フリーランスエンジニアに必要なスキルを一覧で紹介!

「フリーランスエンジニアに必要なスキルってなに?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事では、フリーランスエンジニアで成功するにあたって必要なスキルについて、具体的に解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアの必須スキルやスキルレベルについて理解できるでしょう。

また、本編ではスキルアップに適した学習法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドテッククラウドテック」は、病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、最長10年間、毎月5万円の支払いがあるなどサポートが充実!

クラウドテックを登録するメリット

  • 97%がリモート案件
  • 登録社数74万件で業界トップクラス
  • 参画後の評価で単価が上がる制度あり
  • 最短3日で稼働でき翌月15日に報酬が振り込み
  • 単価が高い案件が多い
  • ライター単価も平均月40万円※2021年9月現在

クラウドテックこれから利用者が急増すること間違いないので、早めに登録して今のうちに高単価の案件を獲得しましょう!

登録無料!!
詳細を見る

フリーランスエンジニアに必要なスキル一覧

フリーランスエンジニアに大切なスキルセットについて、以下の5つを紹介します。

IT技術・知識

フリーランスにかかわらず、エンジニアにとってIT開発の知識や技術は必須スキルです。

IT市場において、需要の高い分野のスキルがあると、仕事の幅が広がり年収も大幅にアップします。

また、仕事の依頼が途切れることがないため、一時的な収入で終わってしまうリスクがありません

営業力・交渉力

フリーランスエンジニアにとって、営業力は仕事を獲得するうえで必須です。

企業から離れ、独立したら自分で仕事を獲得しなくてはなりません。

本職であるシステム開発だけでなく、クライアントと交渉を重ね、収入源を広げていく必要があるのです。

ただ、駆け出しのころは自力での営業は、非常にハードルが高いでしょう。

営業力に自信がない場合は、エージェントサービスなどマッチングサイトを活用してみてください。

セルフマネジメント力

フリーランスエンジニアとして活動するなら、セルフコントロールをして生活を整えることが大切です。

脱サラすると、自分を指導してくれる会社の上司や先輩が存在しなくなります。

フリーランスは自由と引き換えに、孤独や責任をひとりで背負うことになります。

そのため、自己管理が甘くなると生活が成り立たなくなるので注意してください。

できるかぎり、会社員時代と同じ規則正しい生活を心掛けましょう

セルフブランディング力

セルフブランディングとは、さまざまな方法を駆使して、自分をひとつの商品として作り上げることです。

たとえば、SNSなどの個人媒体で情報配信することもセルフルランディングに該当します。

セルフブランディングは、エンジニアに限らずWebデザイナーやプログラマーなど、フリーランスであれば誰でも必要です。

成功すれば個人の認知度が上がりますが、やり方が悪いとイメージを損なう危険性もあるため、注意しましょう。

確定申告・社会保険制度の知識

フリーランスに転身すると、バックオフィスを自分自身で担うことになります

とくに大切なのが、納税や社会保険などお金に関わる公的手続きです。

確定申告で間違った申告をすると、税務署の監査が入ったり追徴課税を課されることがあります。

書籍などで確定申告や社会保険制度に関する最新の知識を身につけ、申告に困らない準備をしておきましょう。

フリーランスエンジニアの案件の種類と必須スキル4選

フリーエンジニア向けの案件の種類と、必須スキルについて解説します。

  1. Webエンジニア
  2. システム開発
  3. インフラエンジニア
  4. ヘルプデスク

必須スキル①Webエンジニア

フリーランスエンジニア向けの案件で最も多いのが、Webエンジニアの開発業務です。

Webエンジニアの仕事は、主にWebサイトの作成やゲーム開発などです。

必要なスキルは以下のとおりです。

  • バックエンドの案件 PHP、Perl、Rubyなど
  • フロントエンドの案件 HTML/CSS、JavaScriptなど

Webエンジニアの場合、個人が対応できる業務はリモートワークが可能です。

案件に応募する際は実務経験や取得した資格、ポートフォリオの提示が必要になるため、事前に準備しておきましょう。

必須スキル②システム開発

システム開発の案件もIT業界で多数見られます。

システム開発の仕事は、生産管理や受注システムなど、各種業務システムの開発がメインです。

必要なスキルは、JavaやC言語、Ruby、Python、PHPなどです。

システム開発の案件は「常駐型」が主流になるため、在宅勤務などの働き方を希望する場合はおすすめできません

