フリーランスエンジニアは使えない?やめとけと言われる理由とは

フリーランスエンジニアだけはやめとけ!やめとけと言われる理由も紹介
この記事の監修および編集協力者

「フリーランスエンジニアはやめとけと言われるけど、なぜ?」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事では、「フリーランスエンジニアはやめておいたほうがいい」と言われる理由について、詳しく解説します。

また、独立後にありがちな失敗談や、フリーランスで成功するための対策についても解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアの実態がわかり、あなたが目指すべきかどうかがはっきりするでしょう。

今より高い単価の案件に参画するなら「レバテックフリーランス」がおすすめです。

レバテックフリーランスは、フリーランスとフリーランスを採用したい企業の仲介をおこなっている人材サービスです。


レバテックのCTA

レバテックフリーランス」は、登録者数No.1のフリーランスエージェントで、その登録者の平均年収が862万円と脅威の数字を誇っています。

登録者が多いのにもかかわらず、平均年収が高いということはそれだけ『1つの案件に対する単価が高い』ということです。

レバテックフリーランスの実績今の単価よりも少しでも高くしたい方は登録して案件を紹介してもらいましょう。登録はもちろん無料ですし、案件を見るだけの登録でもOKです!

  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

フリーランスエンジニアは使えないからやめとけと言われるのはなぜ?

フリーランスエンジニアが難しい・使えないと言われる理由について、以下の3つを解説します。

  1. 納期を守らない人がいる
  2. 体調管理ができない人がいる
  3. スケジュール管理が難しい

納期を守らない人がいる

フリーランスエンジニアが使えないと言われる理由の一つとして、納期を守らないことが挙げられます。

フリーランスエンジニアにとって、納期を守れないことは致命的です。

期日内に成果物が揃わないと、クライアント側のスケジュールに支障が出てしまい、業務上の損失を生んでしまいます。

納期を守るために以下のポイントをしっかりおさえ、自身の信用に傷がつかないよう注意しましょう。

  • クライアントとの契約内容をしっかりチェックする
  • 仕事の優先順位をつける
  • 期日よりも1日〜2日早く納品できるよう余裕を持つ
  • スマホアプリなどを活用してスケジュール管理をする

体調管理ができない人がいる

フリーランスエンジニアの中には、体調管理ができない人もいます。

フリーランスになると働き方が自由になる分、すべてが自己責任です。

稼働時間や仕事量の調整など、自己管理を怠ると生活が破綻してしまう恐れがあります。

健全な活動を末長く続けるためにも、日頃から以下のことを意識しましょう。

  • 受注している仕事量は妥当か
  • 規則正しい生活はできているか
  • クライアントから理不尽で無理のある依頼を受けていないか
  • 毎年健康診断は受けているか
  • 鬱症状などメンタルの不調はないか

スケジュール管理が難しい

フリーランスエンジニアはスケジュール管理が難しいことも「使えない」と言われてしまう要因のひとつです。

フリーランスは基本的に成果報酬になるため、獲得した案件数がそのまま収入に直結します。

たくさん稼ごうとして、キャパシティ以上の仕事量を抱えてしまうと、健康や生活に支障が出てしまいます。

また、無理な受注は納品に遅れが生じ、発注者に迷惑をかけてしまうでしょう。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

フリーランスエンジニアは使えないけど需要は高い!その理由は?

