ネットワークエンジニアに必要なスキルとは?スキルアップする方法も解説

ネットワークエンジニアに必要なスキルとは?スキルアップする方法も解説

ネットワークエンジニアはどんなスキルが必要?

ネットワークエンジニアになるためにはどんな知識があればよい?

このような悩みを抱えている方もいるでしょう。

ネットワークエンジニアは、IT化が進んでいる現代において重要な職業の1つであり、将来性の高い職種です。

そのため、IT企業に転職を目指している人のなかには、ネットワークエンジニアになろうと考えている人もいます。

そこで、この記事ではネットワークエンジニアに必要となるスキルや知識について、まとめてみました。

ネットワークエンジニアになるためには、さまざまなスキルや知識を必要とするため、記事を読んで自分に足りないものはなにか確認してみましょう。

高い単価の案件のネットワークエンジニア案件を探すなら「レバテックフリーランス」がおすすめです。

レバテックフリーランスは、フリーランスとフリーランスを採用したい企業の仲介をおこなっている人材サービスです。
レバテックのCTAレバテックフリーランス」は、登録者数No.1のフリーランスエージェントで、その登録者の平均年収が862万円と脅威の数字を誇っています。

登録者が多いのにもかかわらず、平均年収が高いということはそれだけ『1つの案件に対する単価が高い』ということです。

またシステムエンジニアの求人・案件を業界トップクラスで保有しています。

ネットワークエンジニアのレバテックフリーランス

※更新日:2023年2月


在宅・リモートで働けるネットワークエンジニア案件を探したいならレバテック一択と言えるでしょう。登録はもちろん無料ですし、案件を見るだけの登録でもOKです!
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

他のエージェントも見る
右横にスライドで詳細確認できます。
通常、2〜3社登録することでより多くの案件を探せます(複数登録OK)
エージェントRANK支払いサイトおすすめの人/特徴公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
15日スキルが高いエンジニアにおすすめ!!(未経験NG)
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No,1・登録者の平均年収は862万円
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
https://mid-works.com/
案件数:約7,300
3位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
4位.クラウドテック
クラウドテック
15日・リモート案件多数
・クラウドワークスが運営
・会員数10万人以上
https://crowdtech.jp/
案件数:非公開
5位.フリーランススタート
フリーランススタート
・エンジニア向けのIndeed
・自力で案件を探したい人向け
・あらゆる案件が見つかりやすい
https://freelance-start.com/
案件数:約480,000
6位.テックビスフリーランス
テックビズフリーランス
20日・税務代行が無料対応!!
・案件継続率97%超
・業務時間後や土日でも相談対応OK
https://freelance.techbiz.co.jp/
案件数:約30,000
7位.フォスターフリーランス
フォスターフリーランス
30日・最短3日で就業!!即開始案件多数!!
・freee年間利用料キャッシュバック対象あり
・最高報酬が230万円と高単価案件あり
https://freelance.fosternet.jp/
案件数:約2,500
8位.テクフリ
テクフリ
30日・スキルシート提出&面談で3,000円のギフト券!!
・企業との面談で5,000円のアマギフ!!
・2023年1月稼働開始で10,000円の現金!!
https://freelance.techcareer.jp/
案件数:約12,000
9位.IT求人ナビ
IT求人ナビ
30日・新卒でも利用できる!!
・エンジニア「超」第一主義
・未経験、転職でも登録OK
https://it-kyujin.jp/
案件数:掲載なし
10位.PE-BANK
PE-BANK
40日・青色申告をフルサポート
・報酬が翌月5営業日になる早払いサービスあり
・エンジニアの紹介で100,000円の奨励金
https://pe-bank.jp/
案件数:50,000
11位.エンジニアスタイル
エンジニアスタイル東京
・案件応募でAmazonギフト券最大10万円プレゼント!!
・リモートや在宅の案件が豊富
・応募は1クリックで連絡を待つのみ
https://engineer-style.jp/
案件数:約190,000

【一覧】ネットワークエンジニアに必要なスキル

必要なスキル一覧
1論理的思考力
2課題解決能力
3通信相手と意思疎通できる言語力
4全体を見通す俯瞰力
5ITに関する基礎知識
6コミュニケーション能力
7プレゼン力
8文章の作成力
9通信技術
10必要な情報の収集力
11最後までやり抜く責任感

