【閉鎖?】漫画japanの代わりの無料サイトは?漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉の後継9選

【閉鎖?】漫画japanの代わりの無料サイトは?漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉の後継9選

※本ページはプロモーションを含みます。

漫画japanは、比較的新しい違法の海賊版サイトです。

漫画japanの代わりになる無料サイトを紹介します。

コミックシーモア

月額メニュー登録で↓
最大20,000ポイントもらえる!

コミックシーモアボタン

公式サイト:https://www.cmoa.jp/

目次

【比較表】漫画japan〈ジャパン〉が閉鎖?代わり・後継の無料サイト

【比較表】漫画japan〈ジャパン〉が閉鎖?代わり・後継の無料サイト

閉鎖の噂のある漫画japan〈ジャパン〉の代わりの無料サイトについて調べてみました。

数ある無料サイトの中でも、漫画japan〈ジャパン〉とは違って安全に利用できるサイト・アプリは以下の通りです。

漫画japan〈ジャパン〉の代わりの無料サイトおすすめポイント
コミックシーモア・月額メニューで初月に最大18,000ポイントの特典がある
・漫画1冊が70%OFFになるクーポンがもれなくもらえる
eBookJapan・PayPayポイントの還元イベントが多い
・初回ログインで、70%OFFクーポンが6枚もらえる
まんが王国・ポイント購入+使用で最大50%の還元あり
・16年の実績があるので漫画の購入も安心
Amebaマンガ・全作品対象の100冊40%OFFクーポンがもらえる
・無料漫画4,000冊が合法で読める
DMMブックス・タテ読み漫画
・GIGATOONが人気
・初回購入限定の70%OFFクーポンがもらえる
コミック.jp・無料漫画が2,000以上合法で読める
・5のつく日はボーナスポイントがもらえる

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉の後継の安全に使えるサイトは、上記の他にもあります。

漫画japan〈ジャパン〉のようなリスクの高い違法サイトは利用せず、安全な合法の電子書籍サイトを利用しましょう。

DMMブックス

まるごと無料作品も豊富↓
さまざまなジャンルを読めてお得

DMMブックスボタン

公式サイト:https://book.dmm.com/

漫画japan〈ジャパン〉の評判とは|似たクローンサイトが復活?

漫画japan〈ジャパン〉の評判はどのようになっているのでしょうか。

漫画japan〈ジャパン〉とは|2021年2月に登場した違法の海賊版サイト

漫画japan〈ジャパン〉の運営者|日本人ではない可能性も

漫画japan〈ジャパン〉は、2021年2月に登場した比較的新しい違法の海賊版サイトです。

他の違法サイトと同じように、漫画が無料で読み放題ということで人気を集めています。

ただ、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のサイトには、日本人とは少し違う表記の仕方をしている部分もあり、外国人による運営の可能性も高いです。

また、漫画japan〈ジャパン〉のサイトには、複数の過激な広告が配置されており、誤クリックの恐れもあります。

過激で不健全な広告の場合、クリックした先にウイルスが仕込まれている可能性も。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉へのアクセスは危険なので、絶対にやめてください。

漫画japan〈ジャパン〉はクローンサイト?|RAW系列との噂もあり

漫画japan〈ジャパン〉のURLにはRAWの文字が含まれていることから、漫画RAWの系列のクローンサイトではないかとの噂も。

漫画RAW系列の海賊版サイトは非常に多く、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉の他にもRawkumaやManga1000などの名前があがっています。

漫画japan〈ジャパン〉のようなRAW系列のクローンサイトは、漫画RAWとサイトのデザインや表記がとてもよく似ており、システムもほぼ同じです。

サイト内もしくはURLにRAWの文字が含まれているのが特徴なので、すぐに分かります。

もしも漫画RAWが閉鎖したとしても、別のクローンサイトとして復活する可能性も高いでしょう。

漫画japan〈ジャパン〉は閉鎖されて見れない?|クローンサイトの復活状況まとめ

漫画japan〈ジャパン〉の運営状況|閉鎖はされておらず、アクセス可能

漫画japan〈ジャパン〉は、サイトの開設から1年半以上が経過していますが、今も閉鎖はされておらず、アクセスできる状態です。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトは、開設されてもわずか数ヶ月で閉鎖することがあります。

また、閉鎖と復活を繰り返している違法サイトも少なくありません。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトの寿命が短いのは、2019年に漫画村の運営者・星野ロミ氏が逮捕されたことがきっかけです。

無法地帯だった海賊版サイトに司法のメスが入り、星野ロミ氏は懲役3年の実刑判決を受けました。

漫画村が閉鎖されたきっかけは、大手出版社が運営者の情報開示請求を行ったことです。

運営者の素性が判明すれば懲役の実刑判決もあるという事例が漫画村でできたため、他の違法サイトも、出版社に情報開示請求の動きがあると閉鎖するようになりました。

また、出版社に目を付けられないよう、頻繁にサイトの名称やURLを変更するなどして訴訟から逃れている違法サイトも多いです。

漫画japan〈ジャパン〉の閉鎖が近いとの噂も|系列のマンガRAWが出版社から提訴された?

