クラウドテックの評判は最悪?口コミ体験談を徹底調査!

  • 2022年6月22日
  • 2022年7月24日
  • 副業
  • 301view

「クラウドテックに登録したいけれど評判が最悪って本当?」

「クラウドテックとクラウドワークスどちらを使うべきかな?」

「クラウドテックは副業としての使い方はできるの?」

こんな疑問を抱えてはいませんか?

この記事ではクラウドテックの評判や口コミ、クラウドワークスとの違いについて詳しく解説しています。

最後まで読むことで、あなたが本当にクラウドテックを使用すべきなのか理解することが可能です。

副業やフリーランスなど使用目的に合わせた使い方も参考にすることで、スムーズに利用することもできるでしょう。

目次

クラウドテックの最悪な評判や口コミ

クラウドテックの悪い評判には、4つの特徴があります。

それぞれの口コミを詳しく紹介します。

悪い評判①IT専門エージェントより単価が低い

クラウドテックに掲載されている案件は、決して高いものばかりではありません。

なぜならクラウドテックは、高額案件が多いIT専門のエージェントではなく、企業ライターやディレクターなども幅広く募集しているエージェントだからです。

クラウドテックの単価に関する口コミには、以下のようなものがあります。

クラウドテックの募集案件を調べてみると、一番低いものは月額19万2,000円でした。

160時間稼働した前提でこの報酬ですから、働き方によっては表示金額よりかなり低くなってしまうことも考えられます。

ただし、職種によっては月額100万円前後の仕事もたくさん掲載されています。

悪い評判②技術力によっては働き方を選べない

クラウドテックに載っている案件の中には、働き方を選べないものもあります。

以下の口コミのように、スキルによっては平日8時間×5日の案件しか見つからないかもしれません。

フルタイムの仕事しか見つからないとすると、副業や在宅のみという働き方を求めている人にとっては期待外れになってしまうこともあるでしょう。

条件を絞って仕事を決めるには、スキルを磨いて実績を増やしていくことが必須です。

悪い評判③都市部以外に仕事が少ない

リモート案件の多さは業界トップクラスのクラウドテックですが、すべてがフルリモートとは限りません。

次の口コミにあるように、出社できるワーカーを探していることもあります。

クラウドテックの掲載案件を調べたところ、募集中の全944件のうち768件のエリアが東京都でした。

一方で、北海道・東北・中国・四国エリアで募集している案件は17件です。

常勤や一部リモートの案件の場合は、対応エリアの壁にはばまれてしまうこともあるでしょう。

悪い評判④手数料が高い

クラウドテックは手数料が高いという口コミもあります。

クラウドテックでは、利用者に対する手数料は発生しません。

口コミにある手数料とは、登録企業がクラウドテックに支払うマージンのことです。

クラウドテックはマージン率を公開していませんが、フリーランスエージェントのマージン相場はおよそ20%といわれています。

クラウドテックの良い評判や口コミ

クラウドテックの良い口コミには、以下の4つの特徴があります。

実際の口コミをまじえ、順番にお伝えしていきます。

良い評判①フルリモート案件もあり営業の手間も省ける

フリーランスエージェントの利点の1つが、営業する時間を節約できるという点です。

さらに、クラウドテックはフルリモート案件が豊富という大きなメリットがあります。

クラウドテックに掲載されている募集案件を調べてみると、全体の8~9割がリモート対応案件でした。

掲載案件に応募をする他、キャリアアドバイザーが非公開案件を紹介してくれることもあります。

スキルや経歴を見て仕事を案内してくれるため、一般募集よりも案件を獲得しやすいといえるでしょう。

