フリーランスエンジニアの単価相場は?

フリーランスエンジニアの単価相場は?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、フリーランスエンジニアの単価相場について解説しています。

最後まで読むことで、持っているスキルに対する単価の相場や今の仕事の単価が妥当なのかがわかるでしょう。

単価を上げる方法や単価交渉にベストなタイミングも紹介するので、ぜひ収入アップに役立ててください。

この記事の監修および編集協力者

今より高い単価の案件に参画するなら「レバテックフリーランス」がおすすめです。


レバテックのCTA

レバテックフリーランス」は、登録者数No.1のフリーランスエージェントで、その登録者の平均年収が862万円と脅威の数字を誇っています。

登録者が多いのにもかかわらず、平均年収が高いということはそれだけ『1つの案件に対する単価が高い』ということです。

レバテックフリーランスの実績今の単価よりも少しでも高くしたい方は登録して案件を紹介してもらいましょう。登録はもちろん無料ですし、案件を見るだけの登録でもOKです!

  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

フリーランスエンジニアの単価相場|業務委託料金表

フリーランスエンジニアの単価相場

フリーランスの単価相場を、料金表でわかりやすく紹介します。

以下の3パターンにわけて見ていきましょう。

  1. 言語別の単価相場
  2. 職種別の単価相場
  3. 経験年数別の単価相場

※週5日フルタイム勤務の場合

【言語別】フリーランスエンジニアの単価相場

フリーランスエンジニアの単価相場を、言語別で紹介します。

開発言語月単価
Java約65万円
JavaScript約67万円
PHP約70万円
Python約77万円
Ruby約75万円
C言語約67万円
C#約65万円
Go言語約80万円
Swift約75万円
COBOL約58万円

主流言語のほとんどが、月単価相場60万~70万円台でした。

比較的新しい開発言語であるGo言語は、単価相場が80万円と高額です。

【職種別】フリーランスエンジニアの単価相場

フリーランスエンジニアの単価相場を、職種別で紹介します。

職種月単価
システムエンジニア
(SE)
約74万円
ネットワークエンジニア約67万円
データベースエンジニア約71万円
セキュリティエンジニア約74万円
テストエンジニア約40万円
プログラマー約50万円
Webディレクター約69万円
プロジェクトリーダー
(PL)
約68万円
プロジェクトマネージャー
(PM)
約78万円
システムコンサルタント約90万円

