常駐型フリーランスエンジニアとは?働き方やメリットを解説

「常駐型フリーランスエンジニアの働き方は具体的にどういうもの?」

「フリーランスエンジニアが常駐で働くメリットは?」

「常駐フリーランスエンジニアの注意点は何?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、常駐型フリーランスエンジニアの働き方について解説しています。

最後まで読むことで、常駐型フリーランスのメリットデメリットや他の働き方との具体的な違いがわかるでしょう。

常駐フリーランスエンジニアの成功のコツも参考にして、年収アップを目指しましょう。

おすすめエージェント
右横にスライドで詳細確認できます。
※8月19日更新案件数支払サイト特徴①特徴②特徴③URL
midworks約7,331件20日サイト週2/3日でもOK!正社員クラスの保障ありオンライン面談実施中!
レバテックフリーランス約40,000件15日サイト登録者数No.1利用者の平均年収が862万円業界トップクラスの案件数
フォスターフリーランス約2,000件30日サイト直取引だから高単価freee会計の料金をキャッシュバック25年の実績&登録者20,000人
テックビズフリーランス約30,000件20日サイト案件継続率が97%リモート案件が豊富記帳&確定申告を実質無料でサポート
テクフリ約10,500件30日サイトマージン10%時間幅130~170時間案件ありデザイナーにもおすすめ
ITプロパートナーズ約5,129件35日サイト週2の案件多数!エンド直だから高単価企業数2,000社
IT求人ナビ約215件30日サイト新卒でも利用可能札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡のみ30秒で登録可能!!
おすすめのフリーランスエージェントへ
目次

フリーランスエンジニアの常駐型とは?

常駐型フリーランスエンジニアの働き方を解説します。

請負型や派遣との違い、常駐勤務が違法になるケースもあわせてお伝えします。

働き方を解説常駐とは取引先に出社する働き方

結論からいうと、常駐とは取引先の会社に出社する働き方です。

契約期間内において、契約した日数と時間に従い、正社員と同じように出勤するスタイルになります。

業務内容は契約によって異なり、プロジェクトの一員として従事するケースや与えられた仕事を期間内に完了させるケースなどさまざまです。

労働量に対して報酬が支払われる「準委任契約」として扱われ、成果物に対する責任を負うことはありません。

請負(在宅)型・派遣との比較

フリーランスエンジニアのもうひとつの働き方である請負型、そして常駐型と混同されやすい派遣との違いを比較します。

常駐型請負型派遣
働き方出社主に在宅
※自由
主に出社
収入作業時間に
対する報酬
納品物に
対する報酬
派遣会社
からの給与
契約準委任契約請負契約派遣会社
の雇用
福利厚生なしなし派遣会社
による

