フリーランスエンジニアの営業方法で成功率が高いのは?コツや注意点も解説

「フリーランスエンジニアの営業方法は具体的にどんなもの?」

「フリーランスエンジニアが営業を成功させるコツは?」

「営業活動がうまくいかないときはどうすればいい?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、フリーランスエンジニアの営業方法について解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアにおすすめの営業方法や成功の秘訣がわかるでしょう。

営業活動以外で仕事を獲得する方法も参考に、最初の案件を獲得しましょう。

おすすめエージェント
右横にスライドで詳細確認できます。
※8月19日更新案件数支払サイト特徴①特徴②特徴③URL
midworks約7,331件20日サイト週2/3日でもOK!正社員クラスの保障ありオンライン面談実施中!
レバテックフリーランス約40,000件15日サイト登録者数No.1利用者の平均年収が862万円業界トップクラスの案件数
フォスターフリーランス約2,000件30日サイト直取引だから高単価freee会計の料金をキャッシュバック25年の実績&登録者20,000人
テックビズフリーランス約30,000件20日サイト案件継続率が97%リモート案件が豊富記帳&確定申告を実質無料でサポート
テクフリ約10,500件30日サイトマージン10%時間幅130~170時間案件ありデザイナーにもおすすめ
ITプロパートナーズ約5,129件35日サイト週2の案件多数!エンド直だから高単価企業数2,000社
IT求人ナビ約215件30日サイト新卒でも利用可能札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡のみ30秒で登録可能!!
おすすめのフリーランスエージェントへ
目次

フリーランスエンジニアにおすすめの営業方法6つ

フリーランスエンジニアにおすすめの営業方法は、以下の6つです。

  1. インターネット上で宣伝
  2. 交流会やセミナーの場を利用
  3. 過去の取引先や担当者に連絡
  4. 業界の知人を頼る
  5. メールや電話で営業
  6. 飛び込み営業

