ネットワークエンジニアのフリーランスの年収は?いくら稼げるのかも解説

「ネットワークエンジニアのフリーランスの年収ってどれくらい?」

「会社員とどちらが稼げるの?」

「未経験でもネットワークエンジニアって目指せる?」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事ではネットワークエンジニアのフリーランスの年収について詳しく解説しています。

最後まで読むこと、実務経験に応じた独立時の年収について理解することが可能です。

ネットワークエンジニアとして年収を上げていく方法や案件獲得の手段も参考にして、キャリアの幅を広げましょう。

おすすめエージェント
右横にスライドで詳細確認できます。
※8月19日更新案件数支払サイト特徴①特徴②特徴③URL
midworks約7,331件20日サイト週2/3日でもOK!正社員クラスの保障ありオンライン面談実施中!
レバテックフリーランス約40,000件15日サイト登録者数No.1利用者の平均年収が862万円業界トップクラスの案件数
フォスターフリーランス約2,000件30日サイト直取引だから高単価freee会計の料金をキャッシュバック25年の実績&登録者20,000人
テックビズフリーランス約30,000件20日サイト案件継続率が97%リモート案件が豊富記帳&確定申告を実質無料でサポート
テクフリ約10,500件30日サイトマージン10%時間幅130~170時間案件ありデザイナーにもおすすめ
ITプロパートナーズ約5,129件35日サイト週2の案件多数!エンド直だから高単価企業数2,000社
IT求人ナビ約215件30日サイト新卒でも利用可能札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡のみ30秒で登録可能!!
おすすめのフリーランスエージェントへ
目次