常駐型および請負型はどちらもフリーランスですが、派遣は派遣会社に登録して雇われる形になります。

常駐型フリーランスエンジニアは、請負型と派遣の両方をあわせ持った働き方といえるでしょう。

フリーランスの常駐勤務が違法になるケース

フリーランスの常駐勤務が違法になるのは、SES契約をしている際に起こりやすいです。

SES(システムエンジニアリングサービス)は労働者と雇用契約を結ばないため、労働派遣法は適用されません。

SES契約は準委任契約となり、労働者はSESの指揮系統に入って働くことになります。

しかし、実態は派遣先企業の指揮系統に入るケースが多く、偽装請負という違法行為に該当してしまいます。

SESを経由して獲得する仕事には、充分注意しましょう。

常駐型フリーランスのメリット7つ

常駐型フリーランスエンジニアの7つのメリットを、以下にまとめました。

報酬が高めに設定されている

常駐型フリーランスエンジニアの報酬は、比較的高めに設定されています。

案件の難易度や使用言語によっては月額80万~100万円、年収にして1,000万円前後になることも珍しくありません。

正社員エンジニアの平均年収が500万~600万円であることを考えると、常駐型フリーランスエンジニアの平均年収が非常に高いことがわかります。

また、成果物に対して報酬を受け取る請負型フリーランスエンジニアと比べても、常駐型フリーランスエンジニアは報酬が高い傾向にあります。

収入が安定する

常駐型フリーランスエンジニアは、請負型と比べて収入が安定しやすいメリットがあります。

なぜなら、常駐型は期間契約だからです。

中途で契約を解除されない限りは、期間内の仕事と収入が保証されています。

請負型フリーランスエンジニアは、成果物を納品した後、改めて新規の案件を獲得しなければなりません。

常駐型は一定期間の仕事が約束されているため、次々と仕事を探す手間も省けます。

生活リズムが整う

常駐型フリーランスエンジニアは、正社員と同じように会社に出勤して働きます。

そのため生活リズムが整いやすく、健康面にも大きなメリットがあります。

また、企業に在籍する社員と違って時間外勤務をする義務がないため、過労で体調を崩すというリスクもありません。

請負型は在宅ワークであることが多く、時間の制約がないので生活リズムが乱れます。

さらに、期日までに納品物を提出しなければならず、激務になりやすい傾向も見られます。

チームで働くことができる

常駐型フリーランスエンジニアのメリットとして、チームで働くことができる点があげられます。

これは、独立して仕事をするフリーランスにおいて、大きなメリットといえるでしょう。

なぜなら、業務の中で同僚と刺激し合うことができ、また自分よりもスキルの高い人と仕事をすることでスキルアップができるからです。

IT業界の最新情報を共有できる点も、チームで働くメリットの1つです。

現場の開発環境が整っている

常駐型フリーランスエンジニアは、開発作業の環境が整っている職場で働ける点がメリットです。

常駐先が大手企業であるほど、最新の設備を使って働ける可能性が高くなります。

在宅ワークの場合は自分のパソコンと周辺機器を使用しなければならず、設備投資にかかる費用も高額になります。

整った環境で仕事ができることは、エンジニアにとって大きな魅力の1つとなるでしょう。

さまざまな企業で経験を積める

常駐型フリーランスエンジニアは、さまざまな企業のプロジェクトに参画することができます。

得意分野に限定して案件を受注したり、新たな分野に挑戦するのも自由です。

異なる企業に出社して仕事をすることは、フリーランスとして貴重な経験となります。

また、法人化を目指している人にとっては、さまざまな企業の仕事を見ることも将来の役に立つでしょう。