漫画japan〈ジャパン〉は漫画RAWのクローンサイトの可能性が高いです。実は漫画RAWは、2022年2月に突然アクセスができなくなり、閉鎖の噂が流れました。

2022年2月にはロシアとウクライナの情勢悪化ということもあり、ウクライナにサーバーがあると言われる漫画RAWに影響が出たという説もあります。

ただ、漫画RAWのサーバーが出版社から提訴されたことをきっかけに、閉鎖の準備をしているという噂も流れました。

現在の海賊版サイトの最大手は漫画RAWと言われているので、次は出版社からの運営者の情報開示請求があっても不思議ではありません。

漫画RAWが閉鎖されれば、系列サイトの漫画japan〈ジャパン〉も閉鎖される可能性は高いでしょう。

2021年11月まで運営されていた漫画BANK(漫画バンク)も、複数の大手出版社からの提訴の動きがあったすぐ後に閉鎖しています。

2022年7月には、漫画BANK(漫画バンク)の運営者に罰金刑が科されたことも話題になりました。

漫画japan〈ジャパン〉の評判|アクセスできないなどの声も

ツイッターでは、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉にアクセスしづらいという声も多いです。漫画japan〈ジャパン〉は違法サイトなので、突然閉鎖されることもあります。

TwitterなどのSNSでも、漫画japan〈ジャパン〉にアクセスできなくなるたび、閉鎖の噂が流れていました。

漫画japan〈ジャパン〉では、ワンピースなどの人気漫画を読んでいる人も多いです。

ただ、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉は違法サイトなので、漫画を読むこと自体にさまざまなリスクがあります。

ワンピースなどの漫画は、合法の電子書籍サイトで読みましょう。

漫画japan〈ジャパン〉の使い方|過激な広告が多く、読みづらい

漫画japan〈ジャパン〉は正規の電子書籍サイトとは異なり、過激な広告が多いのが特徴です。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉で漫画を読み進めようとすると、広告のページが立ち上がってしまい、違法なサービスや怪しげなサイトに誘導されてしまうことも。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトの広告をクリックして、電話がかかってきて止まらなくなったという事例もあります。

漫画japan〈ジャパン〉は違法サイトなので、利用者の安全は考えていません。

いかに広告をクリックさせ、利益を出すかということが優先されたサイト設計になっているので、アクセスするだけでも危険です。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトには、絶対にアクセスしないでください。

漫画japan〈ジャパン〉のクローンで似てる?違法の代替サイト一覧

漫画japan〈ジャパン〉のクローンサイトや似てるサイト、違法の代替サイトについて調べてみました。各違法サイトの閉鎖状況についてもあわせて紹介します。

漫画japan〈ジャパン〉に似てるサイト閉鎖状況
漫画村閉鎖
漫画村ガールズ閉鎖
漫画塔閉鎖
漫画ワールド閉鎖
漫画BANK(漫画バンク)閉鎖
漫画RAW(漫画ロウ・Manga raw)運営中
漫画ご飯(Manga Gohan・漫画ごはん)閉鎖の可能性が高い
はたち漫画(Hatachi Manga)現在はHachi Mangaになっている可能性が高い
漫画KL(MangaKL)運営中
漫画1000(Manga1000)運営中
Hamiraw現在はNIKARAWとして運営中
漫画プレイ(漫画PLAY)閉鎖
漫画タウン閉鎖
Mangapro.top(マンガプロ)閉鎖された可能性が高い
Fbay(エフベイ)閉鎖
Freebooks(フリーブックス)閉鎖
MangaToro(MangaSum)閉鎖
mangafreak(マンガフリーク)運営中
Rawkuma運営中
Senmanga(センマンガ)運営中

漫画japan〈ジャパン〉のクローンサイトの多くは閉鎖されています。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトは、短期間で閉鎖するサイトも多いです。運営中のサイトもウイルス感染やマイニングなどのリスクがあるので、絶対にサイトを開かないでください。

