【アクセンチュアの就職難易度・就職偏差値】学歴フィルターや採用大学ランキング

アクセンチュア 就職偏差値

アクセンチュアは、世界トップクラスのコンサルティング企業として知られ、ITコンサルティングやビジネス戦略の立案・実行支援、デジタルトランスフォーメーションなどのサービスを提供しています。

一流のコンサルティング企業であるアクセンチュアは、高い就職難易度と競争率が求められる会社ですが、しっかりとした選考対策を行えば狙い目です。

この記事では、アクセンチュアの就職難易度について徹底解説します。

また、選考に向けた具体的な対策や、同業界のおすすめ企業まで、幅広く解説していくので、ぜひ参考にしてください。

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

アクセンチュアは誰でも入れる?

アクセンチュアは、誰でも簡単に入れる企業ではありません。

その理由は、コンサルティング業界の競争が激しく、求められる人材が高いレベルであるためです。

アクセンチュアでは、ITやビジネスの知識をもっているだけでなく、チームでの協力やコミュニケーション能力、問題解決力も重要視されます。

また、採用選考の過程も厳しくなっており、志望動機や自己分析、面接対策などが重要です。

そのため、入社を目指す際は、自分の強みやアクセンチュアに対する理解を深め、選考対策を万全にすることが求められます。

一方で、アクセンチュアは外資系企業でもあり、学歴や職種にこだわりが少ない傾向があるため、幅広いバックグラウンドを持つ人材が活躍の場を見つけることができます。

関連記事:

アクセンチュアの就職難易度

アクセンチュアの就職難易度について、以下5つを解説します。

  1. アクセンチュアの概要とコンサルティング業界
  2. 新卒採用難易度:アクセンチュアに求められる人材像
  3. アクセンチュアの採用大学ランキング:学歴フィルターとその影響
  4. 選考過程で見られるアクセンチュアの難易度の要因
  5. アクセンチュアの採用倍率

アクセンチュアの概要とコンサルティング業界

創業は1989年で、本社がアイルランドのダブリンにあるアクセンチュアは、世界トップクラスのコンサルティング企業として知られ、ITコンサルティングやビジネス戦略の立案・実行支援、デジタルトランスフォーメーションなどのサービスを提供しています

コンサルティング業界は、企業の経営課題やIT戦略の策定・実行をサポートする業務です。

競合他社との差別化や業績向上を図るため、多くの企業がコンサルティングサービスを求めており、業界全体としても成長が見込まれています。

新卒採用難易度:アクセンチュアに求められる人材像

アクセンチュアの新卒採用では、高い専門知識と柔軟な思考力を持つ人材が求められます。

また、チームでの協力やコミュニケーション能力、問題解決力も重要視されるため、複数のスキルを兼ね備えた人材が望まれます

  1. 明るくポジティブな人間性
  2. 自発的な行動力と責任感
  3. 広い視野と創造力
  4. クライアントとの信頼関係構築能力

これらの要素を兼ね備えた人材がアクセンチュアで活躍することができ、新卒採用においても競争力を持つことができます。

アクセンチュアの採用大学ランキング:学歴フィルターとその影響

アクセンチュアは、世界最大級のコンサルティング会社であり、採用においても競争率が高く、また学歴が重視されることが一般的です。

一流大学からの卒業生は、より高い専門知識やビジネススキルを持ち、アクセンチュアの業務に適した人材が多いです。

実際にアクセンチュアの採用大学ランキングは、東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学など、日本のトップ大学が上位に位置しています

これは、企業が優秀な学生を獲得するために、一流大学を重視して採用活動を行っているためです。

しかし、アクセンチュアは学歴だけでなく、個々のスキルや人柄を重視して採用を行っており、学歴以外の強みをアピールできる場合、採用のチャンスは十分にあります

またアクセンチュアのような大手企業で働くためには、トップ大学出身であることが有利ですが、それ以外の大学出身者でもアクセンチュアに入社するチャンスはあるでしょう。

選考過程で見られるアクセンチュアの難易度の要因

アクセンチュアの選考過程で見られる難易度の要因は、まず多くの応募者ため競争率が高いことです。

さらに、求められる専門知識やスキルが高いため、選考基準も厳しくなります

選考過程では、筆記試験やケーススタディ、グループディスカッション、個別面接などが行われ、各段階でふるいにかけられます。

また、ITコンサルティング業界を代表するアクセンチュアは、英語力やビジネススキル、コミュニケーション能力など、幅広い能力が求められることも難易度を高める要因となる場合も。

