フリーランスで仕事がない!途切れた!そうならないためのコツを解説

今、フリーランスとして働いている方、これからフリーランスとして働きたいと考えている方のなかには、仕事がない状況に陥っていたり不安を抱えている方もいるでしょう。

フリーランスは契約を取って仕事をしないと稼げない職業なので、仕事がなくなると精神的にも不安になりやすいです。

「仕事がなくなってしまうのはどうして?」

「仕事がないフリーランスになりたくない!」

このように考えている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、フリーランスが仕事がなくならないためにとる対策方法や、仕事がない理由などについて説明しています。

目次

コロナで仕事がなくなったフリーランスは多い

フリーランスという働き方が当たり前になりつつあり、クラウドソーシングサイトなども充実していた2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が問題となりました。

新型コロナウイルスの影響で、実際に仕事がなくなってしまったフリーランスは多く、株式会社INTLOOPが発表した「新型コロナウイルスのフリーランスへの影響 実態調査」では、約8割の方が仕事がなくなったと答えています。

フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があるため、こういった世界情勢にも影響を受けやすく、仕事がなくなる不安と常に向かい合っていかなければいけません。

【仕事がない!】不安になってしまう原因は?

仕事がないことは、新型コロナウイルスなどの世界情勢の影響もありますが、それでも漠然と不安を抱いてしまうこともあります。

不安を抱えてしまう原因は、以下の5つが挙げられるでしょう。

スキル不足

スキルがあれば多くの仕事に営業をかけることもでき、高単価な案件にも応募しやすくなります。

自分に自信をつけるためにも、常にスキルアップを目指しておいた方が不安を抱かなくなるでしょう。

営業活動が不足しており取引先が少ない

フリーランスは仕事を自分の力で獲得しなければいけないため、営業は必要不可欠な作業です。

自己アピールなどが苦手な方は営業活動を抑えてしまう傾向がありますが、営業をしなければ仕事を得ることができないので、より積極的に動くようにしましょう。

実績・経験が少ない

仕事をたくさんしないと実績を積むことは難しいですが、ポートフォリオの作成や勉強をすること、さらには副業などで経験値に変えることができるでしょう。

このことからも、実績を増やすためにはスキルアップが必要条件です。

自信をつけて、多くのことを経験できるようになりましょう。

信頼を築けていない

フリーランスは契約をしたあと、できる限り短期ではなく長期契約に持ち込んだ方が、仕事を継続し安定的に働くことが可能です。

長期契約に持ち込むためには信頼が必要であり、信頼が築けていないと単発で終わってしまうこともあるでしょう。

信頼を築くために、社会人として常識である報連相やビジネスメールができる人材だと理解してもらうことが大切です。

人脈が足りない

人脈を増やすことで仕事を獲得しているフリーランスも多く、実際にSNSなどで多くの人と繋がっている方もいます。

しかしながら、人脈がなくともフリーランスは仕事を獲得することができ、人脈がないことを不安に思う必要はありません

それでも不安に繋がってしまう方は、SNSなどを活用して人脈を増やす努力をおこなってみましょう。

仕事がないフリーランスの特徴

仕事がないフリーランスの特徴は、以下の3つが挙げられます。

仕事を選り好みしている

まだ実績も少なく経験も足りないフリーランスは選り好みせずに、できる限り多くのコンテンツに触れるようにしましょう。

選り好みしているとチャンスを棒に振ることになる可能性もあり、おすすめできません。

最初のうちは苦手なことにも挑戦し、徐々に取捨選択するようにしてください。

営業活動をしていない

フリーランスは自分で営業をおこない、仕事を獲得していく必要があるので、営業活動をおろそかにしていると契約がどんどん少なくなっていくでしょう。

まずは営業をおこない、仕事を獲得していく活動をおこなうようにしてください。

自己アピール文がまとまっていない

フリーランスはクラウドソーシングなどを利用して営業活動を行いますが、応募分や自己アピールがまとまっておらず最初の段階で落とされる方も多くいます。

仕事を獲得するためには、クライアントの目に留まってもらうことが大切なので、自己アピール文の見直しをおこないましょう。

仕事がないフリーランスにならないためのコツ

仕事がないフリーランスにならないためには、以下4つのことをおこないましょう。

経験・実績を積む

最初のうちは仕事がなく不安になりやすいですが、フリーランスのほとんどの方が最初は仕事が少なかったはずです。

そのため、不安に思う必要はありません

しかし、最初のうちにたくさんの仕事に応募したり実績を積んでいくことが、今後の自分の自信につながるので、経験や実績はたくさん積んでおいた方が楽です。

ポートフォリオを作成する

フリーランスとしての実績や経験を、一発でわかってもらうためにはポートフォリオの準備が大切です。

実力がわからないと採用もされにくく、仕事を継続的にもらうことができません。

安定して働けるようにするためには、ポートフォリオを作成し、自分の実力をわかってもらうための努力をおこないましょう。

SNSを利用し情報発信

ツイッターやブログなどで情報を発信していると、それを見たクライアントから直接仕事を振ってもらうこともあります

自分を知ってもらうための一番手っ取り早い方法なので、SNSを活用することも考えましょう。

人脈を広げていく

クラウドソーシングだけで仕事を見つけることもできますが、高単価な仕事を手に入れるには限界があります

人脈を広げてさまざまな人とつながり、多くのジャンルやコンテンツに触れていくことが仕事が増える近道です。

仕事がないフリーランスが案件獲得するための方法

現在仕事がないフリーランスが案件を獲得するためには、以下5つの方法をとりましょう。

スキルアップをしておこう

フリーランスは、常にスキルアップが求められています

知識を増やすためにも資格の取得を目指すことは大切で、資格を持っているだけで仕事に繋がることもあります。

スキルアップは自信に繋がるだけではなく仕事の獲得もしやすくなるための方法なので、積極的におこないましょう。

勉強会に参加したりしよう

なぜなら、知識を増やせるだけではなく、勉強会に参加している方と繋がることもできるからです。

こういった勉強会やセミナーに参加していれば、自分と同じ価値観を持っている仲間にも出会えますし、お互いに切磋琢磨しあえる関係を築くこともできます。

情報収集をしよう

たとえばフリーランスエンジニアであれば、現在はどの言語が一番需要が高いのかについて調べると、今後の仕事の受注の仕方が変わります。

また、フリーランスWebライターであれば、単価の高い記事内容などについて調べると、今後のスキルアップの方向性も決まるでしょう。

このことからも、どのような職業においても情報収集は重要度の高い行動だと言えます。

ポートフォリオをより充実させよう

今までの実績をただまとめているだけでは、クライアントに実力が伝わりにくいこともあります。

より見やすく具体的な説明書きも付与しておくと、実力がわかりやすくなりクライアントの目にも留まりやすくなるでしょう。

実力をわかってもらえないのは自分の責任になるので、ポートフォリオの見直しはおこなっておいた方がよいです。

税金の勉強をしておこう

仕事がないときだからこそ時間があるという考え方も大切です。

フリーランスは確定申告を自分一人でおこなう必要がありますが、すべてを把握するための時間が少なくあまり理解できていない方もいるでしょう。

税金の話題はフリーランスライターであれば需要がとても高いので勉強にもなりますし、自分の今後の資金を蓄えるための方法も知ることができるので、おすすめです。

仕事がないフリーランスの案件の探し方

仕事がないフリーランスが、案件を探すには以下4つの方法があります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドワークスをはじめとするクラウドソーシングを利用しましょう。