ネットワークエンジニアには、以下の11個のスキルが必要です。

  1. 論理的思考力
  2. 課題解決能力
  3. 通信相手と意思疎通できる言語力
  4. 全体を見通す俯瞰力
  5. ITに関する基礎知識
  6. コミュニケーション能力
  7. プレゼン力
  8. 文章の作成力
  9. 通信技術
  10. 必要な情報の収集力
  11. 最後までやり抜く責任感

どれも、ネットワークエンジニアとして活躍するためには欠かせないスキルです。

一つひとつ確認し、自分に備わっているのか考えてみましょう。

論理的思考力

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計から運用まで一連の流れを一任されています

ネットワークの構築には、クライアントが求めているセキュリティや快適な環境を構築するために設計書を仕上げる必要があり、論理的に考えなければなりません。

さらに、ネットワークにトラブルが生じた場合も、速やかに解決することが求められ、論理的思考力は必ず必要となります。

いつトラブルが生じるかわからないため、冷静に判断できるためにも、論理的に考える力は大切です。

課題解決能力

ネットワークは、多くの人が使うツールであるためトラブルが生じたらすぐに解決することが好ましいです。

しかし、トラブルにはさまざまな種類があり、いつでも同じ条件で起きるわけではありません。

そのため、何が原因でなにをおこなえば直るのか、瞬時に判断できる課題解決能力は必要になります。

ネットワークエンジニアは、現代社会に必要不可欠なネットワークを扱っているため、速やかに課題が解決できる思考力も大切です。

通信相手と意思疎通できる言語力

ネットワークエンジニアは、ネットワークを通じて通信相手と話すことがあります

たとえば、問題が生じた際には問題を解決するためにサポートすることもあり、対応できる言語力が必要になるでしょう。

必ずしも海外の人と繋がるわけではありませんが、仮に英語が話せれば海外の通信相手でも意志疎通ができます。

また、英語力があるだけで海外での活躍も期待できるため、早めに習得するのも大切です。

全体を見通す俯瞰力

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計、構築から運用や保守を担当しています。

一連の流れをすべて担当しているため、どこに問題が生じているのかをすぐに見つけるためにも全体を見通せる力は必須です。

運用中に問題が起きた場合も、どのネットワーク機器に原因があるのか、すぐに見つけられるよう、つねに監視する必要もあります。

俯瞰力があれば全体を一歩引いた形でみることができ、すぐに原因を見つけ出すこともできるため、培っておきましょう。

ITに関する基礎知識

ネットワークエンジニアは、IT職の1つであるため、ITに関する基礎知識は持ちましょう

ほかのエンジニアのようにプログラミングをおこなうわけではありませんが、プログラミングをはじめとするITに関する知識をもっていたほうが、活躍の幅も広がります。

また、近年はクラウドやAIなどIT化が進んでいることもあり、さまざまな最新技術が増えているのも事実です。

流行に遅れないように、自らITに関する情報は収集しておきましょう。

コミュニケーション能力

ネットワークエンジニアは、クライアントから求めているネットワークの内容を聞き出す必要があるため、コミュニケーション能力が必要になります。

クライアントが、どんなセキュリティ対策をしてほしいのか、どれくらいのネットワーク環境であってほしいのかを聞き出すのは、ネットワークエンジニアの役目です。

そのため、クライアントが求めているものを聞き出すために、相手の要望を聞けるヒアリング力や提案力などを持っているとよいでしょう。

