副業で年収100万を稼いで確定申告しないとどうなる?税金はいくら?

副業で100万円

副業で年収100万円を達成しようと考えているあなた、税金対策や節税方法について考えたことはありますか?

この記事では、副業で100万円を稼いだ際の税金の計算方法や注意点、節税方法を総合的に解説します。

具体的には、所得税と住民税の計算方法を始め、確定申告が必要となる条件や節税に繋がるポイントを紹介します。

そして、税金対策や節税の観点からおすすめの副業を一覧でご紹介します。

ぜひ、この記事を参考に年収100万円の副業を始める前に、税金対策を万全に整えておきましょう。

隙間時間でバイトするなら…!!

タイミー
Timee(タイミー)」は、あなたのライフスタイルに合わせて好きな時間帯で働ける求人が見つかるアプリで、すでに400万人を超えるワーカーが登録しています。

忙しい日常の中で、スキマ時間を利用して働きたい方に最適なサービスです。

「すぐお金が必要な人」「自宅や勤務先の近くで働きたい」「仕事終わりに2-3時間働く、土日に2-3時間働だけ働きたい」人におすすめです。

手軽に登録でき、豊富な求人からあなたにぴったりのバイトを見つけられるので、ちょっと時間があるから稼ぎたいなと考えている方は人気の求人だとすぐ埋まってしまうので、早めに求人に申し込みましょう。
  • 履歴書&面接なしで働ける
  • 最短即日支払い
  • 事前にバイト先の評価がわかる

1分で
登録
すぐに
インストール

リンク先:https://timee.co.jp/

直接雇用と業務委託がある
20万円以下なら確定申告なし

副業で100万円を稼いだら税金はいくら?

副業年収100万円の税金
出典:1,000,000 円所得税計算ツール2023 -日本 -税後給与

副業で100万円の収入がある場合、税金の計算はいくつかの要素によって変わります。まず、所得税と住民税が関係します。

所得税は所得階級によって税率が変わりますが、割合に基づいて計算されます。

具体的な計算方法を解説します。所得税は総所得額から必要経費を引いた額(課税所得)に対する税率を適用し、所得控除を引いた後の金額が最終的な税額となります。

副業の収入が100万円の場合、雑所得として計算され、経費を差し引いた後の課税所得に応じて税率が適用されます。具体的な税率は国税庁のホームページで確認できます。

次に、住民税です。住民税は前年の1月1日から12月31日までの所得に対して徴収されるため、副業で得た収入も考慮されます。住民税は所得割と住民票に基づく基本徴収を合わせて計算され、課税所得に応じた税率が適用されます。

総じて、副業で100万円を稼いだ場合の税金額は、所得税と住民税を合わせて計算されるため、所得状況や経費、制度を考慮した上で具体的な金額を導き出す必要があります。税理士に相談することをおすすめします。

副業年収100万円超えのデメリット

副業年収100万円超えにはいくつかデメリットがあります。その一つが確定申告の義務が生じる点です。また、所得が増加することで社会保険料が増える可能性があります。

さらに、年収が増えることで、配偶者控除や扶養控除が受けられなくなる場合があります。これらのデメリットを考慮することが重要です。

下記が主なデメリットになります。

  1. 確定申告が義務になる
  2. 副業が会社にバレる
  3. 所得税や住民税が増えてしまう
  4. 会社員や学生だと扶養から外れてしまう
  5. 個人事業税が課される
  6. 消費税が課される

確定申告が義務になる

副業で年収100万円を超えると、確定申告が義務になります。この確定申告は、税務署への申告であり、所得税や住民税の計算や納税が正確に行われることを保証するものです。

確定申告を行うことで、副業で得た収入に対する正しい税金額が計算され、適切な税収が国や自治体に納められます。

確定申告は通常、1月1日から3月15日までの期間に行われます。この期間に税務署に申告書を提出することが義務付けられています。適切な税金額を計算し、納税を適切に行うことが求められるため、副業年収100万円を超えた方は確定申告の準備が必要となります。

