インフラエンジニアとネットワークエンジニアの違いは?

インフラエンジニアとネットワークエンジニアの違いは?
この記事の監修および編集協力者

IT系の職業のなかで、インフラエンジニアとネットワークエンジニアは似てる?違うところはあるの?

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアならどっちがおすすめ?

私たちの生活に欠かせない水や電気、ガス、ネットワークなどの管理をおこなうのが、インフラエンジニアの仕事です。

ネットワークエンジニアはインフラエンジニアの一種で、ネットワークに関する業務をメインにおこないます。

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアは、システムエンジニアのような開発をおこなうわけではなく、運用や保守がメインとなる似ている業務内容のため、上記のような疑問を抱えている人もいるでしょう。

そこで、この記事ではネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違いについて、細かく区分して説明します。

結論をまず述べると、ネットワークエンジニアは基本的にネットワークについての仕事を担当し、インフラエンジニアはネットワークエンジニア以外の仕事も担当します。

どちらになるべきか迷っている方は、この記事を参考にしてください。

監修者からひとこと
結論として、インフラエンジニアは情報システム全体を保守・運用することを担当する職業であり、ネットワークエンジニアはネットワークインフラを構築・管理することを担当する職業です。
高い単価の案件のネットワークエンジニア案件を探すなら「レバテックフリーランス」がおすすめです。

レバテックフリーランスは、フリーランスとフリーランスを採用したい企業の仲介をおこなっている人材サービスです。
レバテックのCTAレバテックフリーランス」は、登録者数No.1のフリーランスエージェントで、その登録者の平均年収が862万円と脅威の数字を誇っています。

登録者が多いのにもかかわらず、平均年収が高いということはそれだけ『1つの案件に対する単価が高い』ということです。

またシステムエンジニアの求人・案件を業界トップクラスで保有しています。

ネットワークエンジニアのレバテックフリーランス

※更新日:2023年2月


在宅・リモートで働けるネットワークエンジニア案件を探したいならレバテック一択と言えるでしょう。登録はもちろん無料ですし、案件を見るだけの登録でもOKです!
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

他のエージェントも見る
右横にスライドで詳細確認できます。
通常、2〜3社登録することでより多くの案件を探せます(複数登録OK)
エージェントRANK支払いサイトおすすめの人/特徴公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
15日スキルが高いエンジニアにおすすめ!!(未経験NG)
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No,1・登録者の平均年収は862万円
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
https://mid-works.com/
案件数:約7,300
3位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
4位.クラウドテック
クラウドテック
15日・リモート案件多数
・クラウドワークスが運営
・会員数10万人以上
https://crowdtech.jp/
案件数:非公開
5位.フリーランススタート
フリーランススタート
・エンジニア向けのIndeed
・自力で案件を探したい人向け
・あらゆる案件が見つかりやすい
https://freelance-start.com/
案件数:約480,000
6位.テックビスフリーランス
テックビズフリーランス
20日・税務代行が無料対応!!
・案件継続率97%超
・業務時間後や土日でも相談対応OK
https://freelance.techbiz.co.jp/
案件数:約30,000
7位.フォスターフリーランス
フォスターフリーランス
30日・最短3日で就業!!即開始案件多数!!
・freee年間利用料キャッシュバック対象あり
・最高報酬が230万円と高単価案件あり
https://freelance.fosternet.jp/
案件数:約2,500
8位.テクフリ
テクフリ
30日・スキルシート提出&面談で3,000円のギフト券!!
・企業との面談で5,000円のアマギフ!!
・2023年1月稼働開始で10,000円の現金!!
https://freelance.techcareer.jp/
案件数:約12,000
9位.IT求人ナビ
IT求人ナビ
30日・新卒でも利用できる!!
・エンジニア「超」第一主義
・未経験、転職でも登録OK
https://it-kyujin.jp/
案件数:掲載なし
10位.PE-BANK
PE-BANK
40日・青色申告をフルサポート
・報酬が翌月5営業日になる早払いサービスあり
・エンジニアの紹介で100,000円の奨励金
https://pe-bank.jp/
案件数:50,000
11位.エンジニアスタイル
エンジニアスタイル東京
・案件応募でAmazonギフト券最大10万円プレゼント!!
・リモートや在宅の案件が豊富
・応募は1クリックで連絡を待つのみ
https://engineer-style.jp/
案件数:約190,000

