の目標や目的を明確にしよう
  3. できない仕事は思い切って断ろう

仕事がつらくて身体的あるいは精神的に病んでしまわないよう、事前に理解しておくと良いです。

最新技術や情報に触れよう

フロントエンドエンジニアは、常に流行りの情報を吸収しなければいけません。

そのためには、最新技術や情報に対して積極的に触れる必要があります。

フロントエンドエンジニアをやりたくないと感じているなら、原因はインプット不足によるマンネリ化が考えられます。

インプットした技術や情報をアウトプットしてマンネリ化を防ぐためにも、積極的に吸収するよう取り組んでみましょう。

将来の目標や目的を明確にしよう

あなたがフロントエンドエンジニアの仕事を通して、将来的にどのような姿になりたいかを思い浮かべることがとても大切です。

もしフロントエンドエンジニアをやりたくないと感じているなら、一度将来の目標や目的を客観的に見つめ直してみましょう。

そうすれば、あなたがフロントエンドエンジニアの仕事を通してどのような価値を見出さなければいけないかが明確になります。

できない仕事は思い切って断ろう

任された仕事を全て請け負ってしまうと、精神的につらくなり、最終的にやめたくなる原因になります。

そのため、任されたあらゆる仕事をすべて請け負うのではなく、できない仕事は思い切って断ることも大切です。

あなたの精神的な負担を少しでも抑えるために、まずは客観的にあなたがどれくらいの仕事を請け負えるのかを理解しておきましょう。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアの平均年収は低い?

フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料」を確認すると、フロントエンドエンジニアの平均年収の相場は、2023年2月7日時点で352万円から996万円です。

フロントエンドエンジニアの年収の相場は、実際には就職する企業によって受け取る給与は異なります。

そのため、就職した企業によっては年収が相場よりも下回ることもあれば、上回ることも考えられるのです。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、フロントエンドエンジニアにおける平均年収および給料は、455万円とされています。

フロントエンドエンジニアに対する将来性

現状、フロントエンドエンジニア市場は人手不足によって飽和状態です。

働き方などが原因でフロントエンドエンジニアの人手不足が深刻化していますが、将来性に対する不安は少ないです。

フロントエンドエンジニアに対する将来性について、解説します。

  1. フロントエンドエンジニアの需要は拡大していく
  2. バックエンドエンジニアは不要?

フロントエンドエンジニアの需要は拡大していく

結論から言うと、フロントエンドエンジニアの需要は今後ますます拡大していくと考えられます。

Webページやインターネット上のブラウザ表示、システムの構築やカスタマイズは主にフロントエンドエンジニアの仕事です。

万が一フロントエンドエンジニアがいなければ、ユーザーが直接触れるインターネット上のアプリケーションを開発できません。

現代ビジネスにおいてインターネットやネットワークは必須なので、今後フロントエンドエンジニアの需要が下がることは考えにくいです。

バックエンドエンジニアは不要?

ユーザーが直接触れる部分をカスタマイズするフロントエンドエンジニアに対し、サーバーやデータベース、システム内部の構築および設計を行うバックエンドエンジニアもあります。

バックエンドエンジニアがいなければ、ネットワークにおけるサーバーの管理や保守、データベースの管理などユーザーが直接触れない土台となる部分が運用できなくなります。

そのため、バックエンドエンジニアの需要もフロントエンドエンジニアと同様、今後は拡大していくことが考えられます。

フロントエンドエンジニアに必要なWebデザインなどのプログラミングスキルは、ドットインストールなどの学習サイトがおすすめです。

対してバックエンドエンジニアに必要なサーバーに関するスキルは、DIVE INTO CODEなどのプログラミングスクールを活用するのが良いでしょう。

まとめ

フロントエンドエンジニアの将来性に対する不安から、世間の一部ではオワコンだと言われています。

しかしフロントエンドエンジニア市場は飽和状態で、今後は人手不足解消のために働き方の改善が見込めます。

将来的にフロントエンドエンジニアの需要はますます拡大していくと予想されるため、これから目指すのも遅くはないでしょう。

まずは、あなたがフロントエンドエンジニアに向いているか適正診断をすることが重要です。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。