新卒や転職の最終面接の合格率は?役員や4次面接の通過率や受かる人の特徴を解説

【2022年最新】最終面接の合格率は?役員や4次面接の通過率や受かる人の特徴を解説
この記事の監修および編集協力者

「最終面接まで進めば合格率は高くなるの?」

「最終面接で落ちないためには何をすればいい?」

「最終面接で面接官はどこを見ているの?」

上記の疑問を抱えていませんか?

この記事では、就活生が最終面接まで進んだときの通過率や合格率を上げる方法、面接官に見られているポイントまで解説します。

最後まで読むことで、最終面接の本当の合格率がわかり、受かるための具体的な方法やコツまで理解できるでしょう。

最終面接で油断しないためにも、現実的な合格率を知り、落ちる原因や面接官に見られているところなどを細かく研究しておきましょう。

頼りになる無料サポート!!

新卒就活Plus
「新卒就活Plus」は、2021年4月期_ブランドのイメージ調査で「就活生」が選ぶ、理想の職場が見つかるエージェントで第1位を獲得した完全無料の転職エージェントです。

また、他のエージェントと異なり、自宅に居ながら通話やzoomで全国どこからでも相談可能なので、いちいち都内などの事務所に訪問する必要がありません。

  • 1週間で内定獲得も可能
  • 特別推薦をしてくれる
  • 全国各地サポート

1分で
登録
すぐに
LINE相談

リンク先:https://shinsotsu-shukatsu.jp/

①LINEで簡単に相談できる
②非公開求人もあり

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

>> すぐに転職の最終面接合格率を知りたい方はこちら

就活の最終面接の合格率は?

内定確立50%!最終面接の合格率の割合は?

合格に最も近いと思われる「最終面接」ですが、現実は甘くはありません。

なぜなら、最終面接は一次面接や二次面接と変わらず、厳しい選考がおこなわれるからです。

今回は、最終面接が「顔合わせ」や「意思確認」とは違う理由について解説します。

新卒の最終面接の一般的な合格率

新卒の一般的な最終面接の合格率の平均は50%です。

合格率の平均からわかるとおり、最終面接でも半分の就活生が選考で落ちています。

最終面接が「入社の確認をするだけ」の、簡単な面接ではないことが理解できるでしょう。

さらに、50%はあくまで平均であり、企業によって通過率に大きく差がでます。

たとえば、大手企業などの人気の会社では、応募者も多く倍率が高くなるため、最終面接の通過率は50%よりも低くなります。

「意思確認」だけと思い面接対策を怠ると、痛い目を見るため注意してください。

>> ESの添削をしてもらう

新卒の最終面接はほぼ合格?

新卒だからといって、最終面接に進んでも「ほぼ合格」とはなりません。

なぜなら、最終面接は「合格を出すか」を決める、重要な面接だからです。

そのため、人件費と時間をかける価値があるのかを、よりシビアに見られます。

さらに、ライバルとなるのは厳しい選考に残った優秀な就活生です。

最終面接は「意思確認」で終わる甘い面接ではないため、面接対策の準備は入念におこないましょう。

>> ESの添削をしてもらう

最終面接の合格率の違いを5つのパターン別で解説

中小・ベンチャー企業:60% 大企業:30~40%

最終面接の合格率の平均は50%ですが、採用人数や会社の規模で数字が変わります。

今回は、最終面接の合格率を正しく把握するために、編集部が以下の5つのパターン別の合格率を調べました。

  1. 大企業や中小企業などの会社の規模による最終面接の合格率
  2. 2回~4回の面接回数による最終面接の通過率・合格率【4次面接・役員面接まで】
  3. 採用人数の違いによる合格率
  4. 採用時期の違いによる合格率
  5. 転職の最終面接の合格率