【閉鎖あり】漫画japan〈ジャパン〉の代わりは?類似の後継サイトまとめ

漫画japan〈ジャパン〉の代わりになる類似の後継サイトはどのようなものがあるのでしょうか。

漫画ごはん(Manga Gohan)|アクセスできず、閉鎖された可能性が高い

漫画ごはん(漫画ご飯・Manga Gohan)は、2022年7月頃まで運営されていた漫画japan〈ジャパン〉と同じ違法サイトです。

現在、漫画ごはん(漫画ご飯・Manga Gohan)にはアクセスできなくなっており、閉鎖されたものと見られています。

ただ、漫画ごはん(漫画ご飯・Manga Gohan)は、何度も閉鎖と復活を繰り返してきました。

漫画ごはん(漫画ご飯・Manga Gohan)が再び復活する可能性もないとはいえないでしょう。

漫画ごはん(漫画ご飯・Manga Gohan)のサイト内の表記には「RAW」の文字があったため、漫画RAW系列のクローンサイトと考えられています。

漫画ごはん(漫画ご飯・Manga Gohan)が復活したとしても、サイトを開くのは大変危険なので絶対にしないでください。

漫画RAW(Manga Raw)|クローンサイトが多数作られている

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉に似たサイトには、漫画RAW(Manga Raw)があります。

実は漫画RAW(Manga Raw)には似たサイトが多数あり、漫画japan〈ジャパン〉も漫画RAW(Manga Raw)の類似サイトと捉えられています。

漫画RAW(Manga Raw)と漫画japan〈ジャパン〉はサイトのデザインやシステムもそっくりで、漫画japan〈ジャパン〉のURLにはRAWの文字も。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉が漫画RAW(Manga Raw)のクローンサイトという説は、かなり信憑性が高いでしょう。

漫画RAW(Manga Raw)は今も運営されていますが、何度かサイトが開けなくなったことがあり、閉鎖の噂もたびたび流れています。

漫画BANK(バンク)|出版社に情報開示請求され、閉鎖

漫画BANK(漫画バンク)は、2021年11月に閉鎖した漫画japan〈ジャパン〉に似た海賊版サイトです。

漫画BANK(漫画バンク)は、漫画村が閉鎖した後に開設され、漫画村の代わりのサイトとして人気を集めていました。

しかし、2021年11月に突然閉鎖。閉鎖の理由は、出版社が運営者の情報開示請求を行ったことが理由でした。

漫画BANK(漫画バンク)は著作権法違反の疑いで捜査の対象になりましたが、運営者が中国在住の外国人だったということもあり、日本の刑罰で処罰するのは難しい状況に。

最終的に中国当局がおよそ60万円の罰金刑を科すことで決着しました。

漫画BANK(漫画バンク)による出版社や漫画家の被害は巨額だったので、日本の司法で裁かれていれば、漫画BANK(漫画バンク)の運営者も漫画村の運営者のように懲役の実刑判決を受けていた可能性は高いと言われています。

※参照
「漫画BANK」摘発の舞台裏 中国農村に住む運営者を直撃 驚きの言い分とは…(NHK)

漫画KL(MangaKL)|MangaQVやMangaHATOという名称だったことも

漫画japan〈ジャパン〉のクローンサイトと呼ばれる違法サイトの中に、漫画KL(MangaKL)があります。

漫画KL(MangaKL)は、MangaQVやMangaHATOという名称で運営されていたこともありました。

漫画KL(MangaKL)が頻繁に名前を変更するのは、出版社から訴訟を起こされるのを防ぐためと言われています。

漫画KL(MangaKL)はジャンプ系の人気漫画を取り扱っているということもあり、多くのアクセス数があるサイトです。

漫画KL(MangaKL)は閉鎖されておらず、今も運営されています。ただ、英語表記のリスクの高い広告が多数配置されており、大変危険です。

漫画ワールド|ダウロードして読むタイプのアプリだったが、現在は閉鎖

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉と似てるサイトには、漫画ワールドがありました。漫画ワールドは、現在は閉鎖されています。

