就活で涙が止まらない…ボロボロ…受からないし疲れた…!

就活で涙が止まらない…ボロボロ…受からないし疲れた…!

「就活で涙が止まらないのはどんな時なの?」

「なぜ就活で涙が止まらない状態になってしまうの?」

「就活で涙が止まらないときの対処法は?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、就活で涙が止まらない理由と過去のエピソードを解説しています。

最後まで読むことで、就活で涙が止まらないときの対処法についても知ることができるでしょう。

あなたの就活が嬉し涙で終えられるよう、一緒に乗り越えていきましょう。

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

就活が涙が止まらないほどつらいと感じるのはなぜ?

就活は自分との闘いでもあるため、どうしても涙が止まらないほどつらくなることもあります。

就活で涙が止まらないほどつらいと感じる理由はいくつかありますが、その中でも多くの就活生が経験した理由を5つ紹介します。

  1. 選考結果が見送りばかりで病む
  2. 学業と就活の両立が難しい
  3. 他の就活生と比べてしまう
  4. やりたいことが見つからない
  5. 第一志望の選考に落ちた

理由①選考結果が見送りばかりで病む

就活を成功させる上で重要なのは、企業の選考で内定をもらうことです。

しかし選考結果が見送りばかりだと、涙が止まらないほど精神的につらくなります。

就活生の多くが、企業の選考結果が見送りばかりであることが理由で涙が止まらない経験をしています。

もし就活生の涙が止まらない状況を目にしたのであれば、それは選考結果によるものが理由かもしれません。

理由②学業と就活の両立が難しい

在学中に就活をするのが当たり前ですが、実際に学業と就活という2つの仕事を両立させるのはとても難しいことです。

学業においては単位を取らなければ卒業ができないですし、就活では内定を取らなければ就職することができません。

「大学生は早いうちに卒業に必要な単位を取得しておいた方が楽だ」と言われるのは、就活への負担を少しでも抑えるためです。

学業との両立が難しくなってしまわないよう、早い段階で卒業に必要な単位を取得しましょう。

理由③他の就活生と比べてしまう

就活は自分との闘いではありますが、それはあなただけでなく他の就活生も同じです。

就活で涙が止まらない理由に多いのが、他の就活生と比べて自分に自信が無くなってしまうことが挙げられます。

負けず嫌いや競争意識、あるいは反骨心を持っているなら他の就活生と比べても良いですが、他の就活生の結果を聞いて自信がなくなるなら比べるのはやめましょう。

あなたはあなたのペースで、少しずつ結果を残していくことが大切です。

理由④やりたいことが見つからない

「就活を始めたのは良いけど、いまいちやりたいことが見つからない…」

そう考えている間に時間だけが過ぎていき、焦ってしまう就活生は多いです。

この焦りこそが、涙が止まらない理由につながるのです。

やりたいことを見つけるためには、まずあなた自身の将来像と向き合うことが大切です。

向き合ってみると、意外にもやりたい職種や将来像が明確になるものです。

理由⑤第一志望の選考に落ちた

あなたが就職したかった第一希望の選考に落ちたときは、当然涙が止まらないほど精神的につらいものです。

しかし、涙を流しても結果が変わることはありません。

まずは何が原因で選考に落ちたのかを振り返り、次の改善策につなげることが大切です。

第一希望の選考に落ちることによる精神的なつらさは、とても大きいです。

しかしそのつらさを、つらいという気持ちだけで終わらせず、次に生かしましょう。

就活中にメンタル崩壊…ボロボロになる前にできる対処法

もしあなたが今就活でメンタルがボロボロの状態なのであれば、少しでも精神的な負担を抑えることが大切です。

涙が止まらないくらい就活に追われ、メンタルがボロボロになるほどの状態になったら、次の5つの対処法を実践してみましょう。

  1. 信頼できる人に相談する
  2. 趣味や娯楽を楽しむ
  3. 好きなものを食べる
  4. 運動をする
  5. 一度就活から離れてみる

①信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談することで、心がスッと軽くなります。

あなたが就活に対して今どのような悩みを抱えているのか、またこれからの就職活動をどのように続けていけば良いかを相談することで、信頼できる人なら話を聞いてくれます。

一人で抱え込まず、就活で涙が止まらないほどつらいなら信頼できる人に相談してみましょう。

②趣味や娯楽を楽しむ

あなたにとって買い物が趣味なのであれば、一度思い切って買い物に行ってみましょう。

カラオケがあなたにとっての娯楽なら、時間を忘れるくらい歌っても構いません。

就活で涙が止まらないほどつらいなら、あなたが時間を忘れて没頭できることに一度時間を使うのがおすすめです。

そうすれば、少しは気持ちも楽になります。

