タイミーは副業で利用できる?会社にバレるって本当なのか解説

タイミーは副業で利用できる?会社にバレるって本当なのか解説

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、タイミーでの副業がバレてしまう理由を紹介しています。

最後まで読むことで、タイミーの利用における2つの雇用形態についても知ることができるでしょう。

隙間時間でバイトするなら…!!

タイミー
Timee(タイミー)」は、あなたのライフスタイルに合わせて好きな時間帯で働ける求人が見つかるアプリで、すでに400万人を超えるワーカーが登録しています。

忙しい日常の中で、スキマ時間を利用して働きたい方に最適なサービスです。

「すぐお金が必要な人」「自宅や勤務先の近くで働きたい」「仕事終わりに2-3時間働く、土日に2-3時間働だけ働きたい」人におすすめです。

手軽に登録でき、豊富な求人からあなたにぴったりのバイトを見つけられるので、ちょっと時間があるから稼ぎたいなと考えている方は人気の求人だとすぐ埋まってしまうので、早めに求人に申し込みましょう。
  • 履歴書&面接なしで働ける
  • 最短即日支払い
  • 事前にバイト先の評価がわかる

1分で
登録
すぐに
インストール

リンク先:https://timee.co.jp/

直接雇用と業務委託がある
20万円以下なら確定申告なし

タイミーで副業をしたら会社にバレる?

タイミーで副業をしたら会社にバレる?

副業を始めたい多くの人が不安に抱えることとして、「副業をしたら会社にバレるのか」がよく挙げられます。

特に、副業を始めるにあたって利用するサービスによっては、会社にバレる可能性もゼロではありません。

タイミーは、最近大注目の副業マッチングサービスです。

タイミーで副業をした場合、会社にバレることはあるのかについて解説します。

  1. 住民税の納付書通知が原因でバレることが多い
  2. タイミーで副業をしていることを会社で話すとバレる

住民税の納付書通知が原因でバレることが多い

タイミーに関わらず、副業をしていることが会社にバレる主な要因は、住民税の納付書通知によるものが挙げられます。

もしあなたが副業による収入が20万円以上となると、確定申告が必要です。

副業収入に応じた税金の納付を知らずに過ごしていると、会社で差し引きされる住民税が上がってしまいます。

そのため、会社で差し引きされる住民税の納付書通知で副業をしていることがバレないために、副業収入による税金は個人で納付することが重要です。

タイミーで副業をしていることを会社で話すとバレる

タイミーで副業をしているような内容を会社内で話してしまうと、当然バレてしまいます。

意外にも、会社での噂話などはすぐに広まってしまうため、あなたが副業をしていることを話すだけですぐに話が上司に回ってきます。

もしあなたが所属している会社が副業を禁止している場合、副業がバレると辞職せざるを得ない状況に陥ってしまうため注意が必要です。

タイミーに関わらず、会社以外の場所で収入を得ていることを話すと、副業であるとみなされてしまうため気をつけましょう。

タイミーでの副業がバレたときの対処法

タイミーでの副業がバレたときの対処法

タイミーの利用の仕方によっては、副業がバレるケースも考えられます。

もしもあなたがタイミーを利用した副業で会社にバレてしまったときは、次の対処法をとるのがおすすめです。

  1. 思い切って副業していることを伝える
  2. 副業が禁止の会社なら退職も視野に入れる

副業がバレてしまったときは、どのように対処するかが非常に重要です。

万が一タイミーでの副業がバレたときに備えて、あらかじめ確認しておきましょう。

思い切って副業していることを伝える

副業をしていることがバレたときは、思い切って自白すると良いでしょう。

もしもあなたが副業していることがバレてしまった場合、改めて隠してしまうとかえって怪しまれる可能性があります。

そのため、不注意等で副業をしていることが会社にバレてしまったときは、思い切って副業をしていることを上司などに伝えるのが良いです。

場合によっては注意されるかもしれませんが、副業を隠し通してバレたときと比べて注意される度合いも異なってくるので、万が一副業がバレたときは開き直って副業をしていることを伝えるのも対策方法です。

副業が禁止の会社なら退職も視野に入れる

もしあなたが所属している会社が副業を禁止しているのであれば、副業がバレたときに退職を視野に入れておきましょう。

副業が禁止されている会社で副業をする場合、バレたときはすべて自己責任となります。

やはり会社のルールに従わずに副業をしてしまうと、ある程度のリスクがかかります。

副業に厳しい会社だとクビにされるケースもあるため、あなたが副業を始める際はバレたときのことも考えて行動することが重要です。

【対策方法】タイミーで副業していてバレないためにはどうすればいい?