ネットワークエンジニアのフリーランスの平均年収は経験で異なる

フリーランスのネットワークエンジニアは、経験によって年収が異なります。

実務経験の年数別の月収の目安は、以下の通りです。

こうして見ると、経験によって80万円以上も月収が違うことがわかります。詳しく見ていきましょう。

完全未経験の場合は月収20万円稼ぐのも難しい

実務経験がないネットワークエンジニアは、フリーランスになっても大きく稼ぐことはできません。

なぜなら、ネットワークの監視業務といった責任のある仕事を任せてもらうことができず、請け負う仕事にも限りがあるからです。

ネットワーク案件に必要な基本操作を身につけていても、実際に働いた経験がなければ月収20万円程度になることが多いでしょう。

実務経験1年程度の場合は月収20万円~30万円

企業での経験が1年程度のネットワークエンジニアは、フリーランスで月収20~30万円というケースが多いです。

もともと知識が豊富で対応力のあるエンジニアなら、もっと高い報酬に期待ができるかもしれません。

しかし、フリーランスは報酬から高い健康保険料を支払ったり後から税金を納めたりする必要があります。

トータルの年収で考えると、実務経験1年程度であれば会社員の方がメリットが大きいでしょう。

実務経験3年以上は月収40万円以上も目指せる

ネットワークエンジニアとしての実務経験が3年以上あれば、フリーランスで月収40万円以上の収入を目指せます。

企業で3年間仕事をすることで、先輩エンジニアから仕事を学んだり資格を取得したりといったメリットが生まれるからです。

また、企業によっては海外の人と仕事をする機会にも恵まれ、ネットワークエンジニアとして必要な技術や経験を身につけることができます。

実務経験5年以上は月収60万円以上

実務経験5年以上のネットワークエンジニアは、フリーランスで月額60万円以上は稼げるでしょう。

企業でも中堅の社員として、ときには責任ある立場を任される機会もおとずれる頃です。

ネットワークエンジニアとして一通りの経験をし、効率のよい仕事のやり方を理解しているため、総収入は会社員よりも高くなるケースが多いといえます。

マネジメントや専門分野があれば月収100万円以上も可能

実務年数に関わらず、専門分野のスキルを持っているネットワークエンジニアなら月額100万円を稼ぐことも夢ではありません。

また、プロジェクトの管理やチームリーダーの経験があり、マネジメント能力の高い人も年収が高くなる傾向があります。

需要のある分野のスキルを学んだり、英会話やマネジメント知識を身につけたりするなど努力が大事です。

ネットワークエンジニアのフリーランス案件と単価(年収)相場

ネットワークエンジニアのフリーランス向け案件には、以下のようなものがあります。

月収相場や案件の特徴とあわせて紹介します。

Ciscoのネットワーク設計案件

Ciscoの設計・構築・運用の案件は、休日夜間のシステムメンテナンスやトラブル対応が含まれているものがほとんどです。

急なトラブルを解決できる対応力が必要とされるため、ネットワークエンジニアとして一通りの作業を経験した人におすすめです。

報酬は月額60万円前後と好条件ですが、自由度は低く、指定された時間帯での勤務や出社対応が求められます。

ネットワーク環境構築案件

FortiGateを使ったネットワーク環境構築案件は、月額70万円前後と高単価です。

ネットワーク環境構築案件は、設計書や運用マニュアルの作成まで含まれると報酬が上がります。

一方で、運用までの環境を整えるところまでが業務になるため、勤務期間が3カ月前後と短いことがデメリットです。

長く安定した仕事が欲しい人には向いていません。

金融系ネットワーク・セキュリティの案件

金融グローバル系のネットワーク・セキュリティの構築案件は、高いスキルと実績を持つフリーランスエンジニアにおすすめです。

ネットワーク設計だけではなく、セキュリティ関連の技術も求められるでしょう。

また、グローバル系の案件は英会話能力が必要になります。

報酬は月額65万円前後と高く、エンジニアとしてのスキルアップにもつながる案件です。

ネットワーク導入支援のPM

PM(プロジェクト・マネージャー)の経験があるネットワークエンジニアは、フリーランスになっても高い年収に期待ができます。

要件定義から運用、さらにプリセールスが含まれるネットワーク導入案件は、月額80万円以上と好条件です。

知識以上に経験が必要であることはもちろん、コミュニケーション能力や営業力も求められます。

リモートは少なく都市部に集中

ネットワークエンジニアの求人は、リモート業務が少ないところに特徴があります。

なぜなら、ネットワーク関連の案件には保守運用が含まれることが多く、休日夜間の監視なども求められるからです。

システム障害の対応などもあるため、フルリモート案件はほぼありません。

また、勤務地は都市部に集中していることが多く、フリーランスのメリットである自由度はかなり低いといえるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?

ネットワークエンジニアには、主に4つの仕事があります。

仕事の種類は、以下の通りです。

  1. ネットワークの設計
  2. ネットワークの構築
  3. ネットワークの運用
  4. ネットワークの保守

それぞれの仕事内容を、具体的に詳しく説明します。

仕事内容①ネットワークの設計

クライアントが希望するネットワークシステムの設計をする仕事は、ヒアリング力や管理能力が必要とされます。

ネットワークシステムの構成だけではなく、スケジュールや使用機器の種類・数なども決めなければなりません。

実際に運用する上でのコスト計算といった作業も求められます。

仕事内容②ネットワークの構築

設計書にもとづいて実際にシステムを構築する仕事は、設定されたスケジュールにしたがって作業をしなければなりません。

ネットワークの規模によっては数カ月かかることもあり、完成後の運用テストまでが業務に含まれます。

契約内容がネットワークの構築までであれば、納品後は運用・保守担当のエンジニアに引き継がれることになります。

仕事内容③ネットワークの運用

構築されたネットワークシステムを実際に使い、随時ブラッシュアップするのがネットワーク運用の仕事です。

使用機器やシステム構成を変更したり、よりコストがかからない方法を提案することもあります。

ネットワーク運用にたずさわるエンジニアには、知識やスキルだけではなく高い経験値も求められます。

仕事内容④ネットワークの保守

ネットワークが円滑・安全に維持されているかどうかを監視し、システム障害やトラブルに対応するのがネットワーク保守の仕事です。

休日夜間の勤務や、急な出社にも対応できる人が重宝されるでしょう。

トラブルの原因を突き止めたり臨機応変に対処することが求められるため、現場経験が長いエンジニアにおすすめの仕事です。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの仕事や年収の違いは?

ネットワークエンジニアと比べられることが多いサーバーエンジニアは、そもそもの業務内容が違います。

サーバーエンジニアの仕事や年収の特徴は、以下の通りです。

サーバーエンジニアの仕事内容を中心に、詳しく解説します。

違い①サーバーエンジニアはサーバーの設計及び構築を行う

サーバーエンジニアの仕事は、サーバーの設計・構築・運用です。

ネットワークエンジニアは、構築されたサーバー同士をつなげる立場になります。

規模が小さいシステムであれば、両方の仕事を同じエンジニアが担当することもあります。

違い②両方の年収に差はない

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは、平均年収400~500万円です。

年齢やスキルにもよりますが、両者の年収には大きな差はありません。

ただし、近年はクラウドを導入している企業が増えているため、サーバーエンジニアの需要が減っていく傾向にあります。

専門的なスキルや新しいスキルを習得していくことが、これからのサーバーエンジニアには必須となります。

ネットワークエンジニアとセキュリティエンジニアの仕事や年収の違いは?

