SRE不動産の口コミ、信頼性をチェック!不動産売却に強いと言われる理由は?

SRE不動産は、日本の不動産業界内では異例の「エージェント制(片手仲介のみしかしない仲介契約)」を採用し、不動産業界で大きな話題を集めました。

また保守的な企業が多い不動産業界の中で、最新テクノロジーを使った「AI査定」を導入するなど、ここ数年で大きく知名度を上げています。

今回はSRE不動産について、

・エージェント制とはどんなものか?
・売主、買主にとってどんなメリットがあるのか?
・会社としての信頼性はあるのか?

などといった点について、詳しく解説したいと思います。

目次

SRE不動産の会社概要

SRE不動産(企業名称:SREホールディングス株式会社)は、ソニーグループ株式会社のグループ企業で、不動産の売買仲介や賃貸管理などを中心にした事業活動を行っている不動産会社です。

2014年4月に旧社名「ソニー不動産」として設立。営業開始当初から、AI技術やIT技術を活用した不動産事業を展開し、サービスの先進性や顧客満足度を重視した営業姿勢が高く評価されています。

2019年に社名を「SREホールディングス株式会社」に変更。同年の12月には東京証券取引所に株式上場を果たしています。

社名SREホールディングス株式会社
本社〒107-0061 東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオン2F
代表者代表取締役 西山 和良
電話番号本社 03-6274-6550(代表) 
資本金3,584,703千円(2021年3月31日現在)
設立2014/4/14
従業員数150名※2021年4月1日時点
免許番国土交通大臣免許(1)第009297号
公式HPhttps://sre-group.co.jp/

支店連絡先と対応地域

SRE不動産のオフィスは東京エリア5か所、横浜エリア1か所、大阪エリア1か所の計7か所に拠点があります。

サービス対応エリアは全国ではなく、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県となっています。(※設立時より徐々に増えていっています)

ただし、同社によれば対応エリア内であっても、取り扱いできない地域もあるとのことなので、利用する場合は最寄りのオフィスへ確認してみてください。

営業拠点名住所電話番号営業時間
青山本社東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオンビル 2F03-6274-6550(代表電話) 10:00~18:30
南青山オフィス東京都港区南青山1丁目1-1 新青山ビル東館2階 0120-213-919(フリーダイヤル)
03-6274-6556(不動産の売却)
03-6274-6552(不動産の購入)
03-6274-6516(資産活用のご相談)
10:00~18:30
銀座オフィス 東京都中央区銀座7丁目2-22 コリドースクエア銀座7丁目4階0120-796-919(フリーダイヤル)
03-6274-6551(不動産の売却)
10:00~18:30
池袋オフィス 東京都豊島区南池袋2丁目-27-8 南水ビル5階 0120-213-955(フリーダイヤル)
03-6914-3602(不動産の売却)
03-6274-6553(不動産の管理)
10:00~18:30
吉祥寺オフィス 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目15-9 岩﨑吉祥寺ビル 7階0120-213-770(フリーダイヤル) 0422-27-136010:00~18:30
横浜オフィス 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23−2 TSプラザビル11階 0120-213-977(フリーダイヤル) 045-594-733810:00~18:30
大阪オフィス 大阪府大阪市中央区伏見町2-1-1 三井住友銀行高麗橋ビル8階0120-213-811(フリーダイヤル) 06-4708-334010:00~18:30

SRE不動産の事業内容

SRE不動産では、AI技術やIT技術を活用し、不動産の売却、買取、購入、賃貸管理など、幅広い不動産関連サービスを行っています。

不動産の売却仲介

不動産を売却する場合、査定方法の違いや販売戦略の違いで、成約価格に数百万円の差が出ることも珍しくありません。

SRE不動産は、AIや最新のIT技術を使った独自の高値売却手法×不動産テクノロジーが支持され、「高値売却につながる」、「サービスの先進性」、「知人に紹介したい」の3部門でNo.1評価を獲得しています。

※調査方法:インターネットリサーチ /調査会社:GMOリサーチ株式会社 /調査期間:2021年12月24日~27日

さらに冒頭でも紹介した「エージェント制」を採用することで、売主にとって非常に大きなメリットがあると話題になっています。

この点については後半のブロックで詳しく解説します。

AI技術を活用した適正な価格査定

不動産の売却は、売り出す価格が高すぎると売れづらくなり、安すぎると損をしてしまいます。

高く早く売るためには、所有している不動産の適正な価格を知った上で、売出価格を決めることが重要な販売戦略のひとつといえるでしょう。

SRE不動産では、ソニーグループと共同で開発した業界最高水準の精度のAI(人工知能)を使い、過去や現在の不動産売買情報などのビッグデータに基づいた客観的且つ正確な査定価格を算出。

客観的で正確な査定価格は透明性と公平性が高く、実際に売り出したときに「販売価格の妥当性」を購入希望者にアピールでき、高値+早期での売却が期待できます。

不動産の買取サービス

SRE不動産に売却を依頼し、一定期間内(6か月間)に売却できなかった場合は、買取保証サービスを利用することもできます。

このサービスを利用すれば、住み替え先が決まっていたり、現金化しなければならないスケジュールが決まっているような場合でも、安心して売却を任せることができます。

ただし、このサービスを利用する場合、サービス対象エリアや対象物件には一定の条件がありますので、詳細については最寄りのオフィスへ確認してください。

不動産の購入仲介

SRE不動産では不動産の売却だけではなく、不動産購入のサポートも行っています。

購入希望者の立場になり、より良い購入条件を追及し、他の仲介会社が公開している売却物件や、不動産ポータルに掲載されている売却物件など、様々な物件を広範囲に紹介しています。

また物件探しのサポートだけではなく、資金計画などの相談、対象物件の周辺地域等の情報など、物件購入に関する幅広いコンサルティングを提供しています。

賃貸管理、資産活用サポート

不動産の売却や購入サポート以外にも、賃貸管理や資産活用のサポートなども行っています。

賃貸管理

SRE不動産は自社で入居者を募集するのではなく「管理専門」。多くの賃貸仲介会社ネットワークを利用し、広範囲に募集情報を届けることで、入居者をスピーディーに見つけることを追求しています。

また入居募集や入居希望者との条件交渉や契約、現地確認やクレーム対応、更新手続き、退去立ち合い、清算業務等、煩雑な管理業務を丸ごとサポート。

SRE不動産に1棟の管理を任せた場合は、全戸に無償で「滞納保証」が付帯されるといううれしい特典もあります。

資産活用サポート

SRE不動産では、更地や賃貸アパートだけでなく、農地や工場など、様々な種類の不動産売却・活用方法を提案。

「売る」「貸す」だけではなく、節税・相続対策など幅広い面からのコンサルティングをしてくれます。

SRE不動産の強み、高評価を受けている理由は?

SRE不動産の顧客満足度は93.2%と、非常に高い評価を得ています。

これだけ高い評価を受ける理由は、SRE不動産が持つ独自の「強み」にあります。

顧客にとって有利となる「エージェント制」を採用している

不動産の売買仲介においては、一般的に「片手仲介」と「両手仲介」があります。

「片手仲介」とは、売主買主のどちらか片方から仲介手数料をもらう仲介のことで、「両手仲介」とは、売主買主の両方から仲介手数料をもらう仲介のことです。

※下記画像の上側が「片手仲介」で、下側が「両手仲介」です。

片手仲介の場合、担当者は「自分だけのために」働いてくれますが、両手仲介の場合、担当者は売主と買主の両方を受け持つため、自分のためだけには働いてくれません。

より物件を高く売りたい売主と、より物件を安く買いたい買主の希望はぶつかってしまうので、担当者の考え方次第ではどちらか一方が損をしてしまう可能性もあります。

その様な事態を防ぐために、SRE不動産では片手仲介のみを採用しています。

これはアメリカなど海外では当たり前の事ですが、日本の不動産業界では長らく実現できていなかったことで、同業者にやっかみを受けるくらい非常に画期的でした。

SRE不動産を利用した人の評価が高いのは、間違いないこの「エージェント制」にあると思われます。

特に家やマンションを高く売りたい場合に有利

この「エージェント制」は、不動産の所有者が売る場合、買う場合のどちらでもメリットがあることですが、売る場合の方がよりメリットが大きいと考えられます。

なぜかというと、買主の予算は上限が決まっていて仲介業者の意志で増やすことはできませんが、物件の売却額は、仲介業者の説得次第では下げることができるからです。

例えば両手仲介で売主・買主の担当者が同じだった場合、担当者は早期に契約をまとめて、自社の仲介手数料を確実に得ようと考えます。

この時、買主に「予算をもっと増やしましょう!」と言っても無理だとわかっているので、売主に対して「もう少し値下げしないと売却は難しそうです」と誘導する可能性の方が圧倒的に高いです。

