【大学3年生向け】就職活動はいつから始めるべき?2024年卒のスケジュールをチェック!

【大学3年生向け】就活はいつから始めるべき?2024年卒のスケジュールをチェック!

「就活はいつからはじめるべき?」

「どのタイミングで何をすればよいの?」

「2024年卒の就活はいつからスタートするの?」

こんな悩みや不安を抱えていませんか?

この記事では、就活をはじめる時期や2024年卒の就活スケジュールについて解説します。

最後まで読むことで、いつまでに何を準備すればよいのかを把握できるでしょう。

就活を有利に進める方法も紹介するので、ぜひ参考にして憧れの企業の内定をつかみましょう。

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

大学生が就職活動を開始する時期はいつから?

大学生が就職活動を開始する時期

大学生が就職活動をはじめる時期はいつが適切なのか確認しておきましょう。

大学3年のいつから就活をはじめるべき?何月から?

大学3年の5〜6月からインターンシップ募集が始まるため、この時期が就活をはじめるベストタイミングです。

大学4年になると選考活動がはじまり一気に忙しくなるので、大学3年の春からはじめておくと余裕を持って進められます。

しかし、就活をはじめる時期に決まりはありません。

自己分析や業界・企業研究など、大学1〜2年のうちから取り組めることもたくさんあります。

早いうちからはじめるのが理想ですが、遅くとも本選考の半年前には準備に取り掛かかりましょう

理系の就活いつから?文系の就活はいつから?

理系と文系の就活のスケジュールはほぼ同じです。

大学4年の3月から就活が本格的に始まるため、それまでに自己分析などの事前準備を済ませておく必要があります。

ただし、理系学生は大学3〜4年に研究室に入ることが多く、急激に忙しくなるため、就活に時間を割くのが困難です。

時間に余裕のあるうちに準備を進めていきましょう。

【アンケート】就活はいつからはじめた?

【アンケート】就活はいつからはじめた?

就活の開始時期に関するアンケート調査の結果を紹介します。

「ほかの人はいつから就活をはじめているの?」という疑問を持ったときの参考にしてください。

  1. 大学生の就活いつからはじめた?就活をはじめる時期の平均は?
  2. 業界研究・企業研究をはじめたのはいつから?
  3. 企業にエントリーシートを提出したのはいつから?
  4. 就活の採用面接はいつから受けた?
  5. インターンシップに参加したのはいつから?
  6. 新卒の就活期間はいつからいつまで?就職活動の期間はどれくらい?

大学生の就活いつからはじめた?就活をはじめる時期の平均は?

Job総研の「23年卒 就活実態調査」によると、23年卒学生の39.4%が「2021年6月より前」に就活をはじめたと回答しています。

次いで38.5%が「2021年6月〜8月」にはじめたと回答しており、全体の8割近くが大学3年生の夏までに就活をはじめていました。

また13.0%が「2021年9月〜12月」にはじめたと回答しており、合計90.9%が大学3年生のうちに就活をはじめています

エントリーが始まるのは大学4年の春からですが、多くの人が大学4年生になる前に準備を終えています。

業界研究・企業研究をはじめたのはいつから?

令和3年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」によると、業界や企業の研究を開始した時期は「大学3年生の9月以前」が約5割に上ります。

過年度調査と比較すると、「大学3年生の9月以前」の回答割合が上昇しています。

次いで「大学3年生の2月」の割合が高くなっており、全体の9割以上が大学3年生のうちにはじめていました

面接などの選考活動を早期にはじめる企業もあり、全体的に時期が若干早まっているのが特徴です。

企業にエントリーシートを提出したのはいつから?

令和3年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」によると、エントリーシートの提出時期は「大学3年生の3月」が最多です。

大学4年になる直前の3月1日から企業へのエントリーが始まるため、この結果は妥当といえるでしょう。

しかし、外資系やベンチャー企業など早期選考をおこなうところも少なくありません。

大学3年生の9月以前に提出した学生も一定数いるため、企業ごとの対策が必要です。

就活の採用面接はいつから受けた?

