外資系企業と日系企業の違いは大きい!メリットやデメリットを理解して転職しよう

外資系企業と日系企業の違いって?

それぞれのメリットやデメリットが知りたいな

外資系への転職を成功させるコツは?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では外資系企業と日系企業の違いについて解説しています。

一読することで、自分が外資系企業と日系企業のどちらに向いているのか判断できます。

有名な外資系企業も参考にして、自分のキャリアについて深く考えてみましょう。

外資ならビズリーチ

ビズリーチ外資系の転職なら「ビズリーチ」がおすすめ!

登録するだけで外資系などの大手企業からスカウトが届く仕組みなので、忙しい方でも登録しておくだけで転職活動ができます。

おすすめポイント

①年収800万円以上を超える求人が6割
②30代のスカウト受信数平均10通
③思いもよらないポジションでスカウトが届く

> 無料登録はこちら

大手外資系転職エージェント
※8月18日更新求人数URL
ビズリーチのロゴ約81,511件
JAC約 25,000件
目次

外資系企業と日系企業の特徴の違いとは?

キャリアアップのための転職活動を検討するとき、外資系企業か日系企業、どちらが自分に合っているか悩む方もいるはずです。

そこで、外資系企業と日系企業の特徴と違いについて解説します。

外資系は職種変更が少ない

外資系は職種変更が少ないと言えます。

なぜなら、ポジションによって採用するジョブ型雇用が一般的であるためです。

例えば、外資系企業では職種変更のための辞令は少なく、ポジションに必要な知識やスキルに特化した人材を採用したり育成したりする傾向があります。

1つのポジションで特化した経験やスキルを身につけたい方には外資系企業がおすすめです。

外資系は自主性を強く求められる

外資系は自主性を強く求められます

これは、効率を重視して、即戦力を採用しているためです。

例えば、日系企業のように従うべき上司の指示やマニュアルは少なく、積極的に自分で考え、行動する力が求められます。

向上心を持って仕事に取り組みたい方には外資系企業が向いているでしょう。

実力主義か年功序列かの違い

外資系企業と日系企業では昇進や昇給の基準が異なります

なぜなら、外資系企業は成果主義であり、日系企業は年功序列であるためです。

例えば、日系企業では長く働いていれば昇格が期待できますが、外資系企業では勤務期間の長さよりも成果を重視します。

年齢や性別に関係なく自分の実力を試したい方には外資系企業がおすすめです。

月給制と年俸制・インセンティブの違い

日系企業は月給制で、外資系企業は年俸とインセンティブが支給されます

なぜなら、外資系企業では成果を上げる人材には高い給料を支払うためです。

例えば、日系企業では仕事で成果が上げられなくても安定して月給を得られますが、外資系企業では業績によって年俸が決められます

しかし、外資系企業では結果を残せばインセンティブがもらえ、日系企業に比べると高収入を狙いやすいと言えます。

成果を出して年収アップを狙うか、安定した給料を得たいかによって転職先企業を検討しましょう。

日系企業は福利厚生が手厚い

外資系企業に比べると日系企業は手厚い福利厚生があることがメリットです。

なぜなら、外資系企業の年俸には福利厚生が含まれていることが多いためです。

例えば、福利厚生を考慮すると、外資系企業よりも日系企業に転職する方がメリットを得られる場合もあります。

就活のときは、給与のみで判断するのではなく、求人情報にある福利厚生も含めて転職後の生活を考えることが大切です。

外資系は解雇されるリスクが高い

外資系は日系企業よりも解雇されるリスクが高いでしょう。

これは、外資系企業は成果主義であり、業績を上げられない人材にはシビアに対応するためです。

例えば、日本国内の外資系企業では労働基準法を遵守してすぐには解雇されませんが、会社にとって利益がない人材と判断されれば上司から肩たたきされ、自主退職に追い込まれる場合もあります。

