フリーランスエンジニアのスキルアップ方法とは?

「フリーランスエンジニアはなぜスキルアップが必要なの?」

このような悩みを抱えていませんか?

この記事では、フリーランスエンジニアのスキルアップについて詳しく解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアにスキル習得が必要な理由と、必須スキルについて理解できるでしょう

また、スキル習得の効率的な学習法も解説しているので、ぜひ試してみてください。

クラウドテッククラウドテック」は、病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートが充実!

クラウドテックを登録するメリット

  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • 参画後の評価で単価が上がる制度あり
  • 最短3日で稼働でき翌月15日に報酬が振り込み
  • 単価が高い案件が多い
  • ライター単価も平均月40万円※2021年9月現在

クラウドテックこれから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!

登録無料!!
詳細を見る
目次

フリーランスエンジニアはなぜスキルアップが必要?

フリーエンジニアにスキルアップが必要な理由を3つ解説します。

キャリアアップや高年収につながるから

フーランスエンジニアがスキルアップすると、キャリア形成や収入アップにつなげることができます

理由は、さまざまな分野の知識や技術を得ることで、仕事の幅が広がるためです。

現在、新しい技術やプログラミング言語を習得しているエンジニアは不足しています。

IT市場の需要を先取りし、最先端技術を身につけることが、フリーランスエンジニアの成功の秘訣です。

会社の業務だけではスキル不足だから

会社の業務だけでは、スキルが十分でないといわれています。

フリーランスになると、現在会社で関わっている分野以外にも開発を担当することがあります。

さまざまな分野の開発に柔軟に対応できるよう、会社の業務以外に自主的なスキル習得が必要です。

スキルなし・低レベルだと仕事が取れないから

IT業界では、スキルがなく低レベルなエンジニアは嫌われます

とくにフリーランスは即戦力が求められるため、未経験エンジニアは高単価案件を受注することができません

仕事を受注できても、低単価な業務しか任せてもらえないため、収入アップは難しいのが現実です。

フリーランスエンジニアに必要なスキル6選

フリーランスエンジニアに必要なスキルについて、6つ紹介します。

必要なスキル①IT開発の知識や技術

フリーランスにかかわらず、エンジニアにとってIT開発の知識や技術は必須スキルです。

IT市場において、需要の高い分野のスキルがあると、仕事の幅が広がり年収も大幅にアップします。

また、仕事の依頼が途切れることがないため、一時的な収入で終わってしまうリスクがありません

必要なスキル②セルフマネジメント力

フリーランスエンジニアとして活動するなら、セルフコントロールをして生活を整えることが大切です。

脱サラすると、自分を指導してくれる会社の上司や先輩が存在しなくなります。

フリーランスは自由と引き換えに、孤独や責任をひとりで背負うことになります。

そのため、自己管理が甘くなると生活が成り立たなくなるので注意してください。

できるかぎり、会社員時代と同じ規則正しい生活を心掛けましょう

必要なスキル③英語のスキル

英語や外国語が活かせるフリーランスエンジニア向けの案件は、70〜100万円が相場です。

SAPやPMO案件になると、150万円を超えることが少なくありません。

この相場は月額単価で、業務内容やエンジニアの能力で、報酬が変わってきます。

英語や外国語スキルを持つエンジニアは非常に需要が高いのです。

必要なスキル④コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアにとって、コミュニケーション能力は不可欠なスキルといえます。