令和3年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」によると、最初に採用面接を受けた時期は「大学3年生の3月」が最多です。

採用面接のピークは「大学4年生の4月」の割合が最も高くなっており、採用・選考活動が始まる6月の前にきています。

独自スケジュールで採用選考を進める企業も多く、早い段階から面接対策をおこなうことが大切です。

大学4年生から面接対策をはじめていると、ほかの学生に遅れをとるでしょう。

インターンシップに参加したのはいつから?

令和3年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」によると、インターンシップの参加時期は「大学3年生の7〜3月」が最多です。

詳細は、大学3年生の「7~9月」「10~12月」「1~3月」の割合がそれぞれ約4〜5割となっています。

参加した学生は約7割に上り、そのうち約5割の学生が複数回参加していました。

参加したことで「業界・業種を理解することができた」と回答した学生は9割を超えます。

参加してよい影響を受けた学生が多いことから、大学3年の夏から就活をはじめたほうが有利といえます。

新卒の就活期間はいつからいつまで?就職活動の期間はどれくらい?

令和3年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査」によると、就職活動に要した期間は「9ヶ月間程度以上」が約4割と最多です。

就活に「9ヶ月間程度以上」を要する割合は年々高まっており、長期化の傾向にあります。

就活期間が「3ヶ月間程度以内」は約2割に上り2番目に高い割合ですが、短期間で就活を終える割合は年々減少傾向にあります。

コロナ禍によるオンライン授業によって時間的余裕ができたことも、就活が長期化した要因のひとつといえるでしょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

2024卒の就活は何年生からはじめるべき?いつからがよい?

2023卒・2024卒の就活は何年生からはじめるべき?

2023〜2024年に卒業予定の大学生が就活をはじめるベストタイミングについて解説します。

大学3年生の春から就活をはじめるのがベスト

選考スケジュールを考慮すると、就活は大学3年生の春からはじめたほうがよいでしょう。

開始時期が遅くなるほど、自己分析や業界研究などが疎かになり、就活に悪影響をもたらします。

大学3年生の夏からはインターンシップが始まるため、それまでに準備は済ませておきたいところです。

外資系企業などは内定を出す時期が早いので、大学2年から準備をはじめましょう。

大学1〜2年から就活を意識することが大事

ほかの就活生に差をつけたいなら、大学1〜2年生の段階から準備が必要です。

昨今は就活が早期化しており、大学4年生になってから就活をはじめると妥協しがちです。

就活準備をはじめるタイミングに「早過ぎる」ということはありません。

大学1〜2年生のうちは時間があるため、自分のやりたいことをじっくり探せます

大まかでもいいので、早いうちから将来の進路やキャリアを考えておきましょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

