【実録】クラウドワークスをやってみた本音

  • 2022年7月27日
  • 2022年7月28日
  • 副業
  • 552view

「クラウドワークスで副業って実際どうなの?」

「クラウドワークスで稼げる金額ってどれくらい?」

「クラウドワークスで稼ぐための方法は?」

クラウドワークスについて、こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、クラウドワークスを実際にやってみた体験をもとに、クラウドワークスでの稼ぎ方や注意点を解説します。

始めたばかりの初心者の方や、なかなかクラウドワークスで稼げないという方は必見です!

クラウドテッククラウドテック」は、副業(業務委託)でも病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートが充実!

クラウドテックを登録するメリット

  • 97%がリモート案件
  • これからフリーランス目指す人もOK
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • 参画後の評価で単価が上がる制度あり
  • 最短3日で稼働でき翌月15日に報酬が振り込み
  • 単価が高い案件が多い
  • ライター単価も平均月40万円※2021年9月現在

クラウドテックこれからフリーランスを目指す利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!

目次

やってみた人に聞きたい!クラウドワークスってどんなサイト?

クラウドワークスは副業を始めたい人におすすめ

副業とは、本業以外の仕事で収入を得ることです。

日本では副業を明確に禁止しているわけではありません。

公務員の副業は禁止されていますが、一般的には企業ごとに定めている就業規則によって、禁止されているケースがあります。

副業の種類

副業にはさまざまな種類があり、大きく分けると

  • ネット系(クラウドソーシング・アプリ開発・動画編集・アフィリエイトなど)
  • 労働系(アルバイト・代行業・治験・デリバリースタッフなど)
  • 投資系(株式投資・FX・シェアビジネス・不動産投資・暗号資産など)

の3種類に分類することができます。

クラウドワークスは、ネット系の副業になり、在宅でできるお仕事がほとんどです。

労働系の副業は、自分が実際に出勤し、仕事中は外へ出なければいけません。

投資系の副業は、元手がなければ挑戦しづらいという厳しい現実があります。

「副業を始めたいけれど大きな元手はかけられない」「スキマ時間で効率良く稼ぎたい」という副業を始めたい人に、クラウドワークスはおすすめです。

クラウドワークスの仕事の流れ

クラウドワークスには、一定の仕事の流れがあります。

①仕事を探す

募集している仕事の中から、カテゴリーや条件などで自分の応募したい仕事を探すことができます。

②応募する

自分の挑戦したい仕事が決まったら、メッセージを添付して応募します。

自分のスキルや経験、実績などをアピールするチャンスです。

③契約条件を相談する

クラウドワークスには、クライアントとコミュニケーションの取れるメッセージ機能があります。

メッセージ上で業務の内容や報酬など、提案や見積もりを行いましょう。

既に報酬や業務内容が決定している仕事も多くあります。

④契約成立・業務開始

クライアントとワーカーが双方合意した時点で、契約が成立します。

クライアントが仮払いを行ったことを確認して、業務開始です。

クラウドワークスの仕事の種類

クラウドワークスには、多くの仕事で募集があります。

  • システム開発
  • アプリ・スマートフォン開発
  • ホームページ制作・Webデザイン
  • ECサイト・ネットショップ構築
  • デザイン
  • 動画・映像・アニメーション
  • 音楽・音響・ナレーション
  • ビジネス・マーケティング・企画
  • ライティング・記事作成
  • 事務・カンタン作業
  • 写真・画像
  • 3D-CG制作
  • ネーミング・アイデア
  • 翻訳・通訳サービス
  • 製品設計・開発
  • 相談アドバイス・暮らし・社会
  • プロジェクト・保守運用メンバー募集
  • 開発(時間単価制)
  • 事務(時間単価制)
  • ライティング(時間単価制)
  • デザイン(時間単価制)
  • プロジェクト・保守運用メンバー募集

参考:すべての仕事情報を探す | 在宅ワーク・副業するなら【クラウドワークス】

同じ仕事でも、初心者歓迎というレベルから、スキルや経験を求められるプロのレベルまであります

仕事の種類によっては、募集の数にも差はありますが、これだけの種類から自分に合った仕事を選べるので、副業は初めてだという人でも安心して挑戦することができるでしょう。