理由は以下のとおりです。

  • クライアントと連携して新規開発を進めるため
  • クライアントの課題解決を手伝うため
  • ほかのエンジニアに開発を依頼することがあるため

クライアントの意思を汲み取り、業務を進めるうえでコミュニケーション能力が必須なのはいうまでもありません。

忘れてはいけないのが「自分ができない仕事をほかのエンジニアに依頼する機会もある」ということです。

フリーランスエンジニアがコミュニケーションをとるのは、クライアントだけではありません。

実際にはクライアントに限らず、複数のエンジニアと共同で開発事業に取り組む機会もあるのです。

必要なスキル⑤営業力や交渉力

フリーランスエンジニアにとって、営業力は仕事を獲得するうえで必須です。

企業から離れ、独立したら自分で仕事を獲得しなくてはなりません。

本職であるシステム開発だけでなく、クライアントと交渉を重ね、収入源を広げていく必要があるのです。

ただ、駆け出しのころは自力での営業は、非常にハードルが高いでしょう。

営業力に自信がない場合は、エージェントサービスなどマッチングサイトを活用してみてください。

必要なスキル⑥納税や社会保険などの知識

フリーランスに転身すると、バックオフィスを自分自身で担うことになります

とくに大切なのが、納税や社会保険などお金に関わる公的手続きです。

確定申告で間違った申告をすると、税務署の監査が入ったり追徴課税を課されることがあります。

書籍などで確定申告や社会保険制度に関する最新の知識を身につけ、申告に困らない準備をしておきましょう。

フリーランスエンジニアになるには?3つの手順を紹介

フリーランスエンジニアになる3つの手順について解説します。

  1. 実務経験を1〜3年以上積む
  2. 独立手続きやスキルシートを作成する
  3. エージェントサイトなどで案件探しをする

手順①実務経験を1〜3年以上積む

フリーランスエンジニアを目指すなら、最低1年〜3年以上の実務経験を積んでおきましょう

エージェントサービスを経由して案件を受注する場合は、実務経験が重視されます。

実務経験は、習得しているスキルや開発環境などを主張できる重要な要素です。

とくにSIerの経験があると市場価値が高くなり、高単価案件を受注しやすくなります

手順②独立手続きやスキルシートを作成する

実務経験が積めたら、クライアントに提出する「スキルシート」を作成しましょう。

スキルシートを書く際は、以下のポイントに注意してください

  • A4用紙2枚分を目安に箇条書きにする
  • サービス名や企業名は記載しない
  • 過去に携わったプロジェクトについて経験した内容と成果を記載する

実務経験や実績が少ない場合は、ポートフォリオや資格証明など、実力を可視化できる資料を用意しましょう。

手順③エージェントサイトなどで案件探しをする

スキルシートを用意できたら、エージェントサイトに登録して、実際に案件を探してみましょう

エージェントサービスに登録すると、専任講師から働き方や年収アップのアドバイスを得られます。

自分の実力がIT市場でどれだけ通用するか認識するために、キャリア相談や求人紹介を受けてみてください

また、興味のあるエージェントサービスに複数登録して、それぞれのメリットを比較してみてもよいでしょう

フリーランスエンジニアの収入が上がるスキルアップ法9選

フリーランスエンジニアの収入が上がるスキルアップ法について、9つ紹介します。

  1. 勉強会やセミナーに参加する
  2. 学習サイトや動画講座を活用する
  3. プログラミングスクールに入会する
  4. 専門書や参考書を活用する
  5. 専任講師から直接指導を受ける
  6. エンジニアコミュニティに参加する
  7. 副業で案件を受注してみる
  8. 上司や先輩エンジニアを参考にする
  9. エンジニア向けの資格を取得する

スキルアップ法①勉強会やセミナーに参加する

エンジニア向けの勉強会やセミナーに参加して、技術力を高める方法はおすすめです。

勉強会やセミナーは、できるだけ経験豊富なベテランエンジニアが講師となる授業に参加してください。

勉強会やセミナーは、以下のサイトから探すことができます。

  • サポーターズColab
  • TECH PLAY
  • conn-pass

スキルアップ法②学習サイトや動画講座を活用する

学習サイトや動画サイトを活用した学習法は、とくに初心者エンジニアにおすすめです。

自分の実力でクリアできない開発上のトラブルは、学習サイトなどを見直すと解決できることがあります。

また、オンライン学習は24時間365日利用可能で、深夜や早朝でも時間を選ばず勉強することができます

有料コンテンツだと質疑応答などの機能があり、指導者やほかのエンジニアから直接意見を聞くことが可能です。

スキルアップ法③プログラミングスクールに入会する

プログラミングスクールを活用すると、挫折することなく勉強することができます

プログラミングスクールを選ぶ際は、以下のポイントを注視してください。

  • 希望するサービスやカリキュラムがあるか
  • 学びたい言語が入っているか
  • サポートは充実しているか
  • 講師からのレスポンスは早いか
  • 無料カウンセリングや体験レッスンの有無

