ネットワークエンジニアのやりがいや魅力とは?大変なことも解説!

ネットワークエンジニアのやりがいや魅力とは?大変なことも解説!
この記事の監修および編集協力者

ネットワークエンジニアにはどんなやりがいがあるの?

ネットワークエンジニアには大変なことがある?辛いことは?

ネットワークエンジニアを目指している人のなかには、上記のような疑問を抱えている人もいるでしょう。

ネットワークエンジニアは、IT化が進む現代社会で需要の高い職業の1つですが、夜間シフトや土日出勤も多い職業であり、目指してよいのか迷っている人も多いです。

そこで、この記事ではネットワークエンジニアを目指している方向けに、ネットワークエンジニアのやりがいを詳細に解説します。

IT化が必要とされている現代、ネットワークエンジニアのようなIT系職業は必要不可欠な存在です。

需要も高い職業のため、しっかりと確認しましょう。

監修者が思うやりがい5選
ネットワークエンジニアのやりがいは大きく5点あるでしょう。社会インフラの構築に貢献できること。技術的なスキルや知識を磨きながら、常に最新の技術に触れることができること。システム障害やセキュリティ問題など、トラブル解決のためのチャレンジングな仕事が多いこと。プロジェクトの中心となって、チームをリードし、システムを設計・構築するなど、リーダーシップの機会が多いこと。多様なクライアントやベンダーとのコミュニケーションを通じて、ビジネスの幅広い視点を身につけることができること。これらのやりがいがあることから、ネットワークエンジニアのキャリアは、多くの人々にとって魅力的なものとなっています。

 

高い単価の案件のネットワークエンジニア案件を探すなら「レバテックフリーランス」がおすすめです。

レバテックフリーランスは、フリーランスとフリーランスを採用したい企業の仲介をおこなっている人材サービスです。
レバテックのCTAレバテックフリーランス」は、登録者数No.1のフリーランスエージェントで、その登録者の平均年収が862万円と脅威の数字を誇っています。

登録者が多いのにもかかわらず、平均年収が高いということはそれだけ『1つの案件に対する単価が高い』ということです。

またシステムエンジニアの求人・案件を業界トップクラスで保有しています。

ネットワークエンジニアのレバテックフリーランス

※更新日:2023年2月


在宅・リモートで働けるネットワークエンジニア案件を探したいならレバテック一択と言えるでしょう。登録はもちろん無料ですし、案件を見るだけの登録でもOKです!
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

他のエージェントも見る
右横にスライドで詳細確認できます。
通常、2〜3社登録することでより多くの案件を探せます(複数登録OK)
エージェントRANK支払いサイトおすすめの人/特徴公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
15日スキルが高いエンジニアにおすすめ!!(未経験NG)
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No,1・登録者の平均年収は862万円
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
https://mid-works.com/
案件数:約7,300
3位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日・週2日〜の副業案件が多数!!
・2022年の支持率No.1
・エンド直だから高単価が多数
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
4位.クラウドテック
クラウドテック
15日・リモート案件多数
・クラウドワークスが運営
・会員数10万人以上
https://crowdtech.jp/
案件数:非公開
5位.フリーランススタート
フリーランススタート
・エンジニア向けのIndeed
・自力で案件を探したい人向け
・あらゆる案件が見つかりやすい
https://freelance-start.com/
案件数:約480,000
6位.テックビスフリーランス
テックビズフリーランス
20日・税務代行が無料対応!!
・案件継続率97%超
・業務時間後や土日でも相談対応OK
https://freelance.techbiz.co.jp/
案件数:約30,000
7位.フォスターフリーランス
フォスターフリーランス
30日・最短3日で就業!!即開始案件多数!!
・freee年間利用料キャッシュバック対象あり
・最高報酬が230万円と高単価案件あり
https://freelance.fosternet.jp/
案件数:約2,500
8位.テクフリ
テクフリ
30日・スキルシート提出&面談で3,000円のギフト券!!
・企業との面談で5,000円のアマギフ!!
・2023年1月稼働開始で10,000円の現金!!
https://freelance.techcareer.jp/
案件数:約12,000
9位.IT求人ナビ
IT求人ナビ
30日・新卒でも利用できる!!
・エンジニア「超」第一主義
・未経験、転職でも登録OK
https://it-kyujin.jp/
案件数:掲載なし
10位.PE-BANK
PE-BANK
40日・青色申告をフルサポート
・報酬が翌月5営業日になる早払いサービスあり
・エンジニアの紹介で100,000円の奨励金
https://pe-bank.jp/
案件数:50,000
11位.エンジニアスタイル
エンジニアスタイル東京
・案件応募でAmazonギフト券最大10万円プレゼント!!
・リモートや在宅の案件が豊富
・応募は1クリックで連絡を待つのみ
https://engineer-style.jp/
案件数:約190,000

やりがいを知る前に…そもそもネットワークエンジニアって?

