外資系コンサル転職難易度ランキング!成功するポイントや難しさを企業ごとに解説

外資系コンサルの転職難易度ってどれくらい?

有名コンサル会社の具体的な難易度や対策は?

未経験からコンサル会社に転職は無理?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では外資系コンサル会社への転職難易度を詳しく解説しています。

最後まで読むで、様々なコンサル会社の転職難易度を整理することが可能です。

外資系転職を成功させるポイントも参考にして、キャリアアップの夢を叶えましょう。

外資ならビズリーチ

ビズリーチ外資系の転職なら「ビズリーチ」がおすすめ!

登録するだけで外資系などの大手企業からスカウトが届く仕組みなので、忙しい方でも登録しておくだけで転職活動ができます。

おすすめポイント

①年収800万円以上を超える求人が6割
②30代のスカウト受信数平均10通
③思いもよらないポジションでスカウトが届く

> 無料登録はこちら

大手外資系転職エージェント
※8月18日更新求人数URL
ビズリーチのロゴ約81,511件
JAC約 25,000件
目次

外資系コンサルは転職難易度が高い!

外資系コンサルは平均年収が高く、転職すると年収アップが期待できるでしょう。

しかし、外資系コンサルへの転職は難しいため、口コミや評判、Web上で入念に情報収集し、準備することが大切です。

そこで、外資系コンサルの転職難易度について解説します。

多くの企業で実務経験が求められる

外資系コンサルへの転職は多くの企業で実務経験が求められます

なぜなら、外資系コンサルは実力主義であり、優秀な人材でなければ採用されないためです。

例えば、3年目までなら営業経験や管理部門経験、3年目以上ではSEや経理管理会計など、専門的なスキルがなければ転職は難しいでしょう。

成果を上げて会社に貢献する人材のみ採用する外資系企業では、確かな実務経験が求められます。

企業によっては特定の業界経験でチャレンジ可能

企業によっては特定の業界経験でチャレンジ可能です。

なぜなら、総合系コンサルティングファームでは20代の業界未経験者でも、企業が求める経験があれば転職に挑戦できるためです。

例えば、経営戦略や会計、人事などの経営スキル、または、セキュリティやネットワーク、サーバーなどのITスキルの実務経験があるとより有利と言えます。

業界未経験でも専門的な実務経験があれば面接突破できる可能性が高まります

外資系コンサルや日系コンサルの転職・就職難易度ランキング!就職偏差値【2021】

外資系コンサル企業は身につけられるスキルが多く年収も高いため転職人気職と言えます。

そこで、2021年の外資系コンサルや日系コンサルの就職偏差値について解説します。

最上位は通称MBBと呼ばれる3社

最上位は通称MBBと呼ばれる3社です。

MBBとは、ベイン・アンド・カンパニーマッキンゼー・アンド・カンパニーボストンコンサルティンググループ(BCG)の3社を指します。

MBBの就職偏差値が高いのは、採用人数が少なく、飛び抜けて優秀な人材しか採用されないためです。

例えば、ベイン・アンド・カンパニーの就職偏差値は77、マッキンゼー・アンド・カンパニーは76、ボストンコンサルティンググループで75です。

MBBは外資系コンサル志望の方から根強い人気を誇っており、選考に参加する学生や転職者は非常にレベルが高いと言えます。

MBB以外の外資系コンサル

MBB以外の外資系コンサルも就職偏差値が高いと言えます。