漫画ワールドは、サイトではなくアプリでした。

漫画をサイトで読むのではなく、ダウンロードして読むスタイルのアプリなので、漫画を読めば著作権法違反になります。

漫画ワールドは、漫画村が閉鎖された後に登場した多数のクローンサイトのうちの1つです。

漫画村から漫画タウン、漫画シティ、漫画カントリーと名前が進化していっため、漫画ワールドの閉鎖後には、漫画コスモができるのではないかという噂もありました。

ただ、漫画コスモという名称のサイトやアプリは、現在のところ確認されていません。

漫画タウン|現在は公式Twitterだけが残っている状態

漫画japan〈ジャパン〉と似たサイトとしては、漫画タウンもあげられます。

漫画タウンは、漫画村が閉鎖されたすぐ後に登場した海賊版サイトで、漫画村のクローンサイトと話題になりました。

実際に漫画タウンの公式Twitterには漫画村のキャラクターが使用されており、クローンサイトの可能性は高いです。

ただ、漫画タウンは、開設されてすぐに閉鎖されました。現在は公式Twitterだけが残っている状態です。

漫画タウンの公式Twitterには、「旧漫画村」との表記もあり、漫画村のクローンサイトだった可能性を示唆しています。

漫画タウンの公式Twitterは、2018年4月13日を最後に更新されていません。

mangapro(漫画プロ)|アクセスできず、検索でraw系列のサイトが出てくる

漫画japan〈ジャパン〉のクローンサイトとしては、mangapro(漫画プロ)の名前もあがっています。

ただ現時点では、mangapro(漫画プロ)を見ようとしてもサイトが開けず、漫画RAWの名前が表示される状態。mangapro(漫画プロ)は、漫画RAW系列のサイトだった可能性が高いです。

漫画RAWは、出版社からの提訴で閉鎖が近いと噂されており、mangapro(漫画プロ)も更新が止まっていたことから、閉鎖の噂が流れていました。

現在mangapro(漫画プロ)にアクセスできない状態だということは、サイトは閉鎖されたか、漫画RAWに転生した可能性が高いでしょう。

Manga1000(漫画ばんく)|RAW系列の海賊版サイトで今も運営中

漫画japan〈ジャパン〉の後継サイトとしては、Manga1000(漫画ばんく)も注目されています。

Manga1000(漫画ばんく)は漫画RAW系列の違法サイトで、一時は閉鎖の噂が流れていましたが現在は運営中です。

漫画ばんくと名称を変更したこともありましたが、現在は再びManga1000の名称になっています。

ただ、サイト内には漫画ばんくの名称も残っているので、再び漫画ばんくとして運営することもあるかもしれません。

Manga1000(漫画ばんく)は漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉と同じく、過激な広告が多く配置されているサイトです。

うっかり広告をクリックすれば個人情報の漏洩やウイルス感染の危険もあるので、Manga1000(漫画ばんく)を見ようとするのは絶対にやめてください。

mangafreak(マンガフリーク)|セリフもすべて英語表記のサイトで過激な広告が多い

mangafreak(マンガフリーク)は、漫画japan〈ジャパン〉と同じ違法の海賊サイトですが、漫画japan〈ジャパン〉と違うのは、サイトの案内も漫画のセリフもすべて英語表記だということです。

漫画のセリフも英語表記のため、ある程度英語ができる人でなければ利用は難しいかもしれません。

mangafreak(マンガフリーク)は漫画のセリフまで英語表記でも、著作権法違反のサイトです。

mangafreak(マンガフリーク)や漫画japan〈ジャパン〉などの違法サイトを利用することは、漫画家や出版社に損害をもたらす行為なので、絶対にやめましょう。

Senmanga(センマンガ)|表示が重く、ウイルスの警告が出る

漫画japan〈ジャパン〉と似てるサイトには、Senmanga(センマンガ)があります。

Senmanga(センマンガ)は漫画japan〈ジャパン〉よりも運営歴が長く、2012年からおよそ10年の運営歴です。

Senmanga(センマンガ)が長く運営されてきたのは、英語表記で使いづらいサイトだということも理由だと考えられます。

使いづらく人気があまりないサイトは、大手出版社が積極的に訴訟を起こそうとはしません。

日本語の表記が多く使いやすいサイトほど、大手出版社から提訴され、閉鎖に追い込まれる可能性が高いです。

Senmanga(センマンガ)は今も運営中ですが、過激で不健全な広告が多いので、アクセスはしないでください。

13DL.NET|漫画をダウンロードして読む海賊版のリーチサイト

漫画japan〈mangajapan〉の後継サイトとしては、13DL.NETも注目されています。

13DL.NETは、サイトにアクセスして漫画を読む漫画japan〈ジャパン〉とは異なり、サイトに漫画のダウンロード先が紹介されているリーチサイトです。

リーチサイトは、ダウンロード先を紹介しているだけなので、厳密には違法サイトに当たりません。

ただ、13DL.NETから漫画をダウンロードして読むと違法になります。13DL.NETで紹介している漫画は、すべて違法にアップロードされたものばかり。

13DL.NETは、サイトの運営者ではなく、利用者が著作権法違反になる可能性の高いサイトです。

13DL.NETを利用することで、懲役や罰金などの刑罰が科せられることがあるので、絶対に利用はしないでください。

Manga Zip|ダウンロードしないと漫画が読めない

漫画japan〈ジャパン〉に似てるサイトとしては、Manga Zipがあります。

ただ、Manga Zipは漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉とは漫画を読むシステムが違い、漫画をサイトで読むのではなく、ダウンロードして読むタイプ。

