【初心者で何もわからない人向け】副業の始め方のハンドブック

副業 始め方

「副業はどのようにして始めれば良い?」

「副業を始める前に注意しておくべき点は何?」

「スキル未経験のサラリーマンが副業を始めるのにおすすめの仕事はある?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、未経験でも手軽にできる副業の始め方を紹介しています。

最後まで読むことで、副業を始めるメリットとデメリットについても知ることができるでしょう。

隙間時間でバイトするなら…!!

タイミー
Timee(タイミー)」は、あなたのライフスタイルに合わせて好きな時間帯で働ける求人が見つかるアプリで、すでに400万人を超えるワーカーが登録しています。

忙しい日常の中で、スキマ時間を利用して働きたい方に最適なサービスです。

「すぐお金が必要な人」「自宅や勤務先の近くで働きたい」「仕事終わりに2-3時間働く、土日に2-3時間働だけ働きたい」人におすすめです。

手軽に登録でき、豊富な求人からあなたにぴったりのバイトを見つけられるので、ちょっと時間があるから稼ぎたいなと考えている方は人気の求人だとすぐ埋まってしまうので、早めに求人に申し込みましょう。
  • 履歴書&面接なしで働ける
  • 最短即日支払い
  • 事前にバイト先の評価がわかる

1分で
登録
すぐに
インストール

リンク先:https://timee.co.jp/

直接雇用と業務委託がある
20万円以下なら確定申告なし

【どうやって始める?】副業の始め方は4ステップ

副業は、次の4つのステップを踏むだけで気軽に始められます。

  1. ステップ①副業の目的・目標を決める
  2. ステップ②副業に取り組む時間を確保する
  3. ステップ③どんな仕事で副業をしたいか決める
  4. ステップ④副業探しを始める

自分自身と向き合い、なぜ副業をするのか、また副業をすることで何を得たいのかを明確にすることが重要です。

ステップ①副業の目的・目標を決める

まずは、あなたが副業を始めることでどのような未来を描きたいかを明確にする必要があります。

副業から得られる未来を描くためには、副業を始める目的や目標を決めることが重要です。

たとえば、副業を始めることで少しでも生活を豊かにしたい目的であったり、取り組む副業から得たスキルや実績を活かして独立する目標などが挙げられます。

副業を始める意味を今一度自分と向き合って考え、何のために始めるかを明確にしておきましょう。

ステップ②副業に取り組む時間を確保する

副業を始めようと思っていても、副業に取り組む時間を確保できなければ意味がありません。

副業を始めるというのは、本業以外で仕事に時間を充てることになるため、今の時点で本業以外で副業に時間を充てることが難しいのであれば、一度検討し直したほうが良いかもしれません。

もしも本業以外の時間で副業に取り組むことが可能であれば、どの時間帯で副業をするか決めておきましょう。

なぜなら、副業に取り組む時間を明確にしておかないと、自分に甘えてしまうことがあるからです。

副業とはいえど仕事には変わりないため、時間を確保するのであればきちんと責任を持っておくことが重要です。

ステップ③どんな仕事で副業をしたいか決める

副業をする目的や目標が決まり、実際に作業に充てられる時間を確保できたら、いよいよ仕事選びのステップに入ります。

副業を始める際に避けるべきことは、すぐに仕事を始めることです。

副業を早く始めたい気持ちを一旦抑えて、まずはどんな仕事で副業をしたいか決めておきましょう。

なぜなら、どんな仕事で副業をしたいか明確になっていなければ、とりあえず始めた仕事を継続できなかったり、苦手分野の仕事の場合思うように作業が進まなくなってしまい、結果的に挫折する可能性があるからです。