自分の受ける企業がどのパターンなのか、考えながら数字を見ていきましょう。

大企業や中小企業などの会社の規模による最終面接の合格率

合格率の平均は大企業や中小企業など会社の規模によっても大きく変わります。

以下が会社規模による、最終面接の通過率の平均です。

  • 中小・ベンチャー企業:60%
  • 大企業:30~40%

大企業には、人気の企業が多く競争率が高まるため、合格率も低くなります。

一方で、中小企業やベンチャー企業は、60%と通過率が高いです。

理由は、ベンチャー企業や中小企業は内定辞退者が多いため、内定者が減るのを見越して多めに採用するからです。

人気の高い大企業は、平均の合格率よりも低くなるため、最終面接でも油断できません。

>> 転職の最終面接合格率を上げる方法はこちら

2回~4回の面接回数による最終面接の通過率・合格率【4次面接・役員面接まで】

最終面接までの、面接回数によっても通過率に差が出ます。

以下が面接回数による、合格率の違いです。

  • 面接回数2回:30~50%
  • 面接回数3回:50%
  • 面接回数4回以上:70%

面接回数が多いほうが、通過率が高い傾向にあります。

理由は、面接回数が多いと基準に満たない就活生は、最終面接の前にふるい落とされるからです。

最終面接に残るのは、基準を満たした優秀な就活生であるため、合格率も高くなります。

一方で、面接回数が少ないと、人材の絞り込みがされていないため、落ちる就活生も多くなります。

採用人数の違いによる合格率

採用人数の差にも、合格率の違いがあります。

以下が採用人数による、通過率の違いです。

  • 採用人数100名以上:約30%
  • 採用人数20~30:約30~50%
  • 採用人数10人以下:約50~80%

採用人数が多いほうが、通過率は下がります。

なぜなら、採用人数が多いのは人気が高い企業のため、採用倍率が高くなるからです。

一方で、採用人数の少ない企業は、中小企業が多く内定辞退者が多く出ます。

そのため、内定辞退者が出ることを見越し多めに内定者を出すため、合格率が高くなります。

\ おすすめのエージェントを一覧で見たい人はこちら /

採用時期の違いによる合格率

採用時期によっても、通過率に差が出ます。

以下は、1次〜3次募集の合格率の差です。

  • 1回目(6月~):50%
  • 中期募集(7月~9月):30%
  • 最終募集(10月~):10%

1次募集の通過率が一番高くなるのは、辞退者が出ることを想定しているためです。

最終募集は、内定辞退者が出た際の追加募集のため、枠が少なく合格率も低くなります。

個別就活サポート - キャリチャン

最終面接の仕組みや合格率が変動する要因をはじめ、最終面接での合格率を上げる方法や「合格サイン」についてまとめました。やっ…

転職の最終面接の合格率

転職や中途採用の、最終面接の合格率の平均は50%です。

新卒の最終面接の通過率と、同じ結果となりました。

転職や中途採用であっても、最終面接は「確認の場」ではないのがわかります。

企業に適性があるか厳しくチェックされるのは、新卒と変わらないため面接対策が必要です。

転職、中途採用であっても、最終面接のために面接力を磨いておきましょう。

JobQ[ジョブキュー]

転職の際の最終面接の合格率はどのくらいの数値なのでしょうか。今回は、転職に関する合格率を紹介していきます。また最終面接で…

>> 転職の最終面接合格率を上げる方法はこちら

【企業別】有名企業の最終面接の合格率を紹介

最終面接の合格率は、企業規模や採用人数によって差があります。

大企業や中小企業でも大きな差が出るため、実際の以下の2つの有名企業の最終面接の合格率を紹介します。

  1. 竹中工務店の最終面接の合格率
  2. 三浦工業の最終面接の合格率

竹中工務店の最終面接の合格率

竹中工務店最終面接の合格率は就活会議のデータによると15%です。

竹中工務店(メーカー, 建設・設備/大阪府)の就職難易度、採用大学とマッチ度を掲載しています。就活生が投稿した選考ステー…

総合建築業者(ゼネコン)企業の中でも、5大スーパーゼネコンと呼ばれる竹中工務店は間違いなく大企業です。

企業規模も大きく採用倍率も高いため、最終面接の通過率は平均よりも低い結果になりました。

三浦工業の最終面接の合格率

三浦工業最終面接の合格率は就活会議のデータによると22%です。

三浦工業(メーカー, 機械・プラント/愛媛県)の就職難易度、採用大学とマッチ度を掲載しています。就活生が投稿した選考ステ…

ボイラーで世界進出もしている三浦工業は、大企業と呼べるでしょう。

応募者人数も多く倍率も高いため、最終面接の合格率は平均の50%よりも低いです。

2つの企業の合格率の結果からわかるとおり、最終面接の合格率は「会社規模」や「従業員数」で大きく変わります。

転職で最終面接の合格率を上げるなら「マイナビエージェント」

マイナビエージェント|営業、IT、金融、メーカーの転職ならこれ!


