簡単な申込でお金を借りるおすすめの方法がずばりわかる!ローン体験談を紹介

簡単にお金を借りる方法を具体的に紹介します 借入

簡単にお金を借りたいと思ったとき、どこから借りたらいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

統計調査によると、お金借りる理由は年代や行動意識によって様々な理由があることがわかります。

借入申込をおこなうときの資金使途について

引用元:日本貸金業協会2022年調査結果

このページでは、当編集部がお金を借りる際におすすめの借入先の調査結果を紹介します。

  • 簡単にお金借りるならどこがおすすめ?
  • 即日ですぐお金借りるには?
  • ローン審査なしで簡単にお金借りる方法はある?

安全にお金を借りる方法は金融機関のローン、公的融資制度等幅広くあります。まずは選択肢を知っておくことが重要。

自分に合った借り入れ方法が見つかるよう、できるだけ最小限の手続きで、簡単に素早くお金を借りるおすすめの方法一覧をご覧ください。

簡単にお金を借りるローンのおすすめの理由は、

  • 準備が簡単でおすすめ(担保や保証人なし)
  • 申込はPC・スマホアプリ利用可能でおすすめ
  • 必要な書類は1点か2点のみで即日借りれる

です。

貸金業法出資法等を遵守した借入方法のみを紹介。初めてお金借りる人も、簡単で安心してお金借りる手順をわかりやすく解説。

<お金・ローンに関する相談窓口>

※最初に「お金の窓口にローンやお金に関する相談をされる方へ」をご覧ください。

※画面右下にある「チャットでのお金の相談はこちら」
をクリックすると、問い合わせができます(相談無料)

お金・ローンに関する相談窓口開設

  1. 簡単にお金を借りるならどこがいい?融資方法や種類一覧
    1. 1、大手消費者金融カードローンがおすすめの理由|法律に基づいた融資で安全かつ簡単にお金を借りるのに最適
    2. 必見!今すぐお金を借りたいときATMや口座振込で簡単にお金を借りることができる消費者金融4選
    3. プロミスなら申込をして最短即日融資も利用可能。借りたいときに必ず30日間無利息で借りられる
    4. プロミスはスマートフォンを使ってカードレスでセブン銀行ATMから簡単に借り入れできる
    5. アコムは3ステップだけで手間をかけず申し込みができ最短20分でお金を借りることができる|申込手順から借入までを画像で解説
    6. 2、銀行カードローン|審査に通過すれば一時的にお金を借りたいとき低金利で借りれるのでおすすめ
    7. 3、クレジットカードのキャッシング|申込をして審査通過できればカードやスマホで借り入れ可能
    8. 4、総合口座貸越(自動貸付)で銀行や信用金庫からお金借りる借り方
    9. 5、生命保険加入者なら生命保険契約者貸付でお金借りるのがおすすめ
  2. 6、総合生活福祉資金|市役所等から申請して貸付けや支援を受ける
    1. 一時的な資金の緊急貸付|国からお金を借りる制度
    2. どうにかしてお金を借りたい人におすすめの最終手段
    3. 【新しいローン知恵袋】lineでお金借りれるってほんと?ポケットマネーで借入できる
  3. 実際にカードローンを使って簡単にお金を借りることができた方の体験談
    1. 即日融資で借入できたアイフルの体験談
    2. 簡単な申込で借入できたアコムの体験談
  4. お金を借りたいときの手順や注意点をわかりやすく解説
    1. カードローン利用者の条件
    2. カードローンの申し込みは他人にバレないのか?
    3. 素早く簡単にお金を借りる方法なら消費者金融が最適
    4. 審査なしで手軽にお金を借りることはできる?
    5. ローン審査通らない人によくある原因は?
    6. 簡単とまでは言えないが、目的に応じて上手にお金を借りるおすすめの方法
    7. お金を借りるときの金利と返済の注意点
    8. 無職の人でもお金借りるは簡単にできる?
    9. ヤミ金融からお金借りるはしてはいけない|特に学生や主婦の方は注意
    10. お金借りるときによくある質問と回答のまとめ
  5. 参考資料:比較的簡単に借りられるカードローン会社の申し込み者数上位10社ランキング統計(~2024年5月1日 4:49 現在)

簡単にお金を借りるならどこがいい?融資方法や種類一覧

簡単な手順でお金を借りる方法一覧

動画で分かる!簡単にお金借りるために知っておきたいローンの仕組み

まず最初に、「お金借りるときに簡単かつ失敗しないための動画」を見ておいてください。
※とてもわかりやすく解説されています。動画が始まると音が出ます。

引用元:PayPay-BankYouTube公式チャンネル

お金を借りる簡単な方法を一覧にしました。

比較的簡単にお金を借りる最適な方法は、次のとおり。

お金を借りる方法

融資スピード

金利年率

無利息サービス

借入限度額

借りやすさ

大手消費者金融カードローン 最短20分 3.0%~18.0%

1千円~800万円 ★★★★★
銀行カードローン 最短翌日 2.0%~14.0%

1千円~1千万円 ★★★★☆
クレジットカードのキャッシング 最短翌日以降 ~18.0%

1万円~300万円 ★★★★☆
総合口座貸越(自動貸付) 即日 預金金利+0.2%~0.5%

~500万円 ★★★☆☆
生命保険契約者貸付 最短即日 3.0%~5.0%

解約返戻金の70%~90% ★★☆☆☆
総合生活福祉資金 約1ヶ月 1.5%

60万円 ★★☆☆☆
一時的な資金の緊急貸付 1週間程度 なし

20万円 ★★☆☆☆
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金 1週間程度 なし

月額6万円~10万円 ★★☆☆☆

このようにお金を借りる方法は様々です。簡易な手順で借りられる方法を順に丁寧に解説します。

1、大手消費者金融カードローンがおすすめの理由|法律に基づいた融資で安全かつ簡単にお金を借りるのに最適

即日借入できる「個人向けカードローン」は今すぐお金を借りたい方におすすめ。

金融庁が運用する貸金業法出資法を遵守し、貸付けをしている貸金業者なので、安心してお金を借りられる方法です。

参考 ・貸金業法Q&A|金融庁

お金を借りる方法のなかでも、消費者金融カードローンは簡単にお金を借りることができます。

カードローンに関するアンケート調査結果では、

一般社団法人全国銀行協会の「銀行カードローンに関する消費者意識調査」で、「最も借り入れたい金融機関を選んだ理由」として消費者金融が選ばれている理由は次のとおりです。