③好きなものを食べる

「趣味や娯楽を楽しみたいけど、就活生である以上時間は無駄にできない」

このように考えているなら、あなたにとって好きなものを食べるのがおすすめです。

日頃から就活を頑張っているあなただからこそ、たまには自分へのご褒美をあげることも息抜きとして大切です。

今就活で精神的につらいのであれば、今日の晩ご飯で好きなものを食べてみましょう。

④運動をする

運動をすることは、ストレス発散になるだけでなく健康にも良いのでおすすめです。

涙が止まらないほど就活を頑張っているのですから、当然精神的にもストレスが溜まっているに違いありません。

また、いざというときに体調を崩してしまうとあなたが就職したい企業の選考を受けられなくなります。

万全な身体と精神状態で就活に臨むためにも、運動は就活生にとって非常におすすめです。

⑤一度就活から離れてみる

就活で涙が止まらないほどメンタルがボロボロなのであれば、思い切って一度就活から離れてみましょう。

当然焦りを隠すことはできないかもしれませんが、あなたの精神状態をコントロールできるのはあなただけです。

一旦就活から身を引いて、一週間何も考えずに過ごしてみるのがおすすめです。

そうすれば気持ちもリフレッシュでき、就活に対するモチベーションをつけることができます。

就活で涙が止まらないほどつらいと感じている時にやってはいけないこと

就活で涙が止まらないほどつらいと感じているときは、無理をしてはいけません。

もしメンタルがボロボロの状態なのに無理をしてしまうと、逆効果になってしまいます。

就活で涙が止まらないほどつらいと感じているときにやってはいけないことは、次の3つです。

  1. とにかくエントリーしまくる
  2. 周りの就活生と比べる
  3. 視野を狭める

あなたが今就活でメンタルが崩壊しそうな状態なのであれば、確認しておきましょう。

とにかくエントリーしまくる

就活がつらくてメンタルがボロボロの状態であるにもかかわらず、とにかく当たり散らしに企業にエントリーをするのはNGです。

焦る気持ちはわかりますが、本当にあなたが就きたい会社をきちんと調べたうえでエントリーをしましょう。

万が一、内定をもらったとしても、あなたが就きたいと思っていなかった企業だと、就職してから後悔することになります。

ですから、就活で涙が止まらないほどつらくてもエントリーしまくるのはやめましょう。

>> 無料のエージェントでゆっくり求人を紹介してもらう

周りの就活生と比べる

就活でついついやってしまいがちなのが、周りの就活生と比べてしまうことです。

周りの就活生と比べてモチベーションを維持できるのであれば良いですが、まずはあなたが今やるべきことに全力を尽くしましょう。

周りの就活生は、必ずしもあなたを救ってくれるとは限りません。

ですから周りの就活生と比べるのではなく、今やるべきことに集中することが大切です。

視野を狭める

涙が止まらないほどつらい状況の中であなたの就活に対する視野を狭めてしまうと、かえって企業選びなどが難しく感じてしまいます。

特に精神的に辛く感じているときは視野が狭くなりがちなので、つらいときこそ一度広い視野で就活に臨むことが大切です。

客観的に、今のあなたの就活に対するやり方や考えを見直しましょう。

就活が泣くほど嫌なときは1からやり直してみよう

就活をしていて泣くほど嫌になったときは、もう一度1からやり直すことも大切です。

メンタルがボロボロの状態のまま就活をしていても、結果が付いてきません。

ですから、就活が泣くほど嫌になったときは一度自分と向き合ってみましょう。

目標を立て直す

就活が泣くほど嫌になったら、一度目標を立て直しましょう。

もしかすると、あなたが就活で泣くほど嫌になる原因は高すぎる目標による可能性があります。

あなたの中できちんと達成できる目標を立てることが、就活で泣くほど嫌にならないようにするための方法です。

>> エージェントと一緒に就職先を探す

できなかったことを前向きに捉え改善する

就活で選考に落ち続けて嫌になっているのであれば、なぜ選考に落ちてしまうのかを分析することが大切です。

分析をすることで、あなたがこれまで就活においてできていなかったことがわかります。

そうすれば、次に同じ失敗を繰り返さないよう改善することもできます。

就活で泣くほど嫌になったら、なぜ泣くほど嫌になるのかを考え直し、前向きに捉えて改善することが大切です。

もう一度自己分析をする

就活でうまくいかない原因を考えて改善すると同時に、もう一度自己分析をしてみましょう。

自己分析は、あなたがどのような企業が向いているかを見つける1つの指標にもなります。

文系の企業が良いのか、あるいは理系の企業が良いのかは自己分析でわかります。

就活がうまくいかず泣くほどつらいのであれば、改めて自己分析もしてみましょう。

>> エージェントに他己分析をしてもらう

就活中のメンタルの保ち方

精神的な負担を抱えやすい就活では、あなた自身でメンタルを保つことも大切です。

就活中のメンタルの保ち方は人それぞれ異なりますが、その中で最も大切なことは次の2つです。

