外資系の転職は中高年でもできる?老後についても解説

中高年でも外資系企業に転職できる?

中高年で外資系に転職するのは難しい?

中高年で外資系に転職するためのコツは?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、中高年で外資系企業に転職する際のコツや必要なスキルについて解説します。

最後まで読むことで、中高年で外資系に転職する際の不安や疑問を解決できるでしょう。

転職の過程や転職後の生活を具体的にイメージして、理想の企業への入社を目指しましょう。

外資ならビズリーチ

ビズリーチ外資系の転職なら「ビズリーチ」がおすすめ!

登録するだけで外資系などの大手企業からスカウトが届く仕組みなので、忙しい方でも登録しておくだけで転職活動ができます。

おすすめポイント

①年収800万円以上を超える求人が6割
②30代のスカウト受信数平均10通
③思いもよらないポジションでスカウトが届く

> 無料登録はこちら

大手外資系転職エージェント
※8月18日更新求人数URL
ビズリーチのロゴ約81,511件
JAC約 25,000件
目次

50代の中高年でも外資系に入社できる?

外資系企業に転職しようと考えている50代の方も多いでしょう。

中高年でも外資系企業に転職できるのか、その実情を調査しました。

  1. 需要が高いのは20代~40代
  2. スキルのある50代なら転職可能

需要が高いのは20代~40代

実際のところ、外資系企業で需要が高いのは20代から40代の人材です。

なぜなら、多くの中高年に求められるのはマネージャーや役員クラスのポジションであり、採用枠の数が多くないためです。

また社会人経験が長くベテランの域に入る中高年には、優れたスキルや専門性、深い知識を求められます。

マネージャーとして社員をまとめるためには英語力の高さも問われるため、転職難度は高くなります。

スキルのある50代なら転職可能

50代で外資系に転職するのは一筋縄ではいかないかもしれません。

しかし、スキルのある中高年であれば、採用されることも可能です。

外資系企業では、1人でどんな仕事もできるゼネラリストよりも、自分の専門領域について熟知しているスペシャリストが重宝されます。

そのため50代で外資系企業に転職を考えている人は、自分の職種や業界を知り尽くす勢いでキャリアを磨きましょう。

外資系中高年の年収はどれくらい?

外資系企業で働いた場合の中高年の年収について調査しました。

外資系企業と日系企業のどちらで働いた方が得なのかも、併せて解説していきます。

  1. 40代・50代の平均年収を表で解説!
  2. 50歳で転職_日系企業と外資系企業とではどちらがお得か

40代・50代の平均年収を表で解説!

 40代50代
平均年収約910万円約1,040万円

外資系企業の40代、50代の平均年収についてまとめました。

中高年世代ではマネージャーや役員クラスのポジションが増えるため、1,000万円前後の年収を期待できます。

ただし、外資系企業の年収は不安定です。

本人の成果や実力によって昇給だけでなく減給のリスクもあることを注意しましょう。

50歳で転職_日系企業と外資系企業とではどちらがお得か

 日系企業外資系企業
平均年収420~630万円800~1,000万円
風潮組織主義・協調性個人主義・仲間=ライバル
労働環境アナログ・古い制度を大切にするデジタル・テレワーク制度も充実
終身雇用制度・退職金制度ありなし
リストラのリスク低い高い
更なる転職の必要性なしあり

外資系企業と日系企業では、平均年収の他に風潮や労働環境、制度等にも違いがあります。

一見、平均年収が高い外資系企業には、退職金制度や終身雇用制度がない事に注意しましょう。

また、外資系にはリストラのリスクがあり、更なる転職の必要性があります。

新しい技術や制度の導入に躊躇いのない外資系企業では、デジタル技術等への高い適応力を求められることもあります。

高確率で、日系企業の古いやり方は通用しません。

新しい技術や転職に好意的であり、退職金をもらわない意思がある人にとっては、外資系は年収も高く、お得な職場だと言えるでしょう。

中高年で外資系に入社するのは難しい?

中高年で外資系企業に転職するのはハードです。

外資系企業が「地獄」「ハード」だと言われる理由を、次の5つのポイントにわけて解説します。

  1. 50代でもリストラされる可能性があるから
  2. 収入が不安定だから
  3. 50代女性にとって外資系勤務は体力的にきついから
  4. コンスタントに成果を求められるから
  5. 外資系には一社で長く勤める風潮がないから