ネットワークエンジニアについて、以下3つを説明します。

  1. ネットワークエンジニアの仕事内容
  2. ネットワークエンジニアになれる会社など
  3. ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、コンピュータのネットワークを構築し、保守や監視、運用を担当するエンジニアのことです。

日常生活や仕事などで利用しているネットワークを、快適な通信環境にするのがメインの業務であり、大きくわけて以下4つの仕事内容に分けることができます。

  • ネットワークの設計
  • ネットワークの構築
  • ネットワークの運用
  • ネットワークの保守

LANケーブルやルーターなど、実際に機器に触れる機会も多く、エンジニア職のなかでは珍しい仕事内容です。

また、インフラエンジニアとも仕事内容が似ており、会社によってはネットワークエンジニアもインフラエンジニアと言われていることもあるため、就職する場合は求人内容をしっかりと把握しましょう。

ネットワークエンジニアになれる会社など

ネットワークエンジニアになるためには、IT企業に就職するのが手っ取り早い方法です。

以下のような一覧表を作成したので、参考にしてください。

会社名

平均年収
ソフトバンクグループ

1,253万円

日本オラクル

1,046万円
KDDI

952万円

ヤマハ

934万円
トレンドマイクロ

882万円

NTTドコモ

872万円
伊藤忠テクノソリューションズ

871万円

富士通

798万円
三菱電機

816万円

日鉄ソリューションズ

835万円

ネットワークエンジニアは、場合によってはインフラエンジニアと称されることもあるため、インフラエンジニアとして就職できる企業もあります

また、近年はゲーム業界でもネットワークエンジニアの需要は高いため、IT業界ではなくゲーム業界の会社に入社するのもよいです。

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの平均年収は、dodaによると448万円とされています。

日本の平均年収は国税庁が発表した「令和3年分民間給与実態統計調査」によると443万円とされており、ネットワークエンジニアの年収は平均的と言えるでしょう。

一方、ソフトバンクなどの大手企業に勤めるネットワークエンジニアは、平均年収760万円と大幅に上回っており、年収を上げるには大手企業に勤めるとよいです。

しかし、中小企業でも年齢が上がるにつれて年収はあがり、平均年収500万円程度と一定の収入を得ることもできます

\ 今すぐエンジニアを目指す /


レバテックフリーランス

ネットワークエンジニアのやりがいとは?

ネットワークエンジニアには、以下の6つのやりがいがあります。

  1. 専門性があるので成長できる
  2. システムが完成すると達成感を味わえる
  3. 海外でも働ける
  4. ビッグプロジェクトも多い
  5. 仲間とのチーム力が試される
  6. 高収入を目指すことができる

専門性があるので成長できる

ネットワークエンジニアは、クラウドやAIなどのさまざまな高度技術に触れて業務をおこなうことが多いため、専門的な知識を得る機会が多いです。

また、エンジニアとしては珍しく物理的な機器に触れることが多く、LANケーブルやルーターなど、最新機器を扱うこともたくさんあります。

そのため、知識だけではなく技術も必要になり、専門的な経験ができる職業と言えるでしょう。

知識や技術が増えることで、自分自身の成長も感じやすく、多くのことを学びたい人にとってはやりがいのある仕事と言えます。

システムが完成すると達成感を味わえる

ネットワークエンジニアは、毎日がルーティンワークの繰り返しであり、淡々とした仕事も多いです。

しかし、大きな仕事が終わり、システムが完成すると達成感を味わうことができます。

何故なら、ネットワークエンジニアは一人ではなくチームを組んで作業することが多いため、仲間とともに達成できた事実に、よりいっそう達成感を感じやすいからです。

また、土日出勤や夜勤シフトも多いなかでシステムを完成させれば、「頑張った!」と思えるため、やりがいも感じやすくなります。

海外でも働ける

海外は、スペシャリストを採用する傾向にあるため、ネットワークエンジニアのようにネットワークのスペシャリストであるエンジニアは、活躍の幅が広い特徴があります。

近年、クラウドやAIの進歩により、ネットワークエンジニアの市場価値が高いのが現状です。

そのため、海外でネットワークエンジニアとして働くことはできますが、海外が求めているレベルは非常に高く、多くの知識や経験が必要になります。

海外で働くためには、資格の取得も必要なため、万全な準備をしてから海外で働きましょう。

ビッグプロジェクトも多い

ネットワークエンジニアには、案件によってはビッグプロジェクトも多いため仕事が楽しいと思える機会が多いです。

淡々としたルーティンワークも多いですが、ほとんどが数か月かけてシステムを構築する仕事であるため、長くプロジェクトに関わることになります。

ビッグプロジェクトであれば、数億のお金が動くこともあり、責任力も問われる分やりがいも感じやすいです。

自分の力を試したいと強く感じている方であれば、ネットワークエンジニアでも活躍できるでしょう。

仲間とのチーム力が試される

ネットワークエンジニアは自分一人だけではなく、チームを組んで仕事をおこないます

そのため、コミュニケーション能力や提案力など、仲間との協調性が試されるところに、やりがいを感じやすいです。

仕事は、一人でおこなえばつまらなく感じたり、やりがいを感じにくく楽しくないものとなってしまいます。

しかし、仲間がいれば助け合いながら業務を進めることができるため、よりやりがいも感じやすくなるでしょう。

高収入を目指すことができる

ネットワークエンジニアは、資格を取得すれば昇給もしやすい職業です。

とくにCCIEという高難易度な資格を取得すれば、年収1,000万円を目指すこともできます。

企業によっては資格手当を支給している企業もあり、資格を取得するだけで給料を上げることも可能です。

また、経験豊富なネットワークエンジニアはフリーランスとして独立することもでき、自分の力で高収入になることもできます。

\ 今すぐエンジニアを目指す /


レバテックフリーランス

ネットワークエンジニアの「魅力」や「楽しさ」とは?

