テストエンジニアの平均年収は?年収アップ方法やおすすめの資格を紹介

「テストエンジニアの平均年収ってどれくらい?」

「そもそも何をする仕事なの?」

「年収アップや給料アップの方法って?」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事ではテストエンジニアの年収について詳しく解説しています。

最後まで読むことで、テストエンジニアの平均年収をはじめ、キャリアアップの方法も理解することが可能です。

テストエンジニアが目指すべきキャリアパスも参考にして、エンジニアへの道を歩んでみましょう。

目次

Geekly(ギークリー)


Geekly(ギークリー)

ギークリー」は、IT、Web、ゲーム業界に特化したに特化した転職エージェントです。

またGeeklyで、IT企業のリアルな口コミ・評判を見ることができます。そのため、気になる企業で実際に働いた方の口コミを見ることができるので、企業の内情を詳しく知ることができます。

Geekly Review

以下のようにITで有名な企業をランキング付けてチェックすることが可能です。

Geeklyの口コミ・評判

Geelkyを通した転職で、年収アップした額の平均は71万円とかなり高い数字です。

あなたの経験やスキルを強みを活かして転職をサポートしてもらいたい方におすすめの転職サービスです。

テストエンジニアの平均年収

テストエンジニアの平均年収には、大きな幅があります。

なぜなら、業務内容によって稼げる人とそうでない人の差が激しいからです。

テストエンジニアの平均年収と特徴は、以下の通りです。

テストエンジニアの平均年収は400~500万円

テストエンジニアの平均年収は、400~500万円といわれています。

この数字は、ITエンジニアの平均年収に収まっています。

また、国税庁の「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」では、日本の平均年収が433万円としています。