フリーランスエンジニアは使えないと言われているにも関わらず、需要が高まっている理由は以下の3つです。

  1. IT市場は慢性的な人材不足だから
  2. フリーランサーの支援サービスが手厚いから
  3. 年収の底上げが期待できるから

需要①IT市場は慢性的な人材不足だから

日本国内では、ITエンジニアが不足しています。

経済産業省が2019年に発表したIT人材に関するデータでは、2030年で最大79万人ほどの人材不足におちいるとされています。

ITエンジニアは多くの企業で必要とされていますが、育成から始められる余力を持つ企業はほんのわずかです。

1つの組織に縛られず、即戦力として働けるフリーランスエンジニアは、IT企業にとって大変心強い存在になるでしょう。

需要②フリーランサーを支援するサービスが充実しているから

フリーランスエンジニアを目指すなら、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。

その理由を、以下の3つにまとめました。

  • 仕事獲得のための営業をする必要がない
  • アドバイザーが相談に乗ってくれる
  • 正社員並みの保証を受けられることも

フリーランスエージェントに登録すると、スキルや経験に応じて最適な案件を紹介してもらえます。

掲載案件に応募をすることもできるため、仕事を探す手間が減り作業に集中することができます。

需要③年収アップが期待できるから

IT業界はつねに成長しているため、さまざまなジャンルの求人が見つかります。

なぜなら、IT業界でもっとも重要視されるのはスキルと実績だからです。

正社員としての経験がなくても、プログラミングのような下請けや簡単な開発案件なら見つけることができるでしょう。

また、フリーランスはいろいろな経験が強みになります。

異なる言語を扱う案件やジャンルに挑戦し、対応力を身につけることも大事です。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

フリーランスエンジニアとして成功できる人の3つの特徴

フリーランスエンジニアとして成功できる人には、以下の3つの特徴があります。

  1. スキルアップのため自己研鑽ができる人
  2. 営業活動を怠らない人
  3. 環境の変化に順応できる人

それでは、詳しく見ていきましょう。

成功できる人①スキルアップのための勉強ができる人

フリーランスエンジニアにとって、新しいスキルの習得は必須です。

フリーランスは、組織に所属して手厚い教育を受けられる機会がありません。

その場合、スキル習得のための学習環境が必要です。

もし経済的に余裕があれば、以下の方法を検討してみてください。

  • 有料のWebコンテンツを利用する
  • 勉強会やセミナーに参加する
  • プログラミングスクールを活用する
  • 資格を取得する

成功できる人②営業活動に注力できる人

IT技術習得に限らず、営業活動に注力できる人は、独立後に成功できます。

フリーランスになると、自分の代わりに仕事を受注してくれる社員がいなくなります。

成功者は売上向上のために、営業活動を怠りません

たとえ人とのコミュニケーションが苦手でも、創意工夫をして1件でも多く仕事を請け負っているのです。

どうしても営業活動がうまくいかない場合は、マッチングサービスを検討してみてください。

成功できる人③環境の変化に順応できる人

フリーランスの現実を知っておくことは大切です。

フリーランスは「自由に働ける」といったメリットばかりがクローズアップされ、真実が隠されることがあります。

フリーランスは正社員と違い、さまざまなデメリットがあることを肝に銘じましょう。

特に雇用や収入が不安定になるため、生計を立てるための入念な対策は必須です。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

フリーランスエンジニアになるのはやばい?やめとけと言われる理由

フリーランスはやめたほうがいい、後悔すると言われる理由は以下の5つです。

  1. 収入と雇用が不安定というプレッシャーがあるから
  2. 営業活動が厳しいから
  3. スキル習得が難しいから
  4. 不況の影響を受けやすいから
  5. 高齢になると仕事の受注が難しく寿命が短いから

