【例文あり】インターンシップ後のアンケートの感想で差をつける方法とは?

【例文あり】インターン後のアンケートで差をつける方法とは?

「インターン後のアンケートは選考に関係あるの?」

「インターン後のアンケートは何を書けばいいの?」

「インターン後のアンケートを上手く書くコツはある?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、就活生がインターンに参加したあとにおこなわれるアンケートの重要性と、面接官の印象に残る感想文の書き方のコツについて解説しています。

最後まで読むことで、インターンのアンケートで魅力的な感想文が書けるようになり、周りの就活生と差をつけられるでしょう。

インターン後に好印象を残すためにも、感想文を書くコツを身につけましょう。

この記事の監修および編集協力者
最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

企業がインターン後にアンケートを提出させる3つの目的

アンケートを求める3つの理由

企業がインターン後に学生にアンケートを求めるのには、明確な理由があります。

イベントなどに参加した後の、気軽なアンケートとは違うため注意してください。

以下が、企業が学生にインターン後にアンケートを求める3つの理由です。

  1. 参加した就活生の成長を確認するため
  2. インターンの内容を理解しているか確認するため
  3. インターンの改善点を把握したいため

参加した就活生の成長を確認するため

企業がインターン後にアンケートを見るのは、学生一人ひとりの成長を確認するためです。

なぜなら、企業がインターンを開催するのは、将来性の高い優秀な人材の確保を目的としているからです。

  • インターンに参加することで、意識にどう変化があったか
  • 実際に業務に携わり何を感じたか

上記のなかで、将来的に伸びる可能性がある人材かを見ています。

成長性があるかは、人材を確保するうえでもっとも重要なポイントです。

そのため、インターン終了後のアンケートでは、将来的な成長性をアピールするのが大切です。

インターンの内容を理解しているか確認するため

インターンの内容を理解しているかどうかも、アンケートを提出させる目的です。

企業が開催するインターンには、以下の明確な目的があります。

  • 人材採用のミスマッチを防ぐ目的がある
  • 優秀な人材を早期で獲得したい

上記の目的を理解して、アンケートに反映できているかを見ています。

とくに、企業が注力しているのは人材獲得のミスマッチを防ぐことです。

そのため、企業の価値観に合う人材なのかどうかを、感想文から判断しています。

インターンの改善点を把握したいため

インターン後のアンケートの目的は、次回のインターンの改善のためでもあります。

企業がインターンを開催する主な目的は、いい人材を早期に獲得したいからです。

しかし、インターンの評判が良くないと、優秀な人材の応募を逃してしまいます。

そのため、企業は就活生から改善点を聞いて、インターンの質を高める必要があります。

企業がインターン後にアンケートを求めるのは、改善点を明らかにして、インターンの質を高めるためです。

就活の無料サポートを受ける

インターンシップアンケートの感想は何を書けばいい?

面接官の注目を集める以下の5つの書き方

インターンシップ後のアンケートは、選考に関わるため重要です。

しかし、アンケートといわれてもES(エントリーシート)のようなフォーマットがなく、何を書いていいか悩むでしょう。

そこで、インターン後のアンケートで、面接官の注目を集める以下の5つの書き方について解説します。

  1. インターンシップに参加した理由を書く
  2. 企業研究で学んだことを感想文で書く
  3. 今回のインターンで学んだ内容を書く
  4. 反省点や今後の課題を書く
  5. 今後の目標や企業に貢献できる理由を書く