良い評判②作業報告などがすごく楽

作業報告などがすごく楽

クラウドテックは、操作がシンプルだと好評です。

クラウドテック経由の作業報告は、サイト内の「作業報告書」に業務内容を入力して月末最終日までに提出するのが基本です。

クライアントへの請求書の発行などは、クラウドテックが対応してくれます。

そのため利用者は、細かい事務処理に時間をとられず業務に集中することができます。

良い評判③ブランクを考慮して案件を紹介してくれる

クラウドテックのキャリアアドバイザーは、利用者のスキルや経験だけではなく、ブランクも考慮して案件を紹介してくれます。

実在の口コミにも、以下のようなものがありました。

クラウドテックのように、ブランクまで考えて仕事を案内してくれるエージェントは多くはありません。

エージェント登録したいけれどブランクに不安があるという人は、クラウドテックがおすすめです。

良い評判④経験があれば高い報酬も得られる

クラウドテックには「単価の低い仕事が多い」という評判もありますが、それは経験が少ない人向けの案件もたくさん掲載されているためです。

この口コミのように、高単価の案件も多く載っています。

クラウドテックに掲載されている944件の案件のうち、40万円以上の案件は600件/50万円以上の案件は300件以上あります。

一番単価の高い案件は月額160万円です。

スキルと経験があれば、会社員より高い収入を得ることもできるでしょう。

クラウドテックは副業には不向き?特徴を紹介

結論からいうと、クラウドテックは副業には向いていません。

なぜなら、掲載案件のうち週4~5日勤務の案件が半分以上を占めているからです。

そんなクラウドテックの特徴は、以下の4つです。

働き方を含めた特徴を、詳しく解説します。

クラウドワークスが運営するフリーランス専門エージェント

クラウドテックは、株式会社クラウドワークスが運営するフリーランスエージェントです。

クラウドワークスといえば、国内最大手のクラウドソーシングサービスが有名ですが、クラウドテックの案件は企業との業務委託契約が主になります。

扱っている職種はIT系からマーケティングまで幅広く、固定給で契約できる企業が多いところが特徴です。

週2日勤務なども選べる

週2日勤務なども選べる

クラウドテックでは、希望の稼働日数を絞り込んで案件を検索することができます。

現在の掲載案件のうち、稼働日数別の案件数は以下の通りです。

  • 週1日…34件
  • 週2日…88件
  • 週3日…278件
  • 週4日…251件
  • 週5日…293件

案件によっては、週2日の業務を週3~4日に増やすことも可能です。

割合を見ると、週3日以上の案件から数が増えるため、職種やエリアを絞り込むこともできるでしょう。

副業に向いている?パラレルキャリアにはおすすめ

クラウドテックに掲載されている週1~3日OKの案件は、全体のうち約5割です。

その中から職種を選び、さらにリモート対応案件に絞ると、応募できる案件は決して多くありません。

クラウドテックは副業に向かない理由は、ここにあります。

ですが、パラレルキャリアにはおすすめです。

クラウドテックは登録した後でキャリアアドバイザーとの面談があるため、希望する職種や働き方を相談してみましょう。

一番多い職種はエンジニアなど技術職

クラウドテックで一番多い募集職種は、エンジニアなどの専門技術職です。

全募集案件のうち、半分以上がエンジニアの募集です。

詳しい数字は、以下のようになります。

  • エンジニア…579件
  • デザイン…141件
  • 編集・ライティング・講師・コーダー…36件
  • プロダクト開発・運営…129件
  • ビジネス・マーケティング…56件

