スキル不足のフリーランスエンジニアは後悔しかない?必要なレベルを解説

「スキル不足でフリーランスエンジニアになるのはマズい?」

「フリーランスエンジニアに必要なスキルレベルは?」

「フリーランスエンジニアのスキルはどうやって身につける?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、スキル不足でフリーランスエンジニアになるデメリットなどを解説しています。

最後まで読むことで、フリーランスエンジニアにとってのスキルの大切さがわかるでしょう。

フリーランスエンジニアに必要なスキルやスキルアップの方法も参考にして、年収アップを目指しましょう。

おすすめエージェント
右横にスライドで詳細確認できます。
※8月19日更新案件数支払サイト特徴①特徴②特徴③URL
midworks約7,331件20日サイト週2/3日でもOK!正社員クラスの保障ありオンライン面談実施中!
レバテックフリーランス約40,000件15日サイト登録者数No.1利用者の平均年収が862万円業界トップクラスの案件数
フォスターフリーランス約2,000件30日サイト直取引だから高単価freee会計の料金をキャッシュバック25年の実績&登録者20,000人
テックビズフリーランス約30,000件20日サイト案件継続率が97%リモート案件が豊富記帳&確定申告を実質無料でサポート
テクフリ約10,500件30日サイトマージン10%時間幅130~170時間案件ありデザイナーにもおすすめ
ITプロパートナーズ約5,129件35日サイト週2の案件多数!エンド直だから高単価企業数2,000社
IT求人ナビ約215件30日サイト新卒でも利用可能札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡のみ30秒で登録可能!!
おすすめのフリーランスエージェントへ

スキル不足でフリーランスエンジニアになるのはおすすめしない!

結論からいうと、スキル不足でフリーランスエンジニアになるのはおすすめしません。

理由は以下の3つです。

悪条件の案件しか受けられないから

フリーランスエンジニアとして充分なスキルを持っていない場合、受注できる案件が限られてしまいます。

スキル不足のエンジニアは、好条件の案件を受注することができません。

なぜなら好条件の案件は競争率が高く、スキルや実績が充分なエンジニアが採用されるからです。

スキル不足のエンジニアが獲得できる案件は、競争率が低い悪条件のものが中心になるでしょう。

収入のために、コスパが悪い「ブラック案件」と呼ばれる仕事を受注せざるをえないときもあります。

スキルを学ぶ時間がなくなるから

スキル不足のフリーランスエンジニアは、スキルを学ぶ時間が少なくなる傾向にあります。

なぜなら、単価の低い案件しか受けられないため、収入を安定させるには数をこなす必要があるからです。

とくに、簡単なプログラミングやコーディングなどの下請け作業は、大量に受注しなければ収入が伸びません。

結果的に勉強時間がなくなり、スキルを磨けず高単価案件にチャレンジできないという悪循環に陥ってしまいます。

信頼を失う恐れがあるから

スキル不足の状態で仕事をすると、業務を遂行できなかったりクライアントの要望を叶えられなかったりする恐れがあります。

クライアントが求めるのは、即戦力になるフリーランスエンジニアだからです。

そのため、常にクライアントの要望以上の成果を出さなければなりません。

報酬に見合う仕事ができないエンジニアは、信頼を失い今後の案件受注が困難になるでしょう。

フリーランスを目指すエンジニアに必要なレベルとは?

フリーランスエンジニアになるためのスキルレベルについて解説します。

  1. 会社員エンジニアの実務経験が1〜3年以上ある
  2. プログラミングの基礎を習得している

実務経験が1〜3年以上ある

フリーランスエンジニアを目指すなら、最低1年〜3年以上の実務経験を積んでおきましょう

エージェントサービスを経由して案件を受注する場合は、実務経験が重視されます。

実務経験は、習得しているスキルや開発環境などを主張できる重要な要素です。

とくにSIerの経験があると市場価値が高くなり、高単価案件を受注しやすくなります

プログラミングの基礎を習得している

フリーランスエンジニアは、以下の基礎的なプログラミング知識が必要です。
※下記はあくまで目安と認識してください。

  • 設計・テスト・実装などのプロジェクト経験(2回以上)
  • JavaScriptなど最低1つのプログラミング言語の基礎知識
  • 基本情報処理技術者試験(第二種)に匹敵するIT知識