ネットワークエンジニアには、以下の4つの魅力があります。

  1. リモートワークも可能
  2. 安定しているので仕事がなくならない
  3. 実力で勝負できる
  4. 朝が苦手な人でも働ける

ネットワークエンジニアは「やめとけ」「きつい」などネガティブな言葉を聞くことも多いですが、人によって受け取り方は異なるため、魅力や楽しいところを自分の目で確認することも大切です。

リモートワークも可能

ネットワークエンジニアは、機器がそろっていればリモートワークが可能です。

クライアントや外注とのやりとりが頻繁にあるわけではないため、常に職場にいる必要もありません。

エンジニア職は、パソコン1台あれば仕事ができる職業ですが、ほとんどの場合クライアントとの打合せなどを理由に、職場にでる必要があります。

一方、ネットワークエンジニアはネットワークの構築や運用など、人と話す機会が少ない職業のため、リモートワークが可能です。

安定しているので仕事がなくならない

ネットワークエンジニアは、求人が多いです。

クラウドやAIの進出により仕事が減ると予想している人は多いですが、その逆で、クラウドやAIがあるからこそネットワークエンジニアの仕事は減りません

なぜなら、クラウドの構築や運用をおこなうのは、ネットワークエンジニアだからです。

しかし、これまでのネットワークエンジニアではなく、さまざまな知識や技術に合わせることのできるネットワークエンジニアが求められているため、仕事をなくさないためにも自分自身の成長が必要になります。

実力で勝負できる

ネットワークエンジニアは、経験も大切ですが、どれだけ多くの知識や技術があるかが大切になります。

システムエンジニアなどはクライアントとの接触が多く、コミュニケーション能力といった人間力が試されますが、ネットワークエンジニアは物理的な技術のほうが大切です。

そのため、自分が持っている知識や技術を発揮することができます。

実力以外で評価されることによい思いを抱かない方は、ネットワークエンジニアとして働くと実力を発揮することができるかもしれません。

朝が苦手な人でも働ける

ネットワークエンジニアは夜勤シフトも多いため、夜型の人でも働くことができます

通常、朝に出勤して仕事をはじめる職種が多いなか、ネットワークエンジニアは夜に作業することが多いです。

そのため、朝が苦手で夜のほうが働けるという人には向いています

\ 今すぐエンジニアを目指す /

しかし、毎日夜勤なわけではない点に、注意しましょう。

ネットワークエンジニアのメリット・デメリット

ネットワークエンジニアには、メリットやデメリットがあります。

  1. ネットワークエンジニアのメリット
  2. ネットワークエンジニアのデメリット

やりがいや魅力を確認しても、デメリットな部分があるのが現実です。

メリットとデメリットをしっかり把握し、自分に向いている職業なのか確認しましょう。

ネットワークエンジニアのメリット

ネットワークエンジニアには、以下のメリットがあります。

  1. 専門的な知識を得ることができる
  2. 新卒・未経験からでも転職できる

専門的な知識を得ることができる

ネットワークエンジニアでは、専門的な知識や技術を得ることができます。

たとえば、近年はクラウドが流行しているため、クラウドの知識を詳細に得ることが可能です。

専門的な知識や技術が豊富だと、さまざまな業界でも重宝されるため、市場価値の高いエンジニアになれます。

しかし、ただ働いていれば知識を得られるわけではなく、自分から積極的に調べたり勉強することが大切です。

新卒・未経験からでも転職できる

ネットワークエンジニアは、未経験からでも目指すことができる職業です。

ほかのエンジニア職のようにプログラミングをおもにおこなうのではなく、物理的に機器を利用して作業をします。

機器の使い方やネットワークについて詳しければ仕事を進めることができるため、エンジニアとしての経験はあまり必要としません。

転職でIT業界に進みたい人や、新卒でも目指すことができるためおすすめです。

ネットワークエンジニアのデメリット

ネットワークエンジニアには、以下の2つのデメリットがあります。

  1. 最初は年収が低い
  2. ハードワークなので勉強する時間が少ない

最初は年収が低い

ネットワークエンジニアは、最初は年収が低い設定になっています。

しかし、資格を取得すれば昇給することもでき、年収を上げることは可能です。

大手企業だと、資格取得後は資格手当を貰えたりと待遇がよくなることもありますが、最初は年収が低いためモチベーションを上げることが難しいかもしれません。

最初から年収は高めがよいと考えている場合は、ネットワークエンジニアを「辛い仕事」と感じやすいでしょう。

ハードワークなので勉強する時間が少ない

ネットワークエンジニアは、資格を取得することで昇給できる職業です。

しかし、夜間業務があったり、土日祝日の出勤があったりと非常に忙しく、資格取得にむけた学習時間を取るのが困難であり、簡単に資格を取得することができません。

昇給するために資格取得を目指しますが、資格取得のための学習時間は取りにくい矛盾が生じていることから、ネットワークエンジニアはやめとけと言われています。

資格を取得することはできますが、自ら学ぶための努力をおこなうことも大切であり、時間の使い方も調整しなければならない点がネットワークエンジニアの辛いところです。

ネットワークエンジニアに最短でなるならプログラミングスクールがおすすめ!

→横スクロールできます
おすすめプログラミングスクール料金(税込)おすすめの人/特徴公式サイト
テックキャンプ
:4.7
月額19,600円〜
総額657,800円〜
給付金制度活用で受講料が最大70%OFF
・業界No.1の転職成功実績で成功率98%!