漫画japan〈ジャパン〉よりも13DL.NETに近い海賊版サイトです。

Manga Zipのような漫画をダウンロードして読む違法サイトは、利用者の側に法律違反のリスクがあります。

違法であると知りながら、漫画をダウンロードして読めば、懲役2年や罰金の刑罰が下されることも

また、Manga Zipはダウンロードできない漫画があるなど動作が不安定で、ウイルスやマイニング被害にあう可能性も高いです。Manga Zipの利用は絶対にやめましょう。

SakuraManga|運営者が外国人の可能性が高い海賊版サイト

漫画japan〈ジャパン〉のクローンサイトとしては、SakuraMangaも注目を集めています。SakuraMangaは、英語表記の多いサイトです。

また、いくつか不自然な日本語が散見されることから、日本人ではなく外国人が運営している可能性が高いでしょう。

SakuraMangaは漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような他の違法サイトとは異なり、過激な広告が少ないのが特徴です。

ただ、著作権法違反のサイトには違いないので、利用はもとより、アクセスも絶対にやめましょう。

SakuraMangaでは、利用者が読みたい漫画や読めなくなっている漫画についてコメントする機能があります。

コメントをすれば個人情報が収集されてしまう可能性もあるので、コメント機能の利用はしないでください。

漫画村ガールズ(まんが村ガールズ)|女性向け作品に特化した海賊版サイト

漫画村ガールズ(まんが村ガールズ)は、漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトではありますが、女性向けの作品に特化した海賊版サイトです。

少女漫画や女性向け漫画、BL漫画、TL漫画など、女性に人気の作品を幅広く提供していました。ただ、漫画村ガールズ(まんが村ガールズ)はすでに閉鎖されています。

漫画村ガールズ(まんが村ガールズ)は漫画村が閉鎖された後に登場し、その後、長くは運営されずに閉鎖しました。

漫画村ガールズ(まんが村ガールズ)や漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトは、短期間で閉鎖されることが多いです。

漫画村pro(まんが村プロ)|月額課金の有料海賊版サイトだったが、すぐに閉鎖

漫画japan〈ジャパン〉と同じ違法サイトですが、無料ではなく有料だったのが漫画村pro(漫画村プロ)です。

漫画村pro(漫画村プロ)は、漫画村の有料バージョンとして開設されました。

漫画村pro(漫画村プロ)は、無料の漫画村とは異なり、広告が表示されず、ダウンロードできることなどが売りだったとのこと。

ただ、漫画村pro(漫画村プロ)は開設後、ほどなく閉鎖しています。

閉鎖の理由は、漫画村の運営者が逮捕されたことが理由と見られています。

漫画村の運営者が逮捕された後、漫画村に関係している星のロミなどのサイトもすべて閉鎖されました。

漫画japan〈ジャパン〉は違法な海賊版サイト!安全ではなく注意が必要な理由

漫画japan〈ジャパン〉に注意が必要な理由を解説します。

悪質な広告による被害|誘導された先でフィッシング詐欺にあう可能性

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトには、過激で悪質な広告が配置されていることが多いです。

漫画japan〈ジャパン〉の場合、漫画を読もうとすると、怪しげな広告のページが立ち上がってしまいます。

広告をクリックしていないのに、ウイルスの警告が出てしまうことも。

立ち上がった広告をさらにクリックすることで、ウイルスに感染したなどの警告が出たという報告もあります。

ウイルス感染を何とかしようと広告の誘導に従って手続きをした結果、クレジットカードの情報などを盗まれてしまうフィッシング詐欺にあう可能性も。

漫画japan〈ジャパン〉などのサイトは違法サイトなので、収益をあげるために違法サービスの広告を配置していることもあります。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトには、絶対にアクセスしないでください。

個人情報の漏洩|SNSのアカウントを乗っ取られる被害も報告されている

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトでは、SNSのアカウント情報が盗み取られてしまうこともあります。