営業方法①インターネット上で宣伝する

普段からインターネット上で自分の活動を発信し、エンジニアとしてどんな仕事ができるのかを宣伝することは、立派な営業方法です。

やってみたい業務や自信を持って提供できるスキルを、具体的に提示するのもよいでしょう。

発信の手段は、主に以下の3つです。

  • 自社HPやWebサイト
  • ブログ
  • SNS

不特定多数の人と知り合えるインターネットは、人脈を広げることにもつながります。

フリーランスエンジニアとして仕事をしていることを、積極的に宣伝しましょう。

営業方法②交流会やセミナーの場を利用する

同業者の交流会やエンジニアのセミナーは、営業活動の場として最適です。

すぐに案件獲得にはつながらなくても、顔と名前を売り込むことで今後の営業に生かせるからです。

また、フリーランスエンジニア仲間を作るとIT企業についての情報交換ができます。

退職者や企画立ち上げなどの情報を入手することで、営業活動がやりやすくなるでしょう。

同業者に会えるイベントには、積極的に参加することをおすすめします。

営業方法③過去の取引先や担当者に連絡をする

過去に仕事をした企業や担当者に連絡を取ってみるのも、1つの手段です。

「フリーランス白書2020」では、フリーランスの仕事受注経路の約5割が、過去・現在の取引先となっています。

1度取引をしたことがある相手は、スキルや報酬の目安を伝えやすいところがメリットです。

しかし、仕事が欲しいときだけ連絡をしても契約がとれるとは限りません。

仕事で関わった相手とは付き合いを絶やさず、お互いの信頼関係を保つようにしましょう。

営業方法④業界の知人を頼る

もっとも受注につながりやすく、高収入に期待できるのが人脈(知人からの紹介)を経由して得る仕事です。

同業の知人が多いとそれだけツテが増え、営業範囲が広がります。

同年代のエンジニア仲間に仕事を探していることを伝え、情報をくれるよう頼んでおくのもよいでしょう。

人脈を使って得た仕事は、間に入った人に迷惑をかけないよう要望以上の成果を出すことが大事です。

営業方法⑤メールや電話で営業する

営業メールや営業電話も、フリーランスエンジニアにおすすめの営業方法の1つです。

直接企業に出向くよりも時間がかからないため、より多くの企業にアプローチすることができます。

メールの場合は文面だけでは熱意が伝わりにくいので、丁寧で誠実な文章を心がけましょう。

営業電話をする場合は、相手の迷惑にならない時間帯を選ぶのが必須です。

営業方法⑥飛び込み営業

興味のある会社に直接出向いて仕事獲得を目指す飛び込み営業は、もっともオーソドックスな営業方法です。

相手と向き合って話ができるため自己アピールがしやすく、気持ちが伝わりやすいのが大きなメリットです。

飛び込み営業をする場合は事前にアポイントメントをとり、身だしなみを整えることを忘れてはいけません。

また、採用情報などを事前に確認しておくと営業しやすいので、気になっている会社のHPはこまめにチェックするのがおすすめです。

フリーランスエンジニアが営業活動するメリット

フリーランスエンジニアに営業活動が必要なのは、以下のメリットがあるからです。

中間マージンが発生しない

営業活動で獲得した仕事は、中間マージンやサービス利用料が発生しません。

フリーランスと企業に仲介が入らず、直接契約になるからです。

仕事の内容やスキルがそのまま報酬に反映されるので、やりがいや達成感を感じることが増えるでしょう。

一方、仲介なしの契約は後々トラブルに発展するリスクもあります。

細部まで、書面でしっかり確認することが大事です。

単価や条件の交渉ができる

希望単価や条件の交渉を自由にできるのも、営業活動のメリットです。

フリーランス向けの求人などに応募をする場合は、提示された条件を受け入れるしかありません。

直接営業ならフリーランス側から希望条件を出せるため、より高単価・好条件の案件受注を目指せます。

自分の市場価値を客観的に分析し、ちょうどよいと思える報酬額を事前に決めておきましょう。

好きな仕事に挑戦できる

好きな分野の仕事や関わってみたい企業を選んで売り込みができるのも、営業活動の大きなメリットです。

やってみたい仕事が求人サイトで見つからないときは、営業活動を積極的におこなってみるのもよいでしょう。

また、新たな分野に挑戦できるのも営業活動の魅力の1つです。

フリーランスエンジニアが営業を成功させる方法

営業で仕事を獲得するのは、決して簡単なことではありません。

フリーランスエンジニアが営業を成功させる方法は、以下の6つです。

  1. ポートフォリオを準備する
  2. スキルシートを提示する
  3. コミュニケーション能力を磨く
  4. 自分の強みをアピールする
  5. 希望の報酬単価を決める
  6. 見た目の印象に気を配る

ポートフォリオを準備する

今までの実績やポートフォリオなどを提出しアピールをかけて、営業をかける必要があります

フリーランスエージェントの案件の選び方も重要です。

仕事を依頼する人は年長者も多く、ITとは何か・何ができるのか・どんなメリットがあるのかなど分かっていないこともあります。

難しく膨大な処理が必要な内容であっても、破格の値段を提示されることもあります。

受注しようとしている仕事が適正価格なのか見極めましょう。

プロジェクト予算や商流によって報酬額が決まってきます。

この仕事を受けることで自分にデメリットが生じないかよく確認してから契約しましょう。

スキルシートを提示する

身につけたスキルや経歴を一目で表せるスキルシートは、営業活動をスムーズに進められる重要なアイテムです。

スキルシートに書く内容は以下のとおりです。

  • 習得しているスキルや言語
  • 実務経験年数
  • 参画したことがあるプロジェクト
  • 業務内容

スキルシートは自己アピールのためではなく、エンジニアとしてのスペックを相手に伝えるためのデータです。

読み手の負担にならないよう、短く簡潔に書くことを心がけましょう。

コミュニケーション能力を磨く

フリーランスエンジニアといっても、人との関わりをまったく持たずに仕事をすることはできません

さまざま人と繋がり、プロジェクトに参画することで仕事が実現します。

大切なのはコミュニケーション能力で、仕事を円滑に進めることができます。

自分の強みをアピールする

営業活動をするときは、自分の強みをアピールすることを忘れてはいけません。

とくに優れている部分や自信を持っている部分を伝えることは、相手にとっての判断材料になります。

他のエンジニアではなく、自分と契約したときにクライアントにどんなメリットがあるのかを伝えましょう。

そのためには、スキルアップしてアピールできる要素を増やし市場価値を高めていくことが大切です。

希望の報酬単価を決めておく

希望する報酬単価を先に提示すると、交渉がスムーズに進みます。

少なくとも最低ラインだけは、事前に決めておきましょう。

報酬額を決めずに金額設定を相手に任せることは、逆に迷惑になります。

また、希望額を明確に提案しないと相場よりも低い金額で買い叩かれるリスクもあるので要注意です。

見た目の印象に気を配る

営業活動をするときは、見た目の印象も大切です。

だらしない服装や清潔感のない格好をしていると、信頼されません。

服装だけではなく、髪型や髭にも気を配りましょう。

フリーランスエンジニアが営業活動をするときのデメリットと注意点

フリーランスエンジニアが営業活動をするときのデメリットや注意点を、5つに分けてお伝えします。

  1. 強引な売り込みはしない
  2. アポなし営業はしない
  3. 報酬を安くしすぎない
  4. 失敗を分析する
  5. 必ず仕事が獲得できるとは限らない