エンジニアの中でも、スマホ・ゲーム・セキュリティ・テクニカルサポートなどさまざまな分野に分かれているため、スキルや経験に合った仕事を探せます。

未経験分野に挑戦して、スキルを磨くのもいいでしょう。

クラウドテックのメリット

クラウドテックの良い評判や特徴から見えるメリットは、全部で5つあります。

他のフリーランスエージェントにはない、クラウドテックならではのメリットをお伝えします。

メリット①提携企業数14万社以上と案件が豊富

提携企業数14万社以上と案件が豊富

クラウドテックと提携している企業数は、14万社以上です。

数が多いだけではなく、優良な企業が多数登録しています。

  • 上場企業…171件
  • 上場を視野…60件
  • 設立30年以上…23件
  • メディア掲載の実績あり…103件
  • 長期案件…116件

さまざまな企業と提携しているクラウドテックは、募集している職種も充実しています。

IT専門のフリーランスエージェントが多い中、エンジニア以外の職種も選べるところがクラウドテックのメリットです。

メリット②求人の71%がリモートの仕事

クラウドテックは、リモート可の求人を多く取り扱っています。

現在、クラウドテックのリモートOKの求人は以下の通りです。

  • フルリモート可…531件
  • 一部リモート可…282件

数あるフリーランスエージェントの中でも、クラウドテックの求人にはリモート案件が非常に多いです。

また、一部リモートに慣れてきたらフルリモートへの移行を許可しているクライアントもいます。

希望の職種が必ずしもリモートOKとは限りませんが、問い合わせてみる価値はあるでしょう。

メリット③フリーランスでも福利厚生が受けられる

クラウドテックに登録して案件に参画すると、フリーランス向けの福利厚生を受けられます。

主なサービスは、以下の通りです。

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康・ヘルスケア
  • 旅行
  • レジャー
  • 美容・ビューティ

この他、利用できるサービスは約100種類あります。

会社のサポートを受けられないフリーランスにとって、ありがたいサービスです。

メリット④就業できない際も安心な保険に加入できる

クラウドテックには、フリーランス向けのクラウドワーカーあんしん保険があります。

就業不能時に月額50,000円の補償を受けられる保険で、詳しい内容は以下の通りです。

  • 保険料は無料
  • 対象期間は最長10年間
  • 精神障害補償特約つき
  • 天災危険補償特約つき
  • 月額108,000円(税込)の報酬が年間4回以上発生していることが条件

クラウドテックの掲載案件は単価が低いものでも月額20万円ほどなので、条件をクリアするのは簡単です。

もしものときのためにこのような保険があるのは、フリーランスにとって大変心強いでしょう。

メリット⑤確定申告が楽

クラウドテックの案件に参画しているフリーランスには、月額800円の「MFクラウド確定申告」の無料クーポンが届きます。

これは、案件参画中~終了月の翌月から3ヶ月間利用可能です。

また、税理士ドットコムというサービスを介して顧問税理士契約を結ぶと、最大50,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