正社員に比べて自由度が高い

正社員に比べて自由度が高い点も、常駐型フリーランスエンジニアのメリットの1つです。

なぜなら、常駐型フリーランスは契約した時間内の業務のみを求められるからです。

例えば、常駐型フリーランスは以下の業務その他を請け負う必要がありません。

  • 時間外労働
  • 接待
  • 掃除
  • 社内行事への参加

また、出社していてもフリーランスには変わりがないため、副業をすることも可能です。

常駐型フリーランスとして高収入を目指す秘訣と注意点

常駐型フリーランスエンジニアとして高収入を目指す方法は、以下の6つです。

需要が伸びている分野のスキルを身につける

需要が伸びている分野に強いエンジニアは、高収入を目指すことができるでしょう。

AIやIoTなど、ニーズが高まっている分野のスキルを学習するのがおすすめです。

また、開発に使用する言語も種類によって単価相場が異なるため、相場の高い言語を習得するのも1つの手段です。

1つの案件に長く参画する

1つの案件に長期間参画すると、徐々に単価がアップする可能性があります。

契約満了後も継続して案件に参画する場合、条件交渉のチャンスが生まれるからです。

1つのプロジェクトに長く関わるのは、スキルと実績を増やすチャンスでもあります。

継続を打診してもらえるような成果を出すことが、長期参画の必須条件です。

取引先の社員と信頼関係を築く

常駐する取引先企業の社員とは、積極的にコミュニケーションを取って信頼関係を築きましょう。

常駐型フリーランスエンジニアにとって、現場の社員から「一緒に働きやすい」と思われることは非常に重要なポイントです。

客先からよい印象を持たれることは、案件の長期参画や今後の案件受注にプラスに働くでしょう。

確実に成果を出す

常駐型フリーランスエンジニアは、契約期間内に確実に成果を出すことが何より大事です。

指示された業務を遂行する常駐型エンジニアは、納品物に対する責任がありません。

だからこそ、クライアントの要望以上の成果を出し「また仕事を頼みたい」と思ってもらう必要があります。

成果を確実に出せば案件の長期参画を打診される可能性も増え、単価交渉の際も有利に話を進められるでしょう。

情報漏洩に気をつける

クライアント企業の情報を守ることも、常駐型フリーランスエンジニアにとって重要です。

クライアントは、情報漏洩を防ぐためにさまざまな対策をとっています。

そのため、外部からきたエンジニアが企業情報を漏洩させてしまうと、損害賠償に発展する可能性もあります。

業務に必要なデータの管理は、徹底しておこないましょう。

就業規則を守る

フリーランスとはいえ、常駐先の会社の就業規則は必ず守らなければなりません。

出勤して働いている以上、企業の一員と見なされるからです。

自己都合の欠勤や遅刻はNGです。その他、スーツ着用や髪型などもクライアント企業の就業規則に合わせましょう。

常駐型のフリーランスエンジニアの案件を見つける方法

常駐型フリーランスエンジニアが案件を見つける方法は、以下の2つです。

営業活動をする

フリーランスエンジニアができる営業活動には、以下の6つの方法があります。

  • SNSやブログで宣伝する
  • セミナーや交流会に参加する
  • 過去の取引先をあたる
  • 業界の知人を頼る
  • メールや電話で営業する
  • 飛び込みで営業をする

自分に合った方法で営業活動をするのもよいですが、必ずしも案件を獲得できるとは限りません。

いくつかの営業方法を並行しておこなっていくのがおすすめです。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエンジニア向けの常駐型案件が多く見つかるのが、フリーランスエージェントです。

