需要のあるフリーランスエンジニアの特徴を真似よう!

「フリーランスエンジニアの需要が高まっているのはなぜ?」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

ここでは、フリーランスエンジニアの需要の高まりについて解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアの需要が高い理由と、IT市場の動向について理解できるでしょう

また記事の後半では、求められる人材になるポイントも紹介しているので、参考にしてみてください。

クラウドテッククラウドテック」は、病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートが充実!

クラウドテックを登録するメリット

  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • 参画後の評価で単価が上がる制度あり
  • 最短3日で稼働でき翌月15日に報酬が振り込み
  • 単価が高い案件が多い
  • ライター単価も平均月40万円※2021年9月現在

クラウドテックこれから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!

登録無料!!
詳細を見る

フリーランスエンジニアの需要が高まっている6つの理由

フリーランスエンジニアの需要が高まっている理由について、以下の6つを紹介します。

IT業界が慢性的な人材不足だから

日本国内では、ITエンジニアが不足しています。

経済産業省が2019年に発表したIT人材に関するデータでは、2030年で最大79万人ほどの人材不足におちいるとされています。

ITエンジニアは多くの企業で必要とされていますが、育成から始められる余力を持つ企業はほんのわずかです。

1つの組織に縛られず、即戦力として働けるフリーランスエンジニアは、IT企業にとって大変心強い存在になるでしょう。

会社員よりも高収入が期待できるから

フリーランスエンジニアは、働いた分だけ自分の収入になります

通信費や家賃などの経費を差し引いても、潤沢な売上があれば、そのまま自分の利益となるのです。

高収入を目指すのは至難の業ですが、仕事を手がけるほど自分の懐が潤うのは、フリーランスの特権といえます。

自由な働き方ができるから

場所や時間の縛りがないこともフリーランスの特徴です

自宅に限らずコワーキングスペースやカフェなど、好きな場所で仕事ができることは非常に魅力です。

そして、期日までに案件を完遂できるなら、いつ仕事を進めても問題ありません

稀に稼働時間を指定するクライアントも見られますが、基本的に自分の好きな時間帯で働くことができます。

AIに仕事を奪われにくいから

エンジニアの仕事はAI(人工知能)に移行されることが懸念されていますが、すべてではありません。

なぜなら、システムエンジニアが請け負う開発業務は非常に複雑で、現代の人工知能では対処しきれないためです。

人工知能が処理できる作業は、フロント受付などルーティンワークがメインです。

たとえ高難度の開発事業ができるとしても、10年単位の時間がかかると予想されます。

エンジニアとしてスキルアップできるから

エンジニアのキャリア形成ができるので独立への関心が高まっています。

理由は会社員と違い、与えられた業務をこなすのではなく、希望する分野に挑戦できるためです。

興味のある分野で実力不足が認められる場合は、知識や経験を習得するために鍛錬することも可能です。

幅広い分野のスキルを身につけることで、仕事の幅が広がり、自己実現や年収アップにつながります。

40歳以上になっても働けるから

フリーランスエンジニアは、40歳以上になっても長く働けます。

厳密には、40歳以上のミドルシニアの方が、若年層よりフリーランスとしての将来性が高いからです。

なぜなら、ハイレベルな技術開発の対応が、ベテランエンジニアに限られるためです。

今後も、40歳以上のフリーランスエンジニアの割合は、全世代の半数以上を占めており、増加すると予測されます。

※IT白書2016の調査結果より/2022年4月時点

フリーランスエンジニアの今後の市場動向と対策から需要を考える

フリーランスエンジニアの今後の市場動向と対策について、以下の2点を解説します。

AIやロボティクス関連の案件が増加する見込み

今後はAI(人工知能)やIoT、ロボティクスなどの案件がIT業界で増加すると予測されます。

現在、IT企業が出す求人で多く見られるのが、JavaやPHPなどのWeb系です。

この流れで、Web系に加えて組込系の技術が必要となるIoT系も、今後は求人が増加するでしょう。

人工知能やロボティクスの案件が浸透するのは将来的ですが、メディアで話題になることも多いため、需要が伸びるでしょう。

高収入を目指すなら独自の付加価値を身につけよう

高い報酬単価を得るなら、独自の付加価値を身につける努力をしましょう。