そのため、あらかじめどんな仕事で副業をするのかを決めておくことが重要です。

ステップ④副業探しを始める

副業を始めるまでの土台が完成したら、副業探しを始めましょう。

今ではさまざまなサービスから副業などの仕事や案件を探せます。

あなたがどのような仕事で副業を始めるかによって、利用するサービスも異なります。

あなたに合った条件の仕事が見つかったら、積極的に応募しましょう。

副業は始めてみなければわからないことがとても多いため、とにかく自発的に行動をすることが重要です。

副業の始め方のおさらい

Step1 副業の目的・目標を決める

Step2 副業に取り組む時間を確保する

Step3 どんな仕事で副業をしたいか決める

Step4 副業探しを始める

副業を始めたいサラリーマン必見!副業を探す前に確認しておきたい注意点

会社員が副業をはじめるときの注意点とコツ

近年では、副業に対して前向きに捉えている方が増えています。

もしサラリーマンであるあなたが副業を始めたいと考えているなら、前向きに検討するのが良いです。

しかし、副業を探す前にあらかじめ確認しておきたい注意点が4つあります。

いますぐに副業を始めたい気持ちを一旦抑えて、まずは注意すべきポイントへの理解を深めましょう。

  1. 所属する会社で副業がNGでないかどうかを確認する
  2. 副業収入によっては年末調整や確定申告が必要
  3. 「楽して稼げる」などの言葉を簡単に信用しない
  4. 自分の始めやすい仕事を理解したうえで副業を選ぶ
注意点を以下の表で簡潔にまとめたので、忙しい方は表でチェックしてくださいね!
項目詳細
所属会社での副業の可否確認所属企業の契約書やルールで副業の可否を確認。なければ、上司に直接尋ねる。公務員の場合、副業が禁止されているケースが多い。
副業収入と税金年間副業収入が20万円以下なら確定申告不要。20万円を超えると確定申告や年末調整が必要。
「楽して稼げる」謳い文句への警戒悪徳商法の可能性があるため、疑問を持ち、リサーチする。副業は楽をして稼げるわけではないとの認識が必要。
得意・興味分野での副業選び自分のスキルや得意分野を基に副業を選ぶ。興味や関心があるジャンルの仕事を選べば、継続的に取り組みやすく、挫折リスクが低くなる。

所属する会社で副業がNGでないかどうかを確認する

所属している企業や組織によっては、副業が禁止されているところもあります。

そのため、これからあなたが副業を始めようと考えているなら、まずは所属している会社で副業が禁止されていないかどうかを確認しておきましょう。

副業が禁止されているかどうかは、企業の契約書などに記載されているケースもあります。

しかし副業に関する記載が契約書にない場合は、直接上司などに聞かなければいけません。

国家公務員の仕事をしている場合、ほとんどのケースで副業が禁止されているため、注意しておきましょう。

副業収入によっては年末調整や確定申告が必要

副業は本業に加えてお金を稼ぐことであるため、当然税金等が関わってきます。

もしあなたの副業収入が年間とおして20万円以下である場合は、確定申告の必要がありません。

しかし副業収入が20万円を超える場合、自身で確定申告や年末調整を行わなければいけないことを理解しておきましょう。

副業を始める際は、事前に税金関係の情報を押さえておくことが重要です。

「楽して稼げる」などの言葉を簡単に信用しない

世の中には、副業でお金儲けをしたい気持ちを利用して悪徳な商法を行う人もいます。

悪徳商法を行っている多くは、副業でお金を稼ぎたいあなたに向けて「楽に稼げる」「1日5分だけで月20万円」などの謳い文句で近寄ってきます。

しかし現実は楽をしてお金を稼げるほど、副業は甘くありません。

副業を始めるのであれば、きちんと副業は仕事の一環であることを認識しておきましょう。

自分の始めやすい仕事を理解したうえで副業を選ぶ

副業選びをする際は、あなたが持っているスキルや得意な分野をきちんと理解したうえで仕事を探しましょう。

なぜなら、あなたが苦手とする分野や興味・関心のないジャンルの仕事だと、作業が思うように進まないだけでなく、途中で挫折してしまいがちだからです。

得意なことや興味・関心があることなら、いくらでも時間を使えるものです。

そのため、自分が始めやすい仕事は何なのかをきちんと理解しておくことが大切です。

サラリーマンにおすすめ!誰でも簡単に始められる副業ランキング

サラリーマンは、本業に占める割合がとても高いです。

そのため、副業に取り組んだりスキルを身につける時間を確保するのが難しいでしょう。

はじめて副業を始めるサラリーマンにおすすめの仕事を順位付けると、以下のとおりです。

  1. 第1位:Webライター
  2. 第2位:文字起こし
  3. 第3位:動画編集
  4. 第4位:物販・せどり
  5. 第5位:ブロガー・アフィリエイター