これらの要因が組み合わさり、アクセンチュアの選考は高い難易度とされるのです。

アクセンチュアの採用倍率

アクセンチュアでは、多くの応募者が存在し、採用倍率は非常に高いといわれています。

過去のデータによると、採用倍率は30倍以上であるともいわれており、選考競争は激しいといえます。

ただし、アクセンチュアは毎年多くの人材を採用しており、選考過程で高いパフォーマンスを発揮できれば、内定の可能性は十分にあります。

採用倍率の高さは、アクセンチュアが優秀な人材の獲得に力を入れていることを示しており、求められる人材像やスキルに見合った対策を立てることが重要です。

また、大手コンサルティング会社であるため、アクセンチュアへの就職は多くの求職者にとって魅力的であり、採用倍率が高くなる要因となっています。

アクセンチュア就職対策:成功への道

アクセンチュアへの就職対策について、以下3つを紹介します。

  1. 選考対策:アクセンチュアの選考内容とポイント
  2. 志望動機と面接でアピールするべきポイント
  3. 内定獲得への独自の戦略:経験者からのアドバイス

選考対策:アクセンチュアの選考内容とポイント

アクセンチュアでは、書類選考、テスト、クレティングディスカッション、そして最後に面接という流れで選考が行われます。

選考対策では、以下4つのポイントを押さえましょう

  1. 書類選考では、履歴書と職務経歴書で自己PRが重要であるため過去の経験や実績を具体的に示す
  2. テストでは適性検査やエントリーシートにも注意を向ける
  3. クレティングディスカッションでは、チームでの問題解決能力が試されるので、協力しながら意見を交換する
  4. 面接では、自己紹介や志望理由を明確に伝え、自分が持っているスキルや知識を適切にアピールする

志望動機と面接でアピールするべきポイント

志望動機を伝える際は、クセンチュアが提供するサービスや業界のトレンドに対する理解を示すことが重要です。

また、以下5つのポイントにも注意します。

  1. 企業理念やビジョンに対する共感を示すこと
  2. 自分がこの業界でどのように成長していきたいのか、具体的なキャリアプランを述べる
  3. 面接では、アクセンチュアが求める人材像に合ったスキルや経験をアピールする
  4. コンサルタントとしての問題解決能力やコミュニケーション力をアピールできるエピソードを用意する
  5. 独自の視点や分析力を持っていることをアピールするエピソードも用意しておく

内定獲得への独自の戦略:経験者からのアドバイス

内定獲得への独自の戦略として、経験者から以下のアドバイスがあります

  1. アクセンチュアの社員や選考を通過した人から情報収集し、具体的な選考の内容やアクセンチュアの求める人材像を把握する
  2. 事前に自己分析を行い、アクセンチュアにマッチする自分の強みや経験を把握しておく
  3. グループディスカッション対策として、他者との協力や意見交換を柔軟に行えるように練習しておく
  4. アクセンチュアの業界ニュースやプロジェクトについて理解を深め、選考でアピールできるトピックを準備しておく
  5. 自分にとって独自の戦略を見つけるために、他の就活生と情報交換を行いながら選考対策をしていく。

これらのアドバイスを参考に、独自の戦略を立ててアクセンチュアの選考に臨みましょう。

アクセンチュア以外のおすすめ外資コンサル企業

アクセンチュア以外でおすすめの外資コンサル企業は、マッキンゼーボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーなどです。

