【TISの就職難易度・就職偏差値】学歴フィルターの有無や採用大学ランキングをチェック

【TISの就職難易度・就職偏差値】学歴フィルターの有無や採用大学ランキングをチェック

IT業界での就職を考えるなら、TIS株式会社は外せない企業です。

本記事では、TISの就職難易度や選考対策、採用大学ランキングを徹底検証し、読者がTISへの興味関心を満たせる内容を提供します。

まず、TISの規模や事業内容を解説し、志望者にとって魅力的な理由を明らかにします。

次に、TISの勤務地一覧やデータに基づく就職難易度、重視する大学について紹介します。

選考対策として、魅力的な志望動機や自己PRの作成方法、面接対策、エントリーシート活用法を提案。

また、TIS社員として働く福利厚生や評判を紹介し、応募者や内定者の声も掲載しています。

この記事が、TISへの就職・転職を考える読者にとって価値ある情報を提供し、選考対策に役立つことでしょう。

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

TIS就職難易度徹底採用大学&選考フローも

TISは、IT業界で人気の企業です。その採用難易度と、選考フローを徹底解説します。

まず、理由ですが、IT業界の中でもTISは信頼されている企業であり、多くの大学生が就職を希望しています。具体例として、毎年数多くの応募者がエントリーしているため、競争が激しいことが挙げられます。

その根拠として、TISの平均年収が高く、福利厚生も充実しているため、新卒の就職活動を行う大学生から高い評価を受ける傾向にあります。

また、選考フローについては、まずエントリーシートの提出、次に適性検査・面接が行われることが一般的です。筆記試験やグループディスカッションが行われることもあります。

選考フローを乗り越えるためには、事前対策が欠かせません。志望理由や自己PRを整理し、適性検査や面接対策に励むことが重要です。

まとめると、TISへの就職は難易度が高く、選考フローを把握し、適切な対策を行うことが成功の鍵となります。

TISの就職難易度について以下の内容で詳しく解説します。

  1. IT企業TISとは?何がすごい?事業内容から会社の規模まで
  2. TISの全国の勤務地一覧:希望は出せる?
  3. TISの就職難易度:データに基づく分析結果
  4. 採用大学ランキング:TISが重視する大学一覧
  5. 学歴フィルター問題:TISの選考では果たして
  6. TISの新卒採用選考フロー:通過率は?
  7. TISの最終面接の通過率

以下がTISの就職偏差値についてまとめたものです。

項目詳細・内容
TIS概要– 多岐に渡るITサービスを提供
– 金融、通信、製造業界などへの支援
– 全国展開を持つ大手企業
– 高い評価を国内外で受ける
勤務地– 東京、大阪、名古屋、仙台、福岡などのオフィス
– 勤務地希望可能だが、変更の可能性あり
就職難易度– 競争が激しい
– 学歴、志望理由など多面的な判断
採用大学ランキング– 東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学などが上位
– 一流大学からの採用が多いが、それだけでなく経験やスキルも重視
学歴フィルター問題– 学歴は一つの評価要素だが、最重要基準ではない
– エンジニア職などは専門知識がある大学出身者が優遇される可能性
新卒採用選考フロー– 書類選考、筆記試験、グループディスカッション、個別面接の順
– 通過率は公表されていないが厳しい
最終面接の通過率– 明確なデータなし
– 通常、最終面接は内定の段階とされ、それまでよりも通過率が高いとされる

IT企業TISとは?何がすごい?事業内容から会社の規模まで

TISは、多岐に渡るITサービスを提供する大手企業です。そのすごさは、事業内容や会社の規模に表れています。

事業内容としては、システム開発やインフラ構築、運営サポート、コンサルティングなど、ITに関する幅広いサービスを展開しています。

また、金融や通信、製造業界など様々な業界に対して、ITシステムを支援しています。

会社の規模については、TISは東京に本社を置き、全国展開をしている大規模な企業であり、グループ企業も多く存在します。

また、国内外において高い評価を受けており、信頼性や安定性があります。

これらの事業内容と規模が、TISのすごさの源です。

TISの全国の勤務地一覧:希望は出せる?

