ネットワークエンジニアはやめとけ?未経験はおすすめしない?

ネットワークエンジニアはなんでやめとけと言われるの?業務はきつい?

ネットワークエンジニアには将来性がないって本当?オワコンって言われているけど実際は?

IT化が進んでいる現代において、ネットワークは必要不可欠なツールです。

そんなネットワークを管理するエンジニアとして、ネットワークエンジニアという職業があります。

ネットワークエンジニアはIT職の1つではありますが、上記のような不安があるのも事実です。

そこで、この記事ではネットワークエンジニアがやめとけと言われる理由や、将来性について徹底的に解説します。

高い単価の案件のネットワークエンジニア案件を探すなら「レバテックフリーランス」がおすすめです。

レバテックフリーランスは、フリーランスとフリーランスを採用したい企業の仲介をおこなっている人材サービスです。
レバテックのCTAレバテックフリーランス」は、登録者数No.1のフリーランスエージェントで、その登録者の平均年収が862万円と脅威の数字を誇っています。

登録者が多いのにもかかわらず、平均年収が高いということはそれだけ『1つの案件に対する単価が高い』ということです。

またシステムエンジニアの求人・案件を業界トップクラスで保有しています。

ネットワークエンジニアのレバテックフリーランス

※更新日:2023年2月


在宅・リモートで働けるネットワークエンジニア案件を探したいならレバテック一択と言えるでしょう。登録はもちろん無料ですし、案件を見るだけの登録でもOKです!
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

他のエージェントも見る
右横にスライドで詳細確認できます。
通常、2〜3社登録することでより多くの案件を探せます(複数登録OK)
エージェントRANK支払いサイトおすすめの人/特徴公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
15日スキルが高いエンジニアにおすすめ!!(未経験NG)
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No,1・登録者の平均年収は862万円
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
https://mid-works.com/
案件数:約7,300
3位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
4位.クラウドテック
クラウドテック
15日・リモート案件多数
・クラウドワークスが運営
・会員数10万人以上
https://crowdtech.jp/
案件数:非公開
5位.フリーランススタート
フリーランススタート
・エンジニア向けのIndeed
・自力で案件を探したい人向け
・あらゆる案件が見つかりやすい
https://freelance-start.com/
案件数:約480,000
6位.テックビスフリーランス
テックビズフリーランス
20日・税務代行が無料対応!!
・案件継続率97%超
・業務時間後や土日でも相談対応OK
https://freelance.techbiz.co.jp/
案件数:約30,000
7位.フォスターフリーランス
フォスターフリーランス
30日・最短3日で就業!!即開始案件多数!!
・freee年間利用料キャッシュバック対象あり
・最高報酬が230万円と高単価案件あり
https://freelance.fosternet.jp/
案件数:約2,500
8位.テクフリ
テクフリ
30日・スキルシート提出&面談で3,000円のギフト券!!
・企業との面談で5,000円のアマギフ!!
・2023年1月稼働開始で10,000円の現金!!
https://freelance.techcareer.jp/
案件数:約12,000
9位.IT求人ナビ
IT求人ナビ
30日・新卒でも利用できる!!
・エンジニア「超」第一主義
・未経験、転職でも登録OK
https://it-kyujin.jp/
案件数:掲載なし
10位.PE-BANK
PE-BANK
40日・青色申告をフルサポート
・報酬が翌月5営業日になる早払いサービスあり
・エンジニアの紹介で100,000円の奨励金
https://pe-bank.jp/
案件数:50,000
11位.エンジニアスタイル
エンジニアスタイル東京
・案件応募でAmazonギフト券最大10万円プレゼント!!
・リモートや在宅の案件が豊富
・応募は1クリックで連絡を待つのみ
https://engineer-style.jp/
案件数:約190,000

ネットワークエンジニアが「やめとけ」と言われる理由

ネットワークエンジニアが「やめとけ」「きつい」などとネガティブなイメージを持たれるのは、以下の理由が原因です。

  1. トラブル対応が多い
  2. 目標が立てにくい
  3. 夜間業務がある
  4. 最初は年収が低い
  5. スピードが大切
  6. 資格を取得するための時間が足りない
  7. スキルをものにできない
  8. 求められるスキルのレベルが高い
  9. キャリアアップが難しい