ただし、出社しなくてもいい在籍期間を設けたり、給料を割増ししたりして、転職しやすい環境を整えてくれます。

日系企業に比べると人材の出入りが激しい外資系企業では、解雇されるリスクが高いことも念頭に置いておきましょう。

外資系企業で働くメリット4選

外資系企業は日系企業と社風や文化が異なり、外資系企業にしかない魅力もあります。

そこで、外資系企業で働くメリット4選について解説します。

実力で高収入を得られる

実力で高収入を得られることが外資系企業で働くメリットです。

なぜなら、外資系企業では成果を上げれば正しく評価してもらえるためです。

例えば、外資系企業のインセンティブは年齢や役職に関係なく実力に左右され、業績を上げれば高収入を狙えます。

実力に見合った給与を得たい方に外資系企業がおすすめです。

有給休暇や長期休暇は取りやすい

有給休暇や長期休暇が取りやすいことも外資系企業で働くメリットでしょう。

これは、外資系企業では休暇を取ることが当たり前という認識があるためです。

例えば、仕事を効率よくこなせる方こそ長期休暇を取る傾向が強く、有給休暇を使わなければ仕事の効率が悪いという印象を与えてしまいます。

外資系企業で働けば有給休暇や長期休暇を取り、ワークライフバランスを上手く保てます

語学力を活かせるor向上できる

語学力を活かせたり、向上できたりすることも外資系企業で働く魅力です。

なぜなら、仕事で日常的に英語や他言語を使うためです。

例えば、社内公用語が英語の会社や、現地語で本社とのやり取りする会社もたくさんあります。

実用的な語学力を身につけ、向上したい方は外資系企業への転職を検討すると良いでしょう。

異文化に触れながら仕事ができる

外資系企業で働けば、異文化に触れながら仕事できます

これは、日系企業よりも外資系企業は多様性を尊重する傾向が強いためです。

例えば、さまざまな国籍を持つ優秀な人材が集まる企業も多く、日頃から異文化コミュニケーションを学べます。

異文化に触れ、グローバル感覚を磨けることも外資系企業で働くメリットと言えます。

外資系企業で働くデメリット4つ

外資系企業で働くと得られるメリットは大きいですが、デメリットもあります。

メリットとデメリットの両方を知り、自分が外資系企業で働くことに向いているか判断することが大切です。

そこで、外資系企業で働くデメリット4つについて解説します。

結果以外も評価されたい場合はきつい

結果以外も評価されたい場合はきついでしょう。

なぜなら、成果に対する評価が厳しく、結果以外のことは考慮されない可能性が高いためです。

例えば、勤続年数が長く人柄が良くても、結果を出さなければ昇給や昇進は期待できません。

結果以外への評価を求める方には、成果・実力主義の外資系企業で働くことは難しいでしょう。

スピード感についていけない

スピード感についていけないことも外資系で働くデメリットと言えます。

なぜなら、外資系企業は意思決定が早く、次々に業務目標が追加されるためです。

例えば、長期的な計画を立てていても任される仕事が突然増える場合もあり、短いスパンで計画を立て、臨機応変に対応する必要があります。

自分のペースで仕事を進めたい方は外資系企業でのスピード感にはついていけず、ストレスが溜まる可能性も高いでしょう。

不採算部門は丸々解雇もあり得る

不採用部門は丸々解雇もあり得ます

これは、外資系企業では徹底的に効率を追求するためです。

例えば、外資系企業は頻繁に各部門を調査し、不採用部門は統廃合されることも当たり前です。

日系企業よりもリストラの可能性が高いため、安定を求めるなら外資系企業は避けた方が良いでしょう。

チームで働く感覚が低い

チームで働く感覚が低いことも外資系企業のデメリットです。

なぜなら、外資系企業は個人の働きを重視するためです。

例えば、日系企業ほどマニュアルや教育制度が整っておらず、自ら考え、必要なことは質問し、自分からコミュニケーションを取る必要があります。

組織全体で新卒者や転職者をサポートする意識が低い外資系企業では、積極的にコミュニケーションを取れなければ孤独を感じる可能性が高いと言えます。

日系企業に勤めるメリット4つ

個人の性格や素質によっては外資系企業よりも日系企業の方が働きやすい可能性もあります。

そこで、日系企業に勤めるメリット4つについて解説します。

収入や雇用が安定している

日系企業では収入や雇用が安定しています

なぜなら、固定給の月給制で、福利厚生も充実しており、雇用も労働基準法で守られているためです。

例えば、結果を出せなくても日系企業なら毎月安定した収入を得られ、住宅手当や交通費、退職金などの手当ても得られます。

また、外資系企業に比べると一方的な解雇ほとんどなく、会社都合の解雇のリスクも低いと言えます。

プレッシャーを感じず、安定して働きたい方には日系企業がおすすめです。

教育体制や研修体制が充実している

教育体制や研修体制が充実していることも日系企業に勤めるメリットです。

なぜなら、日系企業は終身雇用の意識が強く、社員の教育に力を入れているためです。

例えば、会社の戦力として総合的に育成する傾向が強く、人事異動により部署や業種が頻繁に変わることもあります。

専門的なスキルや経験がなくても日系企業なら転職できる可能性は高いでしょう。

将来設計が立てやすい

日系企業に勤めると将来設計が立てやすいと言えます。

なぜなら、企業は安定した収入を得られるためです。

例えば、月収が安定していれば、月々の貯金額が計算しやすく、車や住宅の購入、子供の教育費や老後資金などの経済的な計画が立てやすくなります。

日系企業では働けば、自分のライフステージの変化にも合わせやすいでしょう。

母国語で仕事ができる

母国語で仕事ができることも日系企業で働くメリットと言えます。

これは、英語を使わない企業なら日本語だけで働けるためです。

例えば、外資系企業ではTOEIC900点以上の方もたくさんおり、英語ができれば収入も上がりますが、英語でコミュニケーションミスが起こると企業の損失に繋がるリスクもあります。