これらの企業は、いずれも世界的に有名で高い評価を受けており、各業界での経営課題や戦略立案を手がけています。

マッキンゼーは戦略コンサルティングで世界トップクラスのシェアを誇り、BCGはビジネスモデルや組織改革のエキスパートとして高い評価を受けています。

さらにベイン・アンド・カンパニーは世界最大級のコンサルティングファームで、多くの企業が彼らのサービスを利用しています。

アクセンチュア社員のキャリアと年収

アクセンチュア社員のキャリアは、プロジェクトごとにスキルや知識を磨いていくことが一般的です。

また、世界各地に拠点を持っているため、グローバルな視野をもって働くことができます。

ここでは、アクセンチュア社員のキャリアと年収について、以下4つを紹介します。

  1. 社員の平均年収と昇給・昇進の仕組み
  2. 歳月を経たアクセンチュア社員のキャリアパスとは?
  3. アクセンチュア社員の転職実績と退職後の進路

社員の平均年収と昇給・昇進の仕組み

アクセンチュアの社員の平均年収は1000万円以上といわれています。

昇給や昇進は業績や評価に基づいて決まり、評価基準にはプロジェクトの成果やチームでの貢献度、コミュニケーション能力などが含まれています

また、定期的に人事評価が行われ、それに基づいて昇給や昇進が決まります。

優秀な社員ほど速やかにキャリアアップが期待できるため、努力が報われる環境が整っています

歳月を経たアクセンチュア社員のキャリアパスとは?

アクセンチュア社員が長く勤めることで、さまざまなキャリアパスが可能になります。

一つは、専門性を磨いてエキスパートとなる道で、特定の業界や機能に特化し、その分野でのトップクラスの専門家として活躍することが求められます。

もう一つは、マネジメントポジションを目指す道で、チームやプロジェクトのマネジメントを担当し、組織全体をリードしていく役割を担います

これらのキャリアパスを選択することで、アクセンチュア社員は更なる成長と成功を手にすることができます。

アクセンチュア社員の転職実績と退職後の進路

アクセンチュア社員の転職実績は多岐に渡り、培ったコンサルティングスキルを活かして、同業界の大手企業やIT企業へ転職するケースが多いです。

また、自分の経験や知識を活かす形で、ITサービスやデータ分析などの専門分野に深く携わる企業へ移ることもよくあります。

さらに、アクセンチュアでの経験が評価され、大学やビジネススクールの教員として転職する例も存在します。

退職後の進路として、多くの社員が自分のキャリアをより高いレベルで活かすことができる企業や職種を選択しています。

例えば、経営戦略やIT戦略に特化したコンサルタントとして、外資系企業や大手企業の経営陣をサポートする仕事に就くことがあるようです。

その他にも、起業やNPOへの参画、公的機関や国際機関での職務が挙げられます。

アクセンチュアやアクセンチュアに似ている企業を探すなら就活エージェントがおすすめ!

「なかなか内定を獲得できない…」「とりあえず内定を持っておきたい!」という人は無料のエージェントサービスを利用しましょう。

就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。

・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

キャリアチケット|大手だからこその安心感!


キャリアチケット
リンク先:https://careerticket.jp/

キャリアチケット」は、2月中に内定が欲しい就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

就活生の4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)しており、最短2週間で内定獲得(2022年度実績)も実現できます。

入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわないように、入社後のキャリア形成を見据えた就活支援をおこなってくれます。

キャリアチケット
  • 面接対策/ES添削も対応
  • 年間13,000人以上のサポート実績
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://careerticket.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

まとめ:アクセンチュア就職難易度を乗り越えるための鍵

アクセンチュア就職難易度を乗り越えるための鍵は、事業や業界に関する知識を深めて整理してから、選考に挑むことです。

その上で、ビジネススキルや課題解決能力を磨き、ITやデータ分析などの専門知識を身につけましょう。

アクセンチュアへの就職を目指す方に向けて、更なる情報収集やスキルアップに励むことをおすすめします。

しっかりと対策をすれば、就職難易度の高い企業への入社への道筋を切り開く第一歩となります。

→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録※21卒学生の累計登録者数から算出
・最短2週間で内定獲得※2022年度実績

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・24卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 24卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録