PL、PM、システムコンサルタントなどプロジェクトの上流工程に関わる職種は、単価相場が高いです。

一方、プログラマーやテストエンジニアなど下請けに多く見られる職種は、単価相場が低く設定されています。

【経験年数別】フリーランスエンジニアの単価相場

フリーランスエンジニアの単価相場を、経験年数別で紹介します。

経験年数月単価
1年未満約30万円
1年目約45万円
2年目約50万円
3年目約60万円
4年目約70万円
5年以上約90万円

実務経験のないエンジニアは、月単価相場約30万円と非常に低単価です。

さまざまな案件に挑戦し、クライアントとの付き合いを広げることが重要になります。

一方、言語スキルや職種にもよりますが、経験5年以上になると月単価100万円も目指せます。

フリーランスエンジニアの単価相場とスキルの妥当性

フリーランスエンジニアに求められるスキルは、単価相場によって異なります。

月額単価50万~100万にわけて、必要なスキルを紹介します。

  1. 月額単価50万円のスキル
  2. 月額単価60万円のスキル
  3. 月額単価80万円のスキル
  4. 月額単価100万円のスキル

※週5日フルタイム勤務の場合

月額単価50万円で求められるスキル

月額単価50万円で求められるスキルは、主に以下のとおりです。

  • 実務経験2年以上
  • 独立して仕事ができる
  • 中堅レベルシステムの詳細設定ができる

月単価50万円を日額に換算すると、1日25,000円になります。

日額25,000円は、フリーランスエンジニアの平均単価としては決して高くありません。

自分の職種に必要とされるスキルを磨き、真面目に仕事に取り組むことで月額50万円は可能です。

月額単価60万円で求められるスキル

月額単価60万円で求められるスキルは、主に以下のとおりです。

  • 実務経験3年以上
  • 人を指導できるレベル
  • システムの基本設定ができる
  • ニーズの高い開発言語を習得している

月額単価60万円以上を目指すなら、仕事に求められることだけではなくニーズや人気を考慮してスキルを磨きましょう。

需要が伸びそうな分野をチェックし、必要な開発言語を習得するのもおすすめです。

月額単価80万円で求められるスキル

月額単価80万円で求められるスキルは、主に以下のとおりです。

  • 実務経験4~5年
  • マネジメントができるレベル
  • 単価相場の高い開発言語を扱える

月額単価80万円を得るフリーランスエンジニアは、プロジェクトの管理や部下の指導ができるレベルです。

独立した仕事をするエンジニアの場合は、単価相場の高い開発言語を使う案件を積極的に受注していくとよいでしょう。

月額単価100万円で求められるスキル

月額単価100万円で求められるスキルは、主に以下のとおりです。

  • 実務経験5年以上
  • コンサルティングができるレベル
  • 単価相場の高い開発言語を扱える

月額単価100万円になると、システムコンサルティングができるレベルのスキルを求められます。

コンスタントに月額100万円を稼ぐフリーランスエンジニアには、企業から直接オファーが届くこともあるでしょう。

フリーランスエンジニアの単価相場を時給に換算すると?

フリーランスエンジニアの単価相場を、時給に換算すると4,000~5,000円になります。

会社員よりも高くなる理由もあわせて解説します。

  1. フリーランスエンジニアの時給相場
  2. フリーランスの年収が会社員より高い理由

フリーランスエンジニアの時給相場は約4,000~5,000円

フリーランスエンジニアの単価相場を時給に換算すると、もっとも多い層が4,000~5,000円となります。

平日フルタイム勤務と仮定した場合、月額で64万~80万円です。

開発言語やスキルによっては、さらに高い単価で仕事を受注することも可能です。

フリーランスエンジニアの年収が会社員より高くなる理由

フリーランスエンジニアの平均年収が600万~800万円であることに対し、会社員エンジニアの平均年収は約550万円です。

フリーランスのほうが年収が高くなる理由は、以下の3つです。

  1. スキルに見合った対価を受け取れるから
  2. 全額が収入となるから
  3. 仕事を増やせば収入が増えるから

企業の規模や勤続年数にもよりますが、平均単価としてはフリーランスのほうが高くなるでしょう。

正社員の場合、単価が同じ仕事を請け負っても固定給が決まっているため、年収が上がることはありません。

フリーランスエンジニアが単価を上げる方法

フリーランスエンジニアが単価を上げる方法は、以下の 5つです。

  1. スキルを磨く
  2. クライアントとの信頼関係を築く
  3. 要望以上の成果を出す
  4. 単価交渉をする
  5. フリーランスエージェントで高単価案件を探す