こちらの外資系コンサルはセカンドティアと呼ばれるランクに分類され、ATカーニーStrategy&Japna、ADL、ローランドベルガーなどがあります。

MBB以外の外資系コンサルの就職偏差値が高い理由は、ブランド力が高く、求職者に人気の企業であるためです。

例えば、ATカーニーやStrategy&の就職偏差値は74、ADLやローランドベルガーでは73です。

実際のレベルは横1列とも言われており、MBBほどでなくてもセカンドティア企業の就職偏差値は相当高いと言えます。

日系コンサルも偏差値は高め

元BCG日本代表パートナーの方が立ち上げたドリームインキュベータや経営共創基盤、アクセンチュア戦略などの日系コンサルの就職偏差値も高いと言えます。

例えば、ドリームインキュベータの就職偏差値は72、経営共創基盤で71、アクセンチュア戦略は70です。

優秀な人材と働き、高い年収や好待遇を得てコンサル企業で働きたい方は、日系コンサルも検討すると良いでしょう。

外資系戦略コンサルに転職するための具体的なポイント

外資系戦略コンサルへの転職を検討するとき、自分に何が必要か疑問に思う方もいるでしょう。

そこで、外資系戦略コンサルに転職するための具体的なポイントについて解説します。

学歴を重視する企業か調べる

学歴を重視する企業か調べましょう

なぜなら、自分の学歴に合わせて応募する企業を決める必要があるためです。

例えば、高学歴の方は受験勉強を乗り越えて成功した経験があるため、高確率で結果を出せる人材と判断され、どの外資系コンサルでも応募できるでしょう。

対して、学歴に自信のない方は経験やスキルを身につけ、総合系ファームに応募することがおすすめです。

人材をシビアに評価する外資系コンサルでは、採用時に学歴を重視する企業も多いと言えます。

業界経験と業務経験の強みを述べられるようにする

業界経験と業務経験の強みを述べられるようにしましょう

なぜなら、外資系コンサルでは業界軸と業務軸で専門分野が分かれるためです。

例えば、業界か業務のどちらかで一貫した経験やスキルがあると転職できるチャンスも大きくなります。

自分の業界経験と業務経験の強みを応募企業にどう活かせるかを明確にし、転職先企業を決めることが大切です。

年齢は35歳が1つの目安

年齢は35歳が1つの目安と言えます。

なぜなら、外資系コンサルでは長時間労働も当たり前で、体力が必要であるためです。

例えば、夜中の2〜3時まで働く場合もあることに加えて、業務をこなすためのスキルやノウハウを早急に吸収することが求められます。

経験にもよるので、1つの目安ではありますが、外資系コンサルには35歳までの方が転職には成功しやすいと言えます。

英語はTOEIC700点は欲しい

TOEIC700点程度の英語力は必要です。

これは、社内公用語が英語であったり、プロジェクトを英語で進めたりする企業が多いためです。

例えば、TOEIC700点〜800点でも基礎を活かして業務をこなしながら英語力を上げる必要があります。

TOEICがあると書類審査や面接で有利になる場合もあるので、最低でも700点は取得しましょう。

転職エージェントの利用がおすすめ

外資系コンサル転職には、転職エージェントの利用もおすすめです。

なぜなら、転職エージェントでは面接対策などのサポートが充実しているためです。

例えば、外資系コンサルではフェルミ推定やケーススタディなど特殊な面接をする企業が多く、情報収集や面接対策は非常に重要です。

応募先企業の情報を持ち、面接対策に詳しい転職エージェントを利用することで外資系コンサル転職の成功率を上げられるでしょう。

未経験で外資系コンサルに転職する難易度は高い!具体的な対策は?

外資系コンサルはスキルと経験が重視されるため、未経験で転職する難易度は高いと言えます。

したがって、入念に対策を練ることが重要です。

そこで、未経験で外資系コンサルに転職する場合の具体的な対策について解説します。

一説には成功する人は100人に0~1人の割合

一説には最終面接を突破し、外資系コンサル企業に転職成功する人は100人に0〜1人の割合と言われています。

これは、外資系コンサルでは人材のクオリティを保つことに集中して採用活動するためです。

例えば、外資系コンサルティングファームの中途採用では、業界未経験なら筆記試験などの適正試験と3〜5回面接を行い、合否判定する場合が多いと言えます。

厳しい採用基準を儲けている外資系コンサル企業への転職成功率は非常に低く、転職できるのは100人に0〜1人の割合です。

ケース面接の準備を入念に行っておく

ケース面接の準備を入念に行っておきましょう

なぜなら、外資系コンサルでは論理的な思考や成果を出すためのアイディアが必要であるためです。

例えば、普段から実際の現業で成果を出すために必要なことや、できない理由は何か突き詰めて考えられると、コンサルタントになるための思考力を鍛えられるでしょう。

外資系コンサルのケース面接突破のためには、面接対策と共に、普段から深く考える癖をつけることが大切です。

何よりも実績のアピールが大切

何よりも実績のアピールが大切です。

なぜなら、コンサルティング業界に関わらず、外資系企業は成果・実力主義であるためです。

例えば、コンサル業界では顧客から高い料金を取るため、必ず成果を上げることを期待されます。

数字や資格などを使って、分かりやすく実績をアピールできると、外資系コンサルへの転職成功率を上げられるでしょう。

コンサルタントになりたい情熱も大切

コンサルタントになりたい情熱も大切です。

なぜなら、コンサルタントとして将来活躍できる素質を見極められるためです。

例えば、ケース面接など特殊な質問に対する答えのみでなく、コンサルタントになって何を達成したいかなど、一般面接で求められる回答に対しても準備すると良いでしょう。

論理的思考やスキルだけでなく、コンサルタントを続けていく強い情熱をアピールすることも大切です。

外資系コンサルへの転職におすすめの転職エージェント

外資系コンサルは公開求人が少なく、転職エージェントの利用を検討する方もいるはずです。

そこで、外資系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントについて解説します。

転職サイト及び転職エージェントの登録は、2~3社の登録が一般的です。紹介しているのは、すべて無料で登録できるので、複数に登録することをおすすめしています。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは、転職支援実績43万人を誇る転職エージェントです。

ハイクラス求人とミドルクラス求人の掲載が多く、平均年収は800〜1,500万円と高収入です。

ロンドン発の転職エージェントであるため、外資系企業の掲載求人数が多く、コンサルタントの専門性が高い点も特徴的です。

リクルートエージェントなどと比較すると掲載求人数が劣るため、ほかの総合型エージェントと組み合わせて利用することをおすすめします。

ビズリーチ


ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力人材に特化した求人を多数取り扱っている転職サイトです。

日本全国と海外10か国に対応しており、年収800万円以上の外資系企業も多数掲載されています。

ビズリーチにはヘッドハンターが在籍していますが、エージェントとしてのサポートは少なめです。

そのため、登録するだけで大手企業などからスカウトが届くので、登録しておくことで転職活動が進みます。

現職で忙しい人にもおすすめの転職サイトです。

リクルートエージェント


リクルートエージェント


リクルートエージェントは業界最大手のNo.1転職エージェントで、29万件以上の求人を保有しています。

とにかく求人数が多いため、転職の選択肢を増やしたり、求人を比較して自身の転職条件を明確にできます。

独占企業の非公開求人も多く、20代の若手社員からハイクラス求人まで網羅している点が強みです。

面接対策や履歴書などの添削もしてくれる親切なエージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。

【外資系コンサル転職】アクセンチュアの転職・就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】アクセンチュアの転職・就職難易度と攻略法

外資系コンサルに転職したい場合、希望する企業に合わせて対策することが大切です。

そこで、アクセンチュアの転職・就職難易度と攻略法について解説します。

転職・就職難易度は高いが第二新卒も可

アクセンチュアの転職・就職難易度は高いですが、第二新卒のチャレンジも可能です。

なぜなら、第二新卒でも応募できるポジションがあるためです。

例えば、他のコンサルティングファームと比較すると、ITや業務コンサル系はチャレンジしやすく、第二新卒でもアナリストからスタートできます。

経験やスキルに不安のある方は、アクセンチュアへのチャレンジを検討すると良いでしょう。

企業マインドを理解し実践できることが大切

企業マインドを理解し実践できることが大切と言えます。

これは、アクセンチュアでは企業として・人として常に変化することを目標にしている企業であるためです。

例えば、最後まで全力でやりきることや、常に次のステージを見据え、貪欲に開拓していくこと、信念を持って誠実にやり遂げることなどがアクセンチュアのマインドです。

アクセンチュアが求めるマインドを持っている方は共感性が高く、魅力的な人材として評価されるでしょう。

コンサルだけでなくIT技術者も募集している

コンサルだけでなく、IT技術者も募集しています

これは、事業内容にITコンサルタントサービスも含まれているためです。

例えば、公共サービスや医療健康領域、カスタマー&セールスのテクノロジーコンサルタントやMicrosoftコンサルタント、ソリューションエンジニアとしてのテクノロジー採用があります。