実際に、漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトで漫画を読んだ後、SNSのアカウントが乗っ取られたという被害もネット上の記事で詳細に報告されていました。

他にも、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような海賊版サイトで漫画を読んだ後、怪しい電話が繰り返しかかってきたという報告もあります。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトでは、正規の電子書籍サイトとは違って安全性はまったく確保されていません。

アクセスしただけでもウイルスの警告が出たりウイルス感染する恐れもあるので、絶対にアクセスしないことを徹底してください。

違法マイニング|パソコンやスマホが勝手に仮想通貨生成に使われる

漫画japan〈ジャパン〉と似たサイトでもある漫画村では、違法マイニングが行われていたことが問題となりました。

マイニングは、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉などのサイトにスクリプトが埋め込まれ、利用者のパソコンやスマホのリソースを使って勝手に仮想通貨を生成するシステムです。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトでは、利用者に無料で漫画を読ませる代わりに、違法マイニングなどの方法で資金を調達しています。

漫画japan〈ジャパン〉のような海賊版サイトでは、違法マイニングに加担した挙げ句、パソコンやスマホのバッテリーを激しく消耗したり、データ容量を大量に消費したりすることも。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような悪質なサイトへのアクセスは危険なので、絶対にやめてください。

著作権法違反|漫画村の運営者は、懲役の実刑判決を受けた

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトだった漫画村は、運営者が逮捕されたことも話題となりました。

漫画村による出版社や漫画家への被害の総額は、3,200億円と試算されています。

漫画村の問題は社会問題化し、著作権法違反の疑いで捜査が行われました。

2018年4月には、政府から通信事業者に要請があり、漫画村へのブロッキングが行われます。

漫画村はその後アクセスできなくなり、2018年5月には閉鎖しました。さらに運営者は逮捕され、執行猶予なしの懲役3年の実刑判決を受けています。

2021年1月からは、違法サイトで漫画を読んだ人にも刑事罰の対象が拡大されました。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトで漫画を読めば、懲役や罰金など刑事罰を受ける可能性があるので、絶対に利用しないでください。

※参照
すぐそこに、漫画海賊版。~こどもたちは、ネットで日常的に接している~

漫画家や出版社への被害|違法サイトを利用することで加害者になってしまう

正規の電子書籍サイトでは、無料で読んだ漫画にも著作権料が支払われます。

しかし漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトで無料の漫画を読んだ場合、出版社や漫画家に著作権料が支払われることはありません。

2021年にはコロナ禍ということもあり、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトの利用が急増しました。

2021年の漫画japan〈ジャパン〉のような海賊版サイトによる出版社・漫画家の被害総額は、1兆円を超えていると試算されています。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトで無料で漫画を読むことは、出版社や漫画家に損害を与えているのです。

漫画japan〈ジャパン〉のような海賊版サイトで漫画を読むのは絶対にやめてください。

漫画japan〈ジャパン〉の代わり・後継に注意!安全でおすすめな無料サイト5選

漫画japan〈ジャパン〉の代わりになる安全でおすすめな無料サイトはどのようなものがあるのでしょうか。

Amebaマンガ|無料会員登録で、好きな作品100冊が40%OFFに

漫画japan〈ジャパン〉の代わりで安全なサイトには、Amebaマンガがあります。

Amebaマンガは漫画japan〈ジャパン〉とは異なり、著作権法を守って運営している電子書籍サイトの証であるABJマークを取得済み。

無料で読める漫画が4,000冊以上公開されていますが、無料で読んでも出版社や漫画家にきちんと著作権料が支払われます。

またAmebaマンガでは、新規無料登録をすると、好きな漫画100冊が40%OFFで購入できるクーポンの配布も。

Amebaマンガを購入するためのマンガコインは、楽天ポイントやアマゾンポイント、dポイント、Pontaポイント、nanacoポイントなど、50種類のポイントに交換することも可能です。

他のポイントへの交換は、すべて手数料無料で行うことができます。

Amebaマンガ

↓さまざまなジャンルのマンガが↓
40万冊以上楽しめる

amabaマンガボタン

公式サイト:https://dokusho-ojikan.jp/

DMMブックス|チャージがたまると無料で漫画が読める毎日¥0がスタート

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉の後継で安全に利用できるサイトとしては、DMMブックスもおすすめです。