フリーランスがまず仕事を獲得するためには、クラウドソーシングサイトなどで応募をすることが多いです。

クラウドソーシングサイトではつねに、フリーランス用の案件を募集しています。

どのような仕事があるのか確認するだけでも、よい刺激を受けることができるでしょう。

エージェントサービスを活用する

フリーランス用のエージェントサービスを利用するのも、仕事を見つけるためにはよい方法だといえます。

エージェントは登録料無料で仕事を紹介してもらえるサービスです。

営業が苦手な方にとって、仕事を紹介してもらえるのは楽に感じるかもしれません。

しかし、エージェントを通して仕事を紹介してもらうと、仲介手数料がひかれてしまい報酬が低くなるというデメリットもあるので、そういったことも考えて活用したほうがよいでしょう。

> おすすめのエージェントを見る

過去の取引先に聞いてみる

過去に取引をしたクライアントに連絡をとってみるのもよいかもしれません。

一度仕事をしたことがあれば、実力や人柄もわかってもらえているので、仕事を紹介してもらえる確率は上がるでしょう。

連絡をしたときに振ってもらえる仕事がない場合でも、いちど連絡を取ってしまえばクライアント側の頭に留まっているはずです。

思い出してもらえる確率を上げるためにも、仕事がなくなったときに連絡がとれるクライアントを確保しておきましょう。

知人に仕事を紹介してもらう

同じ職種でフリーランスをしている知人や、会社員時代に知り合った方などを通じて連絡をすれば、仕事を振ってもらえるかもしれません。

そのためにも、あらかじめ人脈を増やす努力はしておきましょう。

【注意!】仕事がないからといって絶対にしてはいけないこと

仕事がないからといって、おこなってはいけない行為について、以下2つを紹介します。

案件の単価を下げてはいけない

仕事がないからといって、案件の単価を下げて応募しないようにしましょう

単価が低い仕事はたしかに採用されやすく、一時的に収入をもらうことはできます。

しかし、仕事の量や活動時間に報酬が見合っていないことが多く、働き損になる可能性もあるでしょう。

このことからも、仕事がないからといって安易に単価を下げることはしないようにしてください。

アルバイトなどをしない

アルバイトをすると、フリーランスとして働く時間がなくなります

フリーランスの仕事がないという理由でアルバイトをすると、仕事を探す時間や勉強する時間もなくなり、フリーランスに復帰することが難しくなるでしょう。

仕事がなくて不安になる気持ちもわかりますが、アルバイトをはじめてしまうと元も子もありません。

まずはフリーランスとして仕事を続けられる努力を優先することが大切です。

何もできなくなったフリーランスが抱えている不安

何もできなくなってしまったフリーランスが抱えてしまう不安は、以下4つが挙げられます。

収入減や貯金不足

仕事がなくなり年収が減ったことで、金銭的な不安を抱えているフリーランスは多くいます

フリーランスは不安定な仕事なので、資金不足になってしまう可能性も十分にあり得るでしょう。

そうならないためにも、あらかじめ資金は十分に用意してからフリーランスになるようにしておくと、不安を解消することができます。

社会保障がない

フリーランスは会社員のように、社会保障が十分に整備されていません

もしも体調を壊してしまった場合、傷病手当がでないので収入がない状態で過ごさなければいけません。

社会保障がないことはわかり切ったうえでフリーランスになっているはずなので、体調管理や自己管理は徹底する必要があるでしょう。

生活が不規則になった

フリーランスは休日がない分ずっと働くことができるので、生活が不規則になってしまう方もいます。

生活が不規則になると体調を壊しやすくなり、さらにリモートワークの方も多いのでオンとオフの切り替えができず精神的にも疲れてしまうでしょう。

こういった状態を防ぐためにも休日は作り、事とプライベートの切り替えをしっかりとおこなうようにしてください。

将来が不安

実際にフリーランスは不安定なので、長期間続けていけるかわからない状態になりやすいです。

しかし、フリーランスになったからといって会社員に戻れないわけではありません。

もう働けないと感じた場合は、会社員に潔く戻る考えを持っていれば、将来への不安も薄れていくでしょう。