その金額と比べても、テストエンジニアの年収が非常に平均的であることがわかるでしょう。

いわゆる検証のみを行うエンジニアの場合は時給1,000円などもある。

年収は責任範囲や役割が広く一概に定義できない

テストエンジニアの年収は、業務内容によって差が大きいところに特徴があります。

テスト内容を決定しその仕様書を作成する上位層のテストエンジニアは、高い年収を得ることができます。

しかし、実際にテスト検証を行うエンジニア(テスター)は時給1,000円ほどのケースも少なくありません。

そのため、副業で仕事を請け負っているテストエンジニアも多くいます。

テストエンジニアのマネージャーは平均年収1,000万円超

テストエンジニアの中でも、マネージャーなど上位層のエンジニアは年収1,000万円を超えることがあります。

テストマネージャーについては、以下の2点にまとめられます。

テストマネージャーはテスト全体の責任を負う

テストマネージャーとは、実施されるテストの責任者です。

指示された通りにテストが進んでいるかどうか、またテストを実施する上でのトラブルなどがないかどうかを管理する立場になります。

テスターで経験を積み、テストリーダーを経てテストマネージャーになるのが一般的なスタイルです。

テストマネージャーを経てPMを目指すのもあり

テストマネージャーで経験を積むと、プロジェクト全体を管理するPMを目指す道が見えてきます。

プロジェクトマネージャーは1つのプロジェクトにおける最高責任者なので、年収も高くなります。

ITスキルだけではなく、全体をまとめられるマネジメント能力やコミュニケーション能力も必要です。

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアの仕事は、大きく5段階に分けられます。

内容は、以下の通りです。

それぞれの仕事内容を、具体的に説明します。

テスト計画の策定

テスト計画の策定とは、プロジェクト全体の内容や納期、テストの難易度などを考慮して計画を立てる作業です。

プログラムによってテストの規模が変わるため、ここで詳しい計画やスケジュールを策定して実際のテストに進みます。

テスト設計

計画に沿ってテスト内容を設計するのが、テスト設計と呼ばれる作業です。

作成されたシステムを理解し、どのようなテストを行うのかを具体的に決めていきます。

テストに必要なチェックリストなども、この時点で作成します。

テスト環境の整備

テストは、実際に使用されるシーンと同じ環境で行う必要があります。

実施の前に環境を整備し、さらにテスト中の環境保守をすることもテストエンジニアの仕事です。

テストをクリアしても本番でシステムにトラブルが起きては意味がありません。

そのため、まったく同じ環境・ハードウェアを用いるなどの工夫がされています。

テストの実行や実行管理

テストの計画と設計ができあがり、環境が整ったところでテストの実施となります。

このとき、プロジェクトに関わるテストエンジニアだけではなく、外注のテスターが参加することもあります。

チェックリストにもとづいて1つ1つの動きを確認し、エラーを報告するのが主な作業内容です。

この部分は、いずれはAIに任せられるようになるかもしれません。

テストの進捗管理や結果報告書作成

プログラムの修繕や再テストの日程を調整し、スケジュール通りにテストを完了させるには、テストの進捗管理が大切です。

また、テスト完了後の報告書を作成するのもテストエンジニアの仕事です。

管理や報告はテストマネージャーやリーダーの役目で、プロジェクトの最終工程を任される立場になります。

テストエンジニアが年収アップや給料アップするための方法

平均年収400~500万円のテストエンジニアが年収をアップさせるための方法は、以下の4つです。

  1. 資格を取得する
  2. システムを理解する
  3. プログラミング言語を覚える
  4. フリーランスになる

年収アップ①資格を取得する

テストエンジニアとしての年収アップやレベルアップに確実に役立つのは、資格を取得する方法です。

テストエンジニア自体に資格や免許は必要ありませんが、IT関連の資格を持つことで年収アップに期待ができるでしょう。

資格取得の勉強をすることで、テストエンジニアとしてのスキルを高めることもできます。

年収アップ②設計書からシステムを理解できるようになる

テストを実施するシステムを設計書や仕様書から理解できると、テスト計画やテスト設計に関われるようになります。

上流工程を任せてもらえるテストエンジニアになれば、年収や給与がアップするでしょう。

また、テストエンジニア以外の道もひらけるかもしれません。

年収アップ③プログラミング言語を覚える

さまざまなプログラミング言語を習得すると、受注できる仕事の幅が広がります。

テストの実施のみを行うテスターでも、仕事をたくさんこなすことで年収はアップします。

また、プログラミング言語を覚えることで、プログラマーやシステムエンジニアなどの仕事にもチャレンジできます。

年収アップ④技術力やマネージメントができる人はフリーランスもおすすめ

テストエンジニアとしてスキルを高め、マネージメントなど上流工程にも関われる人はフリーランスになるのもおすすめです。

フリーランスになると、やればやるほど収入が増えるというメリットがあります。

技術や仕事量に対して給与が低いと感じているエンジニアは、フリーランスへの転身を検討してみましょう。

ただし、実務経験が少なくスキルが低い人にはおすすめできません。

テストエンジニアの転職におすすめの転職サイト

Geekly(ギークリー)


Geekly(ギークリー)

ギークリー」は、IT、Web、ゲーム業界に特化したに特化した転職エージェントです。

またGeeklyで、IT企業のリアルな口コミ・評判を見ることができます。そのため、気になる企業で実際に働いた方の口コミを見ることができるので、企業の内情を詳しく知ることができます。

Geekly Review

以下のようにITで有名な企業をランキング付けてチェックすることが可能です。

Geeklyの口コミ・評判

Geelkyを通した転職で、年収アップした額の平均は71万円とかなり高い数字です。

あなたの経験やスキルを強みを活かして転職をサポートしてもらいたい方におすすめの転職サービスです。

テストエンジニアの年収アップにおすすめなフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

テストエンジニアが年収アップや給料アップするために役立つ資格

テストエンジニアにおすすめの資格は、以下の4つです。

それぞれの資格試験の内容を、詳しく解説します。

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)認定テスト技術者資格は、ソフトウェア技術者にとって必ず取得しておきたい資格の1つです。

世界で共通する資格なので、海外での仕事を目指している人にもおすすめです。

JSTQB認定テスト技術者資格は、「Foundation Level」と「Advanced Level」の2種類に分かれています。

Advanced Levelの試験を受けるには、Foundation Levelに合格していること・3年以上の実務経験が必要です。

公式サイトはこちら

IT検証技術者認定試験(IVEC)