市場価値の高いエンジニアになるには、基礎的なプログラミング言語のほか、設計などのスキル習得がおすすめです。

時代を先読みして勉強を続け、独自性の強い価値を社会に提供できれば、高収入も夢ではありません。

フリーランスエンジニアで需要の高い人材になる6つの秘訣

フリーランスエンジニアとして求められる人材になり、活躍するための6つの秘訣について解説します。

向上心を持ってスキルアップに注力する

フリーランスエンジニアで需要のある高い人材なるには、時代のニーズに合わせてスキルアップすることが大切です。

主なスキルの例は、以下のとおりです。

  • AIに関するスキル
  • IoTに関するスキル
  • アプリ開発のスキル
  • 電子機器の組み込みや制御のスキル
  • クラウドの知識とスキル
  • ビジネス英会話のスキル

フリーランスエンジニアの報酬は、需要の多さや技術者の希少さで変化します。

最新の情報や口コミをチェックし、常に人材価値の高いエンジニアでいられるよう努力しましょう。

自己管理能力を高める

フリーランスエンジニアとして活動するなら、セルフコントロールをして生活を整えることが大切です。

フリーランスは自由と引き換えに、孤独や責任をひとりで背負うことになります。

そのため、自己管理が甘くなると生活が成り立たなくなるので注意してください。

できるかぎり、会社員時代と同じ規則正しい生活を心掛けましょう

営業力や交渉力を身につける

フリーランスエンジニアにとって、営業ができないことは致命傷になります。

エンジニアは技術が高いだけでは、稼ぐことができません。

自ら働き口を見つけなければ、お金は1円も発生しないのです。

「自分はこんな強みがある」「いくらから案件を受けられる」などの的確なアピールができないと、クライアントの目にとまるように工夫しましょう。

エージェントサービスをうまく活用する

エージェントサービスを活用するのも、フリーランスエンジニアにはおすすめです。

フリーランスエージェントは、一般的なクラウドソーシングサイトと似ていますが、以下のような違いがあります。

  • 営業活動が苦手でも安定して仕事を受注しやすい
  • キャリアプランを相談し適切な回答を得られる
  • 福利厚生を受けられることがある
  • エンジニア未経験者には不向き
  • 現地での業務遂行が一般的なため自由度が低い

フリーランスエージェントは、希望する案件や実績、スキルなどをヒアリングしたうえで仕事を提案してもらえる仕くみです。

そのため、クラウドソーシングに比べて収入が安定しやすく、ユーザーの満足度も高い特徴があります。

ただし、エンジニア未経験者には不向きなことや、時間が抑制されるなどの欠点があることも知っておきましょう。

  • Midworks|週3日・リモート案件が豊富
    4.83

    midworks

    Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービスです。

    案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

    正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

    例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

    組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。

    登録者平均年収

    約700万円(当社調べ)

    案件数

    4,451件(2022年2月)

    マージン

    25%〜30%(当社調べ)

    最大の特徴

    正社員並みの手厚い保障

  • レバテックフリーランス|登録者数No.1
    4.30

    レバテックフリーランス

    レバテックフリーランス」は、フリーランスエージェントの中で、登録者数が最も多いエージェントです。

    エンド直請け案件が多いため、高収入を実現できるフリーランスエージェントです。

    年間の案件数だけでも100,000件以上と、レバテックフリーランスに登録するだけで案件探しに困ることはないでしょう。

    また、稼働している案件の終了前にブランクが空かないように次の案件も提案してくれる親切なエージェントです。

    登録者平均年収

    862万円

    案件数

    No.1

    マージン

    10〜20%

    最大の特徴

    業界最大手

  • フォスターフリーランス|最高報酬230万円
    3.62

    フォスターフリーランス

    フォスターフリーランス」は、常に5,000件以上の案件を掲載しているフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