まずはあなたにとって、どの仕事が合っているのかを探してみるのがおすすめです。

第1位:Webライター

Webライターは、Web上のサイトやページ内で情報を発信する際に必要とされる仕事です。

一般的なライターとは違い、WebライターはWeb上のフォーマットを用いて記事を執筆します。

Webライターの仕事はいくつかの種類に分けられ、ブログライターやセールスライター、コピーライター、校正および編集、ディレクションなどが挙げられます。

近年Webライターの人口は大幅に増加し、スキルなしの未経験でも気軽に始めやすいという理由から、副業のなかでも注目されているのが特徴です。

第2位:文字起こし

文字起こしは、依頼を受けたクライアントが提供するフォーマットやフォルダ、音声データなどを文字に起こす仕事です。

動画や映像でよく目にするテロップは、文字起こしの仕事の1つでもあります。

文字起こしはタイピングスキルがあれば作業効率が上がりますが、未経験でも副業として始めやすいです。

今や文字起こしの仕事はとても膨大に存在しているため、副業を始めたいサラリーマンにとっておすすめの職業です。

第3位:動画編集

動画編集は、依頼されたクライアントが提供する動画素材に、アニメーションやエフェクトなどを入れる仕事を指します。

動画編集を用いた主なプラットフォームの例として、YouTubeが挙げられます。

しかしYouTube以外にも、動画編集の技術を用いてできる仕事はとても多くあるため、動画を編集するのが得意な人にはとてもおすすめです。

動画編集の仕事は特別なスキルがなくても始められるため、副業初心者にも優しい職業です。

第4位:物販・せどり

物販やせどりは、同業者の中間位置で仕入れた商品を取り次いで、相場よりもやすい価格で転売をする仕事を指します。

物販やせどりで得られる主な利益は、仕入れた商品の転売から生まれる手数料や仕入れ値との差額です。

物販やせどりと言われると、自宅に在庫を抱えなければいけないリスクを考えがちですが、今では在庫をもたなくてもインターネット上で商品を管理できるシステムがあります。

そのため、副業を始める初心者でも比較的難易度が低い副業となっています。

第5位:ブロガー・アフィリエイター

ブロガーやアフィリエイターは、自身が運営するサイトにて商品を紹介したり、広告を掲載することで利益を得る仕事を指します。

もしあなたがWebライティングの実績や知識を身につけられれば、ブロガーやアフィリエイターとして副業を始めるのも良いでしょう。

ブロガーやアフィリエイターは、副業を始める初期費用もほとんどかからないですし、あなたが得意とする分野の記事だけを執筆するだけで良いのがポイントです。

Webライターに続き、ブロガーやアフィリエイターの人口も近年増加しているため、余裕があるなら自身でブログを運営しつつWebライターとして副業に取り組んでみるのもおすすめです。