トラブル対応が多い

インターネットが普及している現代、ネットワークをはじめとするインフラはトラブルや不具合が生じやすいのが現状です。

そのため、トラブルが起きるとすぐに対応しなければなりません。

ネットワークエンジニアは、ネットワークに関する業務がメインであり、トラブルも起きやすいです。

トラブルが起きれば土日だろうと出勤しなければならず、身体を休めることができない点から「やめとけ」と言われる原因となっています。

目標が立てにくい

ネットワークエンジニアはルーティンワークが多いため、新しい仕事をおこなう機会がありません。

そのため、目標を立てるのが難しく仕事のモチベーションを維持するのも困難です。

仕事はモチベーションを維持しながら進めるほうが楽しくやりがいを感じやすいため、モチベーションを上げるための目標が立てにくいのは、デメリットとなります。

やる気があり、昇進などの理想がある方は、ネットワークエンジニアは理想の働き方ではないかもしれません。

夜間業務がある

ネットワークエンジニアは、夜勤も多く、規則正しい生活を送りにくい職業です。

そのため、体も壊しやすくQOLを保ちにくいと言えます。

夜間業務があると身体を休ませることができず、休まっていない身体のまま仕事を進めることになり大変です。

勤務時間が定まっており、夜は休めるほうがよいと考えている方は、ネットワークエンジニアの働き方は向いていません。

最初は年収が低い

ネットワークエンジニアは、最初は年収が低い設定になっています。

しかし、資格を取得すれば昇給することもでき、年収を上げることは可能です。

大手企業だと、資格取得後は資格手当を貰えたりと待遇がよくなることもありますが、最初は年収が低いためモチベーションを上げることが難しいかもしれません。

最初から年収は高めがよいと考えている場合は、ネットワークエンジニアを「辛い仕事」と感じやすいでしょう。

スピードが大切

ネットワークエンジニアはルーティンワークが多く、常にスピートが重視されます。

ネットワークという現代社会で必要不可欠なインフラの管理を担当するため、トラブルを放置してはいけません

そのため質よりもスピードが求められ、自分のペースで仕事をするのが困難です。

また、スピードを求めるあまり土日や祝日出勤もあるため、自分の身体を優先できないところも辛いと言われる原因の1つと言えます。

資格を取得するための時間が足りない

ネットワークエンジニアは、資格を取得することで昇給できる職業です。

しかし、夜間業務があったり、土日祝日の出勤があったりと非常に忙しく、資格取得にむけた学習時間を取るのが困難であり、簡単に資格を取得することができません。

昇給するために資格取得を目指しますが、資格取得のための学習時間は取りにくい矛盾が生じていることから、ネットワークエンジニアはやめとけと言われています。

資格を取得することはできますが、自ら学ぶための努力をおこなうことも大切であり、時間の使い方も調整しなければならない点がネットワークエンジニアの辛いところです。

スキルをものにできない

ネットワークエンジニアは、おもに以下の仕事内容となります。

  1. ネットワークの設計
  2. ネットワークの構築
  3. ネットワークの監視
  4. ネットワークの保守
  5. ネットワークの運用

どれも一連の流れとなっており、ルーティンワークのなかに組み込まれているため、新しい仕事をおこなう場面が少ないです。

経験で得た知識やスキルを発揮できないだけではなく、新しいスキルを取得することも難しいため、ネットワークエンジニアはやめとけと言われています。

スキルを手に入れるためには、スクールなどに通って自分から積極的に学ぶ必要があり、学習時間の確保や先輩からスキルを奪うことも大切です。

求められるスキルのレベルが高い

ネットワークエンジニアは、クラウドやAIの技術に詳しくなければ仕事ができません

現在、クラウドやAIの技術が台頭してきており、ネットワークエンジニアはそれらの技術を使う必要があります。

ネットワークエンジニアは、クラウドの技術を覚えなければできる仕事の範囲が狭まってしまうため、必須と考えましょう。

しかし、クラウドはAWSをはじめとするさまざまなクラウドサービスが展開されているため難しく、レベルが高いところが、ネットワークエンジニアは大変だと考えられている原因です。