スキルアップ法④専門書や参考書を活用する

IT関連の専門書や技術書は、情報の信ぴょう性が高くおすすめです。

効率よく勉強するには、以下の流れで進めてみてください。

  1. IT系の雑誌でどんな技術に需要が集中しているか全体像を把握する
  2. 需要が高い・自分が気になっている分野を技術書などで深掘りしていく

スキルアップ法⑤専任講師から直接指導を受ける

専任講師から直接指導を受けることも、スキルアップに適した学習法です。

身近に専任講師がいると、勉強で行き詰まったときに直接質問することができます

専任講師は、IT企業に長く所属している現役エンジニアが望ましいです。

メンターとなる講師がハイレベルなエンジニアだと、その人をお手本にするきっかけになります。

スキルアップ法⑥エンジニアコミュニティに参加する

エンジニア専用のコミュニティに参加し、仲間とのつながりを持つことは以下のようなメリットがあります。

  • 人脈が広がり仕事の獲得がしやすくなる
  • 仕事上のトラブルや課題を解決しやすくなる
  • 不安解消や意欲向上につながる

とくに仕事上の課題解決やモチベーションアップには、コミュニティが非常に役立ちます

フリーランスは、単独行動が主流となるため常に孤独感がつきまといます。

人は孤独を感じたとき、同じ志を持つ仲間の存在があると心強いものです。

スキルアップ法⑦副業で案件を受注してみる

会社員時代から副業に取り組んで、スキルアップすることもおすすめです。

副業でスキルアップをするポイントは「少しレベルが高そうだな」と思う案件に挑戦してみることです。

レベルの高い案件を獲得することで、最先端技術が学べる上、実績をつくることもできます

スキルアップ法⑧上司や先輩エンジニアを参考にする

会社の上司や先輩エンジニアを観察して、技術や知識、業務対応の仕方などを学んでみましょう

とくに以下のポイントを注視してみてください。

  • どのような会話で社員と意思疎通しているか
  • どのように業務のスケジュール管理を行なっているか

スキルアップ法⑨エンジニア向けの資格を取得する

フリーランスエンジニアは、資格取得をおすすめします

理由は、資格を取得することにより、さまざまメリットが得られるためです。

最もメリットとして大きいのが、難易度の高い仕事に活かせることと、高収入が得られることでしょう。

また、取得した資格が多いほど仕事の幅が広がり、スキルアップや実績作りにも役立ちます。

フリーランスエンジニアのスキルアップの注意点

フリーランスエンジニアのスキルアップの注意点について、2つ紹介します。

スキルアップに非効率な勉強はしない

非効率な学習法は、スキルアップまでに膨大な時間がかかり、途中で挫折することがあります。

ここでの非効率な学習法とは、以下の2点が挙げられます。

  • はじめから高難度の言語に挑戦する
  • 上級者向けの参考書で勉強する

とくに初心者エンジニアは、プログラミングスクールなど、挫折しにくい学習環境を検討しましょう。

業務と学業のバランスに注意する

業務とのバランスに注意しながら、学習時間をうまく調節してください。

夜遅くまで勉強しすぎて、翌日の業務に支障が出てしまっては本末転倒です。

また、学習時間延長による生活の乱れは、業務だけでなく体を壊す原因にもなります。

フリーランスエンジニアのキャリアパスの事例

フリーランスエンジニアのキャリアパスについて、2つの事例を紹介します。

  1. フリーランス1本で働く
  2. 会社員とフリーランスを組み合わせる

事例①フリーランス1本で働く

20代から30代のうちに実績と実務経験を積み、その後独立してフリーランス1本で生計を立てる事例があります。

Web系やインフラ系など自分の得意分野を活かし、さまざまなプロジェクトを手がけていく働き方です

フリーランスは会社員のような長時間拘束がない上、高単価案件の受注で効率よく稼ぐことができます

事例②会社員とフリーランスを組み合わせる

会社員とフリーランスを組み合わせて働くエンジニアもいます

現代は働き方改革の影響から、多様なワークスタイルが見られるようになりました。

たとえば、以下のような事例があります。

  • 「フリーランスエンジニアとして働いていたが、結婚を機に会社員に戻った」
  • 「会社員時代にたくさん稼ぎ、独立して気軽にフリーランスとして働いている」

まとめ|フリーランスエンジニアで成功するなら効率よくスキルアップをしよう!

フリーランスエンジニアで成功するなら、効率よくスキルアップしましょう

フリーランスは即戦力が求められるため、常に新しい技術や知識を習得しなくては成り立ちません。

急成長するIT市場に対応するために、幅広い分野の知識を取り入れ、仕事の幅を広げていきましょう