確定申告が必要なケースは以下のフローチャートを参考にしてください。

確定申告のフローチャート

副業が会社にバレる

副業が会社にバレる理由はいくつかあります。まず、副業を行っていることが、会社の同僚や上司に口コミで伝わる可能性があります。また、副業で得た収入は確定申告が必要であり、確定申告を行うと、所得税や住民税が会社に通知される場合があるため、そのことでバレる可能性があります。

その他にも、副業での収入が会社の社会保険や年金制度に影響を与えることもあります。例えば、副業での収入が増えると月々の社会保険料や年金額も増える場合があります。

最後に、副業を行っている会社員が会社のルールや規約を遵守していない場合、そのことが原因で会社にバレることもあり得ます。

以上のような理由から、副業が会社にバレるリスクが存在します。

所得税や住民税が増えてしまう

副業を行うことで、所得税や住民税が増える理由は、副業で得られる収入が全て所得に加算されるためです。副業で得た収入は、給与所得や雑所得として課税対象となります。

副業収入があると、所得金額に応じて税率が上がります。そのため、副業収入があればあるほど、所得税や住民税が増えることになります。

ただし、副業で得た収入に対して、経費などの控除が可能です。経費を適切に計上することで、所得税や住民税の負担を軽減することができます。

また、配偶者控除や扶養控除などの税制上の優遇措置も利用できますので、節税対策を考慮しながら活動することが重要です。

会社員や学生だと扶養から外れてしまう

会社員や学生が副業を行っている場合、扶養から外れるリスクが考えられます。扶養家族の基準は、年間の収入が所定の金額を超えていることですが、副業の収入が加算されることで、その基準を超えることがあります。

扶養から外れると、生活費や医療費の負担が増えるだけでなく、配偶者などの扶養控除が受けられなくなり、税金の負担が増えることが考えられます。

しかし、適切な納税対策を行うことで、扶養から外れるリスクを減らすことができます。たとえば、扶養家族の基準をクリアするために、副業の収入に対して経費を適切に計上したり、配偶者などの扶養家族と相談して必要書類を用意することが有効です。

適切な納税対策を行うことで、副業による扶養からの外れリスクを最小限に抑えることができます。

個人事業税が課される

副業を行うことで、個人事業税が課される場合があります。個人事業税は、個人事業主が事業で得た所得に対して課される地方税です。副業で得た収入が一定額以上に達すると、個人事業税の対象となります。

ただし、個人事業税は、事業所得が一定額を超えた場合に課されるため、副業収入が少ない場合や、経費を適切に計上して所得が一定額以下に抑えられる場合は、個人事業税を支払う必要がありません。

また、青色申告を行うことで、所得控除が受けられるほか、個人事業税の負担を軽減することができます。しかし、青色申告を行う場合は、適切な会計帳簿の作成や記帳の方法に注意が必要です。

個人事業税が課されるかどうかは、副業収入の金額や事業所得の計算方法などによって異なりますので、適切な税務対策を行い、必要に応じて税理士などの専門家に相談することが重要です。

消費税が課される

消費税は、商品やサービスの提供に対して課される税金で、取引の段階ごとに課税されます。

たとえば、あなたが開業して商品を販売する場合、販売した商品の金額に応じた消費税を徴収し、国税庁に納税する必要があります。

また、消費税は、事業者間の取引でも課せられます。

これを「仕入れ」税といい、自分が仕入れた商品やサービスにかかる消費税を控除できます。

そのため、消費税は最終的に消費者に負担がかかる仕組みになっています。

個人が副業で事業を行う場合も、年間の売上が基準額(現行では10百万円)を超えると、消費税の課税対象となります。

ただし、この基準額は、税務署に青色申告をしているか、専従者がいるかなどの条件で変わることがあります。

青色申告や専従者のある事業者は、基準額が緩和されることがあります。

したがって、副業で事業を行う場合でも、消費税の計算や納税に注意が必要です。

そもそも確定申告しないとどうなる?