キャリアアップが難しい

ネットワークエンジニアは、ネットワークエンジニアとしてキャリアアップするのが難しい職業です。

そのため、昇進ができずモチベーションも下がるため、ネットワークエンジニアはやめとけと言われています。

しかし、ネットワークエンジニアの経験があればほかの職業へ転職もしやすく、キャリアを上げることは可能です。

たとえば以下のような職業へ転職することもできるため、挑戦してみるのもよいでしょう。

  1. セキュリティエンジニア
  2. ITコンサルタント
  3. クラウドエンジニア
  4. インフラエンジニア
  5. テクニカルサポート

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら


レバテックフリーランス

ネットワークエンジニアは将来性がない(オワコン)ってホント?

ネットワークエンジニアには将来性がないと言われていますが、実際は将来性の高い職業です。

理由は、以下の3つです。

  1. クラウドの登場により幅広い業務が求められる
  2. 常にスキルアップしなければならない
  3. ネットワークエンジニアの求人は多い

クラウドの登場により幅広い業務が求められる

クラウドが台頭してきたことにより、オンプレミスな運用からクラウドへの運用に移行が求められています。

多くの企業でクラウドの利用が広まっており、ネットワークエンジニアもクラウドを使った仕事に切り替えることが増えてきました

クラウドの登場により、仕事が減ると考えられていましたが、実はその逆でネットワークエンジニアはクラウドを利用した仕事が増加しています。

そのため、幅広い業務がこれからも求められると考えられており、将来性は非常に高いと言えます。

常にスキルアップしなければならない

ネットワークエンジニアは、AIなどの最新技術にも対応しなければならず、つねに学習が必要になります。

近年は5G対応の媒体も増えてきており、ネットワーク関連も進歩しているのが現状です。

最新技術の知識やスキルだけではなく、これからどんな技術が進化するのかなど、積極的にアンテナを張る必要もあるでしょう。

将来性のない職業であれば学習する必要はないため、ネットワークエンジニアには将来性があると言えます。

ネットワークエンジニアの求人は多い

ネットワークエンジニアはオワコンだと言われていますが、求人数はエンジニアのなかでも多いです。

ネットワークエンジニアはオワコンだと言われていますが、今後さらに活躍の幅が広がる職業の1つのため価値が下がることはありません

今のうちにネットワークエンジニアになっていたほうが、将来IT化が進んだ現代社会でさらなる活躍ができるでしょう。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら


レバテックフリーランス

【あるある】ネットワークエンジニアの辛い体験

ネットワークエンジニアには、以下のような辛い体験をすることもあります。

一例にすぎませんが、参考程度に確認しましょう。

データセンターなどは郊外にあるためきつい

データセンターとは、サーバーやさまざまな通信情報やネットワーク装置を集約している施設のことです。

データセンターにはネットワークの要とも呼べる機器が多く存在し、強盗などの被害にあわないよう郊外に設置していることがあります。

データセンターでの作業の担当になると、郊外への移動に時間がとられ、終電に間に合わないこともあり大変です。

会社は街なかにあったとしても、データセンターが遠くにあると通勤も大変なため、辛いと感じることもあるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事は単調なためつまらない

ネットワークエンジニアは、ルーティンワークが多い仕事のため淡々としておりつまらないと感じる人もいます。

ルーティンワークのなかにも、トラブル対応など臨機応変に対応するべき仕事も多くありますが、ほかの仕事のように日によってかわる仕事内容なわけではありません。

そのため、仕事が単調になってしまいモチベーションが上がらない人もいるでしょう。

しかし、ネットワークエンジニアの仕事は日々同じことを繰り返す職業なため、安定した仕事をしたい人には向いています。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は、dodaによると448万円とされています。

日本の平均年収は国税庁が発表した「令和3年分民間給与実態統計調査」によると443万円とされており、ネットワークエンジニアの年収は平均的と言えるでしょう。

一方、ソフトバンクなどの大手企業に勤めるネットワークエンジニアは、平均年収760万円と大幅に上回っており、年収を上げるには大手企業に勤めるとよいです。

しかし、中小企業でも年齢が上がるにつれて年収はあがり、平均年収500万円程度と一定の収入を得ることもできます

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアに向いている人は、以下の6つの特徴があります。

  1. チームワークが得意な人
  2. ヒアリング力がある人
  3. 学習意欲が高い人
  4. 責任感が強い人
  5. ルーティンワークが得意な人
  6. 夜間業務でも対応できる人