マイナビエージェント
リンク先:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェント」は、20代〜30代の転職に人気が高く、高い転職決定率を誇っている転職エージェントです。

20代(第二新卒)や30代の転職に詳しい専門コンサルタントが、求人探しや履歴書、職務経歴書作成のサポート、面接日の調整や年収交渉まですべて丁寧にサポートしてくれるため、面倒なやり取りをしなくても今の仕事をしながら転職が実現できます。

面接対策や履歴書などの添削もしてくれる親切なエージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。

求人数非公開(2023年12月時点)
強い職種営業、IT、金融、メーカー
特徴・20代〜30代に人気のエージェント
・初めての転職でも安心して利用できる
・業界ごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍
・模擬面接や年収交渉、入社日の調整も対応
・応募書類の添削で選考率UP
あなたが20代〜30代なら「マイナビエージェント」で探している求人が見つけられるはずです。

人気の大手企業からベンチャー企業の求人がたくさん掲載されているので、募集が終わらないように、すぐに無料登録してキャリアアドバイザーに相談しましょう。
  • 20代の満足度No.1
  • 求人数トップクラス
  • 知名度・信頼性◎

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://mynavi-agent.jp/

☆オンライン面談OK
☆年収交渉も代行


※マイナビのプロモーションを含みます。

最終面接の合格率を上げるなら万全な対策を!

合格率を上げるには、プロからのアドバイスをもらいましょう!

第三者から見た自分と自分から見た自分は大きく異なります。

プロのエージェントに登録して、面接のサポートをしてもらいましょう。


就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
新卒就活Plus
新卒就活Plus:3.8
無料・面接対策に強い
・特別推薦をしてくれる
・LINEで気軽に相談できる
\ サポートに定評 /
LINEで相談する
※全国各地OK
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け

新卒就活Plus|面接対策や書類添削などのサポートが充実!


新卒就活Plus
リンク先:https://shinsotsu-shukatsu.jp/

「新卒就活Plus」は、2021年4月期_ブランドのイメージ調査で「就活生」が選ぶ、理想の職場が見つかるエージェントで第1位を獲得した完全無料の転職エージェントです。

また、他のエージェントと異なり、自宅に居ながら通話やzoomで全国どこからでも相談可能なので、いちいち都内などの事務所に訪問する必要がありません。
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 特別推薦をしてくれる
  • 全国各地サポート

1分で
登録
すぐに
LINE相談

リンク先:https://shinsotsu-shukatsu.jp/

①LINEで簡単に相談できる
②非公開求人もあり

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

最終面接の合格率を上げる7つの方法

最終面接は、入社のチェックをするだけの簡単な面接ではありません。

そのため、厳しい選考に通過するためには、最終選考に合わせた以下の7つの対策が必要です。

  1. 企業情報を再度確認し理解度を深める
  2. 役員面接のため主要メンバーの情報を調べる
  3. 逆質問をあらかじめ考えておく
  4. 過去の質問内容を復習する
  5. 企業に合わせたキャリア計画を考える
  6. 不合格な人がやりがちなミスを把握しておく
  7. 自己PR、志望動機をさらに強化する