確定申告を怠ると、税務署からの指導や処分が受けられる可能性があります。

最も軽いケースでは、督促状が送付され、確定申告を促されます。

しかし、無視し続けると、さらに重い処罰が課せられます。

過去の未申告分に対して重加算税が課されることがあり、遅延税額に応じて決まるこの金額は、最大で所得税額の40%に達することがあります。

また、所得税法に基づいて、関係者に対して証拠開示を求めたり、税務調査を行ったりすることもあります。

税務調査は、非常に手間がかかり、ビジネスに悪影響を及ぼすことがあります。

さらに、脱税が明らかになった場合、罰金や懲役刑が科せられることもあります。

したがって、確定申告は税法に従い、適切に行うことが大切です。

確定申告を怠らない方法としては、税理士に相談する、無料の確定申告サポートを受ける、電子申告を活用するなどがあります。

これらの方法を利用して、確定申告を正確かつ円滑に行い、税務署からの厳しい指導や処分を避けることが可能です。

税金を抑える副業選びのポイント

税金を抑えるための副業選びにおいて、まず重要となるポイントは、確定申告できる経費が多い業種を選ぶことです。

例えば、自宅で仕事ができる副業だと通勤費がかからず、光熱費や家賃の一部を経費として計上できます。また、自動車を使用する業種を選ぶと、ガソリン代や車検費用、リース代などを経費にできます。