インターンシップに参加した理由を書く

インターンシップ後のアンケートでは、まずはインターンに参加した理由を書くのが大切です。

企業側も、人材獲得のミスマッチを防ぎたい思いからインターンを開催しています。

そのため、インターンに参加した目的は、はじめに就活生の価値観を判断するポイントとなります。

インターンのアンケートを書くときは、必ずインターンに参加した理由を書きましょう。

企業研究で学んだことを感想文で書く

アンケートで周りの学生と差をつけるために、企業研究で学んだ内容も盛り込むのがおすすめです。

企業がアンケートを実施しているのは、早期退職や人材獲得のミスマッチを防ぐためです。

そのため、企業についてどの程度理解できているか必ず確認します、

企業理解をアピールするためにも、企業研究で学んだ内容をアンケートでアピールしましょう。

今回のインターンで学んだ内容を書く

インターンに参加した理由や感想以外に、今回のインターンで学んだ内容まで書くのが大切です。

なぜなら、面接官はインターンに参加した就活生の成長性も見ているからです。

成長意欲のある人材を判断するために、学んだことを自分ごとに落とし込めているかアピールする必要があります。

面接官に成長意欲のある人材と判断してもらうためにも、インターンで学んだ内容も具体的に書きましょう。

反省点や今後の課題を書く

反省点や今後の課題を書くことも、面接官に評価されるためには重要です。

企業が求める成長性や将来性がある人材とは、自分で反省点を見つけ改善を続けられる人材です。

そのため、アンケートに反省点や課題を書くことで、自分で課題を見つけられる人材であるアピールができます。

優秀な人材であることをアピールするためにも、インターン参加後の反省点や課題を書きましょう。

今後の目標や企業に貢献できる理由を書く

企業で働いているイメージを、面接官にアピールするためにも、企業に貢献できる理由や目標を書きましょう。

インターンは、企業で戦力になる人材を見極める場です。

そのため、アンケートで何に貢献できるかを書くことは、面接官に入社後に働いているイメージを想像してもらいやすくなります。

面接官に入社後のイメージを具体的に伝えるためにも、企業に貢献できる理由を書きましょう。

就活の無料サポートを受ける

インターンシップ後のアンケートで印象に残る感想文を書く4つのコツ

印象に残る感想文を書く4つのコツ

インターン後のアンケートは、工夫しないと周りの学生と同じような感想文になり、面接官の印象に残る文章が書けません。

そこで、面接官の印象に残る感想文を書くための、以下の4つのコツを解説します。

  1. 感想文にならないように根拠と理由を伝える
  2. 反省点や課題の後には改善策も伝える
  3. インターン中の情報をメモに残しておく
  4. インターンに参加して「楽しかった」と感じたエピソードを入れ込む

感想文にならないように根拠と理由を伝える

ただの感想文にならないように「根拠」と「理由」を伝えることが大切です。

インターン後のアンケートを、感想文と勘違いしてはいけません。

企業にアピールするための、自己PRの場でもあります。

そのため、インターンに参加して感じたことを書いたら、それに対する「根拠」と「理由」を合わせて書きましょう。

感想文ではないことを意識して、具体性のある内容を心掛けましょう。

反省点や課題の後には改善策も伝える

反省点や課題点を書いた後には、必ずそれに対する改善点も伝えましょう。

なぜなら、反省点を伝えるだけでは、マイナスの印象を残してしまうからです。

企業が本当に知りたい内容は、反省点を生かしどう改善できるかです。

反省点だけでは、失敗を次に生かせる人材であることをアピールできません。

反省点を書くだけで終わりにせず、企業が一番求めている改善点を書くことが大切です。

インターン中の情報をメモに残しておく

アンケートにインターンの課題点や改善点を具体的に書くためにも、インターン中にメモを残すことが大切です。

アンケートを書こうと思っても、手が止まってしまう人は、思い出せるエピソードが少ないからです。

書ける情報を増やすためにも、インターン中に印象に残ったことはメモを書いておきましょう。

具体的なエピソードを書くことで、真面目に参加していたことのアピールにもなります。

アンケートで具体的なエピソードを書くためにも、メモを取ることを意識しましょう。

インターンに参加して「楽しかった」と感じたエピソードを入れ込む

インターンを楽しめたかどうかも、アンケートに書くようにしましょう。

実は、面接官は学生がインターンを心から楽しめているかも見ています。

なぜなら、長く働く人材として、業務に「やりがい」を感じているかは重要なポイントだからです。

楽しみが伝わらないアンケートだと、仕事にやりがいを感じていないと判断され、適性がないと思われる可能性があります。

仕事の「やりがい」をアピールするためにも、楽しかったエピソードも盛り込むようにしましょう。

就活の無料サポートを受ける

インターンのアンケートで印象に残る感想文を書く5つの手順

インターン後のアンケートを書くときに、思ったことをそのまま書いても、まとまりのない文章になります。

面接官の印象に残る文章を書くためにも、以下の5つフォーマットに沿って感想文を書きましょう。

  1. まずはインターンに参加したお礼と参加した理由を書く
  2. 今回のインターンで学んだ内容を書く
  3. インターンの後の展望や目標を書く
  4. インターンで印象に残ったことをアンケートに書く
  5. 最後にもう一度お礼を伝える