タイミーでの副業がバレる可能性はありますが、最も良いのは副業をしていることがバレないことです。

対策次第では、タイミーで副業をしていてもバレずに済むこともあります。

タイミーで副業をしていてバレないようにするための対策方法は、次の5つです。

  1. タイミーで副業を始めるときは業務委託契約で申請する
  2. タイミーでの副業所得を20万円以下に抑える
  3. 住民税を普通徴収で納付する
  4. 会社内で副業について話さない
  5. SNS経由で個人を特定できる情報を発信しない

タイミーで副業を始めるのであれば、必ず確認しておきましょう。

タイミーで副業を始めるときは業務委託契約で申請する

副業でバレないためには、企業から給与所得として賃金を受け取らないことが重要です。

そのため、タイミーで副業を始める際は業務委託契約を申請しましょう。

なぜなら、業務委託契約であれば企業から賃金が雑所得として支払われるため、源泉徴収にて反映されないからです。

副業をしていることがバレないためには、タイミーを利用する際にあらかじめ業務委託契約で申請することがポイントです。

タイミーでの副業所得を20万円以下に抑える

もしあなたがタイミーでの副業がバレたくないのであれば、タイミーでの副業所得を20万円以下に抑えましょう。

副業所得が20万円以下の場合、確定申告が必要ありません。

そのため、会社で副業をしていることを話さない限りは社内でバレることは考えにくくなります。

これからタイミーで副業を始める際は、年間副業所得をきちんと確認することが重要です。

住民税を普通徴収で納付する

年間の副業所得が20万円以上になると、確定申告が必要です。

万が一、確定申告をしていないと、所属する会社の源泉徴収にて副業所得分の住民税が差し引かれてしまいます。

会社で副業所得分の住民税が差し引かれると、ほかの社員よりも差し引かれる税金の額が大きくなるため、バレやすくなります。

そのため、タイミーでの副業所得が20万円を超える場合は、住民税を普通徴収で納付することが重要です。

会社内で副業について話さない

会社内で副業をしていることについて話すと、当然あなたが副業をしていることが社内で広まります。

そのため、タイミーで副業をしていることがバレないためには、会社内で副業について話さないことが重要です。

たとえ仲の良い同僚であったとしても、副業の話をすればすぐに社内で広まるでしょう。

どうしても副業について話したい場合は、会社以外で関わりのある友人や家族であれば問題ありません。

SNS経由で個人を特定できる情報を発信しない

もしあなたがSNSにて自身のアカウントを持っている場合は、注意が必要です。

なぜなら、SNS上で副業をしているなどの情報を発信すると、個人のアカウントが特定されてバレやすくなるからです。

近年SNSでの情報発信に対する問題が浮き彫りにされているなかで、自身のプライバシーなどをSNS経由で発信した際に個人情報などが特定されるケースも少なくありません。

そのため、仮にSNS上であったとしても、副業に関する情報を発信しないことが、タイミーでの副業がバレないために大切です。

タイミーでの副業所得が20万円以下ならバレない理由

タイミーでの副業所得が20万円以下の場合、所属する会社に副業をしていることがバレにくいです。

タイミーでの副業所得によって会社にバレない主な理由は、次のとおりです。

  1. 副業所得が20万円以下なら確定申告が不要だから

副業がバレるかバレないかは所得による影響も大きいため、副業を始める際は所得についてもきちんと理解を深めておきましょう。

副業所得が20万円以下なら確定申告が不要だから

タイミーでの副業所得が20万円以下の場合、確定申告をしなくても問題ありません。

副業がバレる原因のなかに、住民税の納付額が大きくなることが挙げられます。

本業のみの所得で生活をしている場合、ほかの社員と同額の住民税が源泉徴収にて差し引かれます。

しかし副業をしていると、副業所得によっては住民税が大きくなってしまうケースもあるのです。

つまり、20万円以上の副業所得がある場合住民税が大きくなるため、副業をしていることがバレるリスクが高まるということになります。

もしあなたが、タイミーでの副業所得が20万円以下であれば確定申告が不要なので会社にバレるリスクは少ないですが、年間とおして20万円以上の副業所得がある場合は自分で住民税を納付しましょう。

確定申告を行わなかったからといって副業がバレないというわけではない

副業をしていることが会社にバレないためには、確定申告や住民税についてきちんと理解しておく必要があります。

なぜなら、副業所得に応じて自分で確定申告を行わなければ、多額の住民税が会社で差し引かれてしまい、「なぜこんなに住民税が多く差し引かれるんだ?」と怪しまれてしまうからです。