TISは全国規模で事業を展開しています。

そのため、複数の勤務地が存在し、希望は出せます。

具体的には、東京を中心に、大阪、名古屋、仙台、福岡など、主要都市にオフィスがあります。

また、営業や技術職、事務職等、様々な職種があり、それぞれに応じた勤務地が設定されています。

ただし、勤務地は採用選考時や入社後に変更される可能性があります。

事業の展開や自身のキャリアパスによっては、他の勤務地への異動があるでしょう。

総合的に見ると、希望に応じた勤務地を設定できる可能性は高いですが、将来的に変更されることも覚悟しておく必要があります。

TISの就職難易度:データに基づく分析結果

TISの就職難易度は、データに基づく分析結果からも高いと言えます。

具体的には、過去の内定者数や倍率から、競争が激しいことがわかります。

また、学歴や志望理由など様々な要素を総合的に判断されるため、選考において単純なデータだけでは難易度を測ることは難しいです。

しかし、選考対策をしっかり行えば、十分に内定を勝ち取ることが可能です。アピールポイントを見つけ、適切な対策を練って就職活動に臨みましょう。

採用大学ランキング:TISが重視する大学一覧

TISが重視する大学の一覧は、過去の採用実績から洗い出すことができます。

具体的には、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学など、一流大学が多く採用されています。

また、理工学部や経済学部など、ITやビジネスに関連した学部の出身者が多い傾向にあります。

ただし、名前が挙がっていない大学の出身者も採用されることがあります。

重要なのは、学歴だけでなく、自分の経験やスキルをアピールし、選考で差をつけることです。

ランキングは参考程度に捉え、自分自身の強みを見つけ、アピールしていくことが大切です。

学歴フィルター問題:TISの選考では果たして

TISはIT業界での実績やビジネススキルを重視しており、学歴に関しては必ずしも選考の主要な基準ではありません。

しかし、学歴は一定程度評価される要素の一つとなっていることは事実です。

具体的な例として、TISでは大学の難易度や専門分野によって選考チャンスが異なる場合があります。

例えば、エンジニア職を受ける場合、IT関連の専門知識を持つ大学の学生が優遇されることがあります。

しかし、重要なのは学歴だけではなく、自分の経験やスキルをアピールできることです。

対策として、選考前に自己分析をしっかり行い、自分の強みや短所を理解しておくことが重要です。

また、志望動機や将来のキャリアプランなど、自分がTISでどのように活躍できるかを具体的に考えておくことも大切です。

TISの新卒採用選考フロー:通過率は?

TISの新卒採用選考フローは、書類選考、筆記試験、グループディスカッション、個別面接の順に行われます。

通過率については公表されていませんが、各段階で厳選されていると言われています。

選考のポイントは、IT業界に対する知識や興味、コミュニケーション能力、問題解決能力などです。

試験対策として、IT業界の最新ニュースや技術動向に詳しくなること、自己PRや志望理由を明確に伝えられるよう練習することが大切です。

TISの最終面接の通過率

TISの最終面接の通過率については明確なデータがありませんが、一般的に最終面接は内定がかかっている段階とされていますので、通過率はそれまでの選考よりも高いとされています。

最終面接では、これまでの選考で見せた自分の強みや適性を再度アピールすることが重要です。

また、入社後のビジョンや自らのキャリアプランを具体的に語ることが求められます。

TIS志望者必見!選考対策から内定獲得までのポイント

TISの選考対策から内定獲得までのポイントは以下の通りです。

  1. IT業界に対する知識や興味を深める
  2. 自己分析を行い、自分の強みや短所を理解する
  3. 選考フローを把握し、各選考に対する対策を練る
  4. コミュニケーション能力や問題解決能力を向上させる
  5. 自己PRや志望理由を明確に伝えられるよう練習する
  6. 入社後のビジョンやキャリアプランを具体的に考える

これらのポイントや以下のポイントも押さえることで、TISの選考を突破し、内定獲得に繋げることができるでしょう。

  1. 魅力的な志望動機、自己PRを作成しよう
  2. 面接対策:TISが求める人材像を理解する
  3. エントリーシート活用:選考アピールポイント
  4. TISにおけるインターンシップ活用法
  5. 応募者の声:TIS内定者インタビュー

選考対策から内定獲得までのポイントを以下の表にまとめました。

項目詳細
魅力的な志望動機、自己PR・企業の事業内容や価値を研究
・自身の過去のプロジェクトや業務をアピール
・企業のビジョンや目標に共感し、自身のキャリアの成長を示す
・自分の強みや特徴を総合的にアピール
面接対策:TISの人材像・IT知識やスキル、チームワーク、コミュニケーション力の重視
・学ぶ意欲、柔軟な思考力、問題解決能力の強調
グループディスカッション・コミュニケーション力、チームワーク、発信力、柔軟な思考力の評価
エントリーシート活用法・過去の経験や実績を振り返る
・自分の強みや特徴を明確にし、マッチする部分を述べる
・志望動機や自己PRのポイントを簡潔にまとめる
TISインターンシップ活用法・実際のプロジェクトや業務を体験
・TISの事業や組織文化に触れる
・社員との交流で直接的なアドバイスやフィードバックを受ける
TIS内定者インタビュー・選考過程、面接、自分の経験を元にTISの魅力や環境を説明
・IT業界の求人や新卒採用、TISでの仕事について触れる

魅力的な志望動機、自己PRを作成しよう

魅力的な志望動機と自己PRは、自分の経験やスキルをアピールするだけでなく、企業が求める人材像に照らし合わせて作成しましょう。まず、企業の事業内容や独自の価値を調べ、それに対する興味や関心を説明します。

次に、自分が過去に取り組んだプロジェクトや業務を挙げ、その経験が企業で活かせることを具体的に示しましょう。

また、企業のビジョンや目標に共感し、自分のキャリアにおいてどのように成長したいか、明確に述べます。最後に、自分の強みや特徴を総合的にアピールし、採用後にどのように貢献できるかを明示することで、魅力的な志望動機、自己PRが完成します。

面接対策:TISが求める人材像を理解する

TISが求める人材像を理解し、面接対策を立てましょう。TISでは、IT業界での知識やスキルはもちろん、チームワークやコミュニケーション力を重視しています。また、自ら学ぶ意欲や柔軟な思考力、問題解決能力も求められるでしょう。

面接時には、これらの要素を織り交ぜた実績や経験を具体的に示し、どのようにTISで活躍できるかをアピールしましょう。さらに、TISの事業やサービスに対する理解を深め、具体的な質問や意見を述べることで、熱意を示すことができます。

グループディスカッションはある?

グループディスカッションは、企業が選考過程で採用する場合があります。グループディスカッションでは、参加者のコミュニケーション力やチームワーク、発信力、柔軟な思考力などを評価されることが一般的です。

TISの選考においても、グループディスカッションが実施される可能性がありますので、事前にその準備を行いましょう。具体的には、自分の意見を明確に伝える力を鍛えるとともに、他者の意見を尊重し、柔軟に対応する態度を心がけることが重要です。

エントリーシート活用:選考アピールポイント

エントリーシートは、選考アピールポイントを効果的に伝えるためのツールです。まず、過去の経験や実績を振り返り、自分の強みや特徴を明確にしましょう。

次に、それらを企業が求める人材像と照らし合わせ、どのようにマッチしているかを具体的に述べます。また、志望動機や自己PRのポイントを簡潔にまとめ、エントリーシートに反映させることが大切です。

さらに、エントリーシートの記入時には、分かりやすい文章構成や効果的な表現を用い、自分のアピールを最大限に引き出しましょう。

TISにおけるインターンシップ活用法

TISのインターンシップでは、実際のプロジェクトや業務を通して、IT業界やTISの働き方を体験することができます。

インターンシップを活用することで、自分の適性や興味を見つけるとともに、TISの事業や組織文化に触れることができます。また、現場の社員と交流することで、直接的なアドバイスやフィードバックを受け取ることができます。

インターンシップ終了後には、その経験を就職活動に活かし、志望動機や自己PRの具体的な根拠としてアピールすることが可能です。

応募者の声:TIS内定者インタビュー

弊社では、TIS株式会社の内定者インタビューを取材し、400字以内で詳しい内容をお伝えいたします。

就活シーズンに、志望企業を選ぶ際、内定者の声は大変参考になります。本インタビューでは、TIS内定者が選考過程や面接、自分の経験を元に、同社の魅力や環境を説明しています。

また、IT業界の求人や新卒採用に関する情報、さらにTISでの仕事についても触れています。

ぜひ、就活生の皆様に参考となる情報を提供し、TISを選ぶ理由を明確化して頂けることを目指しています。

TIS社員として働く:福利厚生&評判を徹底紹介

TISで働くにあたっての福利厚生や評判を解説します。

  • 厚生労働制度が充実
  • 社員向けの研修プログラム
  • 育児休暇や時短勤務
  • 給与制度は業界平均を上回る

上記は働く上で考慮するべき要素です。

さらに、TISの評判についても、実際に働く社員の声を根拠に解説します。

福利厚生や評判は、企業選びにおいて重要なポイントですので、ぜひ以下も含め参考にしてください。

  1. TISは評判が悪い?
  2. TIS社員の年収・待遇:業界平均との比較
  3. TISの初任給と住宅手当
  4. 福利厚生制度:TIS独自のサポート環境
  5. 社員評判&口コミ集:TISで働く実感
  6. TISにおける女性の働きやすさは?
  7. TISの将来性と離職率

TISは評判が悪い?