DMMブックスでは、初回購入時に利用できる70%OFFクーポンが配布されているのも魅力。

また、17,000以上の漫画が無料で公開されていますが、ABJマーク取得済みの電子書籍サイトなので、すべて合法で読むことが可能です。

DMMブックスでは、チャージがたまると毎日1話ずつ読みすすめることができる毎日¥0もスタートしました。

「陰の実力者になりたくて!」や「この素晴らしい世界に祝福を!」などの人気作品も毎日¥0の対象作品です。

まるごと無料作品も豊富↓
さまざまなジャンルを読めてお得

DMMブックスボタン

公式サイト:https://book.dmm.com/

Renta!|漫画の購入もレンタルも可能な合法のサイト

漫画japan〈ジャパン〉とは違って安全に利用できるサイトには、Renta!があります。

Renta!は、漫画を購入することもできますが、100ポイントからお得にレンタルすることも可能です。

また、漫画を購入する際には、全巻セットで20%OFFになる作品もあります。

Renta!はABJマークを取得している電子書籍サイトなので、お得にレンタルしても購入しても法律に触れることはありません。

またRenta!では、レンタルした作品を後になって購入したくなった場合は、差額を支払うことで購入できます。

honto|電子書籍も紙の漫画もお得に購入できる

hontoは、丸善やジュンク堂などの大手の実店舗と連携した電子書籍サイトです。

漫画japan〈ジャパン〉とは違い、ABJマークを取得した正規の電子書籍サイトなので、安心して利用することができます。

hontoでは、新規会員登録で最大5,000円(税込)まで割引のあるクーポンがもらえるのも魅力。

また、無料で読める漫画が20,000作品以上用意されているのも嬉しいポイントです。もちろん、無料の漫画をどれだけ読んでも法律違反にはなりません。

hontoでは紙の本も購入でき、同じ本を電子書籍で購入した場合には割引のサービスも。

キングダムや呪術廻戦などの人気作品も、紙の本と電子書籍の両方で購入が可能です。

U-NEXT|31日間無料で利用でき、継続すれば毎月1,200ポイントがもらえる

漫画japan〈ジャパン〉とは違って、漫画だけではなく、動画も安全に無料で視聴できるのがU-NEXTです。

U-NEXTでは、31日間無料でサービスが試せるトライアル期間があり、漫画や動画を無料で楽しむことができます。

U-NEXTはABJマークとエルマークを取得済みなので、無料でコンテンツを楽しんでも違法になりません。

またU-NEXTは、無料のトライアルに申し込むと600ポイントのプレゼントがあります。600ポイントは漫画を購入したり動画のレンタルに使用可能。

トライアル期間が終わった後も継続すれば、毎月1,200ポイントがもらえます。

漫画japan〈ジャパン〉の代わり・後継に注意!安全でおすすめな無料アプリ4選

漫画japan〈ジャパン〉の代わりになる安全でおすすめな無料アプリはどのようなものがあるのでしょうか。

マンガMee|有名作品が多数そろった少女漫画専門のアプリ

漫画japan〈ジャパン〉の代わりになる安全な漫画アプリとしては、マンガMeeがあります。マンガMeeは、少女漫画を中心とした漫画アプリです。

マンガMeeの運営は集英社なので、漫画japan〈ジャパン〉とは違って安心・安全に利用することができます。もちろん、ABJマークも取得済み。

マンガMeeでは、りぼんや別冊マーガレットなどの人気の少女漫画雑誌の定期購読も可能です。

また、歴代の名作から最新作まで、人気の少女漫画が無料で読めるのも魅力。

オリジナル連載漫画も人気を集めており、全作品を3話まで無料で読むことができます。

ピッコマ|韓国漫画のラインナップが豊富で、無料で読める作品も多い

漫画japan〈ジャパン〉の後継としておすすめできる安全な漫画アプリには、ピッコマがあります。

ピッコマは、運営会社が韓国の会社の日本法人ということもあり、韓国漫画のラインナップが豊富です。

特に韓国のタテ読み漫画「スマトゥーン」作品の品揃えには定評があります。

またピッコマは、23時間でチャージが完了して1話を読み進めることができる毎日¥0、無料券で1日6話まで読み進めることができるシステムなど、無料で漫画を読む方法が多数あるのも魅力。