  1. 自分を責めすぎない
  2. 余裕を持ったスケジュールを組む

自分を責めすぎない

どれだけ就活がうまくいかなくても、就活中のメンタルを維持するためには自分を責めすぎないことが大切です。

あなたの精神面をコントロールできるのは、あなた自身です。

もし自分を責めすぎてしまうと「私には就職できない」と落ち込んでしまい、結果的に就活もうまくいかなくなります。

ですから、就活中はメンタルを保つために自分を責めすぎず、むしろ頑張っている自分を褒めてあげましょう。

余裕を持ったスケジュールを組む

就活生のよくある悩みとして、スケジュールがタイト過ぎるということが挙げられます。

過密なスケジュールは一見達成感があるように見えますが、就活中のメンタル維持においては向いていません。

学業との両立も踏まえ、精神的な負担を少しでも減らすためには、余裕を持ったスケジュールで就活に挑むことが大切です。

就活で涙が止まらないほどつらいならエージェントがおすすめ!

「なかなか内定を獲得できない…」「とりあえず内定を持っておきたい!」という人は無料のエージェントサービスを利用しましょう。 就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。

・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

23卒で就活がしんどい人必見!知恵袋の実体験をチェック

23卒の就活生の中にも、精神的にしんどくて泣くほど嫌な経験をしている人は多いです。

あなたが同じ悩みを抱えないよう、実体験を参考にすることも大事です。

就活の話をすると娘が泣く

就活を頑張っている自分の子供からすると、なかなか内定がもらえない状況というのは心配になります。

親が就活の話をすると、娘が泣いてしまうという経験をした家庭もあります。

これは娘さんが就活でうまくいかない状況から、就活に関する話自体が嫌になって涙が出ることが要因です。

就活をしている子供の親ができることとしては、就活の状況を見てできるだけ励ましの言葉をかけてあげることです。

最終面接で落ちた

1次面接や2次面接と、順調に選考を通過したにもかかわらず、最終面接で落ちたら精神的につらいものです。

特に最終面接で落とされた企業があなたの第一希望だった場合、他の企業の選考に挑むまでの足取りはとても重くなります。

最終面接で落ちて泣くほどつらくなる原因は、少しの油断が挙げられます。

「最終面接だからもう内定がもらえたようなものだ」と考えず、最後に内定をもらうまでは気を引き締めることが肝心です。

就活がつらくて涙が出る

そもそも就活自体がつらいということから、涙が出る経験をした就活生もいます。

就活に対してひたむきに取り組めるなら良いですが、皆が前向きに取り組めるとは限りません。

就活は長期間自分と闘わなければいけないため、当然精神的な負担は大きくなります。

少しでも気持ちを楽にしながら就活に取り組むためには、あなたなりに無理のないペースで就活を始めることです。

そうすれば、つらいと感じていた就活も少しは肩の力を落として取り組めるでしょう。

就活が精神的に辛い・やめたいと感じた就活生の末路

就活が精神的に辛い・やめたいと感じた就活生は多いですが、そうした経験のある就活生は最終的にどのような状態に陥るのかを紹介します。

就活が精神的に辛い・やめたいと感じた就活生の末路は次のとおりです。

就活で落ちた企業が嫌いなる

実際に就活が精神的につらかったりやめたいと感じた就活生は、就活で落ちた企業が嫌いになる傾向にあります。

当然落とされたものですから、落とされた企業に対するあなたのイメージは変わるかもしれません。

しかし大切なことは、なぜ落とされたのかを明確にすることです。

そうでなければ、いつまで経っても成長しないままで、どの企業の選考を受けても落ちる一方です。

就活はあなたを成長させるための期間でもあるので、日々改善しながら毎日1歩ずつ成長することが大切です。

就活のことを考えたくない

就活がつらいと、そもそも就活自体を考えたくなくなってしまいます。

就活のことを考えたくない状況に陥ったら、一度思い切って就活から離れて休んでみるのがおすすめです。

そうすることで精神的にもリフレッシュでき、気持ちを切り替えて就活に臨むことができます。

就活のことを考えたくないときは無理に考えず、一度身を引くことも重要です。

就活で受からないから疲れた

就活で受からないと、身体も心も疲れてしまいます。

就活で受からなくて疲れたときは、ゆっくり休養をとることも大事です。

負のループを脱出するためにも、就活で受からなくて疲れたのであれば無理をせずに休むことも意識的に取り組みましょう。

まとめ

就活で涙が止まらないほどつらくなることは、どの就活生も同じです。

だからといって、あなたが他の就活生と比べる必要はありません。

あなたはあなたなりのペースと目標を掲げ、着実に1歩ずつ前進しましょう。

そうすれば、少しずつ気持ち的にも楽になっていきます。