ネットワーク通信に欠かせないのが、セキュリティ技術です。

セキュリティエンジニアの特徴は、以下の2点にまとめられます。

  1. ネットワークを守るのが仕事
  2. ネットワークエンジニアとの年収に差はない

違い①セキュリティエンジニアはネットワークを外部の攻撃から守る仕事

セキュリティエンジニアの仕事は、ネットワーク上の情報を外部から守ることです。

個人情報や企業情報の漏えいを防ぎ、安全にネットワークを維持するのが主な業務です。

システムの脆弱な部分を突き止め、その点をおぎなう提案なども行います。

サイバー攻撃は年々巧妙化しているため、つねに新しい技術で対応していく能力が必要とされるでしょう。

違い②ネットワークエンジニアとの年収に大きな差はない

セキュリティエンジニアは、未経験で年収300万円ほどです。

ネットワークエンジニアとの大きな差はありません。

ただし、セキュリティ関連の高いスキルを習得すれば年収1,000万円以上も可能な業種です。

セキュリティ関連は高い需要をキープしているため、ネットワーク+セキュリティの技術を身につけることでエンジニアとして成長できるでしょう。

ネットワークエンジニアの正社員とフリーランスの年収の違い

ネットワークエンジニアは、正社員とフリーランスで年収が異なります。

両者の年収の違いや特徴は、以下の2点です。

  1. 平均年収はフリーランスが上
  2. 手取り額は場合によって正社員が上

違い①平均年収はフリーランスの方が上

ネットワークエンジニアの平均年収は、フリーランスの方が高い傾向にあります。

業務内容や企業の規模にもよりますが、正社員とフリーランスの平均年収はだいたい以下の通りです。

  • 正社員…約450万円
  • フリーランス…500~800万円

正社員の場合、年収には年に2回の賞与も含まれるため、月収で見るとフリーランスよりもかなり低い形になるでしょう。

違い②手取りは場合によっては正社員の方が上なことも

税金その他を差し引いた後の手取り額は、場合によっては正社員の方が高くなります。

その理由は以下の3つです。

  • 健康保険料が高い
  • 消費税の支払い義務がある
  • 交通費や在宅勤務の経費が出ない

さらにフリーランスは、残業や時間外勤務の手当てがもらえません。

社員食堂や各種社割などの福利厚生、有給休暇までを考慮した手取り額を見ると正社員の方が高くなるのです。

ネットワークエンジニアのフリーランスで年収1,000万円の高収入を稼ぐ方法

フリーランスのネットワークエンジニアとして年収1,000万円を稼ぐには、以下の3つの方法があります。

  1. スキルアップを欠かさない
  2. マネジメント経験を積む
  3. 一般常識を身につける

稼ぐ方法①資格取得などスキルアップを欠かさない

ネットワークエンジニアとして高い報酬を得るには、スキルアップが欠かせません。

今後伸びそうな技術を習得しておく他、ネットワーク関連の資格取得もおすすめです。

また、クラウド技術やセキュリティ関連のスキルを身につけておくと、年収アップに役立つでしょう。

稼ぐ方法②マネジメント経験などを積んでおく

一般的に、プロジェクト・マネージャー案件は報酬が高い傾向にあります。

フリーランスになってからマネジメント技術を身につけるのは大変なので、独立する前にプロジェクト管理などの経験を積んでおきましょう。

マネジメント業務の他、プリセールスなども経験しておくのがおすすめです。

PMができるようになると高年収が期待できる旨を記載

稼ぐ方法③会社員としての一般常識を身に着ける

ネットワークエンジニアには、会社員としての常識も大切です。

なぜなら、ネットワーク関連の業務はクライアントの企業に常勤するスタイルがほとんどだからです。

在宅でリモート業務という案件は少なく、勤務時間や働き方は正社員と変わりません。

取引先社員は上司・部下となるため、仕事上のコミュニケーション能力も必要です。

ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイト

Geekly(ギークリー)


Geekly(ギークリー)

ギークリー」は、IT、Web、ゲーム業界に特化したに特化した転職エージェントです。

またGeeklyで、IT企業のリアルな口コミ・評判を見ることができます。そのため、気になる企業で実際に働いた方の口コミを見ることができるので、企業の内情を詳しく知ることができます。