それでは、詳しくご紹介します。

やめたほうがいい理由①収入と雇用が不安定というプレッシャーがあるから

フリーランスエンジニアには、仕事が見つかる保証がないところが大きなデメリットです。

必ずしも好条件の案件が受注できるとは限らないため、収入に波があり安定しません。

また、取引先の都合や景気によって仕事を失うリスクもあります。

そのため、コンスタントに仕事を発注してくれる複数のクライアントをキープしていくことが大切です。

やめたほうがいい理由②営業活動が厳しいから

収入を得るための「営業活動が苦痛だった」と、嘆く人は少なくありません。

会社員であれば、部署ごとにそれぞれ役割分担がされています。

契約交渉などの営業事務は、営業部員が担当してくれるため、エンジニアは技術開発に専念できます。

しかし、フリーランスは本職以外の営業活動も個人が背負わなくてはなりませ

開発以外の業務に追われ、消耗して撤退するフリーランスエンジニアは後を絶たないのです。

やめたほうがいい理由③スキル習得が難しいから

スキル不足を痛感した声もよく聞かれます。

特に20代〜30代の若年層に多く見られるのが現状です。

IT技術者は、クライアントから経験と実績が強く求められます。

求人サイトの募集案件を見ても、「未経験者」を受け入れている企業はほとんど見当たりません

フリーランスエンジニアは能力向上を手助けしてくれる存在はなく、自力でスキルを底上げするしかないのです。

実績があり、実務経験のあるエンジニアは即戦力が認められ、高単価案件を獲得できます。

一方、実力不足なエンジニアは安い案件しか受けられず、悲惨な末路を辿ることも。

30代〜40代まで会社で経験を積み、十分なキャリアを形成してから独立を検討しましょう。

やめたほうがいい理由④不況の影響を受けやすいから

フリーランスエンジニアは、時代のニーズに合わせてスキルアップすることが大切です。

主なスキルの例は、以下のとおりです。

  • AIに関するスキル
  • IoTに関するスキル
  • アプリ開発のスキル
  • 電子機器の組み込みや制御のスキル
  • クラウドの知識とスキル
  • ビジネス英会話のスキル

フリーランスエンジニアの報酬は、需要の多さや技術者の希少さで変化します。

最新の情報や口コミをチェックし、常に人材価値の高いエンジニアでいられるよう努力しましょう。

やめたほうがいい理由⑤高齢になると仕事の受注が難しく寿命が短いから

フリーランスエンジニアの案件は、年齢制限を設けていることが少なくありません

とくに50代以降になると、受注できる仕事がガクンと減少します。

なぜなら、高齢になると病気などの健康リスクが高まるからです。

また、人は高齢になるにつれて新しい技術の習得が難しくなります。

このようなマイナス要因から、年齢制限のある案件が多くなり、高齢になるほど収入が伸び悩んでしまうのです。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

フリーランスエンジニアの現実は?後悔する?【失敗談を紹介】

フリーランスエンジニアの実態や失敗談について、以下の4つを解説します。

  1. 継続的に案件を獲得できなかった
  2. 新しいスキルを習得できなかった
  3. 仕事量が多すぎて体調を崩した
  4. 実力不足で企業に再就職した

継続的に案件を獲得できなかった

営業ができないエンジニアは、継続案件を得られない可能性があります。

また、単価の安い案件しか受けられないことが珍しくありません。

フリーランスエンジニアとして活躍できるかは、100%個人の力量にかかっています。

どうすれば収入源を得られるか、フリーランスに転身する前から営業活動も視野に入れておきましょう。

新しいスキルを習得できなかった

フリーランスエンジニアは多忙になりやすく、スキルアップのための学習時間が少ない傾向にあります。

経済産業省が発表した「我が国におけるIT人材の動向」によると、先端IT従事者の、業務以外の平均的な勉強時間でもっとも多い層が週1~2時間でした。

そして、全体の40%が業務が忙しく勉強時間を確保できないと回答しています。

フリーランスエンジニアは、スキルアップしにくいという点も大きなデメリットとなります。

仕事を受注しすぎて体調を崩した

フリーランスの場合は、会社員のようにほかのエンジニアとタスクを分け合うことができません。

そのため、仕事を抱えすぎてスケジュールがパンクすると、さまざまな弊害が起きます。

なかでも、弊害が出やすいのが「健康」です。

業務完遂のために深夜まで作業時間が延びてしまうと、疲労が蓄積して病気になることもあります。

また、無理な案件の受注は納期に間に合わず、クライアントに迷惑をかけることも避けられません。

くれぐれも、健康や取引先との関係に支障が出ないよう、タスク管理には十分注意しましょう。

実力不足で企業に再就職した

クライアントの都合に振り回されやすいということがあげられます。

納期間近で変更を求めてきたり、タイトなスケジュールで修正を依頼されたりと、困難な要望をつきつけられることも少なくありません。

フリーランスとしての評価や今後の受注にも影響するため、クライアントの無理難題に付き合わなければならないのが実情です。

その結果、フリーランスエンジニアをやめて企業に正社員として再就職したケースもあります。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

フリーランスエンジニアが求人を探す方法

フリーランスエンジニアの求人を探すためには、以下の方法があります。

  1. フリーランスエンジニア専門の求人サイトを利用する
  2. コミュニティやSNSを活用する
  3. 自己アピールする
  4. フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用する