一般社団法人全国銀行協会の「銀行カードローンに関する消費者意識調査」で、「最も借り入れたい金融機関を選んだ理由」として消費者金融が選ばれている理由

銀行カードローンに関する消費者意識調査

引用元:一般社団法人全国銀行協会「銀行カードローンに関する消費者意識調査」

申込手続きが簡単、簡単にローン審査が通りそう等、簡単に利用しやすい回答が多くなっています。そのため、次のような方が最初にお金を借りるときに利用しています。

  • 素早くお金を借りたい方
  • 担保なしでやさしい借り入れを求める方
  • 国の制度支援で借りたくない方
  • 収入が低い学生や主婦の方

比較的たやすくお金を借りれる理由は以下のとおり。

  • PC・スマートフォン・アプリで申込ができ簡単
  • 担保や保証人なしで準備が簡単
  • 必要な書類は1点か2点のみ
  • 銀行振込やコンビニATMで借入・返済が簡単にできる

テレビCMでも人気のアイフルプロミスといった会社がよく知られています。

申込方法も簡単で、全国どこからでもパソコンやスマートフォンで簡単に申し込みができ、審査に通過すれば最短即日でお金を借りることができます。

借りたお金の資金使途は、事業性資金以外なら自由に利用できます。例えば、普段の生活での食費や遊行費、クレジットカードの支払代金、旅行の費用やお小遣いなどの目的でも借りられます。

カードローンは金銭消費貸借契約となり、借入限度額の範囲でいつでも借入・返済が簡単にできます。

また、実際の借入・返済方法として提携コンビニATM等が利用でき、お金を借りたいとき、返済したいときにいつでも簡単に利用できます。

簡単にお金を借りるなら、一番推奨されている方法です。

必見!今すぐお金を借りたいときATMや口座振込で簡単にお金を借りることができる消費者金融4選

お金を借りるとき申込手順が簡単な消費者金融の解説

消費者金融は国や都道府県の登録許可がある金融機関の融資なので、安全かつ簡単にお金を借りることが可能。

即日融資が可能なので、国からお金を借りるより早く借り入れできます。

プロミスなら申込をして最短即日融資も利用可能。借りたいときに必ず30日間無利息で借りられる

プロミスでお金を借りる

審査スピード 最短3分※ 融資スピード 最短3分※
借入金利(年率) 4.5%~17.8% 借入限度額 最大500万円
無利息期間 最大30日間
(初めての契約の方)
WEB完結 可能
即日融資 可能 学生の利用 可能
銀行振込融資 可能 収入証明書 借入限度額50万円以下なら提出不要
郵送なし 可能 審査なしで借りれる

※原則審査中の電話連絡なし。審査の結果によって電話による在籍確認が必要な場合があります。
※申込み時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

申込手順も借り方も比較的やさしいですがローン審査はあります。しかし、プロミスは審査、融資まで最短即日の3分※なので、今すぐお金を借りたいならおすすめの会社。

また、プロミスなら銀行カードローンとは違い、原則ローン審査中の電話連絡なしなので、バレない方法でカードローンを利用したい方に最適。成人である19歳のアルバイト学生の方も電話連絡を気にせず借入しやすい融資方法です。

また、初めての契約の方は30日間無利子でお金を借りることができ、短期間の借入なら利息負担がありません。

プロミスはスマートフォンを使ってカードレスでセブン銀行ATMから簡単に借り入れできる

プロミスならお金が必要なとき、スマホだけ使ってローンカードなしで借りれます。

セブンイレブン(セブン銀行ATM)からカードなしで簡単にお金借りる方法の手順を解説。

1、プロミスのアプリにログインして、「スマートフォンATM取引」をクリック

プロミスで簡単にお金を借りる方法手順1|アプリにログイン


目次に戻る↑

2、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を押し、QRコードが取引画面に表示

プロミスで簡単にお金を借りる方法手順2|QRコードが取引画面に表示


目次に戻る↑

3、「2」の手順で表示されたQRコードを読み取り、「出金」「入金」いずれかをクリック

プロミスで簡単にお金を借りる方法手順3|QRコードを読み取り、「出金」「入金」いずれかをクリック


目次に戻る↑

4、「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示されるので、セブン銀行ATMの取引画面に表示された番号を入力

プロミスで簡単にお金を借りる方法手順4|「企業番号」「ワンタイム暗証番号」を入力


目次に戻る↑

5、セブン銀行ATMの取引画面にて、「ワンタイム暗証番号」を入力、取引金額を入力して実行

プロミスで簡単にお金を借りる方法手順5|「ワンタイム暗証番号」を入力、取引金額を入力して実行


目次に戻る↑

アコムは3ステップだけで手間をかけず申し込みができ最短20分でお金を借りることができる|申込手順から借入までを画像で解説

アコムはカードローン3部門でランキングナンバーワン

アコムはカードローン3部門でランキングナンバーワン。

※※<調査概要>調査方法:インターネット調査 調査期間:2022年12月1日~5日 調査概要:「カードローン」10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:男女、20~69歳、全国、1,532s 調査実施:株式会社ドゥ・ハウス 比較対象企業:「カードローン」でのGoogle検索 検索上位10社(2022/11/7 17:00 時点) ※記事、広告、まとめサイト、銀行のカードローンは除く

