早期選考の企業の探し方とは?ベンチャー企業や大手などに分けて解説

早期選考の企業の探し方

「早期選考からすぐに内定取れるの?」

「早期選考を実施している企業がわからない!」

「早期選考のスケジュールってどうなってるの?」

このような悩みを抱えていませんか?

この記事では、早期選考で内定を獲得するための探し方や早期選考を実施している企業について解説します。

最後まで読むことで、実際にやるべきことや早期選考の流れがわかり内定を獲得できるでしょう。

早期選考でライバルより早く行動し、効率的な就職活動にしていきましょう。

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

そもそも早期選考ってなに?

早期選考とは、通常の新卒採用スケジュールよりも早い大学3年生の3月より前にはじまる選考のことです。

通常だと、大学3年生の3月から選考がはじまるのが政府が決めた就職活動の基本的なルールです。

早期選考をおこなっている企業は外資系の企業や中小企業、ベンチャー企業が多いです。

とはいえ、優秀な学生を採用することは企業にとって重要な課題でもあります。

そのため、早い段階から選考をはじめ内々定を出す企業が多いのが現状です。

早期選考で合格を勝ち取れば、ほかの就活生より早く内定を獲得できるので、就職活動を円滑に進められるのが最大のメリットです。

本選考の準備にもなるので、積極的に早期選考がある企業に応募しましょう。

関連記事

「早期内定をもらうには何をすればいいの?」「早期内定をもらうメリットやデメリットはある?」「業界ごとに早期内定を出す時期は違うの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、早期内定を目指す学生に向けて、早[…]

【2022年9月最新】早期内定を獲得する方法とは?もらえる時期や保留の仕方も解説

>> 早期内定を獲得する方法

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

早期選考の探し方7選

まず、早期選考を探す方法を7つご紹介します。

  1. 説明会への参加
  2. OB・OG訪問
  3. リクルーター面談
  4. インターンへの参加
  5. 逆求人の利用
  6. twitter,オープンチャットの活用
  7. 就活イベントへの参加

1.説明会への参加

合同説明会などへ参加することで、人事担当者が早期選考の話をしてくれる場合があります。

説明会後のグループディスカッションが早期選考につながっていた例もあります。

説明会に行くのは面倒という気持ちもわかりますが、実際に参加しないと得られない情報が多いので参加することをおすすめします。

参加者には特別に、早期選考の情報をくれる企業もあるので、気になっている業界や企業の説明会にはなるべく時間を割き、有益な情報を得ましょう。

思い切って人事担当者に聞くと、意外と答えてくれるここだけの情報もあるので見逃さないようにしましょう。

関連記事

[アコーディオン付き)監修者ボックス]「ベンチャー企業に憧れがあるけど探し方がわからない…」「就職に失敗しないベンチャー企業の見極め方はあるの?」「自分はベンチャー企業でほんとに働けるのかな?」こんな悩みを抱[…]

【2022年最新】ベンチャー企業の探し方!新卒向けに就職リスクなども解説

>> ベンチャー企業を見つける方法

2.OB・OG訪問

OB・OGは就活の先輩だけでなく、企業の内側の情報も知っているため積極的に早期選考について質問しましょう。

基本的に、早期選考は毎年行っている企業が多いので、ここ数年やっている情報があれば、ほぼ間違いなく次の年も実施する可能性が高いです。

早期選考が開始するできるだけ前に、早めにOB・OG訪問で情報収集をおこないましょう。

3.リクルーター面談

リクルーター面談は選考に直結している場合が多く、リクルーターの評価によって選考が別れる可能性があります。

とくに、金融業界はその傾向が顕著で、優秀な学生を早期選考ルートに、それ以外の学生は通常選考に案内される場合があります。

リクルーターといえど、面談時には気を抜かないようにしましょう。

4.インターンへの参加

長期インターンは企業側が採用目的でおこなっていると考えて構いません。

インターンで優秀だと判断された学生には、個別に早期選考の案内が届くことがあるので早期に内定を獲得できるチャンスです。

長期インターンに初めて参加する学生は、インターンの専用サイトである『ユアターン』を活用しましょう。

ユアターンでは、インターンを探せたり選考を突破するまでの丁寧なサポートが充実していたりするので、初心者には優しく使いやすいサイトになっています。

希望者には、オンライン面談で就職活動の悩みやインターンの不安点などを相談できるので一緒に乗り越えていけるはずです。

関連記事

「就活生は平均何社受ける?平均のエントリー数は?」「選考に通る割合はどれくらい?」「就活生がエントリーする企業はどのように選ぶべき?」初めての就職活動に不安を抱えている就活生も多いのではないでしょうか?ここで[…]

就活は何社受けるべき?平均のエントリー数と選考に通過する割合とは?【エージェントが監修】

>> 就活は何社受けるべき?

5.逆求人の利用

逆求人サイトでスカウトしてもらいましょう。

登録しておくだけで、企業側から早期選考のスカウトが来るので、早期内定には欠かせません。

逆求人サイトは、就職活動の助けになるような就活サイトです。

通常だと、学生側からアクションを起こす必要がありますが、プロフィール登録やスキル、資格登録をするだけで、スカウトが届きます。

自分のことを評価してほしい学生や、自分にあった企業を知りたい学生におすすめです。

6.twitter,オープンチャットの活用

ネットでは、情報共有することで新たな情報が得られることがあります。

Twitterはその例で、就活専用のアカウントを登録しておけば自然に早期選考の情報を教えてくれる人が探せます。

Twitterの使い方の注意点は、人と比べすぎてしまったり、携帯を使う時間が増えすぎないようにすることです。

適度な距離感で、早期選考の情報収集の場として活用しましょう。

7.就活イベントへの参加

説明会とは別に、就活イベントへの参加は早期案内がもらえるチャンスに繋がります。

例えば、JOBTVやジョブスプリングなどがあります。

JOBTVは、オンラインの説明会を家からでも見れるので、参加することで早期選考を受けられる可能性があります。

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

早期選考は受かりやすい?

年々企業の採用活動は、前倒しになっている傾向にあるので早期選考が加速しています。

早期選考では、学歴の高い人が応募するイメージがあり、「受からなさそう」と不安に思っている方もいるでしょう。

早期選考という名前のとおり、みなさんがごぞんじの有名企業のなかには学歴で判断する企業もあります。

ですが、「多くの企業がおこなう早期選考は本選考より受かりやすい」というのが答えです。

理由としては以下の5つが考えられます。

  1. 企業は早くから優秀な学生をしたい
  2. 採用プロセスが本選考に比べて短い
  3. 退職者が出て採用予定人数に空きがある
  4. 選考対策の準備できている学生はわずか
  5. 早期選考に応募する学生が少ない

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

就活の早期選考はいつから?

早期選考は大学3年の3月より前の、大学3年の9月ごろからはじまります。

この選考は、大学3年の夏期インターンシップで早期選考に案内された場合です。

前述した通り、外資系のコンサル会社はこの時期に早期選考を実施します。

インターンの参加が選考に組み込まれているのが特徴です。

インターンで企業にアピールできた学生は、大学3年の9月には早期内定が獲得でき、インターンを受けなかった場合は、10月ごろからはじまります。

ベンチャー企業は、早期選考をおこなう場合が多いのでベンチャー志望の学生は頭に入れておきましょう。

一般的に経団連に加盟している日系大手企業は、政府の方針通りの大学4年の6月からの選考スケジュールに準じた選考活動をおこないます。

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

早期選考を実施している企業・業界

早期選考を実施している企業や業界を知ることで適切な時期に行動できます。

大手で早期選考を実施する企業(2023年)

大手企業で早期選考を実施している企業は以下のとおりです。

  • 中部電力
  • 関西電力
  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 住友商事
  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 明治安田生命
  • 東京海上日動火災保険
  • ブラザー工業
  • 京セラ
  • AGC
  • 大日本印刷
  • 凸版印刷
  • グリーンハウス
  • ニトリ
  • ブリヂストン
  • アサヒ飲料
  • サントリービバレッジ
  • キリン
  • 味の素
  • 資生堂
  • 富士フイルム
  • NTTデータ
  • ソフトバンク
  • みずほ証券
  • SMBC日興證券
  • 野村総合研究所
  • 野村総研
  • 日本総研
  • ドリームインキュベータ

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

ベンチャー

  • フリークアウト
  • エス・エム・エス
  • ZOZO
  • ネオキャリア
  • フロムスクラッチ
  • マネーフォワード
  • ベンチャーリパブリック
  • Roseau Pensant
  • エアークローゼット
  • Sapeet
  • asken
  • Linc’well
  • ワンキャリア
  • ベストティーチャー
  • MFS
  • シュアーイノベーション
  • TAPP
  • LIFULL
  • ビビッドガーデン
  • アグリメディア
  • FREEDiVE
  • ワンスター
  • Sansan
  • エクサウィザーズ
  • ウィルゲート
  • 火の魂カンパニー
  • タウンキッチン
  • dely
  • Stayway
  • Retty

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

外資系企業

  • リブ・コンサルティング
  • アクサ生命保険
  • プルデンシャル生命保険
  • アフラック
  • AIGグループ
  • 日本マイクロソフト
  • Google
  • Amazon
  • 日本IBM
  • 日本オラクル
  • レノボ・ジャパン
  • ボッシュ
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • フィリップス・ジャパン
  • クレディ・スイス証券
  • ソシエテ ジェネラル
  • ブラックロック・ジャパン
  • HSBC
  • クレディ・アグリコル
  • デュポン
  • ダウ・ケミカル
  • ABB
  • 日本ヒューレット・パッカード
  • 日本サムスン
  • ファイザー
  • アストラゼネカ
  • グラクソ・スミスクライン
  • 日本メドトロニック
  • BASF
  • ブルームバーグ

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

インターン早期選考のメーカー企業一覧

  • キヤノン
  • キリン
  • キーエンス
  • ソニー
  • ダイキン
  • ドコモ
  • ニトリ
  • バンダイ
  • パナソニック
  • ベネッセ
  • ホンダ
  • 双日
  • 富士電機
  • 富士通
  • 小林製薬
  • 川崎重工
  • 東洋エンジニアリング
  • JFEエンジニアリング
  • 村田製作所
  • JT
  • ソフトバンク
  • デロイトトーマツ
  • デンソー
  • ミツカン
  • ユニチャーム
  • リクルート
  • ダイフク
  • 古河電気工業
  • 日本特殊陶業
  • 三井住友海上
  • 三菱総研
  • 三菱重工
  • 三菱電機
  • 三菱ケミカル
  • 三井化学
  • 富士フイルム
  • 日立製作所
  • 東京エレクトロン
  • ダイキン工業
  • コニカミノルタ
  • 森永製菓
  • 楽天
  • 浜松ホトニクス
  • 日本光電

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

早期内定できない就活生の特徴3選【消極的】

早期内定できない就活生の特徴3選をご紹介します。

  1. 1.自己分析が不十分で、アピール力不足
  2. 2.業界・企業分析が欠けていて、興味関心がない
  3. 3.即行動できない

1.自己分析が不十分で、アピール力不足

早期内定するためには、短い時間で自分の強みをアピールすることで、この学生と一緒に仕事したいと思ってもらわなければいけません。

しかし、アピール力が十分でないと、自分の良さが伝わらず、早期内定には至らないです。

アピール力不足は、自己分析が不十分で自分の良さを自分でも理解できていないからです。

自己分析ができていないと、よくあるエピソードになりがちでほかの学生と比較した時に特徴のない学生になってしまい、面接官の記憶に残らなくなってしまいます。

2.業界・企業分析が欠けていて、興味関心がない

早期内定のためには、自己分析だけでなく、業界研究や企業研究も深くおこなう必要があります。

業界や企業のことが理解できていると、エントリーシートや面接などでも、人事に伝わるスマートな志望動機を言えるようになるからです。

自己分析ができていても、業界・企業分析が欠けていると、面接時の回答の内容が薄くなってしまいます。

3.即行動できない

結局のところ、即行動できない学生はいくら自己分析や業界・企業研究を進めても内定に繋がらない可能性が高くなります。

早期内定している就活生は、情報収集が早く、すぐさまに行動できる行動力のある学生がほとんどです。

就活においては、どの就活サービス(マイナビサイトなどの就活サイトやイベント、就活エージェント、逆求人サイトなど)も無料で利用できます。

内定を取れる学生は、これらの就活サービスを使いこなし自分の就活へと役立てて円滑に就活を進めているのです。

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

早期内定できる就活生の特徴3選【積極的】

早期内定できる就活生には特徴があります。

以下の3つに気を付け、積極的に行動することで就活がうまく進むようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 1.自己分析を徹底的にし、自己PRが好印象
  2. 2.人事担当者と積極的にコミュニケーション取っている
  3. 3.失敗した際の切り替えが早く、何度も諦めずに挑戦している

1.自己分析を徹底的にし、自己PRが好印象

早期内定が取れない学生の特徴とは反対に、早期内定を取れる就活生は自己分析を徹底的にしており、自己PRが好印象なのが特徴です。

これは、自己理解が深まっているためであり、その人らしさを非常に明確にアピールすることが上手です。

苦手なことやできないことがあるのは、当然ですがそれも含めて自分の得手、不得手が理解でき受け入れられている状態が理といえます。

短所をカバーできる長所を見つけたり、短所の裏に隠されている長所を見つけたり自分と向き合うことでさまざまな側面から自分をみることが可能です。

自分と向き合うなかで、辛い経験や思い出したくないこともあるでしょう。

それでも自分と会話し続けることが就活のうまくいくポイントです。

2.人事担当者と積極的にコミュニケーション取っている

早期内定のためには、積極的に人事担当者とコミュニケーションをとる必要があります。

待っていても何も得られないので、自分から話しかけてどんどん情報収集をしていきましょう。

何度も話しかけていると、人事担当者も覚えてくれ早期選考の情報などが得られるかもしれません。

ほかの就活生の目を気にすることなく、行動することをおすすめします。

3.失敗した際の切り替えが早く、何度も諦めずに挑戦している

早期内定できる就活生は、失敗した際の切り替えが早く、何度も諦めずに挑戦しています。

もちろん、就活をしていれば落ち込むことや失敗もありますがそこで辞めずに次へと行動に移すことが大事です。

ただやみくもに挑戦すればいいということではなく、失敗から学びを得て次のチャレンジの時に活かせるようにしましょう。

その失敗を乗り越えた経験が、糧になって行くので失敗から学び、さらに行動を繰り返すことが就活においてかなり重要になってきます。

\ 即日内定をもらうなら今がチャンス /今すぐおすすめエージェントを見る

就活エージェントで早期選考を勝ち取ろう!

早期選考は早く動いた人勝ちです。

積極的に行動しながら、自分の強みや弱みなど自分らしさを表現して早期内定を勝ち取りましょう。

そこでおすすめなのが、口コミでも人気のあるアズワンというサービスです。


就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

キャリアパーク就職エージェント|40万人以上の会員数


キャリアパーク就職エージェント|40万人以上の会員数
リンク先:https://careerpark.jp/

キャリアパーク就職エージェント」は、40万人以上の会員を持つ就活メディアが運営する就活エージェントです。

最短3日で内定が獲得でき、昨年度は1,000名以上の内定実績がある業界最大級の無料エージェントサービスです。

またソニーやキーエンスなどのグループ実績が豊富なのも特徴です。

キャリアパーク就職エージェント
紹介可能な企業
  • 年間休日が140日以上、残業なし
  • 家賃手当7万円
  • 私服勤務
  • 年収1,000万円以上
書類選考なし&一次選考免除の特別推薦も案内しているので、求人の募集がなくならないうちに登録だけ済ましておきましょう!
  • 最短3日で内定をもらえる
  • 最終選考からの特別ルートもあり
  • 就職率98%

完全
無料
最短3日で
今すぐ内定をもらう

リンク先:https://careerpark.jp/

☆昨年度紹介実績1,000名超え!!
☆ES・履歴書の添削OK!!