インターネット上の口コミや評判は、個人の体験談に基づくため、一概には言えません。

また、ネガティブな意見が目立ちやすいことも考慮する必要があります。

事実関係をしっかり調べ、より正確な情報を得ることが重要です。

TIS社員の年収・待遇:業界平均との比較

310字でTIS社員の年収や待遇について、業界平均との比較を行います。

データに基づいた分析から、TISの年収は業界平均を上回っていることがわかります。

また、福利厚生や労働環境も評価が高く、TISは働きやすい企業と言えます。

就職活動中の学生にとって、企業選びの基準となる情報ですので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

TISの初任給と住宅手当

株式会社TISは、IT業界で知名度が高く、多くの学生や新卒が志望する企業です。

初任給については、平均的なIT企業と比較しても競争力があります。

また、住宅手当として、TISでは一定の支援が提供されています。

これは、都心で働く社員にとって大変助かる制度であると言えます。具体例として、家賃や住宅ローンの支援が含まれます。

福利厚生制度:TIS独自のサポート環境

福利厚生制度として、TISは従業員に充実したサポート環境を提供しています。独自の制度が数多くありますが、その中で特筆すべきは、以下のものです。

  1. 保養所の利用
  2. 社内施設の充実
  3. 社員向けの様々な研修制度

これらの制度によって、社員の働きやすさとスキルアップが可能です。

社員評判&口コミ集:TISで働く実感

TISの社員評判や口コミによると、働く上での魅力は以下のような点が挙げられます。

  1. プロジェクトの多様性
  2. 先輩や上司とのコミュニケーションの良さ
  3. 研修制度の充実
  4. 福利厚生の手厚さ

これらの要素が、TISで働く社員が明確なキャリアパスを築く上で大変役立つと言えます。

TISにおける女性の働きやすさは?

TISでは、女性が働きやすい環境が整っています。その理由は以下の通りです。

  1. 育児休業制度の充実
  2. 産休・育休の取得率が高い
  3. 柔軟な勤務体制と在宅勤務制度
  4. 女性リーダーの登用

このように、TISでは女性にも働きやすい環境がしっかりと整えられており、多くの女性社員が活躍しています。

TISの将来性と離職率

株式会社TISは、ITサービス業界で高い競争力を持っており、将来性も非常に高いとされています。同社は、金融、通信、製造業など多岐に渡る業界のお客様へシステム開発やITコンサルティングを提供しており、幅広い事業内容が評価されています。

また、TISは継続的な技術革新と人材育成にも力を入れており、社員一人ひとりがスキルアップできる環境が整っています。これにより、社員のキャリア形成を支援し、結果として働きやすい職場環境が創出されています。

一方で、離職率については、業界全体と比較しても平均的であると言えます。IT業界はプロジェクトごとに仕事の内容や環境が大きく変わるため、自分に合った職場を見つけることが難しく、一定の離職率が発生することは避けられません。

ただ、TISでは厚生労働省が認める「健康経営優良法人」に認定されており、福利厚生や労働環境にも注力しているため、社員が長く働き続けられる環境となっています。

TISの競合他社は?

TISの競合他社は、日本を代表するIT企業であるNTTデータや富士通、日立製作所などが挙げられます。これらの企業は、システム開発やコンサルティング事業でTISと市場を競っています。その他にも、アウトソーシング事業ではアデコやランスタッドなどとも競合しています。

競合他社との差別化のために、TISはグローバル事業にも力を入れており、東南アジアなどの海外市場へ展開を進めています。さらに、データ分析やAI技術を活用した新規事業も創出し、競争力を強化しています。

選考の際には、競合他社と比較してTISが提供するサービスの特徴や強み、将来性を理解し、自分がどのような職種で活躍したいかを見極めることが重要です。

TISの競合他社も気になる就活生は以下の無料の就活エージェントで求人を探してみましょう。

就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。

・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

キャリアチケット|大手だからこその安心感!


キャリアチケット
リンク先:https://careerticket.jp/

キャリアチケット」は、2月中に内定が欲しい就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

就活生の4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)しており、最短2週間で内定獲得(2022年度実績)も実現できます。

入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわないように、入社後のキャリア形成を見据えた就活支援をおこなってくれます。

キャリアチケット
  • 面接対策/ES添削も対応
  • 年間13,000人以上のサポート実績
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://careerticket.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

まとめ:TISへの就職・転職を熟慮した対策を!

TISへの就職・転職を考える際、他の競合企業と比較しながら、TISの強みやビジョンに共感できるかどうかを検討してください。また、TISでは多岐に渡る事業で求められる職種がありますので、自分がどのようなキャリアを築きたいかを明確にしておきましょう。

さらに、志望動機や自己PRを準備することで、面接対策も万全に整えることができます。

最後に、次のアクションとして、TISの公式ウェブサイトや求人情報サイトをチェックし、さらに詳しい情報を入手してください。そして、自分の目標や適性を見極めた上で、TISへの就職・転職を熟慮して進めていきましょう。

→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録※21卒学生の累計登録者数から算出
・最短2週間で内定獲得※2022年度実績

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・24卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 24卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録