・転職失敗で全額返金保証あり
・未経験者が最短で確実にエンジニアになれる
\ 最短10週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
DMM WEB CAMP
:4.0
月額15,500円〜
総額690,800円〜
・受講生が昨年対比で約2.5倍と急増中!
・現場レベルのスキルが習得できる
・DMM WEBCAMP限定求人が多数
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中
tech boost
:2.8
月額32,780円〜
総額329,120円〜
・エンジニアが選ぶスクールNo.1
・フリーランスエンジニアとして働くことを前提
・メンタリングは別料金
\ 最短12週間 /
無料面談に参加する
※当日面談も開催中

※最短30秒でカウンセリング予約ができます。
※カウンセリングには一切料金はかかりません。

テックキャンプ|未経験から本気でITエンジニア転職するならこれ!


テックキャンプリンク先:https://tech-camp.in/

テックキャンプ」は、未経験からのエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

テックキャンプは未経験者向けのカリキュラムやメンターの受講生に質問し放題で学べる環境が整っており、3人体制であなたを就職までサポートしてくれるスクールです。

他のプログラミングスクールよりも高額なのがデメリットではあります。ただ、他のスクールよりもカリキュラムやあなたをサポートしてくれるスタッフなどかなり充実しているのが特徴です。

未経験から3ヶ月くらいの期間でエンジニア転職するには、充実した初心者向けのサポートが必要になります。

以下でテックキャンプと他のプログラミングスクールの比較表を見てみましょう。

テックキャンプの比較表※注釈部分は公式サイトでご確認ください。

テックキャンプを利用すれば最短かつ、わからないときはすぐに質問できる環境でエンジニアになることができます。

受講料が高いのが特徴ですが、厚生労働省指定講座により受講料最大70%OFFで受講できるので、詳しくは無料カウンセリングで聞いてみましょう。
  • 未経験がエンジニアになれる!
  • 履歴書などのサポートもあり
  • 集中して学びたい人向き

無料カウンセリング
に登録する

リンク先:https://tech-camp.in/

◎60,000人の利用実績
◎人気につき予約枠が少ないのでお早めに!

DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK


DMM WEB CAMP|20代・30代の未経験でOK
リンク先:https://web-camp.io/

おすすめのポイント
  1. 最短3ヶ月の短期集中型で転職を目指せる
  2. 転職成功率98%(未経験も含む)
  3. プログラマー経験者が選ぶ上達できそうなスクールNo.1

DMM WEB CAMP」は、未経験からでも利用できる以下の3つのコースがあります。
  • 短期集中コース:短期集中で最短3ヶ月でITエンジニアへ転職(転職保証付き)
  • 専門技術コース:短期集中コースのカリキュラムに加えてAIまたはクラウドを学習し、より専門性を高め転職できる(最大で受講料の70%をキャッシュバック)
  • 就業両立コース:働きながら学習し転職を目指す(転職保証付き)
それぞれの特徴は以下でチェックしてください。
短期集中コースの詳細と料金
短期集中コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
短期集中コースの詳細条件はあるが、もし転職できなければ受講料を全額返金されるので、転職を軸にスクールを探している方におすすめです。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間3ヶ月間の学習
総額料金総額690,800円(税込)
分割料金月々15,500円(税込)~【初回のみ20,843円(税込)】
専門技術コースの詳細と料金
専門技術コースの詳細転職成功率98%を誇り、未経験からITエンジニア転職を求めている方へおすすめのコースです。

コースの特徴は以下のとおり。

・未経験者のために開発されたカリキュラム
・チーム開発があり、現場に近い形で学習できる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
専門技術コースの詳細短期集中コースと異なり、経済産業省の認定講座で、条件を満たすと受講料の最大70%を教育訓練給付金として支給されるのが特徴です。
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・AI・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間4ヶ月間の学習
総額料金総額910,800円(税込)↓給付金を適用すると…実質350,800円(税込)
分割料金月々20,500円(税込)~【初回のみ23,723円(税込)】
就業両立コースの詳細と料金
就業両立コースの詳細ライフスタイルに合わせ、働きながらプログラミングを学習しITエンジニアを目指したい方におすすめ!

・転職保証制度つきで、もし転職できなければ受講料を全額返金 ※条件あり
・柔軟な学習スケジュールで働きながらプログラミングを学習し転職を目指せる
・オンラインで学習完結が可能
・現役エンジニアによる充実したサポート体制
身につくスキルWEB開発スキル・チーム開発スキル・ビジネススキル・クラウド等
習得言語HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Ruby on Rails
目指せるレベル現場レベルのプログラミング
目安の学習期間12週間/16週間の学習
総額料金総額889,350円(税込)
分割料金月々37,669円(税込)~【初回のみ110,000円(税込)】

各コースともにカウンセリング参加から5日以内の契約で、最大5万円をキャッシュバックする制度を実施中です!