アクセンチュアではコンサルタントとしてだけでなく、スキルがあればIT技術者としての転職も検討できるでしょう。

【外資系コンサル転職】ベイカレントコンサルティングの転職・新卒就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】ベイカレントコンサルティングの転職・新卒就職難易度と攻略法

ベイカレントコンサルティングは経営戦略の提案や業務効率化に必要なITコンサルティングを主に行っている外資系コンサル企業です。

それでは、ベイカレントコンサルティングの転職・新卒就職難易度と攻略法について解説します。

未経験採用はほぼ無理

ベイカレントコンサルティングの未経験採用はほぼ無理と言えます。

なぜなら、転職難易度自体が非常に高く、未経験なら突出した経験やスキルが必要であるためです。

例えば、前職での経験や資格など、優れた能力を持ち、ベイカレントコンサルティングに貢献できることを短い面接時間で効果的にアピールできなければ、転職成功は難しいでしょう。

即戦力になれないと判断される未経験者では、ベイカレントコンサルティングに採用されることはほぼ不可能です。

海外進出も盛んなことから語学力も大切

ベイカレントコンサルティングでは語学力も大切です。

なぜなら、海外進出も盛んであるためです。

例えば、海外進出する企業の案件を取り扱う場合があり、ビジネスレベルの英語力があると有利になります。

ベイカレントコンサルティングへの転職を検討している方は、事前にTOEICなどの英語関連資格の取得を目指し、英語力向上を図ると良いでしょう。

【外資系コンサル転職】キャップジェミニの転職・新卒就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】キャップジェミニの転職・新卒就職難易度と攻略法

キャップジェミニはグローバルに活躍し、多様性を尊重する外資系コンサル企業です。

それでは、キャップジェミニの転職・新卒就職難易度と攻略法について解説します。

最低5年以上のコンサルティング経験が必須

キャップジェミニへの転職では、最低5年以上のコンサルティング経験が必須です。

なぜなら、並レベルでは書類審査の突破すら難しいためです。

例えば、各職種で最低3年の実務経験が求められ、即戦力や現場のマネジメントをするポジションでの採用がほとんどと言えます。

経験豊富でスキルの高い方にはキャップジェミニへの転職がおすすめです。

社内公用語が英語

キャップジェミニに転職するには高い英語力が必要です。

なぜなら、社内公用語が英語であるためです。

例えば、面接では英語での自己紹介を求められることがあり、業務でもビジネスレベルの英語は必要と言えます。

キャップジェミニへの転職を目指す方は、事前に英語力を高めておくことが大切です。

海外拠点が多いため多様性を持つことが必要

キャップジェミニでは多様性を持つことが必要です。

なぜなら、海外拠点が多いためです。

例えば、キャップジェミニは世界44カ国に拠点があり、100以上の言語を話す120カ国以上の国籍の方が働いています。

豊かなグローバル感覚を身に付け、コンサルタントとしての視野を広げたい方にもキャップジェミニはおすすめです。

【外資系コンサル転職】EYアドバイザリー(現:EYSC)の転職・就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】EYアドバイザリー(現:EYSC)の転職・就職難易度と攻略法

EYアドバイザリー(現:EYSC)はデロイトやPwC、KPMGと並ぶ外資コンサルBIG4の1つで、戦略やビジネスコンサル、テクノロジーコンサル、組織コンサルまで一貫してサービス支援しています。

それでは、EYアドバイザリー(現:EYSC)の転職・就職難易度と攻略法について解説します。

成長に意欲的なコンサル会社

EYアドバイザリー(現:EYSC)は成長に意欲的なコンサル会社です。

なぜなら、課題解決に積極的な人材を求めているためです。

例えば、事業や組織の立ち上げフェーズに関わり、成長したい方には特におすすめの企業と言えます。

自らコンサルタントとしての道を切り開き、会社と共に成長するにはEYアドバイザリー(現:EYSC)が最適です。

急拡大しているため採用される可能性は高い

EYアドバイザリー(現:EYSC)で採用される可能性は高いと言えます。

なぜなら、2021年現在、事業が急拡大しているためです。

例えば、昔は数10名の採用しかありませんでしたが、現在では数100人単位で中途採用を行っています。

外資系コンサル転職の可能性を少しでも高めたい方はEYアドバイザリー(現:EYSC)を検討すると良いでしょう。

【外資系コンサル転職】アビームコンサルティングの転職・就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】アビームコンサルティングの転職・就職難易度と攻略法