ランキング部門の中に、「契約・手続きが早いと思う」で1位となっており、素早くお金を借りたい方にやさしいカードローンとしておすすめできます。

アコムはスマートフォンを使ってネット申し込みができ、借入までの時間は最短20分※となっており、急ぎのお借り入れも可能。

安定した収入があれば、今すぐ借入したい学生・主婦の場合でも申し込みできます。

継続利用で金利引き下げも可能

アコムの金利は「年3.0%~18.0%」となっています。

初めてアコムの申し込みをする場合、審査では金利が借入(融資)限度額が100万円以下の場合、年7.7%~18.0%の間で決定されますが、最初は借入利用者の信用性が低いため年18.0%に近い金利で決定する場合が多いです。

しかし、継続して利用し信用が上がると金利の引き下げもあります。

また、借入(融資)限度額が100万円以上に増額されると、金利が必ず年15.0%かそれ以下になります。参考:利息制限法

初めての契約の場合、最大30日間は無利息で借入できる

アコムでは初めての契約の場合、契約の翌日から最大30日間は無利息(金利0円)で利用できます。30日間を過ぎずに借入金全額返済すれば、利息額は0円です。

利用条件 安定した収入がある方なら利用可能
審査スピード 最短20分 融資スピード 最短20分※
借入金利(年率) 3.0%~18.0% 借入限度額 最大800万円
無利息期間 最大30日間
(初めての契約の方)
WEB完結 可能
当日融資 可能 学生の利用 可能
銀行振込融資 可能 収入証明書が
必要な場合
・ご契約が50万円を超える方
・他社を含めたお借入総額が100万円を超える方
郵送なし 可能 審査なしで借りれる

※申込の状況や審査によって時間がかかる場合があります。
※当サイト上で(PR)と記載されている商品は、各事業者の委託を受けた上で広告(アフィリエイトプログラムを利用)によりサイト編集部おすすめ商品としてご紹介しております。

1、アコムはネットからたった3ステップの手順でお金を借りることができます


目次に戻る↑

2、まずアプリまたはホームページにネット接続してお申し込みページに移動する


目次に戻る↑

3、ネット申し込みは24時間・365日いつでも操作が可能


目次に戻る↑

4、ステップ1 申し込みボタンをクリックし、氏名・住所・勤務先等の必要事項を入力


目次に戻る↑

5、申し込み記入時に質問があれば、途中でも電話で問い合わせできます


目次に戻る↑

6、ステップ2 次に本人確認用の書類を撮影しアップロードします


目次に戻る↑

7、本人確認書類として利用できるのは「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」のいずれか1点


目次に戻る↑

8、ステップ3 アコムの審査結果はメールで連絡がくるまで待ちましょう(最短20分※)


目次に戻る↑

9、契約手続きもメールからWEBで簡単に完了できます


目次に戻る↑

10、契約完了すればそのまま銀行振込(最短10秒※)でアコムから借入がすぐにできます


(PR)

目次に戻る↑

アイフルなら最短18分融資で短期間無利息借り入れも可能。審査中は原則電話連絡なし

借入方法も簡単なアイフル

審査スピード 最短18分※1 融資スピード 最短20分※1
借入金利(年率) 3.0%~18.0% 借入限度額 最大800万円※2
無利息期間 最大30日間
(初めての契約の方)
WEB完結 可能
即日融資 可能 学生の利用 可能
銀行振込融資 可能 収入証明書 借入限度額50万円以下なら提出不要
郵送なし 可能 審査なしで借りれる

※1申し込み状況によっては、ご希望にそえない場合があります。
※2利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票等収入を証明する書類が必要。

学生やお勤めしているパートの主婦の方(専業の主婦の方は利用不可)※等、ローンが
会社や自宅にバレない方法で利用したい場合にもおすすめ。

※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方に限る

どなたでも、初回契約は30日間無利息で借入可能。

WEBから申込でき、短時間で簡単に完結。借入もスマホアプリで提携コンビニATMから簡単なので、カードレスで利用したい方向け。

参考 ・アイフルで簡単に利用できた方の体験談はこちら!

SMBCモビットは借入と同時にクレジットカードも簡単に申込できる

SMBCモビットで簡単にお金を借りる

審査スピード WEBで最短10秒簡易審査 融資スピード WEBで最短60分※1
借入金利(年率) 3.0%~18.0% 借入限度額 最大800万円
無利息期間 なし WEB完結 可能
即日融資 可能 学生の利用 可能
銀行振込融資 可能 収入証明書 提出が必要な場合があります
郵送なし 可能 審査なしで借りれる

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットもWEB完結で申し込みでき、最短即日借入可能。※申込の曜日、時間帯より翌日以降の取扱となる場合があります。

クレジットカード機能やTカード機能付きで契約も可能。返済時に利息200円につき1Tポイントが貯まる。ただし、無利息サービスはなし。

番外編 フクホーは3秒で融資可能かの診断ができる

消費者金融は、大手以外にもたくさんあります。中小消費者金融のフクホーは今すぐに借りたい人に人気があります。

消費者金融のフクホー

中小消費者金融で人気のフクホーの特徴は「3秒で融資可能か?」の結果がわかります。

契約後、コンビニで契約書を受け取れ、振込で即日融資が完了。(フクホーはカード発行はなし)

消費者金融のメリット

消費者金融と銀行系カードローンは、お金を借りる手順は簡単ですが、比較すると利点の違いがあります。

消費者金融の利点は次のとおり。

  • ローン審査時間が短く即日融資が可能で今すぐお金を借りたい方も対応可能
  • 大手消費者金融なら無利息サービスがあり一時的にお金を借りたいときにお得
  • 審査通過率が銀行カードローンより高い
  • スマホアプリでコンビニATMから簡単にお金を借りることができる

消費者金融は、簡単にお金を借りられるサービスが多くなっています。今すぐお金を借りたい方や、一時的にお金を借りたいなら、消費者金融がおすすめです。

参考 ・無利子でお金を借りる借り方は?貸金業の無利息貸付や国・市役所の低金利融資を紹介

簡単にお金を借りる際の条件や、お金を借りる注意点もあるので参考にして下さい。

▲簡単にお金を借りる方法一覧に戻る↑

2、銀行カードローン|審査に通過すれば一時的にお金を借りたいとき低金利で借りれるのでおすすめ

銀行は>銀行法遵守し、預金の取扱いもおこなう安全な金融機関。

銀行カードローンも消費者金融と同じカード型のローンサービスです。金融庁が運用する銀行法や出資法を遵守し、貸付けをしています。

消費者金融と比較して、相対的に低金利でお金を借りることができ、申し込み方法も比較的簡単なのでおすすめ。

銀行カードローン 金利年率 申込方法

三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック

1.8%~14.6%

24時間WEB申し込み

楽天銀行スーパーローン

1.9%~14.5%

24時間WEB申し込み

三井住友銀行カードローン

1.5%~14.5%

24時間WEB申し込み

みずほ銀行カードローン

1.5%~13.5%

24時間WEB申し込み

ゆうちょ銀行カードローン

※取り扱いなし

※取り扱いなし

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や「楽天銀行スーパーローン」といった大手銀行では、24時間PCやスマホで全国から簡単に申し込みができ、ローン審査に通過できればお金を借りることができます。

ただし、銀行カードローンは消費者金融とは違い、申込をして当日すぐにお金を借りることはできません。早くても翌日融資になります。

また、消費者金融と比較して審査通過率が低いので、簡単にお金借りる可能性は低くなるでしょう。

参考:三菱UFJ銀行カードローンバンクイックで5万円を借り、10回で返済するときの返済シュミレーション

金利年率14.6%の場合。

返済回数 返済金額 元金充当 利息充当 残高
1回 5,340円 4,732円 608円 45,268円
2回 5,340円 4,790円 550円 40,478円
3回 5,340円 4,848円 492円 35,630円
4回 5,340円 4,907円 433円 30,723円
5回 5,340円 4,967円 373円 25,756円
6回 5,340円 5,027円 313円 20,729円
7回 5,340円 5,088円 252円 15,641円
8回 5,340円 5,150円 190円 10,491円
9回 5,340円 5,213円 127円 5,278円
10回 5,342円 5,278円 64円 0円
累計 53,402円 50,000円 3,402円

大手消費者金融は、上限金利年17.8%~年18.0%でお金を借りられるのに対して、銀行カードローンは上限金利年14%台でお金を借りられます。

銀行系カードローンと消費者金融を比較

消費者金融や銀行系カードローンなら、比較的簡単にお金を借りることができますが、それぞれに違った特徴があります。

相違点としては以下のとおり。

  • 消費者金融系は即日融資が可能。(銀行は即日融資の利用はない)
  • 銀行系は消費者金融系より相対的に低金利で借りられる
  • 大手銀行系は提携コンビニATM利用手数料が0円で借りられる

銀行系と消費者金融系の無担保カードローン融資の共通点は以下のとおり。

  • 融資を受けた資金使途は自由
  • 融資審査がある
  • 大手銀行系や大手消費者金融系はATMやアプリですぐに借入・返済できる
  • 任意返済も可能でいつでもすぐに一括返済できる

銀行のお金を借りる方法はカードローン以外にもいくつかの融資サービスがあります。

参考 ・カードローン以外で銀行から融資を受ける方法について

・信販系会社の無担保ローンでも銀行カードローンより低金利で借りられる

一般的に銀行カードローンは消費者金融より低金利でお金を借りられるので、利息が軽減できます。

しかし、貸金業登録している信販系のセゾンカードのMONEY CARD GOLD(マネーカードゴールド)は銀行より低金利でお金を借りられます。

MONEY CARD GOLD(マネーカードゴールド)

現在最大2ヵ月分無利息キャンペーンでお得なサービスです。

借入限度額 金利年率 申込方法

300万円コース

金利年率6.47%確定

WEB完結

200万円コース

金利年率8.47%確定

WEB完結

年収が400万円以上の方が申し込み可能。
個人事業主・自営業の方も申し込み可能。事業資金にも利用できます。

セゾンカードMONEY CARD GOLD(マネーカードゴールド)の商品内容

低金利なローンほど審査のハードルは上がるので、簡単にお金を借りるハードルも上がりますが、低金利重視でお金を借りたい方は、検討してみることをおすすめします。

銀行からカードローン以外でお金を借りるローンは?

銀行は即日借入はできないので、今すぐ借りたい人には向いていませんが、銀行にはローンの目的に合わせて様々な個人向けサービスがあります。

以下の理由でお金をかりたいなら、銀行の目的別ローンが最適な借り方です。

  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン

銀行の目的別ローンなら高額な融資で借りるときに低金利で借りられるのがメリットです。

ただし、銀行や貸金業で簡単にお金を借りるのに最適なのは、カードローンやフリーローンがおすすめです。

参考 ・カードローンのおすすめランキング徹底比較はこちら

銀行では金利が低い様々なローンの取り扱いがある

銀行と貸金業者のカードローンと比較すると一長一短があり、場合によっては消費者金融系や信販系である貸金業者のカードローンの方が利便性等でメリットが高い場合もあります。

しかし、銀行では目的別に様々なローンを取り扱っており、金利が低いメリットがあります。

例えば、銀行のマイカーローンの場合、金利は年0.9%~年2%台程度となっています。

参考 ・銀行の目的別ローンでお金を借りるときの金利

したがって、マイカーローンやリフォームローン等、銀行ローンを利用できれば金利・利息面でメリットがありおすすめといえるでしょう。

銀行ローンでお金を借りるのは決して簡単とはいえませんが、返済能力と信用性が高い資金需要者であれば、ローン金利の引き下げを期待した融資を受けれる可能性が高いといえるでしょう。

3、クレジットカードのキャッシング|申込をして審査通過できればカードやスマホで借り入れ可能

クレジットカードでお金を借りることもできます。クレジットカード会社は、消費者金融と同じ貸金業者です。

一般的にクレジットカードは、支払い代金を一括決済できるサービスがメインですが、現金を借りられる「キャッシング機能」を付帯することもできます。

初めてなら、初年度年会費無料で契約できるクレジット会社もあります。

年会費無料特典で契約できるクレジットカード会社

参照元:JCB

クレジットカードのキャッシングを利用するには、カードローンと同じように審査に通過してクレジットカード会社と契約をします。

申し込みは、インターネットを利用してパソコンやスマートフォンといった電子機器から簡単にできます。

審査結果がわかるまで、早くて翌日~翌々日かかります。

審査に通過して契約後すぐクレジットカードの利用が可能ですが、クレジットカードの審査に通過しても、キャッシングの審査に落ちるケースもあります。

すでにクレジットカードをお持ちでも、改めてキャッシング専用の申し込みをおこなう必要があります。また会社によっては、キャッシングサービスを提供していない場合もあります。

4、総合口座貸越(自動貸付)で銀行や信用金庫からお金借りる借り方

総合口座の当座貸越は、総合口座定期預金等を担保として自動融資(当座貸越)をおこなう機能のことです。

【当座貸越】「総合口座貸越枠」とは何ですか?

引用元:よくあるご質問|イオン銀行

したがって、まず銀行や信用金庫に預金がないとできません。預金があれば、それを解約したり使ったりしなくても担保にして、一時的にお金を借りることができます。

事前に申し込みが必要な場合と、銀行や信用金庫で定期預金や口座開設をした際に自動的に付帯される場合があります。

機能さえ付帯していれば、借入は簡単にできます。例えば、銀行や信用金庫の預金口座に残高がなくても、限度額まで現金を引き出すことができます。(マイナス残高になる)

口座引き落としの返済のお金の入金をうっかり忘れても、自動的に借りられるので便利な機能です。

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付けについて

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付けでお金を借りるときの解説

ここで、ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付けを紹介しておきます。

ゆうちょ銀行はカードローンの取り扱いはありませんが(※2024年5月現在。)総合口座で管理する定額貯金、定期貯金を担保として、通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、自動的に貸付けをするサービスがあります。

担保があり審査なしでお金を借りる方法なので、簡単な手続きで利用できます。

参考 ・ゆうちょ銀行公式サイト|貯金担保自動貸付け

5、生命保険加入者なら生命保険契約者貸付でお金借りるのがおすすめ

生命保険契約者貸付とは、生命保険契約者に対して、解約返戻金を一定範囲内で貸付けできる制度です。

貸付可能金額は契約内容により異なります。また、契約の保険種類によっては取扱いできない契約もあります。

紙の書面で申し込みが必要です。最近では各生命保険会社のWEBマイページにログインして、簡単に申し込みができる方法も増えています。

カードローンやクレジットカードのキャッシングに比べると、手軽で簡単というわけではないですが、解約返戻金が担保になるため、比較的簡易な手続きが申請ができるので、簡単にお金を借りる方法といえるでしょう。

========

上記一覧の方法は、数万円から数十万円のお金を借りるときに簡単に使えるので便利です。

逆に、住宅ローンや教育ローンといった高額なお金を借りるときは、審査に時間がかかり必要書類も多く、簡単にお金を借りるというわけにはいきません。

ここからは、審査に通過できず上記の方法で簡単にお金を借りれない方におすすめしておきたい方法を解説します。

6、総合生活福祉資金|市役所等から申請して貸付けや支援を受ける

厚生労働省では、生活保護、ホームレス対策など生活に困っている人々へさまざまな支援をしています。

そしてお金の貸付けとして「生活福祉資金貸付制度」を取り扱っています。

参考 ・生活福祉資金貸付制度について|厚生労働省

各都道府県の市役所等から申請可能。

カードローンは比較的簡単な申込でお金を借りることができますが、民間の金融機関の融資は「安定した収入があることが条件」になっており、審査なしでお金を借りることはできません。

「総合口座貸越(自動貸付)」「生命保険契約者貸付」も、サービスとしては簡単な手続きで手軽にお金を借りることができますが、そもそも預金や保険料を毎月支払ってないとお金を借りれる対象となりません。

どうにかしてお金を借りたいとき借りられる方法がない、融資対象にならない方は、国の制度を利用することをおすすめします。

ここからは、国の制度で比較的簡単な申請でお金を借りれる方法として、代表的なものを2つご紹介します。

一時的な資金の緊急貸付|国からお金を借りる制度

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金で困っている方の貸付けです。

詳しくはリーフレットをご覧ください。↓

参考 ・新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金|厚生労働省

この方法は、国の制度の中では比較的簡単にお金を借りれる方法です。次に「貸付け」ではなく「支援金」が支給される制度をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

厚生労働省では、緊急小口資金等の特例貸付を終了した世帯や、再貸付について不承認とされた世帯等に対して「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の支給をおこなっています。

※緊急小口資金等の特例貸付は令和4年9月末で終了しました。

詳しくは厚生労働省HPをご覧ください。↓

参考 ・新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金|厚生労働省


※厚生労働省|新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請について解説動画

※申請期間 令和3年7月1日から令和4年12月31日まで

国や民間の多くの貸付けサービスは審査があり、継続して安定した収入があるか?や返済能力があるか?をチェックされ、「貸付け不可」と判断されると簡単にどころか、お金を借りることすらできません。

上記2つも審査はありますが、生活資金としてどうしてもお金が必要なときに借りれたり、支援金が支給される国の支援制度なので、条件が整っていれば利用してみてください。

どうにかしてお金を借りたい人におすすめの最終手段

国の支援制度も様々ですが、生活保護法では「生活に困窮している人」がお金を支援してもらえる「生活保護制度」があります。

積極的にそれらの人々の自立した生活ができるよう援助する制度で、生活保護の申請は国民の権利でもあります。

無職になってしまった方は、就職が決まるまで最低生活費を支給してもらえます。

ここで紹介している簡単にお金を借りる方法では、借入が難しい方に最適です。厚生労働省HPでわかりやすく解説されているので、参考にしていただくことをおすすめします。↓

参考 ・生活保護制度について|厚生労働省

▲簡単な申込でお金を借りる方法一覧表に戻る↑

【新しいローン知恵袋】lineでお金借りれるってほんと?ポケットマネーで借入できる

lineはアプリを使って、ネットで会話ができるツールです。

実は、「lineでお金借りれる」という噂は本当です。それが「lineポケットマネー」です。

「lineポケットマネー」lineでお金借りられるのは真実

lineは日本国内で多くの方が利用しているため、親しみのあるアプリ。よって、line公式動画で配信されているように、即日で現金が必要なとき利用しやすいといえるでしょう。

引用元:lineYouTube公式動画【LINEポケットマネー】【LINEポケットマネー】申込から返済までのご利用方法(https://www.youtube.com/watch?v=3jnyxjWu3i4)

ローンの申し込み方法も比較的簡単。「lineポケットマネー」は簡単にお金を借りる方法の選択肢の一つです。

ただし、次の2つについて注意が必要です。

即日借入は難しい

申し込み当日に即日借入はできない状況です。公式サイトでは次のように記載があるので注意が必要です、

本人確認のお手続き、およびLINEポケットマネーの審査が非常に混み合っており、審査結果のご連絡まで1週間以上のお時間をいただく場合があります。

学生・主婦の利用はできるが、20歳以上が条件

安定した収入があれば学生や主婦の方でもlineポケットマネーに申し込み可能。しかし、18歳・19歳の成人の方は利用不可となっており、満20歳から65歳までの方の場合のみ利用可能です。

▲簡単な申込でお金を借りる方法一覧表に戻る↑

実際にカードローンを使って簡単にお金を借りることができた方の体験談

カードローンで簡単にお金を借りた人の体験談

貸金業者のサービスは全国で1千万人以上の方が利用しています。即日借入ができるカードローンは、比較的簡単な申込でお金を借りることができます。

即日融資で借入できたアイフルの体験談

31歳女性です。営業職の契約社員です。2019年にアイフルで契約。借りている理由は生活費が足りなかったため契約しました。

アイフルでお金を借りるときのスマホ画面

1.利用した経緯

私がアイフルを利用した経緯は別居に伴う生活費を補填するためでした。元々、お金の管理が苦手であった私は、【お金がなければ借りればいい】という考えで仮審査をネットで手続しました。

また、当時、クレジットカードはどこの会社に申し込んでも審査落ちでした。だからこそのカードローンが行き着いた答えだったのです。

2.金利・限度額など利用している条件

金利は18.0%、限度額は66万円です。最初は50万円を即日借入しました。約定日の返済額は18,000円です。口座振替を利用していたのですが、返済方法をATMまたは振り込みによる返済に切り替えました。

理由としては口座振替の場合だと借入可能額に反映されるのが遅いからです。

3、使っていて良い点

会員ログインがカード番号と暗証番号ででき、IDやパスワードを管理しなくていいところです。

またセブンイレブンのATMを利用すると千円単位でお金を借りることが可能です。返済の方法が多く、コンビニのATM、銀行振込、口座引落しの3種類あります。

また、質問はチャットサポートがあり、「ぽっぽくん」というキャラクターが教えてくれますし、営業時間内であればオペレーターともチャットが可能です。

簡単な申込で借入できたアコムの体験談

簡単な申込で契約できたアコムの体験談

年齢46歳の男性です。職業は会社員。

1.利用した経緯

専門学校通学費用が必要だったので、アコムでお金を借りました。

2、メリットを感じた点

ローン審査で感じたことは、申込がWEBからでき簡単そうだったのと、審査が早かった点です。

勤務先への在籍確認はなかったようです。源泉徴収票と(任意ですが)最近2ヵ月の給与明細をアップロードしたためかもしれません。

平日朝9:00頃

スマホからローン申込の入力をしました。入力項目は一般的な借入状況や個人情報で、10分かかりませんでした。

申込当日11:30頃

審査状況の案内のメッセージが入りました。案内に従って、審査状況をスマホからWEBで確認すると、限度額10万円の表示がされていました。

身分証明書と収入証明書の提出方法の案内があったため、WEBで送信。

申込翌日(時間不明)

翌日になってから口座残高を確認すると、確かに申込日付けで借入の入金実行されていました。

3、使っていて良い点

WEB完結で申込すると、ローンカードが不要で私にとっては好都合です。

スマホアプリで管理しています。アプリ画面は次回返済期日、利用残高、現在の利用可能額などが一目でわかり、操作も簡単です。返済方法が複数あるので、返済がしやすく遅れることもありません。

最大30日間の無利息期間を利用できたので、最初の30日間は利息は0円です。

4、使っていて気になる点

通常金利が高いことです。そのほかには限度額が少なかったことですが、私の収入が低いからだと思います。

▲簡単な申込でお金を借りる方法一覧表に戻る↑

お金を借りたいときの手順や注意点をわかりやすく解説

お金を借りるときの簡単な手順と注意点を解説

簡単な申込でお金を借りる方法を一覧でご紹介しました。次に申し込みの決まりや手順について詳しく解説します。

カードローン利用者の条件

カードローンはお金を借りる簡単な方法として適していますが、どんな方でも利用できるわけではありません。

次の条件を満たしている方は、カードローンの申込ができます。

  • 20歳以上の方、もしくは成人の方(高校生は不可)
  • 年齢上限を超えていない方(年齢上限は各金融機関によって違いがあります)
  • 継続して安定した収入がある方
  • 返済能力のある方

これらの利用条件を満たしていれば、申し込みができます。

意外と条件が少ない点が、簡単にお金を借りることができる理由の一つです。

カードローンの申し込みは他人にバレないのか?

カードローンを扱う金融機関は「個人情報の取り扱い規定」に基づき、個人情報を厳重に管理しているので安心です。

しかし、カードローンの申し込みには審査があり、在籍確認をするため電話で勤務先に確認がおこなわれます。消費者金融は、会社名ではなく個人名で連絡するため、基本的にバレないですが絶対バレないとはいえません。

アイフルは原則審査中に電話しないので、電話でバレたくない人におすすめ。ちなみに、銀行カードローンの審査は必ず電話連絡で在籍確認をしています。

審査なしのカードローンはないため、電話でバレない方法を選ぶといいでしょう。

参考 ・アイフルの借り入れ条件等について

素早く簡単にお金を借りる方法なら消費者金融が最適

カードローンでお金を借りるには、「消費者金融(貸金業)」と「銀行」の2つの金融機関を利用できます。銀行では即日融資ができないため、即日融資を希望する方は消費者金融を選択しましょう。

WEB申し込みならアイフルは最短18分※1、プロミスはなんと最短3分※という早さで融資可能。余裕を見て60分程度と考えて、19時~20時までに申込を完了して審査に通過すると即日融資にぎりぎり間に合います。※各資金需要者等の審査状況によって時間が長引く場合もあります。

※2社以外でキャッシングが即日でできる消費者金融については。こちらを参考↓

参考 ・キャッシング即日のおすすめランキング【2024年最新】審査スピード比較と体験談が決め手💰

審査なしで手軽にお金を借りることはできる?

カードローンを利用してお金を借りる場合、審査なしで契約してお金を借りることはできません。

ただし、融資・資金調達・支援制度の「審査」はすべて同じではなくいくつかの種類があります。

例えば、個人でのカードローンの融資や、個人事業主や法人で事業資金の融資をお考えの場合、銀行や貸金業で融資希望すると、審査では信用情報を利用して照会しています。

参考 ・審査甘いビジネスローンで必ず借りれる方法は?個人事業主や中小法人におすすめの事業ローン

しかし、売掛債権の買い取りで資金調達できるペイトナーファクタリングを利用する場合は、信用情報の照会はしていません。

膨大なAIデータに基づき、個人信用情報等の影響は受けない独自審査で判断されるため、信用情報等に記録されている消費貸借契約等の貸付の履歴は影響しません。

また、国の制度による貸付の審査でも、信用情報等の照会をしない場合もあります。

このように、すべての審査が同じではなく「審査あり」でも通過できるときとできない場合が考えられます。お金を借りたいときはいくつかの方法を検討してみてください。

ローン審査通らない人によくある原因は?

例えば大手消費者金融でお金を借りたいのであれば、「貸金業法」に準じたローン審査をしています。

内容としては以下のとおりです。

  • 個人信用情報機関の照会
  • 申込書に記入された内容のチェック
  • ローン返済が可能な年収があるかどうか
  • 他社からの借入状況

貸金業法では「総量規制」が設けられています。この規制は、「個人向け無担保貸付けの場合、貸金業者は1人の顧客等(資金需要者等)に年収の3分の1以上の貸付けをしてはいけない」というものです。

参考 ・貸金業法「総量規制」について

個人の貸付けをしている貸金業者は、必ず「個人信用情報機関」にその内容を登録することが義務付けられています。

よって、貸金業者から借りたお金の情報はすべてJICCCIC(銀行の場合は「全国銀行個人信用情報センター」に登録)といった信用情報登録機関に登録され、この情報を金融機関が照会をし、年収の3分の1以上の貸付けをしないようにサービスを営んでいます。

申し込み完了後の流れ

参考としてプロミスカードローンの動画解説をご覧ください。


引用元:YouTubeプロミス公式チャンネル

大手消費者金融と銀行カードローン会社一覧

テレビCMなどで認知度が高い大手消費者金融と銀行カードローン会社の一覧です。

簡単にお金を借りたい人向けカードローン業者一覧

引用元:カードローン比較|総合おすすめ人気ランキング20選

簡単とまでは言えないが、目的に応じて上手にお金を借りるおすすめの方法

簡単にお金を借りる方法と、そうではないお金の借り方を比較すると、それぞれ一長一短があります。

金利の比較

お金を借りると金利が設定されます。貸金業者や銀行はお金を貸すことで、お客さまに適正な利息を支払っていただき収入としてサービスをしています。

金利の設定については、各金融機関やローンサービスによって数字に違いがあります。

夢の家を手に入れるための住宅ローン、結婚式の費用でお金借りるならブライダルローン、大学進学のためにお金が必要な方は教育ローン、車の購入のローンといったように、目的に合ったローンがあります。

目的のあるローン向けサービスごとの金利は以下のとおりです。

お金を借りる方法 金利設定
住宅ローンでお金借りる

年0.2%~年1%台

マイカーローンでお金借りる

年0.9%~年2%台

教育ローンでお金借りる

年0.9%台~年2%台

カードローンでお金借りる

年2%台~年18.0%

リフォームローンでお金借りる

年1%台~年2%台

ブライダルローンでお金借りる

年1%台~年2%台

カードローンは、比較的簡単な申込でお金を借りれますが、金利が高い特徴があります。一方、住宅ローンや教育ローン・マイカーローンでお金借りるときは、申込手順がカードローンより煩雑ですが、金利設定は低くなるメリットがあります。

ただし、目的別ローンと呼ばれる貸付では、借りたお金をその目的以外に利用することはできません。一方、カードローンは借りたお金を自由に使うことができる点にメリットがあります。

このように、簡単にお金を借りることだけを考えるのではなく、お金を借りる目的に合わせて金利や返済期間、リスクなどを総合的に考慮すれば上手にお金を借りることができます。

特に金利については、高額なローン金利でお金を借りると利息の負担額が大きくなるので、決まった目的のローンサービスの提供があれば、そちら利用することを第一に考えてください。

事前によく検討し、借入と返済の計画をしてお金を借りることが重要です。

参考 ・お金を借りるさまざまな方法一覧

お金を借りるときの金利と返済の注意点

お金を借りると、元金と利息を返済しなければなりません。お金を借りるときは、事前に利息の計算も含めて返済金額を算出し、毎月返済が可能かどうか?プランニングをして見極めることが重要です。

低金利の銀行系カードローンの利息と比較

お金を借りるとき、金利が高いデメリットは、「利息支払いが増える」ことです。

銀行系カードローンの金利は「最大14.5%前後」のものが多く、消費者金融系カードローンの金利「約18.0%」より低くなっています。

金利が低いと返済の利息額が少なくて済みます。

10万円を借りるとき、金利18.0%と14.5%の返済の利息額の差は以下のとおりです。

  • 【30日後に返済した場合の利息】
  • ・10万円×18%÷365日×30日=1,479円
  • ・10万円×14.5%÷365日×30日=1,191円
  • 【完済までの総支払額(月1回均等額を返済し、1年で完済する場合)】
  • ・金利が年18.0%の場合 109,966円
  • ・金利が年14.5%の場合 107,986円

10万円をローンで借りた場合、返済の利息額の差は年間1,980円となります。50万円借りる場合は、返済の利息額は1万円近い差となり、コストパフォーマンスの影響が大きくなります。

銀行のカードローンは、簡単な手順で申込ができるのと、低金利比較でおすすめです。

参考 ・低金利カードローン比較ランキング!

簡単にお金を借りることができるといっても、計画性を持たずむやみに借入金額を増やしてしてしまうと、毎月の返済が滞ってしまうケースがあります。

ローンサービスでは、債務不履行に十分注意して利用することが重要です。

無職の人でもお金借りるは簡単にできる?

無職の人が、個人向け無担保カードローンや無利息期間のあるカードローンでお金を借りることはできません。

カードローンの審査では、収入がないと返済能力がないと判断されるので利用できません。

カードローン以外で、無職の人が簡単にお金を借りる方法は限られています。

例えば、専業主婦やアルバイトをしていない学生の方はカードローンの借入の利用はできませんが、質屋等の方法を利用してお金を借りることができます、

参考 ・質屋でお金を借りる

その他無職の学生の人や、専業主婦の人がお金を借りる方法の解説はこちらをご覧ください↓

参考 ・無職の人がお金を借りるにはどうすればいい?

ヤミ金融からお金借りるはしてはいけない|特に学生や主婦の方は注意

「ヤミ金融」からお金を借りるのは、絶対にいけません。貸金業登録をしていない悪質業者です。違法な金利で融資し悪質な取り立てをします。

金融機関の融資でお金が借りれない人に対して、高額な金利で貸付を迫ってきます。

例えば、ブラックリスト(すでに複数の消費金融等からカードの借入利用があり、審査に通らない状況の人の造語)の状況で、正規の金融機関や国からお金を借りることができない人を狙って、貸付する業者です。

ヤミ金融の被害者はこんな方

  • 銀行や貸金業者等の金融機関から融資を受けられない人
  • 個人信用情報機関に延滞情報が登録されている人
  • 収入がない、少ない(個人事業者、専業主婦(夫)、高齢者、学生等)

個人間融資もヤミ金融の可能性があり注意が必要

個人の間で融資する方も増えています。お顔なじみの友人や身内と借用書を作成し法律に基づいて貸し借りするなら安心ですが、SNS等で知らない人からの融資の誘いは個人情報が悪用される危険があるので注意が必要。

引用元:個人情報が悪用される!個人間融資のトラブル|【公式】JFSAチャンネル

お金借りるときによくある質問と回答のまとめ

質問1 お金を借りるとき安全で簡単な方法の選び方は?

回答 

まずお金を借りるときの安全な方法は、銀行法や貸金業法を遵守している金融機関及び国からの支援制度等を比較し、あなたに最適な方法を見つけて利用することです。
お金を借りる方法は様々ですが、中には少ない必要書類でWEBから24時間、簡単な申込手順でお金を借りる方法もあります。ただし、申込が簡単であっても利用条件や審査があるため、事前に十分な知識を持っておくことが重要です。
契約後は、ATMから素早く現金を借りれたり、金融機関口座の振込を利用して難しい操作なしの方法も。
無担保・無保証や無利息サービスのある借り入れ機関もあります。→※詳しくはこちら

質問2 急いでお金を借りれる方法を教えてください

回答 

至急お金を借りたいとき最適な方法は、審査が早い貸金業者を利用することをおすすめします。この方法なら申込がネットで完結し、すぐに審査が始まり最短で数時間もあれば結果がわかります。
また通過した時点ですぐ連絡がくるので契約後は即日でお金を借りることができます。また質屋なら、担保になる質草で審査なしでお金を簡単に借りることが可能。

質問3 お金を借りるときの注意点は?

回答 

お金を借り時の注意点としては、1、債務不履行になるような無計画な借入をしない 2、無許可で不当な貸付をしている業者からお金を借りない 3、お金を借りたら、できるだけ短期間で返済し、利息が増えないようにする等が重要です。

▲簡単な方法でお金を借りる一覧表に戻る↑

参考資料:比較的簡単に借りられるカードローン会社の申し込み者数上位10社ランキング統計(~2024年5月1日 4:49 現在)

1 アイフル 164人 6 SMBCモビット 14人
2 プロミス 76人 7 バンクイック 12人
3 セゾンカード 67人 8 楽天銀行スーパーローン 3人
4 アコム 37人 9 オリックスVIPカードローン 1人
5 JCBフェイス 28人 10 レイク 0人

参照元:(https://www.ncxx.co.jp/money/borrow-money-temporarily/)

※金融機関により異なります。

▲簡単な方法でお金を借りる一覧表に戻る↑

お金を借りる際は、契約内容を確認し収入と支出のバランスを考え返済計画を立て無理のないように。

●ローンに関する相談窓口

日本貸金業協会 TEL0570-051-051 AM9:00~PM5:00 土・日・祝・年末年始休

全国銀行協会 TEL0570-017-003 AM9:00~PM5:00 月~金曜日

●執筆・監修者 y・h|元銀行員
記事執筆者・監修者のy・h様|元銀行員
一時的にお金を借りたい人向けに方法をわかりやすく執筆。元銀行員で9年勤務しお金を借りる様々な知識を習得。自身もお金を借りた経験を有する。窓口対応した相談件数は約200件以上。親身に相談を聞いて解決してきました。銀行での経験や幅広い知識を記事執筆・監修に役立てることができ嬉しく思っています。貸金業務取扱主任者



タイトルとURLをコピーしました