【スキル未経験でも可】在宅でできるおすすめの副業

副業の種類によってはスキルが必須の仕事がありますが、なかにはスキル未経験でもできるものもあります。

また仕事内容によっては在宅でもできる副業があるため、家事をこなしながらバランスよく副業を始めたいなら次の仕事を視野に入れると良いでしょう。

  1. おすすめの副業①データ入力
  2. おすすめの副業②プログラミング
  3. おすすめの副業③イラストレーター
  4. おすすめ副業④Webデザイナー

まだスキルがない状態なのであれば、まずは上記4つの副業を始めてスキルを習得するのもおすすめです。

おすすめの副業①データ入力

データ入力は、依頼を受けたクライアントが提供するフォーマットにて、数字や文字を入力する仕事を指します。

データ入力の仕事で入力するデータの量は取り組む仕事によって異なりますが、慣れると膨大なデータの入力ができるようになります。

データ入力の仕事は全体的に単価が低い傾向にありますが、量をこなせば月に数万円以上は獲得が期待できるでしょう。

データ入力には特別なスキルが必要ないため、副業未経験の初心者でも在宅で気軽に始められます。

おすすめの副業②プログラミング

プログラミングは、プログラミング言語を用いてWebサイトの設計や管理、またシステムやソフトウェアの設計を行う仕事を指します。

プログラミングといわれると未経験にとって難易度が高いと思われがちですが、最近ではスキル未経験でも手厚くサポートしてくれるクライアントが増加しています。

そのため副業初心者はもちろん、将来的にプログラミング言語を用いた仕事を視野に入れているのであれば、まずは副業でスキルアップを目指してみるのがおすすめです。

プログラミング言語はとても多く種類が存在していますが、まずは比較的難易度の低いJavaScriptやPythonから始めてみましょう。

おすすめの副業③イラストレーター

イラストレーターは、Web上のプラットフォームなどを用いてイラストを描く仕事を指します。

イラストレーターが起用される主な媒体は、雑誌やWebメディアおよびサイトです。

イラストレーターにも多くの種類がありますが、キャラクターを描くことを専門とするのであれば、クライアントから依頼されたWebサイトのイメージに沿ったキャラクターを制作するなどの仕事を任されるようになります。

今ではイラスト制作における最新技術が普及しているため、スキル未経験でも在宅で気軽に始められるのがイラストレーターの良さです。

おすすめ副業④Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトやページ内のレイアウトやボタンリンク、そのほかウィジェットなどのカスタマイズを行う仕事を指します。

Webデザイナーによって制作されたWebサイトは、訪問したユーザーの満足度に直接影響します。

基本的には依頼を受けたクライアントのイメージに沿ってデザインを考案しますが、案件によってはあなたなりのオリジナルのデザインを任されることもあるのが魅力です。

クリエイティブさと技術を兼ね備えたWebデザイナーの仕事は、高度なスキルを必要とせず誰でも気軽に始められます。

【2023年】これから伸びる副業一覧

近年、副業に対する需要は増加傾向にあります。

副業への需要に伴って、さまざまな種類の副業が増えているのが現状です。

2023年以降、これからさらに需要が伸びるであろう副業は、次のとおりです。

  1. 執筆
  2. 個人投資
  3. 転売
  4. エンジニア職

将来的な需要を見据えて、副業を探してみるのも良いでしょう。

執筆

執筆業は、主にWebライターや小説家、シナリオライターなどの職種が挙げられます。

執筆の仕事は、最低限の文章力とアイデア力があれば誰でも気軽に始められるため、2023年以降需要が高まる可能性がある副業とされています。

執筆の仕事で得られる主なスキルは、文章力とコミュニケーション能力、消費者心理、情報収集能力です。

執筆の仕事で得られるスキルは、どの副業においても活用できるため、何の仕事で副業を始めれば良いかわからないのであれば、まずは執筆関連の仕事から取り組んでみるのがおすすめです。

個人投資

個人投資は、仮想通貨やFX、株式、そのほか個人資産や不動産などの売却から利益を得る仕事を指します。

最近個人投資を始めている人は増え続けており、価値のあるさまざまなものに投資をしています。

個人投資のなかで近年注目されているモノは、トレーディングカードでしょう。

カードの種類によっては、所有しているだけで1年間で数百万円以上も価値が上がっているものもあります。

情報収集能力や適切な決断力および判断力に自信があるなら、副業として個人投資を始めてみてはいかがでしょうか。

転売

転売は、仕入れた商品をほかの消費者に販売し、仕入れ値との差額で利益を得る仕事を指します。

転売をしている人によっては、悪質な方法で利益を得ているケースもありますが、正しい方法で行えばビジネスとしてきちんと利益を生み出せるのが特徴です。

転売をする商品は人それぞれ異なりますが、できるだけ価値の高いものを販売することで大きな利益を生みやすくなります。

先を見る力や情報収集能力を得意としているなら、これから伸びるであろう転売を副業にしてみるのも良いでしょう。

エンジニア職

エンジニア職は、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェア、アプリケーションを開発する仕事を指します。