強引な売り込みはしない

強引な売り込みは、相手に不快感を与えます。

熱意を見せるのは大切ですが、一方的な営業にならないよう気をつけましょう。

営業の際は、話を聞いてもらう・エンジニアとしての技量を判断してもらうという気持ちを忘れてはいけません。

自分のスキルが相手の求めるものと一致するとは限らないため、常に謙虚な姿勢で営業活動をすることが大事です。

アポイントなしの飛び込み営業はNG

飛び込み営業をするときは、事前に必ずアポイントメントを取りましょう。

アポなしの飛び込み営業は相手の迷惑になるリスクがある他、社会常識のない人という印象を与えてしまいます。

エンジニアとして申し分ないスキルと実績があっても、ビジネスマナーが身についていない人は仕事を獲得できません。

また、アポなしだと門前払いをされる可能性が高く、無駄に時間を消費してしまうことにもなります。

希望の報酬額を安くしすぎない

営業の際、希望の報酬額を安く設定するのはおすすめできません。

報酬額を安くしすぎると、エンジニアとしての価値を低く見られるからです。

また、初回の報酬が安い場合、継続案件の参画を打診されたとしても安い報酬で引き受けざるを得なくなってしまいます。

報酬額を決めるときは、持っているスキルや実務経験から単価相場を調べましょう。

失敗を分析する

営業活動がうまくいかず仕事を獲得できなかったときは、必ず原因を分析しましょう。

失敗を分析して次に生かすことで、徐々に案件を受注できるようになります。

仕事獲得に至らなかったのは自分の何が足りていなかったのか、営業活動を振り返って自分自身を見直すことが必要です。

必ず仕事が獲得できるとは限らない

営業活動が仕事獲得につながる保証はありません。

どんなスキルを持っていても、クライアント側のニーズに合わず仕事をもらえないときもあるでしょう。

営業活動だけに集中しすぎると、収入が減ってしまいます。

営業以外の仕事獲得方法を見つけておき、営業がうまくいかないときはすぐに方向転換するのがおすすめです。

フリーランスエンジニアの営業活動がうまくいかないときの対処方法

営業がうまくいかないフリーランスエンジニアは、以下の3つの方法で案件受注を目指しましょう。

営業代行やフリーランスの営業マンを探す

自分自身で営業をする代わりに、営業代行やフリーランスの営業マンに依頼をするのも1つの手段です。

営業のプロに任せることで、手間をかけず好条件の案件受注に期待ができます。

利用料金がかかるところはデメリットですが、その分仕事に集中できるので作業効率は上がります。

営業が苦手なフリーランスエンジニアは、ぜひ検討してみましょう。

フリーランスエージェントを利用する

おすすめエージェント
右横にスライドで詳細確認できます。
※8月19日更新案件数支払サイト特徴①特徴②特徴③URL
midworks約7,331件20日サイト週2/3日でもOK!正社員クラスの保障ありオンライン面談実施中!
レバテックフリーランス約40,000件15日サイト登録者数No.1利用者の平均年収が862万円業界トップクラスの案件数
フォスターフリーランス約2,000件30日サイト直取引だから高単価freee会計の料金をキャッシュバック25年の実績&登録者20,000人
テックビズフリーランス約30,000件20日サイト案件継続率が97%リモート案件が豊富記帳&確定申告を実質無料でサポート
テクフリ約10,500件30日サイトマージン10%時間幅130~170時間案件ありデザイナーにもおすすめ
ITプロパートナーズ約5,129件35日サイト週2の案件多数!エンド直だから高単価企業数2,000社
IT求人ナビ約215件30日サイト新卒でも利用可能札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡のみ30秒で登録可能!!
おすすめのフリーランスエージェントへ

営業方法がわからないエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

まとめ|フリーランスエンジニアにおすすめの営業方法で最初の案件を獲得しよう

フリーランスエンジニアには、さまざまな営業方法があります。

営業活動に慣れれば効率よく仕事を獲得できるようになり、さらに人脈も広がっていくでしょう。

困難なのは、最初の案件です。

自分と契約することで相手にどんなメリットがあるかを明確にし、信頼に値するエンジニアであることをアピールしましょう。

ただし、うまくいかない営業活動を延々と続けるのはおすすめできません。

仕事を獲得できないときは、クラウドソーシングで単発の案件を受注したり、エージェントサービスを活用して長期の仕事を探しましょう。