Geekly Review

以下のようにITで有名な企業をランキング付けてチェックすることが可能です。

Geeklyの口コミ・評判

Geelkyを通した転職で、年収アップした額の平均は71万円とかなり高い数字です。

あなたの経験やスキルを強みを活かして転職をサポートしてもらいたい方におすすめの転職サービスです。

ネットワークエンジニアのフリーランスが年収が高い案件を獲得する方法

フリーランスのネットワークエンジニアが案件を獲得する方法は、以下の3つです。

  1. SNSを利用する
  2. 友人や知人のツテを頼る
  3. フリーランスエージェントを利用する

それぞれメリットデメリットがあるので、しっかり比較して最適な方法を選びましょう。

年収が高い案件を獲得する方法①SNSを利用する

SNSを利用し、ネットワークエンジニアの案件を探したり営業をしたりするのは、企業と直契約できる点がメリットです。

仲介料などの心配がなく、報酬の交渉も自由にできます。

ただし、契約書や請求書などの準備や手続きに時間を取られることもあります。

SNS上では相手の素性がわからないため、トラブルに巻き込まれるリスクも否定できません。

年収が高い案件を獲得する方法②友人から案件を貰う

IT業界に友人や知人がいる人は、ネットワークエンジニアの案件を探していることを広めておくのもよいでしょう。

細かい条件をつけやすく、クライアントの情報を詳しく教えてもらえるところにメリットがあります。

一方で、実際に働いてみて希望と違った場合に辞めづらい点がデメリットといえます。

年収が高い案件を獲得する方法③フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントに登録すると、案件探しが簡単になります。

キャリアアドバイザーが登録者のスキルに見合った案件を紹介してくれるため、営業の手間がかかりません。

エージェントサービスに掲載されている、高単価の求人に応募をすることもできます。

福利厚生や保険を利用できるサービスもあるので、フリーランスでも安定して仕事をしたい人におすすめです。

ネットワークエンジニアが年収アップするのにおすすめのフリーランスエージェント

ITプロパートナーズ


ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ」は、高単価の案件が多いフリーランスエージェントです。

理由は、エージェントとクライアントの間に仲介業者が入らない「直エンド案件」を中心に取り扱っているためです。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

ネットワークエンジニアのフリーランスに未経験からなる方法は?

未経験からフリーランスのネットワークエンジニアを目指している人は、以下の2点をチェックしましょう。

理由を交えて、詳しく説明します。

未経験からはおすすめしない

未経験からフリーランスのネットワークエンジニアになるのは、結論からいうとおすすめできません。

なぜなら、実務経験のないネットワークエンジニアは重要な仕事を任せてもらえず、報酬も低い傾向があるからです。

企業側はスキルと経験の高いエンジニアを求めるケースが多く、未経験では案件の獲得すら難しいかもしれません。

実務経験のないエンジニアは、フリーランスになるより企業に就職することを検討しましょう。

資格を取得して転職するのがおすすめ

実務経験が少なくても、ネットワーク関連の資格を取得することで仕事が有利になります。

ネットワークエンジニアとして働きながらスキルをみがき、資格取得にチャレンジしましょう。

さらに、より条件のよい企業に転職することで、フリーランスとして独立する資金をためることができます。

未経験のエンジニアは、独立を急がずじっくりスキルを身につけることが必須です。

ネットワークエンジニアがフリーランスを目指し年収を上げるのにおすすめな資格

ネットワークエンジニアがフリーランスで高収入を得るためにおすすめの資格は、以下の4種です。

  1. シスコ技術者認定
  2. ネットワークスペシャリスト
  3. LPIC
  4. LinuC

それぞれの概要を見ていきましょう。

CCNAなどシスコ技術者認定

世界共通基準のシスコ技術者認定は、ネットワークエンジニアにとって欠かせない資格です。

シスコ技術者認定には、以下の5つの区分があります。

  • エントリー(CCT)
  • アソシエイト(CCNA)
  • プロフェッショナル(CCNP)
  • エキスパート(CCDE・CCIE)
  • アーキテクト(CCAr)

試験日は設定されておらず、随時実施されています。

CCTから順番にハイレベルになっていくので、1つずつクリアしていくのがおすすめです。

公式サイトはコチラ

ネットワークスペシャリスト

2009年に開始されたネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークに関する知識と技術を認定する国家試験です。

難易度が高いことで知られており、合格率は例年10%前後といわれています。

資格取得者はプロジェクトの管理に関わったり、エンジニアの教育にたずさわったりすることもあります。

ネットワークエンジニアとして高い年収を目指すなら、挑戦しておきたい試験といえるでしょう。

公式サイトはコチラ

LPIC

LPIC(Linux Professional Institute Certification)は、Linux技術者の認定試験です。

民間資格ではありますが、基準は世界共通です。

Linuxを導入している日本の企業は約7割と多いため、LPICを取得しておくと案件獲得で有利になるでしょう。

レベル1から3までがあり、下位の試験に合格しなければ先へ進めないステップアップ形式になっています。

公式サイトはコチラ

LinuC

LPICの日本版ともいえるLinuCは、より日本市場にマッチしたLinux技術者認定試験です。

2020年から提供されているVersion10.0はクラウドの基礎知識などが含まれており、これからの時代に必須の試験ともいえるでしょう。

合格基準や項目別のスコアなどがわかるようになっており、LPICに比べて受験者にきめ細やかな対応をしているところもメリットです。

公式サイトはコチラ

ネットワークエンジニアは高収入も目指せるがきつい?

