【2024年最新】就職難易度が低い業界と受かりやすい業界ランキング

就職難易度が低い業界

就職難易度の低い業界に目を向けることで、あなたの内定獲得のチャンスが高まります。

この記事では、業界や優良企業の特徴を解説し、実際にどのような業界や企業が就職難易度が低いのかを紹介します。

また、そのような業界や企業を活かした就活戦略を提示し、採用倍率の低い業界・企業のリスクと対策についても触れていきます。

記事の内容は以下の通りです。

  1. 就職難易度が低い業界の特徴と魅力
  2. 採用倍率が低い優良企業とその条件
  3. 就職難易度が低い業界
  4. 就活生が知るべき就職難易度を活かした就活戦略
  5. 採用倍率が低い業界・企業のリスクと対策

あなたの就職活動に役立つ情報が満載なので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

最短1週間で内定!!

ミーツカンパニー
ミーツカンパニー」は、24卒・25卒の就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

社長や人事と直接話すことができて、その場で内定がもらえるチャンスもある合同説明会を実施中です。

選考直結型のイベントに参加して入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわない対策を、直接企業と話して不安を改善していきましょう。

  • たった4時間で複数内定
  • 1週間で内定獲得も可能
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://discussion.meetscompany.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

就職難易度が低い業界の特徴と魅力

就職難易度が低い業界では、求人数が多く競争が少ないため、内定を得やすいという特徴があります。

また、将来性のある成長業界であることから、安定したキャリア形成が見込める点が魅力です。

スキル習得が容易で、習得したスキルを活かせることが多い業界です。

ここでは、下記3つの特徴と魅力を紹介します。

  1. 求人数が多く、競争が少ない業界
  2. 将来性のある成長業界
  3. スキル習得が容易でスキルを活かせる業界

求人数が多く、競争が少ない業界

求人数が多くて競争が少ない業界は内定確率が高く、就職しやすい環境が整っています。

例えば、建設業界や食品業界などは日本社会で欠かせない事業を展開しており、安定した求人数があるため、就職難易度が低いと言われています。

大手企業を始めとする多くの会社が求人を出し、学生を積極的に採用している企業が多いです。

将来性のある成長業界

将来性があり、成長が見込める業界は、安定したキャリア形成や高い年収が期待できます。

ITや金融業界などは、テクノロジーの進化や経済成長に伴い、業界自体が拡大し続けており、就職難易度が低いです。

また、社会的な要請や市場のニーズに応える業界であるため、企業は新卒採用を積極的に行っており、就職がしやすい状況が続いています。

スキル習得が容易でスキルを活かせる業界

スキル習得が容易で、習得したスキルを活かせる業界も、就職難易度が低いと言われています。

例えば、営業やマーケティングなどの職種では、コミュニケーション能力や企画力などのスキルを磨くことが可能です。

また、学生時代に習得した専門知識を活かせるエンジニアやコンサルタントなどの職種も、業界や企業の幅広い選択肢があるため、就職難易度が低いとされています。

これらの業界では、自分のスキルを活かして働くことができるため、キャリア形成にも有利です。

採用倍率が低い優良企業とその条件

採用倍率が低い優良企業は魅力的で、多くの学生や求職者が注目しています。

そういった企業は一般的に福利厚生が充実していたり、労働環境が整っていたり、安定した業績と経営基盤を持っていることが多いです。

企業が採用倍率を低く抑える一つの方法は、人気業界の中でも競争が激しい分野を避けることです。

また、特定の業界や地域に密着した事業を展開している企業も、他の企業と比べて採用倍率が低い傾向にあります。

ここでは説明と具体例を用いて、企業が低い採用倍率を維持するための対策や方針を以下3つ紹介します。

  1. 福利厚生が充実した企業
  2. 労働環境が整った企業(ホワイト企業)
  3. 安定した業績と経営基盤を持つ企業

福利厚生が充実した企業

福利厚生が充実した企業は、従業員に働きやすい環境を提供しており、将来の安定した生活を支えるための様々な制度が整備されています。

例えば、年金制度や医療保険、住宅手当、子育て支援制度などが充実しており、従業員の生活面での心配が少ないです。

また、長期的なキャリアパスの支援や、教育研修制度、社内外での交流の機会も豊富であるため、働く人たちが自己成長を常に追求できる環境が整っています。

労働環境が整った企業(ホワイト企業)