単価アップ方法①スキルを磨く

フリーランスエンジニアの単価は、より高度なスキルを身につけることで上がります。

具体的には、以下のとおりです。

  • 需要の高い言語を習得する
  • 単価相場の高い言語を習得する
  • さまざまな工程に関わるスキルを身につける
  • 人の上に立つポジションを目指す

言語の習得は、独学で進めることができます。

プログラミングスクールなどを利用し、需要のあるスキルや専門性の高いスキルを身につけましょう。

単価アップ方法②クライアントとの信頼関係を築く

クライアントとの信頼関係を築き、よい付き合いを継続していくことで単価が上がりやすくなります。

クライアントから信頼を得る方法は、以下のとおりです。

  • 必ず納期を守る
  • 適切なコミュニケーションをとる
  • クライアントの希望を理解し確実な成果を出す
  • クライアントの利益を考えて仕事をする

フリーランスエンジニアにとっては、クライアントから「このエンジニアに仕事を頼みたい」と思ってもらうことが重要です。

クライアントと信頼関係を深めることができれば、単価は徐々に上がっていくでしょう。

単価アップ方法③要望以上の成果を出す

フリーランスエンジニアが単価を上げるためには、クライアントから要望された以上の成果を出すことが大事です。

依頼された仕事だけをこなしているうちは、単価との整合性がとれているのでそれ以上は金額が上がりません。

単価が上がるのは、依頼された仕事以上の成果を出したときです。

要望以上の成果を常に出すことで、単価を上げる価値がある人材と認めてもらうことができます。

単価アップ方法④単価交渉をする

フリーランスエンジニアは、クライアントに対し単価や条件を交渉することができます。

事前に条件を提示することも可能なので、交渉は積極的におこなっていきましょう。

クライアントが提示した金額をそのまま受け入れるだけでは、単価はいつまでも上がりません。

持っているスキルやこれまでの経験を伝え、より高い単価を求めることが重要です。

単価アップ方法⑤フリーランスエージェントで高単価案件を探す

フリーランスエージェントを利用すると、自分が求める条件に合った求人を探すことができます。

単価・稼働日数・稼働時間などの条件をつけて、自分に合う案件を検索してみましょう。

そのほか、担当のエージェントが仕事を紹介してくれることもあります。

希望に合う案件が見つからないときは、高単価の副業を単発で請け負うことも可能です。

単価が上がらないフリーランスにおすすめのフリーランスエージェント

現在の単価に満足してない人にはフリーランスエージェントの利用がおすすめです。

フリーランスエージェントに登録することで、あなたの営業担当者が企業にあなたのスキルを営業してくれます。

また単価交渉もフリーランスエージェントが代行しておこなってくれるので、時間がなくて忙しい人や自分から単価交渉ができない人におすすめです!

フリーランスエージェントは全て完全無料で利用でき、1つのみの登録だけでなく複数のエージェントに登録することが可能です。複数に登録することで、よりたくさんの案件を見ることができるので、自分にぴったりな案件を探し出せるメリットがあります。一般的に、2社以上登録するのが理想的です。
→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

単価アップするのにおすすめプログラミングスクール

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中

※最短30秒でカウンセリング予約ができます。
※カウンセリングには一切料金はかかりません。

テックキャンプ|未経験から本気でITエンジニア転職するならこれ!


テックキャンプリンク先:https://tech-camp.in/

テックキャンプ」は、未経験からのエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

テックキャンプは未経験者向けのカリキュラムやメンターの受講生に質問し放題で学べる環境が整っており、3人体制であなたを就職までサポートしてくれるスクールです。

他のプログラミングスクールよりも高額なのがデメリットではあります。ただ、他のスクールよりもカリキュラムやあなたをサポートしてくれるスタッフなどかなり充実しているのが特徴です。

未経験から3ヶ月くらいの期間でエンジニア転職するには、充実した初心者向けのサポートが必要になります。

以下でテックキャンプと他のプログラミングスクールの比較表を見てみましょう。

テックキャンプの比較表※注釈部分は公式サイトでご確認ください。

テックキャンプを利用すれば最短かつ、わからないときはすぐに質問できる環境でエンジニアになることができます。

受講料が高いのが特徴ですが、厚生労働省指定講座により受講料最大70%OFFで受講できるので、詳しくは無料カウンセリングで聞いてみましょう。
  • 未経験がエンジニアになれる!
  • 履歴書などのサポートもあり
  • 集中して学びたい人向き

無料カウンセリング
に登録する

リンク先:https://tech-camp.in/

◎60,000人の利用実績
◎人気につき予約枠が少ないのでお早めに!

DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK


DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK
リンク先:https://web-camp.io/

おすすめのポイント
  1. 最短3ヶ月の短期集中型で転職を目指せる
  2. 転職成功率98%(未経験も含む)
  3. プログラマー経験者が選ぶ上達できそうなスクールNo.1

DMM WEB CAMP」は、未経験からでも利用できる以下の3つのコースがあります。
  • 短期集中コース:短期集中で最短3ヶ月でITエンジニアへ転職(転職保証付き)
  • 専門技術コース:短期集中コースのカリキュラムに加えてAIまたはクラウドを学習し、より専門性を高め転職できる(最大で受講料の70%をキャッシュバック)
  • 就業両立コース:働きながら学習し転職を目指す(転職保証付き)
それぞれの特徴は以下でチェックしてください。
短期集中コースの詳細と料金
短期集中コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
短期集中コースの詳細条件はあるが、もし転職できなければ受講料を全額返金されるので、転職を軸にスクールを探している方におすすめです。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間3ヶ月間の学習
総額料金総額690,800円(税込)
分割料金月々15,500円(税込)~【初回のみ20,843円(税込)】
専門技術コースの詳細と料金
専門技術コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
専門技術コースの詳細短期集中コースと異なり、経済産業省の認定講座で、条件を満たすと受講料の最大70%を教育訓練給付金として支給されるのが特徴です。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・AI・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間4ヶ月間の学習
総額料金総額910,800円(税込)↓給付金を適用すると…実質350,800円(税込)
分割料金月々20,500円(税込)~【初回のみ23,723円(税込)】
就業両立コースの詳細と料金
就業両立コースの詳細ライフスタイルに合わせ、働きながらプログラミングを学習しITエンジニアを目指したい方におすすめ!

・転職保証制度つきで、もし転職できなければ受講料を全額返金 ※条件あり
・柔軟な学習スケジュールで働きながらプログラミングを学習し転職を目指せる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間12週間/16週間の学習
総額料金総額889,350円(税込)
分割料金月々37,669円(税込)~【初回のみ110,000円(税込)】

各コースともにカウンセリング参加から5日以内の契約で、最大5万円をキャッシュバックする制度を実施中です!

スクールは「通学スタイル」と「オンラインスタイル」の2種類があるので、自分に合った勉強方法を選びましょう。
他社との比較
  • 現役エンジニアの81%がオススメ
  • 最短3ヶ月で職に就ける
  • 何度でもメンターに質問し放題

完全
無料
30秒で
今すぐ登録

リンク先:https://web-camp.io/

☆面接対策までサポート!!
☆初心者の転職成功率98%!!

tech boost|先着20名様限定で「受講期間が1ヶ月延長無料」


tech boost
リンク先:https://tech-boost.jp/

おすすめのポイント
  1. 講師は現役エンジニアで質問し放題
  2. 挫折しない96%の受講生が学生を完遂
  3. 最安6,500円から月額15,100円で受講可能
tech boost 」は、キャリアサポート満足度の高いプログラミングスクールに3年連続輝いているプログラミングスクールです。

tech boostでプログラミングを学ぶ理由は以下のとおりです。
  • キャリアの選択肢が広がる(IT系の求人倍率は7.29倍)
  • 年収は他職種と比較して約110万円以上

選ぶメリットは以下の一覧をご確認ください。
https://www.ncxx.co.jp/career/tech-boosttech boostのコースは3種類あります。
  1. スタンダートコース
  2. ブーストコース
  3. AIコース

それぞれの詳細は以下をご確認ください。
スタンダートコースの詳細と料金
スタンダートコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金

tech boostは1ヶ月ごとに受講期間が延長できるため、受講期間内に終わらなくても、月額料金で自分の満足いくまで受講することができます。全体的な料金は以下のとおりです。
techboostの全体料金
また他社のプログラミングスークルは分割ローンで金利が14%ですが、tec boostは教育ローンなので、7.5%の金利で済みます。

延長代無料(実質月額1ヶ月無料)のキャンペーンは予告なく終わってしまうので、早めにカウンセリングに参加してみましょう。
  • オンライン/通学両方OK!!
  • 講師は現役エンジニア
  • 受講料最大70%OFF