企業情報を再度確認し理解度を深める

最終面接では、入社後を意識して企業理解についても深く質問されます。

そのため、再度企業研究をおこない深く理解することが大切です。

  • 面接を受ける業界全体について勉強する
  • 企業のビジネスの仕組みを口頭で話せるレベルにする
  • 企業理念1つ1つに逆質問できるレベルで理解する

上記のレベルで、企業研究をおこないましょう。

一次面接や二次面接レベルの理解では、面接官に志望度が伝わりません。

最終面接に合わせ、もう一度企業情報を集めておきましょう。

役員面接のため主要メンバーの情報を調べる

最終面接を担当するのは、今までの採用担当専門のメンバーではありません。

社長などの、会社役員が面接官となります。

そのため、面接を担当する役員の情報は事前に調べておきましょう。

  • ホームページで社長の考えを頭に入れておく
  • ほかの主要メンバーの経歴や考え方も見ておく

最終面接では、入社後を意識するため、仕事や働き方についての価値観の確認がされます。

入社後に自社で一緒に仕事をしたと思われるためにも、役員の考え方は事前に頭に入れておきましょう。

逆質問をあらかじめ考えておく

入社意欲を示すためには、逆質問の質の高さは重要です。

そのため、最終面接の前に逆質問を用意しておきましょう。

以下が、逆質問の例文です。

  • 御社の主力事業の今後の展開について具体的な方向性を教えてください
  • 〇〇様が一緒に仕事をする人材に求める能力は何でしょうか?
  • 企業理念に〇〇を大切にしていると書かれていますが、それを実現するために何に取り組んでいますか?

上記の、面接官や企業理念に対する逆質問を準備するのがおすすめです。

企業や役員に対して、興味を示す逆質問をおこなうことで志望度を示せます。

過去の質問内容を復習する

一次面接や二次面接で自分が答えた質問を復習し、回答に矛盾点をなくすことが大切です。

面接官は過去の回答と矛盾がないか、答え合わせをしてくる場合もあります。

同じ質問をされたときに、以前に自分が答えた質問と違う答え方だった場合に、一貫性のない人材と思われ印象が悪くなります。

そのため、過去の回答と矛盾点が出ないように、すべての回答を復習しておきましょう。

企業に合わせたキャリア計画を考える

最終面接では、入社後の成長性を示すために、企業に合わせたキャリア計画を伝えるのがポイントです。

なぜなら、最終面接では育成に時間とコストをかける価値がある人材か、厳しく見られるからです。

  • 成長した先に何を描いていているのか
  • 将来どういった事業にかかわるつもりか

上記のように、入社後のキャリアをできる限り鮮明にしておきましょう。

具体的なキャリアを伝えられるほど、入社後に成長意欲がある人材だと伝えられます。

不合格な人がやりがちなミスを把握しておく

不合格になる人の、ミスを事前に調べておくこともおすすめです。

最終面接は、入社を決める最終チェックの場でもあります。

そのため、以下の減点になる行動には、気をつけましょう。

  • 以前の回答と食い違う回答をしてしまう
  • 最終面接だと油断して失礼な態度をとる
  • 逆質問の内容が浅い
  • 緊張しすぎで上手く話せない

上記が、不合格になる人が起こしがちなミスです。

減点行動を事前に把握し、ミスを起こさない面接対策を立てましょう。

自己PR、志望動機をさらに強化する

最終面接では、志望動機や自己PRのさらなる強化が必要です。

なぜなら、入社を決める最後の面接になるため、面接官は「なぜ自社に入社したいか」「入社後に何をしたいか」などの、具体的な内容を知りたいからです。

  • 以前の面接で聞いた面接官の考えを盛り込む
  • 入社後のキャリアプランを具体的に提示する

上記の、一次面接や二次面接で聞いた、採用担当者が求める情報を新たに盛り込むのがおすすめです。

志望動機や自己PRを1人で考えるのが不安な人は、無料でサポートしてくれる就活エージェントなどのサービスもあります。

無料サービスなども活用し、志望動機や自己PRを、最終面接に合わせブラッシュアップしましょう。

\ おすすめエージェントの一覧はこちら /

最終面接でよく聞かれる質問と回答例文

最終面接でよく聞かれる質問と回答例文を紹介します。

「あなたの強みは何ですか?」

回答例

  1. 私の強みは、コミュニケーション能力と協調性です。過去の職務経験で、チームメンバーや上司と円滑なコミュニケーションを取り、協力してプロジェクトを進めることができました。
  2. 私の強みは、問題解決能力です。過去の職務経験で、予期しない問題に遭遇したときに、冷静に状況を分析し、最善の解決策を見つけることができました。
  3. 私の強みは、継続的な学習意欲です。自分自身を常に向上させるために、新しいスキルや知識を学び続け、組織やチームの成長に貢献できるように努めています。