一方、日系企業では顧客とのやり取りは全て日本語であるため、英語力の低さが原因で失敗することはほぼないでしょう。

英語が非常に苦手で、日本語だけで仕事をしたい方は外資系企業よりも日系企業で働くことを検討してください。

日系企業に勤めるデメリット4つ

外資系企業と同じく、日系企業に勤めることにはデメリットもあります。

そこで、日系企業に勤めるデメリット4つについて解説します。

成果と年収が結びつかないこともある

成果と年収が結びつかないこともあります

なぜなら、年功序列の文化があり、実力が正しく評価されない場合があるためです。

例えば、仕事で成果を上げるほど仕事は増えますが、給料は上がらずモチベーションを保てないこともあるでしょう。

成果主義ではない日系企業では、仕事ができても年収に結びつかない可能性も高いと言えます。

ワークライフバランスが保ちにくい

ワークライフバランスが保ちにくいことも日系企業に勤めるデメリットです。

これは、残業や休日出勤が常態化しているためです。

例えば、効率よく業務をこなし、定時で帰る社員よりも、仕事を効率化せず残業する社員の方が会社に貢献していると捉えられる場合もあります。

日系企業ではプライベートを犠牲にして仕事への注力が必要な会社もあり、ワークライフバランスを保ちにくくなります

有給取得がしにくい

日系企業に勤めると、有給取得しにくいでしょう。

なぜなら、精神的に有給休暇を取りにくい環境の企業が多いためです。

例えば、有給や育児休暇などの制度の利用を申し出ると、同僚や上司から冷たい視線を感じる可能性もあります。

近年、働き方改革によって改善する企業も増えていますが、日系企業はまだまだ有給取得しにくい環境と言えます。

効率よりもチームワークを大切にする

効率よりもチームワークを大切にすることも日系企業のデメリットでしょう。

なぜなら、無駄な業務や時間を増やしてしまうためです。

例えば、上司が帰るまで帰れなかったり、自分の仕事が終わっても同僚の仕事を手伝ったり、1人の仕事量が明確化されていません。

仕事を早く終わらせても帰れない状況がモチベーション低下に繋がり、効率も悪くなるでしょう。

外資系企業ほど個人の働きが重視されない日系企業では効率よりもチームワークが優先されます。

外資系企業の求める人材も日系企業と違いがある

外資系企業と日系企業の働き方の違いに伴って、各企業が求める人材の特徴も異なります。

そこで、外資系企業の求める人材が日系企業と違いがあることについて解説します。

変化に対して柔軟な姿勢を持てる

変化に対して柔軟な姿勢を持てる方は外資系企業向きと言えます。

なぜなら、外資系企業の業務はスピード感があり、変更も多いためです。

例えば、数ヶ月進んでいたプロジェクトでも方針変更し、ほとんど白紙の状態からスタートし直す場合もあります。

切り替えや臨機応変な対応が得意な方は外資系企業で活躍することが可能です。

自分の意見を発信できる

外資系企業では自分の意見を発信できる人材を求めています

これは、ポジションや年齢に関わらず、意見交流が盛んであるためです。

例えば、空気を読む文化はないので、業務を改善する意見・考えや業務上のアピールは積極的になった方が良いでしょう。

自ら考え、質問したり発言したりすることで業績アップに繋がるため、外資系企業では自分の意見を発信できる人材が重宝されます。

成長意欲が高く自立している

成長意欲が高く、自立している人材は外資系企業で活躍できるでしょう。

なぜなら、外資系企業は成果を上げるために注力できる人材を求めているためです。

例えば、積極的に業績を上げることはもちろん、プライベートでも資格勉強やスキルアップを目指すと評価に繋がります。

成長意欲が高く自立している方は実力主義の外資系企業に向いています。

外資系企業は新卒からしか入れない?転職を成功させるポイント

外資系企業は新卒で入社するだけではなく、転職もできます。

日系企業への転職とは異なる点もあるので注意しましょう。

そこで、外資系企業への転職を成功させるためのポイントについて解説します。

外資系企業の中途採用は盛ん

外資系企業の中途採用は盛んです。

なぜなら、即戦力になれる人材を求めているためです。

例えば、日系企業に比べて、外資系企業は教育や研修制度を用意していない企業も多く、採用後すぐに成果を上げること期待しています。