スクールは「通学スタイル」と「オンラインスタイル」の2種類があるので、自分に合った勉強方法を選びましょう。
他社との比較
  • 現役エンジニアの81%がオススメ
  • 最短3ヶ月で職に就ける
  • 何度でもメンターに質問し放題

完全
無料
30秒で
今すぐ登録

リンク先:https://web-camp.io/

☆面接対策までサポート!!
☆初心者の転職成功率98%!!

tech boost|先着20名様限定で「受講期間が1ヶ月延長無料」


tech boost
リンク先:https://tech-boost.jp/

おすすめのポイント
  1. 講師は現役エンジニアで質問し放題
  2. 挫折しない96%の受講生が学生を完遂
  3. 最安6,500円から月額15,100円で受講可能
tech boost 」は、キャリアサポート満足度の高いプログラミングスクールに3年連続輝いているプログラミングスクールです。

tech boostでプログラミングを学ぶ理由は以下のとおりです。
  • キャリアの選択肢が広がる(IT系の求人倍率は7.29倍)
  • 年収は他職種と比較して約110万円以上

選ぶメリットは以下の一覧をご確認ください。
https://www.ncxx.co.jp/career/tech-boosttech boostのコースは3種類あります。
  1. スタンダートコース
  2. ブーストコース
  3. AIコース

それぞれの詳細は以下をご確認ください。
スタンダートコースの詳細と料金
スタンダートコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
ブーストコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金
AIコースの詳細と料金

tech boostは1ヶ月ごとに受講期間が延長できるため、受講期間内に終わらなくても、月額料金で自分の満足いくまで受講することができます。全体的な料金は以下のとおりです。
techboostの全体料金
また他社のプログラミングスークルは分割ローンで金利が14%ですが、tec boostは教育ローンなので、7.5%の金利で済みます。

延長代無料(実質月額1ヶ月無料)のキャンペーンは予告なく終わってしまうので、早めにカウンセリングに参加してみましょう。
  • オンライン/通学両方OK!!
  • 講師は現役エンジニア
  • 受講料最大70%OFF

完全
無料
今だけ
295,680円OFFで
申し込む

リンク先:https://tech-boost.jp/

☆3年連続満足度No.1
☆96%が最後まで受講実績

ネットワークエンジニアのフリーランスになるならエージェントを活用しよう!

→横スクロールできます
エージェントランキング支払いサイトおすすめの人/特徴マージン率公式サイト(全て完全無料)
1位.レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界最短/
15日
フリーランスエンジニアにおすすめ!!
・業界トップクラスの案件数
・登録者数No.1/知名度No.1
およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
2位.ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
\デザイナーもOK/
35日
全てのフリーランスにおすすめ!!
・週2日〜の副業案件が多数!!
・エンド直だから高単価が多数
非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
3位.Midworks
midworks
20日・正社員並みの保障付きはここだけ!!
・案件充実度3年連続1位
・エンジニアが選ぶエージェント3年連続1位
およそ20%公式サイトはこちら
https://mid-works.com/
案件数:約3,000
※レバテックフリーランスは経験年数2〜3年のエンジニア特化のエージェントです。

レバテックフリーランス|登録者数No.1(正社員でも登録OK)


レバテックフリーランス
リンク先:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円という業界最大級の案件数を保有する完全無料のフリーランス専門エージェント。

週3日~働けるフルリモート案件も豊富です。もちろん、リモート案件には全国各地から応募できます。

レバテックフリーランスの市場価値診断
参画にあたっての単価交渉や契約の手続き、福利厚生プランなども整えているフリーランスエンジニアに寄り添ったフリーランスエージェントです。
レバテックフリーランスの仕組み
レバテックフリーランスの仕組みIT・WEB業界のフリーランスエンジニアをサポートする無料のエージェントサービス。あなたにピッタリな案件を紹介するだけでなく、単価交渉や契約の代行なども行います。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数45,929件(2023年12月)
案件数(リモート・在宅)17,559件(2023年12月)
案件数(副業・複業)4,593件(2023年12月)
支払サイト月末締め翌月15日(15日サイト)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1
  • 業界トップクラスの案件数
  • 情報収集や相談のみでもOK
  • 年収を上げたい人におすすめ

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://freelance.levtech.jp/

☆職務経歴書不要でも利用可
☆フリーじゃなくてもOK!!

レバテックフリーランス独自のサービス一覧
レバテックフリーランスの市場分析プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、あなたがどの案件に応募できるのか、どのくらいが適正な年収なのかが理解できます。レバテックフリーランスの評価
登録した方限定で、気になる案件の企業に実際フリーランスが参画した方の評価を確認することができます。そのため、ミスマッチを防ぐことが事前に可能となっています。
なぜレバテックフリーランスなら年収が上がるの?
業界最大級の案件数を抱えているため、あなたのスキルやレベルに合った案件を見つけることが可能です。また、独自案件で発注額がそもそも高く、直請け案件で高単価なのです。交渉次第でさらにより高い単価を実現できます。
フリーランスじゃなくても登録できるの?
フリーにならなくても、ただただ「情報収集したいだけ」でも気軽に登録して相談できます。ただ、IT業界が未経験の方は厳しいので、「DMM WEB CAMP」などで転職保証付きのプログラミングスクールを利用しましょう。
登録することで福利厚生がサポートします。
福利厚生福利厚生

>> レバテックフリーランスの口コミを見る

ITプロパートナーズ|週2日〜働ける案件が多数


ITプロパートナーズ
リンク先:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズ」は、週2日〜の副業案件に強みがあるフリーランスエージェントです。

IT業界で起業を目指す人でも利用できるので、一人起業でも安定して案件を獲得できます。

週2~3日からフルタイムまでさまざまな案件がそろっているので、起業までに一定の収入を確保したい人や余っている時間を活用して稼ぎたい人におすすめです。
最も高い単価100万円
案件数5,286件(2023年12月)
案件数(副業)基本的に副業OK(2023年12月)
マージン非公開(当社調べ)
最大の特徴週2日から働ける副業案件が多い
  • 副業したい人におすすめ
  • 1時間あれば仕事が見つかる
  • エンジニア以外も利用OK!!