完全
無料
今だけ
295,680円OFFで
申し込む

リンク先:https://tech-boost.jp/

☆3年連続満足度No.1
☆96%が最後まで受講実績

フリーランスエンジニアが業務委託で案件獲得したときの単価/金額の決め方

フリーランスエンジニアの単価の決め方は、以下の3つが基準となります。

  1. 開発言語の種類
  2. 経験年数と前職
  3. 仕事内容と仕事量

扱える開発言語の種類

フリーランスエンジニアの単価相場は、開発言語の種類で左右されます。

しかし常に同じ単価で継続されているわけではなく、以下のケースで単価が変化することもあります。

  • 需要が増えると単価が上がる
  • 新しくできた言語は技術者が少ないので単価が高い
  • 難易度が低い言語は単価が低い

現在の単価相場が、常に変わらないとは限りません。

業界の最新情報をチェックし、ニーズの高い言語スキルを身につけることが大事です。

経験年数や前職

フリーランスエンジニアは、経験が上がるほど単価相場が上がります。

実務経験が長いフリーランスエンジニアは、リーダーやマネージャーを目指すとよいでしょう。

下層の技術者でいるよりも、高い単価に期待ができます。

また、フリーランスになる前に勤めていた企業や職種も単価に影響します。

まったく社会経験がない状態でフリーランスになると、提示される単価は低めになることが多いでしょう。

仕事内容と作業量

依頼される仕事の内容や難易度で、単価相場が決まります。

専門性や難易度が高い案件は単価が高額で、難易度が低い案件は単価も低くなります。

また、1カ月における仕事量も重要です。

フリーランスは必ずしも平日フルタイム勤務である必要はありませんが、一定期間に請け負える仕事の量は金額に影響してくるでしょう。

フリーランスエンジニアが単価交渉をするベストなタイミング

フリーランスが単価交渉をするには、以下の5つのタイミングがベストです。

  1. まかされる仕事が増えた
  2. 案件の継続を打診された
  3. 新規案件のオファーがあった
  4. 新しいスキルを習得した
  5. クライアントから高評価を受けた