もちろんピッコマもABJマークを取得しているので、無料でたくさん漫画を読んでも違法にはなりません。

マガポケ|少年マガジン連載作品など、人気漫画が無料で読める

マガポケは、少年マガジンの公式アプリなので、漫画japan〈ジャパン〉とは違って安全に利用することが可能です。

マガポケでは「東京卍リベンジャーズ」や「ブルーロック」などの人気作品を無料で読むことができます。

また、少年マガジンの定期購読の申し込みで、マガポケで使用できる200ポイントがもらえるのも魅力。

マガポケでは、ポイントを使用して購入した作品をダウンロードして読むことが可能です。

マガポケは著作権法に則って運営されているアプリなので、漫画をダウンロードして読んでも法律違反にはなりません。

サンデーうぇぶり|小学館が運営する漫画アプリなので、安全に利用できる

漫画japan〈ジャパン〉の代わりに安全に利用できる漫画アプリとしては、サンデーうぇぶりもおすすめです。

サンデーうぇぶりは、「週刊少年サンデー」「ゲッサン」「サンデーGX」連載作品を中心に取り扱った小学館が運営する漫画アプリ。

サンデーうぇぶりもABJマーク取得済みの漫画アプリなので、安心して利用することが可能です。

またサンデーうぇぶりでは、楽天IDと連携することで、楽天ポイントをためることもできます。

楽天ポイントをためるには、ポイントミッションをクリアすればOK。ゲーム感覚で楽天ポイントがたまるので、ユーザーにも好評です。

漫画japan〈ジャパン〉の代わりになる後継サイトの疑問に解答

漫画japan〈ジャパン〉の代わりになる後継サイトの疑問に解答します。

漫画japan〈ジャパン〉が開かないが閉鎖された?それとも一時的なアクセス不可?

漫画japan〈ジャパン〉は、2022年6月頃にアクセスできないことがありました。

アクセスできなくなったことで、ネット上では漫画japan〈ジャパン〉が閉鎖されたと噂になっています。

ただその後、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉は復活しました。

漫画japan〈ジャパン〉にアクセスできなかったのは閉鎖ではなく、一時的なものだったと見られています。

漫画japan〈ジャパン〉みたいな違法サイトで、後釜がなくならない理由とは?

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトは、閉鎖しても後釜がいくらでもいます。

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトがなくならない大きな理由は、サーバーが海外にあるということです。海外のサーバーは匿名性が高いため、運営者の正体に辿り着くまでに時間がかかります。

出版社が動き出す頃には、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトはURLを変えたり、サイトを閉鎖してクローンサイトを開設したりするのです。

まさにいたちごっこのような状態が続いています。

漫画japan〈ジャパン〉が復活?サイト名が変わってる?

漫画japan〈ジャパン〉は一時期、mangaraw.toにリダイレクトされていました。

サイト名が変更されたのかと考えた利用者も多くいましたが、現在は漫画japan〈ジャパン〉にアクセスできるようになっています。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトは、出版社の訴訟対策として、頻繁に名称やURLを変更することが多いです。

漫画japan〈ジャパン〉みたいな違法サイトの見分け方は?

漫画japan〈ジャパン〉みたいな違法サイトを見分ける方法は、ABJマークがあるかどうかを確認することです。

ABJマークをサイト内に提示しているサイトは、安全に利用することができます。

漫画japan〈ジャパン〉でどんな作品が読めた?

漫画japan〈ジャパン〉でどんな作品が読めたかについて調べてみました。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉で読めた作品は以下の通りです。

漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉で読めた作品
  • カイジ
  • 僕らのヒーローアカデミア(ヒロアカ)
  • ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん
  • RevieW
  • JIN―仁―
  • 恋はつづくよどこまでも
  • STUDY
  • SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん
  • コミック版 BanG Dream!
  • スタンドUPスタート
  • noicomi鬼の花嫁

漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトでは、漫画を無料で読めますが、ウイルス感染や個人情報の漏洩などリスクが大きいです。

漫画japan〈ジャパン〉のような海賊版サイトは利用せず、アクセスもしないでください。

漫画japan〈ジャパン〉を開いたら犯罪?アクセスだけで違法になる?

漫画japan〈ジャパン〉を開いただけでは、著作権法違反に問われることはありません。

ただ、漫画ジャパン〈MANGA JAPAN〉のような違法サイトから漫画をダウンロードして読めば、罪に問われることがあります。

※参照
漫画、小説、写真、論文…海賊版と知りながら行うダウンロードは違法です!令和3年1月から著作権法が変わりました。(政府広報オンライン)

まとめ:漫画japan〈ジャパン〉の代わり・後継に注意!違法サイトは利用せず、安全なサービスで読もう

漫画japanの後継サイトは違法なため、アクセスしないようにしてください。

安全なサービスを使って、漫画を楽しみましょう。

また漫画japan〈ジャパン〉のような違法サイトでは、フィッシング詐欺にあう可能性もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる