【リクルートの就職難易度】受かる人の特徴や学歴フィルター、採用大学ランキングを解説

【リクルートの就職難易度】

この記事は、リクルートの基本情報から選考フロー、選考対策、求める人材像など、完全ガイドとして解説しています。

具体的な選考対策や、成功者の共通点を知りたい方は必見です。

また、リクルートの平均年収や評価制度、職種別難易度も比較してみました。

さらに、よくある質問をピックアップし、リクルート社員の実際の働き方や労働環境についても紹介しています。

監修者からひとこと
これを読めば、自分の興味や関心に合ったリクルートへの就職が、より明確になるはずです。
最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

「リクルート」という企業についての基本情報

東京都に本社を置き、経験豊かな社員が多数在籍しており、新卒採用や中途採用を通じて優秀な人材を積極的に募集しています。

リクルートグループは、人材紹介・転職支援、求人サイト運営、教育・研修サービス、結婚相談所運営、不動産情報提供、トラベル・ホテル予約サービスなど幅広い分野において事業を展開しており、業界トップクラスの実績と信頼を誇っています。

また、リクルートはデータ分析やAI技術を活用し、効率化や最適化を進めており、今後の成長が期待される企業です。

年収については、平均年収は1000万円を超えると言われることが多く、企業内では福利厚生やキャリア支援なども充実しています。また、リクルートは社員の働き方改革を推進しており、柔軟な働き方が可能です。

経営陣や人事部門が社員を大切にし、働く環境を整えているため、従業員からの評判も非常に高く、長く働きたい企業として評価されています。

細かい仕事内容や人員に関しては下記をご参照ください。

  1. どんな仕事をしている?
  2. どんな人が働いている?

どんな仕事をしている?

リクルートの仕事内容は多岐に渡ります。求人情報誌「From A」をはじめとする求人サイトを運営し、企業と求職者を繋ぐ人材紹介事業を行っています。

また、転職支援サービスや人材育成・研修サービスを提供し、社員のキャリア形成をサポートしています。さらに、結婚相談所運営不動産情報提供サービストラベル・ホテル予約サービスなど、ライフステージに応じた幅広いサービスを展開しているのが特徴です。

技術面では、データ分析やAI技術を活用して、各サービスの効率化や最適化を図っています。エンジニアやデータサイエンティストなど、高度なスキルを持つ人材が多く、イノベーティブな取り組みを行っています。

リクルートは常に最先端の技術を取り入れ、サービスの質を高めることに注力しているため、働く社員には多様な仕事があり、スキルアップが期待できます。

どんな人が働いている?

リクルートでは、多様なバックグラウンドを持つ社員が活躍しています。新卒採用や中途採用を通じて、企業や業界の専門知識を持つ人材を積極的に採用しており、各分野でのプロフェッショナルがいるのが特徴です。

また、異業種からの転職者も多く、新たな視点やアイデアを持ち込み、企業全体の成長に貢献しています。

働く社員の年齢層は幅広く、新卒入社からベテランまで様々です。リクルートでは、社員同士が協力し合い、お互いの知識やスキルを共有する風土が根付いています。

また、柔軟な働き方が推奨されており、時短勤務やテレワークなど、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。リクルートは、社員一人ひとりが自分のキャリアを築き、充実した働き方を実現できる環境を提供しています。

リクルートの就職難易度

リクルートは多様な事業を展開する大手総合人材サービス企業であり、就職の難易度は高いとされています。理由としては、同社が求める人材像が高いことが挙げられます。

具体的には、自ら主体的に行動し、ビジネスを成長させる力を持つ人材が求められており、選考プロセスも厳しいものが設定されています。

また、リクルートは業界内でも高い給与水準を誇っており、求職者にとって魅力的なため、競争が激しいのです。総じて、リクルートへの就職は難易度が高いと言えます。

  1. リクルートは入りやすい企業?
  2. リクルートの新卒の倍率
  3. リクルートのES通過率

リクルートは入りやすい企業?