単価交渉のコツ①任される仕事が増えたとき

クライアントから依頼される作業量が増えたときが、単価交渉のチャンスです。

請け負ってきた仕事と単価のバランスを考え、増えた作業分の報酬をプラスしてもらいましょう。

また、作業量は同じでもより責任のある立場を任されたときも、単価交渉のベストなタイミングといえます。

単価交渉のコツ②案件の継続を打診されたとき

案件の継続や契約期間の延長を打診された場合、次の案件から単価を上げてもらう形で交渉することができます。

案件継続は、エンジニアとしての技量を認められたということなので、単価アップを切り出しやすいでしょう。

依頼された仕事だけではなく、ほかにできる作業をあわせて伝えると交渉しやすくなります。

単価交渉のコツ③新規案件への参画をオファーされたとき

新しい案件のオファーがあったとき、提示金額をそのまま受け入れずに単価交渉をすることができます。

自分のスキルやクライアントの要望以上にできることを示し、より高い単価で契約してもらえるよう働きかけてみましょう。

付き合いのあったクライアントが相手だと、単価交渉をしやすくなります。

単価交渉のコツ④新しいスキルを習得したとき

新しいスキルを習得したタイミングで単価交渉をするのもおすすめです。

習得した開発言語や取得した資格など、はっきりとわかるスキルを示すとよいでしょう。

作業スピードやクオリティなどはクライアントが判断することなので、エンジニア自ら申告するのは避けるのが無難です。

単価交渉のコツ⑤クライアントから高い評価をもらったとき

クライアントから高評価を受けることがあれば、そのタイミングで単価交渉をしてみましょう。

フリーランスエンジニアは、納品した成果物のクオリティだけではなく、プロジェクトの貢献度や人物面でも評価されます。

日ごろからコミュニケーションをとり、良好な関係を保っておくことが単価アップの秘訣です。

フリーランスエンジニアが単価交渉をするときの注意点

フリーランスエンジニアがクライアントに対して単価交渉をする場合、いくつかの注意点があります。

単価交渉を成功させるために、以下の4つを事前におこないましょう。

  1. 単価相場の最新情報を収集
  2. スキルシートの作成
  3. 面談時のシミュレーション
  4. フリーランスエージェントに相談

注意①単価相場の最新情報を集める

単価交渉をする前に、単価相場の最新情報をチェックしておきましょう。

IT業界は常に進化しているため、ニーズが次々と変化します。

技術者が少なく単価相場が高い言語も、扱えるエンジニアが増えれば徐々に単価が下がっていくでしょう。

事前に業界の最新情報を調べ、交渉しようと考えている単価が妥当かどうかを考える必要があります。

注意②スキルシートの作成を完ぺきにする

フリーランスエンジニアの単価交渉の場で、重要視されるのがスキルシートです。

スキルシートがあれば、エンジニアとしてのスキルをもっともわかりやすく相手に伝えられます。

単価アップにつながることなら、些細なことでも漏らさず明確に記入しましょう。

注意③面談時のシミュレーションをしておく

単価交渉に挑む前に、クライアントとの面談をシミュレーションしておくことをおすすめします。

クライアントに対し、単価を上げるに値するエンジニアであることをアピールできるよう、伝えたいことを事前に準備しておきましょう。

相手によい印象を与える話し方や、質問への対応などを学んでおくと安心です。

注意④フリーランスエージェントに事前に相談する

単価交渉に自信がないという人は、フリーランスエージェントに相談してみるのもよいでしょう。

フリーランスエージェントでは、利用者に専属の担当アドバイザーがつき、働き方や案件獲得などの相談に乗ってくれます。

希望の単価または条件を相談し、単価交渉や高単価の案件探しなどをお任せしてみるのもおすすめの方法です。

フリーランスエンジニアの単価相場に関するよくある質問

フリーランスエンジニアの単価相場に関するよくある質問に関して紹介します。

月単価100万円を給料に換算した場合の金額は?

月単価100万円を会社員の給料に換算したときの金額を、以下の3つにわけて紹介します。

  1. 会社員の給料だと月収約71万円
  2. フリーランスの手取り額は月額約69万円
  3. 業務委託形態によってマージンが異なる

※東京都/20~39歳/独身/扶養家族なし

月単価100万円は会社員の給料にすると月収約71万円

月単価100万円を会社員の給料に換算すると、月収71万円になります。

税金と保険料の内訳は以下のとおりです。

  • 所得税…10万4,950円
  • 住民税…69,508円
  • 健康保険…48,216円
  • 厚生年金…59,475円
  • 雇用保険…3,000円

会社員の給与控除額は個人事業主よりも高いため、その分税額が低くなります。

そのほか、各種保険料の半分を会社が支払ってくれるというメリットもあります。

フリーランスだと手取りは月額約69万円

フリーランスエンジニアが月単価100万円の仕事を1年間請け負った場合、手取り額は1カ月約69万円になります。

税金と保険料の内訳は以下のとおりです。

  • 所得税…14万2,875円
  • 住民税…82,916円
  • 国民健康保険…68,333円
  • 国民年金…16,610円

会社員と比べると納税額が高くなりますが、フリーランスは仕事関連の出費を経費計上できるというメリットがあります。

仮に月額10万円を経費とした場合、月単価100万円の手取り額は1カ月で約73万円になります。

業務委託形態によって手数料が異なることも

フリーランスエンジニアが仕事を受注する場は、フリーランスエージェント経由やクラウドソーシング経由などさまざまです。

利用するサービスによっては手数料を差し引かれ、月単価100万円の全額を受け取れないこともあるでしょう。

たとえば、100万円に消費税と手数料20%が含まれていた場合、受取額は92万3,000円になります。

そこから税金や保険料を納付すると、1カ月の手取り額は約64万5,000円です。

業務委託形態で手数料は異なるため、案件受注の前には必ず手数料を確認しましょう。

まとめ|フリーランスエンジニアの単価相場は言語やスキルで変わる!

フリーランスエンジニアの単価相場は、使用言語やスキルによって異なります。

どんなエンジニアでも、単価相場の高いスキルを身につけることで、高年収を目指すことができます。

一方、多くの実績を持っていても需要のないスキルに固執していては、単価が下がってしまう危険もあります。

時代のニーズや今後の方向性を把握し、多くのクライアントから求められるエンジニアを目指しましょう。

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。