「過去の失敗経験について教えてください。」

回答例

  1. 過去の失敗経験として、プロジェクトの納期を守れなかったことがあります。その経験から、時間管理やタスクの優先順位付けについて学び、今後はスケジュール管理により注意を払うようにしています。
  2. 過去の失敗経験として、新商品の発売前に不十分な市場調査を行ったことがあります。その経験から、より詳細な市場調査を行うことの重要性を学び、今後は顧客ニーズをより深く理解し、ビジネス上のリスクを最小限に抑えるようにしています。
  3. 過去の失敗経験として、大事なプレゼンテーションで緊張し、思うように話せなかったことがあります。その経験から、プレゼンテーションの準備をより充分に行い、緊張を和らげるためにリラックス法を実践するようにしています。

「当社に入社したら、何を成し遂げたいですか?」

回答例

  1. 私は、御社が直面している課題に取り組むことで、貢献したいと思っています。例えば、マーケティング戦略の改善や製品開発プロセスの効率化など、私の専門知識とスキルを活かして、会社の成長に貢献したいと考えています。
  2. 御社に入社したら、顧客満足度を向上させるために取り組みたいと思っています。顧客からのフィードバックを収集し、商品やサービスの改善案を提案することで、顧客の期待を上回る価値を提供し、会社の評判を高めたいと考えています。
  3. 私は、御社のビジョンやミッションに共感し、それを達成するために貢献したいと考えています。具体的には、社員の教育研修プログラムの改善や新しいプロジェクトの立ち上げなど、組織文化の強化やチームワークの促進に努め、会社の成長に貢献したいと思っています。

最終面接・役員面接で面接官が見ている5つのポイント

最終面接では、一次面接や二次面接とは違うところを見ています。

そこで、最終面接で役員が見ている以下の5つのポイントについて解説します。

入社する意欲はあるか

最終面接では、入社の意欲があるのかを面接官は見ています。

なぜなら、一次面接や二次面接と違い、最終面接は入社に直結する面接だからです。

企業側も、時間をかけて絞り込んだ人材であるからこそ、入社意欲は重要視しています。

  • 内定後はどうするのか
  • ほかで内定獲得はしているか
  • 他社で内定を獲得したらどうするか
  • 自社が第一志望なのか

上記のように、必ず入社する意欲があるかチェックされます。

最終面接では、入社意欲は必ず評価されるため、内定後の具体的なビジョンを示すのがおすすめです。

将来的な成長の見込みはあるか

将来的に成長の見込みがあるかも、最終面接ではチェックされます。

最終面接はもっとも合格に近いからこそ、教育した先の成長性も見られます。

なぜなら、成長性が低い人材だと、育成にかけるコストと時間を無駄にしてしまうからです。

そのため、最終面接では成長性をアピールするため、入社後のキャリア計画や志望度などを具体的に話しましょう。

人柄に問題はないか

最終面接では、一緒に仕事をする可能性が高い人材であるため、人柄もチェックされます。

スキルや経歴は厳しい選考に通過しているため、働く基準は満たしています。

企業側が最後にチェックしたいのは、具体的な一緒に仕事をしているイメージです。

そのため、チームとして問題を起こさず溶け込める人柄かもチェックします。

人間性をアピールするため、面接後にお礼メールなどを送るといい印象を与えられるでしょう。

将来的なビジョンを明確にもっているか

将来的な明確なビジョンがあるかも、見られています。

最終面接に残っている人は、新人職員として育成する可能性が高い人材です。

そのため、育成する時間とコストをかける価値があるかは、必ずチェックされます。

  • 5年後に何を達成しているか
  • この業界は今後どうなると思うか

育成した先の成長性を見るため、上記の将来的なビジョンを持っているか質問される確率が高いです。

面接対策をおこなう際は、自分の成長性についても、具体的な答えを考えておきましょう。

事業転換や労働環境が変化しても柔軟に対応できるか

事業転換や労働環境の変化に対応できる柔軟性も、最終面接でチェックします。

長く働ける人材とは、環境が変わっても柔軟に受け入れられる人たちです。

会社側も、高い人件費をかけて雇うからには、長く働いてくれる人材を求めています。

そのため、変化に対応できる柔軟な人材かも質問される可能性が高いでしょう。

\ おすすめエージェントの一覧はこちら /

最終面接で受かる人・落ちる人の特徴の違いとは?