しかし、仮に副業所得が年間とおして20万円以下だった場合だとしても、確定申告を行わなかったからといって副業がバレないというわけではありません。

あなたの会社での過ごし方によっては、副業がバレてしまうケースもあります。

そのため、タイミーなどで副業をしていることがバレたくないのであれば、会社内で決して副業に関する話をしないことが重要です。

タイミーの雇用形態は2種類

タイミーを利用すれば、あらゆる副業や仕事を気軽に見つけられます。

少しでも楽にタイミーで仕事を探すためには、タイミーを利用して副業をする際の雇用形態を決めておくと良いでしょう。

タイミーの雇用形態は主に2種類で、次のとおりです。

  1. 直接雇用
  2. 業務委託

直接雇用

タイミーにおける直接雇用は、あなたが働く企業との雇用契約が生じる雇用形態を指します。

直接雇用は、副業であるよりはパートや本業という形で契約するため、支払われる賃金のうち税金等は源泉徴収にて差し引かれます。

もしあなたが今フリーターで、どこかの企業と雇用契約を結びたいと考えているなら、直接雇用で申請をするのがおすすめです。

しかしあなたが副業としてタイミーを利用したいのであれば、直接雇用で申請をしないよう注意が必要です。

業務委託

業務委託は、あなたと働く企業との間で雇用契約が生じない雇用形態を指します。

原則、業務委託は外注の形として人を雇います。

そのため、あなたに対して支払われる賃金のうち税金等は自分で納付しなければいけません。

業務委託は企業との雇用契約を結ばないため、副業をする人にとっておすすめです。

タイミーで副業をするなら業務委託がおすすめ

タイミーにおける直接雇用では支払われる賃金が給与所得として反映されますが、業務委託では雑所得として反映されます。

そのため、業務委託であれば会社の源泉徴収票にタイミーでの所得が表記されません。

また業務委託で申請をした場合、年間の副業所得が20万円以下の場合確定申告を行う必要もないため、副業に取り組むうえでは業務委託のほうが安全です。

もしもあなたが副業としてタイミーを利用したいのであれば、業務委託で申請をしましょう。

タイミーでの副業に関するよくある質問

タイミーでの副業における、よくある質問に答えます。

これからあなたがタイミーを利用して副業を始めたいと考えているなら、あらかじめ確認しておきましょう。

  1. タイミーで源泉徴収されないとどうなる?
  2. タイミーで稼いだ場合は確定申告をしなければいけない?
  3. タイミーは副業になる?
  4. 手渡しの副業なのになぜバレる?

タイミーで源泉徴収されないとどうなる?

タイミーで源泉徴収されない場合は、自分で確定申告をして住民税を納付しなければいけません。

もしあなたが直接雇用にてタイミーを利用すれば、源泉徴収票が作られます。

しかし業務委託でタイミーを利用した場合は源泉徴収票が作られないため、あなた自身で税金等を納付する必要があります。

もしあなたがタイミーで仕事をしていることがバレたくないなら、業務委託で申請するのがおすすめです。

タイミーで稼いだ場合は確定申告をしなければいけない?

もしあなたが直接雇用で申請している場合、源泉徴収から税金が差し引かれるため確定申告は必要ありません。

しかし業務委託の場合、所得に応じて自分自身で確定申告を行う必要があります。

確定申告が必要なのは、副業所得が20万円以上からなので、もしあなたがタイミーで稼いだお金が20万円に満たなかった場合は、確定申告が必要ありません。

まずはあなたが直接雇用と業務委託のどちらで申請するかを決めておくことが重要です。

タイミーは副業になる?

あなたが直接雇用と業務委託のどちらでタイミーを利用するかによっては、副業として扱われます。

直接雇用の場合、企業との雇用契約が結ばれるため、副業扱いとはなりません。

しかし業務委託の場合は外注という形で契約が結ばれるため、副業扱いとなります。

また業務委託でタイミーを利用すると、企業から支払われた賃金にかかる税金等はすべて自分で納付しなければいけないことも把握しておきましょう。

手渡しの副業なのになぜバレる?

たとえ手渡しの副業をしていても、あなたが副業をしていることを会社などで話すとすぐにバレてしまいます。

手渡しの副業は税務署からバレる可能性を低くできますが、所属する会社内でバレないようにするのはあなた次第でもあります。

突然お金に対する羽振りが良くなったりすると、会社の同僚から怪しまれてしまいやすくなるため、注意しましょう。

もしも副業をしていることがバレたくないのであれば、手渡しの副業をしていたとしても話さないことが大切です。

まとめ

タイミーはスキマ時間を有効活用して気軽にアルバイトができるサービスですが、正社員がタイミーを利用すると副業扱いとなります。

もしあなたが所属する会社が副業を禁止している場合、タイミーを利用していることがバレると辞職せざるを得なくなる可能性があるため注意が必要です。

タイミーでの副業がバレないためには、副業所得を調整したり確定申告を自分で行うのがおすすめです。

また、どれだけ仲の良い会社の同僚がいたとしても、タイミーで副業をしていることを話すのは避けましょう。

隙間時間でバイトするなら…!!

タイミー
Timee(タイミー)」は、あなたのライフスタイルに合わせて好きな時間帯で働ける求人が見つかるアプリで、すでに400万人を超えるワーカーが登録しています。

忙しい日常の中で、スキマ時間を利用して働きたい方に最適なサービスです。

「すぐお金が必要な人」「自宅や勤務先の近くで働きたい」「仕事終わりに2-3時間働く、土日に2-3時間働だけ働きたい」人におすすめです。

手軽に登録でき、豊富な求人からあなたにぴったりのバイトを見つけられるので、ちょっと時間があるから稼ぎたいなと考えている方は人気の求人だとすぐ埋まってしまうので、早めに求人に申し込みましょう。
  • 履歴書&面接なしで働ける
  • 最短即日支払い
  • 事前にバイト先の評価がわかる

1分で
登録
すぐに
インストール

リンク先:https://timee.co.jp/

直接雇用と業務委託がある
20万円以下なら確定申告なし