スキルや経歴に見合った案件をオファーしてくれるというメリットもあり、仕事探しの手間が省けます。

使いやすいエージェントサービスを、複数登録しておきましょう。

常駐案件が見つかるおすすめのフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

常駐型フリーランスのデメリット6つ

常駐型フリーランスエンジニアのデメリットは、以下の6つです。

就業時間や場所が決められている

常駐型フリーランスエンジニアは、自分の好きなペースで働くことができません。

就業時間や場所が決められており、それにしたがって仕事をすることになります。

フリーランスの魅力である「自由度」は、常駐型の場合はかなり低くなってしまいます。

好きな時間帯や場所で仕事をしたいと望んでいる人には、常駐型以外の働き方がおすすめです。

個人の裁量でできることに限りがある

常駐型という働き方は、個人の裁量でできることに限りがあります。

なぜなら、契約期間内に求められた業務を遂行することで報酬を受け取るからです。

個人事業主として仕事を選び自由なスタイルで働けるのがフリーランスのメリットの1つですが、常駐型の場合は難しいでしょう。

最後までプロジェクトに関われない

進行中のプロジェクトがあっても最後まで関わることができないのが、常駐型フリーランスエンジニアのデメリットの1つです。

なぜなら、常駐型は期間契約なので、契約期間が満了になれば企業を離れなければならないからです。

ただし、継続して参画することを希望すれば、交渉次第では長期参画になる可能性もあります。

交通費や外食費がかかる

常駐型で働く場合、出勤時の交通費や昼食時の外食費がかかります。

会社員は交通費の支給や社員食堂の割引利用などがありますが、フリーランスは自己負担になるケースが多いです。

確定申告の際に、経費として計上することを忘れないようにしましょう。

服装指定の場合がある

たとえフリーランスでも、常駐型の場合はスーツ着用が必須になるケースがあるので注意が必要です。

また、髪型・ヒゲ・メイクなどに関する一定のルールを設けている企業もあるので、契約期間内は規則に従いましょう。

仕事のために購入したスーツは、確定申告の際に経費として計上できます。

会社に保護されない

常駐型エンジニアとして正社員と同じように仕事をしていても、フリーランスは企業から守ってもらえる存在ではありません。

企業の業績や景気によって、契約を切られることもあります。

契約をしたからといって安心せず、いざというときはすぐに他の案件を受注できるよう日頃から準備しておきましょう。

フリーランスエージェントを経由して契約をする際は、契約解除の際の補償などを確認しておくことが大事です。

常駐の案件ばかりで困っているフリーランスエンジニアの対策

フリーランスエンジニアが常駐以外の案件を受注するには、以下の3つの方法があります。

リモートOKの案件を探す

期間契約の案件でも、現在はリモートOKという条件が増えています。

場合によっては出勤の必要が生じる可能性もありますが、毎日出社しなくてもよいので、常駐型の中でも自由度が高いです。

せっかくフリーランスになったのだから在宅で自由に仕事がしたいという人は、リモート案件を積極的に探してみましょう。

自社サービスを開発する

依頼された仕事をして報酬を受け取るのではなく、自社サービスを開発して販売するという手段もあります。

生活に役立つアプリやゲームなど、得意な分野で開発に挑戦してみましょう。

その他、HP作成の請負などを宣伝して注文を取るやり方もあります。

しかし、事業が波に乗るまでは収入が安定しないため、現在の仕事と並行して進めるのがおすすめです。

単発の請負型案件を探す

好きな時間帯や場所で自由に働きたい人には、請負型案件がおすすめです。

HPやサイトの作成案件が多く、成果物を納品することで報酬が発生します。

請負型は、常駐型のつなぎの仕事をしたいときも役立ちます。

常駐型の案件は必ずしも仕事が続くとは限らないため、常に仕事を探せる環境を整えておきましょう。

請負型案件が見つかるおすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドテック|クラウドワークス運営の高単価サイト(副業案件もあり)
4.82

クラウドテック

クラウドテック」は、フリーランスのリモート求人を掲載しており、業界トップクラスの案件を保有している求人サイトです。

副業で稼ぎたい方にもおすすめなうえ、フリーランスで安定した収入を稼ぎたい方は登録しておくべき、フリーランスの王道サイトです。

フリーランスにとって嬉しい「早い支払いサイクル」「報告書の作成」「健康チェックや育児サポート」などの福利厚生を登録だけで受けることができます。

登録から案件のチェックまで完全無料なので、まずは登録だけでもしてみましょう。

案件数

14万社の求人があり

常勤型フリーランスエンジニアに関するよくある質問

常駐型フリーランスエンジニアに関する質問を、以下の4つにわけて紹介します。

常駐型フリーランスが受け取るのは給料になるの?

常駐型フリーランスエンジニアが受け取るのは、給料ではなく報酬です。

提示された報酬を全額受け取り、確定申告の後で納税をする形になります。

正社員と違い、交通費の支給や手当はありません。

福利厚生を利用したい場合は、福利厚生サービスのあるフリーランスエージェントに登録するのがおすすめです。

客先常駐で働くフリーランスの経費は?

常駐型フリーランスが計上できる経費は、主に以下の3つです。

  • 交通費
  • 飲食・交際費
  • 被服費

正社員と同様に仕事をしていても、フリーランスに対する社会保障はありません。

仕事に関する出費は必ず経費として記帳し、節税に努めましょう。

常駐型フリーランスエンジニアの案件参画期間の目安は?

常駐型フリーランスの案件参画期間は、以下の3つにわかれます。

  • 短期…1カ月ごと~3カ月
  • 中期…3カ月~12カ月
  • 長期…1~5年

上記のうち、多く見られるのは中長期の案件です。

また、契約期間が終わっても担当者との交渉次第では継続の可能性もあります。

客先常駐からフリーランスになるには?

常駐型もフリーランスの働き方の1つですが、完全に独立して1人で仕事をしたい人は起業を検討してみましょう。

自社サービスを始めたり、請負型のエンジニアになるなど、フリーランスにはさまざまな働き方があります。

しかし、1人で仕事をするフリーランスは仕事の保証がないため、収入が減るリスクは避けられません。

まとめ|常駐型フリーランスエンジニアは高収入と安定のいいとこどり

常駐型フリーランスエンジニアは、案件の単価が比較的高く、契約期間の間は収入が安定するというメリットがあります。

周囲からの刺激を受けることもでき、スキルアップにもつながるでしょう。

しかし、高単価の長期契約を取るには営業活動をおこない人脈を広げていかなければなりません。

これから常駐型フリーランスエンジニアを目指す人や、営業活動をせずに高単価案件を獲得したい人は、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。

希望条件に合う案件を紹介してもらい、高収入を目指しましょう。