【報酬編】やってみた人の体験談

クラウドワークスに関する評判は賛否両論です。

プロクラウドワーカーに認定されるような、驚くほどの高収入を得ている人がいるのも確かですが、「時給換算したら数百円」という状況の人もいます。

実際にクラウドワークスをやってみた体験談をご紹介します。

スキルや資格などの違いはありますが、自分がやってみたらどうなるのか、ぜひ参考にしてください。

クラウドワークスでやってみた仕事①タスク

タスク形式の仕事とは、受注などの手間がなく受けることのできる案件です。

アンケート形式のものが多く、初心者でも簡単に取り組めるメリットがあります。

タスク形式の案件には制限時間があり、時間内に終わらせることができないと、報酬はもらえません。

クライアントの指示に従って作業を行えば、承認されて、報酬が支払われる仕組みです。

タスクの案件は、報酬が低いので、数をこなすことがポイントです。

1時間でどのくらい稼げるのか、挑戦してみたところ…

  • 案件数:15件
  • 内容:アンケート・ドラマの感想
  • 報酬:670円

時給670円です。

画像編集やがっちりとしたライティングの案件は高単価ですが、アンケートなどは2円・5円などの単価も存在します。

クラウドワークスでは、自身のトップページに受注件数が表示されます。

その数が多ければクライアントの信用度も上がるため、受注件数を上げるためには、タスクは最適です。

しかし、タスク案件だけで稼ごうと思うのは非常に無理があります。

スキマ時間で行う程度は良いですが、何時間も何日も継続しておこなうには、効率が悪いです。

クラウドワークスでやってみた仕事②データ入力

データ入力とは、数字や文字などの情報を打ち込む仕事です。

タイピングが早い人が有利に思えますが、コピペだけでできる案件もあります。

パソコンがある程度使える人であれば、比較的簡単に行える仕事のひとつです。

  • リスト作成:100件で2,000円(1件20円)
  • 老人ホームの概要を表にまとめる:500件で5,000円(1件10円)
  • 音声からの文字起こし:1件3,500円(約60分)

などに挑戦しました。

アンケートなどのタスク形式よりは単価が高く、作業内容が難しすぎることもないので、初心者にはおすすめです。

データ入力の案件の特徴は、固定報酬制が多いこと。

報酬はあらかじめ決められていて、入力がすべて完了した時点で終了になります。

そのため、パソコンに疎い人や、作業に手間取ってしまう人は、時給換算すると500円以下ということも珍しくありません。

案件数や種類が多いので、自分のスキルに合った案件ができれば、それなりに稼ぐことも可能です。

クラウドワークスでやってみた仕事③ライター

ライターは、指定されたキーワードや文字数で文章を書く仕事です。

  • プロジェクト形式
  • コンペ形式
  • タスク形式

という3つの契約スタイルがあり、ライターとして安定して稼ぐことができるのは、プロジェクト形式です。

近年増えているのは、本採用前にテストライティングを行う方法。

本採用の報酬よりも安い金額で、同じレベルの納品物を要求されます。

ライターの仕事では、プロジェクト形式の案件を中心にやってみました。

  • 介護関連:3,000文字5,000円(1.6円/字)
  • 転職関連:5,000文字5,000円(1.0円/字)
  • 終活関連:3,000文字2,100円(0.7円/字)

文字単価では介護関連の案件が一番高いですが、工程が異なります。

  • 記事だけ書けばよい案件
  • 構成を自分で作成する案件
  • 記事作成後Wordpressへの入稿を行う案件(画像選定も含む)

1文字1.6円の案件は、構成案の作成からWordpressの入稿までが含まれていました。

1文字1.0円・0.7円の案件は、構成も作成されていたので、文章だけを書けば良い状態でした。

文字単価・文字数だけではなく、他のスキルが必要になるケースもあるため、応募時にはどのくらいの工程になるのかを確認することが大切です。

一番効率よく稼げたのはライター

クラウドワークスの案件を実際にやってみた結果、もっとも効率良く稼げたのはライターの仕事でした。

同じ5,000円を目標と設定するのであれば、ライターの案件が良かったです。

アンケートのようなタスク案件は、とにかく単価が安いので、大量の案件をこなさなくてはいけません。

データ入力は、案件に慣れるまでに時間がかかり、時給換算するとかなりの低単価となってしまいます。

文章を書くことが苦にならないという人は、ライター案件がおすすめです。

クラウドワークスをやってみたい人が知るべき心構え7選

これからクラウドワークスをやってみたいという人は、クラウドワークスの特徴を熟知しておく必要があります。

とくにフリーランスとして生計を立てたいと考えている方にとっては、不向きな点もあるため、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと押さえておきましょう。

クラウドワークスにはひどい案件もある

クラウドワークスには、ひどい案件があるのも事実です。

  • 驚くような低単価
  • 悪徳商法の勧誘
  • ビジネスマナーを守らない対応

とくに注意したいのは、悪徳商法の加入まがいの案件です。

継続で受注したい人には研修や教材が必要だといって、高額な費用を負担させるケースもあり、クラウドソーシングで仕事を受注するという本来の目的を逸脱しているものもあります。