チームワークが得意な人

ネットワークエンジニアは、チームを組んで仕事をおこないます。

そのため、チームワークをとって仕事ができる人は、ネットワークエンジニアに向いているでしょう。

ネットワークエンジニアは、ネットワークだけではなく多くの通信情報を扱うため、チームワークを乱してはいけません。

誰がどんな仕事をしていたのか分からなくなると、不具合が生じてしまうため、チームワークはとても大切です。

ヒアリング力がある人

ネットワークエンジニアは、クライアントと話す機会は滅多にありません。

しかし、ネットワークの設計や構築をする際は、クライアントの意向を聞く必要があります。

たとえば、セキュリティ面やどれくらいのネットワーク環境ならよいのか、詳しく聞くためにはヒアリング力が大切です。

機械と向き合うだけではなく人と向き合うこともあるため、ヒアリング力やコミュニケーション力は養うようにしましょう。

学習意欲が高い人

ネットワークエンジニアは、資格を取得すると年収を上げることができます

また、日々新しい技術が進歩しているため、使えるように学ぶことも大切です。

さらに、最新機器に触れる機会も多くあり、扱い方は自分で学ばなければなりません。

学習意欲が高く、自分で積極的に学べる人は、ネットワークエンジニアに向いているでしょう。

責任感が強い人

ネットワークエンジニアは、通信情報を扱う職業のため、大切に情報を扱える人に向いています

そのため、責任感が強く最後まで仕事を一任できる人はネットワークエンジニアが向いているでしょう。

ネットワークエンジニアは、設計から監視、運用まで一連の流れをすべておこなうことが仕事です。

どれか1つでも仕事を放棄すると進まなくなるため、最後まで責任感がある人は重宝されます。

ルーティンワークが得意な人

ネットワークエンジニアは、毎日同じ仕事の繰り返しです。

トラブルが発生することもありますが、ほぼ同じ仕事内容のため単調な業務内容となります。

単調な仕事ではありますが、どれも責任をもって作業をしなければならず、途中で放棄してはいけません。

ルーティンワークは簡単に思われがちですが、毎日同じことの繰り返しをするのは根気が必要なため、ルーティンワークが得意だと感じる人は、ネットワークエンジニアが向いています。

夜間業務でも対応できる人

ネットワークエンジニアは夜間業務も多くあるため、夜間でも仕事ができる人はネットワークエンジニアに向いています

近年はフレックス制度やコアタイムなどを設けることで、自分で自由な時間を決めて働くことが当たり前の時代です。

しかし、ネットワークエンジニアはいつトラブルが起きても対応できるように、常時待機していなければならず、夜間業務は頻繁にあります。

同じ業務時間でも夜に働くのと朝に働くのでは気持ちも異なるため、夜間業務に対応できると感じている人は、ネットワークエンジニアが向いているでしょう。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら

ネットワークエンジニアは楽しい?やりがい・魅力

ネットワークエンジニアには、以下の5つのやりがいや魅力があります。

  1. 未経験からでも目指しやすい
  2. ネットワークエンジニアの仕事はルーティンワークが多いので楽
  3. 夜間業務は手当も出る
  4. 資格取得で昇給する
  5. 転職しやすい

「やめとけ」「辛い」「きつい」とネガティブなイメージが強いですが、魅力的な部分もたくさんあります。

人によって魅力に感じる部分は異なるため、まずは参考にしてみてください。

未経験からでも目指しやすい

ネットワークエンジニアは、未経験からでも目指すことができる職業です。

ほかのエンジニア職のようにプログラミングをおもにおこなうのではなく、物理的に機器を利用して作業をします。

機器の使い方やネットワークについて詳しければ仕事を進めることができるため、エンジニアとしての経験はあまり必要としません。

転職でIT業界に進みたい人や、新卒でも目指すことができるためおすすめです。

ネットワークエンジニアの仕事はルーティンワークが多いので楽

ネットワークエンジニアの仕事はルーティンワークが多く、覚えることが少ない特徴があります。

人によってはルーティンワークは「つまらない」「疲れる」という印象を抱く場合もありますが、突発的な仕事もなく同じことの繰り返しなため、ルーティンワークのほうがよいと考える人も多いです。