完全
無料
60秒で
登録する

リンク先:https://itpropartners.com/

☆週2日から働ける!!
☆5つのステップだけで登録可能!!

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。
>> ITプロパートナーズの口コミを見る

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富
リンク先:https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数8,857件(2024年2月)
最高単価240万円(2024年2月)
案件数(副業・複業)8,857件(2024年2月)
※基本週1〜4日
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
  • 週3〜4日の案件多数
  • 保険料負担額50%
  • 会計ソフトfreee 利用料(無料)

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mid-works.com/

☆仕事が途切れても60%を報酬保証!!
☆今の単価の2倍も夢じゃない!!

>>Midworksの口コミを見る

ネットワークエンジニアはオワコン?やめとけと言われる理由

「ネットワークエンジニアがやめとけ」と言われる理由は、以下のとおりです。

  1. 体を壊しやすいから
  2. クラウドが普及していきているから
  3. AIによる自動化が進んでいるから

体を壊しやすいから

ネットワークエンジニアは、夜勤シフトが多いため体を壊しやすくなります

たとえ朝が苦手な方でも、夜に働いてばかりいると体を壊してしまうため、注意が必要です。

また、ネットワークという現代社会に必要不可欠なツールを扱っているため、トラブル対応はいつでもおこなわなければなりません。

土日祝日の対応もあるため、身体を休めることができない点が、「やめとけ」と言われています

クラウドが普及していきているから

クラウドが普及しているため、ネットワークエンジニアの仕事は減少し、今後安定しなくなると言われますが、それは間違いです。

クラウドが普及していることにより、ネットワークエンジニアの仕事内容は従来の内容とは異なりました。

しかし、仕事がなくなるわけではなく、クラウドに対応することが求められています

今後、市場価値の高いネットワークエンジニアになるためには、クラウドに対応できる、ハイレベルなエンジニアが必要となるでしょう。

AIによる自動化が進んでいるから

AIによる自動化が進み、ネットワークエンジニアの仕事が限定されていると考えられています。

しかし、実際はネットワークエンジニアの仕事が限定されることはなく、むしろ増えているのが現状です。

AIにより自動化はされますが、そのAIを管理し、運用するのはネットワークエンジニアです。

そのため、AIのせいでネットワークエンジニアの仕事がなくなるのではなく、むしろ仕事が増え最新技術に関する知識が早急に必要となっています。

\ 今すぐエンジニアを目指す /

ネットワークエンジニアになってつらいこと・大変なこと

ネットワークエンジニアには、以下の5つの辛く大変なことがあります。

  1. 夜間シフトがある
  2. 土日は休むことができない
  3. 専門知識が多くて学ぶのが大変
  4. 専門知識以外のスキルも必要
  5. キャリアアップが目指しにくい

夜間シフトがある

ネットワークエンジニアは、夜勤も多く、規則正しい生活を送りにくい職業です。

そのため、体も壊しやすくQOLを保ちにくいと言えます。

夜間業務があると身体を休ませることができず、休まっていない身体のまま仕事を進めることになり大変です。

勤務時間が定まっており、夜は休めるほうがよいと考えている方は、ネットワークエンジニアの働き方は向いていません。

土日は休むことができない

インターネットが普及している現代において、ネットワークは必要不可欠なツールです。

そのため、いつトラブルや不具合が生じるかわからないため、土日も祝日も休むことができません

ネットワークエンジニアはシフト制のところが多く、土日が休めないだけではなく夜間のシフトが入ることもあり、基本的に体を休めることができません。

そのため、ネットワークエンジニアは辛い仕事と言われています。

専門知識が多くて学ぶのが大変

ネットワークエンジニアは、業務上必要となる専門知識や技術が多い特徴があります。

しかし、夜勤や土日出勤もあるため、学ぶ時間を確保することが困難です。

さらに、昇給するためには資格が必要ですが、資格取得に向けた学習時間の確保も難しく、学ぶことができません

学びたくても学びにくい状況にあるのが、ネットワークエンジニアの辛いところです。

専門知識以外のスキルも必要

ネットワークエンジニアは、専門知識以外にもコミュニケーションや協調性などのスキルも必要になります。

クライアントと話す機会は少ないですが、チームを組んで仕事を進めることがメインの業務なため、チーム力は必須です。

また、エンジニアとしてプログラミングをおこなうこともあり、さまざまなスキルが必要になります。

専門知識以外にも覚えるものが多く、高度なスキルが必要とされる点が、ネットワークエンジニアの辛いところです。

キャリアアップが目指しにくい

ネットワークエンジニアは、ネットワークエンジニアとしてキャリアアップするのが難しい職業です。

そのため、昇進ができずモチベーションも下がるため、ネットワークエンジニアはやめとけと言われています。

しかし、ネットワークエンジニアの経験があればほかの職業へ転職もしやすく、キャリアを上げることは可能です。

たとえば以下のような職業へ転職することもできるため、挑戦してみるのもよいでしょう。

  • セキュリティエンジニア
  • ITコンサルタント
  • クラウドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • テクニカルサポート

\ 今すぐエンジニアを目指す /

ネットワークエンジニアの将来性は?