一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が主催するテストエンジニアの資格試験が、IT検証技術者認定試験(IVEC)です。

実際のテスト業務を重視する内容となっており、レベルは1から7まであります。

レベルによって年収や給与に差が出るので、少しでも上を目指しましょう。

最上級のレベル7までいくと、品質コンサルタントなどの仕事も請け負えるようになります。

公式サイトはこちら

ソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)

一般財団法人日本科学技術連盟のソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)は、ソフトウェアの品質技術に重点をおいた資格試験です。

内容はソフトウェアの品質に特化しており、技術重視のJSTQBとは異なります。

JCSQEは、現在は初級と中級のみが実施されています。

認定テストは「ソフトウェア品質体系ガイド」から出題されるため、時間さえ確保できるなら勉強はしやすいでしょう。

公式サイトはこちら

基本情報技術者試験

情報処理技術者試験の1つである基本情報技術者試験は、情報処理技術者の基礎知識と技能を認定する国家試験です。

IT関連の仕事をするなら、まず初めに受けるべき試験といっても過言ではありません。

基本知識と技術が身につくため、試験勉強をするだけでも仕事に役立つでしょう。

公式サイトはこちら

テストエンジニアが年収アップを目指せるキャリアとは?

テストエンジニアとして年収アップを目指すためには、キャリアを積み上げていくことが必須です。

テストエンジニアにおすすめのキャリアを4つ紹介します。

QAエンジニアを目指す

品質管理を担当するQAエンジニアは、テストエンジニアとして経験を積みスキルをみがくことで目指せます。

テストの実施のみを担当するテスターよりも年収が高いことは、いうまでもありません。

QAは、テストエンジニアの業務内容に含まれることが多い分野です。

QAの仕事までを請け負うことができれば、テストエンジニアとしてのキャリアは格段に上がります。

開発言語を覚えてシステムエンジニアを目指す

テストエンジニアの経験を積みながら、開発言語を勉強してシステムエンジニア(SE)を目指すのもおすすめです。

なぜなら、システム開発に関わることで、テスターとしてだけではなくSEの仕事を手がけることもできるからです。

システムを理解すると、ユーザー目線でテストを見ることができるため、テストエンジニアとしてのスキルも上がります。

テストマネージャーやPMなど管理職を目指す

テストエンジニア一筋で、上流工程を目指す方法もあります。

仕事をしながらスキルをみがき、テストリーダー・マネージャー・プロジェクトマネージャーなどの管理職を目指しましょう。

管理者になればその分年収も上がり、テストエンジニアとしての転職やフリーランス転身が有利になります。

品質コンサルタントを目指す

品質コンサルタントとしてキャリアを確立すれば、年収1,000万円も目指せるでしょう。

品質コンサルタントは、テストの結果を分析してからの改善や品質向上を提案するのが仕事です。

テストエンジニア界のトップといっても過言ではありません。

テストエンジニアのゴールとして、品質コンサルタントを視野に入れておきましょう。

テストエンジニアの年収に関する良くある質問

テストエンジニアの年収についてよく見られる質問を、以下の3つにまとめました。

QAテスターの年収は?給料は高い?

QAテスターの年収と仕事内容は、次の通りです。

平均年収は300万円~500万円

QAテスターの年収は、平均300~500万円です。

初心者からベテランまでの差が大きく、経験を積んでも年収がそれほど高くならないところが特徴といえるでしょう。

年収が高くない理由には、QAテスターがシステム開発などに関わらない立場であることがあげられます。

QAの仕事は品質保証をすること

Quality Assuranceの略であるQAの仕事は、納品する品の品質保証をすることです。

システムにエラーがないことだけではなく、テストの工程や分析における品質保証も含まれます。

QAがOKを出した成果物は品質面のチェックをクリアしたと見なされるため、大変重要な立場といえます。

QAエンジニアとして大手に転職するために求められることって?