受注前には、クライアントの評価・プロジェクト完了率・単価の相場を必ず確認してください。

タスク形式では稼げない

実際にクラウドワークスで仕事を受注してみると、タスク形式では稼げないことがわかります。

理由は、圧倒的に単価が低いことです。

実績を作る・クラウドワークスのシステムに慣れるという意味では良いですが、安定した収入を確保するのは難しいでしょう。

初心者はいきなり稼げない

どんな仕事でも同じですが、始めたばかりの初心者がいきなり稼げることはありません

もともと知見がある場合でも、クラウドワークス上の実績がなければ、高単価の案件を受けることは難しいからです。

クラウドワークスの案件には『初心者歓迎』『未経験者OK』という条件もたくさんありますが、初月からすぐに軌道に乗って稼げるようになることは稀といえるでしょう。

甘い言葉にまどわされない

クラウドワークスの案件には、非常に魅力的で、甘い言葉を並べているケースもあります。

しかし、甘い言葉に惑わされないように、注意しておかなくてはいけません。

  • 『月間10万円以上稼ぐことも十分可能』
  • 『作業自体は超簡単!最短10分で完了』
  • 『在宅で稼げるビジネスを多数取り扱い』
  • 『フリーランスデビューに最適』
  • 『初心者でも文字単価1円以上可能』

確かに実現するのであれば、どれも素晴らしい条件ですが、甘い言葉を並べているクライアントほど、注意することが必要です。

甘い言葉は集客目的で、仕事を依頼したいわけではないということを理解しておきましょう。

自分の得意な分野で挑戦する

クラウドワークスで案件を探すときには、自分の得意な分野で挑戦しましょう。

ライターの場合でも、自分の知見がある分野での仕事は、精神的な負担や作業時間が少なくなるからです。

同じ単価でも短時間で終了することができれば、コストパフォーマンスは上がります。

前項でご紹介したように、クラウドワークスでは多くの職種が募集されているので、得意な分野を探してください。

クライアントを見極める

たとえ初心者でも、クライアントを見極めなければ、悪質な案件の被害に遭ってしまいます。

クライアントを見極めるチェックポイントをしっかりと押さえておきましょう。

  • 単価が異常に低い・高い
  • ビジネスマナーがない
  • レスポンスが遅い
  • サービス外での連絡が必須条件
  • 過剰な誘い文句

などは、悪質なクライアントの特徴です。

仮に誤って契約をしてしまったとしても、クラウドワークスには、契約途中リクエストというシステムがあります。

納品前であれば、契約解除を申請することができるので、ちょっとでも違和感を感じたら、納品せずに、契約を途中終了する勇気を持つことも大切です。

クラウドワークスだけで生活するのは厳しい

クラウドワークスを始めたばかりの人が、クラウドワークスだけで生活するのは厳しいです。

フリーランスとして独立したいという場合は、時間がかかるということを理解しておきましょう。

クラウドワークスで実際に数十万稼いでいる…というワーカーのブログなどもありますが、ほんの一握りです。

稼げるようになるまでは時間もスキルも必要ですし、ネット上には実際に稼げなかったというワーカーの声の方が多いのが現実。

クラウドワークスを足がかりにして、フリーランスとしての営業活動をおこなう必要があることは否めません。

やってみたいなら上手に稼ぐ方法を知ろう

クラウドワークスをやってみたいと思うのなら、上手に稼げる方法を知ることが大切です。

「始めたは良いけれど仕事がまったく受注できない」「手数料を引かれたらマイナス」という状況に陥らないよう、ポイントを5つご紹介します。

プロフィールを充実させる

クラウドワークスに登録したら、プロフィールを充実させましょう。

プロフィールとは、履歴書のようなものです。

  • ワーカー情報
  • スキル登録
  • ポートフォリオ・経歴
  • NDA
  • 基本情報
  • 本人確認書類提出
  • 外部サービス連携
  • メールアドレス確認

などを登録したり、書類を提出したりしていきます。

案件に応募をした場合、発注者側は必ず応募者のプロフィールを確認するので、何も書いていない状態では、どんな人なのかがわかりません。

保有資格や、職歴などを記入しておくことで、クライアントへのアピールにつながります。

クラウドワークスのルールを理解する

案件へ応募する前に、クラウドワークス独自のルールを理解しておくことも重要です。

  • クライアントが仮払いをおこなってから業務を開始する
  • クラウドワークス以外での連絡が必要な場合は、サービス外連絡申請を行う
  • 報酬からシステム利用料が引かれる