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違いを比較

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違いを比較

インフラエンジニアとネットワークエンジニアは、IT業界においてそれぞれ異なる役割を持つ職種です。

インフラエンジニアは、情報システムの構築から保守・運用までの一連の作業を担当する職業です。サーバーやストレージなどのハードウェア設備、ネットワークインフラ、データベースなどを管理することが主な仕事です。

一方、ネットワークエンジニアは、コンピューターや通信関連の装置などを統合して、情報を伝送するインフラを構築・管理する仕事を担当する職業です。

ルーターやスイッチなどのネットワーク装置や、LAN、WANなどのネットワーク構築などが主な仕事内容です。

\ 今すぐおすすめエージェントを見る /

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」の職務内容の違い

インフラエンジニアとは、サーバやデータサービス、セキュリティなどITの基盤となる部分の開発を担当するエンジニアであり、たずさわる業務範囲は幅広く、おもにサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの2種類に区別されることが多いです。

一方、ネットワークエンジニアはインフラエンジニアの一種であり、以下のようなネットワークに関する業務をメインにおこないます。

  1. ネットワークの設計
  2. ネットワークの構築
  3. ネットワークの運用
  4. ネットワークの保守
  5. ネットワークの監視

業務内容はほぼ同じであり、派遣やフリーランスなどのばらばらな雇用形態だとしても、総合的に働くほうがインフラエンジニア、ネットワークに限定した仕事が多いのがネットワークエンジニアと考えるとよいです。

こつこつと真面目に学習ができ、幅広く働くことができる人であれば、インフラエンジニアとネットワークエンジニアのどちらでも働くことができます。

\ 今すぐおすすめエージェントを見る /

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」の年収・給与の違い

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」の年収・給与の違い

求人ボックスによると、インフラエンジニアの平均年収は535万円であり、dodaによるとネットワークエンジニアの年収は448万円です。

インフラエンジニアのほうが年収が約100万円も高いですが、業務内容や会社の規模によって給料の幅は異なります

年収に差が出てしまうのは、インフラエンジニアのほうが業務内容が幅広く、難しい作業も多いからです。

しかし、近年はクラウドサービスやIoTなど限定された業務内容も増えてきており、インフラエンジニアのような総合的な職業よりもネットワークエンジニアのような専門性のある職業の需要が高くなっています。

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」のスキルセットの違い

ネットワークエンジニアは、ネットワークに関する仕事がメインのため、おもに以下の技術スキルを必要とします。

  1. ネットワークの構築
  2. ネットワークの設計
  3. ネットワークの運用
  4. ネットワークの保守
  5. ネットワークの監視
  6. ネットワーク機器の使い方
  7. ソフトウェアに関する知識
  8. セキュリティに関する知識
  9. 仮想化技術
  10. クラウドに関する知識

一方、インフラエンジニアは幅広い業務内容となっているため、ネットワークエンジニアが取得するべき上記の10個のスキルに加えて、以下の技術スキルも必要です。

  1. サーバーの構築
  2. サーバーの運用
  3. インフラ全体の設計

さらに、ネットワークエンジニアとインフラエンジニアは、クライアントの求める環境を構築する仕事がメインのため、以下に一覧として記載した技術以外のスキルも必要となります。

  1. コミュニケーション力
  2. 提案力
  3. マネジメント力
  4. ヒアリング力

全体的に、どちらも必要なスキルは変わりませんが、インフラエンジニアはネットワークエンジニアよりも業務の幅が広いため、覚えるべきスキルの量も多い傾向です。

\ 今すぐおすすめエージェントを見る /

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」のキャリアパスの違い

ネットワークエンジニアの仕事は、おもにネットワークの構築、設計を担当する上流工程と、ネットワークの運用や保守、監視を担当する下流工程に分かれ、下流工程を担当している場合は上流工程を目指すことがキャリアパスの1つとなります。

また、高いレベルの知識が求められるスペシャリストや、ネットワークエンジニアの経験を活かしたITコンサルタント、インフラエンジニアなどさまざまな職業へキャリアアップすることも可能です。