リクルートは一般的に就職難易度が高いとされていますが、入りやすいかどうかについては個々の状況によると言えます。

リクルートは多くの求職者にとって魅力的な企業であり、自らのキャリアや能力を十分に発揮できる環境が提供されているため、競争が非常に激しいです。

選考プロセスにおいては、ESや面接などの通過率は低めですが、自分の経験やスキルを適切にアピールできるかが重要です。

リクルートの就職活動においては、自己分析や志望動機の明確化、適切な対策が大切であり、その結果として入りやすさが変わってきます。

リクルートの新卒の倍率

リクルートの新卒採用の倍率は、各年度により異なりますが、一般的には非常に高いとされています。その理由として、リクルートが高い年収や働きがいのある職場環境を提供しており、多くの新卒者にとって魅力的な企業だからです。

また、リクルートは独自の採用基準を設けており、多様な人材を募集していることから、新卒者からの注目度が高くなっています。ただし、具体的な倍率については公表されていないため、過去のデータや業界内の傾向を参考にする必要があります。

リクルートのES通過率

リクルートのエントリーシート(ES)通過率は公表されていませんが、一般的にはかなり厳しいとされています。

その理由は、リクルートが高い人材像を求めており、採用選考の第一関門であるESにおいてもその基準が厳しく設定されているためです。

リクルートのESで通過するためには、自己分析や志望動機の明確化、自分の強みや達成したことなどを具体的にアピールすることが重要となります。

また、リクルートの事業や企業理念に合った内容を記載することが求められるため、事前のリサーチも欠かせません。

リクルートの採用大学ランキング

リクルートの採用大学ランキングについて解説します。リクルートは、多くの企業がある東京で活動しており、新卒採用では様々な大学からの学生を採用しています。

この採用大学ランキングは、リクルートが過去に採用した学生の出身大学をもとにランキング化したもので、参考程度にお考えいただくと良いかと思われます。

ただし、学歴よりも自分の経験やスキル、人物像が重視される傾向がありますので、必ずしもランキング上位の大学だけが採用されるわけではありません。また、採用にあたっては、志望動機や自己PRなども重要なポイントとなります。

リクルートにとって大切なのは、社員が持つポテンシャルやビジネススキルであり、現在の時代では学歴だけを重視することは少なくなっています。ですので、自分の力を信じてチャレンジすることが大切です。

リクルートに学歴フィルターは存在する?

リクルートに学歴フィルターが存在するかという質問に対する答えは、「学歴が全く関係ないわけではないが、それ以上に重要視される要素がある」ということです。

リクルートは、社員一人ひとりの可能性やスキルを重視していますので、必ずしも学歴だけで選考されるわけではありません。

例えば、業界経験や職種に関連するスキル、人間性やコミュニケーション能力などが評価されます。面接過程では、自分の経験や実績をアピールすることが大切ですし、志望動機や自己PRも重要なポイントです。

そのため、学歴フィルターはある程度存在するかもしれませんが、それを乗り越えられるような自分の持つ価値をアピールできることが重要です。

リクルートに学歴は関係ない?

リクルートにとって学歴は関係ないと言い切ることはできませんが、企業全体の採用基準としては、学歴よりもスキルや人物像を重視しています。

これは、リクルートが成長や変化を重視する企業だからこそ、それぞれの個性や経験を大切に考えているからです。

もちろん、学歴が一定の水準をクリアしていることは求められますが、それ以上に自分が持っているスキルや人間性が選考において大きな影響を与えます。例えば、コミュニケーション力や問題解決能力、チームでの協力性などが求められます。

学歴が関係ないとは言えませんが、それ以上に重要なのは、自分が持っているスキルや人物像をアピールできることです。

リクルートの選考フロー

リクルートの選考フローは、まずはエントリーシートの提出から始まります。エントリーシートでは、自己PRや志望動機が問われることが一般的です。

次に、筆記試験や適性検査が行われ、合格者にはグループディスカッションや個別面接が続きます。

面接では、自分の経験や実績をアピールするとともに、どのようにリクルートで活躍できるかを伝えることが重要です。

採用担当者は、具体的なビジョンや意欲を評価しますので、明確な目標を持ち、それを達成するための行動計画を説明できると好印象です。

最終的には、内定者は総合的な評価に基づいて決定されます。過程での自己アピールや志望動機、過去の経験や実績など、総合的な要素が選考に影響を与えることを念頭に置いて取り組んでください。

リクルートに受かる人の特徴

リクルートに受かる人は、自分の強みや魅力を明確に伝えることができる人です。具体例を用いて、自分の経験や取り組みをアピールすることで選考を通過しやすくなります。

また、柔軟な思考力やチームワークが大切とされており、グループディスカッションや面接で他者と協力しながら問題解決に取り組む姿勢が求められます。

さらに、リクルートが事業展開する業界に対する興味や知識、志望職種に関する情報を把握していることが評価されます。

そのため、事前にリクルートのビジネスや業界動向について調べ、自分のキャリアプランと照らし合わせておくことが重要です。

自己分析ができることも大切なポイントで、自分の弱みや改善点を認識することで、自身の成長やスキル向上に繋がります。

最後に、選考基準や準備を行うことで受かる確率を上げることもできます、下記も併せてご参照ください。

  1. 学歴以外の重要な選考基準
  2. エントリーシートの書き方や志望動機の準備をする

学歴以外の重要な選考基準

学歴以外の重要な選考基準は、コミュニケーション能力や問題解決力、自己管理能力などのスキルです。これらは、職場での人間関係や業務遂行に直結するため、選考において大きな影響を与えます。

また、自身のビジョンや価値観が会社の経営理念や企業文化と合致していることも重要です。自分の目指すキャリアや会社で成し遂げたいことと、リクルートの目標や方針が一致していると、採用担当者に好印象を与えることができます。

さらに、社会人としての基本的なマナーや清潔感も重視されます。面接や会社説明会に適切な服装や挨拶を心掛けることで、社員として期待されるポテンシャルをアピールできます。

エントリーシートの書き方や志望動機の準備をする

エントリーシートの書き方では、自分の経験や達成した成果を具体的に伝えることが重要です。選考担当者が読んで興味を持ち、面接に進めるようなエピソードや反省点を盛り込みましょう。

志望動機の準備でも、リクルートで働くことで得られる成長や成功体験を想像し、それを自分の目標や価値観と照らし合わせて書くことが大切です。

また、リクルートのビジネスや業界に関する知識や自分が持つスキルを活かす方法を具体的に述べることで、選考担当者があなたの採用に対する期待を持ちやすくなります。

リクルートの平均年収と評価制度

リクルートの平均年収は、業界平均と比較しても高水準に位置しており、成果をしっかり評価される環境が整っています。

また、評価制度や報酬体系については、業績や個人の貢献度を考慮したもので、プロジェクトの成功や自身のスキルや知識の向上などが反映されるようになっています。

これにより、リクルートで働く社員は自己成長やキャリアアップに繋がる報酬を得ることができ、モチベーションの向上や働きがいを感じることができます。

リクルートの選考対策・受かる秘訣を伝授!

リクルートは、多くの新卒者が就職活動で憧れる企業のひとつです。しかし、その採用は非常に競争率が高く、難易度も高いため、選考対策が必要です。

まず、リクルートの志望動機を明確にし、自分の得意分野や経験を活かせる事業を探し、就職活動に臨むことが大切です。

次に、選考過程で求められるスキルや人物像を理解し、自身の経験や学歴、キャリアをアピールできるように準備しておくことが重要です。

選考では、面接やグループディスカッションが行われますので、事前に対策しておくことで、自分の価値をアピールするチャンスを増やすことができます。

また、情報収集は就活の大切なポイントです。リクルート選考に役立つ情報は、企業の公式サイトやインターネット、就職活動支援サイトから入手できます。最新の企業情報や選考対策を学ぶことで、自信を持って選考に臨むことができます。

リクルート選考では、企業文化やビジネス理念などに共感し、積極的に取り組む姿勢を見せることが求められます。自己分析を行い、自分の強みや弱みを理解し、改善に努めることも大切です。

これらの対策や下記内容を抑えておくことで、リクルートの選考で成功する確率が高まります。

  1. 面接で押さえておきたい質問と回答例
  2. 成功者の共通点やモデルケース紹介

面接で押さえておきたい質問と回答例

リクルートの面接では、以下の質問がよく出されます。

  1. 自己PR
  2. 志望動機
  3. リクルートでやりたいこと
  4. チームでの経験や役割
  5. 苦労した経験とその克服方法
回答例
自己PR自分の強みや独自の経験をアピールします。例えば、「大学時代にインターンシップでマーケティングを学び、成果を上げた経験があります。その経験を生かし、リクルートでマーケティングを担当したいです。」
志望動機リクルートの事業内容や企業文化に共感し、自分がどのように貢献できるかを話します。例えば、「リクルートのダイバーシティに惹かれ、自分も異なる背景を持つ人たちと共に働いて力を発揮したいです。」
リクルートでやりたいこと具体的なビジョンや目標を持って話すことが重要です。例えば、「リクルートの人材事業を海外にも展開し、日本の人材市場だけでなく、グローバルな市場で活躍したいです。」

成功者の共通点やモデルケース紹介

リクルートに成功した人々には、以下の共通点があります。

  1. 積極的な姿勢
  2. コミュニケーション能力
  3. 自己分析
  4. 情報収集力
  5. 柔軟な発想
モデルケース:Aさん
大学での課外活動でリーダーシップを発揮し、チームの成果を引き出すことができました。その経験をアピールし、リクルートの選考で大きな評価を受けました。
モデルケース:Bさん
インターンシップで多くの経験を積み、企業のビジョンやチームでの役割を理解し、選考において高いコミュニケーション能力を見せました。

これらの成功者の共通点やモデルケースを参考に、自分の選考対策を見直し、リクルートにチャレンジしてください。

リクルートの職種別難易度・求める人材像

リクルートでは、職種ごとの難易度や求める人材像が異なります。営業職では、高いコミュニケーション力や顧客対応能力が求められます。

事業企画職では、ビジネス戦略の立案や推進力が重要であり、分析力や経営視点を持った人材が望まれます。エンジニア職は、技術力や最新の技術動向に対応できる能力が大切です。

それぞれの職種で、リクルートが重視するポイントは以下の通りです。

営業職顧客満足度の向上、新規開拓能力、営業成績
事業企画職戦略策定力、事業推進力、業界知識
エンジニア職技術力、応用力、チームワーク

これらのポイントを押さえたうえで、自分の強みや適性を活かせる職種を選ぶことが成功の鍵となります。

また、下記ポイントを抑えておく事もおすすめします。

営業職、事業企画、エンジニア等のターゲット人材

リクルートがターゲットとする人材は、営業職では、コミュニケーション力のある方やスピード感を持ってタスクに取り組める方が求められます。

事業企画では、創造力やビジョンを持ち、柔軟な発想で新たな事業やサービスを生み出せる方が好まれます。エンジニア職では、技術力や知識を持ち、チームで協力しながら、最新技術を取り入れた開発ができる方が望ましいとされています。

選考基準や人材育成プランの違い

リクルートの選考基準は、職種ごとに異なります。営業職では、営業実績や顧客対応力が評価されるのに対し、事業企画職では、戦略立案や業界知識が重要視されます。

エンジニア職では、技術力や最新技術への取り組みが評価のポイントとなります。また、人材育成プランも職種によって異なり、営業職は営業スキルの向上やコミュニケーション力強化が重点に置かれ、事業企画職では、経営感覚やリーダーシップの育成が重視されます。

エンジニア職では、技術向上や最新技術の習得が求められます。

転職者・中途採用の難易度と魅力

転職者や中途採用の難易度は、リクルートにおいても高いと言えます。しかし、リクルートは転職者や中途採用に対しても、社員の成長やキャリアアップをサポートする環境を整えています。

そのため、経験者が求めるキャリアチャンスやスキルアップを実現できる魅力的な企業と言えるでしょう。

リクルート以外の企業を探すなら就活エージェントがおすすめ!

「なかなか内定を獲得できない…」「とりあえず内定を持っておきたい!」という人は無料のエージェントサービスを利用しましょう。

就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。

・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

キャリアチケット|大手だからこその安心感!


キャリアチケット
リンク先:https://careerticket.jp/

キャリアチケット」は、2月中に内定が欲しい就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

就活生の4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)しており、最短2週間で内定獲得(2022年度実績)も実現できます。

入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわないように、入社後のキャリア形成を見据えた就活支援をおこなってくれます。

キャリアチケット
  • 面接対策/ES添削も対応
  • 年間13,000人以上のサポート実績
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://careerticket.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

リクルートに関するよくある質問

リクルートへの就職を考える際、まず年収や労働環境、選考プロセスが気になります。ここでは、リクルートに関するよくある質問に回答し、理由や具体例と共に解説します。

最後に、下記内容も併せてご確認ください。

  1. インターンシップ情報や就活イベント
  2. リクルート社員の実際の働き方・労働環境

インターンシップ情報や就活イベント

リクルートでは、学生向けのインターンシップや就職イベントが随時開催されています。これらのイベントに参加することで、リクルートの実際の職種や業界に触れることができ、自分がどのようなキャリアを目指すか具体的にイメージできます。

また、現役社員と交流することで、リクルートの企業文化や働き方をリアルに理解することができます。

リクルート社員の実際の働き方・労働環境

リクルートの社員は、働きがいのある労働環境で働いています。同社では、柔軟な働き方が推奨されており、多様な働き方が実現可能です。また、社員の成長を重視しており、各種研修や社内交流の機会も豊富です。

実績やスキルによっては、海外勤務や異業種への転職もサポートされています。総合的に見て、リクルート社員の働き方・労働環境は、自己成長を促すものと言えます。

最後に:リクルートへの就職を成功させるポイント

リクルートへの就職を成功させるポイントとして、自分の適性や目指すキャリアを明確にし、選考プロセスに臨むことが重要です。インターンシップや就活イベントに参加し、企業理解を深めることも効果的です。

また、社員と交流し、働き方や労働環境について理解を深めることが成功のカギとなります。これから就職活動を始める方は、ぜひリクルートのインターンシップや就活イベントに参加し、自分のキャリアを築く第一歩を踏み出してください。

→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録※21卒学生の累計登録者数から算出
・最短2週間で内定獲得※2022年度実績

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・24卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 24卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録