労働環境が整った企業、いわゆる「ホワイト企業」は、働く人たちにとって魅力的な選択肢です。

そういった企業では、労働時間が適切に管理されており、残業が少なく、休日も十分に取得できることが特徴です。

また、職場内でのコミュニケーションが円滑で、従業員同士の協力体制もよく、労働環境が整っていることが分かります。

こうした職場では、働く人たちがストレスなく働き、仕事とプライベートのバランスを保ちやすいため、従業員の満足度が高く、離職率も低いことが多いです。

安定した業績と経営基盤を持つ企業

安定した業績と経営基盤を持つ企業は、長期的な視点で事業を展開しており、従業員に安定した雇用を提供できるため、求職者に魅力的です。

安定した経営基盤があれば、企業は将来的な成長やビジョンに焦点を当てることができ、従業員にもキャリアアップのチャンスを提供できます。

また、企業の経営陣や経営理念がしっかりしていて、社員と共有されている場合も、従業員に安心感を与える要因になります。

就職難易度が低い業界

就職難易度が低い業界は、人材不足や求人数が多いことが理由で、具体的にはIT業界、流通業界、建設業界などが該当します。

これらの業界では、新卒採用でも経験者採用でも、積極的に人材を募集しており、就職活動を行う学生や転職希望者にとって、就職の選択肢が広がります。

また、それぞれの業界で求められるスキルや知識は異なりますが、自分のキャリアプランに合わせて選べるのも魅力です。

ここでは、IT業界、流通業界、建設業界のそれぞれの特徴とメリットについて解説します。

  1. IT業界
  2. 流通業界
  3. 建設業界
  4. 小売業界
  5. 教育業界

IT業界

IT業界では、技術革新が進む中で専門知識を持った人材が常に求められており、就職難易度が低いと言われています。

具体的には、プログラミングやネットワーク管理、データ分析など、幅広い分野で働くことが可能です。

また、IT業界の平均年収は高く、仕事の種類によってさらに高収入を得ることができます。

さらに、日本国内だけでなく海外の企業でも活躍できるチャンスがあり、将来性のある業界と言えます。

ただし、IT業界では専門知識やスキルが重要であるため、自分の能力を磨くことが就職活動やキャリアアップにおいて大切です。

流通業界

流通業界も就職難易度が低い業界の一つで、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの小売店や物流業者などで働くことができます。

流通業界では、接客や商品管理、物流など多岐にわたる職種がありますが、多くの企業では未経験者でも研修制度が充実しており、安心して働くことができます。

また、働く企業や職種によっては、社会人としての基本的なスキルやマナーを身につけることができるため、自己成長にも繋がります。

さらに、さまざまな人との関わりが多いため、コミュニケーション力も磨ける点も魅力的です。

建設業界

建設業界は、インフラ整備や住宅建設、リフォームなどの需要が絶えず、人材が常に求められています。

主な職種には、設計や現場監督、技術者などがあり、技術や専門知識を身につけることが求められますが、企業は積極的に新卒や未経験者を採用しているため、就職難易度が低いと言われています。

また、経験を積むことで高収入を得ることができる職種もあり、安定したキャリアが築ける可能性が高いです。

さらに、自分が関わったプロジェクトが形になることで、やりがいを感じることができます。

建設業界で働くうえで重要なのは、技術習得の意欲とチームワーク力です。

小売業界

小売業界は、消費者に商品やサービスを提供する企業が集まる業界です。

主な企業には、大手スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ファッションリテールなどが挙げられます。

業界の特徴として、常に多様な商品やサービスを提供し、消費者ニーズに応えることが求められます。

そのため、マーケティングや商品開発のスキルが求められるほか、接客能力も重要視されます。

就職活動を行う際には、応募企業のビジョンやポリシーを理解し、自分のキャリアプランに照らし合わせることが大切です。

また、企業の選考プロセスや面接対策も重要です。

一般的に、小売業界は他業界に比べると難易度が低めで、内定獲得のチャンスが広がります。

しかし、応募者が多い企業もあるため、自己分析や志望動機がしっかりとしたものであることが大切です。

小売業界で働くメリットとして、自社の商品やサービスを広く社会に届ける喜びや、顧客と直接やりとりができることが挙げられます。

また、企業によっては福利厚生が充実している場合もあります。

教育業界

学生や社会人に知識や技能を提供する企業や団体が集まる教育業界は、学校、予備校、幼児教育施設、企業研修などの就職先があります。

この業界で働くには、教育に対する情熱や教えるスキルが必要です。

また、教育効果を高めるためのプログラム開発や教材作成、教育のイノベーションを追求する能力も求められます。

就活生にとって教育業界は、選考倍率が低めで、内定獲得のチャンスが広がります。

しかし、志望動機が不明確な場合や自己アピールが弱い場合は選考に不利になります。

企業ごとに選考プロセスや面接対策を見極めることが重要です。

教育業界で働くメリットには、教育を通じて人々の成長を支援するやりがいや、自分自身のスキルアップが挙げられます。

また、安定した雇用環境や福利厚生が充実している企業も多いです。

就活生が知るべき低い難易度を活かした就活戦略

低い難易度の業界を活かした就活戦略を知ることは、効率的な内定獲得に繋がります。

ここでは、就活生が知っておくと良い、就活戦略のポイントを下記3つ紹介します。

  1. 効果的な企業・業界リサーチ
  2. エントリーシート・面接対策で差をつける
  3. 内定獲得のための志望動機の強化術

効果的な企業・業界リサーチ

企業や業界リサーチは、就職活動において非常に重要です。

まずは、自分が興味を持つ業界をリストアップし、そこから絞り込んでいくことがおすすめです。

次に、各業界の特徴や最近のトピックス、将来性を調べることで、自分と業界とのマッチングを考えやすくなります。

また、企業研究は、志望企業の事業内容や特徴、経営理念、社風、求める人材像などを把握し、自分がどのようなキャリアを築けるかを考慮することが大切です。

企業の公式ウェブサイトやSNS、業界専門誌、求人サイトなどの情報を活用し、徹底的にリサーチすることが求められます。

さらに、業界内での企業の競争力や市場シェア、安定性等も重要なポイントです。

効果的なリサーチを行うことで、自分に合った企業選びやエントリーシート・面接対策に活かすことができます。

エントリーシート・面接対策で差をつける

エントリーシートや面接対策は、就職活動で自分をアピールする重要な手段です。

エントリーシートでは、自己PRや志望動機、過去の経験や成果、問題解決能力などを明確に伝える文章を書くことが大切です。

また、企業が求める人材像を踏まえた回答や、自分の長所・短所を客観的に分析し、それをどのように活かすかを具体的に記載することが求められます。

面接では、事前にリサーチした企業情報や業界知識を活かし、自分がその企業でどのように貢献できるかをアピールすることが重要です。

また、応募先の求人情報や面接での質問事項を押さえ、自分の経験やスキルを具体的に説明することが必要です。

リラックスした状態で臨むために、練習や準備がをしっかりと行いましょう。

内定獲得のための志望動機の強化術

内定獲得のためには、志望動機を明確にし、それを効果的に伝えることが重要です。

まず、分がその企業を選ぶ理由を明らかにし、自分の価値観や目標とどのように合致しているかを考えます。

また、企業の事業内容や強み、社風などが自分に合っている理由も説明できるようにしておきましょう。

次に、自分の経験やスキルをアピールし、その企業でどのように活躍できるかを具体的に説明することが大切です。

自分の成長やキャリア形成にどのように貢献できるか、具体的なビジョンを持って説明しましょう。

さらに、面接対策やエントリーシート作成で、志望動機を的確に伝えられるように練習や準備を怠らないことが重要です。

これらの努力により、内定獲得への道が開けます。

採用倍率が低い業界・企業のリスクと対策

採用倍率が低い業界や企業では、競争が激しく、内定獲得が難しいとされています。