関連業種で経験やスキルがある方は、外資系企業にチャレンジしやすいでしょう。

英語力が必要な会社か調べておく

英語力が必要な会社か調べておきましょう

なぜなら、公用語が英語であったり、日頃の業務で英語を使ったりする外資系企業があるためです。

例えば、ポジションによっては本社や各国拠点とやり取りする場合があり、最低でもビジネスレベルの英語力が必要です。

スキルや経験があっても英語力がなければ業務をこなせない場合もあるので、英語力がどれほど必要か事前に確認しておきましょう。

ケース面接に対応できるよう練習する

ケース面接に対応できるための練習は必要です。

なぜなら、論理的な思考力を持つ人材を求める外資系企業も多いためです。

ケース面接とは、お題に対して論理的な答えを導き出し、面接官と議論する面接を指します。

ケース面接の例題は以下の通りです。

  • 日本に電柱は何本あるか。
  • 今、世界中で何人寝ているか。
  • 日本全国にいるハムスターは何匹か。

ケース面接は対策すれば回答できるようになるので、何度も練習することが大切です。

自分の実績を基に会社に貢献できることをアピールする

自分の実績を基に会社に貢献できることをアピールしましょう

なぜなら、外資系企業では自信を持って仕事に取り組める人材を求めているためです。

例えば、面接で実績を上手くアピールできなければ、実際の業務でもいざというときに実力を発揮できない印象を与えてしまいます。

今までの経験を振り返り、整理して、会社に貢献できることをアピールすることが大切です。

外資系企業への転職おすすめの転職エージェントを利用する

外資系企業への転職おすすめの転職エージェントを利用しましょう

これは、転職エージェントなら企業の情報を保持しており、面接対策を行ってくれるためです。

例えば、あなたのキャリアやスキルにあった外資系企業を紹介してくれ、一般面接やケース面接の対策も丁寧にサポートしてもらえるでしょう。

時間やコストがかかる外資系企業への転職も、転職エージェントを利用することで効率的に取り組め、成功率を上げられます

外資系企業への転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントにはそれぞれ得意分野があり、希望する条件の求人に強いエージェントを選ぶことが大切です。

そこで、外資系企業への転職におすすめの転職エージェントについて解説します。

転職サイト及び転職エージェントの登録は、2~3社の登録が一般的です。紹介しているのは、すべて無料で登録できるので、複数に登録することをおすすめしています。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは、転職支援実績43万人を誇る転職エージェントです。

ハイクラス求人とミドルクラス求人の掲載が多く、平均年収は800〜1,500万円と高収入です。

ロンドン発の転職エージェントであるため、外資系企業の掲載求人数が多く、コンサルタントの専門性が高い点も特徴的です。

リクルートエージェントなどと比較すると掲載求人数が劣るため、ほかの総合型エージェントと組み合わせて利用することをおすすめします。

ビズリーチ


ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力人材に特化した求人を多数取り扱っている転職サイトです。

日本全国と海外10か国に対応しており、年収800万円以上の外資系企業も多数掲載されています。

ビズリーチにはヘッドハンターが在籍していますが、エージェントとしてのサポートは少なめです。

そのため、登録するだけで大手企業などからスカウトが届くので、登録しておくことで転職活動が進みます。

現職で忙しい人にもおすすめの転職サイトです。

リクルートエージェント


リクルートエージェント


リクルートエージェントは業界最大手のNo.1転職エージェントで、29万件以上の求人を保有しています。

とにかく求人数が多いため、転職の選択肢を増やしたり、求人を比較して自身の転職条件を明確にできます。

独占企業の非公開求人も多く、20代の若手社員からハイクラス求人まで網羅している点が強みです。

面接対策や履歴書などの添削もしてくれる親切なエージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。

外資系とは?日系企業とは?詳しい定義はある?