QAエンジニアとして大手に転職するためには、以下のスキルがあると良いでしょう。

ユーザーの視点に立てること

QAエンジニアは、ユーザーの視点に立てるかどうかが大きなポイントです。

なぜなら、製品を実際に使うのはユーザーであり評価をするのもユーザーだからです。

開発者・プロ目線の品質保証ではなく、使用するユーザーの立場になって仕事をする必要があります。

円滑にコミュニケーションが取れること

QAエンジニアは、コミュニケーション能力が大切です。

なぜなら、QAエンジニアはシステム開発に関わるエンジニアに品質改善を提案する立場だからです。

改善内容を技術者にわかりやすく伝え、いつまでに・どの部分を・どのように改善していくかを指示しなければなりません。

プログラミングスキルもあると良い

プログラミングのスキルがあると、仕事がスムーズに進みます。

なぜなら、コードを見るだけでエラーに気付いたり改善するべき部分を早く見つけることができるからです。

QAエンジニアとしてプログラミングスキルは必須ではありませんが、習得しておくと転職に役立つでしょう。

大手企業の求人もある

QAはテストエンジニアの業務内容に含まれることも多く、大手企業の求人も見つかります。

QAエンジニアとしての実務経験を積んでいる人や資格を持っている人なら、思い切って挑戦してみても良いかもしれません。

テストやQAなどのさまざまな仕事を経験することで、さらなるスキルアップを目指せるでしょう。

システムエンジニアの年収や主な仕事は?

システムエンジニアの年収と主な仕事は、以下の通りです。

システムエンジニアの平均年収は431万円

システムエンジニアの平均年収は、431万円です。

国税庁の「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」によると、日本の平均年収は433万円です。

システムエンジニアは、すべての職種の中でも平均的な年収といえます。

システムの要検定後から納品までを実施する

システムエンジニアの仕事は、クライアントの要望通りにシステムを開発することです。

要求に応じたシステムの設計をし、設計通りにプログラムを作成してクライアントに納品します。

システムの完成後にテストエンジニアに引き継ぐことが多いですが、フリーランスエンジニアは全工程を1人で行うこともあります。

表などを用いてシステム開発の流れと内容を記載する。 その上でテストエンジニアはテストだけを行うが、システムエンジニアはその全てを行うことを解説。 より広いキャリアパスを描ける。

テストエンジニアからシステムエンジニアに転職するために必要なスキル

テストエンジニアからシステムエンジニアになるには、次にあげる3つのスキルが必要です。

  1. ヒアリング力
  2. コミュニケーション力
  3. マネジメント力

この3つを身につけて、システムエンジニアを目指しましょう。

要件を聞き出すヒアリング力

システムエンジニアは、クライアントがイメージしているものを理解しシステムに反映させる能力が必須となります。

なぜならシステムエンジニアは、クライアントから要望を聞いてシステムを作るのが仕事だからです。

新しく開発するシステムの意図や規模など、全体像を聞き取って予算や納期などのすり合わせまでができなければなりません。

プログラマーとの疎通を図るコミュニケーション力

一流のシステムエンジニアには、プログラマーとの意思疎通ができるコミュニケーション能力がそなわっています。

なぜなら、作り上げたシステムを実装するのはプログラマーの仕事だからです。

プログラマーとのコミュニケーションを円滑にすることで、作業スピードが上がったりミスを回避したりといったメリットが生まれます。

進行管理などマネジメント力

システムエンジニアには、マネジメント能力も必要です。

クライアントが提示した納期を守り、要望通りのシステムを作るためには進捗状況やスケジュールの管理が欠かせないからです。

1つのプロジェクトを予定通り進行させる能力を身につけることで、プロジェクトマネージャーなどの道もひらけるでしょう。

テストエンジニアからの転職におすすめのプログラミングスクール

  • DMM WEB CAMP|未経験からエンジニア転職
    4.89

    DMM WEB CAMP

    未経験からプログラミングを学べるスクールとして、まずおすすめなのが「DMM WEB CAMP」です。

    DMM WEB CAMPはゼネラルリサーチが行ったアンケート調査によると、未経験向けプログラミングスクールでNo.1を獲得した実績のあるスクールです。

    講師は全員現役のエンジニアとなっているため、現場に活かせるプログラミング学習を進めていくことができます。

    Webプログラミング関連のコースは、全部で4つのコースが用意されており、コースによっては実際にオリジナルのWebサービスを作成してWeb上に公開するところまで学べます。