しかし、適切な対策を行うことで、チャンスを掴むことが可能です。

ここでは、採用倍率が低い業界・企業のリスクと対策について以下2つ紹介します。

  1. ブラック企業の見分け方と対処法
  2. 業界変化に対応できるキャリア形成のポイント

ブラック企業の見分け方と対処法

ブラック企業の見分け方と対処法は以下の通りです。

Step1 過労が常態化しているかどうかをチェック
Step2 労働条件が適正かどうかを確認
Step3 企業の評判も見分ける
ブラック企業の見分け方は、まず過労が常態化しているかどうかをチェックしましょう。

長時間労働や休日出勤が多いことは問題がある可能性が高いです。

次に、労働条件が適正かどうかを確認します。

労働条件が明確でない場合や、賃金の未払いなどがある場合は注意が必要です。

また、社員の離職率が高い企業もブラック企業の可能性があるため、過去の離職者の情報を参考にして、職場環境をリサーチします。

さらに、企業の評判も見分けるポイントです。

インターネットで企業の評価を検索することで、実際の勤務状況や評価がわかります。

対策としては、まずは自分がどのような働き方を望むかを明確にし、それに合致した企業を選ぶことが重要です。

また、面接時に勤務条件や労働環境について質問することで、企業の実態を確認しましょう。

業界変化に対応できるキャリア形成のポイント

業界変化に対応できるキャリア形成のポイントは以下を参考にしてください。

Step1 柔軟な思考を持ち、適応力を高める
Step2 自分の強みや得意分野を理解し、それを活かす仕事を選択する
Step3 自分のキャリアを定期的に振り返り、目標やプランを見直す

業界変化に対応できるキャリア形成のポイントは、まず柔軟な思考を持ち、適応力を高めることが大切です。

業界のトレンドを常に把握し、必要に応じて新しいスキルを習得することで変化に対応できます。

次に、自分の強みや得意分野を理解し、それを活かす仕事を選択することが重要です。

自分のスキルが活かせる分野であれば、業界変化にも対応しやすくなります。

また、ネットワーキングを大切にし、異業種の人ともつながることで新しい情報や知識を得ることができます。

さらに、自分のキャリアを定期的に振り返り、目標やプランを見直すことも必要です。

業界が変わることで、自分のキャリアプランも変化することがありますので、柔軟に対応しましょう。

就職難易度が低い業界に就職するなら就活エージェントがおすすめ!

「なかなか内定を獲得できない…」「とりあえず内定を持っておきたい!」という人は無料のエージェントサービスを利用しましょう。

就活エージェントサービスの基本的な特徴は以下のとおりです。

・自己分析
・ES(エントリシート)の添削
・履歴書の添削
・企業紹介
・面接対策

就活エージェントの利用流れ
→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)
・最短2週間で内定獲得(2022年度実績)

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・25卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 25卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録

Meets Company|ZOOMなどのオンラインでもサポートが可能


Meets Companyリンク先:https://event.meetscompany.jp/

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、人材紹介で知名度が高いDYMが運営している無料で使える就活エージェントです。

履歴書なしでも参加できる合同説明会を全国で開催しています。

参加している企業はプライム上場企業からベンチャー企業まで参加しており、合同説明会その場で内定をもらえる可能性もあります。
利用実績がある大学一覧
ミーツカンパニーの利用大学一覧

すぐにでも内定をもらっておきたい就活生におすすめの無料エージェントなので、登録しておいて損はないでしょう。
  • 今すぐ内定が欲しい人
  • 応募書類の添削も
  • あの大企業も

完全
無料
カンタン
30秒で登録

リンク先:https://event.meetscompany.jp/

☆履歴書なしで登録可能
☆オンラインで面談OK

キャリアチケット|大手だからこその安心感!