アビームコンサルティングはマネジメントコンサルティングやITコンサルティングを行う、日本発のコンサルティングファームです。

それでは、アビームコンサルティングの転職・就職難易度と攻略法について解説します。

求められる業務経験や条件が多い

アビームコンサルティングでは求められる業務経験や条件が多いと言えます。

これは、実力の高い転職者を求めており、転職難易度が非常に高いためです。

例えば、アビームコンサルティングが転職者に求める経験条件の例は以下の通りです。

  • 戦略・業務系のコンサルティングファームや人事
  • アドバイザリーの専門ファーム
  • バリューアップ経験を持つPEファンド

求められる業務経験や条件を全て満たしている必要はありませんが、当てはまる経歴があると有利になるでしょう。

学歴は中途の場合は気にしない

学歴は中途の場合は気にしません

なぜなら、学歴よりも経験やスキルを重視しているためです。

例えば、コンサルタントの応募資格は大卒以上ですが、スペシャリスト職なら専門卒以上、プランニングやオペレーション職なら高卒以上で応募できます。

即戦力になるために十分な実績やスキルを持っている方は、学歴に自信がなくてもアビームコンサルティングに転職できる可能性があります

【外資系コンサル転職】フューチャーアーキテクトの転職・就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】フューチャーアーキテクトの転職・就職難易度と攻略法

フューチャーアーキテクトは30年以上の歴史がある老舗ITコンサルファームです。

それでは、フューチャーアーキテクトの転職・就職難易度と攻略法について解説します。

金融に関する深い知識が求められる

フューチャーアーキテクトでは金融に関する深い知識が求められます

なぜなら、金融に関するコンサルタントを主に扱っているためです。

例えば、メインクライアントは金融関連の中小企業や中堅企業、大企業などであり、システム導入のための長期プロジェクトなどでクライアント先に常駐します。

コンサルタント経験はもちろん、MBA取得者など金融に関する知識が深い方には、フューチャーアーキテクトへの転職がおすすめです。

ITコンサルタントの募集が多く開発経験が必要

フューチャーアーキテクトでは開発経験が必要です。

なぜなら、ITコンサルタントの募集が多いためです。

例えば、Javaや手続き型プログラミング言語での開発や業務アプリケーションの設計や開発経験、AIに関する興味などがあれば有利でしょう。

コンサルタントや金融に関する知識、さらに開発経験もあればフューチャーアーキテクトへの転職には成功しやすいと言えます。

【外資系コンサル転職】三菱UFJリサーチ&コンサルティング の転職・就職難易度と攻略法

【外資系コンサル転職】三菱UFJリサーチ&コンサルティング の転職・就職難易度と攻略法

三菱UFJリサーチ&コンサルティングはさまざまな経営課題の解決をサポートする日系総合コンサルティングファームです。

それでは、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職・就職難易度と攻略法について解説します。

採用は多いが倍率も高い

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの採用は多いですが、倍率も高いと言えます。

なぜなら、メガバンクの子会社ということもあり、ワークライフバランスが取れた会社で人気が高いためです。

例えば、中途採用を積極的に行っていますが、ハイレベルな応募者も多く、採用されるのは容易ではありません

ちなみに、新卒者の就職倍率は100倍以上とも言われています。

倍率が高い三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、他の応募者との差別化を図る必要があります。

実績だけでなくヒューマンスキルも重要

実績だけでなくヒューマンスキルも重要と言えます。

なぜなら、三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、クライアントとのコミュニケーションを重要視しているためです。

例えば、ヒューマンスキルがあれば、クライアントに分かりやすいように説明し、コミュニケーションを密に取り、意思決定を促せるでしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの面接では、ヒューマンスキルをアピールできるエピソードを準備しておくと安心です。

まとめ|外資系コンサルの転職難易度は高い!エージェントを利用して対策しよう

外資系コンサル企業の転職難易度は総じて高いと言えます。

したがって入念に情報収集し、準備することが大切です。

自力では限界があるため、転職エージェントを利用して対策し、外資系コンサルへの転職を成功させてください。