    コースの種類

    はじめてのプログラミングコース、Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、JAVAコース

    コース料金

    各コース共通して4週間で169,800円、16週間で334,800円

  • TECH CAMP(テックキャンプ)|給付金で最大70%OFF
    4.10

    TECH CAMP

    自分の意志だけでは学習を継続できるか不安という場合は、TECHCAMP」の利用がおすすめです。

    TECHCAMPは、学習をやりきるための仕組みが整えられたプログラミングスクールです。

    学習で躓いたところをオンラインで何度でも質問できるのはもちろんのこと、パーソナルメンターと呼ばれるプログラミング教育のプロが個別に面談や相談にも乗ってくれます。

    場合によっては、仕事が忙しくてプログラミング学習の時間が取れないということもあるでしょう。

    TECHCAMPでは、あなたの学習状況に応じてパーソナルメンターが臨機応変にカリキュラムを組み立ててくれます。

    必ず学習を継続できる仕組みが整えられているため、誰でも安心して利用することが可能です。

    コースの種類

    エンジニア転職コース、プログラミング教養コース

    コース料金

    10週間で657,800円(毎日11~12時間、14日間返金保証、転職返金保証)

  • GEEK JOBキャンプ|受講料0円&最短就職22日
    3.82

    GEEK JOB

    短期に集中してプログラミングを学びたいという人には、GEEK JOBの利用もおすすめです。

    GEEK JOBでは、2ヶ月間という短い期間に集中してプログラミングを学ぶことができます。

    言語に関してはJavaかRubyを選択し、その他開発環境によく使われる技術を中心にスキルを身に着けられます。

    HTMLやCSSといったフロントサイド言語に加えて、eclipseやGithub、Jsonといったシステム開発に必須となるツールの使用方法も完全網羅可能です。

    早い人では1ヶ月でプログラマーデビューを果たしている人もいるため、>やる気次第ですぐに副業案件を獲得することも目指せるでしょう。

    コースの種類

    プログラミング教養コース、プレミアム転職コース、スピード転職コース

    コース料金

    上記それぞれ217,800円、437,800円、無料

最終的にはテストエンジニアから品質コンサルタントを目指すのもおすすめ

テストエンジニアとして上を目指すなら、品質コンサルトをゴールにするのがおすすめです。

品質コンサルタントの仕事や年収を、以下の2つにまとめました。

現状分析を行い品質改善を提案する仕事

品質コンサルタントは、現状分析をするとともに製品の品質改善やさらなる品質向上を提案するのが仕事です。

テストエンジニアが手がけたテスト内容から状況を分析するだけではなく、よりよいシステムにするための提案を行います。

大企業であれば品質コンサルタントが在籍していることもありますが、プロジェクトごとに外部のコンサルタントを招くケースもあります。

年収1,500万円も目指せる

品質コンサルタントは、年収1,500万円の収入を得ることも可能です。

競争が激しいIT業界において品質の向上は必須項目であり、そのために必要なポジションだからです。

経験の多い品質コンサルタントは、さまざまなプロジェクトで重宝されるでしょう。

フリーランスとして成功するチャンスも多く、契約するクライアントの数や仕事量によっては高い年収を目指すことができます。

まとめ|テストエンジニアの年収はキャリアパスで決まる

テストエンジニアの年収は、役割によって大きく異なります。

テスト実施を請け負うテスターは低収入ですが、マネージャークラスになるとエンジニアの中でも高い年収を得ることができるでしょう。

テストエンジニアとしてスキルをみがく他、システム開発の勉強をしたりプログラミング言語を覚えたりといった努力が必要です。

今後のキャリアパスをよく考え、一流のエンジニアとして成功できるようスキルを身につけましょう。