その結果、本来であればもっと高値で売れた可能性もあったのに、相場より安い金額で売却をしてしまい、売主が損をするというわけです。

上記のように、本来であればもっと高値で売れる買主を探さなければいけないところを、自社の顧客(買主)を優先することで、両方から仲介手数料を得ようとすることを「囲い込み」と呼びます。これは海外では法律で禁止されています。

売主からすると、両手仲介をされることによって百万円単位で損をする可能性があるので、これは絶対に避けたいところです。

しかし日本の法律では禁止されていないため、現状では「100%両手仲介を避ける方法」というのはSRE不動産を利用するくらいしかありません。

SRE不動産の対応地域は「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県」に限られてしまいますが、該当する地域に住んでいるなら真っ先に相談したい会社です。

これからもっと「エージェント制」を採用する不動産会社が増えてくれればよいですが、現時点ではSRE不動産が限られた選択肢となります。

SRE不動産に関するよくある質問

SRE不動産に関するよくある質問をまとめてみました。

SRE不動産の信頼性は高いの?

SRE不動産は、ソニーグループ株式会社をはじめ、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント、ソニー銀行株式会社、ソニー生命保険株式会社等の子会社1,444社が属するソニーグループの一員です。

ソニーグループの組織力はもちろん、企業基盤の安定感、知名度の高さ、AI技術やIT技術の先進性など、信頼性が高く、大切な不動産の売買を安心して任せられる不動産業者だといえます。

SRE不動産の対応地域は広がっているの?

2014年の8月の営業スタート時、東京区部にしか拠点がありませんでしたが、2018年には横浜オフィスを開設し神奈川エリアにも対応。

2019年には大阪オフィスを開設し、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県の各エリアの対応が始まりました。

現在は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県が対応エリアとなっています。

同社の公式HPによると、対応エリアは順次拡大予定とのことなので、今後は全国的に対応地域が広がっていくかもしれません。

SRE不動産以外でエージェント制の会社はある?

エージェント制をうたっている不動産会社は若干数見受けられますが、SRE不動産のように完全に片手仲介を採用し、売却・購入エージェントを組織的に分けている会社は今のところ見つかりません。

不動産を売りたい人、買いたい人のどちらにとっても「エージェント制」のメリットは明らかなので、今後SER不動産のような会社が増えていくことが期待されています。

SRE不動産は悪評も多いというのは本当?

SRE不動産の片手仲介を採用するという取り組みは、既存の不動産仲介会社からすると、「脅威」だと感じている同業者が「やっかみ」のような悪評をたてることはあるかもしれません。

しかし顧客満足度93.2%という結果からも分かるとおり、消費者からの悪評はほとんどないのではないかと思います。

SRE不動産の年収は?採用条件はなに?

同社の公式HPによると、新卒者の月収は283,000円、賞与599,000円×2(売買仲介営業職)となっているので年収は460万円ほど。中途採用の場合は600万円~800万円となっています。

新卒者の採用条件は大卒以上(学部は問わず)。中途採用の場合は、宅地建物取引士取得者、売買仲介経験(2年以上)となっていますので、中途採用の場合は経験者のみしか募集していないようです。

まとめ

今回はSRE不動産の特徴や業務内容などについてまとめてみました。

片手仲介のみと宣言し、エージェント制を導入するなど、顧客目線のサービスを提供することで、SRE不動産は高い評価を得ています。

唯一のネックは対応エリアに制限があり、利用したくてもできない人がいることでしょう。

したがってSRE不動産は、

・首都圏または近畿圏の都市部にある不動産を売りたい
・売主側に有利な条件で、安心して不動産売却をしたい
・自分の希望通りに、少しでも高く売却したい
・信頼できる大手不動産業者を利用したい

といった人におすすめできる不動産会社と言えます。

特に家やマンションを売りたい人には強い味方だと思うので、売却を検討中の人はぜひ一度相談してみてください。

目次
閉じる