AIが普及したことによって、あらゆるサービスやシステムが効率化されています。

実は近年大注目のAIこそが、エンジニアの手によって作られたシステムなのです。

エンジニア職として働くことで、常に時代の最先端技術や情報に触れられます。

今後もエンジニアに対する需要はますます伸びていく可能性が高いため、副業としてまずはエンジニアに必要なプログラミングの基礎を身につけるのがおすすめです。

副業を始めるメリット

副業を始めることで、さまざまな経験を得られます。

具体的に副業を始めるメリットは、次のとおりです。

  1. 副業収入で生活が豊かになる
  2. スキルアップが期待できる
  3. キャリアプランが明確になりやすい

副業収入で生活が豊かになる

副業を始めることで、本業に加えてさらなる収入が期待できるようになり、その結果生活が豊かになる可能性が高くなります。

本業だけでは生活費等の出費で精一杯だったのが、副業を始めることで貯金ができるようになった人も多いです。

副業を始めることで、月に数万円から多くて10万円程度稼げるようになります。

少しでも生活を豊かにしたいと考えているなら、副業を始めるのがおすすめです。

スキルアップが期待できる

副業を始めることで得られるのは、収入だけではありません。

副業に取り組むと、仕事のなかであらゆるスキルが身につきます。

個人が企業に提案をする能力やコミュニケーション能力、また取り組んでいる副業の分野に関する知識やスキルが身につくため、将来的にあなたが個人でお金を稼いでいくことを考えると得られるものがとても多いです。

そのため、スキルアップを目的で副業を始められるのも大きなメリットとなります。

キャリアプランが明確になりやすい

副業を始めてさまざまなスキルが身につくことで、将来的にあなたがどのようなキャリアプランを目指せば良いかが明確になりやすくなります。

たとえば、副業で得た知識を今の本業に活かして出世を目指すのも良いですし、将来的な独立を視野にスキルアップを目指すのも良いです。

副業を始めることでさまざまな知識やスキルが身につくため、仕事における選択肢の幅も広くなります。

今あなたが仕事においてやりたいことがたくさんあるなら、副業をとおして経験してみるのも良いでしょう。

そうすれば、将来的なあなたのキャリアプランが明確になるはずです。

副業を始めるデメリット

副業を始めることでさまざまなメリットを得られる一方で、いくつか気をつけなければいけないデメリットも存在します。

副業を始めるデメリットは、次のとおりです。

  1. 会社にバレたら辞職しなければいけないリスクがある
  2. 副業収入が増えると確定申告が必要になる

これから副業を始めようと考えているのであれば、事前に理解を深めておきましょう。

会社にバレたら辞職しなければいけないリスクがある

もしあなたが所属する会社で副業が禁止されている場合、会社にバレたら辞職しなければいけないリスクがあります。

理由は明確で、会社で禁止されていることに違反して副業を始めているからです。

所属する会社が副業に対して前向きに考えてくれているなら良いですが、もしも副業がNGである場合は、一度副業について考えることをやめるか、副業ができる会社に転職することを視野に入れるのが良いでしょう。

所属する会社によっては、副業を始めることで大きなリスクを背負うことになるのがデメリットです。

副業収入が増えると確定申告が必要になる

年間をとおして副業収入が20万円以下の場合は確定申告が必要ありませんが、20万円以上であれば確定申告をしなければいけません。

副業収入における確定申告には、源泉徴収と普通徴収の2種類があります。

源泉徴収の場合自分で確定申告をする必要がなく、所属する会社をとおして所得税を算出してくれます。

しかし副業をしていることが会社にバレたくないのであれば、普通徴収にて自分で副業収入から算出された所得税を納付する必要があります。

副業収入によっては、税金関係などで手間がかかることが大きなデメリットです。

副業を始めるのに向いている人の特徴

副業はどんな方でも気軽に始められますが、実際のところ向き不向きがあります。

そのため、すべての方が副業に向いているというわけではありません。

副業を始める前に、まずはあなたが副業に向いているかどうか向き合うことが大切です。

具体的に、副業を始めるのに向いている人の特徴は、次のとおりです。

  1. 本業よりも多くの収入を得たい
  2. 副業をとおしてスキルアップを目指したい
  3. 将来的に独立を視野に入れている
  4. 今よりも生活を豊かにしたい