そのため、ルーティンワークばかりのネットワークエンジニアは、仕事が楽であるとも言えます。

臨機応変な対応をせずとも、決まった仕事を繰り返すだけでよいとも言えるため、忙しすぎないところが魅力です。

夜間業務は手当も出る

ネットワークエンジニアは夜間業務が多いため、夜間手当もでます

夜間手当が出れば給料も必然的に上がるため、給料をあげたい人にはネットワークエンジニアはおすすめです。

しかし、毎日夜勤になるわけではなく、シフトもランダムに決まります。

夜間手当を目当てにネットワークエンジニアになるのはやめましょう。

資格取得で昇給する

資格を取得することで、昇給ができるため年収を上げることができます。

ネットワークエンジニアは、最初は年収が低い特徴がありますが、早めに資格を取得することで若い世代から年収を上げることが可能です。

たとえば、CCIEのような高難易度の資格を取得すれば、年収を1,000万円まで上げることができます

資格取得するまでに時間はかかりますが、年収を大幅に上げることもできるため挑戦してみるのもよいでしょう。

転職しやすい

ネットワークエンジニアの経験があると、さまざまな職種に転職がしやすくなります。

たとえば、以下の職業などが転職に向いている職業であり、転職エージェントに登録するとより多くの職種を紹介してもらえるでしょう。

  • クラウドエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • ITコンサルタント
  • テクニカルサポート

ネットワークエンジニアは、クラウドなどの最新技術に関する業務が多く、IT化を進めるためにはその知識が必要になります。

多くの企業で、ネットワークエンジニアの経験が重宝されるため、転職は比較的しやすいでしょう。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら

ネットワークエンジニアのキャリアパス・キャリアアップ方法

ネットワークエンジニアのキャリアパスは、一般的に以下のような流れになっています。

  1. エントリーレベル
    ネットワークエンジニアの初歩的な知識や技術を習得し、基本的な業務を担当する。
  2. シニアネットワークエンジニア
    より高度なネットワーク技術を習得し、より高度な業務を担当する。
  3. ネットワークアーキテクト
    ネットワークの設計や構築、運用など、より戦略的かつ高度な業務を担当する。

ネットワークエンジニアのキャリアアップ方法としては、以下のようなものがあります。

資格取得

CiscoやJuniperなどのベンダーが認定するネットワーク技術系の資格を取得することで、自身のスキルアップにつなげることができます。

技術習得

新しい技術やトレンドについて、積極的に学習し、自身のスキルアップにつなげることが重要です。

具体的には、技術書籍やオンラインコースなどを活用し、学習を進めることが有効です。

プロジェクト経験

新しいプロジェクトに参加し、新しい業務や技術に触れることで、キャリアアップにつなげることができます。

また、プロジェクトの遂行能力やリーダーシップを発揮することで、スキルアップにもつながります。

英語力の向上

グローバルな企業で働く場合、英語力は重要なスキルの一つです。

英語力を高めることで、海外の技術情報やトレンドにアクセスしやすくなり、自身のスキルアップにつなげることができます。

ネットワークエンジニアをやめないためにはどうする?

ネットワークエンジニアをやめたいと感じた場合は、以下2つの対応をおこなってください。

  1. 夜間業務と上手に向き合う
  2. トラブル対応も迅速に対応する

ネットワークエンジニアは、夜間業務が多かったりトラブル対応が多かったりと、ほかの職業とは異なる特徴が多いです。

ネットワークエンジニアの特徴に合わせた対応を行えば、自分のやりたいように仕事を進めることができるかもしれません。

夜間業務と上手に向き合う

ネットワークエンジニアは夜間業務が多いため、慣れない人も多いです。

夜勤と向き合うには、時間の使い方を学び、身体を慣らすことが必要になります。

夜に働くのは、日中に働くのとは異なり体調も崩しやすく、向いていない人は向いていません。

しかし、夜勤がある場合はしっかりと寝たり、夜勤以外の時間に資格取得の勉強をおこなうなど、時間の計画を立てて仕事を進めていきましょう。

トラブル対応も迅速に対応する

ネットワークエンジニアはトラブル対応も多く、迅速な対応が求められます

毎日ルーティンワークとはいえ、多くの人が使うネットワークに不具合が生じることもあるでしょう。

ネットワークに生じた不具合は、迅速に対応しなければ多くの人が困ってしまいます。

トラブル対応への責任が重大であることを理解して仕事を進めれば、自分の仕事の価値もわかり、迅速な対応もできるはずです。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら

ネットワークエンジニアが身に着けるべきスキル

ネットワークエンジニアは、以下の3つのスキルを身に着けるべきです。

  1. サーバー構築のスキル
  2. クラウドの知識
  3. プログラミングスキル

必ず必要なわけではありませんが、上記のスキルを身に着けておくと、活躍の幅が広がります。

サーバー構築のスキル

ネットワークエンジニアが、サーバーを構築することはほとんどありませんが、ネットワークとサーバーには密接な繋がりがあります

ネットワークがある場合はサーバが必ず存在しており、通信障害が生じた場合は必ずサーバーを確認します。

ネットワークエンジニアがサーバーを構築するスキルを持っていれば、サーバーに関する問題を速やかに解決でき、市場価値は非常に高くなるでしょう。

サーバーの構築にはLinuxのスキルがあると便利なため、さまざまな知識を吸収することが大切です。

クラウドの知識

近年、IT化が進んできており、クラウド技術が台頭しています。

従来のオンプレミス運用からクラウドに移行している企業は多く、ネットワークエンジニアもクラウドについて詳しくなる必要があるでしょう。

さらに、オンプレミスとクラウドを同時に使っている企業も増えているため、どちらの知識も持っているネットワークエンジニアは重宝されます。

クラウドは、AWSが全体の3割独占している状態のため、クラウドに詳しくなりたい場合はAWSを勉強するとよいです。

プログラミングスキル

プログラミングができるネットワークエンジニアは、効率よく仕事を進めることができるため、重宝されます。

たとえば、日々のルーティンワークのなかで自動化できる業務があれば、プログラミングをして自動化ツールの作成も可能です。

自動化できればほかの業務を進めることもでき、業務の効率が上がります。

ネットワークエンジニアだけではなく、どんな職業でもプログラミングによる自動化は重宝されるため、プログラミングスクールなどに通いプログラミングスキルを身に着けるのも大事です。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら

未経験から最短でプログラミングを学ぶならプログラミングスクール!

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中

※最短30秒でカウンセリング予約ができます。
※カウンセリングには一切料金はかかりません。

テックキャンプ|未経験から本気でITエンジニア転職するならこれ!


テックキャンプリンク先:https://tech-camp.in/

テックキャンプ」は、未経験からのエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

テックキャンプは未経験者向けのカリキュラムやメンターの受講生に質問し放題で学べる環境が整っており、3人体制であなたを就職までサポートしてくれるスクールです。

他のプログラミングスクールよりも高額なのがデメリットではあります。ただ、他のスクールよりもカリキュラムやあなたをサポートしてくれるスタッフなどかなり充実しているのが特徴です。

未経験から3ヶ月くらいの期間でエンジニア転職するには、充実した初心者向けのサポートが必要になります。

以下でテックキャンプと他のプログラミングスクールの比較表を見てみましょう。

テックキャンプの比較表※注釈部分は公式サイトでご確認ください。

テックキャンプを利用すれば最短かつ、わからないときはすぐに質問できる環境でエンジニアになることができます。

受講料が高いのが特徴ですが、厚生労働省指定講座により受講料最大70%OFFで受講できるので、詳しくは無料カウンセリングで聞いてみましょう。
  • 未経験がエンジニアになれる!
  • 履歴書などのサポートもあり
  • 集中して学びたい人向き

無料カウンセリング
に登録する

リンク先:https://tech-camp.in/

◎60,000人の利用実績
◎人気につき予約枠が少ないのでお早めに!

DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK


DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK
リンク先:https://web-camp.io/

おすすめのポイント
  1. 最短3ヶ月の短期集中型で転職を目指せる
  2. 転職成功率98%(未経験も含む)
  3. プログラマー経験者が選ぶ上達できそうなスクールNo.1

DMM WEB CAMP」は、未経験からでも利用できる以下の3つのコースがあります。
  • 短期集中コース:短期集中で最短3ヶ月でITエンジニアへ転職(転職保証付き)
  • 専門技術コース:短期集中コースのカリキュラムに加えてAIまたはクラウドを学習し、より専門性を高め転職できる(最大で受講料の70%をキャッシュバック)
  • 就業両立コース:働きながら学習し転職を目指す(転職保証付き)
それぞれの特徴は以下でチェックしてください。
短期集中コースの詳細と料金
短期集中コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
短期集中コースの詳細条件はあるが、もし転職できなければ受講料を全額返金されるので、転職を軸にスクールを探している方におすすめです。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間3ヶ月間の学習
総額料金総額690,800円(税込)
分割料金月々15,500円(税込)~【初回のみ20,843円(税込)】
専門技術コースの詳細と料金
専門技術コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
専門技術コースの詳細短期集中コースと異なり、経済産業省の認定講座で、条件を満たすと受講料の最大70%を教育訓練給付金として支給されるのが特徴です。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・AI・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間4ヶ月間の学習
総額料金総額910,800円(税込)↓給付金を適用すると…実質350,800円(税込)
分割料金月々20,500円(税込)~【初回のみ23,723円(税込)】
就業両立コースの詳細と料金
就業両立コースの詳細ライフスタイルに合わせ、働きながらプログラミングを学習しITエンジニアを目指したい方におすすめ!

・転職保証制度つきで、もし転職できなければ受講料を全額返金 ※条件あり
・柔軟な学習スケジュールで働きながらプログラミングを学習し転職を目指せる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間12週間/16週間の学習
総額料金総額889,350円(税込)
分割料金月々37,669円(税込)~【初回のみ110,000円(税込)】

各コースともにカウンセリング参加から5日以内の契約で、最大5万円をキャッシュバックする制度を実施中です!

スクールは「通学スタイル」と「オンラインスタイル」の2種類があるので、自分に合った勉強方法を選びましょう。
他社との比較
  • 現役エンジニアの81%がオススメ
  • 最短3ヶ月で職に就ける
  • 何度でもメンターに質問し放題

完全
無料
30秒で
今すぐ登録

リンク先:https://web-camp.io/

☆面接対策までサポート!!
☆初心者の転職成功率98%!!

tech boost|先着20名様限定で「受講期間が1ヶ月延長無料」


tech boost
リンク先:https://tech-boost.jp/

おすすめのポイント
  1. 講師は現役エンジニアで質問し放題
  2. 挫折しない96%の受講生が学生を完遂
  3. 最安6,500円から月額15,100円で受講可能
tech boost 」は、キャリアサポート満足度の高いプログラミングスクールに3年連続輝いているプログラミングスクールです。

tech boostでプログラミングを学ぶ理由は以下のとおりです。
  • キャリアの選択肢が広がる(IT系の求人倍率は7.29倍)
  • 年収は他職種と比較して約110万円以上

選ぶメリットは以下の一覧をご確認ください。
https://www.ncxx.co.jp/career/tech-boosttech boostのコースは3種類あります。
  1. スタンダートコース
  2. ブーストコース
  3. AIコース

それぞれの詳細は以下をご確認ください。
スタンダートコースの詳細と料金
スタンダートコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金

tech boostは1ヶ月ごとに受講期間が延長できるため、受講期間内に終わらなくても、月額料金で自分の満足いくまで受講することができます。全体的な料金は以下のとおりです。
techboostの全体料金
また他社のプログラミングスークルは分割ローンで金利が14%ですが、tec boostは教育ローンなので、7.5%の金利で済みます。

延長代無料(実質月額1ヶ月無料)のキャンペーンは予告なく終わってしまうので、早めにカウンセリングに参加してみましょう。
  • オンライン/通学両方OK!!
  • 講師は現役エンジニア
  • 受講料最大70%OFF