確定申告の手間が省けるのは、フリーランスにとって大きなメリットといえます。

クラウドテックのデメリット

クラウドテックのデメリットは、以下の4つにまとめられます。

しかし、これらはクラウドテックに限ったことではなく、フリーランスエージェントには避けられないデメリットでもあります。

詳しく見ていきましょう。

デメリット①スキルがないと稼ぎにくい

クラウドテックの求人はエンジニア系が約半数、その他がデザイン計・ライティング系・プロダクト開発・マーケティングです。

どの職種も、即戦力が求められるところが特徴です。

初心者でも気軽に応募できるクラウドソーシングとは違い、スキルや知識がなければなかなか採用してもらえません。

未経験可の案件もありますが数は非常に少なく、報酬にも影響するでしょう。

デメリット②手数料が発生する

クラウドテックには、利用者に対する手数料はありません。

ですが、登録企業がクラウドテックに人材募集を依頼する上で発生する手数料があります。

手数料は、案件にもよりますがおよそ20%前後です。

手数料の仕組みは、以下の通りです。

  1. 企業が100万円で募集を依頼
  2. クラウドテックが80万円で人材を募集
  3. クラウドテックに20万円の手数料が残る

ワーカーが受け取る報酬から手数料を差し引かれるのではないため、提示された金額はそのまま収入になります。

手数料自体は発生しますが、ツテのない企業とも契約ができる利点を考えると、大きなデメリットとはいえません。

デメリット③上流工程の案件が少ない

クラウドテックのデメリットとして、上流工程の案件が少ないことがあげられます。

掲載案件を見ると技術職が多く、以下のような求人は全体の約1割です。

  • Webディレクター
  • プロデューサー
  • プロジェクトマネージャー
  • システムコンサルタント
  • ITコンサルタント

このような職種でキャリアを築きたい人にとっては、クラウドテックは物足りないと感じるでしょう。

ただし、数少ないものの募集自体はあるので、条件に合う案件があるかどうか探してみるのがおすすめです。

デメリット④営業電話が多い

クラウドテックに登録した利用者には、たびたび営業電話がかかってくることがあります。

案件終了後や、なかなか仕事が決まらない空白期間にかかってくることが多く、人によっては「うっとうしい」と感じることもあるでしょう。

電話の内容は、近況を聞いたり案件を紹介したりといったものがほとんどです。

電話がほしくない人は、クラウドテック以外で仕事が決まったので忙しくしているなど理由をつけて、営業電話をやめてもらいましょう。

クラウドテックの未経験案件は少ない

クラウドテックには、未経験者OKの案件が少ないという特徴があります。

詳しい数字と対策を、以下の2つにまとめました。

実際の求人数や、未経験者がクラウドテックで仕事を獲得する方法を紹介します。

未経験可の案件はわずか18件

現在、クラウドテックに掲載されている944件の募集のうち、職種・業界ともに未経験可の案件は18件ありました。

未経験可というだけあり、業務内容は以下のようにさまざまです。

  • Q&A対応業務
  • エンジニア講師
  • 動画制作
  • パース制作
  • 同時通訳システム運用業務

IT系フリーランスとして経験を積みたい人は、クラウドテックをスタートとすると仕事探しが難しくなるでしょう。

職種未経験の人はクラウドワークスで実績を作るのがおすすめ

希望の職種はあるけど実務経験がないという人は、クラウドソーシングのクラウドワークスを利用するのがおすすめです。

クラウドワークスには、初心者可の案件がたくさんあります。

クラウドワークスを使って実績を作れば、クラウドテックでの職探しも幅が広がるでしょう。

1つのアカウントで両方ログインできるので、改めて登録する必要はありません。

クラウドテックとクラウドワークス比較!フリーランスにはどちらもおすすめ

クラウドワークス社が運営する二大サービスのクラウドテックとクラウドワークスは、どちらもフリーランスにおすすめです。

両者の特徴を比較してみましょう。

エージェント型かエンタープライズ型かの違い

クラウドテックはエージェント型といって、専門アドバイザーが企業と人材のマッチングをサポートするシステムです。

クラウドテックのサポート範囲は幅広く、契約締結から請求書の発行までお任せできます。

対するクラウドワークスは、登録ワーカーとクライアントが直接交渉をして単発で仕事を請け負う形になります。

その中でも、クラウドワークスは以下の2つのタイプに分かれます。

  • プラットフォーム型…一般募集案件にワーカーが応募して仕事を獲得する
  • エンタープライズ型…企業から希望されたワーカーをクラウドワークスから探してオファーする(非公開案件)

エージェント型とエンタープライズ型は似ていますが、クラウドワークスはあくまでも企業とワーカーが直接交渉するスタイルであり、業務形式も成果報酬型になります。

仕事や収入面の安定感は、クラウドテックの方が優れているといえるでしょう。

また、クラウドワークスのエンタープライズ案件は、確実にもらえるものではありません。

仕事が途切れないフリーランスを目指すなら、クラウドテック・クラウドワークス両方に登録することをおすすめします。

クラウドテック以外におすすめのフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

まとめ|クラウドテックには良い評判が多い!副業や未経験でも使える

クラウドテックの評判や特徴、メリット・デメリットをお伝えしました。

クラウドテックには悪い評判もありますが、上手に利用することでデメリットは回避できます。

掲載案件への応募と同時進行でアドバイザーからの案件紹介を受けられるため、仕事探しが倍のスピードで進むでしょう。

フリーランス向けの福利厚生や保険など、案件に参画するだけで受けられるサポートもそろっています。

登録料・利用料・手数料は無料なので、登録だけでもしておいて損はないフリーランスエージェントです。