フリーランスエンジニアに必要なスキル一覧を紹介

フリーランスエンジニアに大切なスキルセットについて、以下の5つを紹介します。

  1. IT技術・知識
  2. 営業力・交渉力
  3. セルフマネジメント力
  4. セルフブランディング力
  5. 確定申告・社会保険制度の知識

IT技術・知識

フリーランスにかかわらず、エンジニアにとってIT開発の知識や技術は必須スキルです。

IT市場において、需要の高い分野のスキルがあると、仕事の幅が広がり年収も大幅にアップします。

また、仕事の依頼が途切れることがないため、一時的な収入で終わってしまうリスクがありません

営業力・交渉力

フリーランスエンジニアにとって、営業力は仕事を獲得するうえで必須です。

企業から離れ、独立したら自分で仕事を獲得しなくてはなりません。

本職であるシステム開発だけでなく、クライアントと交渉を重ね、収入源を広げていく必要があるのです。

ただ、駆け出しのころは自力での営業は、非常にハードルが高いでしょう。

営業力に自信がない場合は、エージェントサービスなどマッチングサイトを活用してみてください。

セルフマネジメント力

フリーランスエンジニアとして活動するなら、セルフコントロールをして生活を整えることが大切です。

脱サラすると、自分を指導してくれる会社の上司や先輩が存在しなくなります。

フリーランスは自由と引き換えに、孤独や責任をひとりで背負うことになります。

そのため、自己管理が甘くなると生活が成り立たなくなるので注意してください。

できるかぎり、会社員時代と同じ規則正しい生活を心掛けましょう

セルフブランディング力

セルフブランディングとは、さまざまな方法を駆使して、自分をひとつの商品として作り上げることです。

たとえば、SNSなどの個人媒体で情報配信することもセルフルランディングに該当します。

セルフブランディングは、エンジニアに限らずWebデザイナーやプログラマーなど、フリーランスであれば誰でも必要です。

成功すれば個人の認知度が上がりますが、やり方が悪いとイメージを損なう危険性もあるため、注意しましょう。

確定申告・社会保険制度の知識

フリーランスに転身すると、バックオフィスを自分自身で担うことになります

とくに大切なのが、納税や社会保険などお金に関わる公的手続きです。

確定申告で間違った申告をすると、税務署の監査が入ったり追徴課税を課されることがあります。

書籍などで確定申告や社会保険制度に関する最新の知識を身につけ、申告に困らない準備をしておきましょう。

フリーランスエンジニアがスキルアップする方法

独立前に副業でエンジニア業務案件を経験する

フリーランスエンジニアがスキルアップするおすすめの方法として、エンジニア案件の副業が挙げられます。

案件探しから報酬の受け取りまで体験できる副業は、フリーランスとして独立した後のシミュレーションにもなります。

自分のスキルや力量に見合った仕事を見極める能力もつき、フリーランスでどのくらい稼げるかを計算することもできるでしょう。

また、副業を通じて知り合えるクライアントと良好な関係を築き、人脈を広げておくのがおすすめです。

スキル不足のエンジニアにおすすめのプログラミングスクール

  • DMM WEB CAMP|未経験からエンジニア転職
    4.89

    DMM WEB CAMP

    未経験からプログラミングを学べるスクールとして、まずおすすめなのが「DMM WEB CAMP」です。

    DMM WEB CAMPはゼネラルリサーチが行ったアンケート調査によると、未経験向けプログラミングスクールでNo.1を獲得した実績のあるスクールです。

    講師は全員現役のエンジニアとなっているため、現場に活かせるプログラミング学習を進めていくことができます。

    Webプログラミング関連のコースは、全部で4つのコースが用意されており、コースによっては実際にオリジナルのWebサービスを作成してWeb上に公開するところまで学べます。

    コースの種類

    はじめてのプログラミングコース、Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、JAVAコース

    コース料金

    各コース共通して4週間で169,800円、16週間で334,800円

  • TECH CAMP(テックキャンプ)|給付金で最大70%OFF
    4.10

    TECH CAMP

    自分の意志だけでは学習を継続できるか不安という場合は、TECHCAMP」の利用がおすすめです。

    TECHCAMPは、学習をやりきるための仕組みが整えられたプログラミングスクールです。

    学習で躓いたところをオンラインで何度でも質問できるのはもちろんのこと、パーソナルメンターと呼ばれるプログラミング教育のプロが個別に面談や相談にも乗ってくれます。

    場合によっては、仕事が忙しくてプログラミング学習の時間が取れないということもあるでしょう。

    TECHCAMPでは、あなたの学習状況に応じてパーソナルメンターが臨機応変にカリキュラムを組み立ててくれます。

    必ず学習を継続できる仕組みが整えられているため、誰でも安心して利用することが可能です。

    コースの種類

    エンジニア転職コース、プログラミング教養コース

    コース料金

    10週間で657,800円(毎日11~12時間、14日間返金保証、転職返金保証)