おすすめのフリーランスエージェント

Midworks|週3日・リモート案件が豊富


Midworks|週3日・リモート案件が豊富

Midworks(ミッドワークス)」は、価格や案件などの総合的な評価が高い、IT系フリーランス専門エージェントサービス

案件の掲載数は常に3,000件以上あり、業界最大手のレバテックフリーランスに匹敵する案件数です。

正社員並みの待遇で、フリーランス特有の急なリスクを事前に防ぐことができるのが特徴。

例えば、案件が急に途切れてしまった際の給与保障制度や、生命保険料の半額負担が福利厚生として整っています。

組織・団体に所属せず、雇用や収入が安定しないフリーランスにとって、税務保障制度や保険制度が充実しているMidworksは、かゆいところに手が届くサービスです。
登録者平均年収約700万円(当社調べ)
案件数4,451件(2022年2月)
マージン25%〜30%(当社調べ)
最大の特徴正社員並みの手厚い保障
Midworksの口コミ・評判へ

レバテックフリーランス|登録者数No.1


レバテックフリーランス|登録者数No.1

レバテックフリーランス」は、登録者数がNo.1なのに、利用者の平均年収が862万円というフリーランス専門エージェントサービス。

レバテックフリーランスの市場分析

プログラミング言語ごとの平均単価や最新の追加案件の数などの推移がわかる市場分析ダッシュードが使えるので、自分がどの案件に応募できるのかなどが理解できるようになります。
登録者平均年収約862万円(当社調べ)
案件数39,467件(2022年7月)
マージン10%〜20%(当社調べ)
最大の特徴登録者数No.1

フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価


フォスターフリーランス|業界トップクラスの高単価

フォスターフリーランス」は、リモート案件にも対応しており、登録者ファーストで利用者満足度が90%と納得のいく案件を見つけることができるフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランスの福利厚生

freee会計年間利用料キャッシュバック及び記帳代行無償利用キャンペーンを開催中です。

freee株式会社の提供する「freee会計」年間利用料最大23760円(税抜き)のキャッシュバック※個人事業主:スタンダードプラン 法人:ミニマムプラン それぞれの年間利用料相当となります。また、キャッシュバックは全プラン対象ですが、年間利用契約が条件となります。

引用元:フォスターフリーランス

最短でも3日で就業まで可能なので、すぐに新しいお仕事を探したい方におすすめです。
登録者平均年収約万円(非公開)
案件数5,000件超(2022年7月)
マージン10%〜20%(非公開)
最大の特徴業界トップクラスの高単価

フリーランスの仕事がないに関するよくある質問

フリーランスの仕事がない状態に対して、よく聞く以下の質問に回答します。

フリーランスエンジニアの仕事はない?

フリーランスエンジニアは、フリーランスになるなら一番おすすめされる職業なので、仕事がない状態になることは滅多にありません

そもそもIT業界ではエンジニア自体人手不足のため、常に募集されている職種です。

しかし、技術力が不足しているフリーランスエンジニアは、仕事がない状態に陥りやすいでしょう。

フリーランスエンジニアは実務経験が必須なので、独学で独立したフリーランスの方が「仕事がない」と言っている可能性は大いにあります。

まとめ|仕事がないフリーランスにならないために準備を整えよう!

仕事がないフリーランスにならないためには、事前準備や情報収集、さらに自分自身の努力も大切です。

フリーランスは不安定な働き方にならざるを得ないので、ある程度収入が少ない状況になりやすいことは理解しておきましょう。

それでも仕事がなくなりそうなときは、もう一度原点に戻り、ポートフォリオの充実やスキルアップ、人脈の拡大など、できることをおこなうことが最も大切です。

安易に自分の価値を下げるような単価交渉はおこなわず、地道に応募し続けることが近道だと言えるでしょう。

また、不安を抱えてしまっても安心できるよう、ある程度の資金は確保した上でフリーランスになることをおすすめします。