ネットワークエンジニアには、以下のような将来性があります。

  1. 今後も仕事は継続できる
  2. クラウドに関する仕事が増える
  3. IT化が進んでいるため需要は高まる
  4. eスポーツなどの流行により今後も需要がある

今後も仕事は継続できる

クラウドなどの最新技術が台頭しておりますが、従来のオンプレミスな運用がなくなるわけではありません

企業によっては、クラウドとオンプレミスを混合して運用しているところも多く、オンプレミスサーバーの運用や管理は、今後も継続しておこなうことになります。

ネットワークにおけるトラブル対応だけでなく、最新バージョンへのアップデートなどの業務もおこなうため、従来の仕事内容がすべてなくなるわけではありません。

すべての企業がクラウド化するわけではないため、ネットワークエンジニアの今までの仕事も継続されます。

クラウドに関する仕事が増える

近年クラウド技術が進歩しており、ネットワークエンジニアもクラウドに関する仕事が増えているのが現状です。

従来はオンプレミスによる運用がネットワークエンジニアのおもな仕事でしたが、クラウドの台頭により仕事のあり方も変わっています。

そのため、ネットワークエンジニアだからこそできるクラウドへのアプローチが必要になるでしょう。

クラウドは今後、IT化を進める上で必要不可欠なツールとなるため、今のうちにクラウドに詳しくなることが、ネットワークエンジニアには求められます。

IT化が進んでいるため需要は高まる

企業のIT化が求められている近年、クラウドなどの最新技術を扱えるエンジニアは重宝されます。

ネットワークエンジニアは、IT化を進める上で欠かせないネットワークというツールを構築するためのエンジニアのため、今後さらに需要は高まると言えるでしょう。

実際に、IT導入補助金という制度もあり、国全体でIT化を進めることが義務づけられています

総務省が発表した「我が国におけるデジタル化の取組状況」によると、デジタルトランスフォーメーションの取り組み、つまりIT化を進めている企業は6割程度であり、今後もネットワークエンジニアは必要とされるでしょう。

eスポーツなどの流行により今後も需要がある

近年、eスポーツをはじめとするオンラインゲームが流行しています。

対人戦のゲームも増えているため、ネットワークの環境をよいものにする動きが広まっているのが現状です。

実際に、eスポーツの大会では数百万円の懸賞金がかけられていたりと、本格的なゲームプレイが求められています。

ネットワーク環境が少しでも悪いと大会自体が崩れてしまうため、確実な環境が構築できるように、ネットワークエンジニアの需要は非常に高いと言えるでしょう。

\ 今すぐエンジニアを目指す /

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアに向いているのは、以下の4つの特徴がある人です。

  1. 協調性がある人
  2. 好奇心旺盛で探究心がある人
  3. 論理的に考えられる人
  4. 精神と体力ともにタフな人

協調性がある人

ネットワークエンジニアは、チームを組んで仕事をおこないます。

そのため、チームワークをとって仕事ができる人は、ネットワークエンジニアに向いているでしょう。

ネットワークエンジニアは、ネットワークだけではなく多くの通信情報を扱うため、チームワークを乱してはいけません。

誰がどんな仕事をしていたのか分からなくなると、不具合が生じてしまうため、チームワークはとても大切です。

好奇心旺盛で探究心がある人

ネットワークエンジニアは専門知識や技術力が必要となる職業のため、積極的に学ぶ必要があります。

昇給するためには資格の取得も必要となり、自ら好奇心を持ち学べる人が向いていると言えるでしょう。

物理的な作業も多いため、取り扱い説明書などを深く読み込む探求心も、ネットワークエンジニアには必要です。

そのため、好奇心旺盛が旺盛で探究心がある人に、ネットワークエンジニアは向いています。

論理的に考えられる人

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築、運用や監視、保守など、ネットワークに関するあらゆる業務に携わります

とくに、設計や構築の段階ではセキュリティ面についても考えなければならず、ネットワーク全体を俯瞰して見る力が必要です。

さらに、矛盾なく考えられる論理的思考能力も必須と言えるでしょう。

そのため、設計からすべて論理的に考えられる人に、ネットワークエンジニアは向いています

精神と体力ともにタフな人

ネットワークエンジニアは、最初のうちは年収が低い特徴があります。

さらに夜間業務も多いため、メンタル面が疲れてしまうことも多いです。

夜間業務などが忙しく年収も低いと、モチベーションを維持するのが難しくなります。

しかし、資格取得や学習をおこなったり、必要なスキルや能力を養うことで年収を上げることができるため、メンタルをくずさずに努力できる人は、ネットワークエンジニアに向いていると言えるでしょう。

\ 今すぐエンジニアを目指す /

ネットワークエンジニアとして必要な資格とは?

ネットワークエンジニアは必ずしも資格が必要なわけではありませんが、以下の資格があれば昇進や転職をする際に有利に働きます。

  1. 基本・応用情報技術者試験
  2. CCNP
  3. CCNA
  4. CCIE
  5. ネットワークスペシャリスト

基本・応用情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、IT人材となるために基礎的な知識や技術を持ち、実践的に活躍できる人に向けたIT系の資格です。

一方、応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格であり、高度なIT人材となれる人に向けた資格であり、試験内容も大幅に異なります。