必須スキル③インフラエンジニア

インフラエンジニアの求人も、多くのIT企業から出されています。

インフラエンジニアの仕事は、ITインフラの設計や構築、テスト、運用保守などが中心です。

サーバーに関する知識やコミュニケーションスキルが必要ですが、他職種からの転職が多く、未経験者も挑戦できます。

未経験の場合はインフラの運用保守からはじめ、設計構築などへ移行するのがよいでしょう。

必須スキル④ヘルプデスク

ヘルプデスクとは、顧客や社内ユーザーから受ける製品やサービスの問い合わせに対応する業務のことです。

たとえばPCの使い方やトラブル処置、クレーム処理などがあります。

ヘルプデスクの仕事は、初歩的なPCサポートや業務システムの不具合の処置まで、仕事が幅広いのが特徴です。

そのため、以下のIT知識を中心としたスキルが必要になります。

  • WordやExcelなどのPCの基本操作
  • PCセットアップやネットワーク接続の基礎知識
  • HTMLの基礎知識
  • 製品やサービスの基礎知識
  • コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアになるためのスキルレベルは?

フリーランスエンジニアになるためのスキルレベルについて解説します。

実務経験が1〜3年以上ある

フリーランスエンジニアを目指すなら、最低1年〜3年以上の実務経験を積んでおきましょう

エージェントサービスを経由して案件を受注する場合は、実務経験が重視されます。

実務経験は、習得しているスキルや開発環境などを主張できる重要な要素です。

とくにSIerの経験があると市場価値が高くなり、高単価案件を受注しやすくなります

プログラミングの基礎を習得している

フリーランスエンジニアは、以下の基礎的なプログラミング知識が必要です。
※下記はあくまで目安と認識してください。

  • 設計・テスト・実装などのプロジェクト経験(2回以上)
  • JavaScriptなど最低1つのプログラミング言語の基礎知識
  • 基本情報処理技術者試験(第二種)に匹敵するIT知識

フリーランスエンジニアのおすすめのスキルアップ法4選

フリーランスエンジニアにおすすめの、年収アップができる学習法について解説します。

  1. セミナーや勉強会へ参加する
  2. 動画教材やオンライン講座を活用する
  3. 専門書や技術書を活用する
  4. プログラミングスクールに入会する

セミナーや勉強会へ参加する

エンジニア向けの勉強会やセミナーに参加して、技術力を高める方法はおすすめです。

勉強会やセミナーは、できるだけ経験豊富なベテランエンジニアが講師となる授業に参加してください。

勉強会やセミナーは、以下のサイトから探すことができます。

  • サポーターズColab
  • TECH PLAY
  • conn-pass

動画教材やオンライン講座を活用する

学習サイトや動画サイトを活用した学習法は、とくに初心者エンジニアにおすすめです。

自分の実力でクリアできない開発上のトラブルは、学習サイトなどを見直すと解決できることがあります。

また、オンライン学習は24時間365日利用可能で、深夜や早朝でも時間を選ばず勉強することができます

有料コンテンツだと質疑応答などの機能があり、指導者やほかのエンジニアから直接意見を聞くことが可能です。

専門書や技術書を活用する

IT関連の専門書や技術書は、情報の信ぴょう性が高くおすすめです。

効率よく勉強するには、以下の流れで進めてみてください。

  1. IT系の雑誌でどんな技術に需要が集中しているか全体像を把握する
  2. 需要が高い・自分が気になっている分野を技術書などで深掘りしていく

プログラミングスクールに入会する

プログラミングスクールを活用すると、挫折することなく勉強することができます

プログラミングスクールを選ぶ際は、以下のポイントを注視してください。

  • 希望するサービスやカリキュラムがあるか
  • 学びたい言語が入っているか
  • サポートは充実しているか
  • 講師からのレスポンスは早いか
  • 無料カウンセリングや体験レッスンの有無

必要なスキルを学ぶならプログラミングスクールがおすすめ

  • DMM WEB CAMP|未経験からエンジニア転職
    4.89

    DMM WEB CAMP

    未経験からプログラミングを学べるスクールとして、まずおすすめなのが「DMM WEB CAMP」です。

    DMM WEB CAMPはゼネラルリサーチが行ったアンケート調査によると、未経験向けプログラミングスクールでNo.1を獲得した実績のあるスクールです。

    講師は全員現役のエンジニアとなっているため、現場に活かせるプログラミング学習を進めていくことができます。

    Webプログラミング関連のコースは、全部で4つのコースが用意されており、コースによっては実際にオリジナルのWebサービスを作成してWeb上に公開するところまで学べます。