次に、確定申告時に活用できる控除制度がある業種を選ぶこともポイントです。

例えば、医療関係の副業を選ぶと、医療費控除が利用できます。これにより、自分や扶養家族が支払った医療費を所得から控除できます。

最後に、副業で得た収入が本業と同じ所得区分に含まれるかどうかを考慮することがポイントです。

例えば、給与所得と一緒に事業所得がある場合、所得税の計算が複雑になります。しかし、給与所得以外の雑所得だけの場合、簡素な申告で済むことがあります。

したがって、税金を抑える副業選びには、状況に応じて業種を検討することが重要です。

選び方のポイントは下記の通りとなります。

  1. 経費を増やす
  2. 控除をちゃんと計上する
  3. 青色申告で確定申告を行う
  4. 法人化する

経費を増やす

副業で収入がある場合、経費を増やすことで課税される所得を減らし、税金の負担を軽減できます。

経費として計上できるものは、仕事に直接関係するものや事業運営に必要なもの、例えば、通信費や書籍代、機器購入費などが対象となります。

正確な経費の計算が可能であれば、年間の所得税負担を軽くできるため、経費はきちんと管理しておくことが大切です。

また、経費の節税効果を最大限に活用するため、レシートや領収書の保管も怠らないようにしましょう。

経費計上に不安がある方は、税理士に相談してみると良いでしょう。

控除をちゃんと計上する

税金の負担を軽減するには、控除を適切に計上することが大切です。所得税には、基本控除や配偶者控除、扶養控除など様々な控除があります。

これらの控除を適切に計上することで、課税される所得が減少し、税金が少なくなります。

特に副業がある場合、所得が本業の給与に加算されるため、控除を活用することで税金の負担を軽減できます。

具体的な控除の方法や計算は各々違いがありますので、確定申告時に国税庁のホームページや税務署の資料を参考にしましょう。

また、税理士への相談も有効です。

青色申告で確定申告を行う

個人事業主や副業をしている方は、青色申告を利用することで税金の負担を軽減できます。

青色申告をすることで、決算書の提出が義務付けられ、経理の正確性が求められますが、その分、青色申告特別控除という制度が利用できます。

この控除により、所得税から一定額が控除されるため、税負担を減らすことができます。

青色申告を利用するには、国税庁への届け出が必要です。

青色申告には経理や申告書類の作成に手間がかかりますが、その労力に見合う節税効果が期待できます。

こちらも税理士への相談がおすすめです。

法人化する

副業や個人事業主の所得がある程度高額になる場合、法人化を検討することで節税対策が可能です。

法人化することで所得税の税率が個人よりも低い法人税率が適用され、税負担を減らすことができます。

また、法人には給与所得控除や法人の損失の繰越控除など、より多くの控除が適用されます。

法人化には手続き維持費がかかりますが、節税効果が大きいため、検討する価値があります。

法人化のメリットやデメリット、手続きについては税理士やコンサルタントに相談してみましょう。

副業の年収100万円未満でも確定申告が必要なケース

副業で得た年収が100万円未満であっても、確定申告が必要となる場合があります。その理由は、所得の種類や金額によって申告義務が発生するためです。

具体的なケースとして、下記が挙げられます。

  1. 会社員で雑所得が20万円以上の場合
  2. 事業所得が38万円以上の場合
  3. 主婦や学生で雑所得が20万円以上の場合

これらの条件に該当する人は、確定申告を行い、適切に税金を納めることが重要です。

会社員で雑所得が20万円以上

会社員の副業収入が、雑所得として20万円以上の場合、確定申告が必要です。

雑所得とは、給与所得や事業所得、不動産所得以外の収入のことで、アルバイトや投資などが該当します。

20万円以上の雑所得がある場合、源泉徴収の対象外となるため、確定申告を行って正確な税額を計算し、納税が必要となります。

事業所得が38万円以上

副業で事業所得を得ている場合、その所得が38万円以上であれば確定申告が求められます。

事業所得とは、個人事業主やフリーランスが得る収入のことで、これには売上から経費を差し引いた金額が含まれます。

38万円以上の事業所得がある場合は、確定申告を行い、適切な税金を納めることが必要です。

主婦や学生は雑所得が20万円以上

主婦や学生でも、副業で得た雑所得が20万円以上の場合、確定申告が必要となります。

所得の総額によって税金が課税されるため、正確な税額を計算し、適切に納税することが大切です。

確定申告を行うことで、適切な税金を納めることができ、法令順守が実現されます。

確定申告で節税を目指す際の必要知識

確定申告を行う際に節税を目指すためには、いくつかの知識が必要です。まず、自分の所得の種類を把握し、それに応じた計算方法を理解することが大切です。所得の種類には給与所得、事業所得、雑所得などがあります。

また、収入がどの程度の金額に達するかを確認し、課税される範囲を把握することも大切です。

次に、所得控除や経費の計算方法を知ることです。所得控除は、所得税の計算において、所得額から差し引くことができる金額のことで、経費は事業所得を計算する際に、必要経費として認められるものです。これらを適切に計算し、正しい税金を支払うことが節税の第一歩です。

また、青色申告や白色申告といった制度を利用することで、節税が可能です。青色申告は、一定の条件を満たすことで、所得控除額が大きくなる制度であり、白色申告は、一般的な確定申告の方法です。どちらの制度を選択するかによって、節税効果が変わります。

さらに、住民税の計算方法や税率を理解し、節税対策を立てることも重要です。住民税は、所得額や世帯構成などによって変動するため、正確な計算が必要です。

最後に、税理士や専門家に相談することもおすすめです。税務に関する知識や経験が豊富な専門家は、適切なアドバイスを提供してくれることが期待できます。

下記内容も併せて覚えておくと有利になります。

  1. 青色申告と白色申告、どちらがおすすめ?
  2. 住民税の発生条件
  3. 所得税の発生条件

青色申告と白色申告、どちらがおすすめ?

青色申告と白色申告、どちらがおすすめかは個人の事業規模や経営状況により異なります。青色申告は、所得控除額が大きいことが特徴で、確定申告時に節税効果が期待できます。ただし、青色申告を利用するためには、帳簿の適切な管理や青色申告承認申請を行うことが必要です。

一方、白色申告は、青色申告と比べて手続きが簡単であり、帳簿の管理が不要です。しかし、所得控除額は青色申告より少ないため、節税効果は小さいです。

したがって、事業規模が大きく、節税効果を重視する場合は青色申告がおすすめです。逆に、事業規模が小さく、手続きの簡素さを優先する場合は白色申告が適しています。どちらを選択するかは、個々の事業状況や節税目標を考慮して決定することが重要です。

住民税の発生条件

住民税は、年間所得を基に計算される地方税で、発生条件は以下の通りです。

  • 1月1日時点で日本国内に居住していること
  • 所得があること
  • 年末調整ではじき出される住民税が基本的な計算方法

住民税は、所得税とは別に国税庁から徴収されます。住民税の計算方法は、年収や世帯構成などによって異なるため、正確な計算が必要です。

住民税は、所得金額によって段階的に税率が変動します。所得金額が高いほど税率も高くなります。また、所得税とは異なり、扶養控除が適用されることもあります。

さらに、住民税の納税方法は、一括納付、分納、給与天引きなどがあります。これらの方法は、所得状況や納税者の希望によって変更できます。

住民税の発生条件や計算方法を理解し、適切な納税を行うことが大切です。不明な点があれば、税務署や専門家に相談することがおすすめです。

所得税の発生条件

所得税は、年間の所得金額に応じて課税されます。具体的には、給与所得、事業所得、雑所得など、さまざまな種類の所得が対象となります。その理由は、国や地方自治体が、所得に応じた税金を徴収することで、公共サービスの資金を確保しているからです。