以上3点は、初心者の方が知っておきたい代表的なルールです。

このルールを守らないクライアントは、要注意です。

クラウドワークスルールについては、公式ページから利用規約読むことができます。

よくある質問というコーナーでは、実体験に基づいたQ&Aが多く掲載されているので、一度は目を通すことをおすすめします。

実績・スキルをアピールする

自分のスキルや実績をアピールしましょう。

  • 保有・取得した資格や検定
  • 就業した職業や仕事内容

クラウドワークス初心者の場合は、職歴でかまいません。

何ができるのか、どんなことを経験してきたのかについて、具体的に記載してください。

自分の実績やスキルをどう活かすことができるのかがポイントです。

各仕事の相場を理解する

クラウドワークスの仕事の種類はさまざまですが、運営が一定の相場をあらかじめ決めています。

案件の種類

相場

サイト構築・WEB構築100,000円~
アプリ開発300,000円~
ホームページの製作200,000円~
イラスト作成30,000円~
写真撮影20,000円~
動画制作50,000円~
記事作成2,000円~/記事
インタビュー・取材15,000円~
レビュー・口コミ50円~/件
事務業務1,000円~/時間

参考:クラウドワークス発注相場|【クラウドワークス】

大幅に相場を下回るもの法外な単価のものは、初心者でも応募は控えましょう。

相場を知っておくことで、案件を探すときに指標のひとつとなります。

他の副業サイトと比較してみる

他の副業サイトと比較することも大切です。

クラウドソーシングサイトは、クラウドワークス以外にもあり、ライターやWEBディレクターなどは、企業が直接在宅ワーカーを募集しているケースも多くあります。

クラウドワークスは無料で登録ができますし、誰でも簡単に始めることができますが、デメリットもあるのが事実です。

他の求人やクラウドソーシングサイトと比較することで、よりよい条件の仕事を見つける可能性も高くなります。

やってみた人で向いている人は?

クラウドワークスを実際にやってみて、どんな人が向いているのかをご紹介します。

育児・介護などと両立したい人

育児・家族の介護などと仕事を両立したい人や専業主婦(主夫)の方に、クラウドワークスは最適です。

  • 出社の必要がない
  • 自分の好きな時間に仕事ができる
  • 在宅でも収入を得ることができる

家事・育児・介護は、時間通りに行うことは難しいです。

保育園に預けることができない・家族が急に体調を崩す・常に見守りが必要などの状況でも仕事ができるのは、クラウドワークスの大きなメリットです。

スキルがあっても働きに出られない人

スキルや経験があるのに、事情があって働きに出ることができない人にも、クラウドワークスは向いているといえるでしょう。

家にいながら仕事を続けることができる自分の得意なことで収入を得ることができるという点は、クラウドワークスのメリットを活かすことができます。

フリーランスになるまでのお試し期間の人

フリーランスとして働きたいという人が、軌道に乗せるまでのお試し期間として、クラウドワークスを利用することは非常に有意義です。

  • 仕事の相場がわかる
  • 多くの案件を受けることで人脈ができる
  • スキルアップができる
  • 実績を作ることができる

個人がいきなり企業に営業をかけるのは、よほどの実績や経験がないと難しいものです。

フリーランスとして生計を立てるための準備期間に、クラウドワークスを利用してノウハウを学ぶという方法は、おすすめです。

時間や場所に縛られずに働きたい人

コロナ禍において、働き方改革が急速に進みました。

出社に縛られずにリモートワークが推進されたことで、時間や場所を縛られずに働きたいという人も増えています。

クラウドワークスは、どこに住んでいても仕事を請けることが可能です。

またいつ仕事をしても、納期までに業務を終了することができれば報酬を得られます。

海外に住んでいても、真夜中に仕事をしてもOKなので、時間や場所に縛られずに働きたいという人には、クラウドワークスは最適といえるでしょう。

おすすめの副業探しならこのサイト…!

副業を探すなら自分に適正なサイトを利用しましょう。

そこで、以下の診断で自分にピッタリなサイトを探してください!

まとめ|クラウドワークスを実際にやってみたらわかったこと

クラウドワークスを実際にやってみたら、以下のことがわかりました。

  • 初心者ではそれほど稼げない
  • 悪質な案件もある
  • クラウドワークスだけで生活するのは厳しい

クラウドワークスに関する評価は、ネット上でも散見されますが、それぞれ経験・スキル・働き方が異なるので、実際にやってみないとわからないことも事実です。

しかし、ある程度の予備知識として、クラウドワークスのルールや受注の流れ、お仕事のコツなどは、知っておくことがポイントになります。

副業としてでも、フリーランスとしてでも、クラウドワークスの特徴を活かして、自分らしい働き方のできるひとつのステップとして考えるのがよいでしょう。