50代でもリストラされる可能性があるから

外資系企業は完全実力社会です。

そのため50代でも年齢関係なくリストラされる可能性があります。

リストラされると、また転職活動をしなければなりません。

再転職にかかる時間や採用リスクを覚悟しておかないと、入社後に後悔を覚える可能性があります。

収入が不安定だから

外資系企業の年収は、年齢や勤続年数が考慮されません。

成果を出せたかどうかによって決まります。

成果が出せなければ当然減給の可能性があり、収入が不安定になることを意識しましょう。

中高年ともなると老後資金の貯蓄もしなければいけないため、若い世代の転職以上に慎重になることが大切です。

50代女性にとって外資系勤務は体力的にきついから

50代女性にとって、外資系企業での勤務は体力的につらいかもしれません。

特に金融系やコンサル系に転職する場合は、高確率で残業時間が多くなることを留意してください。

40代・50代の女性は更年期でホルモンバランスが崩れやすく、体調や精神面に不調を感じやすい年代です。

体力に自信がない女性や、残業時間が長い企業を避けるか、日系企業に就職する方が良いかもしれません。

コンスタントに成果を求められるから

外資系企業ではコンスタントに成果を出し続ける必要があります。

成果が出ない月が続いても「でも去年は頑張りました」では通用しません。

常に企業に貢献し続けなければリストラの可能性もあるので、プレッシャーを感じやすいのが特徴です。

成果の有無ではなく、結果に至るまでの過程や勤続年数を評価してもらいたい場合は、外資系企業に勤めないほうが良いでしょう。

外資系には一社で長く勤める風潮がないから

外資系企業には、一社に長く勤務する風潮がありません。

終身雇用ではなく3~10年のペースで転職するのが一般的です。

そのため40歳で入社しても、65歳まで働き続けられるかどうかはわかりません。

場合によっては50歳や55歳で転職する可能性もあるのが、外資系企業の特徴です。

中高年で外資系に入社するメリット4つ

外資系企業は1人当たりの業務量が多く、成果主義で、リストラのリスクがあります。

また残業時間が長くなる場合もあり、中高年にとっては体力的に厳しい職場かもしれません。

しかし、40代・50代で外資系転職することには、次の4つのメリットがあります。

  1. 50代でも貪欲にスキルアップできる
  2. 退職金に頼らない高収入を期待できる
  3. 日本にいながら異文化交流できる
  4. 責任のあるポジションに就くことができる

50代でも貪欲にスキルアップできる

外資系企業では、常に成果を出し続ける必要があります。

また、従業員一人ひとりの目標が明確なため、50代でも業務を通して貪欲にスキルアップできます。

それ故定年退職時に「誇りを持ってビジネスマン人生を送ることができた」と思えるのが、外資系企業のメリットです。

また、スキルの高い人材になれることから、定年退職後にパート・アルバイト等で仕事を続ける際の需要が高まることも利点です。

退職金に頼らない高収入を期待できる

外資系企業で得られる報酬は、日系企業よりも高く設定されています。

50代で転職する場合、定年退職時に貰える退職金はあまり多くありません。

そのため日系企業の給料では、老後資金に不安を感じやすいでしょう。

しかし外資系企業であれば、年収が高いため、退職金を宛てにせず資金を貯められます。

日本にいながら異文化交流できる

外資系企業には、多国籍の従業員が集まります。

そのため日本国内で働きながらも、異文化交流できるのが特徴です。

「退職後は老後資金で海外旅行を楽しむ」という高齢者も多くいますが、現役時代から異文化を知れるのが外資系企業のメリットです。

責任のあるポジションに就くことができる

日系企業では勤務年数の長い社員を内部昇格で役員に指名するため、中高年の転職が難しいのが特徴です。

しかし外資系企業は、マネージャーや役員等の重要なポジションを外部から雇うのが普通です。

そのため最初からマネージャーや課長、経営幹部等の役職に応募できるのが、外資系企業のメリットです。

50代で外資系を退職したら老後はどうなる?

50代で外資系企業を退職した場合の老後について解説します。

  1. 一時退職金は出ない場合が多い
  2. 老後資金は自分で貯める必要がある
  3. リストラされた場合のその後は?

一時退職金は出ない場合が多い

外資系企業には終身雇用制や一時退職金がありません。

その分毎月の給料から自分で貯蓄することが大切です。

外資系企業の年収は日系よりも高く設定されているため、資金が貯めにくいことはないでしょう。

老後資金は自分で貯める必要がある

外資系企業に勤めるならば、老後資金は自力で貯める必要があります。

海外のワーカーは、主に株式投資や確定拠出年金等の投資を活用し、資産運用しています。

日本にもつみたてNISAやiDeCo等の制度があるので、利用しない手はありません。

リストラされた場合のその後は?

外資系企業でリストラされる際は、パッケージと呼ばれる特別退職金が出ます。

パッケージは勤続年数や過去の成果、または企業の方針によって3か月~1年半分程度が支払われます。

また、外資系企業では転職が当たり前なので、リストラされても再度転職にチャレンジすることをおすすめします。

中高年で外資系企業に転職するなら英語は必須!その他の必要なスキルやコツは?

外資系企業に転職するために必要なスキルを8つ解説します。

  1. 高い英語力を身につける(TOEIC800点以上)
  2. 仕事の専門性を高める
  3. マネジメント経験を積む
  4. 交渉術やロジカルシンキングを身に付ける
  5. フレキシビリティを身につける
  6. 長く務めた業界で働く
  7. 今後のキャリアプランについても考える
  8. 外資転職エージェントを利用する

高い英語力を身につける(TOEIC800点以上)

外資系企業には多国籍の社員が集まるため、英語力が必須です。

目安としてTOEIC800点前後の英語力が必要です。

マネージャークラスの場合、部下に適切な指示を与えるためTOEIC900点以上の実力を求められるケースもあります。

仕事の専門性を高める

外資系企業で求められるのはゼネラリストではなく、スペシャリストです。

自分の業界や職種に関する知識量で右に出る者はいないくらい、専門性を高めておきましょう。

専門性の高さを証明するためには、職務経歴書の作成が効果的です。

マネジメント経験を積む

中高年に求められるのは、スタッフとしての実力というよりマネジメント経験です。

過去にマネジメント経験を積んだ50代の求職者は、マネージャークラスや経営幹部クラスの求人に受かりやすくなります。

マネジメントで優秀な成績を収めたことがある場合は、履歴書や面接でしっかりアピールしておきましょう。

交渉術やロジカルシンキングを身に付ける

交渉術やロジカルシンキング力は、経営判断や業務がスピーディな外資系で特に求められるスキルです。

また、多国籍な社員の意見を聞き、理解し、提案するための高いコミュニケーション力も求められます。

近年では上記スキルについて学べる書籍やセミナーが揃っているので、参考にしてみましょう。

フレキシビリティを身につける

外資系企業の経営判断はスピーディです。

ある日突然経営方針が変わったり、見切り発車でプロジェクトが始まったりします。

突然デジタルツールが導入され、それを使いこなすよう指示されることもあるでしょう。

そのため、外資系企業で働くためには高いフレキシビリティを身に付けることが大切です。

長く務めた業界で働く

外資系企業は、即戦力となる人材が重宝されます。

そのため、50代で未経験の業界に挑戦するのはおすすめしません。

長く務めた業界で、今までの知識やノウハウを活かして働くのがおすすめです。

今後のキャリアプランについても考える

外資系企業では、キャリアアップのための転職が気軽に行われます。

そのため外資系企業に就職した後も、貪欲にキャリアアップの機会を狙い続けることが大切です。

50代であっても「この職場を最後の職場にしよう」と考えるのならば、外資系よりも日系企業で勤めるほうが安泰です。

外資転職エージェントを利用する

外資系企業への転職では高いスキルを求められます。

即戦力となる人材が欲しい外資系企業は、求人を一般公開している企業が多くありません。

効率よく転職活動を進めたいのならば、転職エージェントの利用がおすすめです。

中高年で外資系転職に成功するためのおすすめ転職エージェント

転職サイト及び転職エージェントの登録は、2~3社の登録が一般的です。紹介しているのは、すべて無料で登録できるので、複数に登録することをおすすめしています。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは、転職支援実績43万人を誇る転職エージェントです。

ハイクラス求人とミドルクラス求人の掲載が多く、平均年収は800〜1,500万円と高収入です。

ロンドン発の転職エージェントであるため、外資系企業の掲載求人数が多く、コンサルタントの専門性が高い点も特徴的です。

リクルートエージェントなどと比較すると掲載求人数が劣るため、ほかの総合型エージェントと組み合わせて利用することをおすすめします。

ビズリーチ


ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力人材に特化した求人を多数取り扱っている転職サイトです。

日本全国と海外10か国に対応しており、年収800万円以上の外資系企業も多数掲載されています。

ビズリーチにはヘッドハンターが在籍していますが、エージェントとしてのサポートは少なめです。

そのため、登録するだけで大手企業などからスカウトが届くので、登録しておくことで転職活動が進みます。

現職で忙しい人にもおすすめの転職サイトです。

リクルートエージェント


リクルートエージェント


リクルートエージェントは業界最大手のNo.1転職エージェントで、29万件以上の求人を保有しています。

とにかく求人数が多いため、転職の選択肢を増やしたり、求人を比較して自身の転職条件を明確にできます。

独占企業の非公開求人も多く、20代の若手社員からハイクラス求人まで網羅している点が強みです。

面接対策や履歴書などの添削もしてくれる親切なエージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。

まとめ|中高年が外資系へ転職するためにはスキルアップが鍵!

外資系企業の転職市場で需要が高いのは、20~40代の人材です。

しかし即戦力となる高いスキルを持つ50代の中高年であれば、転職することは可能です。

高いスキルとは、具体的に言えばTOEIC800点以上の英語力、業界や職種に対する専門性、マネジメント経験やロジカルシンキング力等のことです。

これらのスキルの優れたスペシャリストならば、転職チャンスを掴めるでしょう。

50代で外資系に転職する場合は、日系企業と外資系企業の風土や年収の違いについてよく理解することが大切です。

特にリストラが盛んで、終身雇用制度が存在しない点には要注意です。

老後の資産運用は自分で行わなければならない等のデメリットがあります。

また、外資系企業では転職が当たり前なので、入社後も転職する可能性があることを視野に入れましょう。

中高年で外資系企業に転職する場合は「ロバートウォルターズ」等の転職エージェントを活用し、有利に進めてください。