フリーランスエンジニア専門の求人サイトを利用する

インターネット上には、フリーランスエンジニア専門の求人サイトが存在します。

代表的なものとしては、「クラウドワークス」「ランサーズ」「フリーランス・ドットコム」などがあります。

登録することで、求人情報を検索し、応募することができます。

まずは数社のフリーランスエージェントに登録して、自分に合う求人を探してみることをおすすめします。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

コミュニティやSNSを活用する

フリーランスエンジニア向けのコミュニティやSNSを活用することで、求人情報を知ることができます。

例えば、「技術系コミュニティ」や「ITエンジニアのSNS」などがあります。

これらのコミュニティには求人が掲載されることもあります。

参加して、情報収集を行いましょう。

自己アピールする

フリーランスエンジニアは、自己アピールすることも大切です。

まずは、自分の実績やスキルをアピールするポートフォリオサイトを作成しましょう。

作成したポートフォリオは、SNSやコミュニティで発信することができます。

自身のスキルを魅力的にまとめることで、受注を増やすことができます。

フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用する

フリーランスエンジニア向けのエージェントに登録するのもおすすめです。

エージェントに登録すると、自身のスキルや希望条件に合った案件の紹介が受けられます。

契約条件や単価交渉なども依頼できるため、自分で営業をするのが苦手な人におすすめです。

次にフリーランスエンジニアにおすすめのエージェントを紹介するので、ぜひ登録を検討してみて下さい。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

やめたほうがいいと思う前に!エージェントに頼って案件を探そう!

フリーランスエージェントは全て完全無料で利用でき、1つのみの登録だけでなく複数のエージェントに登録することが可能です。複数に登録することで、よりたくさんの案件を見ることができるので、自分にぴったりな案件を探し出せるメリットがあります。一般的に、2社以上登録するのが理想的です。
→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

使えないフリーランスエンジニアから脱却するための3つの対策

フリーランスエンジニアとして成功するには、以下の3つの対策が必要です。

  1. エンジニア仲間をつくり切磋琢磨する
  2. ビジョンを設定する
  3. 生活習慣を見直す

エンジニア仲間をつくり切磋琢磨する

同じ志を持つエンジニア仲間と交流できる人は、フリーランサーとして成長できます

他者との接触が途絶えると、人は孤独に苛まれ、精神衛生上よくありません。

フリーランサーとして独立を決めたら、同じ職種であるエンジニアやプログラマーと交流する機会を設けましょう。

身近に仲間がいると仕事内容の課題や悩みを共有し、解決策を見つけやすくなります

また、技術開発のためのノウハウを共有することも可能です。

ビジョンを設定する

フリーランスに転向する前には、1人で案件を請け負えるだけのスキルを身につけておくことが必須です。

企業では細かく担当が分かれていたことでも、フリーランスは1人ですべてをこなさなければなりません。

エンジニアとしてのスキルはもちろんのこと、営業力やヒアリング力も必要です。

仕事を獲得するところから納期までに仕事を完成させるところまでを、具体的にシミュレーションしておきましょう。

生活費を確保しておく

独立前には、1~2年分の生活費を確保しておくことが必須です。

なぜなら、フリーランスは仕事や収入が安定するとは限らないからです。

まったく仕事がないときや、単価の低い仕事しか見つからない場合に備えて生活費を確保しておきましょう。

日々の生活に困らないだけの貯金があれば、お金のために不本意な仕事を受けたりたくさんの仕事をかけもちしたりする必要がなくなります。

\ 高単価&リモート案件掲載 /フリーランスの案件を見る

まとめ|心構えと対策ができればフリーランスエンジニアを目指せる!

地に足のついた心構えと事前対策ができれば、フリーランスとして活躍できます

マッチングサイトやエンジニアコミュニティの活用など、フリーランスを続けるための工夫をしてみてください。

大切なのは、収入ばかりにとらわれないこと。稼ぐことばかり考えて、仕事に支配されては本末転倒です。

規則正しい生活習慣を心がけ、自分に合った働き方を見つけていきましょう。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。