    仕事に必要な、希望スペックのパソコンや携帯電話、モバイルルータの貸し出しも行なっています。

    さらにフォスターフリーランスに登録するだけで、確定申告ツールの「freee会計」の年間料金をキャッシュバックしてくれる上に、記帳代行を無償で利用できます。

    このように、フリーランスに優しいサービスなので、フリーランス初心者の方にもおすすめ。

    報酬金支払サイトの短縮や、ソフトとハードの両面でフォローしてくれるなど登録者に寄り添ったサポートで知名度があるエージェントです。

    登録者平均年収

    最高報酬230万円

    案件数

    6,000件

    マージン

    非公開

    最大の特徴

    登録者数20,000人超

エンジニアコミュニティに参加する

エンジニア専用のコミュニティに参加し、仲間とのつながりを持つことは以下のようなメリットがあります。

  • 人脈が広がり仕事の獲得がしやすくなる
  • 仕事上のトラブルや課題を解決しやすくなる
  • 不安解消や意欲向上につながる

とくに仕事上の課題解決やモチベーションアップには、コミュニティが非常に役立ちます

フリーランスは、単独行動が主流となるため常に孤独感がつきまといます。

人は孤独を感じたとき、同じ志を持つ仲間の存在があると心強いものです。

クライアントに好かれる努力をする

クライアントと良好な関係を維持することで、仕事の受注が安定します。

クライアントに好かれるには、仕事に対して誠実であることが大事です。

以下の4点を参考にしましょう。

  • 要望以上の成果を出す
  • 納期を必ず守る
  • 報告や連絡を欠かさない
  • 適切なコミュニケーションをとる
  • クライアントの利益を考えて仕事をする

要望に沿った仕事をするエンジニアは、たくさんいます。

大切なのは、クライアントの利益を考えて要望以上の成果を出すことです。

また、常にコミュニケーションをとり担当者と仲良くなっておくのもおすすめです。

本当に需要あるの?フリーランスエンジニアにありがちな4つの不安

フリーランスエンジニアにありがちな4つの不安について解説します。

継続して案件が取れないのでは?

フリーランスエンジニアにとって最も不安視されるのが、案件の獲得や収入に関することです。

  • 「今のところ運よく案件は取れているが、今後も取れるだろうか。」
  • 「在宅ワークにこだわりたいし、希望額より安い案件は受けたくない。」
  • 「自分の希望条件を満たした仕事なんて、簡単に取れないのでは?」
  • 「営業が苦手だから、フリーランスには向かないかもしれない」

実際に、上記のような不安の声が聞かれます。

案件受注の課題は外部サービスなどの活用により、解決できることがあります。

独立に対して後ろ向きな姿勢になるのではなく、どうすれば悩みや課題を解決できるか前向きに考えてみましょう

体力的にしんどいのでは?

仕事をかかえすぎて、体を壊したケースはよく聞かれる失敗談です。

フリーランスの場合は、会社員のようにほかのエンジニアとタスクを分け合うことができません。

そのため、仕事を抱えすぎてスケジュールがパンクすると、さまざまな弊害が起きてしまいます。

くれぐれも、健康や取引先との関係に支障が出ないよう、タスク管理には十分注意しましょう。

働き方が常駐ばかりになるのでは?

フリーランスになってもリモートワークができず、働き方が常駐型に偏るのではないかとの声も聞かれます。

常駐型は安定して働けるメリットがありますが、時間や場所の制約が発生します。

※フリーランスエンジニアは「客先常駐」の契約が一般的です。ここでの常駐型は、客先常駐を例に解説しています。

また会社員と違い、「昇進できない」「正当な人事評価がされにくい」こともデメリットです。

常駐型(客先常駐)を避けたい場合は、エージェントサービスに相談し、別案件を受注するのがよいでしょう。

高齢になると仕事が取れなくなるのでは?

フリーランスエンジニアは何歳からでも目指すことができます

理由は、フリーランスに「定年」という概念がないためです。

ただ、どんなエンジニアでも順風満帆にことが運ぶわけではなく、年齢やキャリアに応じて対策を練る必要があるでしょう。

たとえば、20代と50代では体力に限らず、IT知識や仕事の処理スピードなど、社会経験に大きな違いがあります。

どの年齢層にも、強みや弱点があるのが事実です。リタイア後の生存戦略は人によって違うことを前提に活動していきましょう。

まとめ|フリーランスエンジニアになるなら需要の高い今がチャンス!

フリーランスエンジニアを目指すなら、需要の高い今がチャンスです。

市場価値の高い人材を目指して、プロジェクト開発のほか、インフラ整備などのスキル習得を検討してみましょう。

また、自分の希望条件に合う働き方ができるよう、エージェントサービスの利用もおすすめです。

独立が難しいようであれば、転職や副業など別の方法も視野に入れてください。