外資系と日系企業に違いがあることは知っていても、定義を説明できない方もいるでしょう。

そこで、外資系企業と日系企業の詳しい定義について解説します。

外資系は外国資本によって成り立っている会社

外資系は外国資本によって成り立っている会社です。

外国資本が一定比率以上の会社を外資系と呼びますが、その比率は明確には定義されていません。

例えば、経済産業省では外国資本率が1/3以上であれば外資系企業と呼び、1つの目安といえます。

外資系は明確な定義はなく、外国法人や外国人が出資した企業を大きく外資企業と呼びます

外資系の種類は大きくわけて3つ

外資系の種類は大きく分けて3つあり、以下のような分類です。

  1. 外国企業の日本法人
  2. 外国企業と日本企業の共同出資
  3. 外国企業が日本企業を買収した企業

1には外国の企業が日本に進出したケースが当てはまります。

例えば、FacebookやAmazon、マイクロソフトやP&Gなどが国内事業展開を継続しています。

2のケースは、外国の企業は日本企業のパートナーになり法人設立します

このケースには、富士ゼロックスやヤフー、キャタピラージャパンなどが当てはまります。

3はM&Aにより日系企業が外資系企業になるケースです。

例えば、台湾の鴻海精密工業がシャープを、三洋電機の「AQUA」ブランド家電事業のみを海爾集団(ハイアール)が買収しています。

それぞれのケースで社内文化も異なるため、応募する外資系企業の種類を調査することも大切です。

日系企業は日本企業が出資している会社

日系企業は日本企業が出資している会社です。

日本企業が出資していれば、会社の拠点が海外であっても日系企業です。

さらに、日本企業に買収された海外の会社が日系企業になるケースもあります。

日本企業は世界的に見ても特殊な労働文化を持っており、外資系企業とは働き方や給与体型が異なります

【どんな会社がある?】外資系企業会社一覧!アメリカの有名企業を紹介

外資系企業への転職は即戦力になることが求められ、自分のキャリアや経験に合わせて応募先企業を検討することがおすすめです。

そこで、各業界の外資系企業会社について解説します。

IT・コンピューター業界の有名企業

IT・コンピューター業界の有名外資系企業は以下の通りです。

  • Adobe
  • Amazon
  • Apple
  • DELL
  • eBay
  • Facebook
  • Google
  • IBM
  • Yahoo

上記のような企業は常に世界のIT・コンピューター産業をリードしており、成長速度も早いと言えます。

なぜなら、インターネットの普及に伴い、需要が飛躍的に高まったためです。

例えば、GoogleやAmazonは1990年代に設立され、現在では世界を代表する大企業へと急成長しています。

大企業だけでなく、スタートアップ企業もたくさんあり、常に進化している分野です。

外食・飲食業界の有名企業

外食・飲食業の有名企業は普段利用するレストランやカフェが多く、身近に感じられる方も多いでしょう。

  • ウェンディ―ズ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • サブウェイ
  • スターバックス
  • タリーズコーヒー
  • ドミノ・ピザ
  • バーガーキング
  • ピザハット
  • マクドナルド
  • コカコーラ
  • ケロッグ
  • ペプシコ

飲食業はブランドやマーケティング戦略が非常に重要な企業と言えます。

なぜなら、消費者向けサービスであるためです。

例えば、上記に挙げた企業では、マーケティングポジションが転職者に人気です。

日本でも知名度が高い外資系企業で働きたい方は、飲食業を検討すると良いでしょう。

流通・小売業界の有名企業

アメリカの流通・小売業も世界展開しています。

流通・小売業の有名企業は以下の通りです。

  • Fedex
  • FOREVER21
  • GAP
  • ウォルマート・ストアーズ
  • オフィス・デポ
  • コストコ
  • トイザラス
  • ホームデポ
  • リーバイス