2024卒は必見!大学3年生からの就活スケジュール

2024卒は必見!大学3年生からの就活スケジュール

2024年に卒業する大学生向けの就活スケジュールを紹介します。

スケジュールから逆算して、今何をすべきか考えてみましょう。

2022年5月までに自己分析と業界・企業研究

大学3年生の5月までに自己分析と業界・企業研究を行い、就活準備を済ませておきましょう。

採用情報の解禁は2023年3月ですが、本格的な就活が始まってから準備をしていては間に合いません

早めに準備をはじめることで、自己分析や企業研究の掘り下げができ、自分の適性を把握できます。

とくに自己PRと志望動機は、6月から始まるインターンシップのエントリー時にも提出を求められるので、早めに準備しておきましょう。

2022年6月からインターンシップ開始

2022年6月から夏期インターンシップが始まるため、積極的に参加しましょう。

内容や実施期間はさまざまですが、行きたい企業や業界を理解できる貴重な機会です。

顧客訪問などの実践的なプログラムもあるので、参加すれば入社後のミスマッチを軽減できます。

複数の業界を体験したい方は短期、ひとつの業界について詳しく知りたい方には長期への参加をおすすめします。

2022年9月からES・面接対策をはじめる

翌年3月の情報解禁や本選考に向けて、9月からES・面接対策をはじめましょう

ESは企業が就活生の人柄を見極めるために必要な資料であり、企業にアピールするための重要な資料です。

エントリーするすべての企業に提出すると時間がかかるため、余裕を持って準備しておきましょう。

面接対策では、志望動機などのよく聞かれる質問への回答を準備しておくことが大切です。

個人面接だけでなく、グループディスカッションの対策もしておきましょう。

2023年3月から企業エントリー開始

大学4年の3月になると採用情報が解禁され、企業エントリーが一斉に始まります。

就活が本格化して忙しくなるので、すぐに対応できるように志望企業をリストアップしておきましょう。

もっと早い時期から受付を開始する企業もあるため、事前確認が必要です。

同時期から企業説明会も始まるので、スケジュール管理をしっかり行いましょう。

2023年6月から選考活動が解禁

大学4年の6月になると選考活動が解禁され、面接などが始まります。

採用が確定して内々定が出はじめるため、早く動き出さないと残りの枠が減ってしまいます

外資企業やベンチャー企業は、2022年に内定がもらえることもあります。

企業によって面接時期は異なるので、事前確認が必要です。

仮に選考がうまくいかなくても、通年採用の企業も探すなどして最後まで諦めずに就活を続けましょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

すぐに内定を確保しておきたい就活生におすすめの無料エージェント

「なかなか内定を獲得できない…」「とりあえず内定を持っておきたい!」という人は無料のエージェントサービスを利用しましょう。 就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。


就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録
・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

キャリアパーク就職エージェント|40万人以上の会員数


キャリアパーク就職エージェント|40万人以上の会員数
リンク先:https://careerpark.jp/

キャリアパーク就職エージェント」は、40万人以上の会員を持つ就活メディアが運営する就活エージェントです。

最短3日で内定が獲得でき、昨年度は1,000名以上の内定実績がある業界最大級の無料エージェントサービスです。

またソニーやキーエンスなどのグループ実績が豊富なのも特徴です。

キャリアパーク就職エージェント
紹介可能な企業
  • 年間休日が140日以上、残業なし
  • 家賃手当7万円
  • 私服勤務
  • 年収1,000万円以上
書類選考なし&一次選考免除の特別推薦も案内しているので、求人の募集がなくならないうちに登録だけ済ましておきましょう!
  • 最短3日で内定をもらえる
  • 最終選考からの特別ルートもあり
  • 就職率98%

完全
無料
最短3日で
今すぐ内定をもらう

リンク先:https://careerpark.jp/

☆昨年度紹介実績1,000名超え!!
☆ES・履歴書の添削OK!!

就活の選考スケジュールは?企業別にチェック!

就活の選考スケジュールは企業によって異なるので、ここでしっかり確認しておきましょう。

  1. 経団連に加盟している企業
  2. 経団連に加盟していない企業
  3. 外資系企業

経団連に加盟している企業

経団連に加盟している企業は、経団連が定めた就活ルールに沿った選考スケジュールが基本です。

就活ルールはすでに廃止されていますが、経団連加盟企業の多くは従来どおりのスケジュールで採用選考をおこなっています。

大学3年生 6月インターンシップ開始
大学3年生 3月企業の広報活動解禁、ES受付
大学4年生 6月選考1次面接が開始
大学4年生 8月内定

経団連に加盟している企業には、以下のような大手企業が名を連ねています。

  • 三菱商事
  • 伊藤忠商事
  • キリンホールディングス
  • 旭化成
  • 京セラ
  • KDDI
  • 三菱UFJ銀行

ただし、すべての加盟企業が上記スケジュールに沿って採用選考をおこなうわけではありません。

従来よりも早い段階で受付をはじめる企業もあるので、企業ごとに詳細を確認しておきましょう。

経団連に加盟していない企業

経団連に加盟していない企業は、より早いタイミングで採用選考をはじめます

大学3年生 6月インターンシップ開始
大学3年生 2月一般エントリー開始、採用選考開始
大学3年生 3月インターンシップ参加学生に内定
大学4年生 4月内定

大学3年生の3月は経団連加入企業の広報活動が解禁される時期ですが、経団連非加盟の企業はすでに内定者を出します。

ルールの縛りがないため、優秀な学生をなるべく多く確保するために早い段階で内定を出すのです。

経団連に非加盟の企業には、以下のとおり有名企業が名を連ねています。

  • 楽天
  • LINE
  • グリー
  • サイバーエージェント

メガベンチャーと呼ばれている企業も多く含まれているため、就活は早く進めたほうが得策です。

外資系企業

外資系企業は、経団連非加盟の企業よりもさらに早いタイミングで内定を出します

大学3年生 6月インターンシップ開始
大学3年生 10月採用選考開始
大学3年生 11月内定

大学3年の10月ころから選考をスタートさせ、年越し前に内定者を出しています。

外資系企業には、以下のように世界的に有名な企業が名を連ねているのが特徴です。

  • ゴールドマン・サックス
  • J.P.モルガン
  • アクセンチュア
  • P&G
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー

朝日新聞社や日本テレビ放送網など、一部のマスコミでも大学3年の秋から選考活動をはじめます

就活のスタートが遅くなると、採用試験を受けることすらできません。

外資系企業やマスコミへの就職を目指すなら、早めに就活準備をはじめましょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

大学3年で就活を何もしてない人は何から始めればいい?

大学3年生になったら、就活準備に取り掛かりましょう。

以下のポイントをすべて実践すると、大学4年生を迎えたときに焦らずにすみます。

  1. 自己分析
  2. 業界・企業研究
  3. エントリーシートの作成
  4. 面接・筆記試験対策
  5. OB・OG訪問

自己分析

最初に自己分析を行い、就活の強みを見つけましょう。

自己分析とは、自分の強みや弱みなどを分析して価値観や適正などを把握することです。

就活では自己PRや志望動機を問われる場面が多いため、自己分析が欠かせません。

これまで経験したことや、経験した物事に対する感情を振り返ることで、自分の適正や価値観に気づけます。

家族や友達に他己分析をお願いすると、自分の長所や短所を客観的に把握できるでしょう。

業界・企業研究

自分の行きたい業界や企業を決めるために、業界・企業研究をしましょう。

自分の知っている業界や興味のある企業だけではなく、さまざまな業界・企業を研究することをおすすめします。

実際に調べてみると、知らない業界の中に自分に合っている企業があるかもしれません。

まずは選り好みせず、幅広い業界・企業について調べてみましょう。

企業研究は時間がかかる場合が多いため、早めにスタートしておくと後がスムーズです。

エントリーシートの作成

インターンシップに参加する際にエントリーシートの提出を求められるので、早めに作成に取り掛かりましょう。

エントリーシートの代表的な質問項目は以下のとおりです。

  • 長所や短所
  • 自己PR
  • 志望動機

応募者がどのような人物なのかを見極める重要な資料なので、事前に自己分析を終えておく必要があります。

読む人にきちんと伝わるように、簡潔にわかりやすく書くのがポイントです。

内定者のエントリーシートを無料公開している新卒向け就活情報サイトもあるので、例文を参考に作成しましょう。

面接・筆記試験対策

大学4年生になるとエントリーが解禁されて忙しくなるため、大学3年生のうちから面接・筆記試験対策をはじめましょう。

多くの企業が採用している筆記試験は「SPI」です。

ある程度問題のパターンが決まっているため、過去問を解くことが最も効果的な対策です。

面接対策では、「自己PR」や「志望動機」など必ず質問される内容を紙に書き出して整理しておきましょう。

事前に予行練習をしておくと、本番でもひるまず気持ちに余裕を持って答えられます。

OB・OG訪問

自分が働くイメージを持つために、OB・OG訪問を活用して社会人から話を聞いてみましょう。

OB・OG訪問の最大のメリットは、企業ホームページには載っていないリアルな声を聞けることです。

実際に社会人経験のある人から話を聞けば、自分が目指す業界や企業のイメージができ、就活に対するやる気も出ます。

OB・OGの探し方は、以下のとおり複数あります。

  • 学校のキャリアセンター
  • 就職支援サービス
  • ゼミ・部活・サークルの先輩などの人脈

ただし、就活が本格化する3月以降はOB・OG訪問の依頼が集中するので、早めに動いておくといいでしょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

就活生の内定は何月までにないとやばい?