営業ほどではありませんが、ネットワークエンジニアも人と話す機会は多いため、ある程度コミュニケーション能力は必須です。

プレゼン力

ネットワークエンジニアが考えたネットワークについて、クライアントに提案することもあります

仮に設計したものがクライアントにとって好ましくない場合、再度設計書の作成をおこなわなければなりません。

クライアントが望んでいるものであり、クライアントに「これでよい」と思ってもらうためには、ネットワークエンジニアのプレゼン力にかかっています。

コンサルタントのようなプレゼンをおこなうわけではありませんが、人を相手にする以上、プレゼン力は養いましょう

文章の作成力

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計を考えたあとに設計書を作成します。

設計書を基に構築をおこなうため、文章の作成力も必要になるでしょう。

作成した設計書の文章が論理的でない場合、構築するのは困難です。

そのため、論理的に文章の構成ができ、誰が読んでも理解できる設計書を作成できるよう、文章力も鍛える必要があります。

通信技術

ネットワークエンジニアはネットワークを管理するエンジニアのため、通信技術が必要になります。

たとえば、DNSやWWWサーバなど、インターネット系の知識は必要不可欠です。

さらに、ネットワーク機器に触れる機会も多いため、各機器を扱えるノウハウも手に入れる必要があります。

通信機器に関する通信技術は、ネットワークエンジニアにとって当たり前となるため、あらかじめ勉強しておくことも大切です。

必要な情報の収集力

わからない問題に直面したときなど、自分で必要な情報を収集できる力を情報収集力と言います。

現在はインターネットがあるため、簡単に調べることができますが、行動に移すか移さないかは別問題です。

つねにアンテナを張り、わからないものがあったらすぐに調べる行動力は、ネットワークエンジニアにとって大切なことであり、今後重宝される人材となるでしょう。

ネットワークエンジニアはクラウドなどあたらしい技術とともに仕事をおこなうことが増えるため、さまざまな知識を積極的に収集し、ITへの強い関心を持つことも大切です。

最後までやり抜く責任感

ネットワークエンジニアは、ルーティンワークが多いため、1つのことをコツコツとできる人に向いています

そのため、最後までやり抜く責任感や、忍耐力が必要です。

ネットワークエンジニアは、運用や監視、保守など決められた作業が多いため、油断してしまう業務内容も多く、トラブルが発生したときに咄嗟に動けないこともあります。

障害が起きても、さまざまな角度から問題を解決できるよう、責任感をもって仕事に向き合うことが大切です。


レバテックフリーランス

ネットワークエンジニアのスキルチェックリスト

ネットワークエンジニアに必要なスキルは、さまざまです。

自分にはどんなスキルがあるのか、もしくは持っていないのか確認するために、以下の表にスキルと、チェックできる欄をまとめました。

スキル

持っているか
論理的思考力
課題解決能力
通信相手と意思疎通できる言語力
全体を見通す俯瞰力
ITに関する基礎知識
コミュニケーション能力
プレゼン力
文章の作成力
通信技術
必要な情報の収集力
最後までやり抜く責任感

自分が持っているスキルを確認し、持っていないスキルに関しては努力をして獲得しましょう。

しかし、必ずしもすべて持っている必要はなく、あくまでも参考程度のスキルであるため、自分で必要だと思うものは積極的に培うようにしてください

【一覧】ネットワークエンジニアに必要な知識

ネットワークエンジニアには、以下の8つの知識が必要です。

  1. ネットワークに関する知識
  2. ネットワーク設計
  3. クラウド
  4. ハードウェア
  5. セキュリティに関する知識
  6. IPS
  7. ファイアウォール
  8. サーバーに関する知識