キャリアチケット
リンク先:https://careerticket.jp/

キャリアチケット」は、2月中に内定が欲しい就活生向けの無料で利用できる就活エージェントです。

就活生の4人に1人が登録(21卒学生の累計登録者数から算出)しており、最短2週間で内定獲得(2022年度実績)も実現できます。

入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまわないように、入社後のキャリア形成を見据えた就活支援をおこなってくれます。

キャリアチケット
  • 面接対策/ES添削も対応
  • 年間13,000人以上のサポート実績
  • 応募書類の添削もサポート

1分で
登録
すぐに
無料登録する

リンク先:https://careerticket.jp/

①WEB面談も実施中
②高卒・専門卒でもOK

UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1


UZUZ 新卒|就職支援サービスサポート満足度No.1
リンク先:https://uzuz.jp/

UZUZ 新卒」は、新卒を対象とした無料の就職支援サービスです。

プロのエージェントがあなたの「ES(エントリーシート)」を無料で添削してくれます。またこの添削はなんと受け放題!一言一句細かく丁寧に添削してもらえます。

また厳しい基準でブラック企業の紹介をしてないのが特徴です。UZUZでは、実際に企業に訪問して、労働環境や教育体制などをチェックしています。

UZUZ 新卒
紹介可能な企業
  • 新卒を積極採用している企業
  • 研修体制が整っていて入社後も長期的に働ける企業
  • 成長が見込めるベンチャー企業
  • 業績が好調なトレンド企業
さまざまな事情で就活の時期が遅くなってしまっている学生さんにおすすめです!
  • サポート満足度No.1
  • 支援サービスNo.1
  • 入社後の定着率95.7%

完全
無料
3ステップで
簡単登録する

リンク先:https://uzuz.jp/

☆ブラック企業を排除して紹介!!
☆LINEや電話で相談OK!!

まとめ:就職難易度が低い業界・企業を活かした内定獲得への道

就職難易度が低い業界・企業を活かした内定獲得への道は、自分の強みや適性を見極めて、適切な業界や企業を選ぶことが重要です。

業界の傾向や企業の情報を集め、選考プロセスを理解し対策を立てることで、内定獲得の可能性が高まります。

また、ブラック企業を見分ける方法や業界変化に対応できるキャリア形成のポイントを押さえておくことで、より良い就職活動ができるでしょう。

今後も情報収集や自己分析を続け、将来に向けた適切なキャリアプランを立てていきましょう。

また、就活に役立つ情報やサポートがあるサービスやリソースも活用してください。

→横スクロールできます
おすすめ就活エージェント料金おすすめの人/特徴公式サイト
ミーツカンパニー
ミーツカンパニー:4.8
無料オンライン面談可
・即日内定をもらいたないならこのエージェント!

・合同説明会に人事や社長が来るからその日に内定も
・直接話が聞けるのでミスマッチになく入社できる
\ 即日内定 /
無料面談に参加する
※当日面談もOK
キャリアチケット
キャリチケット:4.0
無料4人に1人が登録※21卒学生の累計登録者数から算出
・最短2週間で内定獲得※2022年度実績

・応募書類の添削もタダ
・人材大手のレバレジーズが運営
\ 大手だからこその安心感 /
無料登録する
※2月中に内定欲しい人向け
UZUZ新卒
UZUZ新卒:3.8
無料・24卒のみ対応!
・就活支援サービスサポート満足度No.1
・入社後の定着率が95.7%
\ 24卒のみ /
無料面談に参加する
※カンタン30秒で登録