最終面接でも、約50%の人は落ちてしまいます。

そのため、「受かる人」と「落ちる人」の決定的な差を知りたい人も多いでしょう。

最終面接の通過率を上げるためにも、以下の「受かる人の特徴」と「落ちる人の特徴」を知るのがおすすめです。

最終面接で受かる人の特徴

最終面接で受かる人は、以下の4つの特徴をもっています。

  1. 絶対に入社する意欲が伝わる人
  2. 面接官と価値観が共有できる人
  3. 入社後の明確なビジョンや熱意が伝わる人
  4. 学生としてではなく社会人としての考えを持っている人

一番大切なのは、入社する意欲の高さを示すことです。

最終面接は、入社できそうかの最終評価の場でもあります。

企業側が優秀な人材を絞り込んで最後にチェックしたいのは、本当に入社してくれるかです。

入社する熱意と意欲が伝えられる人は、受かりやすい人の特徴でしょう。

>> ESの添削をしてもらう

最終面接で落ちる人の特徴

落ちる人には、以下の3つの特徴があります。

  1. 企業への理解が浅い人
  2. 面接官の考えと合わない人
  3. 入社する意欲が伝わらない人

最終面接は、一次面接や二次面接以上に企業の理解を確かめられます。

なぜなら、これから一緒に仕事をおこなう可能性が高い人材だからです。

そのため、企業の理念について逆質問できるぐらい深い理解が求められます。

一次面接や二次面接と変わらない志望度で挑む人は、落ちる人の特徴でしょう。

\ おすすめエージェントの一覧はこちら /

最終面接の「合格」と「不合格」のサインの見分け方について解説

最終面接の発表前に、合格と不合格がわかる方法はありません。

しかし、ある程度「合格」か「不合格」かを見分けるサインは存在します。

以下で「合格のサイン」と「不合格のサイン」を見分けるおすすめの方法を解説します。

最終面接の合格サイン

最終面接で、合格のサインを見分ける基準は、以下のポイントを見るのがおすすめです。

  • 握手を求められる
  • 「一緒に仕事をしたい」と伝えられる
  • ほかに内定をもらっているか聞かれる
  • 面接時間が長くなる
  • 配属する担当者の名前を伝えられる

上記の、入社後を意識した具体的なアクションが見えた場合は、合格のサインと判断できます。

ほかに内定をもらっているか具体的に聞かれるのは、内定を出したいことの裏返しでもあります。

入社後を前提に話が進む場合は、手ごたえがあると判断してもいいでしょう。

最終面接の不合格サイン

最終面接で不合格の可能性が高いのは、以下のサインが確認できるときです。

  • 面接時間が短い
  • 面接官が淡々としている
  • 質問に答えてもキャッチボールが続かない

上記のサインがあるからといって、必ず落ちるとは限りません。

しかし、面接官が回答に対して深く聞いてこない場合は、採用意欲が低いサインです。

淡々と話しが進み、面接時間も短く浅い会話で終わった場合は、不合格のサインと考えるべきでしょう。

\ おすすめエージェントの一覧はこちら /

まとめ:最終面接の合格率は面接回数や会社の規模などで変わる

今回は、最終面接の合格率の違いや、合格率を上げるためのおすすめの面接対策について解説しました。

合格率の平均からもわかるように、最終面接は入社前の意思確認の面接ではありません。

入社を決める最後の面接だからこそ、厳しい選考がおこなわれます。

本日のまとめです。

上記の内容を理解すれば、最終面接で失敗する確率は減らせます。

周りの就活生と差をつけて就職活動を成功させるためにも、正しい面接対策を立てましょう。

→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
新卒就活Plus
新卒就活Plus:3.8
無料・面接対策に強い
・特別推薦をしてくれる
・LINEで気軽に相談できる
\ サポートに定評 /
LINEで相談する
※全国各地OK
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け