ネットワークに関するものだけではなくほかの技術や知識も必要になるため、確認しましょう。

ネットワークに関する知識

ネットワークエンジニアは、ネットワークを管理する職業のため、ネットワークに関する知識を豊富にそろえる必要があります

近年は、5Gの通信媒体も増えてきており、時代に合わせたネットワーク通信の技術が進歩しているのが現状です。

また、ネットワーク機器を扱うことも多く、ルーターやLAN系など、さまざまな機器を使う機会もあります。

ネットワークを構築したあとも、機器の接続をおこなうのはネットワークエンジニアの仕事のため、技術やノウハウも大切です。

ネットワーク設計

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計をおこない構築するのが仕事です。

設計は構築と同様に上流工程の1つと考えられているため、ネットワーク設計の知識や経験がある人は、今後のキャリアを築く際にも有利に働くでしょう。

設計をするためには、ネットワーク機器の使い方や、ネットワークの構築の仕方を学ぶ必要があります。

さらに、設計書を作成する力も必要なため、「設計ができる」というだけで、ほとんどの仕事を任せられる人だと認めてもらいやすいです。

クラウド

近年、IT化が進んできており、クラウド技術が台頭しています。

従来のオンプレミス運用からクラウドに移行している企業は多く、ネットワークエンジニアもクラウドについて詳しくなる必要があるでしょう。

さらに、オンプレミスとクラウドを同時に使っている企業も増えているため、どちらの知識も持っているネットワークエンジニアは重宝されます。

クラウドは、AWSが全体の3割独占している状態のため、クラウドに詳しくなりたい場合はAWSを勉強するとよいです。

ハードウェア

ネットワークの構築をするためには、ネットワーク機器をはじめとするハードウェアの設定が必要不可欠です。

ハードウェアのなかには、コスパが悪いものもあるため、どのハードウェアを選ぶのかもネットワークエンジニアの技量にかかっています。

ハードウェアによっては通信料に耐えられなくなることもあり、快適なネットワーク通信ができるためにはある程度の知識が必要です。

たとえば、ベンダーの商品情報やベンダーエンジニアとコミュニケーションが取れる程度には、ハードウェアに詳しくなりましょう。

セキュリティに関する知識

ネットワークは必要不可欠なツールであり、便利である一方、つねにサイバー攻撃の対象となります。

そのため、ネットワークエンジニアはセキュリティ対策を常に考えなければならず、取り入れていく技術力も必要です。

ソフトウェアやOSなどはセキュリティ対策がされていることも多いですが、ネットワークの隙を狙ってサイバー攻撃をされる可能性もあります

便利なものである反面危険な部分もあるため、セキュリティについてしっかりと学ぶようにしましょう。

IPS

IPSは不正アクセスを防止するシステムのことであり、外部ネットワークを監視して不正なアクセスを検知する役割があります。

IPSはネットワークに与える影響が大きく、ネットワークに合わせたセキュリティ対策もできます

ネットワークエンジニアは、ネットワークの監視も業務内容に含まれており、セキュリティ対策もおこなわなければなりません。

そのため、ネットワークエンジニアとしてネットワークのセキュリティを考える際に、IPSを導入することもあるため、IPSについて学ぶことも大切です。

ファイアウォール

ファイアウォールも、IPSと同様ネットワークのセキュリティを守るシステムです。

おもに、信頼できない外部ネットワークからの不正アクセスを未然に防いでくれます

IPSと併用することで、強固なセキュリティ対策をおこなうことができ、不正アクセスの検知や監視に役立たせることが可能です。

ネットワークエンジニアにとって、ネットワークを利用した不正アクセスは防ぎたいもののため、ファイアウォールやIPSなどのセキュリティサービスについて学び、活用するのもよいでしょう。

サーバーに関する知識

ネットワークエンジニアが、サーバーを構築することはほとんどありませんが、ネットワークとサーバーには密接な繋がりがあります

ネットワークがある場合はサーバが必ず存在しており、通信障害が生じた場合は必ずサーバーを確認します。

ネットワークエンジニアがサーバーを構築するスキルを持っていれば、サーバーに関する問題を速やかに解決でき、市場価値は非常に高くなるでしょう。

サーバーの構築にはLinuxのスキルがあると便利なため、さまざまな知識を吸収することが大切です。

エンジニアスキルが乏しいならプログラミングスクールで学ぼう!

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中

※最短30秒でカウンセリング予約ができます。
※カウンセリングには一切料金はかかりません。

テックキャンプ|未経験から本気でITエンジニア転職するならこれ!


テックキャンプリンク先:https://tech-camp.in/

テックキャンプ」は、未経験からのエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

テックキャンプは未経験者向けのカリキュラムやメンターの受講生に質問し放題で学べる環境が整っており、3人体制であなたを就職までサポートしてくれるスクールです。

他のプログラミングスクールよりも高額なのがデメリットではあります。ただ、他のスクールよりもカリキュラムやあなたをサポートしてくれるスタッフなどかなり充実しているのが特徴です。

未経験から3ヶ月くらいの期間でエンジニア転職するには、充実した初心者向けのサポートが必要になります。

以下でテックキャンプと他のプログラミングスクールの比較表を見てみましょう。

テックキャンプの比較表※注釈部分は公式サイトでご確認ください。

テックキャンプを利用すれば最短かつ、わからないときはすぐに質問できる環境でエンジニアになることができます。

受講料が高いのが特徴ですが、厚生労働省指定講座により受講料最大70%OFFで受講できるので、詳しくは無料カウンセリングで聞いてみましょう。
  • 未経験がエンジニアになれる!
  • 履歴書などのサポートもあり
  • 集中して学びたい人向き

無料カウンセリング
に登録する

リンク先:https://tech-camp.in/

◎60,000人の利用実績
◎人気につき予約枠が少ないのでお早めに!

DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK


DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK
リンク先:https://web-camp.io/

おすすめのポイント
  1. 最短3ヶ月の短期集中型で転職を目指せる
  2. 転職成功率98%(未経験も含む)
  3. プログラマー経験者が選ぶ上達できそうなスクールNo.1

DMM WEB CAMP」は、未経験からでも利用できる以下の3つのコースがあります。
  • 短期集中コース:短期集中で最短3ヶ月でITエンジニアへ転職(転職保証付き)
  • 専門技術コース:短期集中コースのカリキュラムに加えてAIまたはクラウドを学習し、より専門性を高め転職できる(最大で受講料の70%をキャッシュバック)
  • 就業両立コース:働きながら学習し転職を目指す(転職保証付き)
それぞれの特徴は以下でチェックしてください。
短期集中コースの詳細と料金
短期集中コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
短期集中コースの詳細条件はあるが、もし転職できなければ受講料を全額返金されるので、転職を軸にスクールを探している方におすすめです。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間3ヶ月間の学習
総額料金総額690,800円(税込)
分割料金月々15,500円(税込)~【初回のみ20,843円(税込)】
専門技術コースの詳細と料金
専門技術コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
専門技術コースの詳細短期集中コースと異なり、経済産業省の認定講座で、条件を満たすと受講料の最大70%を教育訓練給付金として支給されるのが特徴です。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・AI・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間4ヶ月間の学習
総額料金総額910,800円(税込)↓給付金を適用すると…実質350,800円(税込)
分割料金月々20,500円(税込)~【初回のみ23,723円(税込)】
就業両立コースの詳細と料金
就業両立コースの詳細ライフスタイルに合わせ、働きながらプログラミングを学習しITエンジニアを目指したい方におすすめ!

・転職保証制度つきで、もし転職できなければ受講料を全額返金 ※条件あり
・柔軟な学習スケジュールで働きながらプログラミングを学習し転職を目指せる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間12週間/16週間の学習
総額料金総額889,350円(税込)
分割料金月々37,669円(税込)~【初回のみ110,000円(税込)】

各コースともにカウンセリング参加から5日以内の契約で、最大5万円をキャッシュバックする制度を実施中です!

スクールは「通学スタイル」と「オンラインスタイル」の2種類があるので、自分に合った勉強方法を選びましょう。
他社との比較
  • 現役エンジニアの81%がオススメ
  • 最短3ヶ月で職に就ける
  • 何度でもメンターに質問し放題

完全
無料
30秒で
今すぐ登録

リンク先:https://web-camp.io/

☆面接対策までサポート!!
☆初心者の転職成功率98%!!

tech boost|先着20名様限定で「受講期間が1ヶ月延長無料」


tech boost
リンク先:https://tech-boost.jp/

おすすめのポイント
  1. 講師は現役エンジニアで質問し放題
  2. 挫折しない96%の受講生が学生を完遂
  3. 最安6,500円から月額15,100円で受講可能
tech boost 」は、キャリアサポート満足度の高いプログラミングスクールに3年連続輝いているプログラミングスクールです。

tech boostでプログラミングを学ぶ理由は以下のとおりです。
  • キャリアの選択肢が広がる(IT系の求人倍率は7.29倍)
  • 年収は他職種と比較して約110万円以上

選ぶメリットは以下の一覧をご確認ください。
https://www.ncxx.co.jp/career/tech-boosttech boostのコースは3種類あります。
  1. スタンダートコース
  2. ブーストコース
  3. AIコース