完全
無料
今だけ
295,680円OFFで
申し込む

リンク先:https://tech-boost.jp/

☆3年連続満足度No.1
☆96%が最後まで受講実績

ネットワークエンジニアが保有するべき資格

ネットワークエンジニアにおすすめできる資格は、以下の5つです。

  1. モバイルシステム技術検定試験
  2. CCNA
  3. ネットワークスペシャリスト試験
  4. LPIC
  5. LinuC

必ずしも必要なわけではなく、受験も無料ではないため費用がかかりますが、資格があれば年収をあげることもできるため、挑戦してみましょう。

モバイルシステム技術検定試験

モバイルシステム技術検定試験とは、モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが実施している検定試験で、モバイルに関する以下の知識を取得していることを証明できる資格です。

  • モバイルシステムを構成するワイヤレス通信
  • モバイル端末のハードウェア・ソフトウェア
  • モバイルコンテンツやサービスなど
  • モバイル端末のセキュリティなど

モバイルと聞くと、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末を思い出す人も多いでしょう。

しかし、モバイルシステム技術検定試験は、IT技術を駆使したモバイルに関する専門知識が問われる検定試験です。

さらに、問われる知識に合わせて1級と2級に難易度がわけられているため、自分のレベルに合わせて試験を受験しましょう。

CCNA

CCNAは、シスコシステムズが実施している試験の1つで、ネットワークの基礎知識を取得できる資格です。

ネットワークエンジニアになったばかりのエンジニアが最初に取得を目指す資格であり、ネットワークの基礎知識だけではなくネットワーク機器に関する実践的な知識も得ることができます。

CCNAはネットワークエンジニア入門にはおすすめの資格であり、未経験から転職を目指す方にもおすすめできる資格です。

CCNAの上には、CCNP、CCIEという資格があり、CCNA取得後にはよりレベルの高いキャリアを目指すことも可能です。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験では、ネットワークに関する高度な知識を問われる資格で、キャリアアップをしたいエンジニアにおすすめの資格です。

この試験では、おもに以下の内容が問われます。

  • ネットワークの要件定義や運用について
  • セキュリティ

試験内容はネットワークとセキュリティの2分野となっていますが、どれも求められるレベルは非常に高いです。

合格率は14%程度と、難易度の高い試験ではありますが、資格を取得すればキャリアアップもできるため、挑戦してみるのもよいでしょう。

LPIC

LPICは、Linuxの普及を目指してるカナダの団体が実施している試験で、Linuxを利用するエンジニアであれば持っておきたい資格です。

Linuxの基本的なことを理解し、操作できることを証明できる資格ですが、ネットワークエンジニアがLinuxを常に使うわけではありません。

しかし、ネットワークとサーバーは切っても切れない密接な関係があり、Linuxについて知っているネットワークエンジニアは重宝されます。

試験は、レベル1とレベル2にわけられるため、まずは基礎的な知識が問われるレベル1に挑戦してみましょう。

LinuC

LinuCは、LPICと同様にLinuxに関する資格の1つであり、レベル1からレベル3までの難易度にわけることができます。

とくにLPICは海外のエンジニアを対象としている試験ですが、LinuCは日本市場向けの資格のため、まずはLinuCを目指すのもよいです。

LinuCは、実務経験がない状態でも試験を受けることができるため、転職をしている人にもメリットがあります。

さらに、近年流行している仮想通貨のような仮想化技術に関する専門的知識についても学べるため、さまざまな知識を必要とするネットワークエンジニアにとってメリットの高い資格です。

\ 最短でエンジニアになるなら /おすすめプログラミングスクールはこちら

まとめ|ネットワークエンジニアは大変だが需要の高い職業!

ネットワークエンジニアは、夜勤やトラブル対応の多い仕事の1つですが、クラウド化が進められている現代において、非常に市場価値の高い職業です。

年収は448万円と日本の平均年収と変わらない年収のため、「ネットワークエンジニアはオワコンだ」と考えている人も多いでしょう。

ネットワークエンジニアは、働き方が過酷で年収も最初のうちは低い特徴がありますが、将来性のある職業です。

さらに、資格を取得すれば年収を上げることもでき、自分の努力次第で魅力あふれる職業になるでしょう。

今後、IT化がますます進んでいくことから、クラウドやAIなどの最新技術に触れる機会の多いネットワークエンジニアは、どの業界でも重宝されます

将来性のあるネットワークエンジニアに今のうちになっておけば、市場価値の高い人間へと成長できるかもしれません。

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中