一方、インフラエンジニアは幅広い業務内容をおこなうエンジニアのため、ネットワークエンジニアと同様にITコンサルタントやセキュリティエンジニアなどさまざまな職業へのキャリアアップができます

さらに特定の分野に詳しくなりたいと考えた場合は、反対にネットワークエンジニアへジョブチェンジするキャリアパスもあり、どちらも同じキャリアプランを練ることが可能です。

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」のプログラミング言語の違い

ネットワークエンジニアは、プログラミングを利用した開発をおこなうことはめったにないため、プログラミング言語を覚える必要はありません。

しかし、ネットワークエンジニアには今後クラウドに関する業務も増えるため、以下のようなプログラミング言語を覚えることをおすすめします。

  1. Java
  2. Python
  3. PHP
  4. Web系のプログラミング言語(HTMLなど)

一方、インフラエンジニアはサーバー構築に関する業務もあり、Linuxに触れる機会が多い職業であるため、ネットワークエンジニアとは異なり以下のようなプログラミング言語の取得がおすすめです。

  1. シェルスクリプト
  2. DOSコマンド
  3. PowerShell
  4. Ruby
  5. TeraTerm用マクロ言語
  6. バッチファイル用言語

インフラエンジニアはネットワークエンジニア同様にITに関する知識が必要ですが、それ以上にプログラミング言語も必須となります。

\ 今すぐおすすめエージェントを見る /

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」の資格の違い

ネットワークエンジニアもインフラエンジニアも、資格があるとキャリアアップしやすく仕事も進めやすいです。

おもに、ネットワークエンジニアには以下の資格が必要とされており、未経験や新卒で就職を目指す場合は、なおさら取得しましょう。

  1. ネットワークスペシャリスト試験
  2. CCNA
  3. CCNP
  4. CCIE
  5. 応用・基本情報技術者試験
  6. compTIA

一方、インフラエンジニアの場合も資格を取得することで実力の証明ができ、たとえ未経験者だとしても資格があれば採用されやすくなります

ネットワークエンジニアが所有するべき資格と同様の資格も必要であり、それ以外には以下の資格が、インフラエンジニアがとくに必要となる資格です。

  1. データベーススペシャリスト
  2. LinuC
  3. LPIC
  4. ITパスポート
  5. 情報処理安全確保支援士試験
  6. AWS認定
  7. オラクルマスター

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」の将来性の違い

AWSなどのサービスが展開されたことで、社内で自由にネットワークが構築できるクラウド化が進み、オンプレミスな運用が減少し、ネットワークエンジニアもインフラエンジニアも仕事の数が減っていると考えられています。

しかし、ネットワークエンジニアもインフラエンジニアもクラウドによる影響で仕事が増えているのが現状であり、今後ますます仕事が増えていくといえるでしょう。

さらに、近年はセキュリティへの関心も強まっており、会社のセキュリティレベルを上げるために、セキュリティに関する知識のあるエンジニアが求められています。

さまざまな技術にともなって、どちらも需要は高まっていくと考えられますが、差別化をはかるためには、プログラミングとクラウドに詳しいインフラエンジニア、クラウドとセキュリティに詳しいネットワークエンジニアとして成長することが必須です。

\ 今すぐおすすめエージェントを見る /

「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」の難易度の違い

難易度だけで考えれば、より幅広い業務内容が求められ、プログラミング知識も必要となるインフラエンジニアのほうが難易度は高いです。

ネットワークエンジニアであれば未経験者や文系など、学歴を問わず目指すことができますが、インフラエンジニアの場合「理系の大学を卒業している」「エンジニアの経験がある」など、採用に制限が設定されていることもあります。

そのため、インフラエンジニアはネットワークエンジニアよりも難しい職業だと言えますが、インフラエンジニアはネットワークエンジニアのキャリアパスの1つです。

そのため、ネットワークエンジニアを経験していればインフラエンジニアになりやすく、比較的目指しやすい職業へと変わります。

ITエンジニアの転職におすすめのエージェントは二択!