年収が高いネットワークエンジニアですが、体力的・精神的にきついといわれる面もあります。

ネットワークエンジニアのデメリットは、以下の4つです。

  1. トラブル対応がある
  2. 運用監視はスキルが身につかない
  3. 初期は年収が低い
  4. 休日夜間の勤務がある

ネットワークエンジニア独特のデメリットや、その理由を解説します。

きつい要素①トラブル対応がきつい

ネットワーク関連にトラブルが発生したとき、原因を究明してすみやかに解決することもネットワークエンジニアの仕事です。

トラブルはいつ起こるかわからず、急な対応を迫られることもあります。

また、クレームが入ったりトラブルの理由を質問されたりといった精神的な負担も大きなデメリットになるでしょう。

きつい要素②運用監視はスキルが付かない

ネットワークの運用監視作業は、エンジニアとしてのスキルが身につかないという欠点があります。

トラブル対応やメンテナンスはそうそう起こるものではなく、基本的にはネットワークが円滑に維持されているかどうかだけを監視するだけです。

また、システムの運用監視は企業専用のツールを使用することが多いため、転職や独立をする際の武器にはなりません。

きつい要素③最初の頃は年収が低い

ネットワークエンジニアは、初めは年収が低いといわれています。

ネットワークエンジニアとして仕事を始めたときは、持っている資格にもよりますが月収20~30万円というケースが多いでしょう。

ネットワークエンジニアの資格は難易度が高いものも多く、年収アップを目指すハードルが高いところも難点です。

きつい要素④夜勤がある

ネットワークの保守運用業務には、夜間勤務がつきものです。

夜勤専門であればスケジュールを立てやすいですが、日勤と夜勤を組み合わせたシフトの企業もあります。

出社/退社時間がバラバラで、疲れを感じることもあるでしょう。

スキルアップのための勉強の時間やプライベートの予定が立てづらいのは、ネットワークエンジニアならではの悩みといえます。

これからネットワークエンジニアを目指しても平気!将来性は高い

ネットワークエンジニアを目指すのは、今からでも遅くはありません。

その理由は以下の3つです。

  1. ネットワークシステムの多様化
  2. これから伸びていく技術がある
  3. ITの進化が続いている

ネットワークエンジニアの需要や、高い将来性について解説します。

将来性①ネットワークエンジニアの需要は多様化している

現在、ネットワークエンジニアの需要は多様化してきています。

ネットワークシステムの設計や構築だけではなく、サーバーの取り扱いやセキュリティ関連に精通しているエンジニアに需要が集まるでしょう。

これからネットワークエンジニアを目指すなら、時代に合った技術を身につけることが必須となります。

将来性②クラウドなどの技術を持つエンジニアは需要あり

クラウドサービスを導入する企業が増え、オンプレミス型のネットワーク構築案件が減ってきています。

LinuCのようにクラウドの知識を求められる民間資格も増え、クラウドの技術を持っているエンジニアは需要が高まります。

今後もクラウド型に移行する流れが続くため、これからネットワークエンジニアになるならクラウド技術は確実に必要とされるでしょう。

将来性③企業の業務のIT化やゲームの進化で需要が高い

今の時代は、業種を問わず業務をIT化している企業がほとんどです。

今後もIT導入は進むので、ネットワークエンジニアの需要が減るリスクは少ないと考えられています。

また、ゲームのオンライン化といった進化も進み、さまざまな分野でネットワークエンジニアが必要とされています。

まとめ|ネットワークエンジニアのフリーランスは高年収を狙える!経験を積んでチャレンジしよう

フリーランスのネットワークエンジニアは、高い年収を狙える職種です。

今後の需要にも期待ができ、将来性が高い分野といえるでしょう。

ネットワークやセキュリティ関連の技術は日々進化していくため、新しい知識と技術を身につけて今から挑戦することも可能です。

スキルを習得してネットワークエンジニアの実務経験を積み、フリーランスで高収入を目指しましょう。