それぞれの詳細は以下をご確認ください。
スタンダートコースの詳細と料金
スタンダートコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金

tech boostは1ヶ月ごとに受講期間が延長できるため、受講期間内に終わらなくても、月額料金で自分の満足いくまで受講することができます。全体的な料金は以下のとおりです。
techboostの全体料金
また他社のプログラミングスークルは分割ローンで金利が14%ですが、tec boostは教育ローンなので、7.5%の金利で済みます。

延長代無料(実質月額1ヶ月無料)のキャンペーンは予告なく終わってしまうので、早めにカウンセリングに参加してみましょう。
  • オンライン/通学両方OK!!
  • 講師は現役エンジニア
  • 受講料最大70%OFF

完全
無料
今だけ
295,680円OFFで
申し込む

リンク先:https://tech-boost.jp/

☆3年連続満足度No.1
☆96%が最後まで受講実績

ネットワークエンジニアとしてスキルアップするためには?

ネットワークエンジニアがスキルアップするためには、以下7つをおこなうとよいです。

  1. ネットワークに関する知識を深める
  2. セキュリティに関する専門的知識を増やす
  3. クラウドに詳しくなる
  4. マネジメントスキルを培う
  5. プログラミング言語を学ぶ
  6. 英語力を鍛える
  7. 資格を取得する

ネットワークに関する知識を深める

ネットワークエンジニアとしてより活躍するためには、ネットワークに関する知識を深めましょう。

ネットワークエンジニアは、ネットワークのスペシャリストと呼べるため、ネットワークに関するあらゆる情報に詳しくなければなりません

たとえばクラウドや、AI、5GやIoTなど今後進化するだろう技術についても、知見を広めていきましょう。

ネットワークエンジニアは、新しい技術とともに進化する必要があるため、従来のやり方に縛られていてはスキルアップはできません

セキュリティに関する専門的知識を増やす

IPSやファイアウォールなど、不正アクセスを未然に防ぐセキュリティ対策についても詳しくなりましょう

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築をする際に、セキュリティについても考えながら構築をします。

とくに、クライアントの要望に合わせてセキュリティ面について考えることになるでしょう。

その際に、クライアントが望んでいるセキュリティ対策のされたネットワークが構築できるように、あらかじめセキュリティに関する知識を増やしておくことも大切です。

クラウドに詳しくなる

近年、クラウドが台頭してきており、従来のオンプレミスな運用がなくなりつつあります。

そこで、ネットワークエンジニアもクラウドを用いた業務内容へ幅が広がっており、クラウドへの知見を広げる必要があるでしょう。

IT化にともないクラウドを導入している企業は多く、クラウドに詳しくないネットワークエンジニアは、仕事がなくなってしまいます。

仕事を減らさず、むしろ増やしていくためには、クラウドに詳しくなることが必須です。

マネジメントスキルを培う

ネットワークエンジニアは、チームを組んで仕事をおこないます

ネットワークの設計、構築や運用までメンバーとともにおこなうため、スケジュール管理や進捗管理をしなければなりません。

マネジメントスキルがあれば、メンバー一人ひとりの進捗も把握できるだけではなく、ハードウェアの導入に費用がいくらかかるのかなどのプロジェクト全体の管理も可能です。

マネジメントスキルは、ネットワークエンジニアだけではなく多くの職業で必須となるスキルのため、仮に転職活動をする際は有利に働きます

プログラミング言語を学ぶ

ネットワークエンジニアは、システムエンジニアやプログラマーのようにプログラミングをおこなう職業ではありませんが、プログラミング言語を覚えておいたほうが安心はできます。