①まずはインターンに参加したお礼と参加した理由を書く

まずはじめに、インターンに参加したお礼と理由を書きましょう。

以下のように「社会人のマナー」として、まずは参加したお礼を伝えます。

「今回は、1週間の職業体験のインターンシップに参加させていただき、誠にありがとうございました。」

お礼のあとには、インターンに参加した具体的な理由を書きます。

「〇〇業界には昔から興味がありましたが、とくに貴社の事業内容や働き方に強い関心をいだき、自ら志願して参加いたしました。」

上記のように、具体的な参加理由を書いてください。

まずは冒頭に、参加したお礼と参加した理由を書くようにしましょう。

②今回のインターンで学んだ内容を書く

次に、今回のインターンで学んだ内容について書きます。

参加したインターンのプログラムのなかで、印象に残った部分をピックアップしましょう。

注意点として、内容を詰め込みすぎると、伝えたい内容が渋滞して読みづらい文章になります。

学んだ内容を伝えるときは、1〜2つに伝える内容を絞って書くことが大切です。

③インターンの後の展望や目標を書く

次に学んだ内容に対しての改善点や、今後の展望について書きます。

企業に、成長性のある人材であることをアピールするには「学びをどう活かすか」まで伝えることが重要です。

ただし、改善点を伝える際は、私生活ではなく参加した企業でどう活かすかを伝えましょう。

  • フィードバックいただいた内容を改善し、貴社の〇〇に存分に活かしていきます。
  • 顧客のニーズ分析の課題点を改善し、貴社の売上アップに貢献します

このように、企業にどう還元できるかを伝えましょう。

④インターンで印象に残ったことをアンケートに書く

周りの就活生と差をつけるために、インターンで印象に残ったエピソードも書くのもおすすめです。

しかし、印象に残ったエピソードを加えるには、インターン中にメモを残すことが大切です。

印象に残ったことがあっても、メモを取っていないと記憶に残りません。

感想文をより深い内容にするためにも、印象に残ったことはメモに取っておきましょう。

⑤最後にもう一度お礼を伝える

最後の締めにもう一度、今回の参加のお礼を伝えます。

アンケートだからと、感想文だけで終わる学生もいますが、面接官は社会人としての接遇も見ています。

無駄なところで減点をされないように、基本的な社会人としてのマナーは守りましょう。

就活の無料サポートを受ける

【パターン別】インターン後のアンケートの5つの回答例を紹介

インターン後のアンケートを上手く書くには、手本を参考にして書くのがおすすめです。

そこで、パターン別の5つのインターン後のアンケートの例文を紹介します。

  1. 職業体験型のインターンシップに参加したときの感想文の書き方例
  2. グループワーク型のインターンシップに参加したときの感想文の書き方例
  3. インターン後のアンケートで企業の改善点を聞かれたときの書き方例
  4. 1dayのインターンシップに参加したときの感想文の書き方例
  5. 面接でインターンシップの感想を伝えるときの回答例

職業体験型のインターンシップに参加したときの感想文の書き方例

以下が、職業体験型のインターン後のアンケートの回答例です。

今回は、1週間のインターンの職業体験を通じて、マーケティング業界の具体的な仕事内容に携われる機会を頂いたことに、お礼申し上げます。もともとマーケティング業に興味があり顧客ニーズの分析や、LP作成(ランディングページ制作)について、どのような手順でおこなうのか知ることができ、業務内容に対する具体的なイメージができました。

広告コンセプトの立案や市場調査を実際に見学させていただいたなかで、担当社員の〇〇さんに詳しくお話を伺い、マーケティング業の新たなやりがいを発見できました。今回のインターンを通じ、さらに貴社の企業コンセプトに感銘を受けました。今後もマーケティング業界で働くために、実際の事例を研究し、市場分析やデータ分析を日ごろからおこなっていきます。このたびは、1週間のインターンに参加させていただき、ありがとうございました。

基本どおりの手順で書いた例文です。

まずは、参加したお礼を伝えています。

そして、職業体験型インターンで一番重要なところは、実際に職業を体験して得た学びを伝えることです。

具体的にどこの業務に学びがあったのか、それをどう活かすのかを書きましょう。

グループワーク型のインターンシップに参加したときの感想文の書き方例

グループワーク型インターンの、以下のアンケートの回答例を紹介します。

今回は貴社のインターンシップに参加させていただき、誠にありがとうございました。貴社の〇〇について深い関心があり、今回は〇〇についてグループワークでお話しできると知り参加させていただきました。

〇〇について、自分では理解できてると感じておりましたが、担当してくださった〇〇様のフィードバックにより、新たな学びを得られました。1人では気づけなった〇〇についての弱点や、課題点が明らかになり、具体的に改善するべきポイントがわかりました。

今回伝えてくださった〇〇についての課題は、今後働きはじめたときに一番重要だと自覚しています。〇〇を改善するために明日から〇〇を実行し、PDCAを回していきます。今回は、インターンシップで多くのことを学ばせていただき、ありがとうございしました。

ポイントとしては、グループワークでもらったフィードバックを、どう改善するべきかを伝えることです。

企業が知りたいのは、課題に対する改善策のため、具体的な内容を伝えましょう。

インターン後のアンケートで企業の改善点を聞かれたときの書き方例

改善点を聞かれたときの、以下のアンケートの回答例を紹介します。

今回は、1日という短い期間でしたが充実したプログラムを用意していただき、ありがとうございます。グループワークでは、メンバー同士で意見を重ねるなかで、新たなアイデアが生まれるまでの過程を学びました。担当してくださった〇〇様のフィードバックでは、働き方や考え方を知れて、貴社への志望度がより高まりました。

大変学びの多いインターンシップでしたが、改善点について1つ述べさせていただきます。会社説明の動画に登場するインタビュアーの演技が少しわざとらしく、内容が頭に残りづらく感じます。内容自体は、わかりやすい構成のため、動画の編集やクオリティをもう少し上げるとさらによい資料映像になると思います。

しかし今回の企業説明で、貴社の事業内容や働き方にさらに強い関心をもちました。グループワークのフィードバックで学んだ経験は、今後の就職活動に活かすだけではなく、貴社に求められる能力を磨くため改善に努めます。今回は、インターンシップに参加させていただきありがとうございました。

改善点を求められている際は、いきなり改善点を書くと印象がよくありません。

まずは参加したお礼と、学んだ内容などを伝えましょう。

ただ企業が改善点を求めている場合は、明確に伝えるのが大切です。

企業側も、次のインターンシップに活かしたいと考えているため、求められている改善点は明確に伝えるのがおすすめです。

1dayのインターンシップに参加したときの感想文の書き方例

次に、1dayのインターンシップに参加したときの、以下のアンケートの回答例を紹介します。

今回はお忙しいなか、1dayインターンシップに参加させていただき、誠にありがとうございました。昔から興味をもっていた業界のなかでも、とくに貴社に関心があり志願していたため、インターンシップに参加させていただいて、感謝申し上げます。

インターンに参加する前から貴社について企業研究や資料などで理解はしているつもりでしたが、会社説明会で事業内容や働き方について、より詳しく知れたことで、貴社への入社志望度がさらに増しました。今回のインターンに参加して学んだ内容は今後の企業研究や、貴社に入社した際にも、活かしていきます。今回はインターンシップに参加させていただき、ありがとうございました。

1dayのインターンの場合は、企業説明型が多いです。

そのため、企業説明で何を学んだのかを詳しく書きましょう。

面接でインターンシップの感想を伝えるときの回答例

次に、面接でインターンの感想を聞かれた際の、以下の回答例を紹介します。

面接官「インターンシップについての感想を教えてください」
「今回の企業説明会型のインターンシップでは、御社が業界トップクラスのシェアを維持するために実施している企業努力を知り、さらに志望度が高まりました。商品開発までの流れから、営業で一定の成果を上げるための教育方針など、業界トップクラスに押し上げている働き方や開発方法には、感銘を受けました。御社の企業努力によって、開発されている商品を、営業職として最大限の魅力でお客様に届ける自信があります。」