どちらの資格も、IT人材として証明できる資格であり、とくに応用情報技術者試験は転職やキャリアアップにも有利に働きます。

未経験でネットワークエンジニアになった人はまず、基本情報技術者試験の合格を目指すとよいでしょう。

CCNP

CCNAの上位にある資格であり、資格を取得すれば、大規模ネットワークの導入や運用、保守ができると証明することができます

CCNAの上位資格がCCNPのため、CCNAよりもCCNPのほうが難易度が高いです。

CCNPには以下5種類の試験があり、有効期間は3年のため、3年ごとに資格を取得する必要があります。

  • エンタープライズ
  • セキュリティ
  • コラボレーション
  • データセンター
  • サービスプロバイダー

CCNPを所有していれば、ネットワークエンジニアとしての専門性が高いことを証明できるため、キャリアアップや転職にも有利に働きます。

CCNA

CCNAは、シスコシステムズが実施している試験の1つで、ネットワークの基礎知識を取得できる資格です。

ネットワークエンジニアになったばかりのエンジニアが最初に取得を目指す資格であり、ネットワークの基礎知識だけではなくネットワーク機器に関する実践的な知識も得ることができます。

CCNAはネットワークエンジニア入門にはおすすめの資格であり、未経験から転職を目指す方にもおすすめできる資格です。

CCNAの上には、CCNP、CCIEという資格があり、CCNA取得後にはよりレベルの高いキャリアを目指すことも可能です。

CCIE

CCIEとは、Cisco System社が運用しているベンダー資格の1つで、ネットワークエンジニアが取るべき資格のなかでも、最難関の資格と言われています。

CCIEの試験は以下6種類の試験に分けられており、いずれか1つでも合格すればCCIEホルダーの一員となります。

  • エンタープライズインフラストラクチャー
  • セキュリティ
  • コラボレーション
  • データセンター
  • エンタープライズワイヤレス
  • サービスプロバイダー

受験者は18歳以上であれば縛りはなく、誰でも受験することが可能ですが、実務経験が7年以上ある人が好ましいと公式で発表されているとおり、ハードルの高い資格と言えます。

さらに、筆記試験は6万円、実技試験で20万円と受験費用も高いためハードルの高い資格ですが、ネットワークエンジニアがCCIEを取得すれば年収1,000万円を目指せるため、挑戦してみるのもよいです。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト試験では、ネットワークに関する高度な知識を問われる資格で、キャリアアップをしたいエンジニアにおすすめの資格です。

この試験では、おもに以下の内容が問われます。

  • ネットワークの要件定義や運用について
  • セキュリティ

試験内容はネットワークとセキュリティの2分野となっていますが、どれも求められるレベルは非常に高いです。

合格率は14%程度と、難易度の高い試験ではありますが、資格を取得すればキャリアアップもできるため、挑戦してみるのもよいでしょう。

\ 今すぐエンジニアを目指す /

まとめ|ネットワークエンジニアはやりがいがたくさん!未経験からでも目指せられる!

ネットワークエンジニアはやりがいも多く、魅力的な部分がたくさんある職種です。

インターネットが普及している現代において、ネットワークを構築するネットワークエンジニアは需要の高い職業だと言えるでしょう。

また、クラウドやAIの台頭に負けず、むしろともに仕事をしていける職業ともいえ、今後仕事がなくなる心配もありません

しかし、夜勤や土日出勤も多かったりと、人によっては働き方にマイナスなイメージを持つ人もいるでしょう。

ただ、人によっては夜勤のほうが嬉しいと感じることもあり、個人の考え方でマイナスイメージは変わります。

自分に向いているのかどうか、しっかりと見極めてから目指すようにしましょう。

ネットワークエンジニアは、今後も将来性のある需要の高い職業です。

未経験からでも目指すことができる職業のため、挑戦してみましょう。

サイト/エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト(登録は3分)
【新卒専用(専門や短大もOK】
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー
無料・即日内定がほしくて焦ってる就活生にピッタリ!
・ベンチャー企業の求人が豊富
・ESなどの応募書類の添削もしてくれる
公式サイトはこちら
https://www.meetscompany.jp/
【一般転職】
マイナビエージェント
マイナビエージェントIT
無料・全職種と全業界に対応!
・20代〜30代の満足度No.1
・はじめての転職でも安心して利用可能
公式サイトはこちら
https://mynavi-agent.jp/
※マイナビのプロモーションを含みます。
【ハイクラス、外資向け】
エンワールド
エンワールド
無料・外資系/グローバル企業への転職を目指す方向け
・転職者のサービス満足度97%
・外資系やグローバル企業の好求人多数保有
公式サイトはこちら
https://www.enworld.com/
【ITエンジニア向け】
マイナビIT AGENT
マイナビエージェントIT
無料・経験者は大幅な年収UPに期待できる!
・エンジニア特有の応募書類の添削が万全
・転職後の定着率が97.5%なので優良求人が豊富
公式サイトはこちら
https://mynavi-agent.jp/it/
※マイナビのプロモーションを含みます。
【未経験からエンジニア向け】
ウズキャリIT
ウズキャリIT
無料・無料でエンジニアスキルを学べる
・無料学習動画でいつでも勉強できちゃう
・入社後の定着度は驚異の97%超え
公式サイトはこちら
https://daini2.co.jp/
【フリーランス/マーケター向け】
レバテックフリーランス

レバテックフリーランスのロゴ
無料・フリーランスの登録者数No.1
・登録者の平均が876万円なので年収UPに期待できる
・これからフリーランスを目指す人でもOK
公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
【Webデザイナー/クリエイター】
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
無料・スカウト機能で登録しておくだけで転職できる
・業界最大級の案件保有数
・確定申告セミナーなど税務関係のサポートも充実
公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/

※全て長くて3分ですぐに登録できます。
※無料登録後も一切料金はかかりません