    コースの種類

    はじめてのプログラミングコース、Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、JAVAコース

    コース料金

    各コース共通して4週間で169,800円、16週間で334,800円

  • TECH CAMP(テックキャンプ)|給付金で最大70%OFF
    4.10

    TECH CAMP

    自分の意志だけでは学習を継続できるか不安という場合は、TECHCAMP」の利用がおすすめです。

    TECHCAMPは、学習をやりきるための仕組みが整えられたプログラミングスクールです。

    学習で躓いたところをオンラインで何度でも質問できるのはもちろんのこと、パーソナルメンターと呼ばれるプログラミング教育のプロが個別に面談や相談にも乗ってくれます。

    場合によっては、仕事が忙しくてプログラミング学習の時間が取れないということもあるでしょう。

    TECHCAMPでは、あなたの学習状況に応じてパーソナルメンターが臨機応変にカリキュラムを組み立ててくれます。

    必ず学習を継続できる仕組みが整えられているため、誰でも安心して利用することが可能です。

    コースの種類

    エンジニア転職コース、プログラミング教養コース

    コース料金

    10週間で657,800円(毎日11~12時間、14日間返金保証、転職返金保証)

  • GEEK JOBキャンプ|受講料0円&最短就職22日
    3.82

    GEEK JOB

    短期に集中してプログラミングを学びたいという人には、GEEK JOBの利用もおすすめです。

    GEEK JOBでは、2ヶ月間という短い期間に集中してプログラミングを学ぶことができます。

    言語に関してはJavaかRubyを選択し、その他開発環境によく使われる技術を中心にスキルを身に着けられます。

    HTMLやCSSといったフロントサイド言語に加えて、eclipseやGithub、Jsonといったシステム開発に必須となるツールの使用方法も完全網羅可能です。

    早い人では1ヶ月でプログラマーデビューを果たしている人もいるため、>やる気次第ですぐに副業案件を獲得することも目指せるでしょう。

    コースの種類

    プログラミング教養コース、プレミアム転職コース、スピード転職コース

    コース料金

    上記それぞれ217,800円、437,800円、無料

フリーランスエンジニアの現実は厳しい!こんな人やめとけ!

フリーランスに向かないエンジニアの特徴について、以下の5パターンを紹介します。

  1. スキルなし・技術なしのエンジニア
  2. 営業ができず人脈を築けないエンジニア
  3. 事務作業ができないエンジニア
  4. スキル不足のまま成長しないエンジニア
  5. 自己管理能力のないエンジニア

スキルなし・技術なしのエンジニア

フリーランスエンジニアは、スキルや実務経験が乏しいと厳しくなる可能性があります。

理由は、収入源となる案件獲得が難しくなるためです。

エンジニアに限らずIT業界の技術開発は複雑で、一筋縄ではいかないのが現状です。

そのため、最低でも実務経験3年以上、Webアプリケーションの開発ができるくらいのスキルが望ましいといわれています。

営業ができないエンジニア

フリーランスエンジニアにとって、営業ができないことは致命傷になります。

エンジニアは技術が高いだけでは、稼ぐことができません。

「自分はこんな強みがある」「いくらから案件を受けられる」などの的確なアピールができないと、クライアントの目にとまらないのです。

どうしても営業が苦手な場合は、会社員として働き続ける方が賢明といえます。

事務作業ができないエンジニア

フリーランスに転身することで、事務手続きが面倒になったと頭を抱える人は少なくありません。

とくにハードルが高いのが、年に一度の「確定申告」です。

会社員の場合、毎年年末調整が会社で行われるため、個人の確定申告は不要とされています。

※給与以外に年間20万円以上の別収入があるなど、特別なケースは除く。

スキル不足のまま成長しないエンジニア

エンジニアとしてのスキルや実務経験が乏しい人も、フリーランスには向きません

フリーランスエンジニアとして存続するためには、スキル、継続年数、実績、収入確保のためのネットワークが必須です。

最低でも実務経験は3年以上が望ましいです。

自己管理ができないエンジニア

スケジュール管理ができない人は、フリーランスエンジニアにとって致命的です。

フリーランスは基本的に成果報酬になるため、獲得した案件数がそのまま収入に直結します。

稼ごうとして、キャパシティ以上の仕事量を抱えてしまうと、健康や生活に支障が出てしまいます。

また、無理な受注は納品に遅れが生じ、発注者に迷惑をかけてしまうでしょう。

まとめ|フリーランスエンジニアになるなら必要なスキルを身につけよう

フリーランスエンジニアで成功するには、自分にしか出せない強みを身につけることが重要です。

自分が希望する分野はどのような技術力が必要か見定め、合理的な学習法で最短時間でスキル習得をしましょう。

また、エージェントサービスの活用は、高単価案件の獲得や収入アップの相談を受けられるメリットがあります。

さまざまな手法を駆使し、クライアントが手放したくない人材を目指してください。