面接でも感想文と同様に、インターンから何を学んだのかを求めています。

インターンシップで何を学んだのかを答えられるように、準備しておきましょう。

就活の無料サポートを受ける

インターン後のアンケートをメールするときに気を付けるべきポイント

インターン後のアンケートをメールする際に、以下の4つの注意点があります。

  1. 24時間以内に返信する
  2. 誤字脱字を確認する
  3. 略語は使わない
  4. 夜遅くにメールしない

インターンシップのアンケートは、提出期限が決められている場合もありますが、ビジネスマンのルールに合わせ、24時間以内の返信を心掛けましょう。

誤字脱字や略語も、面接官の印象を下げてしまうため、見直しは入念にしてください。

そして、メール時間については、深夜や営業時間外に送るのは、マナー違反になるため、避けるべきです。

遅くなったとしても、営業時間内にメールを送るようにしましょう。

アンケートをメールで送る際は、4つの注意点を意識して送りましょう。

まだ内定を獲得できてない人は就活エージェントを利用しよう!

「なかなか内定を獲得できない…」「とりあえず内定を持っておきたい!」という人は無料のエージェントサービスを利用しましょう。

就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。

・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

キャリアチケット|大手だからこその安心感!


キャリアチケット
リンク先:https://careerticket.jp/

キャリアチケット」は、2月中に内定が欲しい就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

就活生の4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)しており、最短2週間で内定獲得(2022年度実績)も実現できます。

入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわないように、入社後のキャリア形成を見据えた就活支援をおこなってくれます。

キャリアチケット
  • 面接対策/ES添削も対応
  • 年間13,000人以上のサポート実績
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://careerticket.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

インターンシップのアンケートで就活生からよく聞かれる3つの質問

インターンシップ後のアンケートは、ES(エントリーシート)より重視しない人が多いため、出回っている情報も少ないです。

しかし、アンケートについて、悩んでいる学生は多くいます。

そこで、インターン後のアンケートで学生から良く聞かれる、以下の3つの悩みにお答えします。

  1. インターン後のアンケートはいつまでに出す?
  2. インターンでアンケートを提出したけど連絡が来ない場合は?
  3. インターンシップのアンケートは文字数ギリギリまで書くべき?

インターン後のアンケートはいつまでに出す?

インターンのアンケートは、ビジネスマンのルールを考えると、24時間以内の提出が望ましいです。

企業によって提出期限が異なりますが、提出は早い方が入社意欲を伝えられます。

提出が遅れたり、未提出になったりするのは論外です。

アンケートは24時間以内の提出を心掛け、提出期限は必ず守りましょう。

インターンでアンケートを提出したけど連絡が来ない場合は?

アンケートに答えたうえで連絡がない場合は、企業に問い合わせしてください。

「このたびは、インターンシップに参加させていただきありがとうございます。御社のインターンに参加後は、さらに働き方や仕事内容に興味を持ちました。」

上記のように、熱意を伝えたうえで、アンケートを提出したが連絡が来ていない旨を伝えましょう。

インターンシップのアンケートは文字数ギリギリまで書くべき?

インターンシップ後のアンケートは、求められている文字数ギリギリまで書くのがおすすめです。

なぜなら、求められる枠いっぱいに書けているほうが、企業に入社意欲を示せるからです。

枠が余っている学生と、枠にぎっしりとインターンで学んだ内容を書いている学生では、どちらが意欲があるか一目瞭然でしょう。

しかし、枠を埋めるために薄い内容を書き足すのは、逆に評価を下げるため止めましょう。

インターンで学んだ内容を、具体的に伝えることは忘れてはいけません。

まとめ|インターン後のアンケートで印象を残せれば面接官の評価も上がる!

今回は、インターン後のアンケートの重要性について解説しました。

インターン後のアンケートは、学生が思うより、企業は選考の基準にしています。

だからこそ、感想で終わらないように、書き方のコツやフォーマットを憶えて、面接官の記憶に残る文章を書きましょう。

今回のまとめです。

上記の手順でアンケートを書くと、面接官の印象に残りやすい感想文が書けるでしょう。

周りの学生と差をつけて、内定に近づくためにも、コツや回答例を参考にしましょう。

→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録※21卒学生の累計登録者数から算出
・最短2週間で内定獲得※2022年度実績

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・24卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 24卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録