就活生の内定については、一般的には4月から5月頃が締め切りとなっています。

つまり、就活生は3月までに内定を獲得できなければ、就活が失敗に終わってしまう可能性があります。

ただし、業種や企業によっては、内定の時期が異なることがあります。

  • 大手企業・官公庁・・・内定の時期が早い傾向
  • 中小企業・ベンチャー企業・・・内定の時期が遅れることも

また、内定獲得のタイミングは、就活生の志望する業種や企業、選考の進み具合などによっても異なります。

就活生は、自分が志望する企業の内定獲得時期を事前に調べ、適切なスケジュール管理を行いましょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

大学生が就職活動スケジュールを管理する方法

就活をスムーズに進めていくには、スケジュール管理が必要です。

ここでは、これから就活をはじめる大学生におすすめの管理方法3つ紹介します。

  1. スケジュール管理アプリを利用する
  2. スケジュール帳に記入する
  3. 腕時計を装着する

スケジュール管理アプリを利用する

毎日持ち歩くスマホにスケジュール管理アプリをダウンロードしておくと、就活をスマートにこなせます。

以下のアプリは無料でダウンロードできるうえに使い勝手も良好なので、就活生におすすめです。

  • 就活マネージャー
  • TimeTree
  • Googleカレンダー

就活イベントをカレンダーで色分けできるほか、説明会会場の地図表示などスケジュール以外の機能も充実しています。

便利な機能が備わっているので、多忙な就活生をあらゆる場面でサポートしてくれるでしょう。

スケジュール帳に記入する

持ち歩きしやすいスケジュール帳を用意するのもおすすめです。

実際に書きこむことで頭にインプットされやすく、予定を記憶しやすくなります。

就活中に新たな情報を得たときは、その場ですぐにメモできます。

ただし、キャラクターのプリントが施されている派手なものではなくシンプルなものを選びましょう。

腕時計を装着する

就活では時間配分が必要になるため、腕時計を装着しておきましょう。

スマホでも時間配分は可能ですが、腕時計を身につけることは社会人のマナーです。

筆記試験会場には時計が設置されていないケースが多く、試験中にスマホを触ることはできません

腕時計があれば、いきなり試験が課されたときも冷静に対処できます。

就活で身につける腕時計は、リクルートスーツに馴染むアナログタイプを選びましょう。

派手な装飾がある腕時計は避けて、シンプルなデザインの腕時計を装着するのが無難です。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

就活を有利に進めるためにすべき3つのこと

就活をスムーズに進めていくために、以下3つのことを実践しましょう。

  1. 就職エージェントを利用する
  2. 逆求人サイトに登録する
  3. 複数のインターンシップに参加する

就職エージェントを利用する

一人で就活を進めることに不安がある方は、就職エージェントを活用しましょう。

就職エージェントは、エントリーシートの作成や添削、自分に合う企業紹介などの多彩なサービスを受けられるのが魅力です。

就活のノウハウを知り尽くした専任アドバイザーが包括的にサポートしてくれるので、効率よく就活を進められます。

以下のサイトは人材系最大手のリクルートが運営しているため、初めての方も安心して利用できます。

会員登録は無料なので、気軽に相談してみましょう。

逆求人サイトに登録する

就職エージェントだけでなく、逆求人サイトにも早い段階で登録しておきましょう。

逆求人サイトとは、企業からオファーを受けられるサービスのことです。

プロフィールや自己PRなどを登録しておくだけで企業からオファーがくるため、面倒な手間がかかりません。

学生時代に得たスキルや経験など、自分の何がどの業界・企業から評価されるかを確認できます。

OB・OG訪問の紹介などの情報提供もおこなっているので、積極的に活用しましょう。

複数のインターンシップに参加する

就活を有利に進めるために、なるべく多くのインターンシップに参加しましょう。

ひとつに絞るよりも複数に参加したほうが、業界や企業に対する理解がより深まります。

業務内容や就業時間、会社の雰囲気などはインターンに参加してみないと経験できません。

参加せずに会社を決めると、「イメージと違う」と感じて仕事を辞める人もいます。

早いうちにたくさん参加して、自分に合った仕事を見つけましょう。

\ 即日内定をもらいたい人必見 /今すぐおすすめエージェントを見る

まとめ|早めに準備をはじめて就活を有利に進めよう

就活は大学3年生の春からはじめるのが一般的ですが、できるだけ早めに準備をはじめましょう。

経団連に加盟していない企業や外資系企業など早い時期から選考する企業もあるため、始動が遅いと後悔する可能性があります。

就活の開始時期に決まりはなく、早くはじめるほど有利です。

準備には思った以上に時間がかかるので、大学1〜2年の時間のあるうちから就活を意識して計画的に行動しましょう。


就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録