マイナビIT AGENT|エンジニア経験者だと優遇



リンク先:https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビIT AGENT」は、IT業界の求人で圧倒的シェアを高めており、エンジニアの転職ならまず登録しておいて損はないほどの大手転職エージェント。

マイナビは、マイナビにしかない「独占求人(非公開求人)」が豊富で、これはマイナビにしか掲載されてない求人のことなので、登録しないと見つけることができません。

そのため、福利厚生が整っているかつ休みが多い企業や大手企業で年収が1,000万円以上などの求人を探したいという人は登録して独占求人を探してみましょう。
求人数非公開
最大の特徴・マイナビにしかない独占求人が豊富
  • 独占求人が豊富
  • 電話面談もOK
  • 納得のいく転職ができる

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mynavi-agent.jp/it/

☆IT専門特化型


※マイナビのプロモーションを含みます。

IT未経験からでも就職できる!|ウズキャリIT


ウズキャリIT
リンク先:https://daini2.co.jp/

「ウズキャリIT」は、システムエンジニア・プログラマー・インフルエンジニアの経験がなくても無料で就職をサポートしてくれるエージェントです。

未経験からIT業界に挑戦すると、とても不安な気持ちになってしまいますが、登録することで無料の動画教材でエンジニアスキルを学ぶことができます。

無料動画一覧
通常のプログラミングスクールなどは60万円ほどしますが、無料で学べるうえに、就職までサポートしてくれるので、プログラミングスクールよりおすすめです!
  • 満足度No.1
  • 信頼度No.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://daini2.co.jp/

☆未経験からIT就職なのに
☆定着率が脅威の95.7%!!

フリーランスエンジニアで案件を見つけるのにおすすめエージェント

エージェントは全て完全無料で利用でき、1つのみの登録だけでなく複数のエージェントに登録することが可能です。複数に登録することで、よりたくさんの案件を見ることができるので、自分にぴったりな案件を探し出せるメリットがあります。一般的に、2社以上登録するのが理想的です。
→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアならどっちがおすすめ?

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアについて違いを紹介しましたが、結局どちらを選ぶのがおすすめなのか気になる場合は、以下2つを確認してください。

  1. スペシャリストになりたいならネットワークエンジニア
  2. コンピューター全体が好きならインフラエンジニア

どちらも似ている仕事内容ではありますが、向いている人は異なります。

自分がどちらに向いているのか確認してから、目指すようにしましょう。

スペシャリストになりたいならネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークに関する業務がメインのエンジニアです。

そのため、ネットワークのスペシャリストといえるでしょう。

ネットワークという1つの特定分野に詳しい人材になりたい場合は、ネットワークエンジニアがおすすめです。

ネットワーク分野は今後もさらに技術革新が期待される分野のため、やりがいのある分野といえます。

コンピューター全体が好きならインフラエンジニア

ネットワークエンジニアのように特定分野ではなく、総合的なエンジニアになりたい場合は、インフラエンジニアがおすすめです。

インフラエンジニアはネットワーク以外にも、サーバーやパソコン機器など、物理的な機器を触る機会が多く、コンピューターが好きであれば楽しく仕事ができます。

幅広い業務内容が特徴のため、覚える機器も多いですが、システム開発全般に関わりたいと考えている方であれば、インフラエンジニアとして働くことも可能です。

また、インフラエンジニアはネットワークエンジニアよりも年収が高いため、年収で選ぶのもよいでしょう。

まとめ|ネットワークエンジニアもインフラエンジニアも将来性のある職業!自分のなりたい職業を選択しよう。

ネットワークエンジニアもインフラエンジニアも、業務内容はほぼ同じの職業です。

しかし、インフラエンジニアのほうが業務内容の幅は広く、年収も高く設定されています。

ネットワークエンジニアはネットワークに関する業務をおこなうエンジニアであり、インフラエンジニアの一種と考えることができます。

そのため、ネットワークエンジニアからインフラエンジニアへキャリアアップすることもでき、ふたつの職業は繋がっていると言えるでしょう。

どちらも、クラウドやAIなどの最新技術の台頭により仕事がなくなるのではないかと噂されていますが、実際は需要が高まる職業と断言できます。

そのため、どちらも将来性は高く、おすすめできる職業です。

仮に、ネットワークなどの専門的な分野を極めたいと考えている場合は、ネットワークエンジニアがおすすめのため、自分がなにに興味を持っているのか探し出し、選ぶようにしてください。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。