所得税の発生条件は、年間所得が一定額以上であることが必要です。また、一定の金額以下であれば、所得税の控除が適用される場合があります。確定申告を行うことで、所得金額や控除額を正確に計算し、適切な税金が納められます。

所得税は、個人が収入を得ることで発生しますが、企業も法人税という形で課税の対象となります。このように、所得税の発生条件が理解できることは、正確な税金の納付や節税対策にも繋がります。

会社員が副業で確定申告が必要か検討する

会社員が副業を行う場合、確定申告が必要かどうかを検討します。副業で得た収入が20万円を超えた場合や、所得金額によって給与所得控除が減少する可能性がある場合は、確定申告が必要となります。

確定申告を行うことで、副業での収入や経費を正確に計算し、適切な税金を納めることができます。また、経費の計算や節税対策を行うことで、税負担を減らすことが可能です。

確定申告が必要かどうかの判断は、副業で得た収入や経費を把握し、税法に基づいて調査することが重要です。税務署や税理士に相談することもおすすめです。

また下記内容も併せて確認し、必要かどうかの判断材料にご利用ください。

  1. 100万円以下でも注意が必要な例
  2. 扶養家族や社会保険への影響
  3. 税金の対策を含めたおすすめ副業一覧

100万円以下でも注意が必要な例

副業収入が100万円以下であっても、注意が必要な例があります。例えば、給与所得控除の影響により、所得税が増える場合があります。また、確定申告を行わなければ、所得税の支払いが正確に行われず、税務署から指摘を受ける可能性があります。

副業収入によって、社会保険料や住民税の負担が変わる場合も注意が必要です。適切な手続きを行い、必要な支払いを確認することが重要です。

扶養家族や社会保険への影響

副業収入が増えると、扶養家族や社会保険への影響が出る場合があります。扶養家族の条件には所得制限があり、副業収入でこれを超えると、扶養家族から外れる可能性があります。これによって、所得税の控除額が変わることがあります。

また、副業を行うことで社会保険に加入する必要が生じる場合があります。例えば、副業が事業所得であり、一定の条件を満たす場合、国民年金や国民健康保険に加入が必要となります。加入手続きを行い、保険料を支払うことが求められます。

副業収入の増加による扶養家族や社会保険への影響を十分に理解し、適切な手続きを行うことが大切です。

税金の対策を含めたおすすめ副業一覧

税金の対策を含めたおすすめ副業を具体的に紹介します。

まず、個人事業主として仕事を行う事業副業があります。事業副業では、経費の控除が可能であり、節税対策に効果的です。独立して仕事を始める際には、青色申告制度に登録し、税理士と相談しながら経営を行うことがおすすめです。

次に、不動産投資があります。これは、家賃収入から管理費やローン金利を差し引いた金額が所得になります。節税対策として、不動産投資で利益を得る際には確定申告による対策が必要です。

また、投資信託や株式投資も節税効果があります。税率が20%の源泉徴収税のみなので、高所得者には有利です。

最後に、医療費控除を利用した節税対策が挙げられます。医療費控除を利用するためには、医療系の副業を行い、医療費を確実に計上することが重要です。

これらの副業は、いずれも税金対策を考慮しており、おすすめです。自分に合った副業を見つけて、節税対策をしっかりと行いましょう。

副業で100万円稼ぐ税金対策のまとめ

副業で100万円稼ぐための税金対策として、以下のポイントが挙げられます。

  1. 確定申告を行い、所得税と住民税の調整をする
  2. 青色申告制度を利用して、更に節税を行う
  3. 経費の控除を適切に行い、所得を抑える

最後に、税金対策に関する知識を深めることが重要です。更なる節税対策を学びたい方は、税理士や専門家に相談しましょう。では、節税対策を行いながら副業で100万円を目指しましょう。