たとえば、毎日同じ作業の繰り返しのため、プログラミングをして自動化ツールを作成し、業務の効率を上げたいときもプログラミングは必須です。

また、クラウドを管理するために必要なスクリプトなど、ほかの業務でもプログラミングは必要となる場面が多くあります。

とくに、以下4つのプログラミング言語を覚えておけば市場価値も高くなるため、参考にしてください。

  1. Ruby
  2. JavaScript
  3. Java
  4. Python

英語力を鍛える

ネットワークエンジニアは、通信相手と直接話すこともあり、仮に相手が海外の人だと英語が必要になります。

また、海外でのネットワークエンジニアの市場価値は高く、海外に進出したいと考えているならば、英語力は必須です。

海外では、ネットワークエンジニアはネットワークのスペシャリストだと考えられており、ハイレベルな職業であるとされています。

実力を発揮するためだけではなく、今後の自分の市場価値を高めるためにも、英語力は鍛えておきましょう

資格を取得する

資格を取得することは、もっともキャリアアップをするために手っ取り早い方法と言えます。

ネットワークエンジニアがキャリアアップするためには、以下の4つの資格があると有効活用が可能です。

  1. ネットワークスペシャリスト試験
  2. CCNA
  3. CCNP
  4. CCIE

CCNAは、ネットワークエンジニアであれば誰もが取得を目指す資格のため、CCNAより難易度の高いCCNPやCCIEの取得を目指すとよいでしょう。

誰も持っていない資格を取得することで、学習意欲が評価され、キャリアアップへ一歩前進できます。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

ネットワークエンジニアには、以下の資格がおすすめです。

シスコ技術者認定試験

シスコ技術者認定試験は、ネットワークのスキルを証明できる資格であり、ネットワークエンジニアであれば取得を目指すべき資格とも言えます。

シスコ技術者認定試験は、以下5つのレベルにわけられており、経験者は実務経験年数、未経験者は知識から自分に合ったレベルの試験を受けることが可能です。

  • エントリー
  • アソシエイト
  • プロフェッショナル
  • エキスパート
  • アーキテクト

とくに、エントリーとアソシエイトは別名CCT、CCNAと呼ばれており、ネットワークエンジニアになりはじめた最初のうちに目指す人が多いです。

シスコ技術者認定試験は有効期限が3年と決まっており、常に勉強し続けなければならないという特徴があります。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト試験では、ネットワークに関する高度な知識を問われる資格で、キャリアアップをしたいエンジニアにおすすめの資格です。

この試験では、おもに以下の内容が問われます。

  • ネットワークの要件定義や運用について
  • セキュリティ

試験内容はネットワークとセキュリティの2分野となっていますが、どれも求められるレベルは非常に高いです。

合格率は14%程度と、難易度の高い試験ではありますが、資格を取得すればキャリアアップもできるため、挑戦してみるのもよいでしょう。

情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験とは、情報系の資格のなかで、唯一の士業になれる試験であり、難易度も高い資格とされています。

おもに、情報セキュリティの国家資格であり、情報処理技術者としての知識や経験、技術があると証明できる資格です。

ネットワークを利用したサイバー攻撃は年々増えており、専門知識のある人材が求められています。

情報処理安全確保支援士試験に合格することでサイバー攻撃へのセキュリティ対策をおこなえる人材となり、安全にネットワークが使えるネットワークエンジニアとして重宝されるでしょう。

Linux技術者認定試験

LinuCは、LPICと同様にLinuxに関する資格の1つであり、レベル1からレベル3までの難易度にわけることができます。

とくにLPICは海外のエンジニアを対象としている試験ですが、LinuCは日本市場向けの資格のため、まずはLinuCを目指すのもよいです。

LinuCは、実務経験がない状態でも試験を受けることができるため、転職をしている人にもメリットがあります。

さらに、近年流行している仮想通貨のような仮想化技術に関する専門的知識についても学べるため、さまざまな知識を必要とするネットワークエンジニアにとってメリットの高い資格です。

まとめ|ネットワークエンジニアには必要なスキルがたくさんある!

IT化が進む現代において、ネットワークに関する詳しい知識が豊富なネットワークエンジニアは、どの業界においても重宝される職業です。

ネットワークエンジニアには、さまざまなスキルや知識が必要であり、活躍の幅を広げるためには資格の取得を目指す必要もあります。

しかし、ネットワークエンジニアは夜勤や休日出勤も多く、まとまった時間で資格勉強をおこなうことは困難です。

自ら積極的に学ぶ姿勢を持ち、資格取得にむけた学習ができる人は、ネットワークエンジニアに向いています。

近年、クラウドやAIの台頭により、IT化が進んでいるのが現状です。

IT化が進むことにより、ネットワークエンジニアの需要はますます高まっていくと考えられており、IT人材として多くの業界で求められるでしょう。

今のうちにネットワークエンジニアとして就職し、IT業界を引っ張っていける人材へ成長するのもおすすめです。

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中