  • GEEK JOBキャンプ|受講料0円&最短就職22日
    3.82

    GEEK JOB

    短期に集中してプログラミングを学びたいという人には、GEEK JOBの利用もおすすめです。

    GEEK JOBでは、2ヶ月間という短い期間に集中してプログラミングを学ぶことができます。

    言語に関してはJavaかRubyを選択し、その他開発環境によく使われる技術を中心にスキルを身に着けられます。

    HTMLやCSSといったフロントサイド言語に加えて、eclipseやGithub、Jsonといったシステム開発に必須となるツールの使用方法も完全網羅可能です。

    早い人では1ヶ月でプログラマーデビューを果たしている人もいるため、>やる気次第ですぐに副業案件を獲得することも目指せるでしょう。

    コースの種類

    プログラミング教養コース、プレミアム転職コース、スピード転職コース

    コース料金

    上記それぞれ217,800円、437,800円、無料

スキル不足でもフリーランスになれるエンジニアの特徴

スキル不足でもフリーランスになれるエンジニアの特徴を、5つにわけてお伝えします。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高く人に好かれる性格を持っている人は、フリーランスに向いています。

スキルが不足していても、クライアントに「サポートしてやりたい」と思ってもらえれば、仕事を獲得できるチャンスが広がるからです。

反対に、スキルは高くても「一緒に仕事をしたくない」と思われるフリーランスも存在します。

コミュニケーション能力も必要なスキルの1つと考え、周囲に好かれるキャラクターを目指しましょう。

臨機応変に対応できる

いわれたことだけをやるのではなく、臨機応変に対応する能力も大切です。

エンジニアの仕事は、企画から運用まで計画通りに進むということがほぼありません。

トラブルやエラーはつきものです。

納期の変更や追加の作業などが発生したときに、臨機応変に対応できるとクライアントに喜ばれます。

学ぶ意欲がある

スキル不足でも、貪欲に学ぶ意欲がある人はクライアントからの期待値が高くなります。

エンジニアの仕事はセンスや才能ではなく、勉強と実践の要素が大きいからです。

学習意欲が高いエンジニアは、今はスキルが低くても今後は伸びる可能性があると思ってもらえるでしょう。

また、スキルアップしたいという姿勢を見せることでクライアントからの印象がよくなります。

地道に努力できる

地味な作業をいとわずコツコツ努力できる人は、スキル不足でもフリーランスになれるでしょう。

なぜなら、スキルが足りないうちは下請け仕事を受けることも多く、ひたすら同じ作業を繰り返すことになるからです。

さらに、プライベートの時間を削ってスキルを学ぶ必要もあります。

地道な努力が苦手な人は、仕事と勉強を両立させることは難しいでしょう。

フリーランスで成功を目指す意志が固い

フリーランスエンジニアになるには、例えスキル不足でもフリーランスとして必ず成功するという強い意志を持つことが大事です。

なぜなら、目標がなければそこに向かって努力することもできないからです。

下請け仕事が続いても、最後には勝ち組フリーランスエンジニアになると決め、あきらめずに取り組んでいきましょう。

まとめ|エンジニアに必要なスキルを身につけてからフリーランスを目指そう

フリーランスエンジニアになるには、即戦力として働けるスキルが必要です。

スキル不足のままでフリーランスになると、案件を受注する段階でつまずき、激務が続いてスキルを学ぶ時間がなくなってしまいます。

フリーランスエンジニアとして仕事をしたいのであれば、独立を焦らずにじっくりスキルを身につけることをおすすめします。

また、エンジニア業務に必要な技術だけではなく、スキル不足をカバーするコミュニケーション能力や対応力を身につけるのも大事です。

フリーランスで成功することを目標にし、プログラミングを学ぶところから始めてみましょう。