流通・小売業も日本での知名度は高いと言えます。

なぜなら、上記の企業は日本を含めた世界中にアメリカ流の生活スタイルを広めているためです。

例えば、ウォルマート・ストアーズは世界15カ国に進出しており、日本でも西友を子会社化しています。

さらに、GAPやForever21など、たくさんのアパレル企業も日本に進出しています。

知名度が高い企業もたくさん日本進出しているので、流通・小売業界でも外資系転職が目指せるでしょう。

金融業界の有名企業

金融業界は外資系の花形とも言え、年収アップを目指す方にはおすすめです。

金融業界の有名企業は以下の通りです。

  • AIG
  • JPモルガン・チェース
  • Visa
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカンファミリー生命保険会社
  • ウェルズ・ファーゴ
  • ゴールドマン・サックス
  • シティバンク

米系投資系銀行は外資系転職のなかでも人気と言えます。

なぜなら、給与水準が高いためです。

例えば、ゴールドマン・サックスやモルガンスタンレー、メリルリンチなどは優秀なグローバル人材が集まり、高収入を得ています。

金融関係の業界や業種で経験があり、キャリアアップを目指したい方は外資系金融企業への転職を検討すると良いでしょう。

資源・化学業界の有名企業

資源・化学業界の有名企業は以下の通りです。

  • エクソンモービル
  • 3M
  • P&G
  • エイボン・プロダクツ
  • エスティローダー
  • ダウ・ケミカル

資源・化学業界でスピード感を持って働きたい方には外資系企業がおすすめです。

これは、常に技術が進化しているためです。

例えば、3Mは多角経営企業であり、独創的な経営スタイルで素材ヒットメーカーを作っています。

最先端の技術を求め、企業に貢献したい方は資源・化学業界への転職を検討すると良いでしょう。

医療・製薬業界の有名企業

アメリカの医療・製薬業界の有名企業は以下の通りです。

  • ​​イーライリリー・アンド・カンパニー
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • ファイザー

ファイザーは業界売上世界1位、ジョンソン・エンド・ジョンソンは2位を誇っています

ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人では約2,000人の従業員を抱えるほどの大企業です。

医療・製薬業界の日系企業で十分な経験を積んだ方なら、アメリカ企業の日本法人への転職も検討できるでしょう。

自動車業界の有名企業

自動車業界の有名企業は以下の通りです。

  • クライスラー
  • ゼネラル・モータース
  • ハーレーダビッドソン
  • フォード

アメリカでは経済や雇用への影響を考慮し、自動車業界の企業を支援しています

なぜなら、アメリカの自動車産業は世界への影響力が大きいためです。

例えば、ゼネラルモーターズ(GM)、フォード、クライスラーは通称ビッグスリーと呼ばれ、アメリカの自動車産業を独占しています。

日系企業の自動車業界で経験がある方は、外資系企業への転職も検討するとグローバルに活躍できる可能性が高まります

メディア業界の有名企業

メディア業界の有名企業は以下の通りです。

  • ABC
  • CNN
  • MTV
  • ウォルト・ディズニー
  • コムキャスト
  • タイム・ワーナー
  • ピクサー
  • ヤング&ルビカム
  • ロイター通信

アメリカではABCやCNNがメディア業界のなかでは最も有名ですが、日本ではウォルト・ディズニー、タイム・ワーナーも知名度が高いと言えます。

また、広告代理店のヤング&ルビカムは電通と合併企業を展開しています。

コンサルティング業界の有名企業

コンサルティング業界の有名企業は以下の通りです。

  • A.T.カーニー
  • アーサー・D・リトル
  • ベイン・アンド・カンパニー
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • モニター・グループ

グローバル展開している外資系コンサルティングファームのほとんどはアメリカ企業です。

例えば、マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストンコンサルティンググループ、A.T.カーニー、ベイン・アンド・カンパニーには日本オフィスがあります。

コンサルティング業界経験者だけでなく、金融やIT関連の知識がある方にも外資系コンサルは人気の転職先です。

まとめ|外資系企業と日系企業の違いは多い!どちらが合うか慎重に判断しよう

外資系企業と日本企業の違いはたくさんあります。

客観的に自分のキャリアや経験についてプロフェッショナルな意見を求める方は転職エージェントに登録、相談するといいでしょう。

どちらの働き方が自分に会うか慎重に判断してください。