本業よりも多くの収入を得たい

もしあなたが副業で実績を積めば、本業よりも多くの収入を副業で稼げるようになります。

本業よりも副業収入が多いと、精神的にも安心です。

万が一の出費があったとしても、副業収入が本業よりも多いとすぐに対応もできます。

ですから、もしあなたが本業よりも多くの収入を得たいと思っているなら、副業を始めるのに向いていると言えるでしょう。

副業をとおしてスキルアップを目指したい

副業を始めることで、副業収入以外にも取り組む仕事の分野におけるさまざまなスキルを身につけられます。

そのため、あなたに明確な目標があって副業でスキルアップを目指したいと考えているなら、副業をするのに向いています。

副業でスキルアップできれば本業でも活かせますし、今後転職した際にも役に立つでしょう。

何かしらの目的があってスキルアップしたいなら、副業を始めてみるのが良いです。

将来的に独立を視野に入れている

もしあなたが将来的に独立したり起業をしようと考えているなら、副業を始めるのがおすすめです。

なぜなら、副業をすることで取り組む仕事からさまざまなスキルや知識を得られるからです。

副業で得た知識やスキルを本業に活かすのも良いですが、取り組む案件の分野を選べば長期的な独立に向けたスキルアップも目指せます。

もしもあなたが独立を視野に入れているなら、副業をするのに向いていると言えるでしょう。

今よりも生活を豊かにしたい

今の本業の収入は少ないから、本業以外で多くの収入を得たいと考えている人も多いはずです。

本業以外の収入が増えれば、今よりも確実に満足のいく生活を送れるようになります。

貯金ができるようになったり、欲しいものをすぐに買えるようになったりと、副業収入が増えることでライフスタイルが充実します。

もしあなたが本業よりも多くの収入を得て生活をより豊かにしたいと考えているなら、副業を始めるのに向いているでしょう。

副業で月10万稼いでいる人は全体の何割?

転職サイトであるdodaの「副業実体調査」によると、副業で月に10万円以上稼いでいる人の割合は、全体の30%以上と報告されています。

取り組む副業によっては、月に10万円どころか20万円以上も目指せます。

これから副業を始めたいと考えている人のなかには、副業でどれくらいの収入を目指せるのか気になっているかもしれません。

しかし多くの場合、副業を始めることで月に10万円以上の収入を目指せます。

もしあなたが月に10万円以上を本業以外で稼ぎたいなら、副業を始めるのがおすすめです。

まとめ

副業は、大きく4つのステップさえ踏めば誰でも気軽に始められます。

いあmでは副業として取り組める仕事がとても多く存在していますが、これからあなたが副業を始めたいと考えているなら、まずはどのような目的や目標で副業を始めたいか明確にしておく必要があります。

きちんと目的を明確にしておくことで、どのような副業を始めれば良いかが絞られてくるでしょう。

万が一どのような副業をしたいかわからないのであれば、まずはWebライターから始めるのがおすすめです。

あなたに合った仕事や案件で副業を始め、今よりもさらに生活を充実させましょう。

隙間時間でバイトするなら…!!

タイミー
Timee(タイミー)」は、あなたのライフスタイルに合わせて好きな時間帯で働ける求人が見つかるアプリで、すでに400万人を超えるワーカーが登録しています。

忙しい日常の中で、スキマ時間を利用して働きたい方に最適なサービスです。

「すぐお金が必要な人」「自宅や勤務先の近くで働きたい」「仕事終わりに2-3時間働く、土日に2-3時間働だけ働きたい」人におすすめです。

手軽に登録でき、豊富な求人からあなたにぴったりのバイトを見つけられるので、ちょっと時間があるから稼ぎたいなと考えている方は人気の求人だとすぐ埋まってしまうので、早めに求人に申し込みましょう。
  • 履歴書&面接なしで働ける
  • 最短即日支払い
  • 事前にバイト先の評価がわかる

1分で
登録
すぐに
インストール

リンク先:https://timee.co.jp/

直接雇用と業務委託がある
20万円以下なら確定申告なし